2014 FIFAワールドカップ・アジア2次予選

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

このページは、2014 FIFAワールドカップ・アジア予選の2次予選の結果をまとめたものである。

フォーマット[編集]

シード順が6位から27位のチーム(22チーム)と、1次予選の勝者8チーム、合計30チームを2チームずつ15組に分け、ホーム・アンド・アウェー方式で対戦を行う。各勝者が3次予選に進出する[1][2]。組み合わせ抽選会は、2011年3月30日にマレーシアクアラルンプールAFC本部で行われた[3]

シード順[編集]

ポット1 ポット2

1次予選の勝者はシード順が決められた時は未定であった。

結果[編集]




パレスチナ パレスチナの旗 2 - 2 タイ王国の旗 タイ
アリアン 6分にゴール 6分90分 レポート ダッサコーン 33分にゴール 33分90+4分
ファイサル・フサイニー国際スタジアム(アル・ラム)
観客数: 11,500人
主審: バーレーンの旗 サラ・モハメド・アラバシ

合計得点3-2でタイが勝利



レバノン レバノンの旗 4 - 0 バングラデシュの旗 バングラデシュ
マアトゥーク 16分にゴール 16分
M.エル=アリー 27分にゴール 27分
アッ=サアディー 55分にゴール 55分
T.エル=アリー 64分にゴール 64分
レポート

バングラデシュ バングラデシュの旗 2 - 0 レバノンの旗 レバノン
チョウドリ 52分にゴール 52分
アメリ 87分にゴール 87分
レポート
バンガバンドゥ・ナショナル・スタジアムダッカ
観客数: 11,000人
主審: タイ王国の旗 アピシット・アオンラック

合計得点4-2でレバノンが勝利



中国 中華人民共和国の旗 7 - 2 ラオスの旗 ラオス
楊旭 45+2分にゴール 45+2分54分72分
陳涛 52分にゴール 52分88分
蒿俊閔 82分にゴール 82分90+1分 (pen.)
レポート ヴォンチェンカム 4分にゴール 4分
パプーヴァニン 31分にゴール 31分
昆明拓東体育場昆明
観客数: 13,500人
主審: オーストラリアの旗 ストレブレ・デロフスキー

ラオス ラオスの旗 1 - 6 中華人民共和国の旗 中国
パプーヴァニン 47分にゴール 47分 レポート 曲波 24分にゴール 24分
于漢超 36分にゴール 36分88分
鄧卓翔 67分にゴール 67分83分
楊旭 90+2分にゴール 90+2分
ニュー・ラオス・ナショナルスタジアムヴィエンチャン
観客数: 13,000人
主審: バングラデシュの旗 タイェブ・シャムスザマン

合計得点13-3で中国が勝利




インドネシア インドネシアの旗 4 - 3 トルクメニスタンの旗 トルクメニスタン
ゴンサレス 10分にゴール 10分18分
ナシュア 42分にゴール 42分
リドワン 76分にゴール 76分
レポート ナシュア 70分にゴール 70分 (o.g.)
シャミラドフ 83分にゴール 83分
チョニュカイェフ 86分にゴール 86分 (pen.)

合計得点5-4でインドネシアが勝利



クウェート クウェートの旗 3 - 0 フィリピンの旗 フィリピン
ナーセル 16分にゴール 16分
ネダ 68分にゴール 68分
アル=イブラーヒーム 84分にゴール 84分
レポート
モハメド・アル・ハマド・スタジアム(ハワッリー)
観客数: 20,000人
主審: ヨルダンの旗 モハメド・アブ・ロウム

合計得点5-1でクウェートが勝利



オマーン オマーンの旗 3 - 0
没収試合[注 1]
ミャンマーの旗 ミャンマー
レポート
シーブ・スタジアムシーブ
観客数: 6,300人
主審: レバノンの旗 アリ・サバグ

ミャンマー ミャンマーの旗 0 - 2
打ち切り(
オマーンの旗 オマーン
レポート アル=ホスニ 22分にゴール 22分
アル・アジミ 39分にゴール 39分 (pen.)

合計得点5-0でオマーンが勝利(




香港 香港の旗 0 - 5 サウジアラビアの旗 サウジアラビア
レポート ファラータ 34分にゴール 34分
ヌール 71分にゴール 71分 (pen.)
アッ=シャムラーニー 73分にゴール 73分
アル=サフラウィ 78分にゴール 78分
ハウサーウィー 90+2分にゴール 90+2分
小西湾運動場香港
観客数: 1,402人
主審: ベトナムの旗 ヴォ・ミン・トリ

合計得点8-0でサウジアラビアが勝利



イラン イランの旗 4 - 0 モルディブの旗 モルディブ
アンサリファルド 4分にゴール 4分62分
カリミ 68分にゴール 68分
ダギーギー 86分にゴール 86分
レポート
アザディ・スタジアムテヘラン
観客数: 20,195人
主審: タイ王国の旗 チャイヤ・マハパブ

合計得点5-0でイランが勝利




タジキスタン タジキスタンの旗 3 - 0
没収試合(
シリアの旗 シリア
レポート
メタルルグ・スタジアムトゥルスンゾダ
観客数: 9,000人
主審: キルギスの旗 ドミトリー・マシェンツェフ

合計得点6-0でタジキスタンが勝利(



カタール カタールの旗 3 - 0 ベトナムの旗 ベトナム
カソーラー 6分にゴール 6分
ムバーラク 51分にゴール 51分
アリー 68分にゴール 68分
レポート
ジャシム・ビン・ハマド・スタジアムドーハ
観客数: 6,786人
主審: アラブ首長国連邦の旗 アリー・アル=バドワーウィ

ベトナム ベトナムの旗 2 - 1 カタールの旗 カタール
グエン・トロン・ホアン 60分にゴール 60分
グエン・クアン・ハイ 78分にゴール 78分
レポート アリー 17分にゴール 17分

合計得点4-2でカタールが勝利




合計得点2-0でイラクが勝利




合計得点6-4でシンガポールが勝利




合計得点7-0でウズベキスタンが勝利




インド インドの旗 2 - 2 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
ラルペクラ 73分にゴール 73分
シン 90+2分にゴール 90+2分
レポート アッ=シェヒー 39分にゴール 39分
アル=ウェハイビー 71分にゴール 71分
アムベドカル・スタジアム(ニューデリー
観客数: 13,000人
主審: シンガポールの旗 アブドゥル・マリク・バシール

合計得点5-2でアラブ首長国連邦が勝利



ヨルダン ヨルダンの旗 9 - 0 ネパールの旗 ネパール
アブドゥルファッターハ 10分にゴール 10分74分82分90+3分
アーメル・ディーブ 23分にゴール 23分57分
A. ハーイル 32分にゴール 32分68分
アブダッラー・ディーブ 45+1分にゴール 45+1分
レポート
アンマン国際スタジアムアンマン
観客数: 17,000人
主審: イランの旗 ヤドラ・ジャハンバジ

合計得点10-1でヨルダンが勝利



トピックス[編集]

ミャンマー対オマーン戦の途中打ち切り[編集]

ミャンマー対オマーンの第2試合(ミャンマーで開催)前半40分、観客が審判に石を投げるなどの行為を始めたため、試合は0 - 2の状況で打ち切られた[5]国際サッカー連盟(FIFA)はこの試合について、再試合は行わず、第1試合の得点(オマーン 2 - 0 ミャンマー[注 1])と合わせ、合計得点4 - 0[注 1]でオマーンが3次予選に進出するものとした[6][7]

その後FIFAはミャンマーに対し、次回(2018年)大会アジア予選出場権を剥奪する処分を科した[8]。その後ミャンマーサッカー連盟の申し立てを受けて処分が再検討され、ホームゲームの国外開催を条件に2018年大会の予選参加が認められることとなった[9]

シリアの失格処分[編集]

シリア対タジキスタンの試合は、シリアが第1戦(シリアのホームゲーム)を2 - 1、第2戦(タジキスタンのホームゲーム)を4 - 0で勝利し、3次予選に出場することとなっていた。しかし試合後日の2011年8月19日国際サッカー連盟(FIFA)は、シリアが出場資格のない選手(すでにスウェーデン代表として出場歴のあるジョージ・ムーラド[10])を出場させていたとして、シリアを失格とすること、またシリアに敗れたタジキスタンが代わって出場し、本来シリアが入る予定だった3次予選グループCに入ることを決定した[11][12](この時点ですでに、3次予選の組み合わせ抽選は実施済みであった)。なお当該試合の記録は抹消され、2試合ともにシリアの0-3での敗戦扱いとされた(没収試合)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c オマーン(ホーム)-ミャンマーの試合は、当初のスコアは2-0でオマーンの勝利であったものの、後日没収試合(オマーンの3-0での勝利扱い)とされた。このため、合計得点も4-0から5-0に修正されている。
  2. ^ シリアのホームゲームは政治的混乱によりヨルダンで開催[4]
  3. ^ イエメンのホームゲームは政治的混乱によりアラブ首長国連邦で開催[4]

出典[編集]

  1. ^ 2014 FIFA World Cup Brazil – Preliminary Competition Format and Draw Procedures – Asian Zone
  2. ^ “43 in the fray for 2014 FWC qualifiers”. The-AFC.com (Asian Football Confederation). (2011年3月23日). http://www.the-afc.com/en/tournaments/men-a-youth/fifa-world-cup/33977-43-in-the-fray-for-2014-fwc-qualifiers 2011年3月23日閲覧。 
  3. ^ “The battle for Brazil berth begins”. The-AFC.com (Asian Football Confederation). (2011年3月30日). http://www.the-afc.com/en/tournaments/men-a-youth/fifa-world-cup/34082-2014-fwc-draw 2011年3月31日閲覧。 
  4. ^ a b Yemen to host Iraq in World Cup qualifier in UAE
  5. ^ “Ugly scenes as Myanmar match abandoned”. Yahoo. Reuters. (2011年7月28日). http://uk.eurosport.yahoo.com/28072011/58/world-cup-2014-ugly-scenes-myanmar-match-abandoned.html 2011年7月28日閲覧。 
  6. ^ Myanmar-Oman match abandoned”. アジアサッカー連盟 (2011年7月28日). 2011年7月29日閲覧。
  7. ^ Statement regarding abandoned 2014 FIFA World Cup Qualifier Myanmar against Oman”. 国際サッカー連盟 (2011年7月29日). 2012年1月28日閲覧。
  8. ^ Myanmar disciplinary sanctions confirmed”. 国際サッカー連盟 (2011年9月30日). 2012年1月28日閲覧。
  9. ^ Myanmar appeal partially upheld”. FIFA (2011年11月7日). 2012年1月28日閲覧。
  10. ^ Syria disqualified by FIFA over ineligible player”. The Peninsula (2011年8月20日). 2012年1月31日閲覧。
  11. ^ Syria disqualified from 2014 FIFA World Cup”. 国際サッカー連盟 (2011年8月19日). 2012年1月31日閲覧。
  12. ^ W杯予選で日本と同組のシリア失格…代わりはタジキスタン”. Sponichi Annex (2011年8月20日). 2012年1月31日閲覧。