2013年のヨーロピアン・ル・マン・シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
2013年のヨーロピアン・ル・マン・シリーズ
前年: 2012 翌年: 2014

2013年のヨーロピアン・ル・マン・シリーズは、フランス西部自動車クラブ (ACO) の統括するヨーロピアン・ル・マン・シリーズEuropean Le Mans Series season, ELMS ル・マン・シリーズとして知られる)の10年目のシーズン。今年度は前年度までのオーガナイザー、ペーター・オートに代わってACOのル・マン耐久規定でマネージメントされた初のシーズンとなる[1]。選手権タイトルは4つのカテゴリーで争われ、2つはル・マン・プロトタイプ、2つはGTのカテゴリーとなる。2013年は4月13日のシルバーストンで開幕し、9月28日のポール・リカールまで全5戦でタイトルが争われた。

スケジュール[編集]

2012年シーズンはいくつかの計画されていたレースがエントラントが集まらなかったために中止となり、その結果2013年シーズンのカレンダーの変更に影響を与えた。全てのレースは週末の2日に短縮され、プラクティスと予選が金曜日、決勝が土曜日に行われた。また、レース自体も6時間から3時間に短縮された。ヨーロピアン・ル・マン・シリーズはいくつかの国際レースシリーズと共催となり、FIA 世界耐久選手権ワールドシリーズ・バイ・ルノー、FFSA GT選手権などと共に行われた[1]

シルバーストン・サーキットでのレースが2011年以来復帰する。このレースは翌日行われる世界耐久選手権、シルバーストン6時間のサポートレースとして実施される。また、イモラ・サーキットもGTツアーシリーズの1戦として復帰した。レッドブル・リンクでのレースは初の開催となり、ハンガロリンクも同様に初開催となる。最終戦のポール・リカールのみが前年に引き続いて開催されるが、このレースで使用されるレイアウトはミストラル・ストレートのシケインを使用しない全長版で行われる。シーズン終盤の3戦はワールドシリーズ・バイ・ルノーと共催される[1]

ラウンド レース サーキット 開催日
1 シルバーストン3時間レース イギリスの旗 シルバーストン・サーキット 4月13日
2 イモラ3時間レース イタリアの旗 イモラ・サーキット 5月18日
3 レッドブル・リンク3時間レース オーストリアの旗 レッドブル・リンク 7月20日
4 ハンガロリンク3時間レース ハンガリーの旗 ハンガロリンク 9月14日
5 ル・カステレ3時間レース フランスの旗 ポール・リカール・サーキット 9月28日

エントリーリスト[編集]

2013年のエントリーリストは2月8日に発表され、LMP2が11台、LMPCが3台、LMGTEが10台、GTCが5台と、29台の参加によりフルグリッドとなる予定であった[2]。しかしながら開幕戦のシルバーストンには23台しか参加しなかった。

LMP2[編集]

チーム 車両 エンジン タイヤ No ドライバー 出場ラウンド
フランスの旗 ティリエ・バイ・TDSレーシング オレカ・03 ニッサン VK45DE 4.5 L V8 D 1 フランスの旗 ピエール・ティリエ[2] 全戦
スイスの旗 ジョナサン・ヒルシ[3] 1
スイスの旗 マティアス・ベシェ[4] 2-5
イギリスの旗 グリーヴス・モータースポーツ ザイテック・Z11SN ニッサン VK45DE 4.5 L V8 D 3 アメリカ合衆国の旗 クリス・ダイソン[5] 1
アメリカ合衆国の旗 マイケル・マーサル[5] 1
デンマークの旗 デヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン[5] 2
イギリスの旗 トム・キンバー=スミス[5] 2
ベルギーの旗 ブーツェン・ジニオン・レーシング オレカ・03 ニッサン VK45DE 4.5 L V8 D 4 フランスの旗 バスティエン・ブリエール[5] 1-2
フランスの旗 トーマス・ダゴニュー[5] 1-2
イギリスの旗 ジョン・ハーツホーン[5] 1-2
オーストリアの旗 ドミニク・クライハマー 3
ドイツの旗 トーマス・ホルツァー 3
イギリスの旗 アレックス・カパディア[6] 4-5
クウェートの旗 ハリド・アル・ムダフ[6] 4
ベルギーの旗 ルノー・クーペンス 5
イギリスの旗 ジェームズ・スウィフト 5
アイルランドの旗 マーフィー・プロトタイプス オレカ・03 ニッサン VK45DE 4.5 L V8 D 18 ニュージーランドの旗 ブレンドン・ハートリー[2] 全戦
アメリカ合衆国の旗 マーク・パターソン[5] 1-2
スイスの旗 ジョナタン・ヒルシ 3-5
カナダの旗 HVM ステータスGP ローラ・B12/80 ジャッド HK 3.6 L V8 D 30 カナダの旗 トニー・バージェス[4] 2
スイスの旗 ジョナタン・ヒルシ[4] 2
スイスの旗 レース・パフォーマンス オレカ・03 ジャッド HK 3.6 L V8 D 34 スイスの旗 ミケル・フライ[2] 全戦
スイスの旗 パトリック・ニーダーハウザー[2] 1-4
スイスの旗 マーセロ・マラテオット 5
フランスの旗 シグナテックアルピーヌ[7] アルピーヌ (オレカ・03) ニッサン VK45DE 4.5 L V8 M 36 フランスの旗 ピエール・ラグ[2] 全戦
フランスの旗 ネルソン・パンシアティッシ[7] 全戦
ロシアの旗 SMPレーシング オレカ・03 ニッサン VK45DE 4.5 L V8 D 37 イタリアの旗 マウリツィオ・メディアーニ 3-5
ロシアの旗 セルゲイ・ズロービン 3-5
イギリスの旗 Jotaスポーツ ザイテック・Z11SN ニッサン VK45DE 4.5 L V8 D 38 イギリスの旗 オリヴァー・ターヴェイ[2] 全戦
イギリスの旗 サイモン・ドゥーラン[2] 全戦
ルクセンブルクの旗 DKRエンジニアリング ローラ・B11/40 ジャッド HK 3.6 L V8 D 39 フランスの旗 オリヴィエ・ポルタ[2] 1-2
フランスの旗 ロマン・ブランデラ[3] 1-2
フランスの旗 ステファン・ラフィン 1
ベルギーの旗 ベルナール・デレス[4] 2
スイスの旗 モラン・レーシング モーガン・LMP2 ジャッド HK 3.6 L V8 D 43 スイスの旗 ナターシャ・ガシュナン[2] 全戦
フランスの旗 フランク・マイルー[5] 1-3
オーストリアの旗 クリスチャン・クリエン[8] 4-5

LMPC[編集]

チーム 車両 エンジン タイヤ No. ドライバー 出場ラウンド
ポルトガルの旗 アルガルヴェ・プロ・レーシングチーム オレカ・FLM09 シボレー LS3 6.2L V8 M 46 イギリスの旗 C.O ジョーンズ 3-4
オランダの旗 ニッキー・カッツバーグ 3-4
フランスの旗 チーム・エンデュランス・チャレンジ オレカ・FLM09 シボレー LS3 6.2L V8 M 47 アンドラの旗 アレックス・ローン[3] 1-3
フランスの旗 マチュー・レキュイエール[3] 1-2
ベルギーの旗 ニコ・ベルドンク 3
48 フランスの旗 ソヘイル・アヤリ[3] 全戦
フランスの旗 アンソニー・ポンス [3] 全戦
49 フランスの旗 ポール・ループ・シャタン[9] 全戦
フランスの旗 ゲイリー・ヒルシュ[9] 全戦

LMGTE[編集]

チーム 車両 エンジン タイヤ No. ドライバー 出場ラウンド
イギリスの旗 ラム・レーシング フェラーリ・458イタリア GT2 フェラーリ F142 4.5 L V8 M 52 イギリスの旗 ジョニー・モウレム[2] 全戦
アイルランドの旗 マット・グリフィン[2] 全戦
53 アメリカ合衆国の旗 グンナー・ジャネット[2] 全戦
アメリカ合衆国の旗 フランク・モンテカルボ[3] 全戦
イタリアの旗 AFコルセ フェラーリ・458イタリア GT2 フェラーリ F142 4.5 L V8 M 54 フランスの旗 ヤニック・マレゴル[2] 全戦
フランスの旗 ジャン=マルク・バチェリアー[2] 全戦
アメリカ合衆国の旗 ハワード・ブランク[2] 全戦
55 イタリアの旗 ピエルジュゼッペ・パラジーニ[5] 全戦
イタリアの旗 マルコ・チオーチ[5] 全戦
イタリアの旗 フェデリコ・レオ[5] 全戦
イギリスの旗 JMWモータースポーツ フェラーリ・458イタリア GT2 フェラーリ F142 4.5 L V8 D 66 イタリアの旗 アンドレア・ベルトリーニ[2] 全戦
スイスの旗 ジョエル・カマティアス[2] 全戦
フランスの旗 IMSAパフォーマンス・マットムート ポルシェ・997 GT3-RSR ポルシェ 4.0 L Flat-6 M 67 フランスの旗 パトリス・ミレシ[2] 全戦
ドイツの旗 ヴォルフ・ヘンツラー[10] 1
アメリカ合衆国の旗 パトリック・ロング[4] 2
フランスの旗 ジャン=カール・バーネイ 3-5
ベルギーの旗 プロスピード・コンペティション ポルシェ・997 GT3-RSR ポルシェ 4.0 L Flat-6 M 75 フランスの旗 フランソワ・パーロド[5] 全戦
フランスの旗 エマニュエル・コラール[5] 1, 3-5
フランスの旗 セバスチャン・クルービリ[5] 1-2
ドイツの旗 プロトン・コンペティション ポルシェ・997 GT3-RSR ポルシェ 4.0 L Flat-6 M 77 ドイツの旗 クリスチャン・リード[3] 全戦
イタリアの旗 ジャンルカ・ロダ[3] 1-3
イギリスの旗 ニック・タンディ[3] 1, 3-5
イタリアの旗 パオロ・ルバーティ[4] 2
オーストリアの旗 クラウス・バハラー 4-5
88 ドイツの旗 ホルスト・フェルバーマイヤーJr. 3
ドイツの旗 ホルスト・フェルバーマイヤーSr. 3
オーストリアの旗 クラウス・バハラー[6] 3

GTC[編集]

チーム 車両 エンジン タイヤ No. ドライバー 出場ラウンド
オランダの旗 コックス・レーシング ランボルギーニ・ガヤルド LP600+ GT3 ランボルギーニ 5.2 L V10 M 60 オランダの旗 ピーター・コックス[2] 2-5
オランダの旗 ニコ・プロンク[2] 2-5
オランダの旗 デニス・レテラ[6] 4-5
イタリアの旗 AFコルセ フェラーリ・458イタリア GT3 フェラーリ 4.5 L V8 M 62 イタリアの旗 アンドレア・リゾーリ[5] 全戦
イタリアの旗 ステファノ・ガイ[5] 全戦
イタリアの旗 ロレンツォ・ケース[5] 全戦
アメリカ合衆国の旗 モモ・メガトロン DF1 アウディ・R8 LMS アウディ 5.2 L V10 M 65 ベルギーの旗 ディラン・ダーデール[3] 1-2
スイスの旗 ラッフィー・バーダー[3] 1-2
ポーランドの旗 クーバ・ギーアマツィアク[3] 1-2
ロシアの旗 SMPレーシング フェラーリ・458イタリア GT3 フェラーリ 4.5 L V8 M 68 ロシアの旗 アレクサンドル・フロロフ[4] 2
ロシアの旗 デヴィ・マルコゾフ[4] 2
ロシアの旗 ユーリ・エフスチグネーフ[4] 2
フィンランドの旗 ミカ・サロ 5
ロシアの旗 ボリス・ローテンバーグ 5
ロシアの旗 アントン・レディジン 5
69 イタリアの旗 ファビオ・バビーニ[4] 2-5
ロシアの旗 キリル・レディジン[4] 2-5
ロシアの旗 ヴィクトル・シャイタル[4] 2-5
72 ロシアの旗 ボリス・ローテンバーグ[4] 2
ロシアの旗 セルゲイ・ズロービン[4] 2
イタリアの旗 マウリツィオ・メディアーニ[4] 2
ロシアの旗 デヴィ・マルコゾフ[4] 3-5
ロシアの旗 アレクサンドル・フロロフ[4] 3-5
イタリアの旗 ルカ・ペルジアーニ 3-5
イギリスの旗 エキュリー・エコッセ[11] BMW Z4 GT3 BMW 4.4 L V8 M 79 イギリスの旗 オリー・ミルロイ[11] 全戦
イギリスの旗 アンドリュー・スミス[11] 1-3, 5
イギリスの旗 アリスデアー・マケイグ[11] 1, 3-4
イギリスの旗 ジョー・トゥイマン[11] 2, 4
イギリスの旗 フィル・クウェイフ 5
イタリアの旗 イージーレース フェラーリ・458イタリア GT3 フェラーリ 4.5 L V8 M 83 イタリアの旗 トマッソ・ロッカ[6] 4
イタリアの旗 ディエゴ・ロマニーニ[6] 4
イタリアの旗 ファビオ・マンシーニ[6] 4
ルクセンブルクの旗 DKRエンジニアリング BMW Z4 GT3(2011年仕様) BMW 4.4 L V8 M 85 フランスの旗 マチュー・レキュイエール 5
フランスの旗 トーマス・アカリー 5
フランスの旗 ディミトリ・エンジャルベール 5
イタリアの旗 スクーデリア・ヴィローバ・コルセ フェラーリ・458イタリア GT3 フェラーリ 4.5 L V8 M 86 フランスの旗 スティーブ・ヒエッセ 5
フランスの旗 セドリック・メザール 5

レース結果[編集]

ラウンド サーキット LMP2 優勝チーム LMPC 優勝チーム LMGTE 優勝チーム GTC 優勝チーム レポート
LMP2 優勝ドライバー LMPC 優勝ドライバー LMGTE 優勝ドライバー GTC 優勝ドライバー
1 シルバーストン イギリスの旗 No. 38 JOTAスポーツ フランスの旗 No. 48 チーム・エンデュランス・チャレンジ ドイツの旗 No. 77 プロトン・コンペティション イギリスの旗 No. 79 エキュリー・エコッセ 詳細
イギリスの旗 サイモン・ドゥーラン
イギリスの旗 オリヴァー・ターヴェイ
フランスの旗 ソエイル・アヤリ
フランスの旗 アントニー・ポンス
ドイツの旗 クリスティアン・リート
イタリアの旗 ジャンルカ・ロダ
イギリスの旗 ニック・タンディ
イギリスの旗 アンドリュー・スミス
イギリスの旗 オリー・ミルロイ
イギリスの旗 アリスデアー・マケイグ
2 イモラ フランスの旗 No. 1 ティリエ・バイ・TDSレーシング フランスの旗 No. 49 チーム・エンデュランス・チャレンジ イギリスの旗 No. 52 ラム・レーシング ロシアの旗 No. 69 SMPレーシング 詳細
フランスの旗 ピエール・ティリエ
スイスの旗 マティアス・ベシエ
フランスの旗 ポール=ルゥ・シャタン
フランスの旗 ガリー・ヒルシュ
イギリスの旗 ジョニー・マウレム
アイルランドの旗 マット・グリフィン
イタリアの旗 ファビオ・バビーニ
ロシアの旗 キリル・レディギン
ロシアの旗 ヴィクトル・シャイタル
3 レッドブル フランスの旗 No. 1 ティリエ・バイ・TDSレーシング フランスの旗 No. 49 チーム・エンデュランス・チャレンジ イギリスの旗 No. 52 ラム・レーシング ロシアの旗 No. 69 SMPレーシング 詳細
フランスの旗 ピエール・ティリエ
スイスの旗 マティアス・ベシェ
フランスの旗 ポール=ルゥ・シャタン
フランスの旗 ガリー・ヒルシュ
イギリスの旗 ジョニー・マウレム
アイルランドの旗 マット・グリフィン
イタリアの旗 ファビオ・バビーニ
ロシアの旗 キリル・レディギン
ロシアの旗 ヴィクトル・シャイタル
4 ハンガロリンク フランスの旗 No. 36 シグナテックアルピーヌ フランスの旗 No. 49 チーム・エンデュランス・チャレンジ イギリスの旗 No. 77 プロトン・コンペティション ロシアの旗 No. 69 SMPレーシング 詳細
フランスの旗 ピエール・ラグ
フランスの旗 ネルソン・パンシアティッシ
フランスの旗 ポール=ルゥ・シャタン
フランスの旗 ガリー・ヒルシュ
ドイツの旗 クリスティアン・リート
イギリスの旗 ニック・タンディ
オーストリアの旗 クラウス・バフラー
イタリアの旗 ファビオ・バビーニ
ロシアの旗 キリル・レディギン
ロシアの旗 ヴィクトル・シャイタル
5 ポール・リカール アイルランドの旗 No. 18 マーフィー・プロトタイプス フランスの旗 No. 48 チーム・エンデュランス・チャレンジ イギリスの旗 No. 52 ラム・レーシング ロシアの旗 No. 69 SMPレーシング 詳細
ニュージーランドの旗 ブレンドン・ハートリー
スイスの旗 ジョナタン・ヒルシ
フランスの旗 ソエイル・アヤリ
フランスの旗 アントニー・ポンス
イギリスの旗 ジョニー・マウレム
アイルランドの旗 マット・グリフィン
イタリアの旗 ファビオ・バビーニ
ロシアの旗 キリル・レディギン
ロシアの旗 ヴィクトル・シャイタル

参照[編集]

  1. ^ a b c Plans for 2013 European Le Mans Series Unveiled”. European Le Mans Series (2012年10月20日). 2012年10月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u “Bumper twenty-nine car grid for 2013 ELMS”. European Le Mans Series. (2013年2月8日). http://www.europeanlemansseries.com/en/s03_actualites/s03p02_detail_actualite.php?news=2240 2013年2月8日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m “Thirty cars and ten different nationalities to start the first ELMS round”. European Le Mans Series. (2013年2月8日). http://www.europeanlemansseries.com/en/s03_actualites/s03p02_detail_actualite.php?news=2270 2013年2月8日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q "“Imola Entriy list”. European Le Mans Series. (2013年5月18日). http://www.europeanlemansseries.com/en/s52_circuits/s52p06_engages.php?circuit=23&annee=2013 2013年5月18日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 2013 EUROPEAN LE MANS SERIES - 3 HOURS OF SILVERSTONE - PROVISIONAL ENTRY LIST”. European Le Mans Series (2013年4月3日). 2013年4月8日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g “Hungaroring Entries”. European Le Mans Series. (2013年9月9日). http://www.europeanlemansseries.com/en/s52_circuits/s52p06_engages.php?circuit=20&annee=2013 2013年9月9日閲覧。 
  7. ^ a b Watkins, Gary (2013年3月8日). “Renault unveils Le Mans plans for Alpine brand”. Autosport (Haymarket Publications). http://www.autosport.com/news/report.php/id/105905 2013年3月8日閲覧。 
  8. ^ Watkins, Gary (2013年8月26日). “Ex-F1 driver Christian Klien to race in European Le Mans Series”. autosport.com. http://www.autosport.com/news/report.php/id/109501 2013年8月26日閲覧。 
  9. ^ a b “Team Endurance Challenge - Paul Loup Chatin and Gary Hirsch form the third driver line-up”. European Le Mans Series. (2013年3月21日). http://www.europeanlemansseries.com/en/s03_actualites/s03p02_detail_actualite.php?news=2276 2013年3月21日閲覧。 
  10. ^ “Wolf Henzler on the 997 RSR IMSA Performance Matmut in ELMS and Le Mans”. enduranceinfo.com. (2013年3月26日). http://endurance-info.com/version2/news-focus-16912.html 2013年3月26日閲覧。 
  11. ^ a b c d e Watkins, Gary (2013年3月12日). “Ecurie Ecosse moves to European Le Mans Series as it eyes Le Mans”. Autosport (Haymarket Publications). http://www.autosport.com/news/report.php/id/105970 2013年3月13日閲覧。