2013年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

< 2013年 | 2013年のスポーツ 2013年のメジャーリーグベースボールでは2013年メジャーリーグベースボール(MLB)における動向をまとめる。

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

  • 1日
  • 2日
  • 7日
    • サンフランシスコ・ジャイアンツのマット・ケインが対セントルイス・カージナルス戦の4回に、球団としては1902年以来111年ぶりに1イニング9失点[21]
  • 8日
  • 10日
    • ボストン・レッドソックスは対ボルチモア・オリオールズ戦で満員とならなかった為、本拠地フェンウェイ・パークでのチケットの連続完売記録が794試合でストップ。レギュラーシーズンでは北米4大プロスポーツリーグ最長記録だった[23]
  • 14日
    • フィラデルフィア・フィリーズのロイ・ハラデイが対マイアミ・マーリンズ戦(マーリンズ・パーク)で通算200勝[24]
    • シカゴ・カブスはシアトル・マリナーズからウエイバー公示されていたキャメロン・ローの獲得を発表。2009年にはソフトバンクでプレー。
  • 16日
  • 19日
  • 30日
    • アトランタ・ブレーブスのティム・ハドソンが対ワシントン・ナショナルズ戦で通算200勝。ハドソンは同試合で本塁打を打っており、200勝達成試合で本塁打を記録したのはメジャーリーグ史上2人目[27]
    • テキサス・レンジャースのダルビッシュ有が対シカゴ・ホワイトソックス戦に勝利し、月間5勝目。日本人投手の4月に5勝は史上2人目[28]、4月終了時点のシーズン通算奪三振58はア・リーグ史上3位[29]

5月[編集]

  • 21日
    • ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムのマイク・トラウトが対シアトル・マリナーズ戦でサイクル安打を達成。21歳288日での達成はメジャーリーグ史上6番目の若さで、ア・リーグ最年少記録[30]
  • 25日
    • サンフランシスコ・ジャイアンツのアンヘル・パガンが対コロラド・ロッキーズ戦でサヨナラランニング本塁打。メジャーリーグでは2004年のタンパベイ・レイズのレイ・サンチェス以来、9年ぶり[31]

6月[編集]

  • 5日
    • ミルウォーキー・ブルワーズの青木宣親が対オークランド・アスレチックス戦で日米通算1500本安打(日本プロ野球1284、メジャー216)[32]
  • 6日
    • ニューヨーク・ヤンキースはドラフト会議で2巡目指名でランチョ・バーナード高の日本人、加藤豪将を指名[33]
  • 7日
    • ニューヨーク・ヤンキースの黒田博樹が対シアトル・マリナーズ戦で日米通算2000奪三振(日本プロ野球1257、メジャー743)[34]
  • 11日
  • 12日
    • MLB機構は2014年3月22日、23日にオーストラリアで史上初の公式戦を開催する事を発表、ロサンゼルス・ドジャース対アリゾナ・ダイヤモンドバックスの開幕戦2試合をシドニーで行う。アメリカ、カナダ以外での公式戦開催は、日本、メキシコ、プエルトリコに次いで4カ国目[36]
  • 16日
    • デトロイト・タイガースのトリー・ハンターが対ミネソタ・ツインズ戦でメジャーリーグ通算300本塁打[37]
  • 21日
    • テキサス・レンジャースの建山義紀がニューヨーク・ヤンキースにトレード移籍[38]
  • 22日
    • シカゴ・カブスの高橋尚成がコロラド・ロッキースにトレード移籍[39]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

  • 3日
    • ピッツバーグ・パイレーツは対ミルウォーキー・ブルワーズ戦に勝利し81勝57敗とし、今シーズンの勝ち越しを決めて、シーズン連続負け越しのメジャーリーグ記録[67]を20で止めた[68]
  • 4日
  • 6日
    • サンフランシスコ・ジャイアンツはこの日までに田中賢介に戦力外通告[70]
  • 11日
    • ボストン・レッドソックスの上原浩治が対タンパベイ・レイズ戦で球団新記録の34者連続アウト[71]
  • 14日
    • コロラド・ロッキーズの球団公式サイトなどがトッド・ヘルトンの今季限りでの現役引退を表明した事を伝えた[72]
  • 16日
  • 17日
    • 日本野球連盟は前日ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約をしたエディオン愛工大OB BLITZの沼田拓巳について、同クラブの了承を経ず社会人登録を抹消していない状態で契約した事を問題視する声明を発表[74]
    • ボストン・レッドソックスの上原浩治が対ボルチモア・オリオールズ戦に9回から登板し、先頭打者のダニー・バレンシアに中越三塁打を打たれ、8月17日からの連続アウトが37でストップ[75]
  • 20日
    • ボストン・レッドソックスが対トロント・ブルージェイズ戦に6対3で勝利し、6年ぶりア・リーグ東地区で優勝達成[76]
    • ニューヨーク・ヤンキースのアンディ・ペティットが今季限りでの現役引退を発表[77]
  • 22日
    • この日、2位のワシントン・ナショナルズが敗れた為、アトランタ・ブレーブスが8年ぶりにア・リーグ東地区優勝[78]
    • この日、テキサス・レンジャースがカンザスシティ・ロイヤルズに敗れたため、オークランド・アスレチックスが2年連続でア・リーグ西地区優勝[78]
    • ニューヨーク・ヤンキースのマリアノ・リベラの引退式がヤンキースタジアムで行われ、リベラの背番号42が永久欠番になる事が発表された[79]
  • 23日
    • ナ・リーグ中地区のピッツバーグ・パイレーツとシンシナティ・レッズが勝利し、両チームのプレーオフ進出が決定[80]
  • 24日
    • デトロイト・タイガースが対ミネソタ・ツインズ戦に勝利し、ア・リーグプレーオフ進出が決定[81]
  • 25日
    • デトロイト・タイガースがミネソタ・ツインズに1対0で勝利し、ア・リーグ中地区で3年連続地区優勝達成[82]
  • 26日
    • MLBコミッショナーのバド・セリグが任期満了に伴い、2015年1月24日付で退任する事を明らかにした[83]
  • 27日
    • セントルイス・カージナルスがシカゴ・カブスに7対0で勝利し、4年ぶりナ・リーグ中地区優勝達成。6回にはカージナルスのマット・ホリデイがメジャーリーグ通算250号本塁打[84]
    • シアトル・マリナースは監督のエリック・ウェッジが球団に退団を申し入れ、球団が了承した事を発表[85]
  • 29日
    • タンパベイ・レイズがトロント・ブルージェイズに7対6で勝利し、ア・リーグのワイルドカード争いはレイズとテキサス・レンジャースが同率で並び、1試合の決定戦が行われることになった[86]
    • ナ・リーグレギュラーシーズン公式戦の全日程が終了[87]
  • 30日
    • シカゴ・カブスは監督のデール・スウェイムを解任した事を発表した[88]
    • ア・リーグのワイルドカードゲーム決定戦はタンパベイ・レイズがテキサス・レンジャースを5対2で破り、ワイルドカードゲーム進出が決定[89]
    • フロリダ・マーリンズのヘンダーソン・アルバレスがシーズン最終戦の対デトロイト・タイガース戦において、9回裏2死満塁から暴投によるサヨナラ勝利で、ノーヒット・ノーラン達成。シーズン最終戦での達成はメジャー史上4人目、サヨナラ暴投での達成は61年ぶり史上2度目[90]
    • ア・リーグレギュラーシーズン公式戦の全日程が終了[91]
    • ヒューストン・アストロズは球団ワースト記録の111敗で、シーズン1535三振はMLBワースト記録[91]

10月[編集]

  • 1日
    • ナ・リーグプレーオフのワイルドカードゲームはピッグバーグ・パイレーツがシンシナティ・レッズに6対2で勝利し、地区シリーズ進出決定[92]
    • ニューヨーク・メッツは監督のテリー・コリンズと契約を2015年まで2年間延長したと発表した。2016年は球団が契約の選択権を持つ[93]
    • MLB機構は今季の観客動員を発表し、前年比1.1%減の7402万6895人で歴代6位。球団別最多はナ・リーグのロサンゼルス・ドジャースの374万3527人、ア・リーグ最多はニューヨーク・ヤンキースの327万9589人[94]
  • 2日
    • ア・リーグプレーオフのワイルドカードゲームはタンパベイ・レイズがクリーブランド・インディアンスに4対0で勝利し、地区シリーズ進出決定[95]
  • 6日
    • ナ・リーグの地区シリーズでロサンゼルス・ドジャースがアトランタ・ブレーブスで、柳賢振が韓国人で初のポストシーズンで先発し、3回4失点で降板も、試合はドジャースがポストシーズン球団最多得点タイ記録の13対6で勝利[96]
  • 7日
    • ナ・リーグのプレーオフの地区シリーズ第4戦はロサンゼルス・ドジャースがアトランタ・ブレーブスに4対3で勝利し、3勝1敗でリーグ優勝決定シリーズ進出決定[97]
  • 8日
    • ア・リーグのプレーオフの地区シリーズ第4戦はボストン・レッドソックスがタンパベイ・レイズに3対1で勝利して、3勝1敗でリーグ優勝決定シリーズ進出決定[98]
  • 9日
    • ナ・リーグのプレーオフの地区シリーズ第5戦はセントルイス・カージナルスがピッグバーグ・パイレーツに6対1で勝利して、3勝2敗でリーグ優勝決定シリーズ進出決定[99]
  • 10日
    • ア・リーグのプレーオフの地区シリーズ第5戦、デトロイト・タイガースがオークランド・アスレチックスに3対0で勝利し、3勝2敗で2年連続リーグ優勝決定シリーズ進出決定[100][101]
  • 14日
    • MLBは審判員のウォーリー・ベルの死去を発表、今季ナ・リーグ地区シリーズの審判もつとめたばかり[102]
  • 15日
    • ア・リーグ優勝決定シリーズ第3戦で、デトロイト・タイガースのジャスティン・バーランダーがポストシーズン新記録6度目の2桁奪三振。またタイガースのミゲル・カブレラがこの試合4打数無安打で、ポストシーズン最長の連続出塁記録が32でストップ。試合はボストン・レッドソックスがタイガースに0対1で勝利[103]
  • 16日
    • ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムの打撃コーチに今季アリゾナ・ダイヤモンドバックスの同職のドン・ベイラーが就任[104]
  • 17日
  • 18日
    • ナ・リーグの優勝決定シリーズ第6戦(セントルイス)はセントルイス・カージナルスがロサンゼルス・ドジャースに9対0で勝利し、4勝2敗で2年ぶり19度目のワールドシリーズ進出決定[106]
  • 19日
    • ア・リーグのリーグ優勝決定シリーズの第6戦は、ボストン・レッドソックスがデトロイト・タイガースに5対2で勝利し、4勝2敗で6年ぶり13度目のワールドシリーズ進出決定。MVPは上原浩治[107]
  • 21日
    • デトロイト・タイガースの監督のジム・リーランドの辞任を発表、9月に今季限りの退任の意向を球団に示していた[108]
  • 22日
  • 26日
    • ロベルト・クレメンテ賞にセントルイス・カージナルスのカルロス・ベルトランを選出、この日のワールドシリーズ第3戦の試合前に表彰が行われた[110]
    • ワールドシリーズ第3戦は4対4で迎えた9回裏1死二、三塁の場面で、セントルイス・カージナルスのジョン・ジェイの二ゴロで三塁走者が本塁でアウトになり、捕手が三塁に投げた際に送球がそれ、三塁手のウィル・ミドルブルックスが二塁走者アレン・クレイグと接触し、ウィルの走塁妨害の判定となりクレイグの本塁生還が認められ、カージナルスがボストン・レッドソックスにサヨナラ勝ち[111]。走塁妨害でのサヨナラゲームはワールドシリーズ史上初[112]
  • 27日
    • ワールドシリーズ第4戦が行われ、ボストン・レッドソックスがセントルイス・カージナルスに4対2で勝利し2勝2敗とし、6番手で9回から登板した上原浩治が日本人投手ではシリーズ初のセーブを記録[113]
  • 29日
    • ミルウォーキー・ブルワーズは、今季で2年契約が終了する青木宣親との契約を1年延長することを発表した[114]
    • ワールドシリーズの第5戦が行われ、ボストン・レッドソックスが9回裏2死の場面で上原浩治が一塁走者を牽制死で試合終了、4対2でセントルイス・カージナルスに勝利。牽制球による試合終了はワールド史上初、上原は日本人投手ではワールドシリーズ初セーブ[112]
    • ボルチモア・オリオールズの打撃コーチにデーブ・ウォレスが就任[115]
    • シカゴ・ホワイトソックスはキューバから亡命のホセ・アブレイユと6年6800万ドルで契約[115]
  • 30日
    • ワールドシリーズの第6戦が行われ、ボストン・レッドソックスがセントルイス・カージナルスに6対1で勝利し、4勝2敗で6年ぶり8度目の優勝達成。レッドソックスが本拠地で優勝したのは95年ぶり。MVPはデビッド・オルティーズ[116]
  • 31日
    • ワシントン・ナショナルズは新監督に今季アリゾナ・ダイヤモンドバックスの三塁コーチを務めたマット・ウィリアムズの就任を発表[117]

11月[編集]

12月[編集]

  • 2日
    • クリーブランド・インディアンスからFAのスコット・カズミアーがオークランド・アスレチックスと総額2200万ドルの2年契約で合意した、とCBSスポーツ(電子版)が伝えた[144]
  • 12月3日
  • 4日
    • デトロイト・タイガースはテキサス・レンジャースからFAのジョー・ネイサンと2年総額2000万ドルで契約合意したことを発表[148]
  • 5日
    • セントルイス・カージナルスからFAのエドワード・ムヒカがボストン・レッドソックスと2年総額950万ドルで契約合意したことをMLB公式サイトが伝えた[149]
    • ミルウォーキー・ブルワーズは青木宣親とカンザスシティ・ロイヤルズのウィル・スミスとの交換トレードを発表[150]
  • 6日
    • ニューヨーク・ヤンキースからFAのロビンソン・カノがシアトル・マリナーズと10年総額2億4千万ドルで契約合意、同じくヤンキースからFAのカーティス・グランダーソンがニューヨーク・メッツと4年総額6千万ドルで契約合意したことをCBSスポーツ(電子版)などが伝えた[151]
    • ヒューストン・アストロズはボルチモア・オリオールズからFAのスコット・フェルドマンがと3年契約で合意したことを発表、MLB公式サイトによれば総額3千万ドル[151]
    • セントルイス・カージナルスからFAのカルロス・ベルトランがニューヨーク・ヤンキースと3年総額4500万ドルで契約合意したことをCBSスポーツ(電子版)などが伝えた[152]
    • テキサス・レンジャースはトロント・ブルージェイズを自由契約のJ・P・アレンシビアと年俸180万ドルの1年契約で基本合意したとESPNが伝えた[153]
  • 9日 - メジャーリーグ通算203勝、サイ・ヤング賞2度のロイ・ハラデイがトロント・ブルージェイズと1日契約を結んで、現役引退を表明[154]
  • 10日
  • 11日
    • 規則委員会は本塁上での危険な激突行為を禁止することを投票で決めた。選手会の合意が得られれば来季から採用される[158]
    • オークランド・アスレチックスからFAのバートロ・コローンがニューヨーク・メッツと2年総額2000万ドルで契約合意したことをESPNの電子版が伝えた[159]
  • 12日
    • ボルチモア・オリオールズからFAのマイケル・モースがサンフランシスコ・ジャイアンツと1年契約の年俸500万ドルで契約合意したことをESPNの電子版が伝えた[160]
    • テキサス・レンジャースはウィンターミーティングで行われたルール5ドラフトで、アメリカンフットボール(NFL)のシアトル・シーホークスのスターQBのラッセル・ウィルソンを指名。2010年にコロラド・ロッキーズに指名され入団し2年プレー。その後フットボールに専念し、2012年にシーホークス入りしていた[161]
  • 13日
    • デトロイト・タイガースからFAのオマー・インファンテがカンザスシティ・ロイヤルズと4年総額3000万ドルで契約合意したことをESPNの電子版が伝えた[162]
    • ニューヨーク・ヤンキースからFAのブーン・ローガンがコロラド・ロッキーズと3年総額1650万ドルで契約合意したことをAP通信などが伝えた[163]
    • ピッグバーグ・パイレーツからFAのジャスティン・モルノーがコロラド・ロッキーズと2年1250万ドルで契約合意[164]
    • クリーブランド・インディアンスからFAのジェイソン・クベルがミネソタ・ツインズとマイナー契約[164]
  • 16日
  • 17日
  • 18日
    • テキサス・レンジャースは田中賢介とマイナー契約[167]
    • ボルチモア・オリオールズは17日に契約を結んだグラント・バルフォアと契約しないことを発表。身体検査で手術歴のある右肩に異常が見つかったためとされる[167]
    • MLB機構はボルチモア・オリオールズのトロイ・パットンがドーピング検査でアンフェタミンに陽性反応を示したとして、出場停止25試合の処分を科した[167]
  • 19日
  • 20日
  • 22日
    • シンシナティ・レッズからFAの秋信守がテキサス・レンジャースと7年総額1億3000万ドルで契約合意[170]
  • 23日
    • クリーブランド・インディアンスからFAのクリス・ペレスがロサンゼルス・ドジャースと1年230万ドルで契約したことをESPNが伝えた[171]
  • 27日
    • シアトル・マリナーズからFAのラウル・イバニェスが・ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムと1年275万ドルで契約合意[172]
  • 12月27日 - デトロイト・タイガースからFAのホセ・ベラスがシカゴ・カブスと1年385万ドルで契約合意[172]
  • 28日
    • ロサンゼルス・ドジャースのヤシエル・プイグがフロリダ州で車を運転し、64キロの速度超過で危険運転の容疑で逮捕、今年4月にも同容疑で逮捕されていた[173]

試合結果[編集]

レギュラーシーズン[編集]

アメリカンリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
東地区
1 ボストン・レッドソックス 97 65 .599
2 タンパベイ・レイズ 92 71 .564 5.5
3 ボルチモア・オリオールズ 85 77 .525 12
3 ニューヨーク・ヤンキース 85 77 .525 12
5 トロント・ブルージェイズ 74 88 .457 23
中地区
1 デトロイト・タイガース 93 69 .574
2 クリーブランド・インディアンス 92 70 .568 1
3 カンザスシティ・ロイヤルズ 86 76 .531 7
4 ミネソタ・ツインズ 66 96 .407 27
5 シカゴ・ホワイトソックス 63 99 .389 30
西地区
1 オークランド・アスレチックス 96 66 .593
2 テキサス・レンジャーズ 91 72 .558 5.5
3 ロサンゼルス・エンゼルス 78 84 .481 18
4 シアトル・マリナーズ 71 91 .438 25
5 ヒューストン・アストロズ 51 111 .315 45

ナショナルリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
東地区
1 アトランタ・ブレーブス 96 66 .593
2 ワシントン・ナショナルズ 86 76 .531 10
3 ニューヨーク・メッツ 74 88 .457 22
4 フィラデルフィア・フィリーズ 73 89 .451 23
5 マイアミ・マーリンズ 62 100 .383 34
中地区
1 セントルイス・カージナルス 97 65 .599
2 ピッツバーグ・パイレーツ 94 68 .580 3
3 シンシナティ・レッズ 90 72 .556 7
4 ミルウォーキー・ブルワーズ 74 88 .457 23
5 シカゴ・カブス 66 96 .407 31
西地区
1 ロサンゼルス・ドジャース 92 70 .568
2 アリゾナ・ダイヤモンドバックス 81 81 .500 11
3 サンディエゴ・パドレス 76 86 .469 16
4 サンフランシスコ・ジャイアンツ 76 86 .469 16
5 コロラド・ロッキーズ 74 88 .457 18

オールスターゲーム[編集]

  • 右側がホームチーム
  • アメリカンリーグ 3 - 0 ナショナルリーグ
MVP:マリアノ・リベラ

ポストシーズン[編集]

ディビジョンシリーズ リーグチャンピオンシップシリーズ ワールドシリーズ
                   
       
  ボストン・レッドソックス 3
  タンパベイ・レイズ 1  
  ボストン・レッドソックス 4
アメリカンリーグ
    デトロイト・タイガース 2  
  オークランド・アスレチックス 2
  デトロイト・タイガース 3  
  ボストン・レッドソックス 4
    セントルイス・カージナルス 2
  アトランタ・ブレーブス 1
  ロサンゼルス・ドジャース 3  
  ロサンゼルス・ドジャース 2
ナショナルリーグ
    セントルイス・カージナルス 4  
  セントルイス・カージナルス 3
  ピッツバーグ・パイレーツ 2  

ワイルドカードプレーオフ[編集]

  • 右側がホームチーム
  • レイズ 4 - 0 インディアンス
  • レッズ 2 - 6 パイレーツ

ディビジョンシリーズ[編集]

  • 右側がホームチーム

リーグチャンピオンシップシリーズ[編集]

ワールドシリーズ[編集]

  • レッドソックス 4 - 2 カージナルス
10/23 – カージナルス 1 - 8 レッドソックス
10/24 – カージナルス 4 - 2 レッドソックス
10/26 – レッドソックス 4 - 5 カージナルス
10/27 – レッドソックス 4 - 2 カージナルス
10/28 – レッドソックス 3 - 1 カージナルス
10/30 – カージナルス 1 - 6 レッドソックス
MVP:デビッド・オルティーズ

個人タイトル[編集]

アメリカンリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ミゲル・カブレラ (DET) .348
本塁打 クリス・デービス (BAL) 53
打点 クリス・デービス (BAL) 138
得点 マイク・トラウト (BAL) 109
安打 エイドリアン・ベルトレ (TEX) 199
盗塁 ジャコビー・エルズベリー (BOS) 52

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 マックス・シャーザー (DET) 21
敗戦 ルーカス・ハレル (HOU) 17
防御率 アニバル・サンチェス (DET) 2.57
奪三振 ダルビッシュ有 (TEX) 277
投球回 ジェームズ・シールズ (DET) 228.2
セーブ ジム・ジョンソン (BAL) 50

ナショナルリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 マイケル・カダイアー (COL) .331
本塁打 ペドロ・アルバレス (PIT)
ポール・ゴールドシュミット (ARI)
36
打点 ポール・ゴールドシュミット (ARI) 125
得点 マット・カーペンターSTL 126
安打 マット・カーペンター(STL) 199
盗塁 エリック・ヤング・ジュニア (NYM/COL) 46

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 アダム・ウェインライト (STL)
ジョーダン・ジマーマン (WSH)
19
敗戦 エドウィン・ジャクソン (CHC) 18
防御率 クレイトン・カーショウ (LAD) 1.83
奪三振 クレイトン・カーショウ (LAD) 232
投球回 アダム・ウェインライト (STL) 241.2
セーブ クレイグ・キンブレル (ATL) 50

表彰[編集]

全米野球記者協会(BBWAA)表彰[編集]

表彰 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
MVP ミゲル・カブレラ (DET) アンドリュー・マカッチェン (PIT)
サイヤング賞 マックス・シャーザー (DET) クレイトン・カーショウ (LAD)
最優秀新人賞 ウィル・マイヤーズ (TB) ホセ・フェルナンデス (MIA)
最優秀監督賞 テリー・フランコーナ (CLE) クリント・ハードル (PIT)

ゴールドグラブ賞[編集]

守備位置 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
投手 R・A・ディッキー (TOR) アダム・ウェインライト (STL)
捕手 サルバドール・ペレス (KC) ヤディアー・モリーナ (STL)
一塁手 エリック・ホズマー (KC) ポール・ゴールドシュミット (ARI)
二塁手 ダスティン・ペドロイア (BOS) ブランドン・フィリップス (CIN)
三塁手 マニー・マチャド (BAL) ノーラン・アレナド (COL)
遊撃手 J・J・ハーディ (BAL) アンドレルトン・シモンズ (ATL)
外野手 アレックス・ゴードン (KC)
アダム・ジョーンズ (BAL)
シェーン・ビクトリーノ (BOS)
カルロス・ゴンザレス (COL)
カルロス・ゴメス (MIL)
ジェラルド・パーラ (ARI)

シルバースラッガー賞[編集]

守備位置 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
投手 - ザック・グレインキー (LAD)
捕手 ジョー・マウアー (MIN) ヤディアー・モリーナ (STL)
一塁手 クリス・デービス (BAL) ポール・ゴールドシュミット (ARI)
二塁手 ロビンソン・カノ (NYY) マット・カーペンター (STL)
三塁手 ミゲル・カブレラ (DET) ペドロ・アルバレス (PIT)
遊撃手 J・J・ハーディ (BAL) イアン・デズモンド (WSH)
外野手 トリー・ハンター (DET)
アダム・ジョーンズ(BAL)
マイク・トラウト (LAA)
ジェイ・ブルース (CIN)
マイケル・カダイアー (COL)
アンドリュー・マカッチェン (PIT)
指名打者 デビッド・オルティーズ (BOS) -

その他表彰[編集]

表彰 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
ハンク・アーロン賞 ミゲル・カブレラ (DET) ポール・ゴールドシュミット (ARI)
ロベルト・クレメンテ賞 - カルロス・ベルトラン (STL)

アメリカ野球殿堂入り表彰者[編集]

ベテランズ委員会選出

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “大リーグ:野球殿堂該当者なし 96年以来 ボンズは9位”. 毎日jp (毎日新聞). (2013年1月10日). http://mainichi.jp/sports/news/20130110k0000e050124000c.html?inb=fa 
  2. ^ “田中賢介「メジャーでレギュラーに」 札幌で移籍会見”. 北海道新聞. (2013年1月28日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fighters/437191.html 
  3. ^ “大リーグ:サイ・ヤング賞のウェブが引退へ”. 毎日jp. (2013年2月5日). オリジナルの2013年2月6日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0206-1823-15/mainichi.jp/sports/news/20130205k0000e050179000c.html 2013年2月6日閲覧。 
  4. ^ “レッドソックスがメジャー初のツイッター”. 日刊スポーツ. (2013年2月9日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20130209-1082813.html 
  5. ^ “元日本ハムのデューシー氏が殿堂入り”. 日刊スポーツ. (2013年2月9日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20130209-1082814.html 
  6. ^ “岡島秀樹、アスレチックスとマイナー契約で合意”. 読売新聞. (2013年2月12日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/mlb/news/20130212-OYT1T00202.htm?from=ylist 
  7. ^ “イ軍が松坂獲得を正式発表”. 日刊スポーツ. (2013年2月14日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20130214-1084789.html 
  8. ^ “ヘルナンデス投手最高額7年総額163億円”. 日刊スポーツ. (2013年2月14日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20130214-1085003.html 
  9. ^ “C・ジョーンズ氏の「背番号10」永久欠番”. 日刊スポーツ. (2013年2月20日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20130220-1087920.html 
  10. ^ “元インディアンスのバイエガ氏ら殿堂入り”. 日刊スポーツ. (2013年2月22日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20130222-1088519.html 
  11. ^ “I・ロドリゲス氏がレ軍GM補佐就任”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2013年2月22日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20130222-1088642.html 
  12. ^ “イチロー接触事故も「大丈夫ですよ」”. サンケイスポーツ. (2013年3月4日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130303/mlb13030316010015-n1.html 
  13. ^ “小林宏、エンゼルス解雇 3試合で結果出せず”. サンケイスポーツ. (2013年3月5日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130305/mlb13030508280005-n1.html 
  14. ^ “田沢、レッドソックスと1年契約 中継ぎとして期待”. 47NEWS (共同通信). (2013年3月5日). http://www.47news.jp/CN/201303/CN2013030501001345.html 
  15. ^ “引退表明リベラ、1回無失点”. 日刊スポーツ. (2013年3月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20130310-1095677.html 
  16. ^ “松坂大輔:インディアンスがマイナー再契約”. 毎日新聞. (2013年3月27日). http://mainichi.jp/sports/news/20130327k0000e050173000c.html 
  17. ^ “大リーグ:バーランダー投手最高額 7年、総額169億円”. 毎日新聞. (2013年3月30日). http://mainichi.jp/sports/news/20130330k0000e050207000c.html?inb=fa 
  18. ^ “球児、2球でメジャー初セーブ!カブスが白星発進”. スポーツニッポン. (2013年4月2日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/02/kiji/K20130402005529370.html 
  19. ^ “アストロズ歴史的1勝 リーグ移転初戦で通算4000勝”. スポーツニッポン. (2013年4月2日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/02/kiji/K20130402005528370.html 
  20. ^ “ダル あと1人で完全試合ならず「あそこまでいったらアウト取りたかった」”. スポーツニッポン. (2013年4月3日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/03/kiji/K20130403005536620.html 
  21. ^ “ジャイアンツ投手 111年ぶりの屈辱”. スポーツニッポン. (2013年4月8日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/08/kiji/K20130408005570630.html 
  22. ^ “ダル同僚のネーサン 通算300セーブ達成”. スポーツニッポン. (2013年4月9日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/09/kiji/K20130409005576190.html 
  23. ^ “Rソックス 794試合で途切れる”. スポーツニッポン. (2013年4月11日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/11/kiji/K20130411005588470.html 
  24. ^ “35歳・ハラデーが通算200勝”. スポーツニッポン. (2013年4月14日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/15/kiji/K20130415005616620.html 
  25. ^ “米大リーグ:カブス、高橋尚成に戦力外通告”. 毎日新聞. (2013年4月17日). http://mainichi.jp/sports/news/20130417k0000e050153000c.html 
  26. ^ “ダル3勝目 日米通算1500K達成”. 日刊スポーツ. (2013年4月20日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20130420-1115147.html 
  27. ^ “ハドソン通算200勝 史上2人目自ら祝砲も”. スポーツニッポン. (2013年5月2日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/02/kiji/K20130502005721870.html 
  28. ^ “ダル4月5勝!58奪三振もトップで2冠”. スポーツニッポン. (2013年5月2日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/02/kiji/K20130502005721920.html 
  29. ^ “ダル 次回登板は6日 4月の三振記録は歴代3位タイ”. スポーツニッポン. (2013年5月2日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/02/kiji/K20130502005723440.html 
  30. ^ “エ軍トラウトがサイクル安打 ア最年少21歳288日で達成”. スポーツニッポン. (2013年5月21日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/23/kiji/K20130523005858590.html 
  31. ^ “メジャー9年ぶり サヨナラランニング本塁打”. スポーツニッポン. (2013年5月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/27/kiji/K20130527005884310.html 
  32. ^ “青木 日米1500安打 イチローに次ぐ日本人2位スピード達成”. スポーツニッポン. (2013年6月7日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/06/07/kiji/K20130607005960780.html 
  33. ^ “ヤンキースが2巡目で日本人指名 米国の高校生・加藤豪将「びっくりした」”. スポーツニッポン. (2013年6月7日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/06/07/kiji/K20130607005966010.html 
  34. ^ “黒田、日米通算2000奪三振も…白星で飾れず5敗目”. スポーツニッポン. (2013年6月8日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/06/08/kiji/K20130608005970610.html 
  35. ^ “ドジャースのマグワイア打撃コーチら退場処分、Dバックス戦で乱闘”. AFP通信. (2013年6月12日). http://www.afpbb.com/article/sports/baseball/mlb/2950037/10893947 
  36. ^ 朝日新聞2013年6月13日
  37. ^ “トリー・ハンターが通算300本塁打を達成”. AFP通信. (2008年6月17日). http://www.afpbb.com/article/sports/baseball/mlb/2950699/10920261 
  38. ^ “建山、ヤンキースにトレード移籍”. AFP通信. (2013年6月22日). http://www.afpbb.com/article/sports/baseball/mlb/2951840/10945213 
  39. ^ “尚成 ロッキーズへトレード移籍 メジャー昇格へチャンスあり”. スポーツニッポン. (2013年6月24日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/06/24/kiji/K20130624006073820.html 
  40. ^ “ペティット、ヤンキースの歴代最多奪三振記録を樹立”. AFPBB News. (2013年7月2日). http://www.afpbb.com/article/sports/baseball/mlb/2953935/10995712 
  41. ^ “ベイリー、自身2度目のノーヒットノーラン達成!”. スポーツニッポン. (2013年7月3日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/03/kiji/K20130703006141820.html 
  42. ^ “ブルージェイズ 王建民に戦力外通告…本人は現役続行希望”. スポーツニッポン. (2013年7月3日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/03/kiji/K20130703006142830.html 
  43. ^ “ラミレスが米球界復帰 レンジャーズとマイナー契約”. スポーツニッポン. (2013年7月4日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/04/kiji/K20130704006147370.html 
  44. ^ “サバシア通算200勝 イチローは「エースの精神性」称賛”. スポーツニッポン. (2013年7月4日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/04/kiji/K20130704006148730.html 
  45. ^ “ダルビッシュと岩隈がMLBオールスター選出”. AFPBB News. (2013年7月7日). http://www.afpbb.com/article/sports/baseball/mlb/2954619/11013703 
  46. ^ “ホワイトソックスのリオスが1試合6安打、ア・リーグタイ記録”. AFPBB News. (2013年7月10日). http://www.afpbb.com/article/sports/baseball/mlb/2955206/11023481 
  47. ^ “ジャイアンツ リンスカムが無安打無得点試合達成”. スポーツニッポン. (2013年7月14日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/14/kiji/K20130714006216780.html 
  48. ^ “イチロー 2000試合出場の節目に6号ソロ含む3安打”. スポーツニッポン. (2013年7月15日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/15/kiji/K20130715006221720.html 
  49. ^ “リベラ、最後の球宴でMVP「ファンが声援をくれた」”. スポーツニッポン. (2013年7月17日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/17/kiji/K20130717006235780.html 
  50. ^ “パドレス 球団社長にディー氏の就任発表”. スポーツニッポン. (2013年7月18日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/18/kiji/K20130718006242950.html 
  51. ^ “11年MVPのブラウン 薬物規定違反で出場停止処分”. スポーツニッポン. (2013年7月23日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/23/kiji/K20130723006275950.html 
  52. ^ “ブルワーズ 右腕ロドリゲスがオ軍へ マイナー野手とトレード”. スポーツニッポン. (2013年7月24日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/24/kiji/K20130724006284350.html 
  53. ^ “ヤンキース、389本塁打のソリアーノ獲得!即4番で出場”. スポーツニッポン. (2013年7月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/27/kiji/K20130727006304200.html 
  54. ^ “松井秀喜氏 ヤンキースで引退セレモニー「これ以上の幸せない」”. スポーツニッポン. (2013年7月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/28/kiji/K20130728006315540.html 
  55. ^ “トレード期限迫る大リーグ 救援投手の移籍相次ぐ”. スポーツニッポン. (2013年7月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/30/kiji/K20130730006321620.html 
  56. ^ “A・ロッドに211試合の出場停止処分、ほかの選手は50試合に”. AFBBBNews. (2013年8月6日). http://www.afpbb.com/article/sports/baseball/mlb/2960222/11140044 
  57. ^ “長期出場停止処分のA・ロッド、Wソックス戦で今季初出場”. スポーツニッポン. (2013年8月6日). http://www.afpbb.com/article/sports/baseball/mlb/2960399/11140720 
  58. ^ “元広島ソリアーノ 日米2000安打 日本2安打も名球会規定クリア”. スポーツニッポン. (2013年8月7日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/08/09/kiji/K20130809006379910.html 
  59. ^ a b “フィリーズがマニエル監督解任 通算1000勝達成も低迷”. スポーツニッポン. (2013年8月17日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/08/17/kiji/K20130817006434980.html 
  60. ^ “テハダ105試合出場停止 引退の可能性も…”. スポーツニッポン. (2013年8月18日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/08/18/kiji/K20130818006441540.html 
  61. ^ [1]松坂が契約解除 今季3Aで5勝8敗スポーツニッポン2013年8月20日配信
  62. ^ “イチロー、日米通算4000安打達成!メジャー“3人目”の大台”. スポーツニッポン. (2013年8月22日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/08/22/kiji/K20130822006464850.html 
  63. ^ 日本経済新聞. “4000安打達成に「イチロー」コール ファン総立ち”. 2013年8月22日閲覧。
  64. ^ “松坂、24日のタイガース戦に先発!メッツが獲得&先発起用発表”. スポーツニッポン. (2013年8月23日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/08/23/kiji/K20130823006470560.html 
  65. ^ 18回、7時間6分 Dバックス 球団最長記録勝利スポーツニッポン2013年8月26日配信
  66. ^ ソリアーノが400号 イチは大差の展開で完全休養スポーツニッポン2013年8月28日配信
  67. ^ 【MLB】ナ・リーグの「大穴」は20年連続負け越し中のパイレーツだ! Webスポルティーバ 2013年7月3日閲覧
  68. ^ パイレーツ、20シーズン連続負け越しに終止符AFPBB News 2013年9月4日配信
  69. ^ オルティスが2000安打到達「引退したら、いい数字だなと…」スポーツニッポン2013年9月5日配信
  70. ^ 賢介ジャイアンツ自由契約も GM補佐「来季契約ある」スポーツニッポン2013年9月7日配信
  71. ^ 上原 34者連続アウト 61年ぶり球団新、大リーグ記録にあと7スポーツニッポン2013年9月13日配信
  72. ^ 2000年2冠王 ヘルトン、今季限りで引退スポーツニッポン2013年9月15日配信
  73. ^ ドジャース 19歳・日本人投手と契約スポーツニッポン2013年9月17日配信
  74. ^ 日本野球連盟 ドジャースと沼田投手との契約を問題視スポーツニッポン2013年9月17日配信
  75. ^ 上原、今季初黒星…連続アウト37人で途切れ、メジャー記録逃すスポーツニッポン2013年9月18日配信
  76. ^ 上原、大魔神以来の胴上げ投手!Rソックス6年ぶり地区Vスポーツニッポン2013年9月21日配信
  77. ^ 通算255勝 ヤンキースの左腕ペティットが引退表明スポーツニッポン2013年9月21日配信
  78. ^ a b ブレーブスとアスレチックスが地区優勝AFPBB News 2013年9月23日配信
  79. ^ 朝日新聞2013年9月24日スポーツ面
  80. ^ パイレーツ、レッズがそろってプレーオフ進出スポーツニッポン2013年9月24日配信
  81. ^ タイガースがPO進出 地区3連覇へのマジックは「1」スポーツニッポン2013年9月25日配信
  82. ^ タイガース、中地区3連覇!シャーザーが21勝目スポーツニッポン2013年9月26日配信
  83. ^ MLBセリグ・コミッショナー 15年1月で退任へスポーツニッポン2013年9月27日配信
  84. ^ カージナルス、4年ぶり地区V!スポーツニッポン2013年9月28日配信
  85. ^ 岩隈のマリナーズ ウェッジ監督が退団へスポーツニッポン2013年9月28日配信
  86. ^ レイズ逃げ切り決定戦へ マドン監督「まだ戦えることがうれしい」スポーツニッポン2013年9月29日配信
  87. ^ スポーツニッポン関西版2013年10月1日5面
  88. ^ カブス、スウェイム監督を解任 後任候補にヤ軍指揮官?スポーツニッポン2013年10月1日配信
  89. ^ ダルビッシュPO進出ならず…レンジャーズ、決定戦で敗れる スポーツニッポン2013年9月30日配信
  90. ^ マーリンズ・アルバレスがサヨナラ暴投でノーヒッタースポーツニッポン2013年10月1日配信
  91. ^ a b スポーツニッポン関西版2013年10月2日6面
  92. ^ レッズ 頼みのクエトが4失点KO 悪い流れ断ち切れずスポーツニッポン2013年10月3日配信
  93. ^ コリンズ監督と2年契約=米大リーグ・メッツ時事通信2013年10月1日配信
  94. ^ スポーツニッポン関西版2013年10月3日6面
  95. ^ レイズの勢いに屈したインディアンス フランコナ監督「つらい」スポーツニッポン2013年10月3日配信
  96. ^ スポーツニッポン関西版2013年10月8日5面
  97. ^ ウリベ逆転2ラン!ドジャースが4年ぶりにリーグ優勝決定S進出スポーツニッポン2013年10月7日配信
  98. ^ 上原 歓喜のシャンパンファイト「すごくうれしい」 田沢「最高」スポーツニッポン2013年10月9日配信
  99. ^ カージナルス、3年連続リーグ優勝決定S進出!スポーツニッポン2013年10月10日配信
  100. ^ アスレチックス 2年連続で地区シリーズ敗退スポーツニッポン2013年10月10日配信
  101. ^ 2013年MLBポストシーズンスポーツニッポン2013年10月10日配信
  102. ^ スポーツニッポン関西版2013年10月16日4面
  103. ^ バーランダーが記録更新 通算6度目の2桁奪三振スポーツニッポン2013年10月16日配信
  104. ^ スポーツニッポン関西版2018年10月16日4面
  105. ^ レンジャーズ 、ノーラン・ライアンCEOが退任スポーツニッポン2013年10月18日配信
  106. ^ カージナルス、2年ぶりリーグ制覇!最後はドジャースに大勝スポーツニッポン2013年10月19日配信
  107. ^ 上原、無失点締めでMVP!レッドソックス6年ぶりリーグ制覇スポーツニッポン2013年10月20日配信
  108. ^ タイガースのリーランド監督が辞任 9月に球団に伝えていたスポーツニッポン2013年10月21日配信
  109. ^ ヒルマンコーチド軍首脳でただ1人解任”. 日刊スポーツ (2013年10月24日). 2013年10月24日閲覧。
  110. ^ カージナルスの外野手ベルトランに「クレメンテ賞」スポーツニッポン2013年10月27日配信
  111. ^ 走塁妨害でサヨナラ負けの上原「すっきりしない」スポーツニッポン2013年10月27日配信
  112. ^ a b けん制締め上原に野球殿堂注目 今シリーズ象徴、グッズ展示検討lスポーツニッポン2013年10月29日配信
  113. ^ 上原、日本投手Wシリーズ初セーブ!Rソックス2勝2敗のタイにスポーツニッポン2013年10月28日配信
  114. ^ 大リーグ:青木、ブルワーズと契約1年延長 毎日新聞 2013年10月30日閲覧
  115. ^ a b スポーツニッポン関西版2013年10月31日7面
  116. ^ 上原V投手!田沢も好救援 Rソックス6年ぶりWシリーズ制覇スポーツニッポン2013年10月31日配信
  117. ^ ナショナルズ新監督にウィリアムズ氏スポーツニッポン2013年11月1日配信
  118. ^ タイガース新監督に44歳オースマス氏スポーツニッポン2013年11月4日配信
  119. ^ ヤ軍リベラ 今季44Sで“有終”カムバック賞スポーツニッポン2013年11月6日配信
  120. ^ マリナーズ新監督にマクレンドン氏が就任ニッカンスポーツ2013年11月6配信
  121. ^ 藤川のカブス 新監督にレンテリア氏スポーツニッポン2013年11月7日配信
  122. ^ カブス レンテリア氏が新監督就任、3年契約スポーツニッポン2013年11月8日配信
  123. ^ ペドロイア、パーラが最優秀守備選手スポーツニッポン2013年11月8日配信
  124. ^ レイズ・マイヤーズ&マーリンズ・フェルナンデスが新人王スポーツニッポン2013年11月12日配信
  125. ^ サイ・ヤング賞 ダル、岩隈は受賞逃す…最多勝シャーザーを選出スポーツニッポン2013年11月14日配信
  126. ^ タ軍カブレラ 2年連続アMVP ダルも認める「メジャー一」スポーツニッポン2013年11月16日配信
  127. ^ スポーツニッポン関西版11月19日4面
  128. ^ ジャイアンツ、ハドソンを2年契約で獲得AFPBBNews2013年11月20日配信
  129. ^ a b c スポーツニッポン関西版11月21日6面
  130. ^ ダルに強力“援軍” 285発フィルダー加入 父は日本でもプレースポーツニッポン2013年11月11日配信
  131. ^ スポーツニッポン関西版11月22日5面
  132. ^ ブレーブス・キンブレルが最優秀救援投手スポーツニッポン2013年11月22日配信
  133. ^ カ軍の11年WシリーズMVPフリースがエンゼルスへスポーツニッポン2013年11月23日配信
  134. ^ 毎日新聞2013年11月24日スポーツ面
  135. ^ ヤンキース マー君正妻獲得 ブレーブスで川上とバッテリースポーツニッポン2013年11月25日配信
  136. ^ ハレン、ドジャーズ入り合意 年俸10億円超スポーツニッポン2013年11月25日配信
  137. ^ カージナルスがペラルタ獲得 4年総額52億円超で合意スポーツニッポン2013年11月25日配信
  138. ^ インディアンス、レ軍マーフィーを獲得スポーツニッポン2013年11月26日配信
  139. ^ 野茂氏 米野球殿堂入り候補に!マダックス氏、グラビン氏らと並びスポーツニッポン2013年11月27日配信
  140. ^ 救援右腕スミス、エンゼルス入り 3年総額16億円で合意スポーツニッポン2013年11月27日配信
  141. ^ a b c スポーツニッポン関西版11月29日5面
  142. ^ ヤ軍FAのヒューズ ツインズ合意 黒田&マー君狙いも補強進まずスポーツニッポン2013年12月2日配信
  143. ^ スポーツニッポン関西版12月2日4面
  144. ^ アスレチックス 左腕カズミアーと22億円超で契約スポーツニッポン2013年12月3日配信
  145. ^ 最多セーブ右腕J・ジョンソン アスレチックス移籍スポーツニッポン2013年12月3日配信
  146. ^ a b c 米でFA契約、トレード相次ぐ ダル女房がRソックス移籍スポーツニッポン2013年12月5日配信
  147. ^ モーノーはロッキーズへ 2年13億で合意スポーツニッポン2013年12月4日配信
  148. ^ タイガース、抑えのネーサン獲得 2年20億円で合意スポーツニッポン2013年12月5日配信
  149. ^ レッドソックス 救援陣強化へFA右腕獲得 上原の抑えは不動スポーツニッポン2013年12月7日配信
  150. ^ 青木 交換トレードでロイヤルズ移籍 新天地では「1番・右翼」スポーツニッポン2013年12月6日配信
  151. ^ a b カノがマリナーズと合意 グランダーソンはメッツと4年契約スポーツニッポン2013年12月7日配信
  152. ^ イチローに影響は…ヤ軍、ベルトランと合意 また大物外野手補強スポーツニッポン2013年12月7日配信
  153. ^ レンジャーズにダルの“新相棒”アレンシビア捕手獲得スポーツニッポン2013年12月8日配信
  154. ^ [2]AFP BB NEWS2013年12月10日配信
  155. ^ トーリ氏ら名将3人が米野球殿堂入りへAFP BB NEWS2013年12月10日配信
  156. ^ タイガース ブルージェイズから俊足外野手を獲得スポーツニッポン2013年12月11日配信
  157. ^ オルティスに最優秀DH賞 2年ぶり7度目スポーツニッポン2013年12月11日配信
  158. ^ 本塁上での危険な激突禁止へ「受け入れられてきた文化を変えたい」スポーツニッポン2013年12月12日配信
  159. ^ メッツがコローンと合意 マリナーズは積極補強スポーツニッポン2013年12月12日配信
  160. ^ モースがジャイアンツ入り 1年契約、5・2億円スポーツニッポン2013年12月13日配信
  161. ^ 二刀流選手誕生!? レンジャーズ、NFLのスターQB指名スポーツニッポン2013年12月13日配信
  162. ^ オールスター選手 インファンテはロイヤルズへ 4年31億円スポーツニッポン2013年12月14日配信
  163. ^ ロッキーズ ヤンキースのローガンと17億円で合意スポーツニッポン2013年12月14日配信
  164. ^ a b スポーツニッポン関西版2013年12月15日6面
  165. ^ a b c スポーツニッポン関西版2013年12月18日6面
  166. ^ a b c d e スポーツニッポン関西版2013年12月19日6面
  167. ^ a b c スポーツニッポン関西版2013年12月20日11面
  168. ^ マギー 楽天退団 代役補強へ「サードの選手もリストに」スポーツニッポン2013年12月20日配信
  169. ^ スズキ ツインズ入り マウアー一塁手転向でスポーツニッポン2013年12月21日配信
  170. ^ レンジャーズ 秋信守7年135億円の大型契約スポーツニッポン2013年12月22日配信
  171. ^ スポーツニッポン関西版2013年12月25日4面
  172. ^ a b スポーツニッポン関西版2013年12月29日5面
  173. ^ また制限速度64キロ超過スポーツニッポン2013年12月30日配信

脚注[編集]