2015年レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ ブダペスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハンガリーの国会議事堂

2015年レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ ブダペストでは、通算10回目となるレッドブル・エアレース・ワールドシリーズの内、2015年7月4日5日ハンガリーブダペストで行われた2015年シーズン第4戦について述べる。

概要[編集]

レッドブル・エアレースが、ハンガリーのエアレーサー、ピーター・ベゼネイの提案で2003年に開始してから、2010年に休止されるまで毎年レースが開催されてきたブダペストでの5年ぶりの開催となる[1][注 1]。ベゼネイはレースが再開した昨シーズンから今シーズン第3戦まで自国のメーカーCorvusCorvus Racer 540を使用してきたが、勝利へのこだわりから本戦よりジブコ エッジ540 V3を導入する[2][3]

レースコースはドナウ川上に設けられ、スタートゲートの手前にあるセーチェーニ鎖橋の下をくぐってスタートし、世界で3番目の高さの国会議事堂の前を通過するコースを2周するもので、川幅が狭いためシケイン(スラローム)はない[4]

前大会ロヴィニ勝者のハンネス・アルヒは、2度のトレーニング・フライトではコース脱線、パイロン・ヒット、水平違反とミスが続出しDNFと最下位という結果が出たが[5]、3度目のフライトでは復調し2位[6]、予選で3位と調子を上げていった[7]。4戦連続で表彰台を目指したオーストラリアのマット・ホールは、3度のトレーニング・フライトの全てで1位と好発進を見せ[5][6]、予選で唯一58秒台をたたき出し安定感のある強さを見せたが[7]、ラウンド・オブ・8で敗退した。室屋義秀は、ロヴィニに続き予選2位となったが、離陸前にコンピュータ・システムがダウンした影響でラウンド・オブ・14で敗退した[8]。ハンネス・アルヒが予選からの調子そのままに順調に勝ち進み、2連勝した[9]

チャレンジャークラスは、ロヴィニで初優勝したスウェーデンのダニエル・リファが予選から好調のまま[10]、優勝し2連勝を果たした[11]

マスタークラス[編集]

セーチェーニ鎖橋

予選[編集]


No. パイロット タイム ペナルティ
1 95 オーストラリアの旗 マット・ホール 58.323
2 31 日本の旗 室屋義秀 59.011
3 22 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ 59.328
4 84 カナダの旗 ピート・マクロード 59.480
5 10 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス 59.496
6 9 イギリスの旗 ナイジェル・ラム 59.553
7 8 チェコの旗 マルティン・ソンカ 59.756
8 55 イギリスの旗 ポール・ボノム 59.812
9 27 フランスの旗 ニコラス・イワノフ 1:00.151
10 91 ハンガリーの旗 ピーター・ベゼネイ 1:00.862
11 12 フランスの旗 フランソワ・ルボット 1:02.364
12 26 スペインの旗 フアン・ベラルデ 1:03.839 +2秒1
13 21 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー 1:03.974 +4秒2
14 99 アメリカ合衆国の旗 マイケル・グーリアン 1:04.403 +4秒2
  • ^1 水平違反により+2秒のペナルティ[7]
  • ^2 水平違反により+2秒のペナルティ、ゲート通過時の規定高度違反で+2秒のペナルティ[7]

ラウンド・オブ・14[編集]

ヒート 予選1 パイロット1 タイム1 タイム2 パイロット2 予選2
1 10 ハンガリーの旗 ピーター・ベゼネイ 1:01.070 1:03.3861 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス 5
2 11 フランスの旗 フランソワ・ルボット 1:05.976 1:02.866 カナダの旗 ピート・マクロード 4
3 9 フランスの旗 ニコラス・イワノフ DNF2 DNF2 イギリスの旗 ナイジェル・ラム 6
4 12 スペインの旗 フアン・ベラルデ 1:06.0723 1:02.497 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ 3
5 8 イギリスの旗 ポール・ボノム 1:01.028 1:01.088 チェコの旗 マルティン・ソンカ 7
6 13 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー 1:02.072 1:02.279 日本の旗 室屋義秀 2
7 14 アメリカ合衆国の旗 マイケル・グーリアン 1:04.9533 58.400 オーストラリアの旗 マット・ホール 1
凡例
ラウンド・オブ・8進出
ノックアウト(敗退)
敗者の中で最速(=進出)
  • ^1 ゲート通過時の規定高度違反により+2秒のペナルティ[12]
  • ^2 最大負荷が10Gを越えたためDNF (Did Not Finish) と判定、予選で上位だったラムが進出[12]
  • ^3 水平違反により+2秒のペナルティ[12]

ラウンド・オブ・8[編集]

ヒート 予選1 パイロット1 タイム1 タイム2 パイロット2 予選2
8 4 カナダの旗 ピート・マクロード 59.460 1:00.887 ハンガリーの旗 ピーター・ベゼネイ 10
9 3 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ 1:02.746 DNF1 イギリスの旗 ナイジェル・ラム 6
10 8 イギリスの旗 ポール・ボノム 1:00.521 1:02.1162 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー 13
11 7 チェコの旗 マルティン・ソンカ 59.701 59.884 オーストラリアの旗 マット・ホール 1
凡例
ファイナル4進出
ノックアウト(敗退)
  • ^1 最大負荷が10Gを越えたためDNFと判定[13]
  • ^2 水平違反により+2秒のペナルティ[13]

ファイナル4[編集]


No. パイロット タイム ペナルティ
1 22 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ[9] 59.350
2 55 イギリスの旗 ポール・ボノム 59.557
3 8 チェコの旗 マルティン・ソンカ 1:00.658
4 84 カナダの旗 ピート・マクロード 1:01.113

最終結果[編集]


パイロット ポイント
1 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ 12
2 イギリスの旗 ポール・ボノム 9
3 チェコの旗 マルティン・ソンカ 7
4 カナダの旗 ピート・マクロード 5
5 オーストラリアの旗 マット・ホール 4
6 ハンガリーの旗 ピーター・ベゼネイ 3
7 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー 2
8 イギリスの旗 ナイジェル・ラム 1
9 日本の旗 室屋義秀 0
10 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス 0
11 アメリカ合衆国の旗 マイケル・グーリアン 0
12 フランスの旗 フランソワ・ルボット 0
13 スペインの旗 フアン・ベラルデ 0
14 フランスの旗 ニコラス・イワノフ 0

チャレンジャークラス[編集]

予選[編集]


No. パイロット タイム ペナルティ
1 17 スウェーデンの旗 ダニエル・リファ 1:08.283
2 62 ドイツの旗 フロリアン・バーガー 1:09.853
3 5 チリの旗 クリスチャン・ボルトン 1:10.235
4 18 チェコの旗 ペトル・コプシュタイン 1:10.276
5 37 スロベニアの旗 ピーター・ポドランセック 1:12.853 +2秒1
6 11 フランスの旗 ミカエル・ブラジョー 1:12.960 +3秒2
  • ^1 水平違反により+2秒のペナルティ[10]
  • ^2 パイロン・ヒットにより+3秒のペナルティ[10]

決勝[編集]


No. パイロット タイム ペナルティ
1 17 スウェーデンの旗 ダニエル・リファ[11] 1:09.070
2 11 フランスの旗 ミカエル・ブラジョー 1:09.297
3 37 スロベニアの旗 ピーター・ポドランセック 1:09.713
4 18 チェコの旗 ペトル・コプシュタイン 1:09.822
5 5 チリの旗 クリスチャン・ボルトン 1:11.686
6 62 ドイツの旗 フロリアン・バーガー 1:11.954

第4戦終了後のランキング[編集]

マスタークラス

パイロット トー
タル
1 イギリスの旗 ポール・ボノム 34
2 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ 29
3 オーストラリアの旗 マット・ホール 29
4 チェコの旗 マルティン・ソンカ 16
5 カナダの旗 ピート・マクロード 14
6 イギリスの旗 ナイジェル・ラム 13
7 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー 12
8 アメリカ合衆国の旗 マイケル・グーリアン 8
9 フランスの旗 ニコラス・イワノフ 6
10 ハンガリーの旗 ピーター・ベゼネイ 5
11 日本の旗 室屋義秀 4
12 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス 2
13 スペインの旗 フアン・ベラルデ 0
14 フランスの旗 フランソワ・ルボット 0
チャレンジャークラス

パイロット トー
タル
1 スウェーデンの旗 ダニエル・リファ 28
2 チェコの旗 ペトル・コプシュタイン 22
チリの旗 クリスチャン・ボルトン
フランスの旗 ミカエル・ブラジョー
5 スロベニアの旗 ピーター・ポドランセック 10

脚注・出典[編集]

脚注
  1. ^ 2010年シーズン第7戦の開催地に予定されていたが、レースは中止されたため、実質的に最後のレースは2009年
出典
  1. ^ ブダペスト2勝目を目指すグーリアン”. Red Bull Air Race (2015年6月5日). 2015年9月10日閲覧。
  2. ^ Log Book - return to Budapest”. Red Bull Air Race (2015年7月2日). 2015年9月10日閲覧。
  3. ^ 新機体を導入したベゼネイ”. Red Bull Air Race (2015年6月29日). 2015年9月11日閲覧。
  4. ^ ブダペストを見据えるソンカ”. Red Bull Air Race (2015年6月18日). 2015年9月10日閲覧。
  5. ^ a b Hall Sets the scene for first race win”. Red Bull Air Race (2015年7月3日). 2015年9月11日閲覧。
  6. ^ a b Hall sets the bar in Budapest”. Red Bull Air Race (2015年7月4日). 2015年9月11日閲覧。
  7. ^ a b c d Hall hot favourite for Budapest win”. Red Bull Air Race (2015年7月4日). 2015年9月11日閲覧。
  8. ^ 浅田真樹 (2015年7月8日). “【エアレース】室屋義秀が強くなったからこそ味わう「勝つことの難しさ」”. Web Sportiva. 集英社. 2015年9月11日閲覧。
  9. ^ a b ブダペストはハンネス・アルヒが優勝!”. Red Bull Air Race (2015年7月5日). 2015年9月11日閲覧。
  10. ^ a b c Ryfa fastest, Berger gets first break”. Red Bull Air Race (2015年7月4日). 2015年9月11日閲覧。
  11. ^ a b Ice-cool Ryfa races to the top in Budapest”. Red Bull Air Race (2015年7月5日). 2015年9月11日閲覧。
  12. ^ a b c Budapest delivers surprises in Round of 14”. Red Bull Air Race (2015年7月5日). 2015年9月11日閲覧。
  13. ^ a b Round 8 wraps with full throttle drama”. Red Bull Air Race (2015年7月5日). 2015年9月11日閲覧。


前レース:
第3戦 クロアチアの旗 ロヴィニ
レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ
2015年シーズン
第4戦 ハンガリーの旗 ブダペスト
次レース:
第5戦 イギリスの旗 アスコット