2013年世界バドミントン選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013年世界バドミントン選手権大会
概要
期間 2013年8月5日-8月11日
回次 第20回
レベル 世界選手権
参加者数 345人
参加国 49ヶ国
会場 天河体育中心
場所 中華人民共和国の旗 中国広州
2011 ロンドン 2014 コペンハーゲン

2013年世界バドミントン選手権大会は、2013年8月5日から8月11日まで中国広州天河体育中心にて開催された世界バドミントン選手権大会である[1]

日程[編集]

2013年7月22日に中国・広州で組み合わせ抽選が行われた。全5種目とも初日の8月5日に競技開始され、最終日の8月11日に決勝戦が行われた。

すべて現地時間 (UTC+8)。

日付 時刻 ラウンド
8月5日 10:00 Round of 64
8月6日 13:00 Round of 64
Round of 32
8月7日 10:00 Round of 32
8月8日 13:00 Round of 16
8月9日 12:00 Quarterfinals
18:00 Quarterfinals
8月10日 12:00 Semifinals
18:00 Semifinals
8月11日 13:00 Finals

メダル獲得者[編集]

種目
男子シングルス
詳細
 林丹
中国 (CHN)
 リー・チョンウェイ
マレーシア (MAS)
 杜鵬宇英語版
中国 (CHN)
 グエン・ティエンミン英語版
ベトナム (VIE)
女子シングルス
詳細
 ラチャノック・インタノン
タイ (THA)
 李雪
中国 (CHN)
 裵延姝英語版
韓国 (KOR)
 P.V.シンドゥ
インド (IND)
男子ダブルス
詳細
 ヘンドラ・セティアワン
and ムハマド・アフサン英語版
インドネシア (INA)
 マシアス・ボー英語版
and カーステン・モーゲンセン英語版
デンマーク (DEN)
 蔡贇
and 傅海峰
中国 (CHN)
 金基正英語版
and 金沙朗英語版
韓国 (KOR)
女子ダブルス
詳細
 王暁理英語版
and 于洋
中国 (CHN)
 厳恵媛英語版
and 張藝娜英語版
韓国 (KOR)
 クリスティナ・ペデルセン
and カミラ・リターユール英語版
デンマーク (DEN)
 田卿英語版
and 趙芸蕾英語版
中国 (CHN)
混合ダブルス
詳細
 タトウィ・アーマド英語版
and リリヤナ・ナトシール
インドネシア (INA)
 徐晨英語版
and 馬晋英語版
中国 (CHN)
 申白喆英語版
and 厳恵媛英語版
韓国 (KOR)
 張楠英語版
and 趙芸蕾英語版
中国 (CHN)

国別メダル数[編集]

順位 国・地域
1 中華人民共和国の旗 中国 2 2 4 8
2  インドネシア 2 0 0 2
3 タイ王国の旗 タイ 1 0 0 1
4 大韓民国の旗 韓国 0 1 3 4
5  デンマーク 0 1 1 2
6 マレーシアの旗 マレーシア 0 1 0 1
7 インドの旗 インド 0 0 1 1
 ベトナム 0 0 1 1
5 5 10 20

決勝戦[編集]

種目 優勝 準優勝 得点
男子シングルス 中華人民共和国の旗 林丹 マレーシアの旗 リー・チョンウェイ 16–21, 21–13, 20–17r
女子シングルス タイ王国の旗 ラチャノック・インタノン 中華人民共和国の旗 李雪 22–20, 18–21, 21–14
男子ダブルス インドネシアの旗 ヘンドラ・セティアワン / ムハマド・アフサン英語版 デンマークの旗 マシアス・ボー英語版 / カーステン・モーゲンセン英語版 21–13, 23–21
女子ダブルス 中華人民共和国の旗 王暁理英語版 / 于洋 大韓民国の旗 厳恵媛英語版 / 張藝娜英語版 21–14, 18–21, 21–8
混合ダブルス インドネシアの旗 タトウィ・アーマド英語版 / リリヤナ・ナトシール 中華人民共和国の旗 徐晨英語版 / 馬晋英語版 21–13, 16–21, 22–20

参加国[編集]

49ヶ国から345選手が出場。 () 内の数字は国別出場者数。

脚注[編集]

  1. ^ 2013 BWF World Championships”. BWF. 2013年4月12日閲覧。