2015年レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ アスコット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2015年レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ アスコットでは、通算10回目となるレッドブル・エアレース・ワールドシリーズの内、2015年8月15日16日イギリスアスコット競馬場で行われた2015年シーズン第5戦について述べる。イギリスでのレースは通算で7度目、アスコット英語版が開催地に選ばれるのは、2014年シーズン第5戦に引き続き2度目である。アブダビ千葉ロヴィニブダペストと海や川など水上を舞台に繰り広げられてきた今シーズンでは、内陸が舞台となるのは初である[1]

概要[編集]

第3戦の地・ロヴィニでは、ポール・ボノムが3連勝できるかが話題に上ったが、アスコットではハンネス・アルヒが同じ質問をされることになった。これまでに1シーズンで3連勝したことがあるのは、2005年シーズンマイク・マンゴールドと、2010年シーズンのアルヒのみである。[2]

シーズン前半の4戦を終えたところで、ポイントランキングは、ポール・ボノムが34ポイントで1位、ハンネス・アルヒとマット・ホールが29ポイントで同率で2位、1位と2位の差がわずか5ポイントという状況である。本戦を含む残る4戦の開催地は2014年シーズン後半戦と同じで(順番は異なる)、全てのパイロットが48ポイントを取るチャンスがあることに変わりはない。今シーズン表彰台を逃したのは第3戦ロヴィニのみの首位を走るボノムはシーズン3勝目を、昨シーズンのアスコットで8位に沈んだアルヒは昨年の反省点を振り返りながら[3]今シーズン3連勝を、ホールはキャリア初優勝を目指した。[4]レーストラックは昨シーズンと同じコースに設定された[5]

予選前日のトレーニング・フライトは悪天候で中止となった[6]。トレーニング・フライトは予選の直前に行われ、ボノムがミスでタイムを落とし、マット・ホールが首位に立った[7]。予選本番では、ボノムがミスを取り戻し首位[8]、アルヒがコース脱線によるセーフティ・クライム・アウトでDNF判定を受け14位となり(予選2本目はエンジンの不調によりスタートできず[9][10]、ポイントランキングで1位と2位の2人がラウンド・オブ・14から激突することとなった。ラウンド・オブ・14ではアルヒがボノムを上回り予選1位通過、敗者の中で最速タイムを出したボノムはシーズン3勝目へ望みをつなぎ、2人はラウンド・オブ・8で再び相見えることとなった[11]。しかしながら、ラウンド・オブ・8でアルヒはエンジントラブルでスタートできないまま敗退という結果に終わった[12]。日本の室屋義秀は今シーズン初のファイナル4進出を果たし、2014年第2戦以来の自己最高となる第3位でレースを終え、ボノムが母国のファンを前に有終の美を飾った[13]

チャレンジャークラスは、スウェーデンのダニエル・リファが3連勝を目指して、予選から好タイムを記録したが[14]、決勝でミスが出て2秒加算されるペナルティを受け3位、チェコのペトル・コプシュタインがシーズン2勝目を挙げた[15]

マスタークラス[編集]

予選[編集]


No. パイロット タイム ペナルティ
1 55 イギリスの旗 ポール・ボノム 1:06.023
2 95 オーストラリアの旗 マット・ホール 1:06.284
3 8 チェコの旗 マルティン・ソンカ 1:07.172
4 91 ハンガリーの旗 ピーター・ベゼネイ 1:07.443
5 31 日本の旗 室屋義秀 1:07.864
6 27 フランスの旗 ニコラス・イワノフ 1:08.075
7 10 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス 1:08.136
8 9 イギリスの旗 ナイジェル・ラム 1:08.220
9 99 アメリカ合衆国の旗 マイケル・グーリアン 1:08.438
10 21 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー 1:08.439 +2秒1
11 12 フランスの旗 フランソワ・ルボット 1:09.280
12 26 スペインの旗 フアン・ベラルデ 1:09.996
13 84 カナダの旗 ピート・マクロード 1:10.631 +2秒1
14 22 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ DNF2
  • ^1 水平違反により+2秒のペナルティ[10]
  • ^2 ゲート通過時の高度が高すぎたため、セーフティ・クライム・アウトを選択[10]

ラウンド・オブ・14[編集]

ヒート 予選1 パイロット1 タイム1 タイム2 パイロット2 予選2
1 5 日本の旗 室屋義秀 1:07.623 1:08.844 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー 10
2 4 ハンガリーの旗 ピーター・ベゼネイ 1:08.919 1:13.5111 フランスの旗 フランソワ・ルボット 11
3 6 フランスの旗 ニコラス・イワノフ 1:07.967 1:08.721 アメリカ合衆国の旗 マイケル・グーリアン 9
4 3 チェコの旗 マルティン・ソンカ 1:07.405 1:09.003 スペインの旗 フアン・ベラルデ 12
5 7 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス 1:10.5902 1:10.0472 イギリスの旗 ナイジェル・ラム 8
6 2 オーストラリアの旗 マット・ホール 1:06.833 1:11.0193 カナダの旗 ピート・マクロード 13
7 1 イギリスの旗 ポール・ボノム 1:06.961 1:06.178 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ 14
凡例
ラウンド・オブ・8進出
ノックアウト(敗退)
敗者の中で最速(=進出)
  • ^1 スモークが出ておらず+1秒、水平違反により+2秒のペナルティ[11]
  • ^2 ゲート通過時の規定高度違反(高度超過)により+2秒のペナルティ[11]
  • ^3 パイロン・ヒットにより+3秒のペナルティ[11]

ラウンド・オブ・8[編集]

ヒート 予選1 パイロット1 タイム1 タイム2 パイロット2 予選2
8 4 ハンガリーの旗 ピーター・ベゼネイ 1:07.465 1:06.706 日本の旗 室屋義秀 5
9 3 チェコの旗 マルティン・ソンカ 1:10.114 1:08.088 フランスの旗 ニコラス・イワノフ 6
10 2 オーストラリアの旗 マット・ホール 1:06.531 1:06.993 イギリスの旗 ナイジェル・ラム 8
11 1 イギリスの旗 ポール・ボノム 1:06.542 DNS1 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ 14
凡例
ファイナル4進出
ノックアウト(敗退)
  • ^1 エンジン・トラブルによりスタートできず[12]

ファイナル4[編集]


No. パイロット タイム ペナルティ
1 55 イギリスの旗 ポール・ボノム[13] 1:06.416
2 95 オーストラリアの旗 マット・ホール 1:09.024 +2秒1
3 31 日本の旗 室屋義秀 1:09.426 +2秒1
4 27 フランスの旗 ニコラス・イワノフ 1:10.804 +2秒2
  • ^1 水平違反により+2秒のペナルティ[13]
  • ^2 規定高度違反(高度超過)により+2秒のペナルティ[13]

最終結果[編集]


パイロット ポイント
1 イギリスの旗 ポール・ボノム 12
2 オーストラリアの旗 マット・ホール 9
3 日本の旗 室屋義秀 7
4 フランスの旗 ニコラス・イワノフ 5
5 イギリスの旗 ナイジェル・ラム 4
6 ハンガリーの旗 ピーター・ベゼネイ 3
7 チェコの旗 マルティン・ソンカ 2
8 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ 1
9 アメリカ合衆国の旗 マイケル・グーリアン 0
10 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー 0
11 スペインの旗 フアン・ベラルデ 0
12 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス 0
13 カナダの旗 ピート・マクロード 0
14 フランスの旗 フランソワ・ルボット 0

チャレンジャークラス[編集]

予選[編集]


No. パイロット タイム ペナルティ
1 17 スウェーデンの旗 ダニエル・リファ 1:18.072
2 5 チリの旗 クリスチャン・ボルトン 1:21.094
3 62 ドイツの旗 フロリアン・バーガー 1:23.409 +2秒1
4 37 スロベニアの旗 ピーター・ポドランセック 1:23.672 +2秒1
5 18 チェコの旗 ペトル・コプシュタイン 1:24.576 +4秒2
6 77 ブラジルの旗 フランシス・バロス 1:24.995 +2秒1
  • ^1 水平違反により+2秒のペナルティ
  • ^2 水平違反×2により+4秒のペナルティ

決勝[編集]


No. パイロット タイム ペナルティ
1 18 チェコの旗 ペトル・コプシュタイン[15] 1:20.776
2 5 チリの旗 クリスチャン・ボルトン 1:21.920
3 17 スウェーデンの旗 ダニエル・リファ 1:21.982 +2秒1
4 37 スロベニアの旗 ピーター・ポドランセック 1:22.212
5 62 ドイツの旗 フロリアン・バーガー 1:27.444
6 77 ブラジルの旗 フランシス・バロス 1:27.653 +4秒2
  • ^1 水平違反により+2秒のペナルティ[15]
  • ^2 水平違反により+2秒、規定高度違反により+2秒のペナルティ[15]

第5戦終了後のランキング[編集]

マスタークラス

パイロット トー
タル
1 イギリスの旗 ポール・ボノム 46
2 オーストラリアの旗 マット・ホール 38
3 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ 30
4 チェコの旗 マルティン・ソンカ 18
5 イギリスの旗 ナイジェル・ラム 17
6 カナダの旗 ピート・マクロード 14
7 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー 12
8 日本の旗 室屋義秀 11
8 フランスの旗 ニコラス・イワノフ 11
10 アメリカ合衆国の旗 マイケル・グーリアン 8
10 ハンガリーの旗 ピーター・ベゼネイ 8
12 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス 2
13 スペインの旗 フアン・ベラルデ 0
13 フランスの旗 フランソワ・ルボット 0
チャレンジャークラス

パイロット トー
タル
1 スウェーデンの旗 ダニエル・リファ 28
チェコの旗 ペトル・コプシュタイン
3 チリの旗 クリスチャン・ボルトン 24
4 フランスの旗 ミカエル・ブラジョー 22
5 スロベニアの旗 ピーター・ポドランセック 14
6 ドイツの旗 フロリアン・バーガー 10
7 ブラジルの旗 フランシス・バロス 4

出典[編集]

  1. ^ Land lovers rejoice”. Red Bull Air Race (2015年8月11日). 2015年9月13日閲覧。
  2. ^ Arch readying for Ascot”. Red Bull Air Race (2015年7月15日). 2015年9月12日閲覧。
  3. ^ Arch to bury Ascot demons”. Red Bull Air Race (2015年8月12日). 2015年9月13日閲覧。
  4. ^ Who could be World Champion?”. Red Bull Air Race (2015年7月23日). 2015年9月13日閲覧。
  5. ^ The Brits back in front of the home fans”. Red Bull Air Race (2015年8月15日). 2015年9月13日閲覧。
  6. ^ 金曜日のトレーニングは悪天候でキャンセル”. Red Bull Air Race (2015年8月14日). 2015年9月13日閲覧。
  7. ^ Hall leads the pack after training”. Red Bull Air Race (2015年8月15日). 2015年9月13日閲覧。
  8. ^ Bonhomme bags Qualifying win for home fans”. Red Bull Air Race (2015年8月15日). 2015年9月13日閲覧。
  9. ^ 第5戦アスコット:マスタークラス予選後リアクション”. Red Bull Air Race (2015年8月15日). 2015年9月13日閲覧。
  10. ^ a b c Arch upset by Qualifying shake up”. Red Bull Air Race (2015年8月15日). 2015年9月13日閲覧。
  11. ^ a b c d Bonhomme grabs last ticket to Round of 8”. Red Bull Air Race (2015年8月16日). 2015年9月14日閲覧。
  12. ^ a b Ascot anguish for Arch in Round of 8”. Red Bull Air Race (2015年8月16日). 2015年9月14日閲覧。
  13. ^ a b c d 第5戦アスコットはボノムが優勝!室屋義秀は3位!”. Red Bull Air Race (2015年8月16日). 2015年9月14日閲覧。
  14. ^ Ryfa in a league of his own at Ascot”. Red Bull Air Race (2015年8月15日). 2015年9月13日閲覧。
  15. ^ a b c d Kopfstein runs away Challenger Cup at Ascot”. Red Bull Air Race (2015年8月15日). 2015年9月13日閲覧。
前レース:
第4戦 ハンガリーの旗 ブダペスト
レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ
2015年シーズン
第5戦 イギリスの旗 アスコット
次レース:
第6戦 オーストリアの旗 シュピールベルク