2015年世界陸上競技選手権大会・男子50km競歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第15回世界陸上競技選手権大会
男子50km競歩
会場北京国家体育場
開催日8月29日
参加選手数29ヶ国 53人
優勝記録3:40:32
メダリスト
金メダル  スロバキア スロバキア
銀メダル  オーストラリア オーストラリア
銅メダル  日本 日本
«2013 モスクワ2017 ロンドン»
2015年
世界陸上競技選手権大会

Athletics pictogram.svg
トラック
100m   男子   女子
200m 男子 女子
400m 男子 女子
800m 男子 女子
1500m 男子 女子
5000m 男子 女子
10000m 男子 女子
100mハードル 女子
110mハードル 男子
400mハードル 男子 女子
3000mSC 男子 女子
4×100mリレー 男子 女子
4×400mリレー 男子 女子
ロード
マラソン 男子 女子
20km競歩 男子 女子
50km競歩 男子
フィールド
走幅跳 男子 女子
三段跳 男子 女子
走高跳 男子 女子
棒高跳 男子 女子
砲丸投 男子 女子
円盤投 男子 女子
やり投 男子 女子
ハンマー投 男子 女子
混成
七種競技 女子
十種競技 男子

2015年世界陸上競技選手権大会・男子50km競歩(2015ねんせかいりくじょうきょうぎせんしゅけんたいかい・だんし50キロメートルきょうほ)は、2015年8月29日中華人民共和国北京市北京国家体育場で開催された[1][2]

レースは優勝候補に挙げられていたマテイ・トートが終始独走する形で展開した[2][3]。2位集団には谷井孝行荒井広宙が付けていた[4]。中盤31km付近にはトートがトイレに駆け込む場面もあったが、トップを維持し続け[2][3]、40km地点では2位集団に1分13秒の差を付けていた[3]。41kmすぎに2位集団からジャレド・タレントが抜け出し[4]、43km付近で荒井がロバート・ヒファーナン英語版を抜き去り[5]、谷井と荒井が3位争いを繰り広げた[4]。一方のトートは、2位のジャレド・タレントにおよそ2分の大差を付けて3時間40分32秒でゴールし、スロバキア世界選手権初の金メダルをもたらした[2]。谷井は3位を守り抜き、銅メダルを獲得した[4]。谷井と争っていた荒井は、4位入賞を果たした[6]。3人目の日本代表である山崎勇喜は34位でゴールした[5][7]

谷井は今成績により、2016年リオデジャネイロオリンピック日本代表の座を獲得した[4][6][7][5]。また谷井は今大会日本代表として初のメダル獲得者となっただけでなく、世界選手権とオリンピックを含めて日本競歩界初のメダル獲得者となった[6]。日本代表は、大会第4日を終了した時点で誰もメダルを獲得しておらず、入賞者もいなかったこともあり、スウェーデンイェーテボリで開かれた1995年世界陸上競技選手権大会以来となるメダル獲得数0の可能性を毎日新聞が報じ、厳しい情勢だった[8]

記録[編集]

大会開幕前の各種記録は以下の通りであった[9]

世界記録  ヨアン・ディニズ (FRA) 3:32:33 スイスの旗 スイスチューリッヒ 2014年8月15日
大会記録  ロベルト・コジェニョフスキ (POL) 3:36:03 フランスの旗 フランスサン=ドニ 2003年8月23日
今季世界最高記録  マテイ・トート (SVK) 3:34:38 スロバキアの旗 スロバキアドゥディンツェ 2015年3月21日
アフリカ記録  マルク・ムンデル英語版 (RSA) 3:55:32 イギリスの旗 イギリスロンドン 2012年8月11日
アジア記録  呉朝鴻中国語版英語版 (CHN) 3:36:06 中華人民共和国の旗 中国南京 2005年10月22日
北中米カリブ記録  エリック・バロンド英語版 (GUA) 3:41:09 スロバキアの旗 スロバキアドゥディンツェ 2013年3月23日
南米記録  ジェームス・レンドン英語版 (COL) 3:47:41 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国バレーコテージ英語版 2014年9月14日
ヨーロッパ記録  ヨアン・ディニズ (FRA) 3:32:33 スイスの旗 スイスチューリッヒ 2014年8月15日
オセアニア記録  ネーサン・ディークス (AUS) 3:35:47 オーストラリアの旗 オーストラリアジーロング 2006年12月2日

今大会において、以下の記録が更新された。

南米記録  アンドレス・チョチョ英語版 (ECU) 3:46:00 中華人民共和国の旗 中国北京 2015年8月29日

参加標準記録[編集]

標準記録[10]
4:06:00

日程[編集]

ラウンド
2015年8月29日 07:30 決勝[11]

時刻は中国標準時UTC+8JST-1)

メダリスト[編集]

マテイ・トート
スロバキアの旗 スロバキア
ジャレド・タレント
オーストラリアの旗 オーストラリア
谷井孝行
日本の旗 日本

結果[編集]

競技は中国時間7時30分に始まり、12時3分に終了した[11]。開始時は気温22℃、湿度78%であった[11]

WR 世界記録 | AR エリア記録 | CR 選手権記録 | GR 大会記録 | NR 国家記録 | OR オリンピック記録 | PB 自己ベスト | SB シーズンベスト | WL 世界最高(当該シーズン中) Q 順位による通過| q 記録による通過| DNF 途中棄権| DQ 失格 | DNS 欠場

順位 選手 国籍 記録 備考
1位 マテイ・トート スロバキアの旗 スロバキア 3:40:32
2位 ジャレド・タレント オーストラリアの旗 オーストラリア 3:42:17 SB
3位 谷井孝行 日本の旗 日本 3:42:55
4 荒井広宙 日本の旗 日本 3:43:44
5 ロバート・ヒファーナン英語版 アイルランドの旗 アイルランド 3:44:17 SB
6 張琳 中華人民共和国の旗 中国 3:44:39 PB
7 于偉 中華人民共和国の旗 中国 3:45:21 PB
8 アンドレス・チョチョ英語版 エクアドルの旗 エクアドル 3:46:00 AR
9 ヘスース・アンヘル・ガルシア英語版 スペインの旗 スペイン 3:46:43 SB
10 クエンティン・リュー英語版  ニュージーランド 3:48:48 PB
11 アドリアン・ブロキポーランド語版 ポーランドの旗 ポーランド 3:49:11 PB
12 エヴァン・ダンフィー英語版 カナダの旗 カナダ 3:49:56 PB
13 クリス・エリクソン英語版 オーストラリアの旗 オーストラリア 3:51:26 SB
14 呉銭龍 中華人民共和国の旗 中国 3:51:35
15 Ivan Banzeruk  ウクライナ 3:52:15
16 マルコ・デ・ルカ英語版 イタリアの旗 イタリア 3:53:02
17 マテオ・ジュッポーニイタリア語版 イタリアの旗 イタリア 3:53:23
18 アク・バンゼルク英語版  フィンランド 3:54:28
19 セルゲイ・ブシャ英語版  ウクライナ 3:55:10
20 ルイス・フェルナンド・ロペス英語版  コロンビア 3:55:43 PB
21 ペドロ・イシドロ英語版 ポルトガルの旗 ポルトガル 3:55:44 PB
22 タダス・ススケビチウス英語版  リトアニア 3:56:27 SB
23 パク・チルソン 大韓民国の旗 韓国 3:56:42 SB
24 Håvard Haukenes  ノルウェー 3:56:50 SB
25 Teodorico Caporaso イタリアの旗 イタリア 3:56:58
26 Sandeep Kumar インドの旗 インド 3:57:03 SB
27 Manish Singh インドの旗 インド 3:57:11 PB
28 Rafał Augustyn ポーランドの旗 ポーランド 3:57:30
29 Jaime Quiyuch グアテマラの旗 グアテマラ 3:57:41 SB
30 Dušan Majdán スロバキアの旗 スロバキア 3:58:57 SB
31 Mathieu Bilodeau カナダの旗 カナダ 4:01:35 SB
32 Jarkko Kinnunen  フィンランド 4:02:07 SB
33 マルク・ムンデル英語版  南アフリカ共和国 4:02:41
34 山崎勇喜 日本の旗 日本 4:03:54
35 Francisco Arcilla スペインの旗 スペイン 4:07:23 SB
36 Luis Angel Sanchez グアテマラの旗 グアテマラ 4:09:26
37 John Nunn アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 4:09:44 SB
38 Arnis Rumbenieks  ラトビア 4:28:55
Marius Cocioran  ルーマニア DNF
Carl Dohmann ドイツの旗 ドイツ DNF
Mário dos Santos ブラジルの旗 ブラジル DNF
Anders Hansson  スウェーデン DNF
Anatole Ibáñez  スウェーデン DNF
Aleksi Ojala  フィンランド DNF
Alexandros Papamichail ギリシャの旗 ギリシャ DNF
Benjamin Sánchez スペインの旗 スペイン DNF
Alex Wright アイルランドの旗 アイルランド DNF
エリック・バロンド英語版 グアテマラの旗 グアテマラ DQ
Brendan Boyce アイルランドの旗 アイルランド DQ
Lukáš Gdula  チェコ DQ
Ihor Hlavan  ウクライナ DQ
Łukasz Nowak ポーランドの旗 ポーランド DQ
Martin Tišťan スロバキアの旗 スロバキア DQ
Aleksandr Yargunkin ロシアの旗 ロシア DNS

脚注[編集]

  1. ^ Beijing 2015: Timetable”. Beijing 2015. 2015年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月29日閲覧。
  2. ^ a b c d トスが「ピットストップ」しながらも男子50キロ競歩で金、第15回世界陸上”. AFPBB (2015年8月29日). 2015年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月29日閲覧。
  3. ^ a b c 世陸・競歩50キロ トスが初優勝!途中トイレもなんの圧勝”. スポーツニッポン (2015年8月29日). 2015年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月29日閲覧。
  4. ^ a b c d e 男子50キロ競歩、谷井選手が銅メダル獲得”. TBS News i. TBSテレビ (2015年8月29日). 2015年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月29日閲覧。
  5. ^ a b c 谷井が銅 荒井4位 日本競歩悲願の初メダル”. ニッカンスポーツ (2015年8月29日). 2015年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月29日閲覧。
  6. ^ a b c 谷井が日本勢初「銅」、荒井4位…世界陸上競歩”. YOMIURI ONLINEスポーツ. 読売新聞社 (2015年8月29日). 2015年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月29日閲覧。
  7. ^ a b 共同通信社 (2015年8月29日). “谷井が世界陸上で銅、日本競歩初のメダル リオ五輪代表に”. 日本経済新聞社. 2015年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月29日閲覧。
  8. ^ 新井隆一・小林悠太 (2015年8月26日). “世界陸上:日本、メダル「0」危機…まだ入賞もなし”. 毎日新聞社. 2015年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月29日閲覧。
  9. ^ Records & Lists – Race Walk”. IAAF. 2015年8月18日閲覧。
  10. ^ IAAF World Championships Beijing 2015 – Standards, IAAF, (2014), オリジナルの2015-08-29時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20150829090553/http://media.aws.iaaf.org/competitioninfo/544c7d0a-0807-4226-a85b-79928c58a097.pdf 2015年8月29日閲覧。 
  11. ^ a b c Results”. IAAF (2015年8月29日). 2015年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月29日閲覧。