2013年パラニャーケ市バス転落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルソン島高速道路の地図に、南ルソン高速道路が赤色で示す

2013年パラニャーケ市バス転落事故(にさんじゅうさんねんパラニャーケしバスてんらくじこ)は、2013年12月16日フィリピンマニラ首都圏パラニャーケ市で発生した、バスによる交通事故である。

高架道路を走っていたバスが高架から転落し、6メートル下を走っていた車両と衝突した。バスの乗客20名と、ぶつかられた車に乗っていた2名の合わせて22名が死亡した[1]

地元メディアによれば、バスは雨の中、速度超過をして走行していた疑いがあった。[2][3]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高架道路からバス転落、22人死亡 フィリピン」『AFP通信』、2013年12月16日。2019年10月12日閲覧。
  2. ^ マニラ首都圏[リンク切れ]
  3. ^ バス転落、22人死亡=フィリピン[リンク切れ]