2014年の阪神タイガース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2014年の阪神タイガース
成績
日本シリーズ敗退 
日本S 1勝4敗(対ソフトバンク
CSFinal 4勝1敗(対巨人
CS1st 1勝1分(対広島
セントラル・リーグ2位
75勝68敗1分 勝率.524
本拠地
都市 兵庫県西宮市
球場 阪神甲子園球場
Hanshin Koshien Stadium 2009 (2).jpg
球団組織
オーナー 坂井信也
経営母体 阪神電気鉄道
監督 和田豊
« 2013
2015 »

2014年の阪神タイガース2014年阪神タイガースの動向についてまとめる。

2014年の阪神タイガースは和田豊監督の3年目のシーズンである。

概要[編集]

前年オフに和田監督の契約は3年目は球団に選択権があるオプション契約であったが、続投となった[1]。 戦力面では、FA宣言した中日の中田賢一、日本ハムの鶴岡慎也の獲得を狙ったが、いずれも失敗し[2][3]久保康友が国内FAでDeNAに移籍した[4]ゴメス呉昇桓を獲得したことから、外国人枠が埋まり、スタンリッジがソフトバンクへと移籍した[5]。また、久保康友の人的補償として、鶴岡一成を獲得した。巨人との開幕カードは3戦目に西岡剛福留孝介と激突し故障離脱するアクシデントがあったがその西岡の代役として上本博紀が1番打者に定着し開幕時の1番打者だった鳥谷敬を3番に入った事により4月を18勝8敗と開幕ダッシュに成功する。しかし交流戦に入ると徐々に失速し交流戦明けの甲子園での中日戦に負け越し一時期4位に後退する。しかしそこから8連勝で勢いを取り戻しAクラス争いの相手であった中日が夏場での失速もあり最終的には広島を抑えて2位でレギュラーシーズン終了。クライマックスシリーズではファーストステージにて広島相手に1勝1分で勝ち越して突破、ファイナルステージでは巨人有利との戦前の予想を覆し4勝1敗(巨人のアドバンテージ1勝分を含む)球団史上初のクライマックスシリーズ優勝を果たし9年ぶり日本シリーズ出場を決めた。日本シリーズではソフトバンク相手に1勝4敗で敗れた。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 鳥谷敬
2 大和
3 西岡剛
4 ゴメス
5 マートン
6 今成亮太
7 福留孝介
8 清水誉
9 能見篤史
2014年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 広島 -- 広島 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 阪神 0.0 巨人 1.5 広島 2.5 阪神 3.0 広島 1.0 阪神 7.0
3位 巨人 2.0 阪神 3.0 中日 6.0 広島 3.5 阪神 2.5 広島 7.5
4位 中日 6.0 中日 6.0 阪神 7.0 中日 5.0 DeNA 8.0 中日 13.5
5位 ヤクルト 9.0 ヤクルト 8.0 ヤクルト 10.0 DeNA 10.0 中日 11.5 DeNA 14.5
6位 DeNA 10.0 DeNA 9.5 DeNA 11.0 ヤクルト 15.0 ヤクルト 13.5 ヤクルト 21.0
期間
成績
19勝10敗
勝率.655
9勝15敗
勝率.375
6勝11敗1分
勝率.353
15勝7敗
勝率.682
13勝12敗
勝率.520
13勝13敗
勝率.500


2014年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 82 61 1 .573 ---
2位 阪神タイガース 75 68 1 .524 7.0
3位 広島東洋カープ 74 68 2 .521 7.5
4位 中日ドラゴンズ 67 73 4 .479 13.5
5位 横浜DeNAベイスターズ 67 75 2 .472 14.5
6位 東京ヤクルトスワローズ 60 81 3 .426 21.0
日本生命セ・パ交流戦2014 最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 16 8 0 .667 ---
2位 福岡ソフトバンクホークス 14 8 2 .636 1.0
3位 オリックス・バファローズ 14 10 0 .583 2.0
4位 中日ドラゴンズ 13 10 1 .565 2.5
5位 横浜DeNAベイスターズ 13 11 0 .542 3.0
6位 千葉ロッテマリーンズ 12 12 0 .500 4.0
7位 北海道日本ハムファイターズ 11 12 1 .478 4.5
8位 埼玉西武ライオンズ 11 13 0 .458 5.0
9位 東京ヤクルトスワローズ 10 12 2 .455 5.0
10位 東北楽天ゴールデンイーグルス 9 15 0 .375 7.0
11位 阪神タイガース 9 15 0 .375 7.0
12位 広島東洋カープ 9 15 0 .375 7.0

[注 1]

クライマックスシリーズ[編集]

2014 ローソン クライマックスシリーズ・セ ファーストステージ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月11日(金) 第1戦 広島東洋カープ 0-1 阪神タイガース 阪神甲子園球場
10月12日(土) 第2戦 広島東洋カープ 0-0 阪神タイガース
勝者:阪神タイガース
2014 アットホーム クライマックスシリーズ・セ ファイナルステージ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
アドバンテージ 阪神タイガース   読売ジャイアンツ
10月15日(水) 第1戦 阪神タイガース 4-1 読売ジャイアンツ 東京ドーム
10月16日(木) 第2戦 阪神タイガース 5-2 読売ジャイアンツ
10月17日(金) 第3戦 阪神タイガース 4-2 読売ジャイアンツ
10月18日(土) 第4戦 阪神タイガース 8-4 読売ジャイアンツ
勝者:阪神タイガース

日本シリーズ[編集]

SMBC日本シリーズ2014
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月25日(土) 第1戦 福岡ソフトバンクホークス 2 - 6 阪神タイガース 阪神甲子園球場
10月26日(日) 第2戦 福岡ソフトバンクホークス 2 - 1 阪神タイガース
10月27日(月) 移動日
10月28日(火) 第3戦 阪神タイガース 1 - 5 福岡ソフトバンクホークス 福岡ヤフオク! ドーム
10月29日(水) 第4戦 阪神タイガース 2 - 5 福岡ソフトバンクホークス
10月30日(木) 第5戦 阪神タイガース 0 - 1 福岡ソフトバンクホークス
優勝:福岡ソフトバンクホークス(3年ぶり6回目)

入団・退団[編集]

シーズン開幕前[編集]

本節では、前シーズン終了から本シーズン開幕までの入退団について記述する。なお、退団の去就はスポーツ関連及び芸能関係の職業に転身した場合のみを記載し、空欄は前述以外の一般職業に転身したか去就不明を示す。

入団 退団
選手名 前所属 入団区分 選手名 退団区分 去就
投手
17 岩貞祐太 横浜商科大学 ドラフト1位 久保康友 国内FA 横浜DeNAベイスターズ
22 呉昇桓 大韓民国の旗三星ライオンズ 新外国人 スタンリッジ 自由契約 福岡ソフトバンクホークス
42 吉見祐治 千葉ロッテマリーンズ 自由契約 ボイヤー 自由契約 アメリカ合衆国の旗AAAエルパソ
47 山本翔也 王子 ドラフト5位 ザラテ 自由契約 BCリーグ群馬
67 岩崎優 国士舘大学 ドラフト6位 清原大貴 自由契約
林啓介 自由契約 社会人・西濃運輸
捕手
40 鶴岡一成 横浜DeNAベイスターズ FA人的補償 橋本良平 自由契約 社会人・パナソニック
44 梅野隆太郎 福岡大学 ドラフト4位
内野手
5 ゴメス アメリカ合衆国の旗AAAシラキュース 新外国人 コンラッド 自由契約 アメリカ合衆国の旗AAAエルパソ
55 陽川尚将 東京農業大学 ドラフト3位 野原将志 自由契約 社会人・三菱重工長崎
外野手
24 横田慎太郎 鹿児島実業高 ドラフト2位 桧山進次郎 任意引退 野球解説者
浅井良 自由契約
林威助 自由契約 中華民国の旗兄弟
育成選手[注 2]
124 原口文仁 育成選手 再契約 原口文仁 自由契約 再契約
126 島本浩也 育成選手 再契約 島本浩也 自由契約 再契約
藤井宏政 自由契約 社会人・カナフレックス
黒田祐輔 自由契約 尼崎信用金庫軟式野球[6]
穴田真規 自由契約 社会人・和歌山箕島球友会

シーズン開幕後[編集]

入団
選手名 前所属 備考
投手
53 建山義紀 アメリカ合衆国の旗AAAスクラントン 6月25日、日本球界復帰


マツダオールスターゲーム2014[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
投手 藤浪晋太郎 2
遊撃手 鳥谷敬 5
外野手 マット・マートン 4
  • 太字はファン投票による選出、※印は選手間投票による選出、他は監督推薦による選出。
  • 選出回数の括弧内数字は故障のため不出場の回数。

選手・スタッフ[編集]

  • 背番号変更
  • 高宮和也 40→34
  • 二神一人 18→66
  • 伊藤和雄 117→92
  • 育成→支配下
  • 伊藤和雄(4月)

試合結果[編集]

凡例
勝利試合 敗北試合 引き分け 中止
2014年 レギュラーシーズン

個人成績[編集]

投手成績[編集]

色付きは規定投球回数(144イニング)以上の選手

  • 太字はリーグ最高。
選手



































いわた/ 岩田稔 22 1 0 9 8 0 0 .529 148.2 123 13 43 2 116 50 42 2.54
めつせんしや/ メッセンジャー 31 3 3 13 10 0 0 .565 208.1 188 14 69 8 226 81 74 3.20
ふしなみ/ 藤浪晋太郎 25 2 0 11 8 0 0 .579 163 150 6 64 11 172 79 64 3.53
のうみ/ 能見篤史 26 3 1 9 13 0 0 .409 169.1 170 16 48 3 151 81 75 3.99
あんとう/ 安藤優也 53 0 0 6 2 0 23 .750 47.1 53 2 16 0 41 21 20 3.80
いとうか/ 伊藤和雄 6 0 0 0 0 0 0 .000 10 8 1 8 0 11 7 7 6.30
いわさき/ 岩崎優 17 0 0 5 4 0 0 .556 90 85 6 26 4 76 37 35 3.50
いわさた/ 岩貞祐太 6 0 0 1 4 0 0 .200 29.1 24 2 15 0 21 18 15 4.60
えのきた/ 榎田大樹 24 0 0 2 1 0 2 .667 44.2 60 2 20 6 42 38 35 7.05
お/ 呉昇桓 64 0 0 2 4 39 5 .333 66.2 41 5 13 1 81 18 13 1.76
かとう/ 加藤康介 32 0 0 3 0 0 10 1.000 23.2 31 2 10 2 15 12 12 4.56
かねた/ 金田和之 40 0 0 5 1 0 0 .833 62.1 65 6 20 0 41 27 25 3.61
さいうち/ 歳内宏明 13 0 0 1 3 0 0 .250 24 23 3 10 1 25 19 18 6.75
たかみや/ 高宮和也 22 0 0 1 0 0 2 1.000 18.2 18 3 3 1 14 7 6 2.89
つつい/ 筒井和也 28 0 0 0 0 0 2 .000 34 31 2 14 1 33 22 19 5.03
つる/ 鶴直人 19 0 0 3 1 0 0 .750 26.2 27 5 14 1 12 15 15 5.06
ふくはら/ 福原忍 60 0 0 4 6 0 38 .400 53.1 55 8 13 2 47 24 24 4.05
ふたかみ/ 二神一人 11 0 0 0 2 0 1 .000 14.1 25 2 3 0 13 14 14 8.79
わたなへ/ 渡辺亮 14 0 0 0 0 0 1 .000 14 12 2 11 0 7 10 7 4.50
合計 9 4 75 68 39 84 .524 1282 1240 104 443 44 1174 614 553 3.88

打撃成績[編集]

  • 色付きは規定打席(446打席)以上の選手
  • 太字はリーグ最高。
選手







































まとん/ マートン 142 591 532 58 180 32 0 14 254 84 2 5 0 6 46 7 64 19 .338 .394
とりたに/ 鳥谷敬 144 644 550 96 172 28 2 8 228 73 10 6 1 4 87 2 80 14 .313 .406
こめす/ ゴメス 143 616 537 81 152 30 2 26 264 109 1 0 0 4 67 8 166 17 .283 .369
うえもと/ 上本博紀 131 600 515 90 142 28 5 7 201 38 20 10 7 2 70 6 97 7 .276 .368
やまと/ 大和 121 481 398 54 105 17 1 1 127 24 11 7 50 1 28 4 52 7 .264 .318
あらい/ 新井貴浩 94 194 176 13 43 6 0 3 58 31 0 0 0 1 15 2 33 6 .244 .309
あらいり/ 新井良太 78 196 173 19 51 9 0 7 81 34 0 0 1 2 17 3 48 0 .295 .364
あらき/ 荒木郁也 15 9 8 0 1 0 0 0 1 0 0 1 1 0 0 0 2 0 .125 .125
いとうは/ 伊藤隼太 52 131 119 13 35 6 1 2 49 12 1 0 1 3 7 1 26 1 .294 .331
いまなり/ 今成亮太 115 362 332 34 86 15 0 4 113 24 2 3 9 0 18 3 48 9 .259 .303
うめの/ 梅野隆太郎 92 265 249 23 49 13 2 7 87 21 0 1 2 2 10 2 78 7 .197 .232
おかた/ 緒方凌介 28 69 57 7 14 2 0 2 22 5 2 1 2 0 8 2 14 0 .246 .358
かのう/ 狩野恵輔 12 26 24 2 7 1 0 1 11 5 0 0 1 1 0 0 2 0 .292 .280
さか/ 坂克彦 88 78 63 16 13 3 0 0 16 6 0 0 3 2 10 0 21 0 .206 .307
しはた/ 柴田講平 27 40 39 6 7 1 0 0 8 1 0 0 0 0 1 0 7 1 .179 .200
しみす/ 清水誉 26 32 28 4 3 1 0 0 4 2 0 0 1 0 2 1 8 0 .107 .194
しゆんすけ/ 俊介 87 119 102 13 21 4 0 1 28 6 2 1 6 0 10 1 12 3 .206 .283
せきもと/ 関本賢太郎 63 66 50 3 13 4 0 1 20 15 0 0 1 1 13 1 16 3 .260 .415
たかみ/ 田上健一 51 43 39 15 9 1 0 0 10 2 3 0 1 0 3 0 7 1 .231 .286
つるおか/ 鶴岡一成 77 163 154 10 34 5 1 0 41 12 0 0 4 1 3 1 30 10 .221 .239
にしおか/ 西岡剛 24 46 38 6 9 3 1 0 14 4 0 1 1 0 7 0 6 0 .237 .356
ひたか/ 日高剛 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000
ふくとめ/ 福留孝介 104 367 312 20 79 8 0 9 114 34 1 1 3 4 47 1 48 11 .253 .349
ふしい/ 藤井彰人 34 73 65 5 14 3 0 0 17 5 0 0 0 1 7 0 10 3 .215 .288
あきやま/ 秋山拓巳 3 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 .000 .000
いわさき/ 岩崎優 17 27 25 1 4 1 0 0 5 0 0 0 2 0 0 0 15 0 .160 .160
いわさた/ 岩貞祐太 6 9 9 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0 .000 .000
いわた/ 岩田稔 22 43 37 1 4 0 0 0 4 1 0 0 5 0 1 0 18 1 .108 .132
えのきた/ 榎田大樹 24 8 6 0 1 0 0 0 1 0 0 0 2 0 0 0 3 1 .167 .167
お/ 呉昇桓 65 2 2 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .500 .500
かねた/ 金田和之 40 6 5 0 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 2 0 .200 .200
さいうち/ 歳内宏明 13 5 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 .000 .000
つる/ 鶴直人 19 3 3 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .333 .333
のうみ/ 能見篤史 26 62 53 3 7 1 0 0 8 2 0 0 5 0 4 0 22 1 .132 .193
ふしなみ/ 藤浪晋太郎 25 58 52 3 9 2 0 1 14 6 0 0 6 0 0 0 30 1 .173 .173
ふたかみ/ 二神一人 11 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 .000 .000
めつせんしや/ メッセンジャー 31 70 67 3 7 2 0 0 9 7 0 0 1 0 2 0 37 1 .104 .130
合計 5507 4823 599 1274 226 15 94 1812 563 55 37 121 35 483 45 1009 124 .264 .335

表彰選手[編集]


達成記録・出来事[編集]

ドラフト[編集]

順位 選手名 守備位置 所属 結果
1位 横山雄哉 投手 新日鐡住金鹿島 入団
2位 石崎剛 投手 新日鐡住金鹿島 入団
3位 江越大賀 外野手 駒澤大学 入団
4位 守屋功輝 投手 Honda鈴鹿 入団
5位 植田海 内野手 近江高校 入団

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 勝率が同率で並んだ場合、(1)勝利数(2)当該チーム間の当年度交流戦の直接対決成績(3チーム以上並んだ場合は省略)(3)得点/攻撃イニング-失点/守備イニング(4)前項を自責点に置き換えたもの(5)チーム打率(6)前年度の交流戦順位で順位が決定される。
  2. ^ 支配下選手登録経験者は1年間、未経験者は3年間支配下登録されない場合、自動的に自由契約となる

出典[編集]

  1. ^ 阪神和田監督続投、オプション3年目も日刊スポーツ 2013年6月12日
  2. ^ 阪神FA中田賢獲りに全力 最高条件用意日刊スポーツ 2013年11月15日
  3. ^ FA中田賢ソフトB入り 地元愛で決めた日刊スポーツ 2013年11月29日
  4. ^ FA久保、DeNA移籍へ きょう結論日刊スポーツ 2013年12月2日
  5. ^ スタンリッジ阪神退団へ 期限に返答なし日刊スポーツ 2013年11月14日
  6. ^ 新潟遠征のこぼれ話 横山さん&吉岡さん、そして原口家の皆さん”. 新・岡本育子の「小虎日記」 (2014年7月29日). 2014年12月26日閲覧。
  7. ^ FA補償による選手の獲得について阪神球団公式サイト2014年1月6日配信
  8. ^ 背番号の決定と変更について阪神球団公式サイト2014年1月15日配信
  9. ^ 巨人のアドバンテージ1勝を含む