2015年バーレーングランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バーレーンの旗 2015年バーレーングランプリ
レース詳細
Circuit Bahrain 2004.svg
日程 2015年シーズン第4戦
決勝開催日 4月19日
開催地 バーレーン・インターナショナル・サーキット
バーレーン サヒール
コース長 5.412km
レース距離 57周(308.238km)
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:32.571
ファステストラップ
ドライバー フィンランドの旗 キミ・ライコネン
タイム 1:36.311(Lap 42)
決勝順位
優勝
2位
3位

2015年バーレーングランプリは、2015年のF1世界選手権第4戦として、2015年4月19日バーレーン・インターナショナル・サーキットで開催された。

予選[編集]

展開[編集]

ハミルトンが開幕4戦連続となるポールポジションを獲得。ベッテル、ロズベルグ、ライコネンにウィリアムズ勢が続いた[1]

結果[編集]

Pos. No. ドライバー チーム Q1 Q2 Q3 Grid
1 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:33.928 1:32.669 1:32.571 1
2 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:34.919 1:33.623 1:32.982 2
3 6 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:34.398 1:33.878 1:33.129 3
4 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 1:34.568 1:33.540 1:33.227 4
5 77 フィンランドの旗 バルテッリ・ボッタス ウィリアムズメルセデス 1:34.161 1:33.897 1:33.381 5
6 19 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ ウィリアムズメルセデス 1:34.488 1:33.551 1:33.744 6
7 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド レッドブルルノー 1:34.691 1:34.403 1:33.832 7
8 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 1:35.653 1:34.613 1:34.450 8
9 55 スペインの旗 カルロス・サインツ トロロッソルノー 1:35.371 1:34.641 1:34.462 9
10 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ロータスメルセデス 1:35.007 1:34.123 1:34.484 10
11 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォースインディアメルセデス 1:35.451 1:34.704 11
12 12 ブラジルの旗 フェリペ・ナッセ ザウバーフェラーリ 1:35.310 1:34.737 12
13 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ザウバーフェラーリ 1:35.438 1:35.034 13
14 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ マクラーレンホンダ 1:35.205 1:35.039 14
15 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン トロロッソルノー 1:35.611 1:35.103 15
16 13 ベネズエラの旗 パストール・マルドナド ロータスメルセデス 1:35.677 16
17 26 ロシアの旗 ダニール・クビアト レッドブルルノー 1:35.800 17
18 28 イギリスの旗 ウィル・スティーブンス マルシャフェラーリ 1:38.713 18
19 98 スペインの旗 ロベルト・メリ マルシャフェラーリ 1:39.722 19
107% time: 1:40.503
- 22 イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレンホンダ no time 201
ソース[2]

[3]

追記
  • ^1ジェンソン・バトンはマシントラブルによりタイムを計上できなかった[4]が、スチュワードの判断により決勝出走が認められた[5]

決勝[編集]

展開[編集]

ハミルトンが優勝。2位には終盤ファステストラップを出しながらメルセデス勢を追い上げた、ライコネンが26戦ぶりのポディウムフィニッシュを飾った。ブレーキにトラブルを抱えたロズベルグが3位。4位はアクシデントで後退したベッテルを抑えきったボッタスだった[1]

結果[編集]

Pos. No. ドライバー チーム 周回数 タイム/リタイア Grid Pts.
1 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 57 1:35:05.809 1 25
2 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 57 +3.380 4 18
3 6 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 57 +6.033 3 15
4 77 フィンランドの旗 バルテッリ・ボッタス ウィリアムズメルセデス 57 +42.957 5 12
5 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 57 +43.989 2 10
6 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド レッドブルルノー 57 +1:01.751 7 8
7 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ロータスメルセデス 57 +1:24.763 10 6
8 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォースインディアメルセデス 56 +1 Lap 11 4
9 26 ロシアの旗 ダニール・クビアト レッドブルルノー 56 +1 Lap 17 2
10 19 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ ウィリアムズメルセデス 56 +1 Lap 6 1
11 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ マクラーレンホンダ 56 +1 Lap 14
12 12 ブラジルの旗 フェリペ・ナッセ ザウバーフェラーリ 56 +1 Lap 12
13 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 56 +1 Lap 8
14 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ザウバーフェラーリ 56 +1 Lap 13
15 13 ベネズエラの旗 パストール・マルドナド ロータスメルセデス 56 +1 Lap 16
16 28 イギリスの旗 ウィル・スティーブンス マルシャフェラーリ 55 +2 Laps 18
17 98 スペインの旗 ロベルト・メリ マルシャフェラーリ 54 +3 Laps 19
Ret 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン トロロッソルノー 33 電気系統 15
Ret 55 スペインの旗 カルロス・サインツ トロロッソルノー 29 エンジン 9
DNS 22 イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレンホンダ 0 ERS -1
ソース[6]

[7]

ファステストラップ
ラップリーダー
追記

第4戦終了時点でのランキング[編集]

[9]

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注[編集]

  1. ^ a b 鈴木賢志、高橋浩司「F1速報 2015年総集編」、『F1速報』第27巻第1号、株式会社三栄書房、2016年1月7日、 105,106,177。
  2. ^ Qualifying(2015 FORMULA 1 GULF AIR BAHRAIN GRAND PRIX)”. The Official F1 Website (2015年4月18日). 2015年4月20日閲覧。
  3. ^ 【結果】F1第4戦バーレーンGP予選/2015年4月18日(土)”. topnews.jp. 2018年12月17日閲覧。
  4. ^ マクラーレン・ホンダ:アロンソがQ2進出 / F1バーレーンGP 予選”. F1-Gate.com (2015年4月18日). 2015年4月20日閲覧。
  5. ^ FIA Stewards Decision — Document No. 26”. FIA.com (Report) (2015年4月18日). 2015年4月20日閲覧。
  6. ^ Race(2015 FORMULA 1 GULF AIR BAHRAIN GRAND PRIX)”. The Official F1 Website (2015年4月19日). 2015年4月20日閲覧。
  7. ^ 【結果】F1第4戦バーレーンGP決勝レース/2015年4月19日(日)”. topnews.jp. 2018年12月17日閲覧。
  8. ^ バトンの欠場が発表。トラブル修復できず”. AUTOSPORT web (2015年4月19日). 2015年4月20日閲覧。
  9. ^ F1世界選手権 2015 / ランキング”. espnf1.com. 2018年12月17日閲覧。
[ヘルプ]
前戦
2015年中国グランプリ
FIA F1世界選手権
2015年シーズン
次戦
2015年スペイングランプリ
前回開催
2014年バーレーングランプリ
バーレーンの旗 バーレーングランプリ次回開催
2016年バーレーングランプリ