2014年の気象・地象・天象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

2014年の気象・地象・天象(2014ねんのきしょう・ちしょう・てんしょう)では、2014年平成26年)の気象地象水象天象に関する出来事について記述する。

なお、2014年の地震については「Category:2014年の地震」、「2014年の地震」を、2014年の台風については「2014年の台風」を参照のこと。

気象[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

  • 3月10日 - ロシアの首都モスクワで10.6℃となり、この時期の最高気温を更新した[4]
  • 3月20-21日 - 低気圧の発達により、日本の東北太平洋側から北海道の太平洋側にかけての地域一帯が暴風雪・猛吹雪となり、根室では21日に積雪観測地点としては全国で最も古い部類に入る1879年の観測開始以来最高となる積雪115cmを観測した[5]

4月[編集]

5月[編集]

  • 5月15日 - セルビアボスニア・ヘルツェゴビナで集中豪雨により洪水。ボスニア・ヘルツェゴビナでは過去120年で最多の降雨量を観測[6]。(英語版参照)
  • 5月17日 - 北海道の道東、道北で降雪。遠軽町の北見峠で29cmの積雪を観測[7]
  • 5月21日 - 台湾の台北市で豪雨。24時間雨量が344ミリを記録[8]
  • 5月29日 - 北海道の各地で真夏日を観測。札幌での5月の真夏日は1967年以来のこと[9]
  • 5月29日 - 中国の北京で41.4℃、河北省の石家荘で42.9℃を記録、5月の最高気温記録を更新した[10]
  • 5月29日 - ロシアのモスクワで日降雨量が29ミリを観測[11]

6月[編集]

7月[編集]

  • 7月3日 - 梅雨前線により九州で猛烈な雨。長崎市の長浦岳で1時間に96.0ミリの雨が観測され、3時間雨量が205.0ミリとなった。
  • 7月7日 - 台風18号に伴い沖縄県宮古島地方に暴風波浪特別警報が発表。

8月[編集]

9月[編集]

  • 9月10日 - 台東区や江戸川区などで局地的な豪雨。時間雨量が約100ミリとなり、気象庁が記録的短時間大雨情報を出した。
  • 9月11日 - 北海道で集中豪雨。石狩・空知・胆振地方に大雨特別警報が発表。北海道苫小牧市で1時間に100ミリ、北海道千歳市で24時間の降水量が171ミリを観測。
  • 9月16日 - 北海道・旭岳初冠雪を観測(平年より9日早い)。

11月[編集]

12月[編集]

地象[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

  • 7月17日 - 中岳第一火口の湯だまりが干上がり、火口底の露出が確認された(21年5ヶ月ぶり)。
  • 7月22日 - 中岳第一火口で火映現象が確認された。

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

天象[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

  • 3月5日 - 直径20mから30mの小惑星 2014 DX110(英語) が地球から約29万kmを通過。

4月[編集]

5月[編集]

  • 5月23日 - 直径130mの小惑星 2007 VK184 が地球に最接近。なお、この小惑星は2048年の再接近時に地球と衝突する可能性が僅かに指摘されていたが、今年3月下旬の観測結果により否定されている[32][33]

6月[編集]

7月[編集]

9月[編集]

  • 9月6日 - ニカラグアの首都マナグア近郊に隕石が落下し直径12mのクレータができた。なお、7日に小惑星2014 RC(直径20m)が地表面から3万4000kmを通過。
  • 9月16日 - 直径29mの小惑星 2009 RR が地球に最接近。月の軌道の内側に入り込む可能性がある。
  • 9月28日 - 土星食(日本で観測されるのは7年ぶり)

10月[編集]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米カリフォルニア州、干ばつで非常事態宣言 山火事も発生 CNN 2014-01-18
  2. ^ 米国で大雪:8つの州で非常事態宣言 The Voice of Russia 2014-2-12
  3. ^ 奈良に24年ぶり大雪警報 朝日新聞 2014-2-14[リンク切れ]
  4. ^ モスクワ3日連続 この時期の最高気温を更新 ロシアの声 2014-3-10
  5. ^ 北海道・根室の積雪、観測最高値の115センチ 北海道新聞 平成26年3月22日
  6. ^ セルビアで洪水、3人死亡「史上最悪の自然災害」 AFPBB 2014-5-16
  7. ^ 北海道:季節外れの雪 北見峠で29センチ 毎日新聞 2014-5-17
  8. ^ 台北豪雨 たった24時間で1カ月分の雨量/台湾 フォーカス台湾 2014--5-21
  9. ^ 札幌で真夏日 5月は47年ぶり 読売新聞 2014-5-29
  10. ^ 北京で41.4度、5月の最高気温更新 TBS News i 2014-5-29
  11. ^ モスクワ この一昼夜に記録的大雨 The Voice of Russia 2014-5-30
  12. ^ 首都圏で気温47.8度=過去62年間で最高-インド 時事ドットコム 2014-6-9
  13. ^ 全米50州で氷点下の寒さ、大雪のニューヨーク州では4人死亡 Reuters 2014-11-19
  14. ^ 阿蘇山の中岳、2年7カ月ぶり小噴火 朝日新聞 2013-1-14
  15. ^ カルデラ湖の十和田湖、1日で地震800回 読売新聞 2014-1-29
  16. ^ 南米エクアドルのトゥングラウア火山が噴火 AFPBB 2013-2-3
  17. ^ ジャワ島で火山噴火、6万6000人避難 インドネシア CNN 2014-2-14
  18. ^ 平成26年3月14日02時07分頃の伊予灘の地震について - 気象庁報道発表資料
  19. ^ 愛媛震度5強:6県で21人負傷 山陽新幹線も影響 - 毎日新聞
  20. ^ 桜島で爆発的噴火 噴煙4500メートル、史上2番目 朝日新聞 2014-5-10
  21. ^ 口永良部島の新岳が噴火 鹿児島、噴煙800メートル超 朝日新聞 2014-8-3
  22. ^ (2014 AF5) JPL Small-Body Database Browser
  23. ^ First 2014 Asteroid Discovered NASA
  24. ^ Transits of Earth from Jupiter Fourmilab
  25. ^ (2014 AK51) JPL Small-Body Database Browser
  26. ^ (2014 AG51) JPL Small-Body Database Browser
  27. ^ (2014 AW32) JPL Small-Body Database Browser
  28. ^ CBAT "Transient Object Followup Reports" PSN J09554214+6940260 IAU Central Bureau for Astronomical Telegrams
  29. ^ 来年の天文現象 2014年はどんな年?(縣秀彦 自然科学研究機構 国立天文台准教授(教育学博士)/Yahoo!ニュース 2013年12月19日)
  30. ^ サッカー競技場3個分の大きさの小惑星が地球に接近 VOR 2014-2-19
  31. ^ オーロラ、英国の空彩る 各地で異例の観測 msn産経ニュース 2014-3-1
  32. ^ 最も危険な小惑星 2007 VK184 が ・・・(宏観亭見聞録 2014年4月9日)
  33. ^ Asteroid 2007 VK184 Eliminated as Impact Risk to Earth(NASA - April 03, 2014)
  34. ^ Transits of Mercury from Mars Fourmilab
  35. ^ サイディング・スプリング彗星、火星近傍を通過 ESAが確認 AFPBB News 2014-10-20