2013年の横浜DeNAベイスターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013年の横浜DeNAベイスターズ
成績
セントラル・リーグ5位
64勝79敗1分 勝率.448
本拠地
都市 神奈川県横浜市中区
球場
横浜スタジアム
Yokohama Stadium 2007 -3.jpg
球団組織
オーナー 春田真(ディー・エヌ・エー取締役会長)
経営母体 ディー・エヌ・エー
監督 中畑清
« 2012
2014 »

2013年の横浜DeNAベイスターズは、中畑清監督の2年目のシーズンである。前年シーズンまでは、Aクラス争いから早い段階で脱落するDeNAであったが、このシーズンは、8月終了時点で3位広島に3.5ゲーム差とシーズン終盤までクライマックスシリーズ争いに加わった。しかし、広島が9月以降に貯金を7つ重ねたのに対して、DeNAも貯金を重ねたものの、2つに留まったため、Aクラスに届かず、クライマックスシリーズへの出場を果たすことが出来なかった。戦力としては、中日から移籍してきて、首位打者・打点王を獲得したブランコを中心とした打線がリーグ1位の得点力を発揮したのに対して、投手陣がチーム防御率がリーグ最下位と振るわなかった。

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 [遊] 石川雄洋
2 [二] 内村賢介
3 [右] モーガン
4 [一] ブランコ
5 [左] ラミレス
6 [三] 筒香嘉智
7 [中] 荒波翔
8 [捕] 高城俊人
9 [投] 藤井秀悟

3月・4月[編集]

  • 28戦12勝16敗 勝率.429(首位巨人に7.0差の5位)

5月[編集]

  • 23戦9勝14敗 勝率.391(首位巨人に9.5差の5位)

6月[編集]

  • 18戦8勝10敗 勝率.444(首位巨人に13.0差の5位)

7月[編集]

  • 22戦12勝10敗 勝率.545(首位巨人に16.0差の3位)

8月[編集]

  • 25戦8勝16敗1分 勝率.333(首位巨人に23.5差の5位)

9月・10月[編集]

  • 28戦15勝13敗 勝率.536(首位巨人に23.0差の5位)

結果[編集]

セントラル・リーグ[編集]

順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 84 53 7 .613 -
2位 阪神タイガース 73 67 4 .521 12.5
3位 広島東洋カープ 69 72 3 .489 17.0
4位 中日ドラゴンズ 64 77 3 .454 22.0
5位 横浜DeNAベイスターズ 64 79 1 .448 23.0
6位 東京ヤクルトスワローズ 57 83 4 .407 28.5

交流戦[編集]

順位 球団 勝率
優勝 福岡ソフトバンクホークス 15 8 1 .652 -
2位 東北楽天ゴールデンイーグルス 15 9 0 .625 0.5
3位 読売ジャイアンツ 13 10 1 .565 2.0
4位 北海道日本ハムファイターズ 13 10 1 .565 2.0
5位 千葉ロッテマリーンズ 13 10 1 .565 2.0
6位 オリックス・バファローズ 13 10 1 .565 2.0
7位 阪神タイガース 12 11 1 .522 3.0
8位 広島東洋カープ 11 13 0 .458 4.5
9位 埼玉西武ライオンズ 11 13 0 .458 4.5
10位 中日ドラゴンズ 10 13 1 .435 5.0
11位 東京ヤクルトスワローズ 7 16 1 .304 8.0
12位 横浜DeNAベイスターズ 7 17 0 .292 8.5

投手成績[編集]

  • 色付きの選手は規定投球回(144イニング)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手











































W
H
I
P
 
/三浦大輔 27 27 2 1 0 9 13 0 0 731 175.2 181 26 33 1 109 5 0 88 77 3.94 1.22
/三嶋一輝 34 22 2 1 0 6 9 0 1 642 146.1 138 20 79 0 145 6 1 67 64 3.94 1.48
/藤井秀悟 21 21 3 1 0 6 5 0 0 510 117.0 114 14 58 4 61 3 0 51 46 3.54 1.47
/井納翔一 18 14 1 0 0 5 7 0 2 401 89.1 101 7 35 2 66 1 0 56 53 5.34 1.52
/高崎健太郎 20 9 0 0 0 2 5 0 4 298 66.1 76 10 31 0 54 0 0 44 43 5.83 1.61
/須田幸太 14 12 1 1 0 6 3 0 0 285 63.1 64 6 36 3 35 1 0 34 34 4.83 1.58
/ソーサ 55 0 0 0 0 3 4 19 11 249 60.1 51 2 21 0 54 3 0 20 12 1.79 1.19
/小林寛 24 5 0 0 0 2 1 0 0 256 58.2 60 1 29 3 38 2 0 19 18 2.76 1.52
/大原慎司 58 0 0 0 0 2 0 2 17 188 48.0 32 6 17 1 38 1 0 18 16 3.00 1.02
/山口俊 44 0 0 0 0 5 2 7 6 202 46.2 46 6 16 2 48 5 0 28 28 5.40 1.33
/大田阿斗里 38 0 0 0 0 2 4 0 5 169 38.2 33 3 15 4 32 1 0 19 16 3.72 1.24
/加賀繁 48 0 0 0 0 1 4 0 9 153 34.0 40 4 10 4 33 0 0 16 15 3.97 1.47
/コーコラン 7 7 0 0 0 1 3 0 0 155 33.2 43 7 18 3 14 1 1 22 21 5.61 1.81
/加賀美希昇 8 5 0 0 0 1 4 0 0 146 31.1 35 3 20 0 23 1 0 22 21 6.03 1.76
/ソト 8 7 0 0 0 1 3 0 1 161 30.2 52 3 22 3 22 0 0 34 33 9.68 2.41
/藤江均 25 0 0 0 0 3 1 0 7 109 28.1 20 0 5 1 21 1 0 5 4 1.27 0.88
/小杉陽太 6 6 0 0 0 1 2 0 0 126 28.1 30 3 17 1 20 4 0 15 15 4.76 1.66
/吉川輝昭 21 0 0 0 0 2 2 0 2 132 26.2 39 7 15 0 13 1 0 23 22 7.43 2.02
/長田秀一郎 24 0 0 0 0 2 0 0 5 106 25.2 19 5 11 0 23 0 0 11 11 3.86 1.17
/鄭凱文 6 5 0 0 0 0 2 0 0 98 21.0 27 4 11 1 11 1 0 17 17 7.29 1.81
/菊地和正 24 0 0 0 0 0 1 0 4 95 20.0 28 2 7 2 12 0 0 13 11 4.95 1.75
/国吉佑樹 3 2 0 0 0 2 1 0 0 93 19.1 27 2 6 5 10 0 0 16 16 7.45 1.71
/小林太志 11 0 0 0 0 0 1 0 0 67 13.1 18 2 9 1 9 0 0 13 13 8.78 2.02
/田中健二朗 9 0 0 0 0 0 0 0 0 68 15.1 21 1 3 1 17 1 0 8 7 4.11 1.57
/林昌範 14 0 0 0 0 0 0 0 2 48 12.0 9 1 4 2 8 1 0 4 4 3.00 1.25
/神内靖 5 1 0 0 0 0 1 0 1 49 10.0 10 2 9 1 8 1 0 9 9 8.10 1.90
/土屋健二 7 1 0 0 0 2 1 0 0 47 9.2 15 3 3 1 7 1 1 8 7 6.52 1.86
/佐藤祥万 8 0 0 0 0 0 0 0 0 32 7.1 8 0 5 0 3 0 0 1 1 1.23 1.77
/福田岳洋 2 0 0 0 0 0 0 0 0 15 3.0 6 0 0 0 3 0 0 3 3 9.00 2.00
/安部建輝 1 0 0 0 0 0 0 0 0 6 1.0 1 0 2 0 0 0 0 1 1 9.00 3.00
/冨田康祐 1 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0.2 1 0 1 0 0 0 0 2 2 27.00 3.00

打撃成績[編集]

  • 色付きは規定打席(434打席)以上の選手
  • 各年度の太字はリーグ最高
選手











































O
P
S
 
ふらんこ/ブランコ 134 558 483 74 161 22 0 41 306 136 1 1 0 4 62 6 9 118 10 .333 .416 .634 1.049
いしかわ/石川雄洋 119 523 459 75 126 12 4 5 161 41 5 2 5 0 51 0 8 76 6 .275 .357 .351 .708
あらなみ/荒波翔 126 490 445 65 115 23 3 2 150 30 19 9 4 2 37 2 2 96 9 .258 .317 .337 .654
なかむら/中村紀洋 122 473 431 37 121 19 1 14 184 61 1 0 0 5 32 1 5 66 20 .281 .334 .427 .761
もかん/モーガン 109 424 371 57 109 15 2 11 161 50 3 2 11 2 27 0 13 81 3 .294 .361 .434 .795
きんしよう/金城龍彦 118 334 306 33 89 12 1 6 121 36 3 0 2 1 17 2 8 40 8 .291 .343 .395 .739
つるおか/鶴岡一成 108 318 280 27 70 18 0 3 97 40 1 0 7 4 26 3 1 50 7 .250 .312 .346 .658
かしたに/梶谷隆幸 77 287 254 59 88 17 4 16 161 44 7 4 4 0 27 1 2 60 6 .346 .413 .634 1.047
やまさき/山崎憲晴 115 279 237 39 59 13 1 3 83 23 1 3 25 0 13 0 4 53 8 .249 .299 .350 .649
たむら/多村仁志 96 277 238 26 62 11 1 12 111 39 1 1 0 3 33 0 3 54 5 .261 .354 .466 .820
うちむら/内村賢介 89 269 223 33 46 3 1 0 51 6 12 8 22 2 20 0 2 43 2 .206 .275 .229 .504
まつもと/松本啓二朗 72 166 154 14 38 3 1 4 55 14 0 1 8 0 4 0 0 34 2 .247 .266 .357 .623
らみれす/ラミレス 56 139 130 6 24 0 0 2 30 14 0 0 0 1 8 0 0 20 7 .185 .230 .231 .461
たかしろ/高城俊人 51 124 110 6 15 4 0 0 19 4 0 0 7 0 6 0 1 42 2 .136 .188 .173 .361
むとう/後藤武敏 62 101 88 13 25 6 0 6 49 14 0 1 1 0 9 0 3 19 1 .284 .370 .557 .927
いて/井手正太郎 32 99 87 16 27 4 0 0 31 11 0 0 1 3 7 0 1 11 4 .310 .357 .356 .713
くろはね/黒羽根利規 30 68 60 6 16 1 0 2 23 5 0 0 2 0 5 0 1 16 2 .267 .333 .383 .717
しろさき/白崎浩之 47 60 52 16 11 1 0 0 12 1 0 1 4 0 4 0 0 11 2 .212 .268 .231 .499
みやさき/宮崎敏郎 33 58 52 7 13 2 0 2 21 5 0 0 0 1 2 0 3 11 1 .250 .310 .404 .714
つつこう/筒香嘉智 23 56 51 5 11 1 0 1 15 3 0 0 0 0 3 0 2 13 2 .216 .286 .294 .580
しもその/下園辰哉 26 45 41 1 6 0 0 0 6 1 0 0 0 0 4 0 0 10 1 .146 .222 .146 .369
こいけ/小池正晃 14 30 27 3 6 0 0 2 12 3 0 0 3 0 0 0 0 6 0 .222 .222 .444 .667
わたなへ/渡辺直人 14 15 14 3 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0 5 1 .143 .200 .143 .343
あかほり/赤堀大智 5 8 7 0 1 1 0 0 2 1 0 0 0 1 0 0 0 2 0 .143 .125 .286 .411
くわはら/桑原将志 5 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
にしもり/西森将司 7 5 5 2 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .200 .200 .200 .400
もりもと/森本稀哲 4 5 5 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 .000 .000 .000 .000

マツダオールスターゲーム2013[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
投手 三嶋一輝
三浦大輔 6
一塁手 ブランコ 4(1)
内野手 中村紀洋 9
  • 太字はファン投票による選出、※印は選手間投票による選出、他は監督推薦による選出。
  • 選出回数の括弧内数字は故障のため不出場の回数。

できごと[編集]

2月[編集]

3月[編集]

  • 3月12日 - 現在レギュラー使用しているホーム、ビジター各ユニフォームに加えて、2013年シーズンより『第3のユニフォーム』を新たに使用することを発表。98年優勝当時のビジターユニフォームを彷彿とさせる伝統ある鮮やかな“ベイスターズブルー”をメインカラーに採用。年間を通して、週末のビジターゲームを中心に着用する。[3]

4月[編集]

  • 4月6日 - アレックス・ラミレスが対ヤクルト戦(明治神宮野球場)で、外国人選手初(プロ野球史上42人目)となる通算2000本安打を本塁打で達成[4]
  • 4月16日 - 広島対DeNA4回戦(マツダ)6回裏、本塁でのクロスプレイでの判定を巡って審判に抗議を行った中畑清監督が暴力行為を行ったとして退場処分。中畑の退場は2012年9月16日の対ヤクルト戦(神宮)に続き3度目[5]NPBは翌17日、中畑に対し厳重注意及び制裁金20万円の処分を科した[6]
  • 4月27日 -対ヤクルト戦(横浜スタジアム)で藤井秀悟の完投で9対1で勝利し、藤井は6安打1失点の内容で、ヤクルト時代の2002年5月29日の対巨人戦以来11年(3986日)ぶりの完投勝利で、NPB記録を更新中だった先発完投なしを107でストップ。また中村紀洋がプロ野球史上14人目のNPB通算1000四球[7]
  • 4月30日 - トニ・ブランコが対ヤクルト戦(横浜)で球団新記録の月間16本塁打[8]

5月[編集]

  • 5月1日 - 中村紀洋が対ヤクルト戦(横浜)で日米通算2000本安打(日本プロ野球1995本、MLB5本)[9]
  • 5月10日 - 対巨人戦(横浜)で9回裏に多村仁志のサヨナラ本塁打で10対12のサヨナラ勝ち。多村は7回に代打で本塁打を放っており、代打とサヨナラ本塁打を打ったのは史上5度目[10]
  • 5月23日 - 中村紀洋が対ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)でNPB通算350二塁打、史上36人目[11]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

  • 8月24日 - 鶴岡一成が対巨人戦(横浜)で8回の打席で、山口鉄也から日本プロ野球タイ記録の1打席19球の末、三振。史上3人目でセ・リーグでは初[19]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

入団・退団[編集]

シーズン開幕前[編集]

本節では、前シーズン終了から本シーズン開幕までの入退団について記述する。

入団[編集]

選手名 前所属 備考
投手
13 吉川輝昭 福岡ソフトバンク 山本省吾江尻慎太郎吉村裕基との3対3のトレード
15 井納翔一 NTT東日本 ドラフト3位
17 三嶋一輝 法政大学 ドラフト2位
38 神内靖 福岡ソフトバンク 山本・江尻・吉村との3対3のトレード
43 安部建輝 NTT西日本 ドラフト5位
45 土屋健二 北海道日本ハム 北篤とトレード
53 ソーサ 中日 移籍
61 ソト 中日 移籍
内野手
29 白崎浩之 駒澤大学 ドラフト1位
42 ブランコ 中日 移籍
51 宮崎敏郎 セガサミー ドラフト6位
外野手
27 モーガン ブルワーズ 新外国人
31 赤堀大智 セガサミー ドラフト4位
52 多村仁志 福岡ソフトバンク 山本・江尻・吉村との3対3のトレード
育成選手
100 今井金太(投手) 広島国際学院高 育成ドラフト1位
117 鄭凱文(投手) 阪神 自由契約

退団[編集]

選手名 備考
投手
大沼幸二 現役引退
山本省吾 トレードでソフトバンクに移籍
清水直行 左膝のリハビリ
江尻慎太郎 トレードでソフトバンクに移籍
クレイマー メキシカンリーグ
福山博之 楽天に移籍
ブランドン ナショナルズとマイナー契約
ジオ ロッキーズとマイナー契約
捕手
高森勇旗 エスプライド鉄腕硬式野球部に入団
新沼慎二 二軍育成兼バッテリーコーチ
内野手
サラサー メキシカンリーグ
大原淳也 四国IL・香川に復帰
北篤 土屋健二とトレードで北海道日本ハムに移籍
ルイーズ ホワイトソックスとマイナー契約
外野手
吉村裕基 トレードでソフトバンクに移籍

シーズン開幕後[編集]

本節では、本シーズン開幕から本シーズン終了までの入退団について記述する。

入団[編集]

選手名 前所属 備考
投手
56 コーコラン ブレーブス傘下 新外国人[49]
64 長田秀一郎 埼玉西武 交換トレード[50]

退団[編集]

選手名 備考
内野手
渡辺直人 トレードで埼玉西武に移籍[51]

選手・スタッフ[編集]

  • 背番号変更
    • 鄭凱文 117→62
    • 西森将司 112→66
    • 冨田康祐 111→68
    • 古村徹 64→113
    • 佐村・トラヴィス・幹久 68→114
  • 育成→支配下
    • 鄭凱文
    • 西森将司
    • 冨田康祐
  • 支配下→育成
    • 古村徹
    • 佐村・トラヴィス・幹久
  • 登録名変更
    • 啓二朗→松本啓二朗

ドラフト[編集]

順位 選手名 守備位置 所属 結果
1位 柿田裕太 投手 日本生命 入団
2位 平田真吾 投手 Honda熊本 入団
3位 嶺井博希 捕手 亜細亜大学 入団
4位 三上朋也 投手 JX-ENEOS 入団
5位 関根大気 外野手 東邦高 入団
6位 山下峻 投手 松本大学 入団
育成選手ドラフト
順位 選手名 守備位置 所属 結果
1位 砂田毅樹 投手 明桜高 入団
2位 萬谷康平 投手 ミキハウスREDS 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ケビン・モスカテル選手獲得のお知らせDeNA球団公式サイト2013年2月2日配信
  2. ^ a b 支配下選手登録 (2013年度シーズン途中・2月以降)NPB公式サイト
  3. ^ 伝統の“ベイスターズブルー”を継承 サードユニフォームで週末ビジターゲームも青く燃える!
  4. ^ “ラミレス 2000安打達成 外国人初の大台 得意の石川から本塁打”. スポーツニッポン. (2013年4月6日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/06/kiji/K20130406005556780.html 
  5. ^ “キヨシ監督暴力行為で退場、本塁の判定を巡り猛抗議”. サンケイスポーツ. (2013年4月16日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130416/den13041620330002-n1.html 
  6. ^ “退場のDB・中畑監督に対する制裁”. NPBニュース. (2013年4月17日). http://www.npb.or.jp/CGI/System/news_view.cgi?id=02292 
  7. ^ 朝日新聞2013年4月28日
  8. ^ “ブランコ 59年ぶり球団新月間14発”. スポーツニッポン. (2013年5月1日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/01/kiji/K20130501005715270.html 
  9. ^ “中村紀「まだ通過点 日本での2000安打を達成したい」”. スポーツニッポン. (2013年5月1日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/01/kiji/K20130501005718590.html 
  10. ^ 週刊ベースボール2013年5月27日号107ページ
  11. ^ “ノリ 350二塁打「本塁打になれば良かったんだけどね」”. スポーツニッポン. (2013年5月24日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/05/24/kiji/K20130524005865590.html 
  12. ^ 2013年度 自由契約選手NPB公式サイト
  13. ^ “39歳5カ月の三浦 球団最年長完封「我慢して低く低く」”. スポーツニッポン. (2013年6月12日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/06/12/kiji/K20130612005998300.html 
  14. ^ “ノリ400号!苦難乗り越えプロ野球史上18人目の快挙”. スポーツニッポン. (2013年6月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/06/30/kiji/K20130630006120800.html 
  15. ^ “トレードのお知らせ”. 西武球団公式サイト. (2013年7月7日). http://www.seibulions.jp/news/detail/7929.html 
  16. ^ “波留コーチに罰金100万円 異例の高額 球団トップへの造反行為とみなされ”. スポーツニッポン. (2013年7月12日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/12/kiji/K20130712006199620.html 
  17. ^ “藤井 4104日ぶり完封 史上最長ブランク知らず「だいぶ前です」”. スポーツニッポン. (2013年7月14日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/14/kiji/K20130714006213290.html 
  18. ^ “三浦 3000投球回達成 谷繁打ち取り到達”. スポーツニッポン. (2013年7月24日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/24/kiji/K20130724006287110.html 
  19. ^ DeNA 鶴岡 粘って日本タイ1打席19球「もうちょっと粘ればよかった」スポーツニッポン2013年8月25日配信
  20. ^ 梶谷 連発で球団7000本塁打の記念アーチスポーツニッポン2013年9月26日配信
  21. ^ DeNA ラミレスに戦力外通告「早く言ってあげないと」スポーツニッポン2013年9月27日配信
  22. ^ 篠原貴行選手の引退についてDeNA球団公式サイト2013年9月29日配信
  23. ^ ブランコ 通算150、151号本塁打 バレ三冠阻止へ執念の連続弾 スポーツニッポン2013年7月日配信
  24. ^ DeNA 小池の現役引退を発表スポーツニッポン2013年10月1日配信
  25. ^ DeNA 2軍コーチ2人と来季契約せず…スポーツニッポン2013年10月1日配信
  26. ^ DeNA ラミレスと来季契約結ばずスポーツニッポン2013年10月2日配信
  27. ^ 2014年度選手契約についてDeNA球団公式サイト2013年10月3日配信
  28. ^ 2014年度選手契約についてDeNA球団公式サイト2013年10月4日配信
  29. ^ 朝日新聞2013年10月6日スポーツ面
  30. ^ 2014年度選手契約についてDeNA球団公式サイト2013年10月日配信
  31. ^ 2014年度コーチ契約についてDeNA球団公式サイト2013年10月9日配信
  32. ^ 2014年度コーチ契約についてDeNA球団公式サイト2010年10月10日配信
  33. ^ ゼネラルマネージャー補佐就任のお知らせDeNA球団公式サイト2013年10月17日配信
  34. ^ 2014年度コーチ契約についてDeNA球団公式サイト2013年10月17日配信
  35. ^ 2014年度コーチ契約についてDeNA球団公式サイト2013年10月18日配信
  36. ^ 2014年度選手契約についてDeNA球団公式サイト2013年10月29日配信
  37. ^ 2014年度選手契約についてDeNA球団公式サイト2013年10月29日配信
  38. ^ 選手獲得のお知らせDeNA球団公式サイト2013年11月10日配信
  39. ^ 横浜DeNAベイスターズとトレードが成立日本ハム球団公式サイト2013年11月15日配信
  40. ^ 2014年度選手契約についてDeNA球団公式サイト2013年11月19日配信
  41. ^ 背番号変更のお知らせDeNA球団公式サイト2013年11月20日配信
  42. ^ 2014年度選手契約についてDeNA球団公式サイト2013年11月21日配信
  43. ^ 選手獲得のお知らせDeNA球団公式サイト2013年12月2日配信
  44. ^ DeNA 三浦 21年ぶりの兼任コーチ「まだ夢の途中」スポーツニッポン2013年12月12日配信
  45. ^ 選手獲得のお知らせDeNA球団公式サイト2013年12月21日配信
  46. ^ 2014年度選手契約についてDeNA球団公式サイト2013年12月21日配信
  47. ^ [1]DeNA球団公式サイト2013年12月25日配信
  48. ^ 選手獲得のお知らせDeNA球団公式サイト2013年12月26日配信
  49. ^ ティム・コーコラン選手獲得のお知らせ 2013年6月4日 横浜DeNAベイスターズ公式サイト(2016年6月15日閲覧)
  50. ^ 渡辺 直人選手と埼玉西武・長田 秀一郎選手のトレードについて 2013年7月7日 横浜DeNAベイスターズ公式サイト(2016年6月15日閲覧)
  51. ^ 渡辺 直人選手と埼玉西武・長田 秀一郎選手のトレードについて 2013年7月7日 横浜DeNAベイスターズ公式サイト(2016年6月15日閲覧)