2015年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2015年(2015 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、木曜日から始まる平年平成27年。

2001年   2051年
2002年   2052年
2003年   2053年
2004年   2054年
2005年   2055年
2006年   2056年
2007年   2057年
2008年   2058年
2009年   2059年
2010年   2060年
2011年   2061年
2012年   2062年
2013年   2063年
2014年   2064年
2015年   2065年
2016年   2066年
2017年   2067年
2018年   2068年
2019年   2069年
2020年   2070年
2021年   2071年
2022年   2072年
2023年   2073年
2024年   2074年
2025年   2075年
2026年   2076年
2027年   2077年
2028年   2078年
2029年   2079年
2030年   2080年
2031年   2081年
2032年   2082年
2033年   2083年
2034年   2084年
2035年   2085年
2036年   2086年
2037年   2087年
2038年   2088年
2039年   2089年
2040年   2090年
2041年   2091年
2042年   2092年
2043年   2093年
2044年   2094年
2045年   2095年
2046年   2096年
2047年   2097年
2048年   2098年
2049年   2099年
2050年   2100年
テンプレート

この項目では、国際的な視点に基づいた2015年について記載する。

他の紀年法[編集]

カレンダー[編集]

1月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
4月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
5月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
6月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

できごと[編集]

概略[編集]

2015年は、政治面では過激派イスラム組織ISILによる日本人殺害を含む各地でのテロリズム事件に代表される地政学リスクが際立ち、これに伴い中東方面からヨーロッパへ流入した難民問題が顕在化した。日本では、9月に安全保障関連法の成立・公布され、アメリカ合衆国などとの連携で抑止力、防衛力を高める動きがみられた。一方経済では、世界的な原油安、アメリカ合衆国FRBの利上げ、中国経済の下振れなどの変動要因があるなか、10月のアジアではTPPの政府間の大筋合意、12月のアセアン経済共同体の発足など、将来に繋がる国際的な枠組みが組まれた年でもあった。

環境面では、世界各地で極端なエルニーニョ現象などによる異常気象が見られ、2015年は世界の平均気温が過去最高を記録する年となった[1]COP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で2020年以降の地球温暖化対策の国際枠組み『パリ協定』が採択された。アジアではMERSコロナウイルス大韓民国で感染拡大・流行、インドネシアによる大規模なヘイズ問題、東南アジア地域でのデング熱流行などの人災も含めた災害が見られた。

アメリカ合衆国ではオバマ大統領により、全州での同性結婚の合法化、キューバとの国交回復など歴史的な進歩が見られたほか、2016年アメリカ合衆国大統領選挙に向けた動きが本格化した。一方で大学や施設を狙った銃乱射事件が年間300件以上と各地で頻発し、白人警官による黒人射殺なども2014年に続き勃発したことで、12月には大統領命による銃規制が検討される流れとなった。

中華人民共和国では、東方之星沈没事故2015年天津浜海新区倉庫爆発事故に代表される大規模な事故が度重なる中、習近平政権が掲げる一帯一路構想のもと、アジアインフラ投資銀行の設立や東シナ海ガス田問題に代表される他国での開発が積極的に進められた。一方経済面では、新常態と定義された低成長期から大幅な株価下落に陥るなど、不安定な一年となった。

また2015年は、一部で企業統治元年と位置づけられたが、日本マクドナルドの異物混入問題に始まり、フォルクスワーゲン排出ガス規制不正問題や東芝の不適切会計、旭化成建材らによるマンションくい打ち工事のデータ改ざんなど、年間を通して国内外で多くの不祥事が相次いだ。また東京五輪オリンピックエンブレム盗作騒動に端を発した撤回や、新国立競技場の白紙撤回など、民間に留まらない失態と動揺が続き、日本式の意思決定プロセスの不備が大いに論じられた年でもあった。

一方、日本の消費面では、2000万人近くに及ぶ過去最高の訪日客数による爆買いに伴うインバウンド消費や、日銀政策などによる円安傾向の持続、大幅な原油安を背景に、輸出や消費で緩やかな回復が見られた。

日本の学業面では、ノーベル生理・医学賞大村智抗寄生虫薬のもとになる物質の発見で、ノーベル物理学賞梶田隆章素粒子ニュートリノ質量発見において、それぞれ受賞した。日本のスポーツ界ではラグビー日本代表W杯における歴史的3勝や、羽生結弦によるフィギュアスケート世界記録更新とGPファイナル3連覇などの記録的な快挙が見られた。なお今年の漢字は「安」で、政情不安や安保政策などを司るものである。

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

周年[編集]

以下に、過去の主な出来事からの区切りの良い年数(周年)を記す。

イベント・行事[編集]

国際年[編集]

経済[編集]

芸術・文化・ファッション[編集]

世相[編集]

スポーツ[編集]

音楽[編集]

映画[編集]

文学[編集]

誕生[編集]

死去[編集]

ノーベル賞[編集]

フィクションのできごと[編集]

  • 1月 - 6月 - 視覚を赤外線以上の超短波領域へ広げる処方を発明したペーデル・ビヨルンセン教授が、その視覚によってエネルギーからなる生物「ヴァイトン」を発見。ビヨルンセンはヴァイトンが知られぬままに人類を家畜同然に扱っていることを突き止めるが、彼および彼からそのことを知らされた複数名の科学者は連続してヴァイトンに起因する死を遂げる。(小説『超生命ヴァイトン英語版』)[98]
  • 2月3日 - 科学省にて少年ロボット「マルス」が誕生。(アニメ『ジェッターマルス』)
  • 3月 - 警視庁特命係巡査部長、甲斐享が連続暴行事件の犯人「ダークナイト」として逮捕、警視庁を懲戒免職となる。これを受けて直接の上司にあたる杉下右京警部が無期限停職の処分を受ける。(テレビドラマ『相棒 season13』)
  • 春 - 法務省からキャリア官僚の冠城亘が警視庁へ出向する。(テレビドラマ『相棒 season14』)
  • 6月22日-第三新東京市碇シンジが上京する。その際に、第三使徒サキエルが襲来し、シンジが搭乗したエヴァ初号機によって殲滅する。これ以降、2016年までにすべての使徒を倒す。(アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』)[99][出典無効]
  • 7月30日 - 異形の生物「バーテックス」が世界中に出現し、人類の虐殺を開始する。(小説『乃木若葉は勇者である』)
  • 8月5日 - 「ベルトさん(=ドライブドライバー)の暴走によって、世界がロイミュードに支配される」ということを警告をするため、仮面ライダードライブこと泊進ノ介の息子である、泊エイジが2035年の未来からやって来る。(映画『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』)
  • 8月30日 - エストバキア連邦エメリア共和国の首都 グレースメリアに侵攻。エメリア・エストバキア戦争開戦。(ゲーム『エースコンバット6 解放への戦火』)
  • 10月 - 警視庁特命係警部、杉下右京が冠城亘と邂逅、警察庁長官官房付の甲斐峯秋の根回しにより、右京の無期限停職が解除され、特命係へ復帰と同時に亘が特命係に残る事を決意(『相棒 season14』)。
  • 10月21日 - 主人公のマーティ達が1985年からタイムマシンデロリアン」(デロリアン・DMC-12の改造品)で到着する。(映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』)
    • これに合わせて実際に日本やアメリカをはじめとする世界各国で様々なイベントが開催され、マーティを演じたマイケル・J・フォックスやマシンの開発者ドク・エメット・ブラウンを演じたクリストファー・ロイドも各地に出向いて、久々に同役を演じている。
  • テロ組織である「ブラトノイ」の支援を受け、ロシア軍の一部が武装蜂起。「NRF(新ロシア連邦)」を名乗りクーデターを起こす。(ゲーム『エースコンバット アサルト・ホライゾン』)
  • 複数のMI(機械知性)探査機木星軌道上で結晶状生命体「クリスタロイド」と接触する。直後にクリスタロイドが射出した兵器によって地球が攻撃され、4700万人が死亡。その後、融合核弾頭を搭載した惑星間連絡艇50隻が木星へと向かい、自爆攻撃によってクリスタロイドを全滅させる。(小説『キャッチワールド』)[100]
  • を初めとする主要国の核戦争が起こる。(ジョン・タイターの予言)
  • サイバーフォーミュラ第10回世界選手権で風見ハヤトが初優勝を飾る。(アニメ『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』)
  • 全世界に黒いキューブが突如出現し、世界中で報道がなされる。しかし何事も起こらず、次第にキューブは人間社会へ溶け込んでいく。(ドラマ『ドクター・フー』)
  • ロシア共和国が旧CIS国家を軸として「ザーフトラ共和国」を建国。(ゲーム『フロントミッションシリーズ』)
  • プロ野球大阪ジャガーズ対東京エレファンツ、最終回1点差でジャガーズリード、代打佐々木球次郎。(漫画『ミラクルボール』)
  • 2014年から金星の周回軌道上にあり、ジェット推進研究所と情報をやり取りしていた異星の無人宇宙船「スナーク」(訪問者)が、地球の生物圏をより近くで調査すべく月周回軌道へと移動。宇宙飛行士ナイジェル・ウォームズリーが操縦する宇宙船と接触・会話を行うが、その後スナークはヒューストンからの制御でウォームズリーの宇宙船より放たれた核ミサイルを回避し、太陽系から飛び去る。(小説『夜の大海の中で英語版』)[101]

2015年の映画(フィクション)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

一部の出典の記事タイトルに伏字としている部分がある

  1. ^ http://www.gizmodo.jp/2016/01/2015_hottestyear.html 2015年は記録上もっとも暑い年だった
  2. ^ リトアニア、ユーロ導入…19か国に[リンク切れ]
  3. ^ “Boko Haram destroys at least 16 villages in NE Nigeria: officials”. Business Insider. Agence France-Presse. (2015年1月8日). http://www.businessinsider.com/afp-boko-haram-destroys-at-least-16-villages-in-ne-nigeria-officials-2015-1 2015年10月1日閲覧。 
  4. ^ “Boko Haram crisis: Nigeria's Baga town hit by new assault”. BBC World News. British Broadcasting Corporation. (2015年1月8日). http://www.bbc.com/news/world-africa-30728158 2015年10月1日閲覧。 
  5. ^ Smith, Alexander (2015年1月8日). “Boko Haram Torches Nigerian Town of Baga; 2,000 Missing: Senator”. NBC News. National Broadcasting Company. http://www.nbcnews.com/storyline/missing-nigeria-schoolgirls/boko-haram-torches-nigerian-town-baga-2-000-missing-senator-n282291 2015年1月8日閲覧。 
  6. ^ “Boko Haram kills dozens in fresh raids in Nigerian town”. Reuters. Thomson Reuters. (2015年1月8日). http://uk.reuters.com/article/2015/01/08/uk-nigeria-violence-toll-idUKKBN0KH1QD20150108 2015年1月8日閲覧。 
  7. ^ “パリの新聞社で銃乱射、12人死亡…仏通信社”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2015年1月8日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20150107-OYT1T50105.html 2015年1月9日閲覧。 [リンク切れ]
  8. ^ “籠城に特殊部隊突入、銃撃容疑の兄弟は死亡”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2015年1月10日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20150109-OYT1T50120.html 2015年1月10日閲覧。 
  9. ^ “【スリランカ大統領選】前保健相が現職破り勝利 中国依存を「浅はかな外交」と脱却目指す”. 産経ニュース (The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL). (2015年1月10日). http://www.sankei.com/world/news/150109/wor1501090036-n1.html 2015年1月10日閲覧。 
  10. ^ ご存じですか? いまお使いの Windows のサポート終了期限”. マイクロソフト. 2015年1月16日閲覧。
  11. ^ “スイスフラン、無制限介入終了で急騰”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2015年1月16日). http://www.nikkei.com/markets/features/12.aspx?g=DGXLZO8199670016012015EA1000 2015年1月18日閲覧。 
  12. ^ “「スイスショック」の余波、為替業者が破綻”. Reuters.co.jp (ロイター). (2015年1月17日). http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPKBN0KP2IY20150116 2015年1月1日閲覧。 
  13. ^ “米政府 キューバ制裁を緩和 渡航や送金制限など”. 産経ニュース (The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL). (2015年1月16日). http://www.sankei.com/world/news/150116/wor1501160006-n1.html 2015年1月16日閲覧。 
  14. ^ “ギリシャ急進左派、小政党と連立合意 財政再建見直しへ”. 日経電子版 (日本経済新聞社). (2015年1月26日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM26H9V_W5A120C1MM8000/ 2015年1月28日閲覧。 
  15. ^ “イタリア新大統領が就任宣誓”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2015年2月4日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20150203-OYT1T50170.html 2015年2月4日閲覧。 
  16. ^ “【台湾機墜落】死者40人に、なお3人不明”. 産経ニュース (The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL). (2015年2月7日). http://www.sankei.com/world/news/150207/wor1502070057-n1.html 2015年2月8日閲覧。 
  17. ^ “タクシーに接触後墜落の台湾機、死者31人に”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2015年2月5日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20150204-OYT1T50115.html 2015年2月5日閲覧。 
  18. ^ “ヨルダン、「イスラム国」に容赦ない戦い宣言-操縦士殺害で”. Bloomberg.co.jp (Bloomberg L.P.). (2015年2月5日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NJ9TPX6K50XW01.html 2015年2月5日閲覧。 
  19. ^ “ヨルダン軍、パイロット拘束で停止の空爆を再開”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2015年2月5日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20150205-OYT1T50145.html 2015年2月6日閲覧。 
  20. ^ “ウクライナ:ヤヌコビッチ氏から「大統領」称号剥奪”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2015年2月5日). http://mainichi.jp/select/news/20150206k0000m030043000c.html 2015年2月5日閲覧。 
  21. ^ “チュニジア、新内閣が発足”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2015年2月6日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM05H8Y_V00C15A2FF2000/ 2015年2月6日閲覧。 
  22. ^ “イエメン反政府勢力が統治宣言…対テロで米打撃”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2015年2月7日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20150207-OYT1T50059.html 2015年2月9日閲覧。 
  23. ^ “伊客船座礁、客より先に避難元船長に禁錮16年”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2015年2月12日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20150212-OYT1T50104.html 2015年2月12日閲覧。 
  24. ^ “ナッツ叱責に実刑、裁判長「真剣に反省か疑問」”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2015年2月12日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20150212-OYT1T50102.html 2015年2月12日閲覧。 
  25. ^ “ギリシャ:EU、改革案を承認 支援延長手続きへ”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2015年2月25日). http://mainichi.jp/select/news/20150225k0000m030073000c.html 2015年3月1日閲覧。 
  26. ^ “ギリシャ支援延長、独議会が承認 ユーロ圏も正式決定へ”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2015年2月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM27H5B_X20C15A2FF1000/ 2015年3月1日閲覧。 
  27. ^ “露野党指導者ネムツォフ氏射殺される、プーチン批判の急先鋒”. AFPBB News (AFPBB News). (2015年2月28日). http://www.afpbb.com/articles/-/3041056 2015年3月8日閲覧。 
  28. ^ “野党指導者ネムツォフ氏殺害、容疑者4人を拘束 ロシア”. CNN.co.jp (Cable News Network. Turner Broadcasting System, Inc.). (2015年3月8日). http://www.cnn.co.jp/world/35061449.html 2015年3月8日閲覧。 
  29. ^ “駐韓米大使暴行の容疑者、10年の日本大使襲撃犯と同一か”. CNN.co.jp (Turner Broadcasting System, Inc.). (2015年3月5日). http://www.cnn.co.jp/world/35061356.html 2015年3月5日閲覧。 
  30. ^ “ボコ・ハラム、ISISへの「忠誠」を表明”. CNN.co.jp (Turner Broadcasting System, Inc.). (2015年3月8日). http://www.cnn.co.jp/world/35061448.html 2015年3月8日閲覧。 
  31. ^ “死者に仏の有名スポーツ選手ら、南米のTV撮影ヘリ衝突事故”. AFPBB (AFP). (2015年3月10日). http://www.afpbb.com/articles/-/3042026 2015年3月10日閲覧。 
  32. ^ “モディ印首相がスリランカ訪問 経済関係強化へ”. 産経ニュース (The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL). (2015年3月13日). http://www.sankei.com/world/news/150313/wor1503130036-n1.html 2015年3月13日閲覧。 
  33. ^ “ミャンマー軍機、中国に爆弾…関係改善に水さす”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2015年3月14日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20150314-OYT1T50137.html 2015年3月15日閲覧。 
  34. ^ “南太平洋のバヌアツ、サイクロンが直撃…40人以上死亡の情報、全容不明”. 産経ニュース (The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL). (2015年3月14日). http://www.sankei.com/world/news/150314/wor1503140037-n1.html 2015年3月14日閲覧。 
  35. ^ “超大型サイクロンが直撃=「史上最悪クラス」40人超死亡か-バヌアツ”. 時事ドットコム (時事通信社). (2015年3月15日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015031500008 2015年3月15日閲覧。 
  36. ^ “ミャンマー沖でフェリー沈没、34人死亡”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2015年3月15日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20150314-OYT1T50134.html 2015年3月15日閲覧。 
  37. ^ イスラエル総選挙、「予想外」の与党リクード勝利 AFP=時事 2015年3月18日掲載・閲覧
  38. ^ “<チュニジア銃撃>テロと断定 徹底対決の姿勢示す”. YAHOO! JAPANニュース (毎日新聞). (2015年3月19日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150319-00000042-mai-int 2015年3月21日閲覧。 
  39. ^ “リー・クアンユー氏死去、91歳 シンガポール建国の父”. CNN.JP. (2015年3月23日). http://www.cnn.co.jp/world/35062124.html 2015年3月23日閲覧。 
  40. ^ “150人乗りドイツ旅客機が墜落 搭乗名簿に2邦人名か”. 朝日新聞. (2015年3月23日). http://www.asahi.com/topics/word/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E6%97%85%E5%AE%A2%E6%A9%9F%E5%A2%9C%E8%90%BD%E4%BA%8B%E6%95%85.html 2015年3月24日閲覧。 
  41. ^ “Kenya attack: Garissa University assault 'killed 147'”. BBC News. (2015年4月2日). オリジナル2015年4月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150404092539/http://www.bbc.com/news/world-africa-32169080 2015年4月4日閲覧。 
  42. ^ “ケニア大学をイスラム過激派襲撃、147人死亡 キリスト教徒人質に”. ロイター. (2015年4月3日). オリジナル2015年4月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150404094557/http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0MT0DY20150402 2015年4月4日閲覧。 
  43. ^ “米・キューバが59年ぶり首脳会談、オバマ氏とカストロ氏 パナマで”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2015年4月12日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK12H1M_S5A410C1000000/ 2015年4月12日閲覧。 
  44. ^ “着陸アシアナ機、滑走路外れ22人けが…広島”. 読売新聞 (読売新聞社). (2015年4月15日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20150414-OYT1T50109.html 2015年4月15日閲覧。 
  45. ^ “【本紙前ソウル支局長出国禁止解除】14日夜、日本に帰国 8カ月以上の韓国側の措置の末”. 産経ニュース (The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL). (2015年4月14日). http://www.sankei.com/world/news/150414/wor1504140039-n1.html 2015年4月15日閲覧。 
  46. ^ “リニア、時速603キロメートルを記録 世界最高速更新”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2015年4月21日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ21H1K_R20C15A4MM0000/ 2015年4月21日閲覧。 
  47. ^ 豪は大使召還へロイターjp 2015年4月29日閲覧。
  48. ^ “イタリア・ミラノ万博 日本館って何があるんだ?”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2015年5月17日). http://www.yomiuri.co.jp/kodomo/square/baron/20150518-OYT8T50136.html 2015年6月2日閲覧。 
  49. ^ キャサリン妃が女児出産産経ニュース 2015年5月2日閲覧。
  50. ^ 世界で初めて商用の自動運転トラックが公道での走行を認可される
  51. ^ “政権構成「全く予測不可能」…英、選挙戦始まる”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2015年3月31日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20150331-OYT1T50001.html?from=yartcl_popin 2015年3月31日閲覧。 
  52. ^ ニューヨーク=中井大助 (2015年5月13日). “米の長距離鉄道「アムトラック」が脱線 けが人多数”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASH5F3RCFH5FUHBI00Z.html 2015年5月13日閲覧。 
  53. ^ MERS拡大 平沢聖母病院の来院者を全員調査へ=韓国”. 聯合ニュース (2015年6月5日). 2015年6月17日閲覧。
  54. ^ Hakim, Danny; Dalby, Douglas (2015年5月23日). “Ireland Votes to Approve Gay Marriage, Putting Country in Vanguard”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2015/05/24/world/europe/ireland-gay-marriage-referendum.html?_r=0 2015年10月1日閲覧。 
  55. ^ “スイス当局、汚職疑いでFIFA幹部ら逮捕 米紙報道”. 日本経済新聞. (2015年5月27日). http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040015_X20C15A5000000/ 2015年6月5日閲覧。 
  56. ^ “FIFA副会長ら7人逮捕 W杯放映権など巡り収賄容疑”. 朝日新聞. (2015年5月28日). http://www.asahi.com/articles/ASH5W6HL4H5WUHBI013.html 2015年6月5日閲覧。 
  57. ^ “米、キューバのテロ支援国家指定を解除”. CNN. (2015年5月30日). p. 1. http://www.cnn.co.jp/usa/35065221.html 2017年7月18日閲覧。 
  58. ^ “青東・南シナ海「緊張を懸念」…G7首脳宣言”. 読売新聞 (読売新聞社). (2015年6月9日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150608-OYT1T50136.html 2015年6月9日閲覧。 
  59. ^ “復刻版抗戰勝利紀念章曝光 滯留大陸老兵也可申請”. 今日新聞. (2015年6月9日). http://www.nownews.com/n/2015/06/09/1713887 2015年7月5日閲覧。 
  60. ^ “中豪自由貿易協定締結 実際の恩恵は?”. 人民網日本語版. (2015年6月19日). http://j.people.com.cn//n/2015/0619/c94476-8909018.html 2015年6月26日閲覧。 
  61. ^ “米最高裁の同性婚“合法化” 保守派は反発”. NHKニュース. (2015年6月27日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150627/k10010129591000.html 2015年7月1日閲覧。 
  62. ^ “6月末日にうるう秒を挿入へ--廃止の議論も課題”. ZDNet Japan (ASAHI INTERACTIVE, Inc.). (2015年1月8日). http://japan.zdnet.com/article/35058735/ 2015年1月26日閲覧。 
  63. ^ ジュール・ビアンキが永眠、享年25歳F1-gate.com 2015年7月19日閲覧。
  64. ^ “米・キューバが54年ぶり国交回復、相互に大使館再開”. ロイター. (2015年7月20日). http://jp.reuters.com/article/cuba-usa-july-idJPKCN0PU0TD20150720 2017年7月18日閲覧。 
  65. ^ “Windows 10は7月29日公開決定”. PC Watch. (2015年6月1日) 2015年8月14日閲覧。
  66. ^ “日本MSは、いつWindows 10“発売”イベントを開催するか?”. アスキー・メディアワークス. (2017年5月16日) 2016年8月21日閲覧。
  67. ^ U.S. MARINES CORPS DECLARES THE F-35B OPERATIONAL海兵隊公式サイトNews Display2016年7月30日
  68. ^ “DSP版Windows 10は8月1日発売、発売記念前夜祭も秋葉原で開催”. Impress Watch. (2016年12月11日) 2016年12月11日閲覧。
  69. ^ 天津の爆発事故、死者50人に 進出の日系企業にも被害朝日新聞 2015年8月13日閲覧。
  70. ^ Shreeve, Jamie (2015年9月10日). “This Face Changes the Human Story. But How?”. National Geographic News. 2015年10月1日閲覧。
  71. ^ チリ地震8人に…津波4m、100万人が避難 -- Yahoo!ニュース”. Yahoo! (2015年9月17日). 2015年9月17日閲覧。
  72. ^ IPv4 Address Report
  73. ^ 北米地域レジストリにおけるIPv4アドレス在庫枯渇のお知らせ 日本ネットワークインフォメーションセンター、2016年8月21日(2016年12月11日閲覧)。
  74. ^ ARIN IPV4 FREE POOL REACHES ZERO ARIN、2016年9月19日(2016年12月11日閲覧)。
  75. ^ World leaders adopt Sustainable Development Goals”. United Nations Development Programme. 2015年12月11日閲覧。
  76. ^ ロシア、シリアのISへ空爆 アサド大統領の要請受け”. 朝日新聞デジタル (2015年9月30日). 2015年11月22日閲覧。
  77. ^ カナダ総選挙 野党・自由党が圧勝、10年ぶり政権交代へCNN 2015年10月20日 同日閲覧)
  78. ^ 【中国、一人っ子政策廃止】
  79. ^ 224人乗りロシア機が墜落 エジプト・シナイ半島に
  80. ^ 11月に民政移管後初の総選挙…ミャンマー
  81. ^ “カタルーニャ州、スペインからの分離独立プロセス開始へ”. ロイター (ロイター). (2015年11月10日). http://jp.reuters.com/article/2015/11/09/catalonia-vote-idJPKCN0SY1PR20151109 2015年11月11日閲覧。 
  82. ^ セウォル号船長、殺人罪で無期懲役確定 韓国最高裁判決朝日新聞 2016年12月11日閲覧。
  83. ^ パリ同時多発テロ事件朝日新聞 2015年11月14日閲覧。
  84. ^ 金泳三元大統領死去=韓国朝鮮日報 2015年11月22日閲覧。
  85. ^ “アルゼンチン大統領選、マクリ氏が勝利”. AFPBB News (フランス通信社). (2015年11月23日). http://www.afpbb.com/articles/-/3067712 2015年11月24日閲覧。 
  86. ^ 撃墜でロシア軍「トルコ機がシリア領空侵犯」YOMIURI ONLINE2015年11月25日11時40分配信
  87. ^ “ベネズエラ、改憲可能に 国会選、野党が3分の2超”. 産経ニュース. (2015年12月9日). http://www.sankei.com/world/news/151209/wor1512090023-n1.html 2015年12月9日閲覧。 
  88. ^ “COP21、パリ協定採択 196カ国・地域が参加 18年ぶり 温暖化1.5度以内へ努力”. 日本経済新聞. (2015年12月13日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG12H37_S5A211C1000000/ 2015年12月15日閲覧。 
  89. ^ “スペイン総選挙、与党過半数割れ…第1党は維持”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2015年12月21日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20151221-OYT1T50083.html?from=yartcl_blist 2015年12月22日閲覧。 
  90. ^ 113番目元素 日本が命名権(NHKニュース:首都圏 NEWS WEB, 2015年12月30日)
  91. ^ “アウシュビッツ強制収容所の解放から70年”. ウォール・ストリート・ジャーナル日本語版 (Dow Jones & Company, Inc.). (2015年1月28日). http://jp.wsj.com/articles/SB12736489134639783367304580426763835189360 2015年3月8日閲覧。 
  92. ^ “ヤルタにスターリン像=大戦末期の密約会談70年”. 時事ドットコム (時事通信社). (2015年2月6日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201502/2015020600146 2015年3月8日閲覧。 
  93. ^ “「血の日曜日」から50年…オバマ米大統領、人種差別解消を訴え 事件の起きたアラバマ州セルマで”. 産経ニュース (The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL). (2015年3月8日). http://www.sankei.com/world/news/150308/wor1503080030-n1.html 2015年3月8日閲覧。 
  94. ^ 日韓国交正常化50周年外務省。
  95. ^ Europe migrant crisis”. 2015年10月20日閲覧。
  96. ^ “2015年の世界平均気温 過去最高を大幅更新”. BBC. (2016年1月21日). http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-35369027 2016年1月21日閲覧。 
  97. ^ スウェーデン王室、新王子は「ニコラス」と命名の予定
  98. ^ エリック・フランク・ラッセル 『超生命ヴァイトン』 早川書房1964年、11 - 22・85 - 101・105 - 118頁。ISBN 978-4-15-207941-1。
  99. ^ エヴァンゲリオンTVシリーズの歴史年表 | アニメ36ch” (日本語). アニメ36ch. 2018年5月2日閲覧。
  100. ^ クリス・ボイス 『キャッチワールド』 早川書房、1981年、35 - 38・259頁。ISBN 978-4-15-010431-3。
  101. ^ グレゴリイ・ベンフォード 『夜の大海の中で』 早川書房、1986年、65・233 - 251・276 - 303・314頁。ISBN 978-4-15-010658-4。

関連項目[編集]