2013年の千葉ロッテマリーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
2013年の千葉ロッテマリーンズ
成績
CSファイナルステージ敗退
最終S:1勝4敗(対楽天
第1S:2勝1敗(対西武
パシフィック・リーグ3位
74勝68敗2分 勝率.521
本拠地
都市 千葉県千葉市美浜区
球場
QVCマリンフィールド
Chiba Marine Stadium Complete View.jpg
球団組織
オーナー 重光武雄
経営母体 ロッテホールディングス
監督 伊東勤
 < 2012 2014 > 

2013年の千葉ロッテマリーンズでは、2013年シーズンについての千葉ロッテマリーンズの動向をまとめる。

この年の千葉ロッテマリーンズは、伊東勤監督の1年目のシーズンである。

概要[編集]

前年、リーグ5位に終わったロッテは、2004年に西武を日本一に導いた伊東勤を監督に迎えて、このシーズンに臨んだ。4月は5割で終えたが、5月に入ると8連勝して、首位に立った。しかし、6月・7月に調子を落として、7月初めに楽天に首位を奪われると、そのままゲーム差を離され、シーズン終了まで西武やソフトバンクとのAクラス争いに終始した。シーズン終盤、長く2位をキープしていたが、10月に7連勝をした西武に最終的に抜かれ、3位でレギュラーシーズンを終えた。クライマックスシリーズではファーストステージで西武を破り、ファイナルステージに進出したが、ファイナルステージで楽天に敗れ、シーズンを終えた。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 根元俊一
2 角中勝也
3 今江敏晃
4 井口資仁
5 福浦和也
6 サブロー
7 清田育宏
8 金澤岳
9 岡田幸文
投手 成瀬善久
2013年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 西武 -- ロッテ -- ロッテ -- 楽天 -- 楽天 -- 楽天 --
2位 ロッテ 4.5 楽天 3.0 楽天 2.0 西武 5.5 ロッテ 4.5 西武 7.5
3位 ソフトバンク 5.0 西武 3.0 ソフトバンク 4.0 ロッテ 5.5 ソフトバンク 7.5 ロッテ 8.5
4位 日本ハム 5.5 ソフトバンク 5.0 西武 5.5 ソフトバンク 7.5 西武 9.0 ソフトバンク 9.0
5位 楽天 6.0 オリックス 6.5 日本ハム 6.5 オリックス 9.0 日本ハム 11.5 オリックス 15.0
6位 オリックス 日本ハム 10.5 オリックス 8.0 日本ハム 11.0 オリックス 14.5 日本ハム 18.5
期間
成績
13勝13敗
勝率.500
15勝5敗1分
勝率.773
10勝10敗
勝率.500
6勝13敗1分
勝率.316
16勝11敗
勝率.593
12勝16敗
勝率.429
2013年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 東北楽天ゴールデンイーグルス 82 59 3 .582 --
2位 埼玉西武ライオンズ 74 66 4 .529 7.5
3位 千葉ロッテマリーンズ 74 68 2 .521 8.5
4位 福岡ソフトバンクホークス 73 69 2 .514 9.5
5位 オリックス・バファローズ 66 73 5 .475 15.0
6位 北海道日本ハムファイターズ 64 78 2 .451 18.5
日本生命セ・パ交流戦2013 最終成績
順位 球団 勝率
優勝 福岡ソフトバンクホークス 15 8 1 .652 -
2位 東北楽天ゴールデンイーグルス 15 9 0 .625 0.5
3位 読売ジャイアンツ 13 10 1 .565 2.0
4位 北海道日本ハムファイターズ 13 10 1 .565 2.0
5位 千葉ロッテマリーンズ 13 10 1 .565 2.0
6位 オリックス・バファローズ 13 10 1 .565 2.0
7位 阪神タイガース 12 11 1 .522 3.0
8位 広島東洋カープ 11 13 0 .458 4.5
9位 埼玉西武ライオンズ 11 13 0 .458 4.5
10位 中日ドラゴンズ 10 13 1 .435 5.0
11位 東京ヤクルトスワローズ 7 16 1 .304 8.0
12位 横浜DeNAベイスターズ 7 17 0 .292 8.5

[注 1]


クライマックスシリーズ[編集]

2013 Mobcast クライマックスシリーズ・パ ファーストステージ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月12日(土) 第1戦 千葉ロッテマリーンズ 11-1 埼玉西武ライオンズ 西武ドーム
10月13日(日) 第2戦 千葉ロッテマリーンズ 0-15 埼玉西武ライオンズ
10月14日(月) 第3戦 千葉ロッテマリーンズ 4-1 埼玉西武ライオンズ
勝者:千葉ロッテマリーンズ
2013 Mobcast クライマックスシリーズ・パ ファイナルステージ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
アドバンテージ 千葉ロッテマリーンズ   東北楽天ゴールデンイーグルス
10月16日(水) 第1戦 千葉ロッテマリーンズ 0-2 東北楽天ゴールデンイーグルス Kスタ宮城
10月17日(木) 第2戦 千葉ロッテマリーンズ 4-2 東北楽天ゴールデンイーグルス
10月18日(金) 第3戦 千葉ロッテマリーンズ 0-2 東北楽天ゴールデンイーグルス
10月19日(土) 第4戦 雨天中止
10月20日(日) 千葉ロッテマリーンズ 5-8 東北楽天ゴールデンイーグルス
勝者:東北楽天ゴールデンイーグルス

できごと[編集]

  • 1月10日 - 2013年のチームスローガン「翔破 〜頂点を目指して〜」を発表[1]
  • 3月25日 - 田中雅彦とヤクルトの川本良平の交換トレードが発表された[2]
  • 4月16日 - 井口資仁が対日本ハム3回戦(札幌ドーム)の7回表に森内壽春からソロ本塁打を打ち、日米通算250本塁打を達成[3]
  • 5月12日 - 加藤翔平が対楽天戦(QVCマリン)で3回にプロ入り初打席に立ち、初球を右翼へ本塁打。プロ入り初打席初球本塁打は日本プロ野球史上7人目、新人では1950年の東急フライヤーズ塩瀬盛道以来63年ぶり2人目[4]
  • 5月30日 - 古谷拓哉がイースタン・リーグの対DeNA戦(平塚球場)でノーヒットノーランを達成。リーグ史上22度目[5]
  • 5月31日 - 益田直也が対巨人戦(QVCマリン)に登板し、2リーグ制以降の日本プロ野球タイ記録の月間18試合登板と、球団新記録の月間10セーブ[6]
  • 6月1日 - 成瀬善久が対巨人戦(QVCマリン)の3回に寺内崇幸からNPB通算1000奪三振、史上134人目[7]
  • 6月22日 - 元阪神のクレイグ・ブラゼルを獲得した事を発表[8]
  • 6月22日 - 井口資仁が対日本ハム戦でNPB通算1500試合出場、史上178人目[9]
  • 6月26日 - 古谷拓哉が対オリックス戦(京セラドーム)で9回2死まで無安打無得点としながら、坂口智隆に三塁打を打たれてノーヒットノーランを逃す。あと一人で逃したのは日本プロ野球史上22人目(24度目)、ロッテでは3人目(4度目)。あと一人で三塁打を打たれて逃したのは史上初[10]
  • 7月9日 - 井口資仁が対オリックス戦でNPB通算300二塁打、史上60人目[11]
  • 7月27日 - 井口資仁が対楽天戦で日米通算2000本安打(NPB1506、MLB494)。日本人による日米通算2000安打は史上5人目[12]
  • 7月31日 - 育成選手の黒沢翔太の支配下選手登録が公示、背番号は43[13]
  • 8月22日 - 対西武戦(QVCマリン)の3回に、井口資仁と鈴木大地がそれぞれ満塁本塁打。2満塁本塁打が1イニングで出たのは史上5度目、1試合では史上23度目[14]
  • 9月9日 - 益田直也が対西武戦(QVCマリン)でシーズン60試合登板。新人から2年連続は史上4人目。この試合の観客動員数は6729人で、実数発表となった2005年以降では最少[15]
  • 9月19日 - 小野晋吾が今季限りでの現役引退を発表[16]
  • 9月29日 - 薮田安彦の今季限りでの現役引退を発表[17]
  • 10月3日 - 吉見祐治橋本健太郎山本徹矢山室公志郎青野毅工藤隆人に戦力外通告したことを発表。またディッキー・ゴンザレスジョシュ・ホワイトセルと来季の契約を結ばない事も発表[18]
  • 10月4日 - ソフトバンクが対日本ハム戦(札幌ドーム)で4対5で敗れた為、この日試合のなかったロッテの3年ぶりのクライマックスシリーズ進出が決定[19]
  • 10月11日 - Twitter三鷹市で起きた女子高生刺殺事件に関連すると見られる不適切な発言をしたとして、神戸拓光をキャンプ地から呼び戻して自宅謹慎処分とした[20]
  • 10月12日 - パ・リーグのクライマックスシリーズのファーストステージ、西武対ロッテ(西武ドーム)第1戦は、11対1でロッテが勝利し、西野勇士が育成出身選手としては史上初のCSで勝利投手[21]またロッテの加藤翔平がCS初打席で初本塁打を記録、加藤は今年5月にシーズン公式戦初打席初本塁打を放っており、両方で記録は日本プロ野球史上初[22]ロッテの11長打(3本塁打、2三塁打、5二塁打)はプレーオフ新記録[23]
  • 10月14日 - パ・リーグのクライマックスシリーズのファーストステージ、西武対ロッテ第3戦は(西武ドーム)、ロッテが4対1で勝利し2勝1敗でファイナルステージ進出決定[24]
  • 10月20日 - 二軍打撃コーチの長嶋清幸が辞意を申し入れ、退団する事を発表[25]
  • 10月22日 - 神戸拓光がTwitterで不適切な発言をしていたとされる問題で、発言は神戸が委託していたTwitter管理人が独自に作成、掲載したもので神戸は認知してなかったと発表し、神戸に10月31日までの自宅謹慎を申しつけた[26]
  • 10月23日 - 二軍バッテリーコーチの山中潔と来季の契約をしない事を発表[27]
  • 10月28日 - 二軍打撃コーチに山下徳人が就任した事を発表[28]
  • 11月1日 - コーチ陣を発表し、二軍投手コーチの川越英隆が一軍投手コーチに、一軍投手コーチの斉藤明雄が二軍投手コーチにそれぞれ配置転換[29]
  • 11月4日 - 渡辺俊介のMLBへの挑戦の希望をうけて、来季の契約をしない事を発表[30]
  • 11月18日 - ウィル・レデズマと来季の契約を結ばないことを発表[31]
  • 11月27日 - 新外国人選手のニューヨーク・ヤンキースルイス・クルーズの獲得を発表[32]
  • 11月30日 - 以下の選手の背番号を変更したことを発表。鈴木大地が35から7、金澤岳が62から25、小池翔大が24から57[33]
  • 12月5日 - 球団社長に山室晋也が2014年1月1日付で就任することを発表[34]
  • 12月12日 - 西野勇士の背番号が67から29への変更を発表[35]
  • 12月14日 - 新外国人選手のチャッド・ハフマンの獲得を発表[36]
  • 12月18日 - 西武からFAの涌井秀章と契約に合意したことを発表[37]

入団・退団[編集]

シーズン開幕前[編集]

本節では、前シーズン終了後から本シーズン開幕までの入退団について記述する。

入団[編集]

選手名 背番号 前所属 備考
投手
松永昂大 28 大阪ガス ドラフト1位
川満寛弥 36 九州共立大学 ドラフト2位
ゴンザレス 40 読売ジャイアンツ 自由契約
捕手
川本良平 39 東京ヤクルトスワローズ 田中雅彦とトレード
田村龍弘 45 光星学院高 ドラフト3位
外野手
G.G.佐藤 48 イタリアリーグ 日本球界復帰
加藤翔平 65 上武大学 ドラフト4位

退団[編集]

選手名 去就
投手
山本一徳 日本ハム・球団職員に転身
林啓介 阪神と育成契約
光原逸裕 ベースボールスクール代表に転身
松本幸大 オリックスに移籍
秋親 社会人・ミキハウスREDSに入団
ペン 米・独立リーグと契約
マシス 米・マーリンズとマイナー契約
捕手
田中雅彦 川本良平とトレードでヤクルトに移籍
的場直樹 ソフトバンク・スカウトに転身
内野手
渡辺正人 BCリーグ信濃に守備走塁コーチ兼任選手として入団
今岡誠 野球解説者に転身
外野手
南竜介 自由契約
育成選手
山口祥吾(投手) BCリーグ・新潟に入団
石田淳也(投手) 自由契約
鈴江彬(投手) 自由契約
生山裕人(内野手) 自由契約
蔡森夫(内野手) 台湾・義大に入団
木本幸広(外野手) 自由契約

シーズン開幕後[編集]

本節では、本シーズン開幕後から本シーズン終了までの入退団について記述する。

入団[編集]

選手名 背番号 前所属 備考
ブラゼル(内野手) 32 米・独立リーグ 日本球界復帰。6月22日、入団発表。

選手・スタッフ[編集]

[38]

  • 背番号変更
  • 育成→支配下

獲得タイトル[編集]

タイトル 選手 成績
最多セーブ投手 益田直也 33S

ドラフト[編集]

順位 選手名 守備位置 所属 結果
1位 石川歩 投手 東京ガス 入団
2位 吉田裕太 捕手 立正大学 入団
3位 三木亮 内野手 上武大学 入団
4位 吉原正平 投手 日本生命 入団
5位 井上晴哉 内野手 日本生命 入団
6位 二木康太 投手 鹿児島情報高 入団
育成選手ドラフト
順位 選手名 守備位置 所属 結果
1位 肘井竜蔵 捕手 兵庫・北条高 入団

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 勝率が同率で並んだ場合、(1)勝利数(2)当該チーム間の当年度交流戦の直接対決成績(3チーム以上並んだ場合は省略)(3)得点/攻撃イニング-失点/守備イニング(4)前項を自責点に置き換えたもの(5)チーム打率(6)前年度の交流戦順位で順位が決定される。

出典[編集]

  1. ^ “ロッテがスローガン「翔破 ~頂点を目指して~」”. サンケイスポーツ. (2013年1月10日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130110/mar13011012370001-n1.html 
  2. ^ トレード成立のお知らせ” (2013年3月25日). 2013年8月24日閲覧。
  3. ^ “【ロッテ】井口が日米通算250号”. nikkansports.com. (2013年4月16日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130416-1113336.html 
  4. ^ “63年前の新人初打席初球本塁打男は1打席限りで引退”. スポーツニッポン. (2013年5月13日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/13/kiji/K20130513005794210.html 
  5. ^ “ロッテの古谷 2軍のDeNA戦でノーヒットノーラン!”. スポーツニッポン. (2013年5月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/30/kiji/K20130530005911610.html 
  6. ^ “益田 「神様、仏様」稲尾に並ぶ月間18試合登板 セーブは球団月間新”. スポーツニッポン. (2013年5月31日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/31/kiji/K20130531005918730.html 
  7. ^ “ロッテ・成瀬が1000奪三振を達成”. スポーツニッポン. (2013年6月1日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/06/01/kiji/K20130601005922170.html 
  8. ^ “クレイグ・ブラゼル選手の獲得について”. ロッテ球団公式サイト. (2013年6月22日). http://www.marines.co.jp/news/detail/11583.html 
  9. ^ 週刊ベースボール2013年7月8日号95ページ
  10. ^ “ノーヒッターまであと1人 三塁打で逃したのは古谷が初”. スポーツニッポン. (2013年6月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/06/27/kiji/K20130627006096090.html 
  11. ^ 週刊ベースボール2013年7月29日号107ページ
  12. ^ “井口マー討ち弾で日米通算2000安打「まさかの本塁打」”. スポーツニッポン. (2013年7月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/27/kiji/K20130727006303570.html 
  13. ^ 支配下選手登録 (2013年度シーズン途中・2月以降)NPB公式サイト
  14. ^ 週刊ベースボール2013年9月9日号95ページ
  15. ^ 週刊ベースボール2013年9月30日号95ページ
  16. ^ “サンデー晋吾”ロッテ小野が現役引退 「ファン、関係者に感謝」スポーツニッポン2013年9月19日配信
  17. ^ 薮田投手 引退のお知らせスポーツニッポン2013年9月30日配信
  18. ^ 来季契約についてロッテ球団公式2013年10月3日配信
  19. ^ ロッテ CS進出決定 伊東監督「日本一への挑戦権が取れたことはひと安心」スポーツニッポン2013年10月4日配信
  20. ^ ロッテ 公式サイトに謝罪文掲載…不適切発言選手は自宅謹慎スポーツニッポン2013年10月11日配信
  21. ^ 年俸440万男が躍動!西野 育成ドラフト出身でCS初勝利スポーツニッポン2013年10月13日配信
  22. ^ 加藤「持ってる」プロ初打席に続きCSも初打席弾!スポーツニッポン2013年10月13日配信
  23. ^ 2013年10月13日朝日新聞
  24. ^ パも下剋上!ロッテ、西武下してファイナルS進出スポーツニッポン2013年10月14日配信
  25. ^ 長嶋清幸2軍打撃コーチの退団についてロッテ球団公式サイト2013年10月20日配信
  26. ^ 神戸拓光選手の不適切な行為に関しての調査結果および処分についてロッテ球団公式サイト2013年10月22日
  27. ^ 山中潔2軍バッテリーコーチとの来季契約についてロッテ球団公式サイト2013年10月23日配信
  28. ^ 山下徳人氏 2軍打撃コーチ就任のお知らせロッテ球団公式サイト2013年10月28日配信
  29. ^ ロッテ 来季コーチ陣発表 川越2軍コーチが1軍へスポーツニッポン2013年11月1日配信
  30. ^ 渡辺投手についてロッテ球団公式サイト2013年11月4日配信
  31. ^ レデズマ投手との来季契約についてロッテ球団公式サイト2013年11月18日配信
  32. ^ ルイス・クルーズ選手の獲得についてロッテ球団公式サイト2013年11月27日配信
  33. ^ 背番号変更のお知らせロッテ球団公式サイト2013年11月30日配信
  34. ^ ロッテ新社長はラガーマン 山室氏「伊東監督強いチームを」スポーツニッポン2013年12月5日配信
  35. ^ 背番号変更のお知らせスポーツニッポン2013年12月12日配信
  36. ^ ロッテがハフマン獲得 秋季キャンプでテスト合格球団公式サイト2013年12月14日配信
  37. ^ 涌井秀章投手の入団についてロッテ球団公式サイト2011年12月18日配信
  38. ^ 千葉ロッテマリーンズ公式HP 歴代所属選手”. 2015年10月4日閲覧。