2014年世界ジュニア柔道選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2014年世界ジュニア柔道選手権大会(第19回世界ジュニア柔道選手権大会)は、アメリカ合衆国フォートローダーデール2014年10月22日から10月26日まで開催された [1]。2014年からはシニアに続いてジュニアでも世界ランキングが創設されたことに伴い、このランキングに基づいて各階級のシード選手が決定されることになった[2]。また、今大会の最優秀選手に男子はエゴール・ムグドシャン、女子は近藤亜美が選出された[3]

大会結果[編集]

男子[編集]

Event
55kg以下級 日本の旗 梅北亘 フランスの旗 カマル・フィクリ モンゴルの旗 バヤラー・アマルトゥブシン
モンゴルの旗 ガンバータル・バトトルガ
60kg以下級 スペインの旗 フランシスコ・ガリゴス モンゴルの旗 ツェンドオチル・ツォグトバータル アゼルバイジャンの旗 メフマン・サディゴフ
大韓民国の旗 チェ・インヒョク
66kg以下級 ロシアの旗 エゴール・ムグドシャン 日本の旗 阿部一二三 ブラジルの旗 リカルド・サントス・ジュニア
イスラエルの旗 バルーチ・シュマイロフ
73kg以下級 大韓民国の旗 安昌林 日本の旗 山本悠司 ポルトガルの旗 ヌーノ・サライバ
ジョージア (国)の旗 コバ・ムチェドリシビリ
81kg以下級 ブラジルの旗 ラファエル・マセド ロシアの旗 ミハイル・イゴルニコフ ジョージア (国)の旗 レバン・グガバ
フランスの旗 パプ・ドゥドゥ・ンディアイ
90kg以下級 ハンガリーの旗 トート・クリスティアーン スペインの旗 ニコロス・シェラザディシビリ ジョージア (国)の旗 ベカ・グビニアシビリ
オランダの旗 マックス・デ・フレーゼ
100kg以下級 日本の旗 後藤隆太郎 ロシアの旗 ニヤス・イリアソフ 日本の旗 ウルフ・アロン
ロシアの旗 ラマザン・マルスイゲノフ
100kg超級 モンゴルの旗 ウルジバヤル・ドゥレンバヤル ジョージア (国)の旗 グガ・キボルドザリゼ ウクライナの旗 ヤキフ・ハンモ
ロシアの旗 ルスラン・シャフバゾフ

女子[編集]

Event
44kg以下級 日本の旗 坂口仁美 ブラジルの旗 ラリッサ・ファリアス トルコの旗 メリサ・チャクマクリ
チュニジアの旗 オルファ・サウディ
48kg以下級 日本の旗 近藤亜美 トルコの旗 ディララ・ロクマンヘキム ルーマニアの旗 アレクサンドラ・ポップ
ドイツの旗 パトリシア・セケリー
52kg以下級 フランスの旗 アマンディーヌ・ブシャール ルーマニアの旗 アレクサンドラ・フローリアン 日本の旗 内尾真子
フランスの旗 アストリード・ネト
57kg以下級 日本の旗 玉置桃 日本の旗 出口クリスタ カナダの旗 カトリーヌ・ボーシュマン=ピナール
ロシアの旗 ダリア・メズヘツカヤ
63kg以下級 日本の旗 嶺井美穂 日本の旗 鍋倉那美 ドイツの旗 ビビアン・ヘルマン
イギリスの旗 ジェミマ・イエーツ=ブラウン
70kg以下級 クロアチアの旗 バルバラ・マティッチ イギリスの旗 エボニー・ドライスデール=デイリー フランスの旗 メリッサ・エレーヌ
フランスの旗 マリー=エヴ・ガイエ
78kg以下級 チュニジアの旗 サラ・ムズギ フランスの旗 サマ=アワ・カマラ カナダの旗 アナ=ラウラ・ポルトゥオンド・イサシ
ポーランドの旗 ベアタ・パツト
78kg超級 日本の旗 朝比奈沙羅 ウクライナの旗 アナスタシヤ・サプサイ エクアドルの旗 マルリン・ビベロス
フランスの旗 マリーヌ・エルブ

国別団体戦[編集]

男子[編集]

優勝 2位 3位 3位
日本の旗 日本
阿部一二三
山本悠司
尾方寿應
佐藤正大
向翔一郎
小川雄勢
ジョージア (国)の旗 ジョージア
ゲラ・ケリハシビリ
コバ・ムチェドリシビリ
ウシャンギ・マルギアニ
ベカ・グビニアシビリ
グラム・ツシシビリ
ロシアの旗 ロシア
エゴール・ムグドシャン
ウルスハンベク・バラエフ
ミハイル・イゴルニコフ
ルスラン・シャフバゾフ
大韓民国の旗 韓国
アン・バウル
安昌林
イ・ムンジン
キム・ジェユン
チェ・ミニョン

女子[編集]

優勝 2位 3位 3位
日本の旗 日本
近藤亜美
内尾真子
出口クリスタ
嶺井美穂
鍋倉那美
池絵梨菜
朝比奈沙羅
フランスの旗 フランス
アマンディーヌ・ブシャール
サラ・アラシ
マリ・コラリー
マリー=エヴ・ガイエ
サマ=アワ・カマラ
ロシアの旗 ロシア
ザリーナ・バビニャン
ダリア・メジェツカヤ
ディアナ・ジガロス
エカテリーナ・トカレワ
エカテリーナ・イノゼムツェワ
大韓民国の旗 韓国
パク・ダソル
パク・ダウン
安沙好
チョン・ヘジン
ハン・ミジン

各国メダル数[編集]

順位 国・地域
1 日本の旗 日本 9 4 2 15
2 フランスの旗 フランス 1 3 5 9
3 ロシアの旗 ロシア 1 2 5 8
4 モンゴルの旗 モンゴル 1 1 2 4
5 ブラジルの旗 ブラジル 1 1 1 3
6 スペインの旗 スペイン 1 1 0 2
7 大韓民国の旗 韓国 1 0 3 4
8 チュニジアの旗 チュニジア 1 0 1 2
9 クロアチアの旗 クロアチア 1 0 0 1
ブラジルの旗 ブラジル 1 0 0 1
11 ジョージア (国)の旗 ジョージア 0 2 3 5
12 イギリスの旗 イギリス 0 1 1 2
 ルーマニア 0 1 1 2
トルコの旗 トルコ 0 1 1 2
 ウクライナ 0 1 1 2
16 カナダの旗 カナダ 0 0 2 2
ドイツの旗 ドイツ 0 0 2 2
18 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン 0 0 1 1
エクアドルの旗 エクアドル 0 0 1 1
イスラエルの旗 イスラエル 0 0 1 1
オランダの旗 オランダ 0 0 1 1
ポーランドの旗 ポーランド 0 0 1 1
ポルトガルの旗 ポルトガル 0 0 1 1

優勝者の世界ランキング[編集]

男子[編集]

55kg級  日本の旗 日本 梅北亘  ランキング外
60kg級  スペインの旗 スペイン フランシスコ・ガリゴス  1位(シニアの世界ランキングは49位)
66kg級  ロシアの旗 ロシア エゴール・ムグドシャン  5位
73kg級  大韓民国の旗 韓国 安昌林 ランキング外(シニアの世界ランキングは183位)
81kg級  ブラジルの旗 ブラジル ラファエル・マセド 1位
90kg級   ハンガリー トート・クリスティアーン  23位(シニアの世界ランキングは3位)
100kg級  日本の旗 日本 後藤隆太郎  32位
100kg超級  モンゴルの旗 モンゴル ウルジバヤル・ドゥレンバヤル  ランキング外(シニアの世界ランキングは24位)

女子[編集]

44kg級  日本の旗 日本 坂口仁美 17位
48kg級  日本の旗 日本 近藤亜美 ランキング外(シニアの世界ランキングは3位)
52kg級  フランスの旗 フランス アマンディーヌ・ブシャール  ランキング外(シニアの世界ランキングは48kg級で10位)
57kg級  日本の旗 日本 玉置桃  21位
63kg級  日本の旗 日本 嶺井美穂  54位
70kg級  クロアチアの旗 クロアチア バルバラ・マティッチ  8位(シニアの世界ランキングは10位)
78kg級  チュニジアの旗 チュニジア サラ・ムズギ  10位
78kg超級  日本の旗 日本 朝比奈沙羅  ランキング外(シニアの世界ランキングは49位)

(出典[4]JudoInside.com)。

世界ランキング1位の成績[編集]

男子[編集]

55kg級  ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国 ラファエル・オルベ・コンセプシオン  3回戦敗退
60kg級  スペインの旗 スペイン フランシスコ・ガリゴス  金メダル
66kg級  コスタリカの旗 コスタリカ ジュリアン・サンチョ  3回戦敗退
73kg級  ブラジルの旗 ブラジル リンコウン・ネベス  7位
81kg級  ブラジルの旗 ブラジル ラファエル・マセド 金メダル
90kg級  オランダの旗 オランダ マックス・デフレーゼ  銅メダル
100kg級  ロシアの旗 ロシア ニャズ・イリャソフ  銀メダル
100kg超級  プエルトリコの旗 プエルトリコ ルイス・コンセプシオン  不出場

女子[編集]

44kg級   ブルガリア ボリスラワ・ダミャノワ  初戦敗退
48kg級  トルコの旗 トルコ ディララ・ロクマンヘキム 銀メダル
52kg級  ブラジルの旗 ブラジル ジェシカ・ペレイラ  5位
57kg級  ポーランドの旗 ポーランド アンナ・ボロウスカ  初戦敗退
63kg級   ハンガリー ゲルチャーク・サビナ  2回戦敗退
70kg級  オランダの旗 オランダ サンネ・ファンデイケ  7位
78kg級   ウクライナ アナスタシヤ・トゥルチン  初戦敗退
78kg超級  ドイツの旗 ドイツ ミケーレ・ゴシン  7位

(出典[4]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部サイト[編集]