2015-16シーズンのFリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Fリーグ > 2015-16シーズンのFリーグ
Fリーグ
シーズン 2015-16
優勝 名古屋オーシャンズ
試合数 198
ゴール数 1162 (1試合平均5.87)
得点王 ブラジルの旗 ヴィニシウス
大阪、48得点)
最大差勝利ホーム試合
第17節、2015年9月4日、府中 8-2 浜松
最大差勝利アウェー試合
第21節、2015年9月25日、浜松 3-11 大阪
最多得点試合
第9節、2015年6月9日、浦安 5-9 大阪
第21節、2015年9月25日、浜松 3-11 大阪
最多連勝記録
14連勝(第1節-第14節、名古屋
最多連続負け無し記録
14試合(第1節-第14節、名古屋
最多連続勝ち無し記録
23試合(第10節-第32節、仙台
最多連敗記録
15連敗(第1節-第15節、浜松
平均観客動員 1,173人

2015-16年シーズンのFリーグは、9回目のFリーグである。レギュラーシーズンは2015年5月2日から12月20日まで行なわれ、プレーオフは2016年1月4日から1月9日まで行なわれた。優勝は名古屋オーシャンズ

本年度より、スポーツ用品メーカー・スポーツ用品販売店チェーンを展開するゼビオがFリーグ、日本フットサル連盟と包括的な協賛契約「エグゼクティブパートナー契約」を結ぶことになった。これによりゼビオがFリーグとそれに直結した各種下部リーグの大会にもタイトルスポンサーとして就任することになり、リーグ戦の名称も「Super Sports XEBIO Fリーグ2015-2016」(スーパースポーツ・ゼビオ エフリーグ2015-2016)として行われることになった。[1]

参加クラブ[編集]

参加クラブは前回と同じ12チームである。

大会スケジュール[編集]

  • レギュラーシーズン 2015年5月2日-12月20日
  • プレーオフ 2016年1月5日-1月10日 [2]
    • 1回戦 1月5日(1試合制×2) (会場: 町田市立総合体育館
    • 準決勝・4位決定戦 1月6日(1試合制×2) (会場: 町田市立総合体育館)
    • 決勝 1月9日・1月10日(2試合制)[3]

レギュレーション[編集]

前回に引き続き、ホーム&アウェー+ホームorアウェーorセントラルの3回戦総当たりとする。セントラル開催は渋谷区国立代々木競技場=第1節)、名古屋市テバオーシャンアリーナ=第25・26節)、小田原市小田原アリーナ=第31節)、町田市町田市立総合体育館=第33節)で原則1節ずつ(名古屋大会に限り2節連続)の5節のみの開催(前回から7節減)となり、前回のような「完全H&A&C」ではない。

シーズンの結果により1位から5位までのチームはプレーオフに進むことができる。
プレーオフはトーナメント方式で次のように行われる。

  • 準決勝・4位決定戦までは、1試合制。同点の場合はレギュラーシーズンの順位上位チームの勝ち抜け扱いとする。
  • 決勝は2試合制で、第1戦で1位チームが勝利、もしくは引き分けの場合は1位チームの優勝。準決勝の勝ち抜けチームが第1戦に勝利した場合は第2戦を行う。第2戦で1位チームが勝利、もしくは引き分けの場合は1位チームの優勝。準決勝の勝ち抜けチームが勝利した場合は準決勝の勝ち抜けチームの優勝。

結果[編集]

レギュラーシーズン[編集]

順位 クラブ名 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失 備考
1 名古屋オーシャンズ 33 83 27 2 4 143 72 +71 プレーオフファイナル進出
2 ペスカドーラ町田 33 70 22 4 7 104 65 +39 プレーオフ1st進出
3 フウガドールすみだ 33 62 20 2 11 116 88 +27 プレーオフ1st進出
4 シュライカー大阪 33 59 19 2 12 147 113 +34 プレーオフ1st進出
5 府中アスレティックFC 33 57 18 3 12 112 86 +26 プレーオフ1st進出
6 エスポラーダ北海道 33 54 16 6 11 96 84 +12
7 バサジィ大分 33 52 15 7 11 87 84 +3
8 バルドラール浦安 33 49 15 4 14 101 98 +3
9 デウソン神戸 33 29 8 5 20 76 105 -29
10 湘南ベルマーレ 33 29 9 2 22 74 114 -40
11 アグレミーナ浜松 33 16 5 1 27 63 134 -71
12 ヴォスクオーレ仙台 33 14 4 2 27 43 118 -75

プレーオフ[編集]

1st Round(1回戦) 2nd Round(準決勝) Final Round(決勝)/4位決定戦
                   
1
 町田(2位)
3(敗戦チームが3位)
 府中(5位)
 府中(5位)
2
 大阪(4位)
 すみだ(3位)
5(名古屋に1勝のアドバンテージ)
 大阪(4位)
 府中(5位) ★●
 名古屋(1位) ☆○
 
 
 
4(勝利チームが4位)
 
   町田(2位)
   すみだ(3位)

得点ランキング[編集]

順位 選手名 チーム名 得点
1 ヴィニシウス シュライカー大阪 48
2 森岡薫 名古屋オーシャンズ 32
3 アルトゥール シュライカー大阪 22
4 西谷良介 フウガドールすみだ 20
仁部屋和弘 バサジィ大分 20
6 シンビーニャ 名古屋オーシャンズ 19
清水和也 フウガドールすみだ
ロドリゴ デウソン神戸
9 ボラ ペスカドーラ町田 18
10 完山徹一 府中アスレティックFC 17
セルジーニョ 名古屋オーシャンズ
12 水上玄太 エスポラーダ北海道 15
金山友紀 ペスカドーラ町田
ペドロ・コスタ 名古屋オーシャンズ
太見寿人 フウガドールすみだ
室田祐希 エスポラーダ北海道
山田ラファエルユウゴ 府中アスレティックFC
加藤竜馬 バルドラール浦安

脚注[編集]

  1. ^ ゼビオグループと エグゼクティブパートナー契約を締結(2015年4月28日Fリーグリリース 4月30日閲覧)
  2. ^ SuperSports XEBIO Fリーグ2015/2016 プレーオフ 1st / 2nd Round 開催日変更および会場決定のお知らせ(2015年10月14日Fリーグリリース 11月2日閲覧)
  3. ^ 実際には1月9日の試合で優勝が決定した。

関連項目[編集]