2014 FIFA U-17女子ワールドカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2014 FIFA U-17女子ワールドカップ
Copa Mundial Femenina de Fútbol Sub-17 de 2014
大会概要
開催国 コスタリカの旗 コスタリカ
日程 2014年3月15日 - 4月4日
チーム数 16 (6連盟)
開催地数(4都市)
大会結果
優勝  日本 (1回目)
準優勝  スペイン
3位  イタリア
4位  ベネズエラ
大会統計
試合数 32試合
ゴール数 113点
(1試合平均 3.53点)
総入場者数 284,320人
(1試合平均 8,885人)
得点王 ベネズエラの旗 デイナ・カステジャノス
ベネズエラの旗 ガブリエラ・ガルシア(6点)
最優秀選手 日本の旗 杉田妃和
 < 20122016

2014 FIFA U-17女子ワールドカップ: FIFA U-17 Women's World Cup Costa Rica 2014)は、2014年3月15日から4月4日にかけて、コスタリカで開催された第4回目のFIFA U-17女子ワールドカップである。日本が出場4回目にして初優勝を果たし、同国代表の杉田妃和が大会最優秀選手に選出された。

出場国[編集]

大陸連盟 出場
枠数
予選大会 予選順位 出場国・地域 出場回数
CONCACAF 1+2 開催国  コスタリカ 3大会ぶり2回目
CONCACAF U-17女子選手権 1位  カナダ 4大会連続4回目
2位  メキシコ 3大会連続3回目
AFC 3 AFC U-16女子選手権 1位  日本 4大会連続4回目
2位  北朝鮮 4大会連続4回目
3位  中国 2大会連続2回目
CAF 3 CAN U-17女子選手権  ナイジェリア 4大会連続4回目
 ガーナ 4大会連続4回目
 ザンビア 初出場
CONMEBOL 3 U-17スダメリカーノ・フェメニーノ 1位  ベネズエラ 2大会ぶり2回目
2位  コロンビア 2大会連続3回目
3位  パラグアイ 3大会ぶり2回目
OFC 1 OFC U-17女子選手権(中止[1]  ニュージーランド 4大会連続4回目
UEFA 3 UEFA U-17女子選手権 1位  ドイツ 4大会連続4回目
2位  スペイン 2大会ぶり2回目
3位  イタリア 初出場

※組み合わせ抽選は2013年12月17日に行われた。[2]

会場一覧[編集]

サンホセ アラフエラ リベリア ティバス
エスタディオ・ナシオナル・デ・コスタリカ エスタディオ・アレハンドロ・モレア・ソト エスタディオ・エドガルド・バルトダノ・ブリセーニョ エスタディオ・リカルド・サプリサ・アイマ
収容人数: 35,175人 収容人数: 17,895人 収容人数: 5,979人 収容人数: 23,112人

結果[編集]

グループリーグ[編集]

グループ A[編集]

チーム
1  ベネズエラ 3 3 0 0 8 0 +8 9
2  イタリア 3 2 0 1 3 1 +2 6
3  ザンビア 3 1 0 2 2 7 −5 3
4  コスタリカ 3 0 0 3 1 6 −5 0


イタリア  2 - 0  ザンビア
セルトゥリーニ 41分にゴール 41分53分 レポート
エスタディオ・ナシオナル・デ・コスタリカサンホセ
観客数: 34,743人
主審: メキシコの旗 ルシーラ・ベネガス

コスタリカ  0 - 3  ベネズエラ
レポート カステジャノス 49分にゴール 49分52分
モレノ 88分にゴール 88分
エスタディオ・ナシオナル・デ・コスタリカサンホセ
観客数: 34,453人
主審: スウェーデンの旗 ペルニラ・ラーション


ベネズエラ  4 - 0  ザンビア
カステジャノス 14分にゴール 14分
ガルシア 47分にゴール 47分59分86分
レポート
エスタディオ・ナシオナル・デ・コスタリカサンホセ
観客数: 25,624人
主審: チェコの旗 ヤナ・アダームコヴァー

コスタリカ  0 - 1  イタリア
レポート マリネッリ 19分にゴール 19分
エスタディオ・ナシオナル・デ・コスタリカサンホセ
観客数: 25,624人
主審: ペルーの旗 シルビア・レジェス


ザンビア  2 - 1  コスタリカ
チャンダ 8分にゴール 8分
(アラヤ) 69分にゴール 69分 (OG)
レポート バレラ 3分にゴール 3分
エスタディオ・リカルド・サプリサ・アイマ(ティバス
観客数: 9,658人
主審: ニュージーランドの旗 アンナ=マリー・キースリー

ベネズエラ  1 - 0  イタリア
カステジャノス 46分にゴール 46分 レポート
エスタディオ・アレハンドロ・モレア・ソト(アラフエラ
観客数: 5,863人
主審: ジャマイカの旗 カーデラ・サミュエルス


グループ B[編集]

チーム
1  ガーナ 3 2 0 1 4 2 +2 6
2  カナダ 3 1 2 0 5 4 +1 5
3  北朝鮮 3 1 1 1 5 6 −1 4
4  ドイツ 3 0 1 2 5 7 −2 1


ガーナ  2 - 0  北朝鮮
アイエヤム 16分にゴール 16分
オウス=アンサー 50分にゴール 50分
レポート
エスタディオ・エドガルド・バルトダノ・ブリセーニョ(リベリア
観客数: 2,910人
主審: ハンガリーの旗 カタリン・クルチャール

ドイツ  2 - 2  カナダ
エーエゲッツ 65分にゴール 65分
フェルハウアー 68分にゴール 68分
レポート フレミング 3分にゴール 3分
ルヴァスール 44分にゴール 44分
エスタディオ・エドガルド・バルトダノ・ブリセーニョ(リベリア
観客数: 2,910人
主審: ブラジルの旗 アナ・マルケス


ガーナ  1 - 0  ドイツ
エンフォビア 43分にゴール 43分 レポート
エスタディオ・エドガルド・バルトダノ・ブリセーニョ(リベリア
観客数: 3,250人
主審: タイ王国の旗 カムヌン・パニパー

北朝鮮  1 - 1  カナダ
承香心 54分にゴール 54分 レポート (キム・ヨンシム) 86分にゴール 86分 (OG)
エスタディオ・エドガルド・バルトダノ・ブリセーニョ(リベリア
観客数: 3,250人
主審: イタリアの旗 カリーナ・ヴィトゥラーノ


カナダ  2 - 1  ガーナ
ルヴァスール 9分にゴール 9分44分 レポート オウス=アンサー 72分にゴール 72分
エスタディオ・リカルド・サプリサ・アイマ(ティバス
観客数: 9,658人
主審: ウクライナの旗 カテルィーナ・モンズール

北朝鮮  4 - 3  ドイツ
朱孝心 30分にゴール 30分
承香心 34分にゴール 34分
魏正心 41分にゴール 41分
リ・ジヒャン 61分にゴール 61分 (PK)
レポート エーエゲッツ 5分にゴール 5分
ゼーハン 12分にゴール 12分
ヴァルクリンク 24分にゴール 24分
エスタディオ・アレハンドロ・モレア・ソト(アラフエラ
観客数: 5,863人
主審: メキシコの旗 ルシーラ・ベネガス


グループ C[編集]

チーム
1  日本 3 3 0 0 15 0 +15 9
2  スペイン 3 2 0 1 10 3 +7 6
3  ニュージーランド 3 0 1 2 1 7 −6 1
4  パラグアイ 3 0 1 2 2 18 −16 1


ニュージーランド  1 - 1  パラグアイ
クレヴァリー 69分にゴール 69分 レポート バリオス 84分にゴール 84分
エスタディオ・リカルド・サプリサ・アイマ(ティバス
観客数: 2,250人
主審: タイ王国の旗 カムヌン・パニパー

スペイン  0 - 2  日本
レポート 宮川麻都 43分にゴール 43分
松原志歩 51分にゴール 51分
エスタディオ・リカルド・サプリサ・アイマ(ティバス
観客数: 2,250人
主審: ジャマイカの旗 カーデラ・サミュエルス


ニュージーランド  0 - 3  スペイン
レポート エルナンデス 3分にゴール 3分
ガローテ 34分にゴール 34分
N.ガルシア 67分にゴール 67分
エスタディオ・リカルド・サプリサ・アイマ(ティバス
観客数: 2,364人
主審: トーゴの旗 エイサタ・アムジャ

パラグアイ  0 - 10  日本
レポート 長谷川唯 15分にゴール 15分
遠藤優 22分にゴール 22分
宮川麻都 36分にゴール 36分
市瀬菜々 47分にゴール 47分
平塚万貴 56分にゴール 56分
齋原みず稀 62分にゴール 62分
杉田妃和 75分にゴール 75分85分86分
児野楓香 90+2分にゴール 90+2分 (PK)
エスタディオ・リカルド・サプリサ・アイマ(ティバス
観客数: 2,364人
主審: スウェーデンの旗 ペルニラ・ラーション


日本  3 - 0  ニュージーランド
長谷川唯 20分にゴール 20分
小林里歌子 71分にゴール 71分 (PK)
松原志歩 90+3分にゴール 90+3分
レポート
エスタディオ・ナシオナル・デ・コスタリカサンホセ
観客数: 5,100人
主審: ブラジルの旗 アナ・マルケス

パラグアイ  1 - 7  スペイン
ゴドイ 25分にゴール 25分 レポート ベルトラン 4分にゴール 4分
ファルコン 11分にゴール 11分17分
N.ガルシア 64分にゴール 64分83分
ガローテ 76分にゴール 76分79分
エスタディオ・エドガルド・バルトダノ・ブリセーニョ(リベリア
観客数: 3,199人
主審: エルサルバドルの旗 ミリアン・レオン


グループ D[編集]

チーム
1  ナイジェリア 3 3 0 0 7 2 +5 9
2  メキシコ 3 2 0 1 8 3 +5 6
3  中国 3 1 0 2 4 7 −3 3
4  コロンビア 3 0 0 3 2 9 −7 0


メキシコ  4 - 0  コロンビア
サラサール 1分にゴール 1分
クロウサー 4分にゴール 4分
ゴンサレス 14分にゴール 14分
ウエルタ 71分にゴール 71分
レポート
エスタディオ・アレハンドロ・モレア・ソト(アラフエラ
観客数: 4,300人
主審: 日本の旗 梶山芙紗子

中国  1 - 2  ナイジェリア
范宇秋 64分にゴール 64分 レポート アジバデ 21分にゴール 21分
カヌ 63分にゴール 63分
エスタディオ・アレハンドロ・モレア・ソト(アラフエラ
観客数: 4,300人
主審: ウクライナの旗 カテルィーナ・モンズール


メキシコ  4 - 0  中国
ベルナル 30分にゴール 30分 (PK)
ゴンサレス 42分にゴール 42分
マルティネス 66分にゴール 66分
クルス 87分にゴール 87分
レポート
エスタディオ・アレハンドロ・モレア・ソト(アラフエラ
観客数: 4,629人
主審: ニュージーランドの旗 アンナ=マリー・キースリー

コロンビア  1 - 2  ナイジェリア
ロドリゲス 3分にゴール 3分 レポート ボキリ 21分にゴール 21分
カヌ 59分にゴール 59分
エスタディオ・アレハンドロ・モレア・ソト(アラフエラ
観客数: 4,629人
主審: エルサルバドルの旗 ミリアン・レオン


ナイジェリア  3 - 0  メキシコ
アジバデ 12分にゴール 12分
カヌ 16分にゴール 16分
ヤクブ 58分にゴール 58分
レポート
エスタディオ・ナシオナル・デ・コスタリカサンホセ
観客数: 5,100人
主審: ペルーの旗 シルビア・レジェス

コロンビア  1 - 3  中国
ロドリゲス 60分にゴール 60分 レポート 崔雨涵 72分にゴール 72分
王瑩 75分にゴール 75分
陳玉丹 90+1分にゴール 90+1分
エスタディオ・エドガルド・バルトダノ・ブリセーニョ(リベリア
観客数: 3,199人
主審: ハンガリーの旗 カタリン・クルチャール


決勝トーナメント[編集]

決勝トーナメントでは、90分で勝負がつかなかった場合は、延長戦を行わずPK戦にて勝敗を決定する。

準々決勝 準決勝 決勝
                   
3月27日 - サンホセ        
  ベネズエラ 3
3月31日 - リベリア
  カナダ 2  
  ベネズエラ 1
3月27日 - リベリア
    日本 4  
  日本 2
4月4日 - サンホセ
  メキシコ 0  
  日本 2
3月27日 - サンホセ
    スペイン 0
  ガーナ 2 (3)
3月31日 - リベリア
  イタリア (PK) 2 (4)  
  イタリア 0 3位決定戦
3月27日 - リベリア
    スペイン 2  
  ナイジェリア 0   ベネズエラ 4 (0)
  スペイン 3     イタリア (PK) 4 (2)
4月4日 - サンホセ

準々決勝[編集]


ベネズエラ  3 - 2  カナダ
カステジャノス 6分にゴール 6分
サンブラーノ 43分にゴール 43分
ガルシア 62分にゴール 62分
レポート キンズナー 19分にゴール 19分
レヴァスール 40分にゴール 40分
エスタディオ・ナシオナル・デ・コスタリカサンホセ
観客数: 1,812人
主審: チェコの旗 ヤナ・アダームコヴァー

ガーナ  2 - 2  イタリア
アイエヤム 4分にゴール 4分
アバムビラ 90分にゴール 90分
レポート マリネッリ 8分にゴール 8分
ジュリアーノ 17分にゴール 17分 (PK)
  PK戦  
アイエヤム 成功
クザクベ ミス
オポク 成功
アバムビラ ミス
エンフォビア 成功
3 - 4 ミス ボアッティン
成功 ジュリアーノ
成功 シモネッティ
成功 セルトゥリーニ
成功 ヴェルガーニ
エスタディオ・ナシオナル・デ・コスタリカサンホセ
観客数: 1,812人
主審: 日本の旗 梶山芙紗子

日本  2 - 0  メキシコ
長谷川唯 12分にゴール 12分
杉田妃和 44分にゴール 44分
レポート
エスタディオ・エドガルド・バルトダノ・ブリセーニョ(リベリア
観客数: 3,406人
主審: イタリアの旗 カリーナ・ヴィトゥラーノ

ナイジェリア  0 - 3  スペイン
レポート ギハーロ 14分にゴール 14分 (PK)71分
N.ガルシア 58分にゴール 58分
エスタディオ・エドガルド・バルトダノ・ブリセーニョ(リベリア
観客数: 3,406人
主審: ニュージーランドの旗 アンナ=マリー・キースリー

準決勝[編集]


ベネズエラ  1 - 4  日本
カステジャノス 90+2分にゴール 90+2分 レポート 長野風花 13分にゴール 13分
市瀬菜々 33分にゴール 33分
小林里歌子 52分にゴール 52分
杉田妃和 63分にゴール 63分 (PK)
エスタディオ・エドガルド・バルトダノ・ブリセーニョ(リベリア
観客数: 3,528人
主審: スウェーデンの旗 ペルニラ・ラーション

イタリア  0 - 2  スペイン
レポート エルナンデス 48分にゴール 48分 (PK)
N.ガルシア 81分にゴール 81分 (PK)
エスタディオ・エドガルド・バルトダノ・ブリセーニョ(リベリア
観客数: 3,528人
主審: チェコの旗 ヤナ・アダームコヴァー

3位決定戦[編集]


ベネズエラ  4 - 4  イタリア
マルカーノ 45+2分にゴール 45+2分
ガルシア 60分にゴール 60分68分
ルサルド 90+5分にゴール 90+5分
レポート ベルガマスキ 16分にゴール 16分
ジュリアーノ 55分にゴール 55分61分
シモネッティ 79分にゴール 79分
  PK戦  
モレノ ミス
ロメロ ミス
ロドリゲス ミス
ゴジョ ミス
0 - 2 成功 ボアッティン
ミス ジュリアーノ
成功 シモネッティ
エスタディオ・ナシオナル・デ・コスタリカサンホセ
観客数: 29,814人
主審: タイ王国の旗 カムヌン・パニパー

決勝[編集]


日本  2 - 0  スペイン
西田明華 5分にゴール 5分
児野楓香 78分にゴール 78分
レポート
エスタディオ・ナシオナル・デ・コスタリカサンホセ
観客数: 29,814人
主審: メキシコの旗 ルシーラ・ベネガス

優勝国[編集]

 2014 FIFA U-17女子ワールドカップ優勝国 

日本
初優勝

表彰[編集]

以下の賞が選手個人およびチームに授与された[3]

大会最優秀選手 大会得点王 大会最優秀GK フェアプレー賞
ゴールデンボール 日本の旗 杉田妃和 ゴールデンブーツ ベネズエラの旗 デイナ・カステジャノス
ベネズエラの旗 ガブリエラ・ガルシア
6得点 日本の旗 松本真未子  日本
シルバーボール 日本の旗 長谷川唯 シルバーブーツ - -
ブロンズボール スペインの旗 ピラール・ガローテ ブロンズブーツ 日本の旗 杉田妃和 5得点

放送[編集]

日本ではこの大会をCS放送のフジテレビNEXTで日本戦の全試合を放送し、日本代表が決勝まで進出したことで地上波のフジテレビ系列決勝戦を緊急実況衛星生中継した。

出典[編集]

  1. ^ Young Football Ferns land tough draw”. オセアニアサッカー連盟 (2013年12月19日). 2014年6月3日閲覧。
  2. ^ The draw for Costa Rica 2014
  3. ^ FIFA U-17 Women's World Cup: Awards (英語) FIFA公式サイト

関連項目[編集]