2015年のメジャーリーグサッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
メジャーリーグサッカー  > 2015年のメジャーリーグサッカー
2015年のスポーツ  > 2015年のサッカー  > 2015年のメジャーリーグサッカー
メジャーリーグサッカー
シーズン 2015
MLSカップ
ポートランド・ティンバーズ
サポーターズ
シールド
ニューヨーク・レッドブルズ
チャンピオンズ
リーグ
出場
(アメリカ)
ニューヨーク・レッドブルズ
FCダラス
スポルティング・カンザスシティ
ポートランド・ティンバーズ
チャンピオンズ
リーグ
出場
(カナダ)
バンクーバー・ホワイトキャップス
試合数 340
ゴール数 937 (1試合平均2.76)
得点王 イタリアの旗 セバスティアン・ジョヴィンコ
シエラレオネの旗 ケイ・カマラ
(各22得点)
平均観客動員 21,574
2014
2016

この項目では、2015年シーズンのメジャーリーグサッカー(MLS)について述べる。

2015年のメジャーリーグサッカー(2015 Major League Soccer season)は、第1シーズンが行われて以来、20回目のメジャーリーグサッカーである(前身も含めればFIFA公認サッカーの103回目)。ニューヨーク・レッドブルズが2シーズンぶり2回目のサポーターズ・シールド受賞、ポートランド・ティンバーズが初めてのMLSカップ優勝を果たした。

参加チームの変更[編集]

2015年シーズンは2014年シーズンより1チーム多い20チームで行われる。


結果[編集]

イースタン・カンファレンス[編集]

チーム 出場権または降格
1 ニューヨーク・レッドブルズ 34 18 6 10 62 43 +19 60 カンファレンス・準決勝に出場
CONCACAFチャンピオンズリーグ2016-17の出場権を獲得
2 コロンバス・クルー 34 15 8 11 58 53 +5 53 カンファレンス・準決勝に出場
3 モントリオール・インパクト 34 15 6 13 48 44 +4 51 ノックアウト・ラウンドに出場
4 D.C. ユナイテッド 34 15 6 13 43 45 −2 51
5 ニューイングランド・レボリューション 34 14 8 12 48 47 +1 50
6 トロントFC 34 15 4 15 58 58 0 49
7 オーランド・シティSC 34 12 8 14 46 56 −10 44
8 ニューヨーク・シティFC 34 10 7 17 49 58 −9 37
9 フィラデルフィア・ユニオン 34 10 7 17 42 55 −13 37
10 シカゴ・ファイアー 34 8 6 20 43 58 −15 30

最終更新は2015年10月25日の試合終了時
出典: MLSSoccer.com
順位の決定基準: 1.勝点 2.勝利数 3.得失点差 4.総得点 5.反則ポイント 6.アウェー総得点 7.アウェー得失点差 8.ホーム総得点 9.ホーム得失点差 10.抽選.

ウェスタン・カンファレンス[編集]

チーム 出場権または降格
1 FCダラス 34 18 6 10 52 39 +13 60 カンファレンス・準決勝に出場
CONCACAFチャンピオンズリーグ2016-17の出場権を獲得
2 バンクーバー・ホワイトキャップス 34 16 5 13 45 36 +9 53 カンファレンス・準決勝に出場
3 ポートランド・ティンバーズ 34 15 8 11 41 39 +2 53 ノックアウト・ラウンドに出場
4 シアトル・サウンダーズFC 34 15 6 13 44 36 +8 51
5 ロサンゼルス・ギャラクシー 34 14 9 11 56 46 +10 51
6 スポルティング・カンザスシティ 34 14 9 11 48 45 +3 51
7 サンノゼ・アースクエイクス 34 13 8 13 41 39 +2 47
8 ヒューストン・ダイナモ 34 11 9 14 42 49 −7 42
9 レアル・ソルトレイク 34 11 8 15 38 48 −10 41
10 コロラド・ラピッズ 34 9 10 15 33 43 −10 37

最終更新は2015年10月25日の試合終了時
出典: MLSSoccer.com
順位の決定基準: 1.勝点 2.勝利数 3.得失点差 4.総得点 5.反則ポイント 6.アウェー総得点 7.アウェー得失点差 8.ホーム総得点 9.ホーム得失点差 10.抽選.

通算成績[編集]

両カンファレンスを通算した順位で最上位のチームがサポーターズ・シールドを受賞する。

チーム 出場権または降格
1 ニューヨーク・レッドブルズ 34 18 6 10 62 43 +19 60 CONCACAFチャンピオンズリーグ 2016-17に出場 1,2,3
2 FCダラス 34 18 6 10 52 39 +13 60
3 バンクーバー・ホワイトキャップス 34 16 5 13 45 36 +9 53
4 コロンバス・クルー 34 15 8 11 58 53 +5 53
5 ポートランド・ティンバーズ 34 15 8 11 41 39 +2 53 CONCACAFチャンピオンズリーグ 2016-17に出場 4
6 シアトル・サウンダーズFC 34 15 6 13 44 36 +8 51
7 モントリオール・インパクト 34 15 6 13 48 44 +4 51
8 D.C. ユナイテッド 34 15 6 13 43 45 −2 51
9 ロサンゼルス・ギャラクシー 34 14 9 11 56 46 +10 51
10 スポルティング・カンザスシティ 34 14 9 11 48 45 +3 51 CONCACAFチャンピオンズリーグ 2016-17に出場 5
11 ニューイングランド・レボリューション 34 14 8 12 48 47 +1 50
12 トロントFC 34 15 4 15 58 58 0 49
13 サンノゼ・アースクエイクス 34 13 8 13 41 39 +2 47
14 オーランド・シティSC 34 12 8 14 46 56 −10 44
15 ヒューストン・ダイナモ 34 11 9 14 42 49 −7 42
16 レアル・ソルトレイク 34 11 8 15 38 48 −10 41
17 ニューヨーク・シティFC 34 10 7 17 49 58 −9 37
18 フィラデルフィア・ユニオン 34 10 7 17 42 55 −13 37
19 コロラド・ラピッズ 34 9 10 15 33 43 −10 37
20 シカゴ・ファイアー 34 8 6 20 43 58 −15 30

最終更新は2015年10月25日の試合終了時
出典: MLSSoccer.com
順位の決定基準: 1.勝点 2.勝利数 3.得失点差 4.総得点 5.反則ポイント 6.アウェー総得点 7.アウェー得失点差 8.ホーム総得点 9.ホーム得失点差 10.抽選.

1 ニューヨーク・レッドブルズサポーターズ・シールド受賞により出場権獲得。
2 FCダラスはウェスタン・カンファレンス優勝により出場権獲得。
3 バンクーバー・ホワイトキャップスカナディアン・チャンピオンシップ2015優勝により出場権獲得 (カナダ代表として)。
4 ポートランド・ティンバーズMLSカップ2015優勝により出場権獲得。
5 スポルティング・カンザスシティUSオープンカップ2015優勝により出場権獲得。

MLSカップ・プレーオフ[編集]

  カンファレンス・準決勝 カンファレンス・決勝 MLSカップ2015
                                     
E3  モントリオール・インパクト 2 1 3  
E2  コロンバス・クルー (延長) 1 3 4  
  E2  コロンバス・クルー 2 0 2  
イースタン・カンファレンス
  E1  ニューヨーク・レッドブルズ 0 1 1  
E4  D.C. ユナイテッド 0 0 0
E1  ニューヨーク・レッドブルズ 1 1 2  
  E2  コロンバス・クルー 1
  W3  ポートランド・ティンバーズ 2
W3  ポートランド・ティンバーズ 0 2 2  
W2  バンクーバー・ホワイトキャップス 0 0 0  
  W3  ポートランド・ティンバーズ 3 2 5
ウェスタン・カンファレンス
  W1  FCダラス 1 2 3  
W4  シアトル・サウンダーズFC 2 1 3 (2)
W1  FCダラス (PK) 1 2 3 (4)  


個人成績[編集]

得点ランキング[編集]

最終成績[3]

順位 選手 所属 得点
T1 イタリアの旗 セバスティアン・ジョヴィンコ トロントFC 22
シエラレオネの旗 ケイ・カマラ コロンバス・クルー
3 アイルランドの旗 ロビー・キーン ロサンゼルス・ギャラクシー 20
4 スペインの旗 ダビド・ビジャ ニューヨーク・シティFC 18
T5 イングランドの旗 ブラッドリー・ライト=フィリップス ニューヨーク・レッドブルズ 17
カナダの旗 サイル・ラリン オーランド・シティSC
T7 ナイジェリアの旗 ファネンド・アディ ポートランド・ティンバーズ 16
アメリカ合衆国の旗 クリス・ウォンドロウスキ サンノゼ・アースクエイクス
9 ナイジェリアの旗 オバフェミ・マルティンス シアトル・サウンダーズFC 15
10 アメリカ合衆国の旗 ジョジー・アルティドール トロントFC 13

アシストランキング[編集]

最終成績[4]

順位 選手 所属 アシスト数
1 イタリアの旗 セバスティアン・ジョヴィンコ トロントFC 16
T2 アルゼンチンの旗 クリスティアン・マイダナ フィラデルフィア・ユニオン 15
アメリカ合衆国の旗 ベニー・ファイルハーバー スポルティング・カンザスシティ
4 アメリカ合衆国の旗 サーシャ・クリエスタン ニューヨーク・レッドブルズ 14
5 アメリカ合衆国の旗 イーザン・フィンレイ コロンバス・クルー 13
6 アルゼンチンの旗 ハビエル・モラレス レアル・ソルトレイク 12
T7 アメリカ合衆国の旗 クリント・デンプシー シアトル・サウンダーズFC 10
アルゼンチンの旗 マウロ・ディアス FCダラス
アメリカ合衆国の旗 ブラッド・デイヴィス ヒューストン・ダイナモ
アメリカ合衆国の旗 リー・グエン ニューイングランド・レボリューション

表彰[編集]

月間MVP[編集]

MLS月間最優秀選手 出典
選手 所属
3月 ウルグアイの旗 オクタビオ・リベロ バンクーバー・ホワイトキャップス [5]
4月 アメリカ合衆国の旗 ベニー・ファイルハーバー スポルティング・カンザスシティ [6]
5月 ハンガリーの旗 ネーメト・クリスティアーン スポルティング・カンザスシティ [7]
6月 デンマークの旗 デイヴィッド・オーステッド バンクーバー・ホワイトキャップス [8]
7月 イタリアの旗 セバスティアン・ジョヴィンコ トロントFC [9]
8月 イタリアの旗 セバスティアン・ジョヴィンコ トロントFC [10]
9月 コートジボワールの旗 ディディエ・ドログバ モントリオール・インパクト [11]
10月 コートジボワールの旗 ディディエ・ドログバ モントリオール・インパクト [12]

シーズン表彰[編集]

選手 所属 出典
MVP イタリアの旗 セバスティアン・ジョヴィンコ トロントFC [13]
最優秀DF賞 ベルギーの旗 ローラン・シマン モントリオール・インパクト [14]
最優秀GK賞 アメリカ合衆国の旗 ルイス・ロブレス ニューヨーク・レッドブルズ [15]
最優秀監督賞 アメリカ合衆国の旗 ジェシー・マーチ ニューヨーク・レッドブルズ [16]
最優秀新人賞 カナダの旗 サイル・ラリン オーランド・シティSC [17]
最優秀ニューカマー賞 イタリアの旗 セバスティアン・ジョヴィンコ トロントFC [18]
カムバック賞 アメリカ合衆国の旗 ティム・メリア スポルティング・カンザスシティ [19]
ゴールデンブーツ イタリアの旗 セバスティアン・ジョヴィンコ トロントFC [20]
フェアプレー賞(個人) アメリカ合衆国の旗 ダーリントン・ナグベ ポートランド・ティンバーズ [21]
フェアプレー賞(チーム) アメリカ合衆国の旗 フィラデルフィア・ユニオン N/A [21]
年間博愛賞 シエラレオネの旗 ケイ・カマラ コロンバス・クルー [22]
最優秀主審賞 アイルランドの旗 アラン・ケリー N/A [23]
最優秀副審賞 アメリカ合衆国の旗 コーリー・パーカー N/A [23]
最優秀ゴール賞 ハンガリーの旗 ネーメト・クリスティアーン スポルティング・カンザスシティ [24]
最優秀セーブ賞 ガーナの旗 アダム・ラーセン・クワラセイ ポートランド・ティンバーズ [25]
年間ベストイレブン GK アメリカ合衆国の旗 ルイス・ロブレス ニューヨーク・レッドブルズ [26]
DF ベルギーの旗 ローラン・シマン モントリオール・インパクト
アメリカ合衆国の旗 マット・ヘッジス FCダラス
コスタリカの旗 ケンダル・ワストン バンクーバー・ホワイトキャップス
MF アメリカ合衆国の旗 イーザン・フィンレイ コロンバス・クルー
アメリカ合衆国の旗 ダックス・マッカーティ ニューヨーク・レッドブルズ
アメリカ合衆国の旗 ベニー・ファイルハーバー スポルティング・カンザスシティ
コロンビアの旗 ファビアン・カスティージョ FCダラス
FW イタリアの旗 セバスティアン・ジョヴィンコ トロントFC
シエラレオネの旗 ケイ・カマラ コロンバス・クルー
アイルランドの旗 ロビー・キーン ロサンゼルス・ギャラクシー

出典[編集]

  1. ^ MLS shuts down Chivas USA; new club, ownership to return in 2017” (英語). ESPN (2014年10月27日). 2016年1月31日閲覧。
  2. ^ LA's MLS expansion team announces official club name: Los Angeles Football Club” (英語). MLSSoccer.com (2015年9月15日). 2016年1月31日閲覧。
  3. ^ Statistics - Goals” (英語). MLSSoccer.com. 2016年1月31日閲覧。
  4. ^ Statistics - Assists” (英語). MLSSoccer.com. 2016年1月31日閲覧。
  5. ^ “Vancouver Whitecaps FC's Octavio Rivero wins Etihad Airways MLS Player of the Month for March”. MLSSoccer.com. (2015年4月2日). http://www.mlssoccer.com/post/2015/04/02/vancouver-whitecaps-fcs-octavio-rivero-wins-etihad-airways-mls-player-month-march 2016年1月31日閲覧。 
  6. ^ “Sporting Kansas City's Benny Feilhaber wins Etihad Airways Player of the Month for April”. MLSSoccer.com. (2015年5月4日). http://www.mlssoccer.com/post/2015/05/04/sporting-kansas-citys-benny-feilhaber-wins-etihad-airways-player-month-april 2016年1月31日閲覧。 
  7. ^ “Sporting Kansas City's Krisztian Nemeth wins Etihad Airways Player of the Month for May”. MLSSoccer.com. (2015年6月4日). http://www.mlssoccer.com/post/2015/06/04/sporting-kansas-citys-krisztian-nemeth-wins-etihad-airways-player-month-may 2016年1月31日閲覧。 
  8. ^ “Vancouver Whitecaps goalkeeper David Ousted wins Etihad Airways Player of the Month for June”. MLSSoccer.com. (2015年7月2日). http://www.mlssoccer.com/post/2015/07/02/vancouver-whitecaps-goalkeeper-david-ousted-wins-etihad-airways-player-month-june 2016年1月31日閲覧。 
  9. ^ “Toronto FC attacker Sebastian Giovinco wins Etihad Airways Player of the Month award for July”. MLSSoccer.com. (2015年8月6日). http://www.mlssoccer.com/post/2015/08/06/toronto-fc-attacker-sebastian-giovinco-wins-etihad-airways-player-month-award-july 2016年1月31日閲覧。 
  10. ^ “Toronto FC attacker Sebastian Giovinco wins Etihad Airways Player of the Month award for August”. MLSSoccer.com. (2015年9月3日). http://www.mlssoccer.com/post/2015/09/03/toronto-fc-attacker-sebastian-giovinco-wins-etihad-airways-player-month-award-august 2016年1月31日閲覧。 
  11. ^ “Montreal Impact striker Didier Drogba wins Etihad Airways Player of the Month award for September”. MLSSoccer.com. (2015年10月2日). http://www.mlssoccer.com/post/2015/10/02/montreal-impact-striker-didier-drogba-wins-etihad-airways-player-month-award 2016年1月31日閲覧。 
  12. ^ “Montreal Impact's Didier Drogba wins second straight Etihad Airways Player of the Month award”. MLSSoccer.com. (2015年10月28日). http://www.mlssoccer.com/post/2015/10/28/montreal-impacts-didier-drogba-wins-second-straight-etihad-airways-player-month 2016年1月31日閲覧。 
  13. ^ “TFC's Giovinco named Major League Soccer MVP”. Sportsnet.ca. (2015年12月2日). http://www.sportsnet.ca/soccer/tfcs-giovinco-named-major-league-soccer-mvp/ 2016年2月4日閲覧。 
  14. ^ “Montreal Impact defender Laurent Ciman named 2015 MLS Defender of the Year”. MLSSoccer.com. (2015年11月11日). http://www.mlssoccer.com/post/2015/11/11/montreal-impact-defender-laurent-ciman-named-2015-mls-defender-year= 2016年2月4日閲覧。 
  15. ^ “Luis Robles named 2015 MLS Goalkeeper of the Year”. MLSSoccer.com. (2015年11月19日). http://www.mlssoccer.com/post/2015/11/19/new-york-red-bulls-luis-robles-named-allstate-goalkeeper-year 2016年2月4日閲覧。 
  16. ^ “New York Red Bulls Jesse Marsch Wins MLS Coach of the Year Award”. MLSSoccer.com. (2015年11月24日). http://www.mlssoccer.com/post/2015/11/24/new-york-red-bulls-jesse-marsch-mls-coach-year 2016年2月4日閲覧。 
  17. ^ “Orlando City forward Cyle Larin named 2015 AT&T Rookie of the Year”. MLSSoccer.com. (2015年11月10日). http://www.mlssoccer.com/post/2015/11/10/orlando-city-forward-cyle-larin-named-2015-att-rookie-year 2016年2月4日閲覧。 
  18. ^ “2015 MLS Newcomer of the Year - Sebastian Giovinco”. MLSSoccer.com. (2015年12月2日). http://www.mlssoccer.com/post/2015/11/23/mls-newcomer-year-sebastian-giovinco?autoplay=true 2016年2月4日閲覧。 
  19. ^ “Tim Melia wins the 2015 MLS Comeback Player of the Year”. MLSSoccer.com. (2015年11月18日). http://www.mlssoccer.com/post/2015/11/18/sporting-kansas-city-goalkeeper-tim-melia-named-mls-comeback-player-year 2016年2月4日閲覧。 
  20. ^ “Sebastian Giovinco wins the 2015 Audi Golden Boot”. MLSSoccer.com. (2015年10月25日). http://www.mlssoccer.com/post/2015/10/25/sebastian-giovinco-wins-2015-audi-golden-boot 2016年2月4日閲覧。 
  21. ^ a b “Portland Timbers' Darlington Nagbe, Philadelphia Union win 2015 MLS Fair Play Awards”. (2015年11月6日). http://www.mlssoccer.com/post/2015/11/06/portland-timbers-darlington-nagbe-philadelphia-union-win-2015-mls-fair-play-awards 2016年2月4日閲覧。 
  22. ^ “Columbus Crew SC forward Kei Kamara named MLS WORKS Humanitarian of the Year”. (2015年11月5日). http://www.mlssoccer.com/post/2015/11/05/columbus-crew-sc-forward-kei-kamara-named-mls-works-humanitarian-year 2016年2月4日閲覧。 
  23. ^ a b “Alan Kelly named MLS Referee of the Year; Corey Parker voted Assistant Referee of the Year”. (2015年11月9日). http://www.mlssoccer.com/post/2015/11/09/alan-kelly-named-mls-referee-year-corey-parker-voted-assistant-referee-year 2016年2月4日閲覧。 
  24. ^ “Sporting KC's Krisztian Nemeth wins 2015 AT&T Goal of the Year”. (2015年12月3日). http://www.mlssoccer.com/goal-of-the-year/2015 2016年2月4日閲覧。 
  25. ^ “Portland Timbers goalkeeper Adam Kwarasey takes home 2015 Save of the Year honors”. (2015年12月3日). http://www.mlssoccer.com/save-of-the-year/2015 2016年2月4日閲覧。 
  26. ^ “2015 MLS Best XI revealed: 10 first-time selections get the nod”. (2015年11月29日). http://www.mlssoccer.com/post/2015/11/29/2015-mls-best-xi-revealed-10-first-time-selections-get-nod 2016年2月4日閲覧。 

公式サイト