2014年日本週末興行成績1位の映画の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

本項目は、2014年日本全国での各週末 () における興行成績1位の映画の一覧である。

観客動員数1位の映画の一覧であり、観客動員数1位と興行収入1位とが異なる映画の週は備考欄に記した。ただし、週末興行収入額が全作品で発表されているわけではないため、書き漏れている週末興行収入1位がある可能性もある。

全国集計 観客動員数1位[編集]

# 週末日付 日本週末観客動員数1位の映画 週末観客動員数 週末興行収入 備考 出典
1 1月4日、5日 永遠の0 041万4397人 05億3172万8400円 [1][2][3]
2 1月11日、12日 永遠の0 036万3510人 04億6754万0050円 [4][5][6]
3 1月18日、19日 永遠の0 030万8257人 04億0054万7000円 [7][8][9]
4 1月25日、26日 永遠の0 028万6452人 03億7486万4900円 [10][11][12]
5 2月1日、2日 永遠の0 029万5861人 03億3376万3200円 [13][14][15]
6 2月8日、9日 永遠の0 012万8392人 01億7139万0900円 [16][17][18]
7 2月15日、16日 土竜の唄 潜入捜査官 REIJI 020万9935人 02億8220万7700円 [19][20][21]
8 2月22日、23日 土竜の唄 潜入捜査官 REIJI 017万7155人 02億3577万1300円 [22][23][24]
9 3月1日、2日 ホビット 竜に奪われた王国 024万4577人 03億1326万6550円 [25][26][27]
10 3月8日、9日 映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜 053万0554人 06億0035万6700円 [28][29][30]
11 3月15日、16日 アナと雪の女王 060万2347人 07億6338万9450円 [31][32][33]
12 3月22日、23日 アナと雪の女王 068万0855人 08億7226万9400円 [34][35][36]
13 3月29日、30日 アナと雪の女王 069万1321人 08億8121万2200円 [37][38][39]
14 4月5日、6日 アナと雪の女王 064万2489人 08億5091万1950円 [40][41][42]
15 4月12日、13日 アナと雪の女王 062万3785人 08億4203万5350円 [43][44][45]
16 4月19日、20日 名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー) 064万9865人 07億8933万2300円 興行収入は『アナと雪の女王』が1位 (62万8314人、8億2678万1000円) 。 [46][47][48]
17 4月26日、27日 アナと雪の女王 056万6750人 07億7218万0200円 [49][50][51]
18 5月3日、4日 アナと雪の女王 N/A N/A [52][53][54]
19 5月10日、11日 アナと雪の女王 054万1094人 07億3776万1900円 [55][56][57]
20 5月17日、18日 アナと雪の女王 059万2173人 08億0710万7900円 [58][59][60]
21 5月24日、25日 アナと雪の女王 051万7926人 07億0033万9600円 [61][62][63]
22 5月31日、6月1日 アナと雪の女王 064万8239人 07億5942万1150円 [64][65][66]
23 6月7日、8日 アナと雪の女王 044万1540人 05億9205万5250円 [67][68][69]
24 6月14日、15日 アナと雪の女王 030万4526人 03億9264万0050円 [70][71][72]
25 6月21日、22日 アナと雪の女王 027万3943人 03億6411万8850円 [73][74][75]
26 6月28日、29日 アナと雪の女王 020万4445人 02億7438万4350円 [76][77][78]
27 7月5日、6日 マレフィセント 050万0837人 06億9167万8400円 [79][80][81]
28 7月12日、13日 マレフィセント 043万4129人 06億0455万6200円 [82][83][84]
29 7月19日、20日 ポケモン・ザ・ムービー XY/破壊の繭とディアンシー 036万0190人 03億9325万9400円 興行収入は『マレフィセント』が1位 (35万0746人、4億7992万4000円) 。 [85][86][87]
30 7月26日、27日 GODZILLA ゴジラ 033万9048人 05億0844万9700円 [88][89][90]
31 8月2日、3日 るろうに剣心 京都大火編 043万3346人 05億9223万6400円 [91][92][93]
32 8月9日、10日 STAND BY ME ドラえもん 055万4911人 07億6724万8000円 [94][95][96]
33 8月16日、17日 STAND BY ME ドラえもん 050万2607人 07億0161万9400円 [97][98][99]
34 8月23日、24日 STAND BY ME ドラえもん 034万8299人 04億8667万6700円 [100][101][102]
35 8月30日、31日 STAND BY ME ドラえもん 038万0005人 05億1999万5800円 [103][104][105]
36 9月6日、7日 STAND BY ME ドラえもん 027万1138人 03億7377万5900円 [106][107][108]
37 9月13日、14日 るろうに剣心 伝説の最期編 071万7958人 09億1947万9200円 [109][110][111]
38 9月20日、21日 るろうに剣心 伝説の最期編 032万0949人 04億1884万6200円 [112][113][114]
39 9月27日、28日 るろうに剣心 伝説の最期編 020万9034人 02億7746万6900円 [115][116][117]
40 10月4日、5日 るろうに剣心 伝説の最期編 013万1747人 01億7743万5300円 [118][119][120]
41 10月11日、12日 ふしぎな岬の物語 015万2311人 01億7680万6300円 興行収入は『近キョリ恋愛』が1位 (13万5181人、1億7847万2500円) 。 [121][122][123]
42 10月18日、19日 近キョリ恋愛 010万0766人 01億2369万6400円 [124][125][126]
43 10月25日、26日 近キョリ恋愛 009万1413人 01億1154万2500円 [127][128][129]
44 11月1日、2日 エクスペンダブルズ3 ワールドミッション 015万4544人 01億8063万2600円 [130][131][132]
45 11月8日、9日 トワイライト ささらさや 008万2140人 01億0836万6000円 興行収入は『美女と野獣』が1位 (8万2085人、1億1427万2300円) 。 [133][134][135]
46 11月15日、16日 神さまの言うとおり 013万3887人 01億8028万1700円 [136][137][138]
47 11月22日、23日 インターステラー 013万7490人 01億9338万9300円 [139][140][141]
48 11月29日、30日 寄生獣 025万6161人 03億4033万7300円 [142][143][144]
49 12月6日、7日 THE LAST -NARUTO THE MOVIE- 039万6280人 05億1533万1800円 [145][146][147]
50 12月13日、14日 アオハライド 021万0497人 02億4336万8800円 興行収入は『ホビット 決戦のゆくえ』が1位 (19万5209人、2億8708万5500円) 。 [148][149][150]
51 12月20日、21日 映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン! 148万4916人 16億2889万3000円 [151][152][153]
52 12月27日、28日 映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン! 052万5378人 05億9696万7200円 [154][155]

上記の表の作品のうち以下の作品には、映画倫理委員会 (略称:映倫) のレイティングにより、入場に年齢制限がなされた。

  • R18+ (18歳未満の鑑賞を禁止)
    • 該当作品なし
  • R15+ (15歳未満の鑑賞を禁止)
  • PG12 (小学生には成人保護者の助言・指導が必要)

上記の表の作品のうち、以下の作品は3D映画。興行収入の金額に3D版鑑賞者の3D料金が含まれている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「永遠の0」が3週連続で1位!多くの作品が前週を上回る好成績!(1月4日-1月5日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年1月7日). 2014年4月3日閲覧。
  2. ^ 駒井尚文 (2014年1月7日). “国内映画ランキング(2014年1月4日〜2014年1月5日)” (日本語). 映画.com. 2014年1月15日閲覧。
  3. ^ 壬生智裕 (2014年1月7日). “『永遠の0』が年末年始トップを記録しV3!早くも興収30億円突破!” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年1月8日閲覧。
  4. ^ 「永遠の0」が4週連続で1位!シリーズ完結編「トリック劇場版 ラストステージ」が2位に初登場!(1月11日-1月12日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年1月14日). 2014年4月3日閲覧。
  5. ^ 駒井尚文 (2014年1月15日). “国内映画ランキング(2014年1月11日〜2014年1月12日)” (日本語). 映画.com. 2014年1月21日閲覧。
  6. ^ 壬生智裕 (2014年1月15日). “岡田准一『永遠の0』がV4!『トリック』最終章は初登場2位!” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年1月16日閲覧。
  7. ^ 「永遠の0」が5週連続で首位をキープ!!新作3本がランクイン!(1月18日-1月19日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年1月20日). 2014年4月3日閲覧。
  8. ^ 駒井尚文 (2014年1月20日). “国内映画ランキング(2014年1月18日〜2014年1月19日)” (日本語). 映画.com. 2014年1月29日閲覧。
  9. ^ 壬生智裕 (2014年1月21日). “『永遠の0』50億円突破でV5!『黒執事』は4位に初登場!” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年1月22日閲覧。
  10. ^ 岡田准一主演「永遠の0」がV6を達成!!「小さいおうち」が3位に初登場!(1月25日-1月26日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年1月27日). 2014年4月3日閲覧。
  11. ^ 駒井尚文 (2014年1月27日). “国内映画ランキング(2014年1月25日〜2014年1月26日)” (日本語). 映画.com. 2014年2月6日閲覧。
  12. ^ 壬生智裕 (2014年1月28日). “『永遠の0』が勢い止まらずV6!『アイマス』劇場版は5位初登場!” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年1月29日閲覧。
  13. ^ 「永遠の0」が7週連続で1位!!「抱きしめたい−真実の物語−」など新作4本が初登場!(2月1日-2月2日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年2月3日). 2014年4月3日閲覧。
  14. ^ 駒井尚文 (2014年2月3日). “国内映画ランキング(2014年2月1日〜2014年2月2日)” (日本語). 映画.com. 2014年2月13日閲覧。
  15. ^ 壬生智裕 (2014年2月4日). “岡田准一『永遠の0』7週連続1位!動員500万人突破!” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年2月6日閲覧。
  16. ^ 「永遠の0」が8週連続で1位!!「劇場版 TIGER & BUNNY −The Rising−」「ラッシュ/プライドと友情」が初登場!(2月8日-2月9日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年2月10日). 2014年4月3日閲覧。
  17. ^ 駒井尚文 (2014年2月10日). “国内映画ランキング(2014年2月8日〜2014年2月9日)” (日本語). 映画.com. 2014年2月18日閲覧。
  18. ^ 壬生智裕 (2014年2月12日). “岡田准一『永遠の0』『風立ちぬ』に並ぶV8!興収70億円突破!” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年2月13日閲覧。
  19. ^ 生田斗真主演「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」が初登場1位!!「エージェント:ライアン」が3位に初登場!(2月15日-2月16日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年2月17日). 2014年4月3日閲覧。
  20. ^ 駒井尚文 (2014年2月17日). “国内映画ランキング(2014年2月15日〜2014年2月16日)” (日本語). 映画.com. 2014年3月6日閲覧。
  21. ^ 壬生智裕 (2014年2月18日). “生田斗真『土竜(モグラ)の唄』が初登場1位!岡田准一『永遠の0』のV9阻む” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年2月21日閲覧。
  22. ^ 「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」が2週連続で1位!!「劇場版 仮面ティーチャー」「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」が初登場!(2月22日-2月23日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年2月24日). 2014年4月3日閲覧。
  23. ^ 駒井尚文 (2014年2月24日). “国内映画ランキング(2014年2月22日〜2014年2月23日)” (日本語). 映画.com. 2014年3月6日閲覧。
  24. ^ 壬生智裕 (2014年2月25日). “生田斗真『土竜(モグラ)の唄』がV2!ジャニーズ主演作が上位4作品を占める!” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年3月6日閲覧。
  25. ^ シリーズ第2弾「ホビット 竜に奪われた王国」が初登場1位!!「魔女の宅急便」は3位にランクイン!(3月1日-3月2日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年3月3日). 2014年4月3日閲覧。
  26. ^ 駒井尚文 (2014年3月3日). “国内映画ランキング(2014年3月1日〜2014年3月2日)” (日本語). 映画.com. 2014年3月11日閲覧。
  27. ^ 壬生智裕 (2014年3月4日). “『ホビット』2014年洋画初のナンバーワン獲得!” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年3月6日閲覧。
  28. ^ 「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 −ペコと5人の探検隊−」が初登場1位!!多彩な新作4本がランクイン!(3月8日-3月9日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年3月10日). 2014年4月3日閲覧。
  29. ^ 駒井尚文 (2014年3月10日). “国内映画ランキング(2014年3月8日〜2014年3月9日)” (日本語). 映画.com. 2014年3月18日閲覧。
  30. ^ 壬生智裕 (2014年3月11日). “『ドラえもん』が初登場1位!新シリーズ最高記録狙う大ヒットスタート!” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年3月12日閲覧。
  31. ^ 「アナと雪の女王」が初登場1位!!「映画 プリキュアオールスターズ NewStage3 永遠のともだち」などアニメ作品が上位を占める!(3月15日-3月16日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年3月17日). 2014年4月3日閲覧。
  32. ^ 駒井尚文 (2014年3月17日). “国内映画ランキング(2014年3月15日〜2014年3月16日)” (日本語). 映画.com. 2014年3月26日閲覧。
  33. ^ 壬生智裕 (2014年3月18日). “『アナと雪の女王』が7億円突破で初登場1位!本年度最高の大ヒットスタート!” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年3月19日閲覧。
  34. ^ 前週を上回る好成績で「アナと雪の女王」が2週連続1位!!「LIFE!」「神様のカルテ2」など新作4本がランクイン!(3月22日-3月23日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年3月24日). 2014年4月3日閲覧。
  35. ^ 駒井尚文 (2014年3月24日). “国内映画ランキング(2014年3月22日〜2014年3月23日)” (日本語). 映画.com. 2014年4月2日閲覧。
  36. ^ 壬生智裕 (2014年3月25日). “『アナと雪の女王』30億円突破でV2!100億円超えも視野の大ヒット!” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年3月26日閲覧。
  37. ^ 「アナと雪の女王」が3週連続で1位!!「平成ライダーVS昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊」が3位に初登場!(3月29日-3月30日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年3月31日). 2014年4月2日閲覧。
  38. ^ 駒井尚文 (2014年3月31日). “国内映画ランキング(2014年3月29日〜2014年3月30日)” (日本語). 映画.com. 2014年5月13日閲覧。 “動員69万0815人、興収8億7929万4850円”
  39. ^ 壬生智裕 (2014年4月1日). “『アナと雪の女王』洋画アニメ最速!50億円突破でV3!” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年4月2日閲覧。
  40. ^ 「アナと雪の女王」が4週連続で1位!!品川ヒロシ監督最新作「サンブンノイチ」が8位に初登場!(4月5日-4月6日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年4月7日). 2014年4月9日閲覧。
  41. ^ 駒井尚文 (2014年4月7日). “国内映画ランキング(2014年4月5日〜2014年4月6日)” (日本語). 映画.com. 2014年5月9日閲覧。
  42. ^ 壬生智裕 (2014年4月8日). “『アナと雪の女王』600万人突破でV4!春休みを制する” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年4月9日閲覧。
  43. ^ 勢い衰えず「アナと雪の女王」が5週連続で1位!!人気コミックの実写化「クローズEXPLODE」「L♡DK」が初登場!(4月11日-4月12日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年4月14日). 2014年5月13日閲覧。
  44. ^ 駒井尚文 (2014年4月14日). “国内映画ランキング(2014年4月12日〜2014年4月13日)” (日本語). 映画.com. 2014年4月30日閲覧。
  45. ^ 壬生智裕 (2014年4月15日). “『アナと雪の女王』がV5!『風立ちぬ』以来の100億超えも間近!” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年5月13日閲覧。
  46. ^ 劇場版シリーズ最新作「名探偵コナン 異次元の狙撃手」が初登場1位!!「アナと雪の女王」は興行収入100億円突破!(4月19日-4月20日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年4月21日). 2014年5月13日閲覧。
  47. ^ 駒井尚文 (2014年4月21日). “国内映画ランキング(2014年4月19日〜2014年4月20日)” (日本語). 映画.com. 2014年4月30日閲覧。
  48. ^ 壬生智裕 (2014年4月22日). “『名探偵コナン』が初登場1位!『アナ』とのハイレベルな接戦に勝利!” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年4月23日閲覧。
  49. ^ 「アナと雪の女王」が1位に返り咲き!!「テルマエ・ロマエII」「アメイジング・スパイダーマン2」「相棒‐劇場版III」など人気シリーズもランクイン!(4月26日-4月27日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年4月28日). 2014年5月13日閲覧。
  50. ^ 駒井尚文 (2014年4月28日). “国内映画ランキング(2014年4月26日〜2014年4月27日)” (日本語). 映画.com. 2014年5月13日閲覧。
  51. ^ 壬生智裕 (2014年4月30日). “『アナと雪の女王』が首位に返り咲き!大ヒットスタートのGW映画に勝利!” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年5月13日閲覧。
  52. ^ 8週目の「アナと雪の女王」が1位!!「悪夢ちゃん The 夢ovie」「ネイチャー」が初登場!(5月3日-5月4日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年5月7日). 2014年5月13日閲覧。
  53. ^ 駒井尚文 (2014年5月7日). “国内映画ランキング(2014年5月3日〜2014年5月4日)” (日本語). 映画.com. 2014年5月13日閲覧。
  54. ^ 壬生智裕 (2014年5月8日). “『アナと雪の女王』が7度目の首位!200億円突破も見えた!” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年5月10日閲覧。
  55. ^ 「アナと雪の女王」が1位をキープ!!矢口史靖監督、最新作「WOOD JOB!−神去なあなあ日常−」が6位に初登場!(5月10日-5月11日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年5月12日). 2014年5月13日閲覧。
  56. ^ 駒井尚文 (2014年5月12日). “国内映画ランキング(2014年5月10日〜2014年5月11日)” (日本語). 映画.com. 2014年5月22日閲覧。
  57. ^ 壬生智裕 (2014年5月13日). “『アナと雪の女王』8度目の首位!観客動員は1,350万人を突破!” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年5月14日閲覧。
  58. ^ 「アナと雪の女王」が1位をキープ!!「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) episode7 虹の彼方に」、「闇金ウシジマくん Part2」が初登場!(5月17日-5月18日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年5月19日). 2014年5月22日閲覧。
  59. ^ 駒井尚文 (2014年5月19日). “国内映画ランキング(2014年5月17日〜2014年5月18日)” (日本語). 映画.com. 2014年5月29日閲覧。
  60. ^ 壬生智裕 (2014年5月20日). “『アナ雪』、『もののけ』『ハウル』超えも間近!9度目の1位獲得!” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年5月22日閲覧。
  61. ^ 「アナと雪の女王」が日本歴代興行ランキングで4位に!!劇団ひとり初監督作品「青天の霹靂」が初登場!(5月24日-5月25日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年5月26日). 2014年5月29日閲覧。
  62. ^ 駒井尚文 (2014年5月26日). “国内映画ランキング(2014年5月24日〜2014年5月25日)” (日本語). 映画.com. 2014年6月6日閲覧。
  63. ^ 壬生智裕 (2014年5月27日). “『アナと雪の女王』10度目の1位で『ハリポタ』超えは確実!” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年5月29日閲覧。
  64. ^ 「アナと雪の女王」が「ハリー・ポッターと賢者の石」を抜き日本歴代興行ランキングで3位に!!「X-MEN:フューチャー&パスト」ほか3作品が初登場!(5月31日-6月1日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年6月2日). 2014年6月6日閲覧。
  65. ^ 駒井尚文 (2014年6月2日). “国内映画ランキング(2014年5月31日〜2014年6月1日)” (日本語). 映画.com. 2014年6月12日閲覧。
  66. ^ 壬生智裕 (2014年6月3日). “『アナ雪』勢い衰えず11回目の1位!『タイタニック』にどこまで迫る?” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年6月6日閲覧。
  67. ^ 「アナと雪の女王」が不動の1位!!ポール・W・S・アンダーソン監督最新作「ポンペイ」が5位に初登場!(6月7日-6月8日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年6月9日). 2014年6月12日閲覧。
  68. ^ 駒井尚文 (2014年6月9日). “国内映画ランキング(2014年6月7日〜2014年6月8日)” (日本語). 映画.com. 2014年6月25日閲覧。
  69. ^ 壬生智裕 (2014年6月10日). “『アナと雪の女王』13週目も1位!『グランド・ブダペスト・ホテル』は10位初登場” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年6月12日閲覧。
  70. ^ 「アナと雪の女王」が首位をキープ!!ラッセル・クロウ主演「ノア 約束の舟」が2位に初登場!(6月14日-6月15日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年6月16日). 2014年6月23日閲覧。
  71. ^ 駒井尚文 (2014年6月16日). “国内映画ランキング(2014年6月14日〜2014年6月15日)” (日本語). 映画.com. 2014年6月25日閲覧。
  72. ^ 壬生智裕 (2014年6月17日). “『アナ雪』が13度目の1位!『ノア』は好スタートで2位!” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年6月23日閲覧。
  73. ^ 「アナと雪の女王」が首位をキープ!!佐々木蔵之介主演「超高速!参勤交代」が2位に初登場!(6月21日-6月22日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年6月23日). 2014年6月25日閲覧。
  74. ^ 駒井尚文 (2014年6月23日). “国内映画ランキング(2014年6月21日〜2014年6月22日)” (日本語). 映画.com. 2014年7月16日閲覧。
  75. ^ 壬生智裕 (2014年6月24日). “『アナ雪』が14回目の1位!『超高速!参勤交代』が大健闘の2位!” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年6月25日閲覧。
  76. ^ 並みいる強豪を抑え「アナと雪の女王」が首位をキープ!!ジョニー・デップ主演「トランセンデンス」が3位に初登場!(6月28日-6月29日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年6月30日). 2014年7月16日閲覧。
  77. ^ 駒井尚文 (2014年6月30日). “国内映画ランキング(2014年6月28日〜2014年6月29日)” (日本語). 映画.com. 2014年7月16日閲覧。
  78. ^ 壬生智裕 (2014年7月1日). “『アナ雪』15回目の首位!『トランセンデンス』『渇き。』初登場もトップを維持!” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年7月16日閲覧。
  79. ^ 首位をキープしてきた「アナと雪の女王」を抜いて、ディズニー最新作「マレフィセント」が初登場1位!!(7月5日-7月6日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年7月7日). 2014年7月16日閲覧。
  80. ^ 駒井尚文 (2014年7月7日). “国内映画ランキング(2014年7月5日〜2014年7月6日)” (日本語). 映画.com. 2014年7月16日閲覧。
  81. ^ 壬生智裕 (2014年7月8日). “ディズニー強し!『アナ雪』『マレフィセント』1位、3位に!” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年7月16日閲覧。
  82. ^ 「マレフィセント」が2週連続1位!!人気少女コミックの実写化「好きっていいなよ。」が2位に初登場!(7月12日-7月13日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年7月14日). 2014年7月16日閲覧。
  83. ^ 駒井尚文 (2014年7月14日). “国内映画ランキング(2014年7月12日〜2014年7月13日)” (日本語). 映画.com. 2014年7月23日閲覧。
  84. ^ 壬生智裕 (2014年7月15日). “アンジー主演『マレフィセント』がV2!動員145万人を突破!” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年7月16日閲覧。
  85. ^ 夏休み恒例アニメ「ポケモン・ザ・ムービー XY 『破壊の繭とディアンシー』」が初登場1位!!スタジオジブリ最新作「思い出のマーニー」は3位にランクイン!(7月19日-7月20日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年7月22日). 2014年7月23日閲覧。
  86. ^ 駒井尚文 (2014年7月22日). “国内映画ランキング(2014年7月19日〜2014年7月20日)” (日本語). 映画.com. 2014年7月30日閲覧。
  87. ^ 壬生智裕 (2014年7月23日). “『ポケモン』が7年ぶり首位!『マレフィセント』『マーニー』に競り勝つ” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年7月24日閲覧。
  88. ^ ハリウッドで新たに甦った「GODZILLA ゴジラ」が初登場1位!!関ジャニ∞主演作第2弾「エイトレンジャー2」は5位にランクイン!(7月26日-7月27日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年7月28日). 2014年7月30日閲覧。
  89. ^ 和田隆 (2014年7月28日). “国内映画ランキング(2014年7月26日〜2014年7月27日)” (日本語). 映画.com. 2014年8月6日閲覧。
  90. ^ 壬生智裕 (2014年7月29日). “『マレフィセント』興収40億円突破!今年公開の洋画実写作品で初めて!『アナ雪』は公開20週目で圏外に” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年7月30日閲覧。
  91. ^ 佐藤健主演、大ヒット作の第2弾「るろうに剣心 京都大火編」が初登場1位!!「GODZILLA ゴジラ」は累計興収15億円を突破!!(8月2日-8月3日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年8月4日). 2014年8月6日閲覧。
  92. ^ 和田隆 (2014年8月4日). “国内映画ランキング(2014年8月2日〜2014年8月3日)” (日本語). 映画.com. 2014年8月18日閲覧。
  93. ^ 壬生智裕 (2014年8月5日). “『るろ剣』が前作興収比148%でトップ!『ゴジラ』2位、『マーニー』は5位に!” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年8月6日閲覧。
  94. ^ 初の3DCGアニメ化「STAND BY ME ドラえもん」が1位を獲得!!大ヒットシリーズ第4弾「トランスフォーマー/ロストエイジ」は3位にランクイン!(8月9日-8月10日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年8月11日). 2014年8月18日閲覧。
  95. ^ 駒井尚文 (2014年8月11日). “国内映画ランキング(2014年8月9日〜2014年8月10日)” (日本語). 映画.com. 2014年8月19日閲覧。
  96. ^ 壬生智裕 (2014年8月12日). “「ドラえもん」3Dが大人からの圧倒的支持でナンバーワン!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年8月18日閲覧。
  97. ^ 「STAND BY ME ドラえもん」が2週連続で1位を獲得!!不朽の名作コミックを映画化「ホットロード」は2位にランクイン!(8月16日-8月17日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年8月18日). 2014年8月19日閲覧。
  98. ^ 駒井尚文 (2014年8月18日). “国内映画ランキング(2014年8月16日〜2014年8月17日)” (日本語). 映画.com. 2014年8月27日閲覧。
  99. ^ 壬生智裕 (2014年8月19日). “『ドラえもん』がV2!能年玲奈『ホットロード』は2位デビューの好スタート!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年8月22日閲覧。
  100. ^ 「STAND BY ME ドラえもん」が3週連続で1位を獲得!!「イントゥ・ザ・ストーム」は4位にランクイン!(8月23日-8月24日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年8月25日). 2014年8月27日閲覧。
  101. ^ 駒井尚文 (2014年8月25日). “国内映画ランキング(2014年8月23日〜2014年8月24日)” (日本語). 映画.com. 2014年9月4日閲覧。
  102. ^ 壬生智裕 (2014年8月26日). “3D『ドラえもん』が40億円超えでV3!『頭文字D』が群馬の動員で大健闘!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年8月27日閲覧。
  103. ^ 「STAND BY ME ドラえもん」が4週連続で1位を獲得!!小栗旬主演「ルパン三世」は2位に初登場!(8月30日-8月31日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年9月1日). 2014年9月4日閲覧。
  104. ^ 駒井尚文 (2014年9月1日). “国内映画ランキング(2014年8月30日〜2014年8月31日)” (日本語). 映画.com. 2014年9月9日閲覧。
  105. ^ 壬生智裕 (2014年9月2日). “3D『ドラえもん』がV4!実写版『ルパン三世』は2位スタート!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年9月3日閲覧。
  106. ^ 「STAND BY ME ドラえもん」が5週連続で1位を獲得!!「フライト・ゲーム」「イン・ザ・ヒーロー」が初登場!(9月6日-9月7日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年9月8日). 2014年9月9日閲覧。
  107. ^ 駒井尚文 (2014年9月8日). “国内映画ランキング(2014年9月6日〜2014年9月7日)” (日本語). 映画.com. 2014年9月17日閲覧。
  108. ^ 壬生智裕 (2014年9月9日). “『ドラえもん』がV5!『るろ剣』が45億円突破で実写邦画トップに!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年9月9日閲覧。
  109. ^ シリーズついに完結「るろうに剣心 伝説の最期編」が初登場1位を獲得!!「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」は3位に初登場!(9月13日-9月14日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年9月16日). 2014年9月17日閲覧。
  110. ^ 駒井尚文 (2014年9月16日). “国内映画ランキング(2014年9月13日〜2014年9月14日)” (日本語). 映画.com. 2014年9月24日閲覧。
  111. ^ 壬生智裕 (2014年9月17日). “『るろうに剣心』が初登場トップ!興収13億円突破の大ヒットスタート!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年9月18日閲覧。
  112. ^ 「るろうに剣心 伝説の最期編」が2週連続で1位!!SF大作「猿の惑星:新世紀(ライジング)」は2位にランクイン!(9月20日-9月21日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年9月22日). 2014年9月24日閲覧。
  113. ^ 駒井尚文 (2014年9月22日). “国内映画ランキング(2014年9月20日〜2014年9月21日)” (日本語). 映画.com. 2014年9月30日閲覧。
  114. ^ 壬生智裕 (2014年9月24日). “『るろうに剣心』が170万人突破でV2!『弱虫ペダル』が大健闘!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年9月25日閲覧。
  115. ^ 「るろうに剣心 伝説の最期編」が3週連続で1位!!クリント・イーストウッド監督最新作「ジャージー・ボーイズ」は7位にランクイン!(9月27日-9月28日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年9月29日). 2014年9月30日閲覧。
  116. ^ 駒井尚文 (2014年9月29日). “国内映画ランキング(2014年9月27日〜2014年9月28日)” (日本語). 映画.com. 2014年10月8日閲覧。
  117. ^ 壬生智裕 (2014年9月30日). “『るろうに剣心』完結編がV3!前後編そろって前作超え達成!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年9月30日閲覧。
  118. ^ 「るろうに剣心 伝説の最期編」が4週連続で1位!!役所広司主演「蜩ノ記」は2位に初登場!(10月4日-10月5日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年10月6日). 2014-10-x08閲覧。
  119. ^ 駒井尚文 (2014年10月6日). “国内映画ランキング(2014年10月4日〜2014年10月5日)” (日本語). 映画.com. 2014年10月15日閲覧。
  120. ^ 壬生智裕 (2014年10月7日). “『るろうに剣心』がV4!岡田准一『蜩ノ記』と時代劇でワンツー!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年10月8日閲覧。
  121. ^ 吉永小百合主演「ふしぎな岬の物語」が初登場1位!!山下智久がツンデレ教師を演じる「近キョリ恋愛」は2位にランクイン!(10月11日-10月12日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年10月14日). 2014年10月15日閲覧。
  122. ^ 駒井尚文 (2014年10月14日). “国内映画ランキング(2014年10月11日〜2014年10月12日)” (日本語). 映画.com. 2014年10月25日閲覧。
  123. ^ 壬生智裕 (2014年10月15日). “吉永小百合主演作が『るろ剣』に代わりトップ!山下智久『近キョリ恋愛』は2位!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年10月16日閲覧。
  124. ^ 山下智久×小松菜奈共演の「近キョリ恋愛」が1位に浮上!!ニコール・キッドマン主演「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」は3位に初登場!!!(10月18日-10月19日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年10月20日). 2014年10月25日閲覧。
  125. ^ 駒井尚文 (2014年10月20日). “国内映画ランキング(2014年10月18日〜2014年10月19日)” (日本語). 映画.com. 2014年11月17日閲覧。
  126. ^ 壬生智裕 (2014年10月21日). “山P主演『近キョリ恋愛』が吉永小百合主演作から1位を奪取!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年10月25日閲覧。
  127. ^ 「近キョリ恋愛」が1位をキープ!!ドウェイン・ジョンソン主演「ヘラクレス」など3作が初登場!(10月25日-10月26日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年10月27日). 2014年11月17日閲覧。
  128. ^ 駒井尚文 (2014年10月27日). “国内映画ランキング(2014年10月25日〜2014年10月26日)” (日本語). 映画.com. 2014年11月17日閲覧。
  129. ^ 壬生智裕 (2014年10月28日). “山P主演『近キョリ恋愛』がV2!『ヘラクレス』がバツグンの男性人気で2位!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年11月17日閲覧。
  130. ^ アクションスター豪華共演「エクスペンダブルズ3」が初登場1位!!新作4本が上位を占める!(11月1日-11月2日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年11月4日). 2014年11月17日閲覧。
  131. ^ 駒井尚文 (2014年11月4日). “国内映画ランキング(2014年11月1日〜2014年11月2日)” (日本語). 映画.com. 2014年11月17日閲覧。
  132. ^ 壬生智裕 (2014年11月5日). “『エクスペンダブルズ3』が初登場1位!3か月半ぶりのトップ洋画に!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年11月17日閲覧。
  133. ^ 新垣結衣×大泉洋 初共演の「トワイライト ささらさや」が初登場1位!!「美女と野獣」が2位にランクアップ!!(11月8日-11月9日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年11月11日). 2014年11月17日閲覧。
  134. ^ 駒井尚文 (2014年11月11日). “国内映画ランキング(2014年11月8日〜2014年11月9日)” (日本語). 映画.com. 2014年12月5日閲覧。
  135. ^ 壬生智裕 (2014年11月11日). “新垣結衣&大泉洋『トワイライト』が初登場1位!『美女と野獣』が追い上げ!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年11月17日閲覧。
  136. ^ 監督・三池崇史×主演・福士蒼汰の「神さまの言うとおり」が初登場1位!!宮沢りえ7年ぶりの主演作「紙の月」は2位にランクイン!(11月15日-11月16日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年11月17日). 2014年12月5日閲覧。
  137. ^ 駒井尚文 (2014年11月17日). “国内映画ランキング(2014年11月15日〜2014年11月16日)” (日本語). 映画.com. 2014年12月5日閲覧。
  138. ^ 壬生智裕 (2014年11月18日). “福士蒼汰『神さまの言うとおり』が初登場1位!若者から圧倒的な支持!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年12月5日閲覧。
  139. ^ 「インターステラー」が初登場1位!!2位には、相葉雅紀主演のラブ・ストーリー「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」(11月22日-11月23日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年11月25日). 2014年12月5日閲覧。
  140. ^ 駒井尚文 (2014年11月25日). “国内映画ランキング(2014年11月22日〜2014年11月23日)” (日本語). 映画.com. 2014年12月5日閲覧。
  141. ^ 壬生智裕 (2014年11月26日). “ノーラン最新作『インターステラー』が初登場1位の好スタート!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年12月5日閲覧。
  142. ^ 世界的ヒット漫画の実写映画化「寄生獣」が初登場1位!!ブラッド・ピット主演の「フューリー」は2位にランクイン!(11月29日-11月30日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年12月1日). 2014年12月5日閲覧。
  143. ^ 駒井尚文 (2014年12月1日). “国内映画ランキング(2014年11月29日〜2014年11月30日)” (日本語). 映画.com. 2014年12月24日閲覧。
  144. ^ 壬生智裕 (2014年12月2日). “『寄生獣』が初登場1位!原作ファンが劇場に集結!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年12月5日閲覧。
  145. ^ NARUTO最新作が初登場1位!!「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」もランクイン!(12月6日-12月7日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年12月8日). 2014年12月22日閲覧。
  146. ^ 駒井尚文 (2014年12月8日). “国内映画ランキング(2014年12月6日〜2014年12月7日)” (日本語). 映画.com. 2014年12月24日閲覧。
  147. ^ 壬生智裕 (2014年12月9日). “『NARUTO』完結編が過去最高の大ヒットスタートで初登場1位!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年12月22日閲覧。
  148. ^ 青春ラブ・ストーリー「アオハライド」が初登場1位!!「ホビット 決戦のゆくえ」ほか多彩な新作がランクイン!(12月13日-12月14日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年12月15日). 2014年12月24日閲覧。
  149. ^ 駒井尚文 (2014年12月15日). “国内映画ランキング(2014年12月13日〜2014年12月14日)” (日本語). 映画.com. 2014年12月24日閲覧。
  150. ^ 壬生智裕 (2014年12月16日). “本田翼&東出昌大『アオハライド』ティーンからの絶大な支持で1位!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年12月24日閲覧。
  151. ^ 「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」が初登場1位の大ヒットスタート!!ディズニー・アニメ最新作「ベイマックス」は2位にランクイン!(12月20日-12月21日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2014年12月22日). 2014年12月22日閲覧。
  152. ^ 和田隆 (2014年12月22日). “国内映画ランキング(2014年12月20日〜2014年12月21日)” (日本語). 映画.com. 2015年1月5日閲覧。
  153. ^ 壬生智裕 (2014年12月24日). “『妖怪ウォッチ』が驚異的なヒットで1位!『ベイマックス』も好スタート!【映画週末興行成績】” (日本語). シネマトゥデイ. 2014年12月24日閲覧。
  154. ^ 「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」が2週連続で1位!!能年怜奈主演「海月姫」は9位に初登場!(12月27日-12月28日)/ニュース - CINEMAランキング通信” (日本語). 興行通信社 (2015年1月5日). 2015年1月6日閲覧。
  155. ^ 駒井尚文 (2014年12月29日). “国内映画ランキング(2014年12月27日〜2014年12月28日)” (日本語). 映画.com. 2015年1月14日閲覧。