2016年のテレビ (日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2016年のテレビでは、2016年テレビ分野(主に日本)の動向についてまとめる。

テレビ番組関係の出来事[編集]

1月[編集]

2月[編集]

  • 1日 - 毎日放送ちちんぷいぷい』にて、金本知憲監督率いる阪神タイガース沖縄県宜野座村での春季キャンプの模様を地上波における異例の現地からの生中継が行われた[20][注 4]
  • 4日 - テレビ朝日系、黒柳徹子(女優・司会者)司会の長寿トーク番組『徹子の部屋』にこの日のゲストとして、永六輔(タレント・放送作家・作詞家)と大橋巨泉(司会者・放送作家・ジャズ評論家)が揃って出演。なお、永・大橋ともに7月に逝去(後述)したため、これが最後のテレビ出演となった[注 5]
  • 5日 - 19時ごろ、桜島鹿児島県)が噴火した為、NHK総合は『NHKニュース7』を4分拡大、後続の特別番組『究極・冬なま!夜こそ楽しもう』を19時34分開始に変更し短縮・一時中断した[22]
  • 7日
    • フジテレビ系の子供向けアニメ『Go! Go! チャギントン』の4代目ナビゲーターに、当時入社1年目の同局アナウンサー宮司愛海が同日放送から就任[23]
    • (日本時間)9時32分ごろ、北朝鮮がミサイルを発射した為NHK総合および一部民放では、通常のレギュラー番組を中断または休止した。なお『NHKのど自慢大阪府吹田市の回が12時50分に繰り下げて放送された[24]ほか、中断された『日曜討論』が16時10分に改めて放送された[25]
    • TBS系にて『第65回別府大分毎日マラソン』(RKB毎日放送大分放送共同制作)を生中継。しかし、TBSの音声スタッフが視覚障害者女子の部で優勝した選手を取材した際、無許可でゴール手前100メートルからコースに進入し男性伴走者の音声を収録したとして、同局が翌8日、文書にて謝罪した[26]
  • 9日 - 日本テレビ系「プラチナイト」火曜日『徳井と後藤と麗しのSHELLYが今夜くらべてみました』の女性MC、前週2日放送分をもって産前産後休業(以下、産休と記す)に入ったSHELLY(タレント)に代わり、指原莉乃HKT48)が登板。同時に番組の正式タイトルも『徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました』に変更[27]11月15日よりSHELLY復帰に伴い再変更、指原も引き続き出演)。
  • 11日 - テレビ朝日系『徹子の部屋』の40周年を記念し、19時から2時間特番『徹子の部屋 祝40周年 最強夢トークスペシャル』を放送、スペシャルゲストとして明石家さんま(タレント)と所ジョージ(同)が出演した[注 6]
  • 12日
  • 23日 - フジテレビ系のクイズバラエティ番組『ペケポンプラス』が最終回、前身番組『ペケ×ポン』時代を含め9年間に亘る歴史に幕[31]
  • 27日 - フジテレビ系で放送された『めちゃ×2イケてるッ!』の4時間生放送特番『〜真冬に汗をかきまくれ 国民投票だよ全員集合 全力の生スペシャル』で同番組のオーディションから合格して芸能界入りを果たし、レギュラーメンバーとなった三中元克が視聴者からのレギュラーオーディション国民投票の結果、投票総数63万483票、合格44%、不合格56%に留まり不合格が確定、レギュラーを降板することが決定した[32]
  • 29日 - 日本テレビ系朝の情報番組『ZIP!』が2016年2月1日週から22日週まで4週連続で週間平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。以下略)で横並びトップを獲得し、同年2月月間(1日から28日まで[注 8])の平均視聴率は9.3%を獲得し、番組開始以来初めて月間平均視聴率で同時間帯単独首位を獲得したことがわかった[33]

3月[編集]

4月[編集]

  • 1日
    • NHK Eテレの教養番組『課外授業 ようこそ先輩』(1998年4月 - [注 23])が終了、18年間の歴史に幕[94]
    • 日本テレビの金曜日の通販番組女神のマルシェ』および、長寿アニメ『それいけ!アンパンマン』の放送枠を夕方から移動。『女神の〜』は16時台前半→10時台後半、『アンパンマン』は16時台後半→11時台前半へ、ともに5時間25分前倒し。なお『アンパンマン』が制作局の日本テレビで午前中に放送枠を移動するのは1988年10月の番組開始以来初めて。これに伴い、夕方ニュース『news every.』は平日版で唯一2部制のまま存置されていた金曜日も月 - 木曜日と同様の枠切りによる3部制に移行[71]
    • TBS系金曜23時のトーク番組『A-Studio』は毎年恒例のアシスタント交代を実施、7代目を務めた早見あかり(女優)に代わり、8代目となる森川葵(同)が登場[95]。また、同日放送分から解説放送を開始し、金曜23時枠最初の副音声付番組となった。
    • テレビ東京系
      • 子供向け情報番組『おはスタ』のメインMCを1997年10月の番組開始から18年半にわたって務めた山寺宏一声優・俳優)が卒業[注 24][97][注 25]。さらに1998年4月から開始した第1部『おはスタ645』も同日で終了、18年の歴史に幕。
      • 平日夕方『L4 YOU!』の前座番組で、東京証券取引所からの株式市況(大引け)中継を交えた株式・トレンド情報番組『L4 YOU!プラス』が終了、前身の『きょうの株式』から換算して39年半にわたる歴史に幕。さらに『L4 YOU!』そのものもこれまでのネットワークセールス枠から地域限定スポンサードネット枠に降格。
      • 深夜スポーツニュース番組[注 26]ネオスポ!』(2009年4月 - )が同日深夜放送分[注 27]をもって終了、7年間の歴史に幕。
    • フジテレビ系
      • めざましテレビ』MCの加藤綾子(同局アナウンサー、当時)が同番組を卒業[98]。また加藤は4月末をもって同局退社、ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属のフリーアナウンサーに転身[注 28]
      • 前日終了の帯番組2枠の穴埋め代替を兼ねて『バイキング』は、4日から正式に1月4日の正月SP時と同時刻での放送となるのを前に、旧編成最終日となったこの日、13:55までの1時間拡大SPを放送[103]。通常放送の枠拡大となるSP放送は2回目。これにより、同局は4日の新編成開始を前に、同日4時から19時までの連続した約15時間がミニ枠1枠を除き生放送編成となった(9月30日まで)。
    • 5大系列局のローカル編成・BS
  • 2日
    • 日本テレビ系土曜昼のトークバラエティ番組『メレンゲの気持ち』のMC陣に、Hey! Say! JUMP伊野尾慧が同日放送分より新加入。なお、同番組に男性MCが加わるのは、1996年4月の番組開始から21年目にして初[107]で、MC陣はこれまでの3人体制(久本雅美、いとうあさこ、三吉彩花)に伊野尾を加えて4人体制となった。
    • テレビ朝日系土曜21 - 22時台に単発のドラマ・バラエティーを放送する新枠『土曜プライム』を開始[108]。これまでの『土曜ワイド劇場』は『プライム』の一企画扱いに降格となる[109]が、単独番組としての『ワイド劇場』に割り当てられていた月1回の朝日放送制作回は新枠でも設けられる。また、20:58 - 21:00のミニ枠も『今夜の土曜プライム』に改題され、『プライム』で『ワイド劇場』を放送しない日にも放送される。
    • TBS系
      • 土曜早朝の報道番組『報道LIVE あさチャン!サタデー』がリニューアル。番組全体の放送時間が15分繰り上げ・15分短縮、5:30 - 7:00に変更[注 30]。ほか、前週までメインキャスターを務めた久保田智子(TBSアナウンサー兼報道記者)に代わり、林みなほ(同局アナウンサー)を新たに起用[110]
      • 土曜朝・昼の生情報番組『王様のブランチ』(第1部…9:30 - 11:45・第2部…11:59 - 14:00)の新レギュラーに、女流お笑いコンビ・おかずクラブが隔週レギュラーとして加入。また第2部の新レギュラーに綾部祐二ピース)が加わった[111]
      • 土曜夕方の報道番組『報道特集』は、膳場貴子が新キャスターに就任[52]
    • テレビ東京系
    • フジテレビ系
  • 3日4日
    • 日本テレビ系週末深夜のスポーツワイド番組『Going!Sports&News』のお天気キャスター、土曜日担当が大川藍(ファッションモデル)→伊藤萌々香フェアリーズ)、日曜日担当が松井愛莉(ファッションモデル)→古畑星夏(モデル・女優)にそれぞれ交代[118]。伊藤は3日(2日深夜)から、古畑は4日(3日深夜)から登場[注 38]
    • フジテレビ系週末のスポーツ情報番組『スポーツLIFE HERO'S』(日曜0:35 - 1:15〈土曜深夜〉・23:15 - 翌0:30)が放送開始[119]。同番組のメインキャスターは、日曜未明の「土曜版」では中村光宏宮澤智(同局アナウンサー)、日曜深夜の「日曜版」は佐野瑞樹と5月1日付でフリーアナウンサーに転向する加藤綾子(同)が担当[120][121]。なお、加藤は番組としての初回となった、同日未明の「土曜版」にも特別に出演した。
  • 3日
    • テレビ朝日系『ビートたけしのTVタックル』が放送枠を再移動(月曜日21時枠→月曜日ネオバラエティ枠→日曜正午枠(11:55 - 12:55)[122][注 39]
    • テレビ東京系『日曜ビッグバラエティ』枠で放送のシリーズ特別番組『元祖!大食い王決定戦』で長年MC・実況を務めたタレントの中村ゆうじが、同日放送された、第60回『元祖!大食い王決定戦〜爆食女王 新時代突入戦〜』を最後に勇退[123][124]
    • フジテレビ系
      • 日曜朝の報道番組『新報道2001』は、吉田恵(フリーアナウンサー、3月27日降板)[125]に代わる新女性キャスターとして大島由香里(フジテレビアナウンサー)が登板[126]。これと同時に、8:25以降の末尾30分がローカルセールス枠に転換された。
      • FNN・FNS系列の地方局(ブロックネット・ローカル)
        • 関西テレビを中心とするFNS西日本エリアネットの競馬中継『競馬BEAT』は、前週の同番組放送を最後に産休入りした杉崎美香(フリーアナウンサー)に代わり、竹上萌奈(関西テレビアナウンサー)を同日放送からアシスタント司会に起用[127]。なお、関西テレビが自社の女性アナウンサーを競馬中継に司会として起用するのは、1959年放送開始の『競馬中継(関西テレビ版)』から現在までの歴史を通して初となる。
    • RKB毎日放送はじめTBS系九州ブロック6局[注 40]の共同制作によるドキュメンタリー番組『窓をあけて九州』(1979年 - 2012年)が『新 窓をあけて九州』(日曜10:00 - 10:15)のタイトルで4年ぶりに復活。
  • 4日
    NHK[128]
    日本テレビ系
    • 『Oha!4 NEWS LIVE』(日テレNEWS24〈CS〉制作)がリニューアル。新出演者に小菅晴香榊菜美(いずれもセント・フォース所属のフリーアナウンサー、元北海道文化放送アナウンサー)が加入、小菅はニュースキャスターを、気象予報士でもある榊は気象担当キャスターとして登板。さらに、メーンキャスター不在だった水曜日のメーンキャスターには月・火曜日のメーンを務める畑下由佳が担当する。その他企画リポーターとして早稲田大学2年の宮本真智、慶應義塾大学2年の奥村莉子ら現役女子大生も新たに登場[140]
    • 『ZIP!』では、コーナーアニメ「あさアニメ」の第5弾として『朝だよ!貝社員』が放送開始[141]。また日本全国を旅する『あおぞらキャラバン』のコーナーではアーティストのセレイナ・アンと、オールド・イングリッシュ・シープドッグの「そら」が新登場[142]
    • 『NEWS ZERO』の新テーマ曲として、宇多田ヒカルシンガーソングライター)の新曲「真夏の通り雨」を同日放送より採用[143]
    • 日曜夕方の『真相報道 バンキシャ!』の2015年度[注 43]平均視聴率13.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)を記録。2002年10月の番組開始以来初めて、民放の同時間帯初の単独トップを獲得[144]
    • NNNNNS系列の地方局(ローカル編成)
    TBS系
    • 午後の情報番組『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』(CBC制作)が同日から東北放送(TBC、宮城県)でも番販ネットを開始(ただし、TBSと同様の15:51飛び降りネット)。これにより同番組は3局ネットとなった[147]。また直前番組『ひるおび!』との接続がステブレレスに変更された。
    テレビ東京系
    フジテレビ系
    • 平日枠の生放送番組を刷新。まず『めざましテレビ』は、加藤綾子の勇退に伴う後継の女性メイン司会者として、情報担当キャスターを務めていた永島優美(同局アナウンサー)が昇格、永島の後任情報担当として宮司愛海(同)を新たに起用[151]。また、お天気キャスターは小野彩香に代わり阿部華也子が登板。小野は前座番組『めざましテレビ アクア』のエンタメ担当キャスターに就任[152]。これと同時に『めざましテレビ』は番組セットを大幅リニューアル、番組タイトルロゴも初代ロゴマーク(1994年4月 - 2012年3月)[注 45]が4年ぶりに復活した。
    • 『バイキング』はこの週から50分後拡大の11:55 - 13:45に[注 46]、さらにこの週より火曜日新MCを柳原可奈子(ピン芸人)[注 47]高橋真麻(フリーアナウンサー、元フジテレビアナウンサー)が隔週交代で起用[84](同番組で女性タレントが日替わりMCを務めるのは2014年4月の番組以来初となる)、各曜日新レギュラーとして、火曜日にヒロミ(タレント)とYOU(同)、水曜日に松嶋尚美(タレント)、木曜日に横澤夏子(ピン芸人)とREINA(セクシーチョコレート)、金曜日に橋本マナミ(タレント)をそれぞれ起用。3月28日まで月曜日レギュラーだったアンガールズ(お笑いコンビ)は水曜日に、3月29日まで火曜日レギュラーだった小林麻耶(フリーアナウンサー、元TBSアナウンサー)は木曜日にそれぞれ移動。新テーマ曲はSuperflyが担当[153]
    • 『直撃LIVE グッディ!』が番組全体の放送時間を10分前拡大とし、第1部を13:45 - 14:50・第2部を14:50 - 15:50となるよう枠拡大[64]ほか、新気象予報士として、1日まで5年間『NHKニュース7』に契約出演[154]していた寺川奈津美が加わる[154]。同日からの『バイキング』『グッディ!』の拡大により、平日の同局は4時から19時までの連続した約15時間がミニ枠1枠を除き、同月1日の『バイキングSP』にともなう特別編成を経て、正式に生放送編成に移行[155][156]
    • 夕方ニュース『みんなのニュース』平日第1部(15:50 - 16:50)[注 48]をリニューアル、同日より同パートを通称『みんなのニュース Hop!』として新装開店。「Hopper」と呼ばれるレギュラーキャスターとして若手男性俳優が日替わりで務め、月:鈴木勝大、火:渡部秀、水:白石隼也、木:中尾明慶、金:永瀬匡の5名が各曜日出演[157]。しかし、10月改編時のリニューアルに伴い、わずか半年で終わった。
      • なお『バイキング』が直前番組『FNNスピーク』と直後の『グッディ!』との接続をステブレレスに変更、また『みんなのニュース』と19時台番組との接続もステブレレスに変更した。これによりフジテレビ平日では、11:30の『FNNスピーク』から20時台番組までが全てステブレレス接続となった。
    • 『あしたのニュース』『すぽると!』の後継となる平日深夜の新報道番組『ユアタイム〜あなたの時間〜』(月 - 木曜23:30 - 翌0:25、金曜23:58 - 翌0:55)が放送開始。ユアタイムメーンパートナー(メインキャスター)にファッションモデルの市川紗椰、ユアタイムパートナー(レギュラー)には野島卓(サブMC・ニュース担当)、田中大貴(スポーツ担当)両アナウンサー、ニュースコンシェルジュ(コメンテーター)にはDJでジャーナリストのモーリー・ロバートソンと、フジテレビ報道局の風間晋をそれぞれ起用[158][注 49]
  • 5日
    • TBS系火曜19時枠、所ジョージ司会のバラエティ番組『所さんのニッポンの出番!』のレギュラーとして出演していたジャニーズ事務所所属のアイドル・KAT-TUN田口淳之介(3月15日降板)[注 50]の後任として、同じKAT-TUNメンバーの中丸雄一が同日放送の2時間スペシャルから新加入[162]
    • テレビ東京系『開運!なんでも鑑定団』、石坂浩二の後任の新司会者として、福澤朗(キャスター、元日本テレビアナウンサー)が就任[82]。同じく司会を務めている今田耕司(タレント)は続投。
    • 毎日放送では『ごぶごぶ』の後番組として、同じ浜田雅功ら出演による新バラエティ番組『ケンゴローサーカス団』(関西ローカル、火曜深夜)を放送開始[86]
  • 6日 - テレビ朝日系『ナニコレ珍百景』の後番組として、同じネプチューンメインの番組であり、日曜未明(土曜深夜)枠から『あいつ今何してる?』がゴールデンタイム進出、同日放送の2時間SPより水曜19時に枠移動・拡大[44]
  • 7日
  • 8日 - テレビ朝日系にて、3月まで火曜・金曜の21時枠で放送していた『ロンドンハーツ』『世界の村で発見!こんなところに日本人』(後者は朝日放送制作)両番組の放送日時をそれぞれ入れ替え[170]、同時に『ロンドン〜』を『金曜★ロンドンハーツ』へ改題[108]、同日19時から放送された4時間特番『金曜★ロンドンハーツ&アメトーーーク! 姉妹番組4時間SP!!』[注 52]で金曜移動後初放送となった。
  • 9日
    • NHK総合の法律バラエティ『バラエティー生活笑百科』(大阪局制作)に、1987年9月から2001年1月まで相談員(パネリスト)としてレギュラー出演していた落語家桂南光が、室長(司会)の笑福亭仁鶴の室長補佐(サブ司会)として、同日から15年ぶりにレギュラー復帰[172]
    • テレビ朝日系『ANNスーパーJチャンネル・土曜版』の開始時刻を関東地区ほか一部地域において、16時30分に繰り上げ、90分番組に拡大[173]
    • TBS系『王様のブランチ』の新レギュラーに、横澤夏子が同日から、おかずクラブと交代で隔週レギュラーとして加入[111]
    • テレビ東京系『土曜スペシャル』がリニューアル、新たに番組ナビゲーターとして、俳優の内藤剛志を起用。架空の旅行会社ナイトウ旅行社」が登場し、内藤は社長役で登場する[174]。なお、同月から放送時間が18:30 - 19:54に短縮となった(後述の『家、ついて行ってイイですか?』の移動に伴う)ほか、テレビ愛知でも同時ネット開始。
    • フジテレビ土曜17時台前半に『ライオンのごきげんよう』に代わる小堺一機司会の新トーク番組『かたらふ〜ぼくたちのスタア〜』を放送開始[175]
  • 10日
  • 11日
    • NHK総合、月曜夜の笑福亭鶴瓶司会による紀行番組『鶴瓶の家族に乾杯』の放送時間が30分繰り上げ拡大(19:30 - 20:43、73分枠)、番組内容もこれまでの前後編から1話完結形式に変更[131]
    • テレビ朝日系
      • ワイド!スクランブル』では同日より同局新人アナウンサー桝田沙也香が加入し、気象情報などを担当[180]
      • 『報道ステーション』がリニューアル(第2シリーズ開始)。2代目メインキャスターに、古舘時代にフィールドキャスターを務めた富川悠太(テレビ朝日アナウンサー)が就任[90]。また『報道ステーション SUNDAY』『グッド!モーニング』両番組コメンテーターの後藤謙次共同通信客員論説委員・政治ジャーナリスト)[注 54]が月〜木曜のコメンテーターに就任。なお『〜SUNDAY』への出演は継続[181]。またスポーツコーナーは3月まで担当した青山愛から、1年先輩にあたる寺川俊平(同局アナウンサー)に交代[182]、寺川(俊)は月〜木までを担当[183]。また3月まで気象情報を担当した林美沙希から、3年後輩にあたる平成28年度入社の新人アナウンサー森川夕貴に交代、新規加入の喜田勝(気象予報士)とのコンビで気象情報を担当するほか[180][182]、フィードリポーターとして板倉朋希・平石直之の両アナウンサーがそれぞれ新たに加入[182]。また、金曜日のスポーツコーナーには元競泳選手の寺川綾が15日から登板[184]
      • 『ネオバラエティ』月曜日枠(月曜深夜、ABCでは火曜未明)にて、橋下徹弁護士、元政治家)の政界引退後初のレギュラーで、羽鳥慎一(フリーアナウンサー)とのタッグによる冠バラエティ番組『橋下×羽鳥の新番組(仮)』が放送開始[185][186]7月4日より、橋下の都知事選不出馬に伴い、現タイトルの『橋下×羽鳥の番組』に改題)。
    • TBS系
  • 12日 - NHK総合の歌謡番組『NHK歌謡コンサート』をリニューアルし、これまでの演歌・歌謡曲はもちろん、若者向けのJ-POP系の音楽も取り入れた内容の新歌謡番組『うたコン』を放送開始。放送時間も30分繰り上げて19:30 - 20:15とし、同日放送の初回を含めて月1回程度20:43まで枠拡大[129][131]。司会は谷原章介(俳優)と橋本奈穂子(NHKアナウンサー)[190](基本的にはNHKホールからだが、毎月最終週はNHK大阪ホールから公開放送)。
  • 13日
    • NHK総合では『ためしてガッテン』のリニューアル版『ガッテン!』(水曜19:30 - 20:15)が放送開始[131]。さらに水曜夜の爆笑問題『探検バクモン』が22:55 - 23:20→20:15 - 20:43へ繰り上げ移動。
    • テレビ朝日系『ネオバラエティ』水曜日のトークバラエティ『マツコ&有吉の怒り新党』のアシスタント・進行役が交代。2011年4月の番組開始から3月30日まで5年間「総裁秘書」を務めた夏目三久(フリーアナウンサー、元日本テレビアナウンサー)[191]に代わり、青山愛(同局アナウンサー)が就任[192]、同時に肩書も「庶務」に変更。
    • 毎日放送『水野真紀の魔法のレストランR』(関西ローカル)が同日放送より月曜→水曜19時枠へ3度目となる放送枠移動。新レギュラーとしてスザンヌ(タレント)と篠原信一柔道家・タレント)が加入[86]
  • 14日 - 21時26分に、熊本県を震源とする平成28年熊本地震が発生したことにより、NHKと民放各局では放送中の番組を中断・休止し、報道特別番組を熊本や福岡にある系列局からのリポートを交え、15日未明(一部の局では早朝)まで放送した[193]
  • 15日
    • この日も、前夜の熊本地震により、NHK総合・民放各局では早朝から昼過ぎまで、一部の予定番組(一部報道・情報番組含む)を休止して報道特別番組を放送のほか、報道・情報番組も地震関連を中心に放送された。夕方・夜もNHK総合『NHKニュース7』が臨時に19時30分を境とした2部制となり、20時まで延長放送したほか、各局ニュース番組で地震関連を中心に放送した。
    • テレビ東京系の歌謡番組『木曜8時のコンサート〜名曲!にっぽんの歌〜』が金曜19時台(18:53 - 19:56)へ移動、『金曜7時のコンサート〜名曲!にっぽんの歌〜』に改題[194](枠移動後初回は20:50までの2時間SP。番組は9月9日終了、5年の歴史に幕)。
    • フジテレビ系のニュースバラエティ『全力!脱力タイムズ』の女性キャスターが春日由実(同局アナウンサー)→小澤陽子(同)に交代、この日から登場[195]
  • 16日
    • 熊本地震で、この日未明(15日深夜)に本震が発生し、NHK総合では本震発生直後からこの日いっぱい、民放各局では本震発生直後から昼頃(一部系列では夕方)まで、大部分の予定番組を休止して報道特別番組を放送した。
      • NHK総合
        • 連続テレビ小説『とと姉ちゃん』も含めた大部分の番組を休止し、17日未明(16日深夜)まで地震関連のニュースを放送[注 56]。なお『とと姉ちゃん』は18日に第12話の本放送を第13話の本来の本放送時間帯に、第13話の本放送を15分繰り下げ、第12話の再放送を18日12:30 - 12:45に、それぞれ臨時枠移動を行った(第13話の再放送は通常通り)。
        • この日の『NHKスペシャル』は、当初の予定を変更し『緊急報告 熊本地震『震度7 活断層の脅威』』を現地からの中継を交えて放送。なお同番組では、被災地・熊本県出身の武田真一(NHKアナウンサー)が司会を務めた[196]
      • 日本テレビ系
        • 関東地区では『プロ野球中継巨人×広島」』の地上波放送(15:00 - 17:00、ローカルセールス枠)を取り止め『特報・熊本など余震続く 大雨警戒』(ローカルセールス枠)に差し替えた[注 57]
        • 同日開始予定の土曜ドラマお迎えデス。』(初回15分拡大)も『NNN報道特番・熊本など余震続く 大雨警戒』に差し替えた[注 58]ため、23日開始に変更[198]
      • テレビ朝日系『池上彰のニュースそうだったのか!!2時間SP』では予定内容を変更して緊急生放送とし、池上彰(ジャーナリスト)が今回の地震および活断層などについて解説を行った。
      • キユーピー3分クッキング』は、CBC版[注 59]が『JNN報道特番』放送の為休止となった(NTV版は通常通り放送)。
    • テレビ東京系にて、土曜23:55 - 翌0:50に放送されていた『家、ついて行ってイイですか?』がゴールデンタイム進出、土曜20時台(19:54 - 20:54)の放送に。なお、初回は18:30からの2時間半SPで放送された。
  • 17日
    • 熊本地震関連
      • NHK総合ではこの日も随時ニュース編成のため『NHKのど自慢』の公開生放送(愛媛県新居浜市)を休止、公開収録に変更して5月4日に放送した。なお『大河ドラマ・真田丸』等は通常通り放送された。
      • 日本テレビ系では報道特別番組『特報 熊本地震"震度7"から3日』(15:00 - 16:25、くまもと県民テレビ制作)を放送した[注 60]
      • テレビ朝日系では『極上!旅のススメ』を急遽休止し『ワイド!スクランブル・特別編』(10:00 - 11:45)を放送した。
      • フジテレビ系では『みんなのニュース』の特別番組として『緊急 みんなのニュース 熊本大地震その時何が』(10:00 - 11:15)を放送した[199]
    • TBS系日曜19時台のバラエティー番組『この差って何ですか?』が従前より30分繰り上げ・29分拡大となる、18:30 - 19:56の86分番組に変更[200][201](枠拡大初回は20:56までの2時間半スペシャル)。
    • フジテレビ系の日曜19時からの単発番組枠『日曜ファミリア』を、21時台に連続ドラマ枠を3年ぶりに再新設[注 61](第1作は『OUR HOUSE[202]、- 6月12日)したのに伴い、同日放送の『やっちまったTV』から2時間に短縮(9月18日放送『あのアスリートを一流にした劇的スイッチ!』をもって終了)。
  • 18日 - NHK総合では『クローズアップ現代+』を45分拡大(22:00 - 23:10)して「大地震 連鎖の脅威〜ドキュメント熊本地震〜」、また『時論公論』を5分拡大(23:55 - 翌0:10)して「熊本・大分の地震」と、地震関連特集をそれぞれ放送した[注 62]。なお、同日予定の『プロフェッショナル 仕事の流儀』(第294回)は5月9日へ移動。
  • 19日
    • NHK総合『サラメシ』が放送枠を月曜22:55 - 23:20→火曜20:15 - 20:43枠へ移動。但し、同日は『NHKニュース7』が2分拡大したため20:17 - 20:45の放送となった[203]
    • 朝日放送制作・テレビ朝日系『世界の村で発見!こんなところに日本人』が、前述の『金曜★ロンドンハーツ』との交換により火曜21時枠へ移動[170]、火曜移動初回は2時間スペシャルで放送。なお同日より新たに、AKB48卒業後初のテレビレギュラーとなる高橋みなみをはじめ、森山良子(歌手)、須賀健太(俳優)がレギュラーとして加入[204][注 63]
  • 22日 - NHK総合の歴史教養番組『歴史秘話ヒストリア』(大阪局制作)の新キャスターに、井上あさひ(京都局アナウンサー)が就任。同時に放送枠も水曜22時枠→金曜20時枠に移動[205]
  • 23日
  • 24日30日 - NHK総合にて『MUSIC JAPAN』の後継の若者向け音楽番組として、『シブヤノオト』と『NAOMIの部屋』の2番組が放送開始。前者は徳井義実チュートリアル)と清水富美加のMCにより24日より日曜夕方に、後者は渡辺直美(ピン芸人)のMCにより30日(29日深夜)より土曜未明(金曜深夜)に、それぞれ月1回ペースで放送される[209]
  • 24日 - TBS系日曜20時台にて、3月終了の『駆け込みドクター!運命を変える健康診断』の後番組として、2015年12月26日に『スパニチ!!』(関東ローカル)枠にて放送されたクイズ&ゲームバラエティー『珍種目No.1は誰だ!? ピラミッド・ダービー』をレギュラー化[注 66]。司会は設楽統(バナナマン)とウエンツ瑛士(俳優・タレント)が務める[210]
  • 25日 - TBS系月曜19時台にて『私の何がイケないの?・第2期』(3月14日終了)の後番組として、同番組から引き続き有田哲平くりぃむしちゅー)司会によるご対面バラエティ番組『ご対面バラエティー 7時にあいましょう』が開始[210]( - 12月19日)。
  • 26日
  • 27日 - フジテレビ系水曜22時台が、これまでの連続ドラマ枠から3年ぶりにバラエティ枠に転換、小泉孝太郎(俳優)とバナナマンの司会による『モシモノふたり〜タレントが“おためし同居生活”してみました〜』を開始[214]
  • 30日 - NHK総合『ブラタモリ』のアシスタントが、桑子真帆(NHKアナウンサー)→近江友里恵(同)に交代[135]、同日放送の「京都嵐山」の回から登場[注 67]

5月[編集]

  • 1日 - フジテレビ系『ワイドナショー』(第1部)の同日放送回に安倍晋三首相が特別出演し、司会の松本人志(ダウンタウン)らとフリートークを行った[215][注 68]
  • 2日 - テレビ朝日ほかで放送されているミニ紀行番組『世界の車窓から』が、1987年6月1日の放送開始から数えて10000回を達成(関東地区)[216]
  • 6日 - 日本テレビ系金曜20時枠にて『究極の○×クイズSHOW!!超問!真実か?ウソか?』がレギュラー放送開始。司会は有吉弘行、プレゼンターは桝太一(同局アナウンサー)と劇団ひとり(お笑い芸人・作家)、進行は尾崎里紗(同局アナウンサー)がそれぞれ担当。初回は19時からの2時間SPとして放送された[217]
  • 8日 - 日本テレビ系『行列のできる法律相談所』にて、かつて同番組にレギュラー出演していた橋下徹がこの日のゲストとして、約8年ぶりに番組出演[218][注 69]。なお、同日の平均視聴率は17.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)を記録した[219]
  • 9日 - 15日 - 日本テレビ系列にて、前年に引き続き大型キャンペーン『7daysTV かぞくって、なんだ。』を実施。メインパーソナリティーを笑福亭鶴瓶(落語家・タレント)、キャンペーンサポーターは桝太一アナがそれぞれ2年連続で務めたほか、新たなメインパーソナリティーとして西内まりや(タレント・モデル・歌手・女優)が参加した[220]。同キャンペーンには前年に引き続き各レギュラー番組が参加し(7daysTV#参加番組を参照)、13日には2時間特番『かぞくムービーAWARD2016 笑いと涙の瞬間、もっともっと集めました!』(21:00 - 22:54)が放送された。
  • 14日 - 6月5日 - 2016リオデジャネイロオリンピックバレーボール世界最終予選が開催され(女子:5月14日 - 5月22日、男子:5月28日 - 6月5日)、TBS系とフジテレビ系にて連日生中継された[221]
  • 15日 - 日本テレビ系の長寿演芸番組『笑点』(1966年の同日放送開始)が放送50周年を記念し、『笑点50周年記念スペシャル』として通常より30分前拡大の1時間枠で放送[222]。第1部(17時00分 - 17時30分)で13.4%・第2部(17時30分 - 18時00分)で20.1%の視聴率(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)をそれぞれ記録した[223]
  • 19日 - フジテレビ系『バイキング』の生放送中、同番組に出演した小林麻耶(木曜レギュラー)が体調不良を訴え、東京都内の病院に救急搬送されるハプニングが起きた[224]
  • 22日 - 日本テレビ系『笑点』第1回からの唯一の出演者[注 70]であり、2006年5月から5代目司会者を務めた落語家の桂歌丸がこの日、『笑点歌丸ラスト大喜利スペシャル』(通常より55分後拡大の85分枠)内の生放送をもって番組を勇退[225]、番組史上初の終身名誉司会に就任[222]2018年7月2日に81歳で逝去するまで在任した。第1部(17時30分 - 18時00分)で22.7%・第2部(18時00分 - 18時55分)で27.1%の視聴率(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)をそれぞれ記録した[226]
  • 22日 - 6月6日(5日深夜) - テレビ東京系にて『全仏オープンテニス2016』を独占生中継。初日の22日は19時54分より放送され、男子シングルス1回戦・錦織圭シモーネ・ボレッリ戦は現地パリの悪天候により試合途中で中止となり2日目(23日)に順延となったが[227]、予定を最大の210分延長し、翌23日2時12分(22日深夜)まで放送された[注 71]。なお順延となった錦織出場試合の再開分は日本時間翌24日0時12分から1時まで(23日深夜)録画中継された[228]。また錦織が29日(21:54 - 翌30日3:18(150分延長、29日深夜)[注 71])の4回戦・対リシャール・ガスケ戦で敗退し[229]、準々決勝・準決勝は中継せずも、錦織の進出有無に関わらず中継予定だった決勝は6月6日1:05 - 4:30(5日深夜。現地時間5日)に放送された[注 72]
  • 27日
    • 伊勢志摩サミット2日目のこの日、アメリカ合衆国大統領バラク・オバマが、原爆被爆地である広島県広島市を現職の大統領として初めて訪問、NHK総合・民放各局のニュース・報道番組で大々的に報道。NHKでは『ニュース シブ5時』を休止し16時から18時45分まで特報を伝え、『NHKニュース7』も20時まで30分後拡大して放送した。また、全国向けには民放5大系列にて、広島県域向けには同県域民放各局にて、それぞれ夕方(後者の一部は午後または19時台)に各局別に報道特別番組を編成した[注 73]ほか、NHK総合で22:00 - 23:15に報道特番『“世界へのメッセージ”を読み解く』[231]が放送された。
    • 昼頃、羽田空港大韓航空機のエンジンが出火し、NHK総合では同日13時のニュースを14時まで拡大放送した。これにより同日の『スタジオパークからこんにちは・第1部』が休止となった[注 74]
  • 29日 - 日本テレビ系『笑点』は、桂歌丸の後任の6代目司会者として、2006年5月から出演している落語家の春風亭昇太が就任し[225][232]、また、大喜利回答者の新メンバーとして、初代林家三平(1980年没)の次男で9代目林家正蔵の実弟でもある2代目林家三平(落語家)がお披露目され[233]、さらに林家たい平を『24時間テレビ』のマラソンランナーに選出したことも発表された[234]
  • 31日 - TBS系『水曜日のダウンタウン』における、お笑いトリオ・安田大サーカスのメンバークロちゃんを救出する企画の中止をこの日、同番組公式Twitterにて発表するとともに、同局が謝罪した[235]

6月[編集]

  • 3日 - 10日 - フジテレビ系にて、1週間に亘り様々な番組で宇宙をテーマにした企画を行う特別週間『宇宙ウィーク』を実施、最終日10日には「金曜プレミアム」枠にて映画『ゼロ・グラビティ』が地上波で初放送された[236]
  • 7日 - 日本テレビ系で前日6日に放送されたバラエティ特番『超頭脳トレード』にて、俳優の八名信夫悪役商会所属、元プロ野球投手)を誤って「故人」として表記していたことが明らかとなり[237]、同局はこの日、事実誤認による間違いと認め公式サイトで全面謝罪した[238][239][注 75]
  • 12日 - テレビ朝日系にて、3日に逝去したアメリカの元プロボクサーモハメド・アリの緊急追悼特別番組『モハメド・アリ緊急追悼番組 蘇る伝説の死闘「猪木VSアリ」[注 76](20:58 - 23:10)を放送[注 77]
  • 18日 - AKB48 45thシングル選抜総選挙の開票イベントが新潟にて開催。イベントの模様は例年通りフジテレビ系にて生中継[注 78]、平均視聴率は第1部6.2%・第2部8.7%・第3部17.6%(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)を記録[241]。さらにテレビ朝日系にて、イベント終了後の23:15 - 翌0:09枠[注 79]にて『緊急生放送!AKB48総選挙延長戦』を生放送した[242][243]ほか、NHK BSプレミアム『AKB48 SHOW!』も『選抜総選挙生放送スペシャルin新潟』と題し、史上初の2連覇を果たした指原莉乃(HKT48)が生出演し特別生放送が行われた。
  • 24日 - イギリスのEU離脱是非を問う国民投票関連報道により、NHK総合が正午のニュースを1時間30分延長した為、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』第71回(お昼の部再放送)を13時30分に繰り下げて放送した[注 80]
  • 26日 - TBS系で19日に放送された『珍種目No.1は誰だ!? ピラミッド・ダービー』での「双子見極め対決」において、出演者の姿を映像加工して見えなくし、さらに当初のルールにない脱落とする捏造をしていたことが発覚。同番組に出演した男性顔相鑑定士が22日に自身のブログで告発。同局は同日、番組プロデューサーが本人に謝罪したものの、鑑定士はBPOへの申し立て及び法的手段に訴えることも検討。なお、同件について同局は「事実関係を確認中」とした[244][245][246]が、翌27日になり広報部が「行き過ぎた編集があった」ことを認めたものの、捏造については否定した[247]。BPOの放送倫理検証委員会は7月8日、同番組について審議入りすることを決定[248][249]。また、同委員会は12月6日、「出演者への敬意や配慮を著しく欠いた編集は放送倫理違反」とする意見書を公表した[250]
  • 29日(28日深夜)- 日本テレビで未明帯に放送中のアイドルバラエティ番組『AKBINGO!』、バッドボーイズ(お笑いコンビ)に代わる新MCとして、よしもと所属のお笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーが登場[251]

7月[編集]

  • 1日 - 朝日放送の早朝情報番組『おはよう朝日です』(関西ローカル)にて、2005年4月からアシスタントキャスターを担当していた同局アナウンサーの喜多ゆかりが、「現在妊娠中であり、2016年12月に出産予定である」ことを番組内で報告し、適切な時期を選んで産休に入ることを理由として、番組を降板する予定であることを明らかにした[252]
  • 2日 - 関西テレビのトークバラエティ番組『昼間っから激論バラエティ 胸いっぱいサミット!』のサブ司会を務める八木早希(フリーアナウンサー、元毎日放送アナウンサー)が、同日放送分を最後に産休入りすることを理由に番組を一時降板、翌週9日より川田裕美(同、元読売テレビアナウンサー)に交代。なお、2017年秋に八木早希が休業から復帰した場合には、八木と川田が交互交代で司会を務めることも発表された[253]
  • 5日 - 日本テレビ深夜枠のアイドルバラエティ番組『BINGO』シリーズで、女性アイドルグループ・欅坂46初の冠番組となる『KEYABINGO!』(1:29 - 1:59、関東ローカル)が同日未明(4日深夜)より放送開始。番組MCはお笑いコンビ・サンドウィッチマンが担当[254](第1シリーズ、9月27日まで放送)。
  • 9日10日 - 東京・杉並公会堂にて「ウルトラマン生誕50周年」を記念して、記念イベント『ウルトラマンの日in杉並公会堂』(TBS・円谷プロ企画制作)が開催された[255][注 81]
  • 10日 - 第24回参議院議員通常選挙投開票。NHK・民放各局にて選挙特番を放送。また都道府県選挙区で合区実施に伴い、NHKではアナログ放送終了以来となる都道府県跨ぎの選挙区分政見放送が鳥取島根の山陰2県で復活、四国では徳島県高知県で初実施された。
  • 11日 - タレントで放送作家、作詞家としても活躍した永六輔が7日に逝去(後述)していたことが、この日公表された。各局では永の追悼特別企画を次の通り放送。
    • NHK総合では以下の番組が放送された。
    • 読売テレビ制作・日本テレビ系の長寿旅番組『遠くへ行きたい[注 82]』では、17日の放送内容を、初代旅人を務めた永が出演した当時の映像を紹介する追悼特別企画『遠くへ行きたい 永六輔七転八倒旅語録』に変更[260]
    • テレビ朝日系『徹子の部屋』では、12日の放送内容を変更し、永の追悼企画を放送した。
    • TBSテレビ『ゴロウ・デラックス』では、29日(28日深夜)放送分を追悼企画として、番組司会でTBSラジオの番組で長年アシスタントを務めた同局アナウンサー外山惠理(当番組2代目アシスタント)が思い出を語ると共に、永の出演回(2014年4月25日〈24日深夜〉放送)の再放送が行われた[261]
    • また、後述の『FNS27時間テレビ』で行われたナオト・インティライミ(歌手)の27時間100曲ライブの最終歌唱曲として、永が作詞した『上を向いて歩こう』(坂本九)を披露。歌唱前に、かつてフジテレビ系で放送された音楽番組『僕らの音楽』でナオトと永が対談した当時(2012年放送)の映像が流れ、永への追悼の意も込めて熱唱した[262]
  • 20日 - ジャズ評論家を経てタレント・司会者として活躍した大橋巨泉が12日に逝去(後述)していたことが、この日公表された。各局では大橋の追悼特別企画を次の通り放送。
    • テレビ朝日系『徹子の部屋』では、訃報が公表された20日の放送内容を大橋の追悼企画に変更した。
    • BS朝日では、21日19時より『ザ・ドキュメンタリー 大橋巨泉がん4度目の闘い~治す人治さぬ人…命のドキュメント~』(2015年6月4日本放送)を追悼番組として急遽再放送した[263]
    • TBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』では、22日の放送内容を「金スマ特別編 大橋巨泉さん追悼企画」に変更した。
    • BS-TBSでは、23日14時より『関口宏の人生の詩』にて2015年5月10日に本放送された「大橋巨泉の時代を先取りしたテレビ屋人生」を追悼番組として再放送した。
  • 23日 - 24日 - フジテレビ系にて夏恒例の『FNSの日』第30回となる『FNS27時間テレビフェスティバル!』を放送(23日18:30 - 24日21:24)[262]
  • 25日 - TBS系『NEWS23』にて、元同局アナウンサーで現在はフリーの雨宮塔子が、新メインキャスターとして登板[264][265]。雨宮が古巣のTBSの番組に出演するのは17年ぶり[注 83]で、報道番組担当はTBS入社1年目の1993年10月から1年間担当していた『あなたにオンタイム』(週末版サブキャスター)以来となる。
  • 28日
    • フジテレビ系の朝の情報番組『とくダネ!』の放送回数が同日放送分で4452回となり、同局系の平日午前のワイドショー枠では『小川宏ショー』(1965年 - 1982年)の全4451回の記録を更新した[266]
    • TOKYO MXやBSフジなどで放送されていたテレビアニメ『レガリア The Three Sacred Stars』が、「本来意図していたクオリティと相違があることを強く認識した」として、制作体制を見直すためTOKYO MXでは同日放送の第4話を持って放送を一旦打ち切り、9月1日から改めて第1話から放送し直すと発表。これに伴いTOKYO MXなどでは8月はつなぎ番組として『TARI TARI』の冒頭と終盤の4話を放送する[267][268]
  • 30日 - フジテレビ系『めちゃ×2イケてるッ!』の特番『〜夏休み宿題スペシャル』に、かつてのレギュラーメンバーで、不祥事により芸能活動から遠ざかっていた山本圭壱(元・極楽とんぼ)が10年ぶりに出演。所属事務所解雇やその原因となった淫行事件の経緯を自ら語り、最後はかつての相方である加藤浩次や岡村隆史(ナインティナイン)らレギュラーメンバーに土下座で謝罪した[269]
  • 31日 - 2016年東京都知事選挙(14日公示)投開票。この日、NHK総合などで選挙特番を放送。

8月[編集]

  • 1日 - 7月26日に逝去したピアニスト中村紘子を偲び、NHK BSプレミアムにて『クラシック倶楽部 中村紘子 ピアノ・リサイタル』(2013年10月20日・サントリーホールにて収録)を放送(5:00 - 5:55)[270]
  • 5日6日 - 7月31日に61歳で逝去した大相撲の第58代横綱千代の富士貢九重親方)を追悼し、各局で追悼特集番組を放送。
    • 5日、NHK総合では『NHK特集「九州場所 千代の富士の15日間」』(1988年11月28日放送)を再放送(15:15 - 15:56)[271]
    • 6日のTBS『バース・デイ』では「追悼 昭和の大横綱 千代の富士」と題した特集を放送。
  • 7日21日、NHKと朝日放送・BS朝日にて、阪神甲子園球場で開催の「第98回全国高等学校野球選手権大会」の模様を連日生中継[注 84]
  • 8日 - 明仁天皇が、7月13日に生前退位の意向が報道されたことについて、天皇自らがその「お気持ち」を国民に伝えるビデオメッセージを同日午後にNHK総合や日本テレビ系列・TBS系列テレビ東京系列(・一部独立局)が報道特別番組として放送した。
    • テレビ朝日系列は『ワイド!スクランブル拡大スペシャル』を「第2部」に引き続いて放送[注 85]、フジテレビ系列は『直撃LIVE グッディ!・第2部』を通常通り放送し、臨時に系列全局ネットに変更の上、いずれも同番組内で放送した。
    • TBS系列にて19時より2時間の生放送特番『皇室特別番組 陛下82歳「お気持ち」美智子さまと寄り添い共に開く未来への窓』が放送された。
  • 15日 - TBS系月曜20時台、『直撃!コロシアム!! ズバッと!TV』の打ち切り終了による後番組として、特番で好評を博した討論バラエティ番組『好きか嫌いか言う時間』をレギュラー放送開始(初回は3時間SP)[注 86]
  • 15日・17日 - 14日に解散発表をしたSMAP全員がレギュラーで出演していた唯一の番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系、関西テレビとの共同制作)は、15日放送分では、冒頭にテロップを表示することで対応[274][275]。17日にフジ・関テレが同番組について両名でマスコミ各社にFAXを提出し「解散に関する発表を受け、継続不可能と判断」として年内での終了を正式決定したことを発表[276]
  • 22日 - NHKは台風9号及び11号関連の報道のため、当初予定していたリオ五輪閉会式の総合テレビでの放送を取りやめ、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の昼の部再放送以外の時間を全て台風関連ニュースに差し替えて16時50分まで放送した。なお、リオ五輪閉会式についてはEテレに振り替えて午前7時30分から11時35分まで放送した[277]
  • 27日28日 - 日本テレビ系にて毎年夏恒例の『24時間テレビ39「愛〜これが私の生きる道〜」』を放送。メインパーソナリティーはジャニーズ事務所所属の4人組グループ・NEWS2009年(第32回)以来7年ぶり2回目の担当[278]。総合司会を羽鳥慎一(フリーアナウンサー)と水卜麻美(日本テレビアナウンサー)、スペシャルサポーターは徳光和夫(フリーアナウンサー。元同番組総合司会)と今田耕司(タレント)、チャリティーパーソナリティを波瑠(女優)、番組パーソナリティをオリエンタルラジオ(お笑いコンビ)[279]、マラソンランナーは林家たい平(落語家。『笑点』レギュラー)がそれぞれ務めた。なお当初、俳優の高畑裕太(女優高畑淳子の長男)も番組パーソナリティを務める予定だったが、不祥事により出演を見送る措置が執られた[280]。なお、全体の平均視聴率は15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)で、歴代18位タイを記録[281]
  • 29日 - NHK総合『スタジオパークからこんにちは』の同日放送分(ゲスト:森昌子)に司会予定だった高畑淳子が、長男の不祥事の影響により自ら出演を取り止め、同日の代役司会は榊原郁恵(歌手・女優)が務めた[282]
  • 30日 - NHK総合は、同日早朝から夜にかけての番組編成について、台風10号東北地方に上陸する可能性があるとして、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』を除く全番組(『NHKニュース おはよう日本』など通常のニュース番組除く)を休止し、長時間の台風関連ニュースを終日放送。また翌31日も午前から午後にかけての番組の一部を休止して東北地方の大雨被害関連ニュースを放送した。

9月[編集]

  • 7日 - 日本テレビ系水曜19時台、終了した『真相解明バラエティー! トリックハンター』の後番組として、特番で好評を博したバラエティ番組『1周回って知らない話』をレギュラー放送開始。司会は、特番時代から引き続き東野幸治と川田裕美(フリーアナウンサー、元・読売テレビアナウンサー)[283]。初回は2時間スペシャルで放送された。
  • 10日 - 東京ドームで行われたプロ野球読売ジャイアンツ(巨人)VS広島東洋カープ・22回戦」にて、広島が巨人を6-4で破り、25年ぶりのセ・リーグ優勝を達成。試合の模様はNHK総合で生中継(18:10-18:45、19:30-22:05[注 87])で全国放送され、同中継の後半(19:30 - 22:05)の平均視聴率が広島地区で歴代2位となる60.3%、また瞬間最高視聴率が71.0%(いずれもビデオリサーチ調べ、広島地区・世帯・リアルタイム)をそれぞれ記録[284]。また、カープの地元である広島地区の各局(NHK広島放送局中国放送・広島テレビ・広島ホームテレビテレビ新広島)は、(深夜または)翌日未明から翌朝にかけて一斉に優勝記念の特別番組を放送した[285]。なお、中国放送『Veryカープ!祝!カープ優勝V7』(11日0:58 - 3:45)はTBSと宮崎放送でも2:53から同時ネットされた[285]
  • 13日 - TBS系『所さんのニッポンの出番!』(2014年10月21日 - )が同日放送の2時間スペシャルをもって終了、2年の歴史に幕。
  • 18日25日(および12月25日2017年1月8日) - テレビ静岡制作・フジテレビ系列の公開教養番組『テレビ寺子屋』(フジテレビでは制作局より遅れネットで放送。)が、制作局において1977年4月の放送開始から数えて2000回(9月18日、フジテレビでは12月25日)を達成。それを記念して2週にわたって、かつて同番組のレギュラー講師として親しまれた吉岡たすく(児童文化研究家、2000年没)の講義の中から2本を放送[286]
  • 19日 - テレビ朝日系『ミュージックステーション』の放送30周年記念特別番組として、前年に引き続き大型特番『30周年記念特別番組 MUSIC STATION ウルトラFES』(12:00 - 16:45・17:00 - 19:00・19:00 - 21:48、3部構成)を放送[287]。同日放送にて、歌手の宇多田ヒカルが8年ぶりに『Mステ』に登場。3月まで5年3か月に亘り活動を休止していた宇多田にとって、活動再開後初のテレビ出演となった[288][注 88]
  • 20日 - テレビ朝日系の朝の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』が、9月第3週の平均視聴率で初の民放横並びトップとなる7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)を獲得したことがわかった[289]
  • 22日
  • 23日 - テレビ大阪の夕方ローカルニュース番組『ニュースリアルKANSAI』の金曜版『ニュースリアルFRIDAY』のメインキャスターを2015年4月の番組開始以来務めた長谷川豊(元フジテレビアナウンサー)が同日放送分をもって降板[注 90]
  • 24日 - TOKYO MXの情報番組『週刊リテラシー』が放送終了[294]
  • 24日・25日 - 関西テレビ制作・フジテレビ系『さんまのまんま』(制作局では土曜午後に、フジテレビでは日曜午後にそれぞれ放送)が、1985年4月より31年6ヶ月続いたレギュラー放送を同日分をもって終了[295]。レギュラー版最終ゲストには森昌子(歌手)が出演した[296]。以後は年2回のスペシャル番組となり[295]10月7日の「金曜プレミアム」枠にて放送の『さんまのまんま 秋の夜長に旬なあの人たちが勢揃いSP』より単発特番として再出発。
  • 25日 - テレビ東京系の旅バラエティ番組『ドラGO!』が、前身番組『ドライブ A GO!GO!』から換算して約18年の歴史に幕。
  • 28日 - 西武プリンスドームで行われたプロ野球「埼玉西武ライオンズVS北海道日本ハムファイターズ」第25回戦で日本ハムが西武に1-0で勝利し、4年ぶり通算7度目となるパ・リーグ優勝を達成[297]。なお、試合の模様はNHK BS1(101ch)[注 91]で全国中継されたほか、西武の地元・埼玉県のテレ玉の『ライオンズアワー』(19:00 - 21:30[注 92])、日本ハムの地元・北海道では北海道放送(HBC)で、それぞれ生中継された[注 93]。優勝決定後、道内各局(テレビ北海道を除く、NHK北海道・北海道放送・札幌テレビ・北海道テレビ・北海道文化放送の5局)にて、同日深夜もしくは翌日未明に一斉に優勝記念の特別番組を放送した。
  • 29日
    • 日本テレビ系『ZIP!』の木曜日パーソナリティとして出演した関根勤(お笑いタレント)が卒業[注 94]
    • 日本テレビ『PON!』(中京テレビへもネット)で、2010年3月29日の放送開始から約6年半[注 95]に亘りDJ・ナレーターを務めた「DJ MICKEY」こと坂上みき(ラジオパーソナリティ、元テレビ新潟アナウンサー)が勇退。
  • 30日
    • 日本テレビ系
      • 『ZIP!』の2代目女性総合司会を2014年9月29日より約2年間務めた北乃きい(女優)が卒業[298]
      • 旅バラエティ番組『アナザースカイ』の女性MCを2014年10月3日より約2年間務めた瀧本美織(女優)が、同日放送分を以て卒業[299]
    • テレビ東京系
      • 平日16時台の生活情報番組『L4 YOU!』が地域限定スポンサードネットを終了、制作局(キー局)以外のネット局(テレビ東京を除く同系列局・関西地区の一部独立局)全局では打ち切り。なお、翌月3日からは純然たる関東ローカルに降格となったが、番組そのものは継続。
      • 金曜19時(18:55 - 19:56)枠にて、教養バラエティ番組『超かわいい映像連発!どうぶつピース!!』を放送開始。お笑いコンビ・オードリーが司会を務める[300]
    • KBS京都2008年春から放送されていた昼前のローカル情報番組『ぽじポジたまご』が最終回、8年半にわたる歴史に幕。

10月[編集]

  • 1日 - タツノコプロ製作のアニメシリーズ『タイムボカンシリーズ[注 96]の最新作となる『タイムボカン24』が読売テレビ・日本テレビ系土曜17時30分枠にて放送開始[注 97]。同作はゲームソフト会社のレベルファイブが企画協力およびキャラクター&メカ原案を担当[301]
  • 2日
    • 日本テレビ系の日曜昼前のトーク番組『誰だって波瀾爆笑』(9:55開始。一部地域除く)が、放送枠を30分後拡大して11時25分までの90分番組としてリニューアル[302]。同時に、モデルでタレントの岡田結実ますだおかだ岡田圭右の長女)が新たにMC陣に加入[303]
    • テレビ朝日系の日曜昼前枠にて、かつて放送された業界バラエティ『もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!』(2008年 - 2015年)の企画で人気を博した『帰れま10』をベースとしたロケバラエティ『帰れまサンデー』(10:00 - 11:15)とその第2部扱いの『帰れまサンデープラス』(11:15 - 11:45)をそれぞれ放送開始(なお、前者は後者を吸収・統合の↑2017年4月9日より16:30 - 17:25へ移動)。
    • TBS系
      • これまで単発番組として開始され、関東ほか一部地域で未明帯にレギュラー放送されたこともあるロケバラエティ番組『バナナマンのせっかくグルメ!!』(バナナマン出演)が日曜18時台後半枠で全国ネットによるレギュラー放送を開始。
      • 毎年秋恒例のコント日本一決定戦特番『Cygames キングオブコント2016』が同日生放送。9代目王者にライス(よしもと所属)が輝いた[304]
    • テレビ東京系
      • 日曜18時台前半、『ドラGO!』の後継番組で、乗用車にまつわるロケバラエティ『車あるんですけど…?』を開始。MCは片桐仁ラーメンズ)とトミタ栞(歌手・タレント)が務める。
      • 『日曜ビッグバラエティ』枠にて放送された、第61回『元祖!大食い王決定戦 世界をつかめ!炎の決戦』にて、4月に勇退した中村ゆうじの後任MCとして、肉体派タレントで俳優の照英が新たに就任[305]
    • フジテレビ系
      • 日曜朝8時台後半(8:30 - 9:00)にローカルセールスのアニメ枠を新設、第1弾として『モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON』を開始[306][307]。なお本作はフジテレビにおいて、約10年ぶりにデイタイム(6時 - 19時)での新アニメ枠[308]で、放送時間が一部重複していた『新報道2001』は7:30 - 8:25に枠縮小となった。
      • 日曜朝10時枠『ワイドナショー』が第2部『ワイドナB面』を統合して放送枠を20分拡大[注 98]。また、火曜日未明(月曜日深夜)に同番組を時差ネットしていた関西テレビが同日より同時ネットに移行[309]、さらに第1部のみをネットしていたテレビ大分でも2部統合に伴い時間拡大、これによりFNS全28局同時ネットとなった[注 99]
      • 土曜未明(金曜深夜)枠で好評だった『さまぁ〜ずの神ギ問』が日曜13時枠へ移動(関東地区の場合。一部地域は現行と同じく、非ネットもしくは放送日時が異なる)[310]
  • 3日
    日本テレビ系
    • 『ZIP!』の3代目女性総合司会に、川島海荷(女優)が就任[311]。また、フィールドキャスターには2016年新人アナウンサーの梅澤廉佐藤真知子の2名を新たに起用[312]
    • 『NEWS ZERO』では放送10周年を記念して、特集企画「NEXT10〜次の10年へ」を6日まで4日間にわたり放送[313]。音楽活動を再開した宇多田ヒカルが、同番組のテーマ曲「真夏の通り雨」をスタジオライブで披露[314]、また同番組メインキャスターを務める村尾信尚との対談などを放送した[315][316]
    TBS系
    平日(月曜 - 金曜)昼前の放送枠を改編。
    テレビ東京系
    • 平日16時台の生活情報番組『L4 YOU!』(同日から関東ローカル)が、9月まで関東ローカルで放送されていた『みどころ』枠を吸収し、15:55 - 16:54に枠拡大した。
    フジテレビ系
    • 『めざましテレビ アクア』の月〜水曜の情報担当キャスターとして、2016年同局新人アナウンサーの堤礼実が登板[318]。また、月・火曜エンタメ&スポーツキャスターに、元テレビ静岡アナウンサーの伊藤弘美が就任[319]
    • 『めざましテレビ』のレギュラー陣に、元チェッカーズの歌手藤井フミヤの長男で2016年同局新人アナウンサーの藤井弘輝が新登板。なお藤井は『アクア』のニュースコーナーも担当[320]
    • 平日夕方の放送枠を改編、月曜 - 金曜の15:50 - 16:50にドラマなどの再放送を含むフリー編成枠『メディアミックスα』(関東ローカル)を放送開始[321]。これにより、フジテレビで4月から開始した平日の15時間連続となるほぼ生放送編成はわずか半年で幕を下ろした。
    • 夕方のニュース番組『みんなのニュース』平日版がリニューアル。上記関東ローカル枠での『メディアミックスα』新設に伴って全体の放送時間を16:50 - 19:00に短縮すると共に[321]、番組内容も事件・事故や政治・外報ニュースを扱う「ニュースゾーン」とスポーツ、カルチャー等の話題を扱う「ハッピーゾーン」を設け、ニュースゾーンのサブキャスターに椿原慶子(同局アナウンサー)、ハッピーゾーンのサブキャスターに生野陽子(同)を据え、9月までフィールドキャスターを担当していた内田嶺衣奈(同)を「ハッピーゾーン」担当に回し、永尾亜子(2016年新人アナウンサー)が「ニュースゾーン」担当として新規加入[322]。尚、メインキャスターの伊藤利尋は不変[322]
    5大系列局のローカル編成・独立局・BS
    • 毎日放送の午後の情報番組『ちちんぷいぷい』の第1部(13:55 - 15:50)を南日本放送(MBC、鹿児島県)に番販ネットを開始。これにより当番組のネット局は現行の2局(MBS・HBC)から3局に拡大[323]
    • 朝日放送
      • 早朝の情報番組『おはよう朝日です』は、産休のため降板する喜多ゆかり(同局アナウンサー)の後任の新アシスタントとして、同局入社3年目の川添佳穂(同)が登板[324][325]
      • 夕方のローカルニュース番組『キャスト』では『おは朝』に異動した川添の後任リポーターとして2016年新人アナウンサーの澤田有也佳が新登板[325]
    • TOKYO MXの平日正午枠(12時 - 13時)に情報番組『ひるキュン!』を新設し放送開始。同番組ではメイン司会を田中みな実(元TBSアナウンサー)が一週間通しで務め、田中の曜日別パートナーとして井上裕介NON STYLE、月曜)、サンプラザ中野くん(歌手、火曜)、木本武宏TKO、水曜)、蟹江一平(俳優、木曜)、ゴリガレッジセール、金曜)の5名がそれぞれ出演[326]。また本番組はエムキャス対応番組として提供される[326]
    • KBS京都は、昼前のローカル情報番組を一新し『おやかまっさん』(平日10:30 - 11:55)のタイトルで新たに放送開始。メインMCはマッハ文朱(タレント、元女子プロレスラー)が務める。
    • BS日テレでは、平日11時枠[注 100]にて、高橋真麻(タレント、フリーアナウンサー)司会の冠情報バラエティ番組『真麻のドドンパッ!』を放送開始[327]
    • BSフジのクイズ番組『クイズ!脳ベルSHOW』がこの週より、これまでの週1回(水曜22時枠)から月〜木曜22時枠の帯番組へ移行。
  • 4日 - テレビ東京系『開運!なんでも鑑定団』の新アシスタントとして、同局2016年新人アナウンサーの片渕茜が新たに加入[328]
  • 5日
    • NHK Eテレにて、過去に特番で放送され好評を博したトーク番組『ねほりんぱほりん』(水曜23:00 - 23:30)がレギュラーで放送開始。MCは山里亮太(南海キャンディーズ)とYOU(タレント・女優)が務める[329]
    • TOKYO MX『バラいろダンディ』にて、2014年4月の放送開始から2年半MCを務めた長谷川豊が前日で降板したことを、この日の番組冒頭にて、MCの阿部哲子が発表。これにより長谷川のレギュラー番組が全滅[330]
  • 6日
    • 日本テレビ系『ZIP!』の木曜日第3代パーソナリティとして、田中直樹ココリコ)が登場[331]
    • フジテレビ系『めざましテレビ アクア』木曜・金曜のメインキャスターに同局アナウンサーの宮澤智が、情報担当キャスターには2016年新人アナウンサーの鈴木唯がそれぞれ登板[318]
  • 7日
    • 東京・銀座でリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックのメダリストらの合同祝勝パレードが行われ、NHK総合と民放各局(テレビ東京を除く)でその模様を放送した。
      • NHK総合では10時40分から11時30分まで生中継(ゲスト:室伏広治/元男子ハンマー投選手、アテネオリンピック金メダリスト)。
      • 日本テレビでは、朝の情報番組『スッキリ!!』の第2部に引き続いて、特設枠『スッキリ!!超拡大メダリストパレードたっぷり見せますSP』(10:25 - 11:30)を別途設けて放送した(一部地域除く)。
      • フジテレビ系では昼ニュース『FNNスピーク』の通常放送を、36分前拡大となる10:54[注 101] - 11:55に拡大SPとして、それぞれ生中継で放送した。
      • テレビ朝日系では『ワイド!スクランブル・第1部』、TBS系では『ひるおび!』の「第0部」・「午前」内でそれぞれ生中継した。
    • フジテレビ系『めざましテレビ』の金曜日の新コーナーとして、モデルでタレントのローラによる料理コーナー「ローラの休日」を開始[332]
    • 日本テレビ系『アナザースカイ』の新女性MCに、中条あやみ(女優・モデル)が同日放送の1時間スペシャルから就任[333]
  • 8日 - BS日テレにて、昭和のヒット曲に限定した歌謡ランキング番組『歌え!昭和のベストテン』(土曜21:00 - 21:54、初回は22:54までの2時間SP)を放送開始。司会は太川陽介(俳優・タレント、元歌手)と西田あい(歌手)が務める[注 102][334]
  • 10日
    • NHK総合にて体育の日のこの日、2020年東京オリンピック・パラリンピックへのキックオフデーとして『東京2020 12時間スペシャル →2020』と題し、8時15分 - 20時45分までの12時間テレソン特番を生放送(中断あり)。総合司会は同局アナウンサーの武田真一・有働由美子が務め、19時30分からは嵐司会による『嵐スタジアム』を放送した[335]。また22時からの『NHKスペシャル』では「東京2020 レガシー 未来に何を残すのか」を放送した。
    • 日本テレビ系で中継放送した「プロ野球セントラル・リーグクライマックスシリーズファーストステージ・巨人VS横浜DeNA」第3戦は、地上波中継終了予定の16時53分を過ぎても試合が延長11回まで縺れたことにより、地上波での野球中継後続の夕方ニュース番組『news every.』の第2部(16時53分 - 17時53分)全編および第3部(17時53分 - 19時)内で野球中継を続行する形を採り、試合終了(結果はDeNAが4-3で勝利)まで中継を行った(こちらも参照)。
  • 11日18日25日 - 関西テレビ制作・フジテレビ系の火曜21 - 23時台の3枠を順次改編。21時台は11日より、火曜22時枠連続ドラマが21時台と枠交換する形で、火曜21時枠連続ドラマを新設[336][337]。22時台は18日より、枠交換によりバラエティ番組枠となり『有吉弘行のダレトク!?』を、23時台から移動し1時間に拡大(枠移動・拡大後初回は30分後拡大)[310]。なお23時台の『ダレトク!?』の移動に伴う後番組には25日から『#nakedEve』を新たに開始[310][338]
  • 13日
  • 16日
    • 日本テレビ系『ザ!鉄腕!DASH!!』『世界の果てまでイッテQ!』の日曜ゴールデン枠2大番組のレギュラー出演者による初の相互乗り入れ特番『ザ!鉄腕!DASH!!×世界の果てまでイッテQ! はじめての交換留学SP』を放送。『DASH』からは城島茂TOKIO)が、『イッテQ!』からは手越祐也(NEWS)とイモトアヤコがそれぞれ互いの番組に「留学」した[342]
    • テレビ朝日系『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』のゴールデン版『日曜もアメトーーク!』が日曜19時枠(18:57 - 19:58)で放送開始(初回は2時間SP[343])。なお、従来の木曜ネオバラエティ枠『アメトーーク!』は継続、『アメトーーク!』は週2回の放送となった[340][注 103]
    • TBS系でかつて日曜20時枠にて放送されたクイズバラエティ番組『クイズ☆タレント名鑑』(2010年8月 - 2012年3月)が4年半ぶりに復活、新番組『クイズ☆スター名鑑』として放送開始(18:55 - 19:56、初回は2時間SP)[344]。MCは『タレント名鑑』から引き続き田村淳ロンドンブーツ1号2号)と、枡田絵理奈(元TBSアナウンサー)が務める他、レギュラーパネリストも田村亮(ロンドンブーツ1号2号)、有吉弘行、おぎやはぎが続投する[345]
    • テレビ東京系『モヤモヤさまぁ〜ず2』のアシスタントを3年半務めた狩野恵里(同局アナウンサー)が、同日放送の『卒業スペシャルinハワイ』をもって卒業[346]。なお同日は通常より1時間拡大して20:54まで放送した[343]
  • 18日
    • TBS系火曜19時枠、『所さんのニッポンの出番!』の後番組として、日曜19時台から『この差って何ですか?』を放送枠移動、同日の2時間スペシャル(19:00 - 20:54)から放送。
    • プロ野球・広島東洋カープ投手の黒田博樹が現役引退を表明。これにより、テレビ新広島では19時より、フジテレビ制作の番販による同時ネット番組『優しい人なら解ける クイズやさしいね 2時間スペシャル』[注 104]を急遽『緊急特番 TSSみんなのテレビ カープ黒田投手引退会見』に差し替えて放送した[347][348]ほか、中国放送は『水戸黄門・第37部』の再放送を休止し『ニュース6緊急特番・黒田投手 今季限りで引退へ』を、カープOBの安仁屋宗八(RCC野球解説者)をゲストに迎えて放送[349]し、広島テレビでは翌日未明(当日深夜)に『緊急特別番組 カープ黒田博樹投手 現役引退へ』(19日0:59 - 1:29)をそれぞれ放送した[350]
  • 20日 - TBS系で16日に放送した『サンデーモーニング』の「週刊御意見番」で中央大学箱根駅伝予選会で予選落ちしたニュースを紹介した際、コメンテーターの張本勲(野球評論家)が「情報によると内紛があるらしい」と発言したことに対し大学側が抗議していた問題で、同局は「事実と異なる表現があった」として番組HPに謝罪文を掲載[351]。しかし23日の番組内での謝罪及びテロップ対応は拒否した[352]
  • 21日 - 14時7分に、鳥取県中部を震源とする震度6弱の地震(鳥取県中部地震)が発生し、NHK及びテレビ東京を除く民放キー4局は発生直後から通常の報道・情報番組の内容を地震関連に変更する対応を取ったり、通常の報道・情報番組または通常のドラマ再放送枠を打ち切った上で報道特別番組を編成する対応を取って伝えた。
  • 23日
    • テレビ東京系『モヤモヤさまぁ〜ず2』の3代目アシスタントとして福田典子(同局アナウンサー)が新登板[353]
    • NHK BS1では20日に病逝した元ラグビー選手の平尾誠二(享年53)を追悼し、18:00 - 20:50(途中でBSニュース中断挟む)の枠で『伝説の名勝負「不屈の闘志激突!'85年ラグビー日本選手権」』(2012年1月2日放送)を特別番組として放送した[354]
  • 26日 - TBS系で9日に放送した『オール芸人お笑い謝肉祭'16秋』において、出演者が下半身を露出するなど下品な内容があったとして、BPOの放送と青少年に関する委員会が同番組について審議入りを決定。BPOの決定についてTBSは「今回の審議入りについて重く受け止め、また真摯に協力する」とコメントした[355]
  • 27日 - テレビ朝日系『羽鳥慎一モーニングショー』にて、20日に放送された慶應義塾大学広告研究会の集団暴行事件の話題について、報道の内容が不適切だったことを同番組アシスタントの宇賀なつみ(同局アナウンサー)が謝罪した[356]
  • 28日 - フジテレビ系金曜19時台(一部地域除く)にて、特番で人気を博した、視聴者からの悩み事を相談する情報バラエティ番組『その原因、Xにあり!』を放送開始。司会は恵俊彰[310][357]
  • 29日 - プロ野球日本シリーズ「広島VS日本ハム」、同日マツダスタジアムで行われた第6戦で日本ハムが勝利し、4勝2敗で日本一を達成(こちらも参照)。日本ハムの日本一を受け、NHK北海道・札幌テレビ・北海道放送・北海道テレビの道内4局では翌30日未明(当日29日深夜)に日本ハムの優勝特番を放送。
  • 30日 - テレビ朝日系『日曜洋画劇場』が放送50周年[注 105]を記念して、同日放送の『日曜エンタ・日曜洋画劇場』15分短縮版(放送作品:『バイオハザードII アポカリプス』、21:15 - 23:10[注 106])から50周年限定オープニング映像を放送[358]こちらも参照)。なお、翌2017年春で『日曜洋画』自体が完全終了したため、この50周年限定オープニングは短期間で終わった。
  • 31日 - テレビ朝日系『ワイド!スクランブル』の「第1部」が、関東地区のみ同日より5分前倒し拡大、10時25分開始となる[注 107]

11月[編集]

  • 1日 - 12月28日、フジテレビ系『直撃LIVE グッディ!』は、司会を務める高橋克実(俳優)が12月に出演の舞台演劇『ナイスガイ in ニューヨーク』の稽古期間は11月については水・木曜のみ出演し、舞台本番の12月は全放送を休演。この為、番組では高橋不在の間の代打MCとして八嶋智人(俳優)が登板[359]、八嶋は同番組の代打MCとして11月は月・火・金曜を、12月はすべての曜日をそれぞれ担当した[359]
  • 5日
    • 広島東洋カープのセ・リーグ優勝記念凱旋パレードが広島市内で行われ、NHK広島放送局・中国放送・広島テレビ・広島ホームテレビ・テレビ新広島の県内全5局が特別番組を編成し、その模様を生中継した[360]。また、午後から本拠地のマツダスタジアムにて行われた優勝報告会および黒田博樹引退セレモニーは、RCC・HTV・HOME・TSSの民放4局が特別番組として放送[361]
    • 関西テレビ土曜午後14時台後半にて、岡村隆史(ナインティナイン)と田村亮(ロンドンブーツ1号2号)がMCを務めるトーク番組『おかべろ』(フジテレビ以外の同系列局の一部でも番販遅れネットを実施)を開始[362]
  • 6日 - フジテレビ系日曜19時 - 20時54分にて、古舘伊知郎が司会を務める大型バラエティ番組『フルタチさん』を開始[363][注 108]。古舘にとっては『報ステ』降板後初のテレビレギュラー番組となるのは勿論、同局系では約16年ぶりに司会を担当。また古舘は9日(8日深夜)より同局系の水曜0時25分 - 0時55分枠(火曜深夜)の新トーク番組『トーキングフルーツ』でも司会を務める。
  • 7日 - 13日 - 日本テレビ系列にて、前年に引き続き、1週間に亘り様々な番組で「からだ」をテーマにした企画を行う特別週間「カラダWEEK」を実施。キャプテンは上田晋也(くりぃむしちゅー)、マネージャーはお笑いコンビ・ハリセンボンと、モデルで女優の中村アンが務めた[364]
  • 7日 - テレビ東京が港区六本木3丁目の住友不動産六本木グランドタワー内の新本社から放送開始、これに合わせて平日のニュース番組を一新。
    • 4日終了の『NEWSアンサー』(2011年10月 - 2016年11月)に代わり、夕方の経済ニュース番組『ゆうがたサテライト』(月 - 金曜16:54 - 17:45[注 109])を開始。メインキャスターは同局アナウンサーの狩野恵里、フィールドキャスターは同局報道記者の進藤隆富がそれぞれ担当[365]
    • 『ワールドビジネスサテライト(以下『WBS』と記す)』も出演者が一部交代及びシフト変更。前週まで「トレたま」コーナーのリポーターだった相内優香(テレビ東京アナウンサー)が火曜・木曜・金曜のフィールドキャスターに回り、相内の後任の同コーナーリポーターには新人アナウンサーの片渕茜が起用され、月曜・火曜の同コーナーを担当[366]
    • 朝の情報番組『モーニングチャージ!』もリニューアル[367]し、これで『Newsモーニングサテライト』から『WBS』までテレ東系では1日を通して4つの報道・情報番組全てで経済ニュースを放送する体制となった[368]
  • 9日 - アメリカ大統領選挙投開票日(現地時間:8日)のこの日、大統領選挙関連の報道特別番組をNHKならびに民放地上波5大系列で放送。
  • 10日 - 13日 - 野球日本代表(侍ジャパン)の強化試合(10日・11日:対メキシコ戦、12・13日:対オランダ戦、東京ドーム)をTBS系及びテレビ朝日系でそれぞれ中継(いずれも当日放送の地上波と同系列のBSデジタル局にて、地上波で放送のない時間帯には、必要に応じてトップ中継またはリレー中継を実施)[369]
  • 12日 - NHK総合にて、10月25日に逝去した登山家田部井淳子(享年77)の追悼番組として『田部井淳子さんをしのんで〜100年インタビュースペシャル〜』(16:40-17:30)を放送した[注 110]
  • 15日 - 日本テレビ系『今夜くらべてみました』のMC陣にSHELLYが産休から9か月ぶりに復帰、同日の放送から再登板し、徳井義実(チュートリアル)・後藤輝基フットボールアワー)・指原莉乃(HKT48)とのMC4人体制に[371]。これに伴いタイトルも番組史上最長となる『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』に再変更。
  • 20日
    • 北海道内で2つのプロスポーツに関連するイベントが行われ、道内各局(NHK北海道・北海道放送・札幌テレビ・北海道テレビ・テレビ北海道・北海道文化放送)で特別番組が編成された。
      • 北海道日本ハムファイターズのパ・リーグ優勝ならびに日本一を記念したパレードが札幌市内で開催されるにあたり、テレビ北海道を除く各局で特別番組を編成しパレードの模様を生中継[372]。なお、テレビ北海道は毎週日曜午前に放送されている『けいざいナビ北海道』の中で、パレードの現場からレポートを挿入[373]
      • 明治安田生命J2リーグ第42節で首位北海道コンサドーレ札幌ツエーゲン金沢と0 - 0の引き分けとなり、9年ぶり3回目のJ2リーグ優勝と5年ぶり5回目のJ1昇格が決定。この試合の模様は、テレビ北海道において生中継(14:00 - 15:57)されたほか、道内全局で、翌21日未明(当日深夜)に優勝記念の特別番組を編成し、一斉に放送した[374]
  • 21日 - 27日 - テレビ東京系にて「テレ東→六本木3丁目移転プロジェクト」の一環として、一週間に亘りゴールデンタイムにて特別番組を編成する「テレ東変わるWeek」を実施[375]
  • 22日 - 5時59分頃(JST)、福島県沖を震源とするM7.3の地震[注 111]が発生し津波警報が発令された。当時NHKでは『NHKニュースおはよう日本』を放送中であったが、地上波・BSで緊急警報放送に切り替えた。また民放キー局では朝の情報番組時間帯であったことから、福島県沖地震及び津波警報について詳細に伝えた。
    • NHKでは正午過ぎまで総合・BS1で津波関連ニュースを伝えたほか、同日放送予定の連続テレビ小説『べっぴんさん』(第44回)は本放送が総合では昼の再放送枠(12:45 - 13:00)に臨時枠移動するなど、放送予定に変更が生じた(詳細はこちらを参照)。
    • テレビ朝日系では『羽鳥慎一モーニングショー』の通常放送に引き続き、ANN報道特別番組扱いで『〜拡大SP』(9:55 - 10:25)も別途放送[注 112]したほか、TBS系でも9:55 - 10:25枠にJNN報道特別番組を放送した。
  • 23日 - NHK総合およびBS-TBS、BSスカパー!にて、プロサッカーJリーグの年間王者決定戦『Jリーグチャンピオンシップ2016』準決勝「川崎フロンターレ鹿島アントラーズ」』(川崎市等々力陸上競技場)を生中継(NHK総合は13:50 - 16:00)。試合は1-0で鹿島が勝利し決勝進出。
  • 24日 - NHK総合にて、明石家さんまが司会の音楽特別番組『第1回明石家紅白!』(19:30 - 20:43)が放送。さんまがNHKの番組で司会を務めたのはこれが初で、『明石家紅白!』は翌2017年6月10日(9日深夜)に第1回の拡大版を放送し、6月26日には『第2回』が放送されている。
  • 27日 - 朝日放送制作・テレビ朝日系列『大改造!!劇的ビフォーアフター SeasonII』が終了、レギュラー放送としては第1期との通算で11年8か月の歴史に幕を下ろし、シリーズは翌年から再度不定期特番に移行した[376][注 113]
  • 28日 - 歌手のASKAが執行猶予中に覚せい剤取締法違反(使用)で再逮捕[377]。各局の午後のワイドショー番組においてASKA逮捕の一報(この時点では逮捕状請求)を速報テロップで伝えたが、このうち『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ制作・日本テレビ系)では、放送終了後に司会の宮根誠司と芸能レポーターの井上公造が逮捕前のASKAに対し電話を使ったインタビューを敢行[378]。この模様は、翌日の同番組ならびに『NEWS ZERO』、また翌30日の日テレ系各報道・情報番組でも放送された。なお、ASKAは証拠不十分で12月19日釈放された。
  • 29日 - ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ・V6のメンバー、長野博が結婚を発表。同日、日本テレビ系で生放送された恒例の歌謡特番『日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2016』に出演し報告、同番組内でV6メンバーや、総合司会を務めた櫻井翔(嵐)らから祝福を受けた[379]
  • 30日 - 乳がんの治療のため、約1年間芸能活動を休止していた北斗晶(タレント、元女子プロレスラー)が、かつてレギュラー出演していたTBS系『あさチャン![注 114]にこの日生出演しテレビ復帰[380]

12月[編集]

  • 1日 - 読売テレビ『朝生ワイド す・またん!』(関西ローカル)は、2010年3月の番組開始から司会を務めた吉田奈央(同局アナウンサー)が同日放送を以て産休入りの為降板[381][382]
  • 3日 - 明石家さんまとSMAPの冠番組であり、年末年始恒例の特番として好評を博した日本テレビ系『さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル』とフジテレビ系『さんタク』(後者は木村拓哉と共演)の両番組について、SMAPの解散に伴い、ともに打ち切りとなったことがわかった。同日、さんまがパーソナリティを務めるラジオ番組にて、自ら明言した[383]
  • 4日 - 朝日放送・テレビ朝日系にて年末恒例の漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2016』が生放送。第12代王者に銀シャリ(よしもと所属)が輝いた[384]
  • 5日
    • TBS系「第49回日本有線大賞」が放送された。司会は高橋英樹小島瑠璃子
    • 体調不良のため11月3日から活動休止していた歌手の華原朋美が、自身が月曜日レギュラーとして出演している日本テレビ『PON!』に生出演、同日から復帰。華原は同番組の出演を10月31日放送分から約1ヶ月休止していた[385]
    • お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平が同日放送の『しゃべくり007 冬の2時間SP』(日本テレビ系)のオープニングトークの中で、一般女性と結婚したことを報告[386]
  • 7日 - 読売テレビ『朝生ワイド す・またん!』にて、2013年から出産・育児により3年8ヶ月休業していた虎谷温子(同局アナウンサー)が同日より復帰し、水・木曜の司会を担当[381]。これに伴い出演者をシフト変更し、諸國沙代子(同)が月・金曜の司会担当に[382]
  • 8日 - 18日 - 日本テレビ系列地上波・BS日テレに於いてサッカー国際大会『FIFAクラブワールドカップ2016』(市立吹田サッカースタジアム横浜国際総合競技場)を大会期間中に生中継[387]。なお、18日に決勝が行われ、スペインの名門クラブレアル・マドリードが優勝したが、Jリーグから出場の鹿島アントラーズの健闘もあり、大会最高視聴率26.8%(瞬間最高は36.8%。ともにビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)を記録した[388]
  • 9日 - 読売テレビ・日本テレビ系アニメ『名探偵コナン』の20周年を記念して、同アニメの2時間SP『名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵』を『金曜ロードSHOW!』枠にて放送[389]
  • 10日 - フジテレビ系『土曜プレミアム』枠にて、木村拓哉主演の劇場映画『HERO(2015年版)』を地上波初放送[390]
  • 13日 - お笑いコンビ・NON STYLE(よしもと所属)の井上裕介の交通不祥事を受け、BSジャパンでは、井上が司会を務めるバラエティ番組『結婚式、挙げてみませんか?』(火曜23:30 - 24:00)の同日の放送を中止とした[391]。また、井上は月曜レギュラーを務めるTOKYO MX『ひるキュン!』も19日放送より休演、当面は代役で対応。年末年始特番の出演を全てキャンセルした(ただし、当面の間は相方の石田明が単独で活動する)。
  • 15日 - NHK総合『所さん!大変ですよ』のアシスタントを2015年開始のレギュラー版第1回から担当していた久保田祐佳(NHKアナウンサー)が、同日放送のエンディングにて、産休入りのため卒業することを発表[392]
  • 16日 - この日午後、安倍晋三首相ロシアウラジーミル・プーチン大統領の2回目の首脳会談が総理大臣官邸で行われ、NHK総合と民放各局は会談後の共同記者会見の模様を生中継で放送した。
  • 19日 - フジテレビ系『SMAP×SMAP』(関西テレビ・フジテレビ共同制作)で1996年4月15日の放送開始時から続いた名物コーナー「BISTRO SMAP」が同日放送で最終回を迎え、最終ゲストとしてタモリが出演。平均視聴率は16.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)を記録した[393]
  • 20日 - テレビ東京系『開運!なんでも鑑定団』の同日放送分にて、出品された天目茶碗曜変天目茶碗と鑑定され、25,000,000円という高値を記録。これについて、レギュラー鑑定士の中島誠之助骨董屋「からくさ」店主)曰く「(番組22年の歴史の中で)最大の発見」とした[394]
  • 23日 - BS日テレの報道番組『深層NEWS』は新年(2017年)からの番組リニューアル断行に伴い、番組開始当初からメインキャスターを務めた小西美穂(日本テレビ報道記者)、隔週金曜日のメインを担当した岸田雪子(同)、同じく下川美奈(同)らといったレギュラー出演者が同日放送をもって退任[395]
  • 24日
  • 25日 - 1960年に日本教育テレビ(NET、現・テレビ朝日)で放送開始し、1967年4月16日から東京12チャンネル→テレビ東京で放送してきた長寿医療情報番組『話題の医学』(日本医師会企画・制作)が終了。テレビ東京で49年9ヶ月、NET時代から換算して56年の歴史に幕[399]
  • 26日 - フジテレビ系『SMAP×SMAP』(関西テレビ・フジテレビ共同制作)が最終回。番組史上最長となる5時間特番『SMAP×SMAP FINAL』(18:30 - 23:18、288分)をもって、20年9か月・全920回にわたる放送の歴史に幕[400]。なお、SMAPはこれがグループとしての最後のテレビ出演となった[401]。視聴率は、第1部(18:30 - 19:00)が14.1%、第2部(19:00 - 22:00)が17.4%、第3部(22:00 - 23:18)が23.1%をそれぞれ記録した(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)[402]
  • 27日
    • 日本テレビ系『ZIP!』
      • 火曜日パーソナリティの眞木大輔(MAKIDAI)が、24日にコンサートのため、北海道亀田郡七飯町の国道を自動車で移動走行中にトラックとの衝突事故に遭遇、全治2〜3ヵ月の重傷を負い入院、同日の番組を欠席した[403]。なお同日の放送では代役を立てずに放送、また、MAKIDAIからのメッセージが司会の桝太一(同局アナウンサー)から代読された。
      • 系列局の読売テレビ『朝生ワイド す・またん!』では、2011年10月5日より火曜日司会を務めた中谷しのぶ(同局アナウンサー)が同日の放送を以て諸事情により番組降板することを発表[404]
  • 28日 - 21時38分ごろ、茨城県北部を震源とする最大震度6弱の地震が発生。
    • NHK総合『ニュースウオッチ9』は予定ニュースを地震情報に切り替え22時30分まで拡大して放送した。また、日本テレビ系『1億人の大質問!?笑ってコラえて!年末スペシャル』は第2部(21:46 - 23:30)の冒頭で日テレNEWS24を伝えた後第2部本編に入り、テレビ朝日系『帰れま10!史上最大の挑戦!朝・昼・夜3軒連続帰れまトライアスロン!』も途中で中断し地震速報を伝えた後再開。
    • TBS系で放送していた『実録!犯罪列島2016 怒りの直接対決3連発!婚活サギ師追跡458日逮捕まで完全激撮』は終盤で地震ニュースに切り替わり終了まで放送できず、このため、2017年1月9日未明(8日深夜)に急遽未放送部分を盛り込む形で再編集版『実録!犯罪列島 婚活サギ師直接対決SP』として放送されることになった[405]
  • 29日 - 日本テレビ報道記者の岸田雪子が、2006年4月の番組開始から務めた『スッキリ!!』と、2010年4月から務めた『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ制作)両番組のニュース担当をそれぞれ卒業[406]
  • 30日 - TBS系にて『第58回輝く! 日本レコード大賞』を生放送(18:30 - 22:00[注 115]、210分(事前枠を含め270分))[407][408]。大賞は西野カナが歌唱した「あなたの好きなところ」が受賞[409]。なお平均視聴率は19:00 - 22:00が14.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)を記録、前年比1.5ポイント増[410]
  • 31日
    • 第67回NHK紅白歌合戦』(第1部…19:15 - 20:55・第2部…21:00 - 23:45、合計260分)を生放送。紅組司会は有村架純(女優。初)、白組司会は相葉雅紀(嵐。2年ぶり6回目、個人的には初)、総合司会は武田真一(NHKアナウンサー)がそれぞれ担当。前年に続き紅組が優勝。平均視聴率は第1部が35.1%[411]、第2部が40.2%(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)を記録、第2部は前年比1.0ポイント増[412]
    • テレビ東京系『土曜スペシャル』の人気シリーズ『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』を劇場映画化し、この年公開された『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE』を地上波テレビ初放送。
  • 31日 - 2017年元日未明 - 日本テレビ系にて『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の大晦日恒例「笑ってはいけないシリーズ」の第11弾『絶対に笑ってはいけない科学博士24時』(31日18:30 - 翌2017年元日0:30、330分)を放送[413]。平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)は第1部(18:30 - 21:00)が17.7%、第2部(21:00 - 翌0:30)が16.1%で紅白歌合戦の裏番組として7年連続で民放トップを獲得した[414]

その他テレビに関する話題[編集]

年間[編集]

  • 日本テレビが2016年の「年間」[注 116]の世帯視聴率で、3年連続となる三冠王(ゴールデン・プライム・全日)を獲得(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)[415][416]

1月[編集]

静岡第一テレビ・新ロゴ
  • 1日 - 静岡第一テレビ(SDT)が局の呼称を、これまでの「だいいちテレビ」から「Daiichi-TV」(ダイイチ・ティーヴィー)に変更[417]。同時にブランドステートメントとして「NEXT VISIONへ。」を制定。
  • 4日
    • ビデオリサーチによる2015年の年間[注 117]視聴率(関東地区・世帯・リアルタイム)が発表され、日本テレビが全日・ゴールデン・プライムでいずれも首位を獲得。2年連続で3冠王に輝く[418]。全日での首位は5年連続。一方、視聴率低迷に悩むフジテレビは全日帯では民放3位(NHK総合込みで4位)だったものの、ゴールデン・プライムではTBSに抜かれ民放4位(ゴールデンはNHK総合込みで5位・プライムはNHK総合込みで4位)に転落した[419][420]。また、2015年の年間視聴率ベスト30(関東地区・世帯・リアルタイム)も発表されたが、フジテレビは年間ベスト30にランクインしたのが、2015年12月27日に放送された『全日本フィギュアスケート選手権・女子フリー』の1番組にとどまり、苦戦ぶりを象徴する結果となった[421]
  • 10日
    • NHKのアナウンサーで、総合テレビの『ニュース シブ5時』のフィールドキャスターを務めていた塚本堅一が、自宅で危険ドラッグを所持していた疑いで厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された[422]。翌11日にはNHK放送センターのアナウンス室を家宅捜索した。アナウンサーが逮捕された件についてNHKは「誠に遺憾であり、視聴者の皆様や関係者に深くおわびすると同時に、事実関係を調べた上で厳正に対処する」とコメントした[423]。『シブ5時』は大相撲初場所中継のため休止していたが、25日から再開。同日冒頭でキャスターを務める松尾剛寺門亜衣子(ともにNHKアナウンサー)が塚本の逮捕について改めて謝罪した[424]。塚本は更に29日に自宅で危険ドラッグを製造した疑いでも再逮捕され[425]、2月9日に略式起訴及び罰金50万円の処分を受け[426]、さらに同月23日付で懲戒免職処分となった[427]
    • フジテレビ系『とくダネ!』や『Mr.サンデー』(後者は関西テレビと共同制作)などの情報・ワイドショー番組のコメンテーターとして活躍したジャーナリストで元ニューズウィーク日本版編集長の竹田圭吾膵臓がんのため逝去(51歳没)[428]
  • 11日 - 大日本除虫菊(金鳥)「タンスにゴン」など数多くのテレビCMソングを手がけた作曲家編曲家はやし・こばが、敗血症のため逝去(80歳没)[429]
  • 15日 - テレビショッピングにて独特の語り口でお茶の間の人気者となり、さらには物真似のネタにもなった通信販売大手のジャパネットたかた創業者で前社長の高田明が勇退[430][431]。最後の出演はテレビ東京『7スタライブ』内「快適!ショッピングスタジオ」と、CS放送ジャパネットチャンネルDXの30時間特番で、同日24時(翌16日0時)をもって同社の全出演を終了した。
  • 16日 - タレントで漫才師の西川きよしが、前立腺がんの手術・治療のため1か月程度休養[432]。その後2月末より復帰した。
  • 19日 - 日本テレビアナウンサー(当時)の新谷保志が、制作会社社員の女性に対してセクハラ行為を行ったとして自宅謹慎中であることが明らかに。同局広報部はこれが事実であることを認めた上で既に厳正な処分を行ったとコメントした[433]
  • 20日 - 2014年12月28日にテレビ朝日系で放送された『世紀の瞬間&未解決事件』で2000年12月に発生した世田谷一家殺害事件を取り上げた際、名誉を侵害されたとして被害者家族である女性絵本作家がBPOに申し立てたことについて、BPOの放送人権委員会は審理入りする決定を下した[434]
  • 21日 - 元テレビ朝日取締役報道局長の椿貞良が2015年12月10日に逝去していたことが明らかに。1993年日本民間放送連盟(民放連)の会合で当時行われた総選挙報道において、いわゆる「椿発言」が問題となり国会の場で証人喚問され、さらには当時の郵政省からテレビ朝日が厳重注意を受けるなど波紋を呼んだ[435]
  • 27日 - 出版業務及びチケット販売のぴあが発行していたテレビ情報誌TVぴあ」がこの日の発売号をもって休刊[436]
  • 30日5月 - タレントのベッキーが、不倫騒動の影響によりタレント活動を休止。MCを務めていた関西テレビ・フジテレビ系『にじいろジーン』は30日の放送から休演。番組冒頭で同じくMCを務める山口智充(お笑いタレント・俳優)が発表した[437]。ベッキーはこのほかのレギュラー番組の出演も暫く休止していた[438][439](5月より順次復帰、『にじいろ〜』は降板)。
  • 31日 - 日本テレビアナウンサー(当時)の上田まりえが同局退社[440]。翌2月1日から松竹芸能所属のタレントとして活動開始[441]

2月[編集]

3月[編集]

  • 1日 - 青森ケーブルテレビで0時(2月29日24時)から、2011年7月24日の地上アナログ放送終了までの間、地上アナログ放送のみで行っていたテレビ北海道テレビ東京系列)の区域外再放送を、地上デジタル放送にて試験放送として再開[445]
  • 4日 - TBSアナウンサー(当時)の小林悠が、健康上の理由により同日付で依願退職したことを発表[446]
  • 5日 - 長崎文化放送(NCC)で10時48分ごろ、放送が一時中断し、受信中のテレビ画面が一時黒くなるなどして、約39分間にわたり番組やCMが放送できなくなる事故があった。これにより途中5分間の自社制作番組は予定通り放送できたが、11時32分に復旧するまで別の映像を流すなどでつないだ。このため『ありえへん∞世界』(テレビ東京)および『とっても健康らんど』(九州朝日放送)の番組一部とCMが放送できなかった。なおNCCによると、長崎市の本社屋で電源工事をしていた業者の作業員が放送機器につながるブレーカーを過って落としたことが原因とみられる[447]
  • 13日 - TBSの報道局政治部の男性記者が、港区赤坂スーパー万引きをしたとして、警視庁赤坂署に現行犯逮捕された。男性記者は容疑を認め、15日に釈放された。TBSは逮捕について「誠に遺憾。事実関係を調べた上で厳正に対処する」とコメントした[448]
  • 15日 - テレビ朝日系『報道ステーション』やフジテレビ系『とくダネ!』になど出演していた、経営コンサルタントのショーン・マクアードル川上が、週刊文春により自身の経歴の誤りを指摘されたことを受け、米国の大学での受講歴などについて、事実と異なる表記があったことを認め、2番組を初めとする出演中の番組(出演予定、ラジオ含む6本)について活動を自粛すると発表[449]
  • 21日 - 落語協会所属の物真似師であり、前名の初代江戸家小猫時代にテレビ東京『Theゲームパワー』やフジテレビ系『キンカン素人民謡名人戦』の司会を務めたことでも知られた四代目江戸家猫八が進行性胃癌の為に逝去(66歳没)[450]。最後の出演は8日のテレビ朝日系『徹子の部屋』で、長男の2代目江戸家小猫とともに出演した[451]
  • 23日 - フジテレビ営業局の男性社員がこの日早朝、渋谷区内のマンションの他人の部屋に無断で侵入したとして警視庁渋谷署に現行犯逮捕された。調べに対し「自分の部屋に入ろうとしただけだ」と容疑を否認。当時はかなり酒に酔った状態だった[452][453]。フジテレビは逮捕について「大変遺憾。事実関係を調査の上厳正に対処する」とコメントした[454]
  • 26日 - TBSアナウンサー兼報道記者の久保田智子が同日放送の『報道LIVE あさチャン!サタデー』放送終了後にTBSアナウンス室の自身のブログにて「アメリカ駐在の夫(日本テレビ記者、NNNニューヨーク支局駐在特派員)と共にアメリカにて生活する為に、TBSを退職する」ことを発表した[455][456]。なお、久保田は自身の年次有給休暇の残留分を消化する迄の間、TBS社員としての籍は残るために[455]、現時点で正式な退職日は未定。
  • 31日
    • 1980年3月31日の開業と同時にフジテレビ系で『日本全国ひる休み』を放送開始(同年9月30日終了)し、その後『笑ってる場合ですよ!』(1980年 - 1982年)を経て伝説的番組となった『森田一義アワー 笑っていいとも!』(1982年 - 2014年)の聖地として主に親しまれ、また『ライオンのいただきます(→II)』(1984年 - 1990年)など様々な番組の公開放送や収録で使用された東京新宿多目的スタジオスタジオアルタが、同日生放送されたTOKYO MX『出張!5時に夢中!in 新宿スタジオアルタFinal』を最後にスタジオ運用を終了[92][93]。なお、最後のアルタ制作番組は『久保みねヒャダこじらせナイトSP』(フジテレビ、4月3日(2日深夜)[注 118])。跡地は11月3日に多目的劇場「アルタシアター」としてリニューアルオープンした[458]
    • TBSで入社以来36年間スポーツアナウンサーとして活躍したアナウンサー林正浩が同日付で定年退職。テレビ最後の実況は30日のプロ野球中継『SAMURAI BASEBALLDeNA×巨人2回戦』(一部地域除く。地上波中継終了後もBS-TBSにてリレー中継を全国放送)[459]
    • 読売テレビアナウンサーの増井渚が同日付で退社、セント・フォース所属のフリーアナウンサーに転向[460]

4月[編集]

ファイル:Chukyotv new logo.svg
中京テレビ・新ロゴ
  • 1日
    • 中京テレビがCI導入、新コーポレートマーク「CHUKYO TV」とブランドステートメント「あなたの真ん中へ。」の使用を開始[461]。同時に和文ロゴも一新。
    • RKB毎日放送が認定放送持株会社に移行、RKB毎日ホールディングスに商号変更。分割準備会社の商号を「(新)RKB毎日放送」に変更し旧社から放送・文化事業全般を承継[462][463][注 119]
    • 朝日放送系列のCS放送運営会社、スカイ・エーのチャンネル名が「スカイ・A sports+」から「スカイA」に変更[464]
    • スポーツ庁は、日本テレビが2015年秋に実施した健康増進キャンペーン「カラダWEEK」について「スポーツを通して国民の健康増進への関心を高めることに寄与した」として、鈴木大地長官名による感謝状を同局に贈ることを発表[465]。なお、感謝状贈呈式は4日に東京都千代田区のスポーツ庁庁舎長官室に於いて執り行われた[466]
  • 4日
    • ビデオリサーチによる2015年の年度[注 120]視聴率が発表され、日本テレビが全日・ゴールデン・プライムでいずれも首位を獲得。2年連続で3冠王に輝く(全日は5年連続で首位獲得)。全日が8.5%、プライム帯が12.2%、ゴールデン帯が12.4%(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)[467]
    • お笑いコンビ・はんにゃ川島章良が、2014年11月に初期の腎臓癌が発見され、手術を受けていたことを、同日放送のテレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!2時間スペシャル』(20:58 - 23:15)内で明らかにした[468][注 121]
  • 6日 - TBSはこの日、放送法遵守を求める視聴者の会が見解の相違を理由に同局番組のスポンサーに圧力をかけるなどと公言していることについて、「表現の自由、ひいては民主主義に対する重大な挑戦であり、看過できない行為である」と非難、同局が声明を発表した[469]
  • 9日 - NET(現・テレビ朝日)系アニメ『キューティーハニー』(1973年)の主題歌「キューティーハニー」を手掛けた「クロード・Q」こと、作詞家の岩崎富士男が心不全のため逝去[470]
  • 11日 - テレビ朝日とサイバーエージェントで共同運営するインターネット映像配信サービス、AbemaTV(アベマ・ティーヴィー)がサービス開始。
  • 12日 - フジテレビ系の海外テレビ映画『スパイ大作戦』(日本語版)の指令テープの声、同局アニメ『ハクション大魔王』(1969年 - 1970年)の大魔王役や、TBS系『ギミア・ぶれいく』(1989年 - 1992年)内のショートアニメ『笑ゥせぇるすまん』の「喪黒福造」役など、数多くのアニメや外国映画の吹き替えを務め、俳優としてはフジテレビ系の特撮ドラマ『スペクトルマン』では「公害Gメン室・倉田室長」を演じ、またナレーターとしても活躍した俳優・声優の大平透が肺炎のため逝去(享年86)[471]
  • 15日 - くまもと県民テレビはこの日から3日間の日程で開催予定だった、同局主催・興和特別協賛のLPGAツアー第7戦『KKT杯バンテリンレディスオープン』を、前日夜に発生した熊本地震 (2016年)を受け開催の中止を決定。なお、同オープンは17日(最終日)に日本テレビ系で中継放送予定だった[472]
  • 18日 - 熊本地震の取材に当たっていた関西テレビの中継車が前日(17日)朝、熊本県菊陽町内のガソリンスタンドで車列の中に割り込んで給油していたことが明らかとなり、同局がこの日、事実を認めた上でHPで謝罪した他[473]、同日夕方放送の『みんなのニュース ワンダー』でもキャスターの岡安譲(同局アナウンサー)が視聴者に対して謝罪した[474]。ところがその後、同じフジテレビ系列の仙台放送の関連会社社員がこの割り込み給油を援護する内容の虚偽書き込みをTwitter上でしていたことが分かり、同局が19日、HP上で謝罪した[475]
  • 21日 - 日本テレビはこの日、同局のHPに不正アクセスがあり、番組関連のプレゼント応募者などの個人情報が約43万件流出した恐れがあることを発表した。同局広報部はこの事態について謝罪し「今後このような事態を起こさないよう、情報セキュリティー対策を強化していく所存」とし、外部専門家による調査委員会を設置して原因を究明する方針を明らかにした[476][477]
  • 26日
  • 27日 - 5月9日 - 日本テレビ系『笑点』の放送50周年を記念して、巡回展「笑点 放送50周年特別記念展」が東京・日本橋髙島屋日本橋店で開催[481]。同展はその後京都横浜大阪の髙島屋各店でも開催された。
  • 30日 - IMAGICAの系列会社IMAGICA FTV(3月31日会社解散[482])が運営していたCS放送のグルメ専門チャンネル「FOODIES TV」(1997年5月1日開局)が放送終了、19年の歴史に幕[483]

5月[編集]

  • 1日 - ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ・のメンバー5人が熊本地震の被災者を励ます復興支援プロジェクト「FOR KUMAMOTO PROJECT」の特別CM[注 122]が、この日の20時53分から1分間、熊本県を放送対象地域とする県域民放テレビ4局(熊本放送・くまもと県民テレビ・熊本朝日放送テレビ熊本)で一斉に放送された[484]
  • 2日 - TBS系『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』などを手掛ける番組制作会社のHI-STANDARDと同社社長が、2014年12月までの2年間に渡り約7100万円を脱税していたとして東京国税局から東京地検に告発されていたことが明らかに。なお同社は既に修正申告と納税を済ませている[485]
  • 3日 - 5日 - NHKがゴールデンウィーク恒例のイベント『渋谷DEどーも2016』を東京・渋谷NHK放送センターにて開催。
  • 5日 - 『きょうの料理』や『新日本紀行』などNHKを中心に数多くのテレビ番組のテーマ音楽を手掛けたことで知られた作曲家でシンセサイザー奏者の冨田勲がこの日午後、東京都内の自宅で倒れ救急搬送されたものの、慢性心不全のため逝去(84歳没)[486]
  • 6日 - 毎日放送制作・TBS系の人物密着ドキュメンタリー番組『情熱大陸』がフィリピンの地上波テレビ局「GMA NewsTV」に於いて日本時間のこの日から放送開始。現地では「JONETSU TAIRIKU」のタイトルで放送され、日本で放送されたものを再編集、英語字幕が付けられ、英語のナレーションに吹き替えられる。また同番組はフィリピンのインターネットポータルサイト「Hallo Hallo Allance」にて日本の放送局が制作したドキュメンタリー番組としては初めての試みで1ヶ月限定の無料見逃し配信も行う[487][488]
  • 12日 - フジテレビ系『とくダネ!』のメイン司会を務めるフリーアナウンサーで司会者の小倉智昭(元テレビ東京アナウンサー)が膀胱がんであることが明らかになった。翌13日放送の同番組内で小倉自らが病状について報告、16日から治療に専念するため全ての仕事をキャンセルしたが[489]、23日放送の同番組から復帰した[490]
  • 16日 - BPOの放送人権委員会はこの日、2015年2月17日にフジテレビ系で放送された『カスペ!あなたの知るかもしれない世界6』で自転車事故を取り上げた際、放送倫理上の問題があるとの見解を示した[491]
  • 17日 - フジテレビ系アニメ『ちびまる子ちゃん』のお姉ちゃん(さくらさきこ)役や読売テレビ・日本テレビ系アニメ『ブラック・ジャック』のピノコ役など数多くのテレビアニメで活躍した声優の水谷優子乳がんのため逝去(享年51)。29日放送の『ちびまる子ちゃん』が最後の出演となり[492]、後任は6月5日放送分より豊嶋真千子に引き継がれている[493]
  • 18日 - 双子の姉の伊藤エミ(2012年没)と共にザ・ピーナッツを結成し、フジテレビの歌謡番組『ザ・ヒットパレード』や日本テレビ系『シャボン玉ホリデー』などに出演するなど、テレビ草創期に活躍した歌手の伊藤ユミが逝去(享年75)[494]。これによりザ・ピーナッツは2人とも亡くなった。
  • 21日 - 本仮屋ユイカ(女優)の実妹で東海テレビアナウンサーの本仮屋リイナが、フジテレビ勤務の男性社員と結婚することが明らかになり、23日放送のレギュラーでアシスタントを務める同局のローカル情報番組『スイッチ!』で婚姻届を提出したことを自ら発表した[495]
  • 23日
    • この日の早朝、東北5県のNHK総合テレビ(仙台放送局除く)で映像と音声が途切れるトラブルが発生。発生したのは『大相撲 幕内の全取組・夏場所千秋楽』を放送中の4時頃と『NHKニュース おはよう日本・7時台』(7時00分 - 7時45分)を放送中の7時25分頃の2回。東京・渋谷の放送センターから仙台局経由で5県の各放送局へ映像と音声を送る放送設備にトラブルがあったと見られる[496]
    • 2015年1月、BS朝日で放送されていた深夜番組『3B juniorの星くず商事』(放送打ち切り)の収録中にアイドルグループ3B juniorのメンバーだった当時小学生の少女がヘリウムガスを吸引して一時意識不明となった事故で、警視庁麻布署はこの日、同番組を制作したテレビ朝日に対し「注意義務は認められなかった」として被疑者不詳のまま業務上過失傷害容疑で書類送検した[497]
  • 24日 - 21時40分頃から最大10分間にわたり、東京などにあるNTTコミュニケーションズが保有する通信機器の故障により新潟長野山梨各県の合計10の民放テレビ局で放送が中断するトラブルが発生した。なお機器は既に復旧している[498]
  • 26日 - 北海道放送(HBC)は、3月末までメディアビジネス局で事業部長を務めていた男性社員が、同局主催のゴルフ大会「サン・クロレラクラシック」やさっぽろ雪まつりなどの事業で外部の業者に架空の工事費用を請求させ、HBCが関連会社に支払った代金をキックバックし、総額で約1億円余りを不正に着服していたことが判明。HBCはこの社員を26日付で懲戒解雇するとともに、今回の不正を受け、再発防止策を決定し、上司だったメディアビジネス局長ら3人をけん責などの処分。渡辺卓社長が役員報酬20%を、常務2人が同10%をそれぞれ3ヵ月間自主返納するとした[499][500]
  • 27日 - 放送大学が関東地方の一部地域で実施している放送大学の地上波テレビ・FMラジオ放送を2018年10月末までに終了し、2011年10月に開始済みの全国放送のBSデジタル放送に一本化すると発表[501]
  • 28日 - NHK Eテレの道徳人形劇ざわざわ森のがんこちゃん』の原作者で児童文学作家末吉暁子が肺腺癌のため逝去(73歳没)[502]
  • 29日 - NHKが、NHKエンタープライズ及び日本出版販売と共同で『第1回大河ドラマ検定』を東京と大阪で開催[503][504]
  • 31日
    • 日本テレビ系『笑点』の司会を勇退した桂歌丸が「卓越した話芸で落語界の向上と発展に尽力した」として文部科学大臣表彰を受けた[505][506]
    • テレビ静岡アナウンサー(当時)の伊藤弘美が同局を退社[507]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

  • 2日 - 日本テレビ系『行列のできる法律相談所』の弁護士軍団メンバーで、TBS系『白熱ライブ ビビット』の月曜レギュラーコメンテーターを務めるなどタレントとしても活躍する弁護士大渕愛子が、依頼人から着手金を不当に受け取ったとして東京弁護士会から業務停止1ヶ月の懲戒処分を受けたのに伴い、両局は大渕の出演を当面の間見合わせることを発表した[533]
  • 14日 - 1月に解散報道があったアイドルグループ・SMAPが2016年12月31日を以て解散することが、所属するジャニーズ事務所より正式に発表された[534]SMAP解散騒動も参照)。これを受けNHKでは『リオデジャネイロオリンピック「男子テニス・準決勝」』(アンディ・マリーイギリス】 vs 錦織圭【日本/日清食品】戦)中継中に「人気アイドルグループSMAP 12月31日で解散、事務所が発表」という速報テロップを用いて、SMAP解散の第一報を伝えた[535]。また民放では、TBS・フジテレビ・日本テレビが深夜のニュースにおいて速報扱いでSMAP解散を報道した一方で、第一報が伝えられる直前まで香取慎吾が司会を務める情報バラエティ番組『SmaSTATION!!』を放送していたテレビ朝日とテレビ東京では速報は流されなかった[536]
  • 17日 - BPOの放送人権委員会は、舛添要一・前東京都知事の政治資金問題を取り上げたフジテレビ系『Mr.サンデー』(フジテレビ・関西テレビ共同制作)について、16日付で審理入りしたことを明らかにした。理由は同番組5月22日放送分の舛添都知事(当時)の政治資金問題を取り上げた際、自宅へ取材に訪れた番組スタッフに対して舛添夫人が「いくら何でも失礼です」と話す場面を放送。舛添夫人側は、未成年の長男と長女を執拗に撮影された上に「子どもを映さないで」と抗議した部分をカットされ、政治資金問題への取材を批判したように編集されたなどと主張している。一方のフジ側は「正当な取材、放送だと認識している。現段階ではこれ以上の回答は控えたい」としている[537]
  • 19日 - 解散が決まったSMAPのメンバー、香取慎吾が、2005年より11年間務めてきたテレビ朝日のサッカー日本代表応援団長を辞退したことがわかった。同局広報部がこの日発表[538][539][540]。同局系で放送の2018年ワールドカップロシア大会アジア最終予選9月1日 - 11月15日)の中継番組において、香取が一切出演しない形となった。
  • 23日 - 女優高畑淳子の長男で、俳優・タレントの高畑裕太が、映画撮影のため滞在していた群馬県前橋市内のビジネスホテルで女性従業員に暴行を加えたとして強姦致傷容疑で群馬県警に逮捕された[541]。これを受け、日本テレビは、高畑が出演する予定だった8月27日28日放送の『24時間テレビ39』の出演取り止めを発表。なお、同番組内で放送の24時間テレビドラマスペシャル『盲目のヨシノリ先生〜光を失って心が見えた〜』については、高畑の代役として、メインパーソナリティーのNEWSのメンバー・小山慶一郎が「榊京太」役として起用された[542][注 124]。また、同日の同局系『今夜くらべてみました[注 125]』では高畑がゲスト出演した回(『24時間テレビ』の宣伝を兼ねた回のため、その他に増田貴久(NEWS)と羽鳥慎一が出演)を放送する予定だったが、別の内容(ゲスト:渡辺直美高橋真麻ぺえ)に差し替える措置で対応[注 126]。なお、高畑逮捕に伴う『24時間テレビ』の損害額は少なくとも1000万円に上るとみられる[543]。なお高畑は被害者との示談が成立したとして9月9日釈放された後、所属芸能事務所は事件の責任が重大であることから高畑の契約解消を発表した。
  • 27日28日 - 読売テレビの夏イベント『ゴー!ゴー!夏フェス2016』を大阪・京橋の同局本社とTWIN21にて開催[544]
  • 29日 - 山陰中央テレビ(TSK)が松江市向島町の旧松江市ガス局跡地に本社を移転、新社屋から放送を開始[545][546]。完全デジタル化後に民放の本社が移転したのは初。
  • 31日 - NHK Eテレ『天才てれびくんMAX』に2008年から2011年まで「てれび戦士」としてレギュラー出演していた元子役の伊藤元太が事故により逝去(18歳没)。なお、伊藤の訃報は2017年1月5日に「天てれサーカス部」の公式サイトで公表された[547][548][549][550][551][552]
山陰中央テレビ・新社屋

9月[編集]

10月[編集]

  • 3日 - ビデオリサーチの関東地区の視聴率調査について、2016年の「年度下期」から、調査対象世帯数を900に拡大。従前のリアルタイム視聴調査世帯600とタイムシフト視聴調査世帯300をあわせて計900世帯とし、これらの全世帯でリアルタイム視聴調査とタイムシフト視聴調査の両方を行う[562][563]
  • 8日 - お笑いコンビ・ピース(よしもと所属)の綾部祐二が、2017年4月から語学留学などのためニューヨークに活動拠点を移すと発表。綾部は現在9本のテレビ番組に出演しているが2017年3月までにすべて降板し、またピースとしての活動も休止する[564]。しかしコンビの解散については相方の又吉直樹が否定[565]
  • 14日 - 多数のテレビCM音楽やフジテレビ系アニメ『鉄人28号 (第1作)』(1963年 - 1966年)のBGM、また石原裕次郎主演映画の音楽等を手がけた作曲家の嵐野英彦が逝去(81歳没)[566]
  • 16日 - TBS系『8時だョ!全員集合』『飛べ!孫悟空』やフジテレビ系『ドリフ大爆笑』などのザ・ドリフターズ出演番組のテーマ音楽を手掛けたことで知られ、フジテレビ系『志村けんのだいじょうぶだぁ』『志村けんのバカ殿様』などの志村けん冠番組、同局系『FNNスーパータイム』や『産経テレニュースFNN』などFNN系報道番組やテレビアニメ、CMソングのテーマ音楽も担当した作曲家で編曲家のたかしまあきひこ膵臓癌により逝去(73歳没)[567][568]
  • 19日 - NHKは2015年12月に静岡市内で窃盗事件を起こしたとして2016年9月に逮捕され、その後起訴猶予処分となった静岡放送局元副局長の職員について「NHKの信用・体面を傷つけた」として同日付で当該職員を諭旨免職処分とする決定を行った[569]
  • 20日 - テレビ朝日系アニメ『ドラえもん・第1期』(1979年 - 2005年)の先代骨川スネ夫[注 127]を26年間演じたことで知られ、フジテレビ系アニメ『銀河鉄道999』(1978年 - 1981年)の車掌役や同局系『ドカベン』(1976年 - 1979年)の殿馬一人役、NHK『おかあさんといっしょ』の人形劇『にこにこぷん』(1979年 - 1992年)の「じゃじゃまる」役など数多くのテレビアニメや人形劇、映画の吹き替えを務め、俳優・演出家としても活躍した声優で劇団21世紀FOX代表の肝付兼太が肺炎のため逝去(80歳没)[570]
  • 23日 - CBCテレビで放送されていた東海地方初のローカルワイドニュース番組『CBCニュースワイド』(1974年 - 1999年。中京ローカル)の初代キャスターを務めたことで知られた元中部日本放送アナウンサーで同社常務などを歴任した日比英一が急性心不全のため逝去(82歳没)[571]
  • 24日 - フジテレビが運営するソーシャルメディア向けニュースチャンネル「ホウドウキョク24」が同日14時からリニューアル。従来のライブストリーミングに加え、新たにテキスト記事やVR動画などを導入[572]

11月[編集]

テレビ東京本社が入居する住友不動産六本木グランドタワー
中京テレビ・新社屋
  • 2日 - NHKが主催する日本賞の各賞授賞式が開かれ、「グランプリ日本賞」にはカナダで制作された映画『消えたブロガー"アミナ"』が選ばれた[573]
  • 4日 - 元TBSテレビディレクターで番組制作会社・現代センター代表の吉永春子が逝去(85歳没)[574]
  • 7日 - テレビ東京が港区六本木3丁目の「六本木グランドタワー」内の新本社に移転、同日朝より新本社から放送開始。同時に、地上波とBSジャパンの放送設備を一体化した統合マスター設備を稼働[575]。同局の本社移転は3度目[注 128]。なお虎ノ門の旧本社は「テレビ東京神谷町スタジオ」として引き続き使用される。
  • 16日 - BPOの放送人権委員会は、テレビ静岡が7月14日に放送したニュースにおいて、浜松市浜名湖周辺で起きた切断遺体事件について報道した際、警察の捜索を受けた静岡県内の男性が「犯人ではないかという印象を視聴者に与え、名誉を傷つけられた」として同委員会に人権侵害を申し立てていた件で、15日付で審理入りしたことを明らかにした。同局は「信頼できる取材源などから、捜索が事件との関連でなされたと確証を得た」と反論[576]
  • 21日 - 中京テレビが名古屋市中村区平池町ささしまライブ24地区東街区に完成した新本社屋に移転、同日午前5時より新社屋から放送開始[577]
  • 28日12月18日 - NHKが総合テレビとEテレのインターネット同時配信及び一部番組の見逃し配信の実証実験を実施。1日よりモニター募集を受け付け、NHKネットクラブのプレミアム会員になっている受信契約者約3,000人とインターネット調査会社のモニター、総計10,000人を対象に実施し、副音声やマルチ編成、放送終了から1週間の見逃し配信を行う[578]
  • 29日 - 元NHKアナウンサーで、テレビ放送黎明期からのNHKクイズ番組『ジェスチャー』(1953年 - 1968年)の4代目司会を務め、フリーに転向してからはフジテレビ系『小川宏ショー』の司会を17年間にわたって務めたフリーアナウンサーで司会者の小川宏多臓器不全のため逝去(90歳没)[579]

12月[編集]

  • 1日 - 地上デジタルテレビ放送の全国一斉に於いての放送開始から10周年。
  • 5日 - 中国放送(RCC、広島県)のアナウンサーを経て、フジテレビ系『おはよう!ナイスデイ』や『とくダネ!』など情報番組のリポーターとして活躍したことで知られたフリーアナウンサーでリポーターの武藤まき子が同日朝、東京都内の自宅で倒れ、虚血性心不全のため逝去(71歳没)[580]
  • 6日 - NHK経営委員会は、2017年1月24日付で任期切れとなる籾井勝人第21代会長の後継人事を審議し、その結果、常勤経営委員で三菱商事元副社長の上田良一を第22代会長に選任した[581]。上田は2017年1月25日に正式に就任する予定[581]
  • 15日 - (公社)日本プロサッカーリーグスカパーJSATは、2007年から10年間にわたった協力関係を解消し、スカパー!有料放送におけるJリーグ中継を終了すると発表。7月にリーグ法人と2017年から10年間のメディア配信に関する優先権を結んだパフォーム・グループとスカパーJSATとの交渉が最終的に決裂したためで、天皇杯については継続予定[582]
  • 19日 - フジテレビ社会部の30代男性記者が、取材対象の暴力団関係者からの依頼で、高級車購入の名義貸しなどの利益供与をしていた疑いがあることが明らかとなった。同局は「事実関係については調査中であり、何らかの対応をする」とした[583][584]
  • 20日 - フジ・メディア・ホールディングス(FMHD)はこの日、同社の事業子会社であるフジテレビの系列局で、宮城県に本社を置く仙台放送(OX)の株式を産経新聞社などから追加取得し、同日付で連結子会社化。在京キー局を子会社に置く放送持株会社が地方系列局を連結子会社化するのはこれが初[585][586][587]
  • 23日 - 年内いっぱいでの解散が決定したSMAPが大晦日の『第66回紅白歌合戦』に出演しない旨を、ジャニーズ事務所がこの日明らかにした。出演辞退については、19日付でNHKにSMAPメンバーの連名で文書で通知したという。これにより26日放送の『SMAP×SMAP』最終回(関西テレビ・フジテレビ系)がSMAPにおける最後のテレビ出演となった[401]
  • 26日 - 読売テレビは同日、夕方の情報番組『かんさい情報ネットten.』(関西ローカル)でメインキャスターを務める、同局アナウンサーの清水健が2017年1月27日を以て降板し、同月31日付で同局を退社することを発表した。退社後は福祉支援活動の仕事に専念する[588]

リオデジャネイロオリンピック[編集]

8月5日から21日(日本時間)の約17日間開催されたリオデジャネイロオリンピックでは、ロンドン大会での放送体制と同様、日本放送協会(NHK)と日本民間放送連盟(民放連)によるジャパンコンソーシアムでの放送体制となった[589]

  • NHKでは、現地メインキャスターとしてアナウンサーの阿部渉三瓶宏志杉浦友紀森花子の4名を起用、中継番組のリポーターとして女性アナウンサーの佐々木彩(東京アナウンス室)、上原光紀NHK広島)、澤田彩香NHK名古屋)を[590]、主題歌には安室奈美恵の『Hero』を起用[591]
  • 日本テレビ系列では、櫻井翔(嵐)が2008年北京から5大会連続[注 129]でメインキャスターを務めたほか、明石家さんまがキャプテン、上田晋也(くりぃむしちゅー)がスペシャルサポーター、2012年ロンドン大会体操日本代表田中理恵がアスリートキャスターをそれぞれ務めた[592]。なお、主題歌には嵐の『Power of the Paradise』が使用された[593]。嵐が日テレ系五輪中継の主題歌を務めるのは04年アテネの「Hero」、08年北京の「風の向こうへ」、10年バンクーバーの「揺らせ、今を」、12年ロンドンの「証」、14年ソチの「Road to Glory」に続く6作目。
  • テレビ朝日系列では、元プロテニスプレイヤーでスポーツキャスターの松岡修造をメインキャスターに起用。松岡は2004年のアテネ大会以来夏季・冬季合わせて7大会連続でテレ朝系列の五輪キャスターを務めた。またフィールドキャスターは、2012年ロンドン大会競泳銅メダリストの寺川綾[594]、歌手で俳優の福山雅治が、2000年のシドニー大会から5大会連続でスペシャルキャスターを務めた。なお福山は前回のロンドン大会に続きテレビ朝日系列の中継主題歌『1461日』も担当した[595]
  • TBS系列では、メインキャスターに中居正広(SMAP、当時)を起用。なお、中居は2004年アテネ大会以来夏季・冬季合わせて7大会連続でTBS系列の五輪キャスターを務めた[注 130]。また、シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子がスペシャルキャスター、TBSアナウンサーの小林由未子が番組進行を務めた。また主題歌には、SMAPが2006年にリリースした『ありがとう』が使用された[596]
  • テレビ東京系列では、同局が毎年晩秋に中継する国際柔道大会『グランドスラム・東京』の総合司会を2010年から務めている俳優の小泉孝太郎がメインキャスターを務めた[597]。主題歌は和楽器バンドの『起死回生』[598]
  • フジテレビ系列では、元オリンピック選手の小谷実可子アーティスティックスイミング)、野村忠宏柔道)、髙橋大輔(フィギュアスケート)の3名が「オリンピアンキャスター」を務めた[599]。主題歌はEXILEの『Joy-ride ~歓喜のドライブ~[600]で、EXILEの楽曲が五輪中継番組の主題歌となったのは、2008年北京大会のテレビ東京系の主題歌『Fly Away』以来8年ぶり2回目[601]

周年[編集]

番組[編集]

周年 番組(放送局)
1 50 ウルトラシリーズ(テレビ東京)[注 131]
45 新婚さんいらっしゃい!(朝日放送)
25 ライオンのごきげんよう(フジテレビ)※3月終了
20 いないいないばあっ!(NHK Eテレ)
名探偵コナン(読売テレビ)
10 プロフェッショナル 仕事の流儀(NHK総合)
2 40 徹子の部屋(テレビ朝日)
30 ドラゴンボールシリーズ(フジテレビ)[注 132]
20 真夜中市場〜ハイヒールの眠れない夜〜(関西テレビ)
4 55 連続テレビ小説(NHK)
みんなのうた(NHK)
テレビスポーツ教室(NHK大阪放送局 / NHK Eテレ)
45 仮面ライダーシリーズ(テレビ朝日)[注 133]
イブニングKOCHIテレビ高知
40 名曲アルバム(NHK)
日曜美術館(NHK Eテレ)
プロ野球ニュース(フジテレビ / フジテレビONE[注 134]
35 将棋の時間(NHK Eテレ)
サタふく(福島テレビ)[注 135]
30 日立 世界・ふしぎ発見!(TBS)
志村けんのバカ殿様(フジテレビ)[注 136]
25 abnステーション長野朝日放送
20 新・ざわざわ森のがんこちゃん(NHK Eテレ)
ズームイン!!サタデーメレンゲの気持ち(以上日本テレビ)
ワイド!スクランブル(テレビ朝日)
王様のブランチ世界遺産(以上TBS)
午後のロードショー(テレビ東京)
SMAP×SMAP(関西テレビ・フジテレビ)※12月終了
あさパラ!(読売テレビ)
15 ほっとイブニングNHK名古屋放送局 / NHK総合)
ザ!世界仰天ニュース(日本テレビ)
よるたまシリーズ(テレビ北海道)
水野真紀の魔法のレストランRせやねん!(以上毎日放送)
アサデス。(九州朝日放送)[注 137]
10 ダーウィンが来た! 〜生きもの新伝説〜ニュースウオッチ9(以上NHK総合)
ならナビNHK奈良放送局 / NHK総合)
Oha!4 NEWS LIVE日テレNEWS24 / 日本テレビ)
スッキリ!!(日本テレビ)
散歩シリーズ(テレビ朝日)[注 138]
日経スペシャル カンブリア宮殿(テレビ東京)
イッポウ(CBCテレビ)
お笑いワイドショー マルコポロリ!(関西テレビ)
美の壺(NHK Eテレ→NHK BSプレミアム)
5 50 笑点(日本テレビ)
7 20 1億人の大質問!?笑ってコラえて!(日本テレビ)
10 情報ライブ ミヤネ屋(読売テレビ)[注 139]
8 35 熱闘甲子園(朝日放送・テレビ朝日)
9 10 秘密のケンミンSHOW(読売テレビ)[注 140][602]
10 50 日曜洋画劇場(テレビ朝日)[注 105]
45 提言の広場山形テレビ
30 モーニングショー(テレビ朝日)[注 141]
ミュージックステーション(テレビ朝日)
25 オールスター感謝祭(TBS)[603]
どさんこワイド179(札幌テレビ放送)[注 142]
20 めちゃ×2イケてるッ!(フジテレビ)
15 SmaSTATION!!(テレビ朝日)
中居正広の金曜日のスマイルたちへ[注 143]サンデージャポン(以上TBS)
10 ドキュメント72時間(NHK総合)
NEWS ZERO心に刻む風景(以上日本テレビ)
12 60 日曜劇場(TBS)[注 144]
25 オールザッツ漫才(毎日放送)

開局・放送開始[編集]

周年 放送局
1 55 NHK広島Eテレ
20 ファミリー劇場
3 60 NHK仙台・広島・福岡総合
4 55 NHK北見総合
富山Eテレ
45 NHK大津総合
群馬テレビ
35 テレビ新潟放送網(TeNY[注 145]
25 WOWOW [注 146]
岩手めんこいテレビ
長野朝日放送
TVQ九州放送[注 147]
長崎国際テレビ
5 45 千葉テレビ放送(チバテレ)
NHK神戸和歌山総合
7 30 スターチャンネル
8 55 NHK高知Eテレ
10 55 NHK青森Eテレ
35 福島放送
25 青森朝日放送北陸朝日放送
20 岩手朝日テレビ
歌謡ポップスチャンネル
12 60 朝日放送ABCテレビ[注 148]
CBCテレビ[注 149]
NHK札幌総合

ネットワーク[編集]

周年 ネットワーク
4 50 Nippon News Network(NNN)[注 150]
10 フジニュースネットワーク(FNN)[注 151]

その他[編集]

キリ番・記念回[編集]

1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

視聴率[編集]

15分未満の番組を除く。視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。その他地域別の視聴率は#その他テレビに関する話題に。

ニュース・報道番組[編集]

順位 視聴率 放送日 番組名 放送局
1 24.1% 8月22日
19:00-19:30
NHKニュース7 NHK総合
2 22.4% 8月21日
21:00-21:15
ニュース気象情報
3 21.5% 5月16日
21:00-22:00
ニュースウオッチ9[613]
4 21.0% 8月22日
18:10-19:00
首都圏ネットワーク
5 20.0% 7月31日
20:00-20:50
東京都知事選挙開票速報[614]

スポーツ[編集]

順位 視聴率 放送日 番組名 放送局
1 28.0% 1月2日
7:50-14:05
★SAPPORO新春スポーツスペシャル
第92回東京箱根間往復大学駅伝競走往路[615]
日本テレビ
2 27.8% 1月3日
7:50-14:18
★SAPPORO新春スポーツスペシャル
第92回東京箱根間往復大学駅伝競走・復路[615]
3 26.8% 12月18日
19:20-22:09
FIFAクラブワールドカップジャパン2016決勝レアル・マドリード×鹿島アントラーズ[388]
4 25.1% 10月29日
18:30-22:38
SMBC日本シリーズ2016・第6戦
広島東洋カープ×北海道日本ハムファイターズ[616]
5 24.0% 1月24日
17:00-18:00[注 165][617]
大相撲初場所千秋楽[617] NHK総合
6 23.7% 8月21日
22:05-23:00
2016年リオデジャネイロオリンピック「男子マラソン」・第2部[618]
7 23.6% 8月6日
8:43-11:53
リオデジャネイロオリンピック・開会式[618]
8 22.9% 10月29日
22:38-22:59
ダッグアウト 日本テレビ
9 22.6% 8月14日
21:00-24:14
リオデジャネイロオリンピック2016「女子マラソン」[619] TBS
10 22.0% 8月7日
9:56-10:13
リオデジャネイロオリンピック・競泳決勝「男子400m個人メドレー」[618] NHK総合
11 21.8% 11月15日
19:00-21:35
2018 FIFAワールドカップ アジア地区最終予選日本×サウジアラビア[620] テレビ朝日
12 20.7% 8月18日
6:30-7:00
NHKニュースおはよう日本&オリンピック NHK総合
13 20.6% 8月15日
8:15-11:44
リオデジャネイロオリンピック・卓球女子団体準決勝「日本×ドイツ」[618]
14 20.4% 5月21日
19:17-22:10[注 166]
リオ五輪バレーボール世界最終予選 女子日本×イタリア[621] TBS
15 20.3% 9月1日
21:11-23:15
2018 FIFAワールドカップ アジア地区最終予選「タイ×日本」[622] テレビ朝日
16 20.1% 8月21日
21:15-22:00
リオデジャネイロオリンピック「男子マラソン」・第1部 NHK総合

ドラマ・映画[編集]

順位 視聴率 放送日 番組名 放送局
1 27.0% 4月2日
8:00-8:15
連続テレビ小説あさが来た・最終回 #26-6(156) NHK総合
2 25.9% 8月17日
8:00-8:15
連続テレビ小説・とと姉ちゃん #20-2(116)[623]
3 24.3% 10月27日
21:50-22:44
木曜ドラマドクターX〜外科医・大門未知子〜(第4シリーズ)#3 [624] テレビ朝日
4 22.1% 12月7日
8:00-8:15
連続テレビ小説・べっぴんさん #10-3(58)[625] NHK総合
5 22.0% 7月3日
21:00-23:10
日曜エンタ・ドクターX〜外科医・大門未知子〜スペシャル[626] テレビ朝日
6 20.8% 12月20日
22:00-23:09
火曜ドラマ逃げるは恥だが役に立つ・最終回(#11)[627] TBS
7 20.5% 8月27日
21:14-23:14
24時間テレビドラマスペシャル盲目のヨシノリ先生〜光を失って心が見えた〜 日本テレビ
8 20.3% 11月23日
8:00-8:15[注 167]
連続テレビ小説・べっぴんさん #8-2(44)【再放送】 NHK総合
9 20.1% 1月17日
20:00-20:45
大河ドラマ真田丸(#2)[628]

バラエティ・歌番組[編集]

順位 視聴率 放送日 番組名 放送局
1 40.2% 12月31日
21:00-23:45
第67回NHK紅白歌合戦・第2部[412] NHK総合
2 35.1% 12月31日
19:15-20:55
第67回NHK紅白歌合戦・第1部
3 31.2% 1月18日
22:15-23:09
SMAP×SMAP[17][629] フジテレビ
4 28.1% 5月29日
17:30-18:00
笑点[630] 日本テレビ
5 25.8% 8月28日
19:00-20:54
24時間テレビ39「愛は地球を救う」・PART10
6 24.0% 5月13日
20:57-22:00
中居正広の金曜日のスマイルたちへ[631] TBS
7 23.2% 8月28日
17:23-19:00
24時間テレビ39「愛は地球を救う」・PART9 日本テレビ
8 23.1% 12月26日
22:00-23:18
SMAP×SMAP・最終回・第3部[402] フジテレビ
9 22.2% 11月13日
19:58-20:54
世界の果てまでイッテQ![632] 日本テレビ
10 20.5% 10月16日
19:00-20:54
DASH!!×イッテQ!はじめての交換留学2時間SP[633]
11 20.3% 5月22日
19:00-19:58
ザ!鉄腕!DASH!![634]

主な放送番組[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ その後笑瓶本人から急性大動脈解離と『ダウンタウンDX』(読売テレビ制作・日本テレビ系)にて公表[8]
  2. ^ ただしレース実況・パドック担当として出演継続。
  3. ^ 現在は単発特番として継続。
  4. ^ なお同番組は北海道放送でも第1部のみネットしている関係上、生中継は関西ローカルとなる第2部での実施となった[21]
  5. ^ 7月20日に大橋の追悼特集としてアンコール放送された。
  6. ^ なお、さんまと所は1991年以来約25年ぶりの同番組出演となった[28]
  7. ^ キー局を除くテレビ朝日系列局の一部および関東地区の独立局の一部でも放送されている。
  8. ^ 同年2月29日は同年3月月間(2月29日から4月3日まで)として集計される。
  9. ^ ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』(CBC制作)の休止代替。
  10. ^ 同時に、東京・渋谷NHKホール落成と同時に始まった『歌のゴールデンステージ』(1973年4月 - 1976年3月)以来企画・タイトルを変更しながら約42年続いたNHK総合における火曜20時枠の演歌歌謡曲専門の音楽番組もこの形としては終了した。
  11. ^ レギュラー放送終了後初のスペシャルとして、12月14日に3時間スペシャル(19:00 - 21:48)が放送された。
  12. ^ 金曜日19時台がローカルセールス枠のため、一部地域では19:56-20:54の枠で放送。
  13. ^ 3月19日放送の『ズームイン!!サタデー』番組内でキャスターの辻岡義堂(日本テレビアナウンサー)が「ズーミンとチャーミンは来週の放送で、故郷の“鳥のしま”に帰ります」と発表した。なお、同番組オリジナルの「サタボー」は引き続き出演している。
  14. ^ 6:30 - 6:45は通常時フルネットしているはずの『報道LIVE あさチャン!サタデー・第1部』を臨時に飛び乗り放送(実質は『JNNニュース』のみ)したことによる中断あり。
  15. ^ 5:50 - 6:00に『ANNニュース』による中断あり。
  16. ^ 10月8日よりBS-TBSにて復活版となる『夢の鍵』が放送開始。
  17. ^ フジテレビのみこのタイトルを使用し、系列局では番組タイトルを差し替えていた局が多い。
  18. ^ 番組終了時点では日曜の早朝と昼前に放送していた。
  19. ^ 『ZIP!』のお天気キャスターを務めた女性タレントが「ZIP!ファミリー」として引き続き出演するのは、佐々木もよこ(モデル・タレント / 初代、2011年4月 - 2012年3月。同年6月まで出演)、にわみきほ(モデル・タレント / 第3代、2013年4月 - 2014年6月。3月25日まで出演)に続き3人目。また、岩本乃蒼(日本テレビアナウンサー / 第4代、2014年7月 - 2015年3月)も担当前(入社前のモデル時代)にZIP!ファミリーとして出演していた。
  20. ^ なお、出演者について、3月3日に、膳場貴子の後任者として当初担当がアナウンスされていた小林悠(TBSアナウンサー、当時)が健康上の理由を以て出演取り消しとなった(小林は翌3月4日付にて同局を退職)ことが発表された。
  21. ^ なお、平日13時台のライオン一社提供枠は連続ドラマ枠(『ライオン奥様劇場』→『ライオン午後のサスペンス』→『ライオン劇場』)時代から換算すると51年半となる。
  22. ^ 同日を以てスタジオ営業を終了[92]
  23. ^ 番組開始当初の1998年度から2011年度迄は総合テレビでの放送であった。
  24. ^ 3月7日の放送で山寺が同番組のリニューアルと併せて発表した[96]
  25. ^ 山寺は10月より派生の深夜番組『OHA OHA アニキ』でMCを担当。
  26. ^ 月 - 木曜日版は番組終了時点での通常編成時には火 - 金曜日未明に放送していた。
  27. ^ この日は金曜日のため、未明と深夜に計2回放送。
  28. ^ 1月21日の報道より[99][100]。これを受けて翌1月22日放送の『めざましテレビ』番組内で加藤自らが「今年度で番組を離れます」と宣言を行い、同番組終了後フジテレビから加藤が4月末で退社することが発表された[101][102]。なお、フリー転向後の所属事務所がアナウンサーをマネジメントするのは初めてである[99]
  29. ^ 前任者の倉持明日香(父:倉持明、元ロッテオリオンズ投手)と新任者の高柳愛実(父:高柳出己、元近鉄バファローズ投手)は、共に父が元プロ野球選手という家庭である。
  30. ^ リニューアル第1回目のこの日は2時間スペシャルとして7:30まで延長放送された(通常の「第1部」〈5:30 - 6:00〉・「第2部」〈6:00 - 7:00〉とは別に「拡大」〈7:00 - 7:30〉パートも別途放送)。
  31. ^ 最終回は金曜版となったが、土曜日になってからの放送となった。
  32. ^ 番組としては『LIVE2016あしたのニュース&すぽると!』として放送されていた。
  33. ^ 番組としては、月 - 金曜日版が『LIVE2016あしたのニュース&すぽると!』として、土曜版が『LIVE2016ニュース&すぽると!』として放送されていた(単独番組として放送されていたのは日曜版のみ)。
  34. ^ 清水はベッキーに代わる形で、事実上の女性MCとして活躍している。
  35. ^ テレビ大分では自社制作番組『ハロー大分』を優先するため17:00 - 17:30に時差ネット。
  36. ^ 『かたらふ』の放送開始(4月9日-)に伴い『土曜ワイド』が30分繰り上げされたのに伴う。
  37. ^ 11時50分 - 11時57分頃は『FNNスピークWeekend』で中断。
  38. ^ 前夜の改編期特番に伴う繰り下げのため、両名とも日付(曜日)が変わってからの放送となった。
  39. ^ なお、一部地域において、全編同時ネットに復した局がある一方で、12:00からの飛び乗り放送を行う局、全編遅れネットを行う局、枠移動前最終回の3月28日をもって一旦打ち切り後、不定期番組降格のうえ全編遅れネットに移行した局がある。
  40. ^ RKB毎日放送、長崎放送熊本放送大分放送宮崎放送南日本放送の6局。
  41. ^ なお、レギュラー放送自体は3月14日(13日深夜)放送分で終了、3月21日(20日深夜)より3週に亘り特別番組『MJ presents』シリーズを放送。
  42. ^ 田中は俳優・田中邦衛の実娘である[138]
  43. ^ 2015年3月30日から2016年4月3日までの53週。
  44. ^ 6時00分 - 6時08分は『ZIP!』内「NNNニュースZIP!」のコーナーをネット受けするため一時中断。
  45. ^ 太陽をイメージした丸囲みで「めざましテレビ」のロゴが描かれたもの。
  46. ^ 1月4日に放送された正月SPの時と同じ放送時間となった。
  47. ^ 前番組『森田一義アワー 笑っていいとも!』のレギュラーを務めたタレントが『バイキング』MCとして起用されるのは初。
  48. ^ 改編前は純然たる関東ローカルパートであったが、改編後は新たに高知さんさんテレビでもこのパートを新規に番販ネット開始。
  49. ^ 当初、ユアタイムメーンパートナーに経営コンサルタントのショーンK(ショーン・マクアードル川上)の起用が決まっていた[159][160]が、ショーンKの経歴詐称問題が週刊誌報道で明らかになり、今後の番組出演自粛など公的活動を見合わせることが発表された為、出演中止となった[161]
  50. ^ 田口がKAT-TUNを脱退、ジャニーズ事務所を退所したことに伴う。
  51. ^ BSジャパンでは木曜日に『開運!なんでも鑑定団』(19:55 - 20:54)→『極上!お宝サロン』(21:00 - 21:54)と2時間続けて『鑑定団アワー』と称したコンプレックス枠を編成。
  52. ^ 雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』との合同特番。[171]
  53. ^ 同番組は前番組と異なり、ローカルセールス枠に移行されるため大半の地域では未放送の系列局がある。
  54. ^ 後藤はかつてTBS系『NEWS23』『総力報道!THE NEWS』のアンカーマンを務めた。
  55. ^ 旧枠は過去にはまれに映画や格闘技を中心としたスポーツ中継やドキュメンタリーを放送したこともあったが、近年は2時間サスペンスドラマをほぼ毎回放送し、不定期に映画を放送するにとどまっていた。
  56. ^ とと姉ちゃん』はBSプレミアムでは通常通り放送された。
  57. ^ 予め関東地上波との並行放送が予定されていたBS日テレおよび日テレジータスで全国放送したほか、系列局の広島テレビでも裏送りの形で当初予定通り放送した[197]
  58. ^ 通常時であればテレビ朝日『木曜ドラマ』の遅れネット(改編期のため同枠での新作『グッドパートナー 無敵の弁護士』がテレビ朝日でも開始前のため、同日は別番組で穴埋め予定であった。)のため『土曜ドラマ』を遅れネットとしている日本テレビ系列局福井放送(FBC)でもこの報道特番を日本テレビと同時ネットとした。
  59. ^ 被災地域のTBS系列局である熊本放送(RKK)・大分放送(OBS)もネットに含まれている。
  60. ^ 当日中継放送予定だった『KKT杯バンテリンレディスオープン・最終日』の中止代替に伴う。
  61. ^ フジテレビ系日曜21時台に連続ドラマが編成されるのは「ドラマチック・サンデー」(2010年10月 - 2013年3月)としての最終作品で2013年1月期に放送された『dinner』以来。
  62. ^ 23:10 - 23:15はミニ枠を放送した。
  63. ^ これによりテレビ朝日系における火曜日20・21時台は『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』から2時間連続で朝日放送制作となる。
  64. ^ 第1シーズンは9月3日で放送終了し、暫く単発特番として継続しながら、10月22日から10分枠で『バナナ♪ゼロミュージック CHOICE×CHOICE』と題した傑作選を放送。2017年1月7日より第2シーズンの放送を開始。
  65. ^ TBS系の土曜7時台に全国ネットのテレビアニメを編成するのは、7時台後半に放送されたCBCテレビ制作『星のカービィ』以来13年ぶり、同時間帯の子供向け番組としても同局制作の特撮番組『ウルトラマンマックス』以来10年ぶりとなった。
  66. ^ 初回は18:30 - 20:56の2時間半スペシャルとして放送。
  67. ^ 当初は4月16日放送の予定だったが、熊本地震の影響により延期されていた。また同日続けて放送される予定になっていた『サラメシ 京都でランチSP』(ブラタモリとのコラボ特番)は5月4日に放送された。
  68. ^ 当初は4月17日放送の予定だったが、熊本地震の報道特番の為『ワイドナB面』共々休止となっていた[199]。なお、番組OPにて「4月14日の夕方に収録したものです」のテロップが表示された。
  69. ^ なお、橋下は2007年12月に大阪府知事選挙出馬のため降板していた。また、エンディングでは現レギュラーの本村健太郎の席に座った。
  70. ^ それ以前に、桂歌丸は『笑点』の前身番組『金曜夜席』(1965年-1966年)からの継続出演者でもあった。
  71. ^ a b その後の『追跡LIVE! Sports ウォッチャー』が遅れ放送となり、後続の『SUPER GT+』『乃木坂工事中』(後者はテレビ愛知制作)等が休止となった。
  72. ^ 準々決勝・準決勝が地上波で未放送となることに対し、テレ東の公式Twitterには視聴者からの批判もあった[229]
  73. ^ テレビ東京系列では18時台に報道特番を放送[230](当日はバラエティ番組『特捜警察ジャンポリス』とアニメ『妖怪ウォッチ』をそれぞれ休止)。
  74. ^ 第2部はサミット観点報道のため、14時のニュースを拡大する関係から、元々休止予定であった。なお、当日第1部(ゲスト:鈴木雅之)はそのまま収録し、6月1日の第2部として放送された(同日第1部は高橋真梨子がゲスト出演した)。
  75. ^ 似たようなケースとして、2018年2月8日のフジテレビ系『とくダネ!』において、冒険家の三浦雄一郎を誤って故人と表記する字幕スーパーを表示してしまい、司会の小倉智昭が番組内で謝罪する一幕があった(→こちらも参照)。
  76. ^ 同試合は1976年6月26日、テレビ朝日の前身である当時のNET(日本教育テレビ)で生中継された。
  77. ^ 同日の『日曜エンタ』のラインナップを急遽変更[240]。なお、当初予定の『ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV』は7月30日に放送(一部内容を変更)。
  78. ^ 第1部…18:30 - 19:00・ローカルセールス枠/第2部…19:00 - 20:51・ネットワークセールス枠/第3部…20:51 - 21:24・同
  79. ^ テレビ朝日他一部地域では23:12 - 23:15に『このあと』枠も別途放送。
  80. ^ これにより、同日の『スタジオパークからこんにちは』(ゲスト:森山良子)が休止となった。
  81. ^ なお、7月9・10両日は50年前の1966年、『ウルトラマン前夜祭 ウルトラマン誕生』が同公会堂にて収録、同局系『タケダアワー』枠にて放送がそれぞれ行われた(翌週17日より『ウルトラマン』放送開始)。
  82. ^ 番組開始当初は『六輔さすらいの旅 遠くへ行きたい』のタイトルで放送。また番組タイトルの基となり、番組主題歌でもある『遠くへ行きたい』も永の作詞である。
  83. ^ TBS在籍中は『チューボーですよ!』と『どうぶつ奇想天外!』などバラエティ番組の初代アシスタントを務めていた。また2015年12月30日放送の『報道の日2015』ではキャスターの一員として出演した。
  84. ^ CS放送スカイAでも試合日の夜から翌日未明にかけて録画放送あり。
  85. ^ 同日の『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』(朝日放送制作)は8月24日10:55 -11:10に臨時枠移動の上放送されたが、制作局以外の全ネット局では8日放送分は臨時枠移動に追従できず、ネット返上となった。
  86. ^ 2017年1月より放送時間を2時間繰り下げ、現在の21:53 - 22:54へ移動(月曜名作劇場の1時間繰り上げに伴う)。
  87. ^ 18:45-19:30はマルチチャンネルを実施し、サブチャンネルにて放送(メインチャンネルで『ニュース・気象情報』および『NHKニュース7』放送のため)。
  88. ^ 厳密には、2011年1月15日にNHK総合で放送された『宇多田ヒカル〜今のわたし〜』以来、約5年8か月ぶり。
  89. ^ 番組終了後、12月18日に初の単発特番『いきなり!超過酷伝説。』(18:57-21:26)が放送された。
  90. ^ 長谷川は9月29日、自身のブログで人工透析患者を中傷した問題で、同番組の出演を23日を最後に降板したことを発表している[293]
  91. ^ 102chでは「千葉ロッテマリーンズVS福岡ソフトバンクホークス」(QVCマリンフィールド)を中継した(27日も同じ体制)。
  92. ^ 18:00-19:00、21:30-21:40はサブチャンネル(032ch)で放送。
  93. ^ HBCのみ日本ハム戦を22:54まで延長して放送したため、同日TBS系にて放送された『余談大賞2016』を10月1日14:00-15:57に振替放送。このため当初放送予定の『アイ・アム・冒険少年』の再放送は10月30日14:00-15:57に放送した。
  94. ^ 関根は2014年4月3日より約2年半にわたり出演、最初の半年間は愛娘で当時の女性総合司会を務めていた関根麻里と共演した。
  95. ^ 前身番組である『おもいッきりDON!』(2009年4月 - 2010年3月)時代を含めると約7年半。
  96. ^ 1975年の第1作『タイムボカン』から1983年の『イタダキマン』までの7作品はすべてフジテレビ系で放送され、17年後の2000年に製作されたシリーズ第8作『タイムボカン2000 怪盗きらめきマン』はテレビ東京系で放送された。
  97. ^ 読売テレビ・日テレ系では『ヤッターマン』(2008年 - 2010年)以来2作目。
  98. ^ 同番組で共同司会を務める東野幸治(タレント)がレギュラー出演している日本テレビ『東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい…』が裏番組にあった関係で『ワイドナB面』を設けていたが、同様に裏番組で前枠の『誰だって波瀾爆笑』の拡大とそれに伴う『旅猿』の未明帯への枠移動により、今回『B面』が統廃合される形となった。
  99. ^ 10:00 - 11:15枠のFNS全局フルネットは2014年3月の『笑っていいとも!増刊号』終了以来2年半ぶり。
  100. ^ 同日15時枠に当日分の再放送を実施。
  101. ^ 通常編成時には本番組の前座であるミニ番組『国分太一のおさんぽジャパン』を臨時に本番組に内包して放送(内包時間帯は通常編成時の放送時間に同じく、11:25 - 11:30)。一部地域では11:00または11:25に飛び乗り。
  102. ^ 太川が音楽番組の司会を務めるのはNHK総合『レッツゴーヤング』(1974年 - 1986年)以来30年ぶりとなる。
  103. ^ ネオバラエティ枠の番組がゴールデン版と並行放送されるのは『シルシルミシル』(2008年 - 2011年)のゴールデン版『シルシルミシルさんデー』(2010年 - 2014年。2011年ネオバラ枠と統合しゴールデンに一本化)以来5年ぶり。
  104. ^ 全編ローカルセールス枠の番組。
  105. ^ a b 『土曜洋画劇場』時代(1966年10月 - 1967年3月)からの換算。なお現在日曜エンタ枠の一企画扱いで不定期に継続中。
  106. ^ ただし同日は『フィギュアスケートグランプリシリーズ2016カナダ・男女フリー』中継放送のため15分短縮。
  107. ^ 2017年4月3日より「第2部」も20分短縮で12時50分開始に変更となった(『帯ドラマ劇場』新設に伴う)。
  108. ^ フジテレビ系における2時間バラエティ枠(単発枠除く)は、古舘が司会を務めた歌謡番組『夜のヒットスタジオDELUXE』(1985年 - 1989年)以来約27年ぶり。
  109. ^ 全国枠は17:15まで。
  110. ^ 2014年10月25日にBSプレミアムで放送された田部井出演の『100年インタビュー』を再編集[370]
  111. ^ その後、気象庁の観測データに基づいてM7.4に変更された。
  112. ^ この拡大SPについては、通常放送のネット局のうち、テレ朝系フルネット局以外の2局(YBS・FBC)では非ネットであったが、通常放送の非ネット局テレビ宮崎(UMK)ではネットされた(通常ネットしている『アサデス。九州・山口』〈KBC制作・ANN九州ブロックネット〉の休止による変更)。
  113. ^ なお、2017年4月2日にその初特番として『大改造!!劇的ビフォーアフター さだまさし所有の無人島"詩島"リフォームSP』が放送された。
  114. ^ 北斗は2015年4月から治療専念のため降板する10月まで「北斗ごはん」のコーナーを担当していた。
  115. ^ 17:30 - 18:30に事前枠『序章』も別途放送された(一部地域除く)。
  116. ^ 2016年1月4日 - 2017年1月1日の52週間を指す。
  117. ^ 2014年12月29日 - 2016年1月3日の53週。
  118. ^ 3月12日に同所で行われた番組イベントの模様が放送された[457]
  119. ^ ただし、元々はラテ兼営局で認定放送持株会社に移行の際にラジオ部門とテレビ部門を分社化したTBSCBCとは異なり、RKBはラジオ部門とテレビ部門の分社化は行わない。
  120. ^ 2015年3月30日 - 2016年4月3日の53週。
  121. ^ はんにゃは「大学生レベルなのに芸人になっちゃった先生」として出演、授業を展開した。
  122. ^ CMは熊本県出身で同県のPRマスコットキャラクター「くまモン」の製作も手掛けた放送作家・脚本家の小山薫堂がプロデュースした。
  123. ^ 坂本九と、作曲を手掛けた中村八大、そして永の三人を称して「六八九トリオ」と呼ばれた。
  124. ^ 主演はNEWSメンバーの加藤シゲアキが務めた。
  125. ^ 当時:『徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました』
  126. ^ なお、同日放送分のラスト10分に増田と羽鳥が登場した。
  127. ^ 日本テレビ版(1973年)では剛田武(ジャイアン)役を演じた。なお2005年から放送中の第2期からは、関智一がスネ夫役を務めている。
  128. ^ 開局当時(「東京12チャンネル」時代)は東京タワーのふもとにある芝公園に社屋(現・東京タワースタジオ)があった。1985年に虎ノ門4丁目に建設された「日経電波会館」に移転し、それから31年ぶりとなる。
  129. ^ 夏季大会では3大会連続。
  130. ^ なお当時、中居はSMAP解散騒動の最中にあった(期間中に解散発表された)が、番組内で触れることはなかった。
  131. ^ シリーズ第1作『ウルトラQ』(1966年、TBSタケダアワー枠)からの換算。この時点では『新ウルトラマン列伝』(7月 - 12月は『ウルトラマンオーブ』)。
  132. ^ シリーズ第1作『ドラゴンボール』(1986-1989)からの換算。この時点では『ドラゴンボール超』。
  133. ^ シリーズ第1作『仮面ライダー』(1971-1973、毎日放送制作)からの換算。この時点では『仮面ライダーゴースト』(10月より『仮面ライダーエグゼイド』)。
  134. ^ 地上波時代(1976-2001)→CS放送時代を合算した換算。
  135. ^ 『サタデーふくしま』との合算。
  136. ^ 当初はTBS系『8時だョ!全員集合』の後半コント企画からで、後にフジテレビ系『ドリフ大爆笑』に移行したのを経て、1986年から同局系『月曜ドラマランド』枠にて単独番組化。
  137. ^ 第1部はローカル枠の『アサデス。KBC』、第2部はブロックネット枠の『アサデス。九州・山口』。
  138. ^ 初代番組『ちい散歩』(2006-2012)からの換算。この時点では『じゅん散歩』。
  139. ^ 関西ローカル時代(2006-2007)からの換算。全国ネット化完了は2008年3月31日。
  140. ^ 単発特番時代(2006-2007)からの換算。
  141. ^ 1993年4月5日 - 2015年9月25日の中断期間は不算入。
  142. ^ 『どさんこワイド120』時代からの換算。
  143. ^ 『中居正広の金曜日のスマたちへ』との合算。
  144. ^ 『東芝日曜劇場』(単発ドラマ枠)時代からの換算。
  145. ^ 開局当初の略称は、英語の登記名「Television Niigata Network」の頭文字からとった「TNN」
  146. ^ 開局当初の社名は「日本衛星放送株式会社(略称:JSB)」。その後、2000年(平成12年)12月1日に変更した「株式会社ワウワウ」を経て、2003年(平成15年)1月6日に社名を「株式会社WOWOW」と変更し現在に至る。
  147. ^ 開局当初の社名は「株式会社ティー・エックス・エヌ九州」(表記名・TXN九州)。その後、2001年(平成13年)1月1日に変更した「株式会社ティー・ヴイ・キュー九州放送」(表記名・TVQ九州放送)を経て、2010年(平成22年)10月1日に社名を「株式会社TVQ九州放送」に変更。
  148. ^ 大阪テレビ放送(OTV)として開局、1959年に当時ラジオ単営局だった朝日放送(ABC)と合併し現在に至る。
  149. ^ 中部日本放送テレビジョン(JOAR-TV、法人としては現在の認定放送持株会社・中部日本放送)として放送開始。2012年に分社化、2013年にCBCテレビに免許承継。
  150. ^ 日本テレビ、読売テレビ、名古屋放送(メ〜テレ、現:テレビ朝日系列)などを中心とする19局で1966年4月1日に結成。なお、日本テレビネットワーク協議会(NNS)は1972年6月14日に結成された。
  151. ^ 発足当時のネット局はフジテレビ、仙台放送、東海テレビ、関西テレビ、広島テレビ(現:日本テレビ系列)、日本海テレビ(同)、テレビ西日本の7局が参加。なお、フジネットワーク(FNS)は1969年に結成。
  152. ^ ただし、親局の名称は「高松局」のまま
  153. ^ 1964年4月12日に日本科学技術振興財団テレビ事業本部(呼称:科学テレビ、愛称:東京12チャンネル)として開局。1967年に制作事業会社として「株式会社東京12プロダクション」を設立、1973年11月1日に財団が保有していた放送免許を譲り受けたことにより「株式会社東京12チャンネル」に変更したのを経て、1981年10月1日に現在の「株式会社テレビ東京」に改めて現在に至る。
  154. ^ 2001年10月1日、株式会社東京放送(現在の株式会社東京放送ホールディングス)のラジオ部門が「株式会社TBSラジオ&コミュニケーションズ」(現在の株式会社TBSラジオ)に放送免許を委譲させ、元はラジオ部門のコールサインであった「JOKR」が使用できなくなったのに伴うもの。2009年4月1日に株式会社東京放送の放送持株会社移行に伴い、これまでテレビ部門の制作事業会社であった株式会社TBSテレビが放送免許を引き継ぎ現在に至る。
  155. ^ 2016年6月30日をもってサービス終了。[606]
  156. ^ それを記念して、5月3日19:00-20:54の枠にて初のゴールデン2時間特番『よ〜いドン! THEゴールデン 放送2000回直前SP!』を放送(関西ローカル)。同番組の人気企画「となりの人間国宝さん」のスペシャル版では同コーナーの月・火曜担当で同番組のメインレギュラーの円広志(歌手・タレント)が小杉竜一ブラックマヨネーズ)とともに大阪・心斎橋を散歩した。
  157. ^ 前身番組「AKB1じ59ふん!」「AKB0じ59ふん!」からの通算。
  158. ^ 第1作『ふたりはプリキュア』(2004年)からの換算。この年は第13作『魔法つかいプリキュア!』。
  159. ^ 第1シリーズ(2009年度)からの換算。
  160. ^ 国際放送だがnet配信で視聴可能。NHK BSプレミアムでは8月28日(27日深夜)放送。
  161. ^ 第1作『秘密戦隊ゴレンジャー』(1975年 - 1977年)からの換算。この年は第40作『動物戦隊ジュウオウジャー[608]
  162. ^ 2週間後の9月26日をもって番組終了。
  163. ^ フジテレビ(関東地区)では12月25日放送で到達。
  164. ^ 地上波(テレビ東京系)時代からの換算。
  165. ^ 15:25-16:00・16:04-17:00にも別途放送枠あり(参考:[1][2])。
  166. ^ 19:00-19:17にも別途放送枠あり。
  167. ^ 11月22日昼に本放送が臨時枠移動となったことにより、同日の再放送も玉突きでこの日時に臨時枠移動となった。当該ドラマ作品記事も参照のこと(出典:【週間視聴率トップ30】11/21~27 産経新聞 2016年11月29日発行、同日閲覧。)。

出典[編集]

  1. ^ ぐるナイ・ゴチ新加入は二階堂ふみ 史上最年少&バラエティ初レギュラー スポニチアネックス、2016年1月2日
  2. ^ 「Oha!4」新キャスターに2年目・畑下アナ、3年目・後藤アナ スポーツ報知、2015年12月17日
  3. ^ ウッティタウン6丁目 - 2016年1月4日(月)、ウッティタウン6丁目が月曜~金曜の夕方4時53分にお引越しします!... - Facebook
  4. ^ NHK番組表(関東地方)、2015年1月6日(水)
  5. ^ 藤村俊二、体調不良で「ぶらり途中下車の旅」降板 後任は小日向文世 スポニチアネックス、2015年12月17日
  6. ^ いとうあさこ「にじいろジーン」新リポーター 初ロケで号泣 スポニチアネックス、2016年1月8日
  7. ^ 笑瓶、ヘリで救急搬送も…命に別状なし、所属事務所「病名は非公表」 スポニチアネックス、2015年12月30日
  8. ^ 笑瓶、急性大動脈解離だった…「心臓が内側から裂ける。激痛でした」 スポニチアネックス、2016年2月14日
  9. ^ SMAP、ベッキー騒動の裏で…笑瓶の入院、退院にハラハラ スポニチアネックス、2016年1月25日
  10. ^ “大アナ”抜てき! フジ小澤陽子アナ、入社1年目で競馬番組MC サンケイスポーツ 2015年1月7日閲覧
  11. ^ 「ワイドナショー」謝罪 ミスチル歌詞盗作騒動 作詞家と別人映像使用 スポニチアネックス、2016年1月10日
  12. ^ 「火曜サプライズ」"DAIGO結婚スペシャル"が12日に放送 RBBTODAY、2016年1月11日
  13. ^ 渡辺裕太、目がテン!実験プレゼンターに 日テレNEWS24、2016年1月7日
  14. ^ 森三中・大島「イッテQ」で復帰!「顔も洗わず育児してました」 スポニチアネックス、2016年1月18日
  15. ^ スマスマ きょう一部生放送 分裂回避へ謝罪と経緯説明 スポニチアネックス、2016年1月18日
  16. ^ SMAP存続!スマスマ生出演で騒動決着 キムタク「前を見て…」 スポニチアネックス、2016年1月18日
  17. ^ a b SMAP生謝罪「スマスマ」平均31.2%、瞬間最高37.2%の高視聴率 スポニチアネックス、2016年1月19日
  18. ^ フジ「不適切な日本地図」謝罪 四国の場所にオーストラリア スポニチアネックス、2016年1月26日
  19. ^ 山本昌氏、引退後初レギュラーはマサかの日テレ「ZERO」 スポーツ報知、2016年1月29日
  20. ^ 地上波でナマ金本監督!超異例 MBSが宜野座キャンプ連日中継 スポニチアネックス、2016年1月27日
  21. ^ [ちちんぷいぷい]の番組ページ(1ページ目) gooテレビ番組(関西版)
  22. ^ 究極 冬なま!夜こそ楽しもう (2016年2月5日放送回) gooテレビ番組(関東版)
  23. ^ フジ新人・宮司愛海アナ、4代目チャギントンナビゲーターに就任 ORICON STYLE、2016年2月2日
  24. ^ nhk_henseiのツイート(696162452707225600)
  25. ^ NHK_GTVのツイート(696228910091010048)
  26. ^ TBSが謝罪…別大毎日マラソン取材でコース進入 日刊スポーツ、2016年2月8日
  27. ^ 指原莉乃、「今夜くらべてみました」2代目女性MCに就任「お勉強していけたら」 スポーツ報知、2016年2月10日
  28. ^ 『徹子の部屋』祝40周年 25年ぶり明石家さんま&所ジョージがゲスト出演 ORICON STYLE、2016年2月2日
  29. ^ 金スマ名称変更「スマたちへ」→「スマイルたちへ」 日刊スポーツ、2016年2月13日
  30. ^ 西田敏行 ベッドから落ち首に軽傷、ナイトスクープ収録休む スポニチアネックス、2016年2月15日
  31. ^ フジ「ペケポンプラス」23日に最終回…9年間の歴史に幕 スポニチアネックス、2016年2月19日
  32. ^ 三ちゃん、めちゃイケ卒業 国民投票で「不合格」 スポニチアネックス、2016年2月27日
  33. ^ 日テレ『ZIP!』月間視聴率で初の横並び首位 『めざまし』牙城崩す ORICON STYLE 2016年2月29日発行、同日閲覧。
  34. ^ 水戸市、BPOに意見書 印籠使ったTBS番組「虚偽」 スポニチアネックス、2016年3月2日
  35. ^ 「水曜日のダウンタウン」は審議入りせず BPO放送倫理検証委 スポニチアネックス、2016年3月11日
  36. ^ TBS社長 BPO審議入りせずも水戸市に謝罪、制作側には苦言 スポニチアネックス、2016年3月23日
  37. ^ 『R-1ぐらんぷり』ハリウッドザコシショウが初優勝 ORICON STYLE、2016年3月6日
  38. ^ 特集 明日へ つなげよう〜東日本大震災5年〜 NHKオンライン
  39. ^ 情報ライブミヤネ屋 番組公式 Web ページ トップ 2016年3月6日閲覧。
  40. ^ スーパーJチャンネルSP 東日本大震災から5年 ~全編LIVE“25"のいま~
  41. ^ Nスタ 3.11震災5年 記憶を未来へ伝える力 TBSテレビ
  42. ^ “くいしん坊”は天職です!松岡修造ついに出演800回達成! フジテレビ、2016年3月14日
  43. ^ 松岡修造 No.1くいしん坊に!歴代トップの出演回数達成!『くいしん坊!万才』 フジテレビ、2016年2月8日
  44. ^ a b テレ朝「あいつ今何してる?」スピード出世!4月からゴールデン サンケイスポーツ、2016年2月14日
  45. ^ 「ためしてガッテン」次回3・16で“最終回”山瀬まみ涙の予告 スポニチアネックス、2016年2月24日
  46. ^ 国谷キャスター「クロ現」ラスト出演「感謝しています」 スポーツニッポン、2015年3月18日
  47. ^ 日テレ4月改編、TBSの牙城金曜日をクイズで強化 日刊スポーツ、2016年2月22日
  48. ^ スパーク オン ウェイヴ26年間ありがとう!最終回SP テレBing 番組表
  49. ^ “「NEWS23」アンカー岸井成格氏も来春で降板”. 日刊スポーツ. (2015年12月25日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1583511.html 2015年12月25日閲覧。 
  50. ^ a b c “岸井成格さん「NEWS23」アンカー降板 TBSと新たな契約”. スポニチアネックス. (2016年1月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/15/kiji/K20160115011862950.html 2016年1月15日閲覧。 
  51. ^ “岸井成格氏がTBSとスペシャルコメンテーター契約”. 日刊スポーツ. (2016年1月15日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1592583.html 2016年1月15日閲覧。 
  52. ^ a b c 春から伝統の2つの報道番組がパワーアップ『NEWS23』新キャスターに星浩。放送枠も拡大し再起動! 『報道特集』新キャスターに膳場貴子。さらに進化! TBSホット情報 2016年1月26日発行、同日閲覧。
  53. ^ “TBS「NEWS23」新キャスターに星浩氏 膳場貴子アナは「報道特集」に”. Sankei Biz (産経デジタル). (2016年1月26日). http://www.sankeibiz.jp/business/news/160126/bsj1601261608005-n1.htm 2016年1月26日閲覧。 
  54. ^ “日テレ人気マスコット「ズーミン」と「チャーミン」が番組卒業”. スポニチアネックス. (2016年3月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/19/kiji/K20160319012240940.html 2016年3月19日閲覧。 
  55. ^ “テレビ東京 看板ネコが人気の異色報道番組、3月で終了”. スポニチアネックス. (2016年3月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/02/kiji/K20160302012140510.html 2016年3月2日閲覧。 
  56. ^ “杏樹&恵「MUSIC FAIR」司会卒業を発表 杏樹は涙で感謝”. スポニチアネックス. (2016年2月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/02/19/kiji/K20160219012070310.html 2016年2月19日閲覧。 
  57. ^ NHK北海道|北海道新幹線
  58. ^ プレスリリース 2016年 - HBC北海道放送
  59. ^ a b c d 北海道新聞 2016年3月20日付日曜navi内『週間テレビnavi』で確認(2016年3月20日閲覧)
  60. ^ STVでは北海道新幹線開業の特別番組を放送! 札幌テレビ放送
  61. ^ 週刊ザ・テレビジョン北海道・青森版 2016年4月1日号 p49にて確認、2016年3月22日閲覧
  62. ^ テレビ北海道 週間番組表にて確認(2016年3月20日閲覧)
  63. ^ 北海道新幹線開業記念特別番組 北海道文化放送
  64. ^ a b 北海道文化放送『北海道新幹線すごろくの旅』 - 北海道文化放送 2016年3月19日閲覧。
  65. ^ “テレ朝「サンデー!スクランブル」3月末で終了”. 日刊スポーツ. (2016年2月3日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1600023.html 2016年2月3日閲覧。 
  66. ^ 斉田季実治予報士・伊藤海彦アナウンサーが春から登場です NHKニュースウオッチ9スタッフブログ 2016年3月14日付
  67. ^ “『日本テレビ:ZIP!もお天気キャスターに女子大生 立教大4年の長沢裕さん”. まんたんウェブ. (2016年3月24日). http://mantan-web.jp/2016/03/25/20160324dog00m200060000c.html 2016年3月25日閲覧。 
  68. ^ “『ZIP!』新お天気キャスターに現役立教大生 趣味は“畑作業””. オリコン. (2016年3月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2069044/full/ 2016年3月25日閲覧。 
  69. ^ “日テレ上重アナ「スッキリ!!」降板 3月いっぱい”. 日刊スポーツ. (2016年2月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1600411.html 2016年2月4日閲覧。 
  70. ^ “ハリセンボン春菜、日テレ「スッキリ!」で新サブMC「元気で楽しい朝をお届け」”. スポーツ報知. (2016年3月5日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160305-OHT1T50234.html 2016年3月5日閲覧。 
  71. ^ a b それいけ!アンパンマン:初の午前10時台へ放送時間がお引越し「PON!」は月~木に 毎日新聞デジタル 2016年2月22日発行、同日閲覧。
  72. ^ “「PON!」刷新 エンタメに特化!矢沢心&優樹菜が新パネラー”. スポニチアネックス. (2016年3月27日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/27/kiji/K20160327012286860.html 2016年3月27日閲覧。 
  73. ^ 『NEWS ZERO』新キャスターにミス東大&元NHKアナ・小正裕佳子が起用 ORICON STYLE 2016年2月8日閲覧
  74. ^ “「NEWS ZERO」のお天気キャスターにミス立大ら現役女子大生2人”. スポーツ報知. (2016年3月15日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160318-OHT1T50050.html 2016年3月18日閲覧。 
  75. ^ “NHK夜からTBS朝へ 井田寛子「あさチャン!」気象キャスターに”. スポーツニッポン. (2016年3月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/15/kiji/K20160315012216770.html 2016年3月15日閲覧。 
  76. ^ “NEWS23小林悠アナ健康上の理由で出演取りやめ”. 日刊スポーツ. (2016年3月3日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1611909.html 2016年3月3日閲覧。 
  77. ^ “『NEWS23』エンディング曲を葉加瀬太郎が書き下ろし”. TBSホット情報 (TBSテレビ). (2016年3月25日). http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201603251210.html 
  78. ^ “トミーズ雅&赤井英和MC人気番組「ごきブラ」3月中にも終了へ”. サンスポ. (2016年1月28日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160128/geo16012805030009-n1.html 2016年1月28日閲覧。 
  79. ^ “虎党・諸國沙代子アナ、「す・またん!」新レギュラーで登場”. スポーツ報知. (2016年3月28日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160328-OHT1T50050.html 2016年3月28日閲覧。 
  80. ^ 2016年、広テレがパワーアップ! | ありちゃんねる”. 広島テレビ ブログ (2016年3月4日). 2016年3月16日閲覧。
  81. ^ “テレ東、石坂浩二に「鑑定団」降板通告 発言シーン2年間ほぼカット”. スポニチアネックス. (2016年1月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/28/kiji/K20160128011936280.html 2016年1月28日閲覧。 
  82. ^ a b “「鑑定団」石坂浩二降板を発表 アシスタント吉田真由子も卒業”. スポニチアネックス. (2016年1月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/30/kiji/K20160130011949040.html 2016年1月31日閲覧。 
  83. ^ a b “石坂浩二『鑑定団』笑顔でお別れ 「長い間ありがとうございました」と感謝”. オリコン. (2016年3月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2069303/full/ 2016年3月30日閲覧。 
  84. ^ a b “真麻アナ退社後初フジMC 火曜「バイキング」柳原加奈子とコンビ”. スポニチアネックス. (2016年3月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/29/kiji/K20160329012304750.html 2016年3月29日閲覧。 
  85. ^ “岡本夏生「5時に夢中」卒業発表、「4年半ありがとうございました」”. スポニチアネックス. (2016年3月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/29/kiji/K20160329012305650.html 2016年3月29日閲覧。 
  86. ^ a b c “MBS4月改編 水野真紀番組が水曜移行、スザンヌ&篠原参戦”. スポーツニッポン. (2016年3月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/19/kiji/K20160319012240660.html 2016年3月20日閲覧。 
  87. ^ a b “関ジャニ・村上信五『ヒルナンデス!』卒業へ 3・31がラスト”. オリコン. (2016年3月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2069022/full/ 
  88. ^ “古舘伊知郎キャスター「報ステ」降板へ 来年3月いっぱいで”. スポニチアネックス. (2015年12月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/12/24/kiji/K20151224011741370.html 2015年12月24日閲覧。 
  89. ^ “古舘キャスター「報ステ」降板 テレ朝慰留も…本人の意思を尊重”. スポニチアネックス. (2015年12月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/12/24/kiji/K20151224011741460.html 2015年12月24日閲覧。 
  90. ^ a b “「報ステ」古舘氏後任 富川悠太アナに決定「いきなりタスキを…」”. スポニチアネックス. (2016年1月8日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/08/kiji/K20160108011823680.html 2016年1月8日閲覧。 
  91. ^ “小堺一機、31年半の番組は「財産」 感謝の言葉で『ごきげんよう』終了”. オリコン. (2016年3月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2069401/full/ 
  92. ^ a b “いいとも“聖地”スタジオアルタ、3月いっぱいで休止 新宿アルタは継続”. スポーツ報知. (2016年3月3日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160303-OHT1T50120.html 2016年3月4日閲覧。 
  93. ^ a b c ““バラエティーの聖地”スタジオアルタ、36年の歴史に幕”. オリコン. (2016年3月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2069394/full/ 
  94. ^ “NHK「課外授業 ようこそ先輩」18年の歴史に幕”. スポーツニッポン. (2016年3月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/28/kiji/K20160328012293750.html 2016年3月28日閲覧。 
  95. ^ “「A-Studio」8代目アシは森川葵!不安も鶴瓶に救われた”. スポーツニッポン. (2016年3月14日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/14/kiji/K20160314012208160.html 2016年3月14日閲覧。 
  96. ^ “山寺宏一4・1「おはスタ」卒業を電撃発表「18年半幸せでした」”. スポニチアネックス. (2016年3月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/07/kiji/K20160307012172600.html 2016年3月7日閲覧。 
  97. ^ “山寺宏一、涙の『おはスタ』卒業 視聴者に19年分の感謝「世界一幸せ者です」”. オリコン. (2016年4月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2069461/full/ 
  98. ^ “カトパン「めざまし」卒業、4月から昼の顔に フリー転身も全力慰留”. スポーツ報知. (2015年10月31日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20151030-OHT1T50183.html 2015年10月31日閲覧。 
  99. ^ a b “カトパン 今年度いっぱいで「めざまし」卒業、4月末フジ退社へ”. スポニチアネックス. (2016年1月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/21/kiji/K20160121011902540.html 2016年1月22日閲覧。 
  100. ^ 10社以上争奪戦!カトパン、フジ退社後は篠原涼子所属事務所へ Sponichi Annnex 2016年1月22日発行、同日閲覧。
  101. ^ フジテレビ加藤綾子アナが「めざまし」卒業発表 日刊スポーツ 2015年1月22日閲覧
  102. ^ カトパン4・1「めざまし」卒業を生報告「あと2カ月頑張ります」 Sponichi Annnex 2016年1月22日発行、同日閲覧。
  103. ^ 全力!感謝祭 サガテレビ 2016年3月20日閲覧。
  104. ^ ててて!tv - <新MC決定!!>... - Facebook
  105. ^ “「深層NEWS」が4月からリニューアル”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2016年3月9日). http://www.news24.jp/articles/2016/03/09/08324360.html 2016年3月10日閲覧。 
  106. ^ “【ブレイク予報】高柳愛実、元近鉄・高柳さんの娘がキャスター初挑戦”. スポーツ報知. (2016年3月28日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160327-OHT1T50201.html 2016年3月28日閲覧。 
  107. ^ 伊野尾慧「メレンゲ」初の男性MCに抜てき 日テレNEWS24、2016年3月10日
  108. ^ a b テレビ朝日:「土曜ワイド劇場」をリニューアル 総合エンタメ枠「土曜プライム」に変更 まんたんWEB 2016年3月2日発行、同日閲覧。
  109. ^ テレ朝「土曜ワイド」枠でバラエティー デイリースポーツ 2016年3月2日発行、同日閲覧。
  110. ^ あさチャン!サタデー 2016年4月2日 (土) あさ 5時30分〜 TBSテレビ番組表(2016年4月2日)
  111. ^ a b “おかずクラブ、『王様のブランチ』新レギュラー就任で“番組内恋愛”に意欲「期待して」”. オリコン. (2016年4月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2069524/full/ 
  112. ^ “東加奈子、子供向け番組で初レギュラー「普段の私に近いです」”. サンスポ. (2016年3月16日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160316/geo16031605040006-n1.html 2016年3月16日閲覧。 
  113. ^ “ピースがスポーツ番組初MC、又吉「僕は興奮しやすいタイプのアンドロイド」”. お笑いナタリー (ナタリー). (2016年3月22日). http://natalie.mu/owarai/news/180559 2016年3月26日閲覧。 
  114. ^ “フジ「すぽると!」終了 平日深夜枠も改革、3月いっぱいで幕”. スポニチアネックス. (2016年1月27日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/27/kiji/K20160127011930250.html 2016年1月27日閲覧。 
  115. ^ “新レギュラーに女優・清水富美加の加入決定!”. にじいろジーン公式サイト (関西テレビ放送). (2016年3月17日). http://www.ktv.jp/niji/n_member.html 2016年3月17日閲覧。 
  116. ^ “フジ「MUSIC FAIR」新司会に仲間由紀恵&軽部アナ”. スポーツニッポン. (2016年2月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/02/24/kiji/K20160224012097530.html 2016年2月24日閲覧。 
  117. ^ ftv_sataのツイート(714329032595103744)
  118. ^ “古畑星夏「Going」お天気キャスターに”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2016年3月28日). http://www.news24.jp/articles/2016/03/28/08325835.html 2016年3月30日閲覧。 
  119. ^ “カトパン、スポーツキャスター初挑戦!フリー転向後初レギュラー”. サンケイスポーツ. (2016年2月22日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160222/geo16022205050007-n1.html 2016年2月22日閲覧。 
  120. ^ カトパン、「スポーツLIFE‐」日曜メーンで佐野アナとコンビ サンケイスポーツ 2016年2月22日閲覧
  121. ^ 加藤綾子アナ:4月からフジでスポーツ番組MCに 「新たな分野にチャレンジ」 まんたんウェブ 2016年2月22日発行、同日閲覧。
  122. ^ 「TVタックル」が4月から日曜午前11時55分スタートに SANSPO.COM 2016年2月15日発行、同日閲覧。
  123. ^ 20年以上「大食い」を実況してきた…MC中村ゆうじが勇退を発表!「元祖!大食い王決定戦」4月3日(日)午後6:30~テレビ東京系で放送!
  124. ^ “中村ゆうじ、20年以上務めた“大食い実況”勇退へ 59歳・59回目でバトンタッチ”. オリコン. (2016年3月21日). http://www.oricon.co.jp/news/2068839/full/ 2016年10月4日閲覧。 
  125. ^ “吉田恵、今夏に出産予定!「新報道2001」キャスター3月末卒業”. SANSPO.COM (サンケイスポーツ). (2016年2月3日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160203/mrg16020305040002-n1.html 
  126. ^ “日曜朝の顔に!大島アナ、4・3から「新報道2001」キャスター就任”. サンスポ. (2016年3月14日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160314/geo16031405030003-n1.html 2016年3月14日閲覧。 
  127. ^ スポーツ報知. “カンテレ竹上アナが「競馬BEAT」新アシスタント、杉崎アナは産休へ”. 2016年3月26日閲覧。
  128. ^ 平成28年度(前半期)放送番組時刻表 (PDF) NHK 2016年1月20日閲覧。
  129. ^ a b “NHK若者向け音楽番組、45年の歴史に幕 来年4月から新番組”. サンスポ. (2015年12月30日). http://www.sanspo.com/geino/news/20151230/geo15123005030027-n1.html 2015年12月30日閲覧。 
  130. ^ “NHK、午後2時台の生放送戦争参入!スタパ拡大、ミヤネ屋に挑む”. スポニチアネックス. (2015年12月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/12/19/kiji/K20151219011712520.html 2015年12月19日閲覧。 
  131. ^ a b c d e 平成28年度 国内放送番組編成計画 (PDF) NHK経営情報 2016年1月20日閲覧
  132. ^ a b c 平成28年度番組 新キャスター発表! NHK広報 2016年2月2日
  133. ^ a b c 平成28年度 主な番組のキャスター (PDF) NHK経営情報 2016年2月2日付
  134. ^ “NHK「クローズアップ現代」国谷裕子キャスター降板を検討”. スポニチアネックス. (2016年1月8日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/08/kiji/K20160108011823100.html 2016年1月8日閲覧。 
  135. ^ a b 『ブラタモリ』後任の近江アナ緊張 朝日新聞エンタメ 2016年2月2日閲覧
  136. ^ 新人形劇は「ガラピコぷ~」おかあさんといっしょ NHK 2016年1月28日閲覧。
  137. ^ 「おかあさんといっしょ」 57年の歴史で初のロボットキャラ登場 スポニチアネックス、2016年1月28日
  138. ^ 田中邦衛の長女・田中淳子氏 NHK「国際報道」新キャスターに スポニチアネックス、2016年2月18日
  139. ^ 元読売テレビ・増井渚アナ 退社即NHKキャスター スポーツニッポン、2016年4月2日
  140. ^ 『Oha!4』新キャスターに小菅春香4・4からリニューアル ORICON STYLE 2016年3月28日発行、同日閲覧。
  141. ^ 『ZIP!』アニメ、4月からリニューアル シュールさ話題の『貝社員』放送 ORICON STYLE、2016年3月24日
  142. ^ 『ZIP!』新キャラバンに初の女性旅人…20歳のセレイナ・アンが生歌披露 スポーツ報知、2016年4月4日
  143. ^ “「NEWS ZERO」のテーマ曲に宇多田”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2016年4月4日). http://www.news24.jp/articles/2016/04/04/08326428.html 
  144. ^ “「バンキシャ!」初の同時間帯トップを獲得”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2016年4月4日). http://www.news24.jp/articles/2016/04/04/08326460.html 
  145. ^ barihayaのツイート(713577618549788672)
  146. ^ a b barihayaのツイート(701557369684123648)
  147. ^ “ゴゴスマ:4月から宮城でも放送 関東に続きエリア拡大”. まんたんウェブ. (2016年3月17日). http://mantan-web.jp/2016/03/17/20160317dog00m200027000c.html 2016年3月17日閲覧。 
  148. ^ “テレビ東京“らしさ”発揮!?朝の激戦時間帯に「歴史の道」”. スポニチアネックス. (2016年3月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/02/kiji/K20160302012140610.html 2016年3月2日閲覧。 
  149. ^ “『おはスタ』山寺後任MCを発表 人気声優・小野友樹&花江夏樹が新MC”. オリコン. (2016年3月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2069372/full/ 
  150. ^ “WBS、新トレたまキャスターに北村まあさを起用”. オリコン. (2016年3月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2069311/full/ 
  151. ^ “フジの永島優美、宮司愛海両アナが新たな「朝の顔」宣言「めざましテレビ」”. 産経新聞. (2016年3月7日). http://www.sankei.com/entertainments/news/160307/ent1603070008-n1.html 2016年3月7日閲覧。 
  152. ^ “4月からお天気キャスターは『めざましテレビ』史上最年少・阿部華也子に決定!”. こちらフジテレビ (フジテレビ). (2016年3月23日). http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2016/160317-098.html 
  153. ^ “ヒロミ、YOU、松嶋尚美らが、新レギュラーに決定!”. とれたてフジテレビ (フジテレビ). (2016年4月2日). http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2016/160402-i074.html 
  154. ^ a b NHKお天気キャスター寺川奈津美 4月からフジへ 日刊スポーツ 2016年3月31日発行、同日閲覧。
  155. ^ “フジは毎日生放送15時間!目ん玉飛び出る4月改編”. サンスポ. http://www.sanspo.com/geino/news/20160205/geo1602005040017-n1.html 2016年2月5日閲覧。 
  156. ^ フジ4月改編、朝4時25分から15時間生放送へ 亀山社長がこだわり スポーツ報知 2015年3月7日閲覧、同月12日閲覧。
  157. ^ “フジの夕方『みんなのニュース』若手俳優起用”. オリコン. (2016年3月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2069061/full/ 
  158. ^ “平日夜の新スタイル大型報道情報番組 出演者決まる!市川紗椰がユアタイムメーンパートナー”. こちらフジテレビ (フジテレビ). (2016年3月23日). http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2016/160322-n006.html 
  159. ^ “硬派一変!ショーンK&市川紗椰、フジ系夜ニュースの顔に大抜擢”. サンケイスポーツ. (2016年2月25日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160225/geo16022505050013-n1.html 2016年2月25日閲覧。 
  160. ^ フジ夜のニュースにショーンK&市川紗椰、スポーツ合体の大型報道番組が誕生 マイナビニュース エンタメ 2016年2月25日閲覧
  161. ^ “ショーンK“経歴詐称”謝罪「報ステ」出演含め活動自粛へ”. スポーツニッポン. (2016年3月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/15/kiji/K20160315012221010.html 2016年3月15日閲覧。 
  162. ^ “KAT-TUN冠番組3月で終了 「所さんの…」は田口→中丸に”. スポニチアネックス. (2016年2月23日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/02/23/kiji/K20160223012088700.html 2016年2月23日閲覧。 
  163. ^ “内村光良「LIFE!」新シーズンへ思い新たに「この環境にあることが幸せ」”. お笑いナタリー (ナタリー). (2016年3月17日). http://natalie.mu/owarai/news/180091 2016年4月22日閲覧。 
  164. ^ 春香クリスティーン「スッキリ」卒業「気の抜けない刺激的な木曜日だった」 - スポニチアネックス、2016年12月29日配信、同日閲覧
  165. ^ “ジャニーズWEST中間淳太&桐山照史、4月から『ヒルナンデス!』レギュラー加入”. オリコン. (2016年3月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2068951/full/ 
  166. ^ “『ミヤネ屋』新お天気お姉さんに奈良岡希実子「腕の見せどころ」”. サンスポ. (2016年3月31日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160331/geo16033105030006-n1.html 2016年3月31日閲覧。 
  167. ^ “読テレ入社2年目・平松翔馬アナ、『ケンミンSHOW』抜てきでド緊張「手足がしびれた感覚」”. オリコン. (2016年3月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2068970/full/ 
  168. ^ “Hey!Say!JUMP・伊野尾慧が『めざましテレビ』木曜レギュラーに”. ORICON STYLE. (2016年3月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2067841/full/ 2016年3月6日閲覧。 
  169. ^ “石坂浩二BS鑑定団収録で授賞式欠席”. デイリースポーツ. (2016年3月19日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/03/19/0008907644.shtml 2016年3月20日閲覧。 
  170. ^ a b 『ロンドンハーツ』4月から金曜21時台に移動 - 火曜21時台で14年半放送 マイナビニュース エンタメ 2016年2月22日発行、同日閲覧。
  171. ^ 金曜★ロンドンハーツ&アメトーーーーク!姉妹番組4時間SP!! テレビ朝日
  172. ^ “桂南光15年ぶり生活笑百科復帰、仁鶴室長を補佐”. 日刊スポーツ. (2016年3月14日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1616756.html 2016年3月14日閲覧。 
  173. ^ テレビ朝日:4月改編は「縦の流れ」意識 ロンハー、TVタックルも“引っ越し” まんたんウェブ 2016年3月2日発行、同日閲覧。
  174. ^ “内藤剛志、旅番組のMC就任「違った自分に出会える場所を提案したい」”. オリコン. (2016年3月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2069008/full/ 
  175. ^ “小堺一機 4月から“大人のトーク番組”MC 土曜夕方の顔に”. スポニチアネックス. (2016年3月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/07/kiji/K20160307012173210.html 2016年3月7日閲覧。 
  176. ^ “テレビ朝日 日曜朝をアニメから生スポーツ番組に”. スポニチアネックス. (2016年3月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/02/kiji/K20160302012139700.html 2016年3月2日閲覧。 
  177. ^ “青山愛アナ 日曜朝のスポーツ担当「夜の女から朝日を浴びる女に」”. スポーツニッポン. (2016年4月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/09/kiji/K20160409012374380.html 2016年4月9日閲覧。 
  178. ^ “小籔千豊、関西ローカルで「ネットニュース荒らす!」”. スポーツ報知. (2016年3月16日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160316-OHT1T50115.html 2016年3月16日閲覧。 
  179. ^ spark_on_waveのツイート(714770876235907072)
  180. ^ a b “テレ朝 新人女子アナお披露目 報ステ、ワイドスクランブルでデビュー”. スポーツニッポン. (2016年4月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/01/kiji/K20160401012322370.html 2016年4月1日閲覧。 
  181. ^ “報ステコメンテーターに後藤謙次さん 4月から、日曜出演も継続”. スポニチアネックス. (2016年1月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/29/kiji/K20160129011944310.html 2016年1月29日閲覧。 
  182. ^ a b c “「報ステ」お天気コーナーに4月入社の新人アナ大抜擢!”. サンケイスポーツ. (2016年4月1日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160401/geo16040112090014-n1.html 2016年4月1日閲覧。 
  183. ^ テレビ朝日アナウンサー担当シフト テレビ朝日アナウンサーズ
  184. ^ “寺川綾「報道ステ」スポーツキャスター”. デイリースポーツ. (2016年4月9日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/04/09/0008972480.shtml 2016年4月9日閲覧。 
  185. ^ “橋下徹氏、政界引退後初レギュラー!羽鳥アナと共演「イヤな感じ」”. サンスポ. (2016年2月16日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160216/geo16021605040011-n1.html 2016年2月16日閲覧。 
  186. ^ “橋下氏 市長から視聴率男へ 4月開始テレ朝バラエティーレギュラー”. スポニチアネックス. (2016年2月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/02/16/kiji/K20160216012051560.html 2016年2月16日閲覧。 
  187. ^ “ヨット封印!辛坊氏、全国放送初ゴールデン番組初レギュラーMC”. スポニチアネックス. (2016年2月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/02/29/kiji/K20160229012125820.html 2016年2月29日閲覧。 
  188. ^ a b 辛坊治郎氏が4月からTBS系でテレビ司会、日テレ系以外で初 〝定年〟控え憶測も様々 産経新聞 2016年2月9日閲覧
  189. ^ TBS、月曜も“改名”「月曜ゴールデン」から「月曜名作劇場」に ORICON STYLE 2016年2月26日発行、同日閲覧。
  190. ^ “谷原章介、NHK新音楽番組「うたコン」司会 いずれは紅白も!?”. スポニチアネックス. (2016年1月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/28/kiji/K20160128011933320.html 2016年1月28日閲覧。 
  191. ^ “夏目三久が「怒り新党」卒業、番組に感謝”. 日刊スポーツ. (2016年3月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1623550.html 2016年3月29日閲覧。 
  192. ^ “「怒り新党」夏目アナ後任は青山愛アナ!「未知なる世界にドキドキ」”. スポニチアネックス. (2016年4月8日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/08/kiji/K20160408012366650.html 2016年4月8日閲覧。 
  193. ^ 【熊本震度7】NHK、民放各局が地震番組に変更 新番組延期も産経ニュース 2016年4月14日
  194. ^ “テレ東「木曜8時のコンサート」を「金曜7時」に”. 日刊スポーツ. (2016年3月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1611542.html 2016年3月2日閲覧。 
  195. ^ “「脱力タイムズ」新キャスターに2年目小澤陽子アナ”. スポーツ報知. (2016年4月15日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160415-OHT1T50156.html 2016年4月15日閲覧。 
  196. ^ 熊本出身のNHK・武田アナ「がまだせ!熊本!」番組ブログで故郷にエール送る スポーツ報知 2016年4月20日
  197. ^ プロ野球TVガイド番組表(2016年4月16日)
  198. ^ ドラマ「お迎えデス。」初回放送を延期 デイリースポーツ 2016年4月16日発行。
  199. ^ a b 安倍首相出演『ワイドナショー』休止決定 -『みんなのニュース』緊急特番に マイナビニュース 2016年4月16日発行、同日閲覧。
  200. ^ [この差って何ですか?]TBS日曜午後7時台の人気番組が4月から30分拡大 午後6時半スタートに - マイナビニュース 2016年2月24日、同日閲覧。
  201. ^ 加藤浩次と赤江珠緒がMC 日曜よるの『この差って何ですか?』が4月から放送時間が30分拡大したレギュラー番組に! TBSホット情報 2016年2月24日発行、同日閲覧。
  202. ^ “芦田愛菜&シャーロットW主演!最強布陣で3年ぶり「日9」復活”. サンスポ. (2016年2月9日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160209/geo16020905050012-n1.html 2016年2月9日閲覧。 
  203. ^ NHK_GTVのツイート(722382743766585344)
  204. ^ “高橋みなみ、AKB卒業後初レギュラー 海外ロケにも意欲”. オリコン. (2016年4月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2069315/full/ 
  205. ^ “NHK『歴史秘話ヒストリア』新キャスターに井上あさひアナウンサー”. ORICON STYLE. http://www.oricon.co.jp/news/2066341/full/ 2016年2月6日閲覧。 
  206. ^ “TBS13年ぶりアニメ番組 「カミワザ・ワンダ」で神風吹かす”. スポーツニッポン. http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/19/kiji/K20160119011882300.html 2016年1月19日閲覧。 
  207. ^ tbs_kamiwaza_wのツイート(721088044644761600)
  208. ^ “南原清隆、12年ぶりフジレギュラー 「ひろいき村」後番組でMC”. スポニチアネックス. (2016年3月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/07/kiji/K20160307012173150.html 2016年3月7日閲覧。 
  209. ^ 「歌コン」から「うたコン」へ”. 歌謡コンサートブログ:NHKブログ. NHKオンライン (2016年3月17日). 2016年3月18日閲覧。
  210. ^ a b “TBSゴールデン帯を大幅刷新 設楽&ウエンツ、有田も新番組”. スポニチアネックス. (2016年2月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/02/29/kiji/K20160229012125840.html 2016年2月29日閲覧。 
  211. ^ “「ペケポン」後番組 くりぃむ、タカトシ、柳原ら引き続き出演”. スポニチアネックス. (2016年3月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/07/kiji/K20160307012173190.html 2016年3月7日閲覧。 
  212. ^ バラエティ・音楽(新番組の項参照) フジテレビ 2016年10月25日閲覧。
  213. ^ “ただ今妊娠7カ月♪アヤパン「ニッポンのぞき見太郎」で相棒・生瀬とMC”. サンケイスポーツ. (2016年3月3日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160303/geo16030304030026-n1.html 2016年3月5日閲覧。 
  214. ^ “小泉孝太郎、バラエティー初司会 バナナマンとタッグ「勉強させて」”. スポニチアネックス. (2016年3月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/04/kiji/K20160304012149880.html 2016年3月4日閲覧。 
  215. ^ “安倍首相VS松っちゃん 17日放送「ワイドナショー」事前収録”. スポーツニッポン. (2016年4月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/14/kiji/K20160414012406280.html 2016年4月15日閲覧。 
  216. ^ “「世界の車窓から」放送1万回 石丸謙二郎たった1度のピンチとは…”. スポニチアネックス. (2016年5月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/02/kiji/K20160502012509560.html 2016年5月2日閲覧。 
  217. ^ “有吉弘行、レギュラークイズ番組司会初挑戦”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2016年4月7日). http://www.news24.jp/articles/2016/04/07/08326791.html 
  218. ^ “橋下徹氏、8年ぶり古巣で“名場面”に苦笑”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2016年5月1日). http://www.news24.jp/articles/2016/05/01/08329120.html 2016年5月6日閲覧。 
  219. ^ “橋下徹氏出演の「行列〜」17.2%を記録”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2016年5月9日). http://www.news24.jp/articles/2016/05/09/08329640.html 2016年5月13日閲覧。 
  220. ^ “西内まりや、鶴瓶&桝アナと家族を考える”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2016年2月11日). http://www.news24.jp/articles/2016/02/11/08322152.html 2016年2月11日閲覧。 
  221. ^ “リオ五輪バレーボール世界最終予選TBS&フジ共同放送決定”. TBSホット情報. (2016年3月11日). http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201603111739.html 2016年3月11日閲覧。 
  222. ^ a b “歌丸「笑点」大喜利司会引退 三遊亭円楽ら涙「呆然とした」”. スポーツニッポン. (2016年4月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/30/kiji/K20160430012499660.html 2016年4月30日閲覧。 
  223. ^ 笑点:50周年特番視聴率は20.1% 歌丸の勇退発表で今年最高に次ぐ高視聴率 まんたんウェブ 2016年5月16日発行、同日閲覧。
  224. ^ “小林麻耶 体調悪化で救急搬送…検査入院で1週間ほど休養”. スポーツニッポン. (2016年5月20日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/20/kiji/K20160520012618440.html 2016年5月20日閲覧。 
  225. ^ a b “春風亭昇太「笑点」6代目司会者に、歌丸ラスト出演”. 日刊スポーツ. (2016年5月22日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1651417.html 2016年5月22日閲覧。 
  226. ^ “歌丸勇退の『笑点』視聴率は27.1%”. ORICON STYLE. (2016年5月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2072082/ 2016年5月23日閲覧。 
  227. ^ 【全仏オープン】テレビ東京テニス情報 2016年5月22日
  228. ^ 【全仏オープン】テレビ東京テニス情報 2016年5月23日
  229. ^ a b 【全仏オープン】テレビ東京テニス情報 2016年5月29日
  230. ^ 報道特別番組【米大統領被爆地広島を訪問】 テレビ東京
  231. ^ 報道特別番組 “世界へのメッセージ”を読み解く NHKオンライン
  232. ^ “春風亭昇太、消去法で司会起用も奮起「のびのびとやっていく」”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年5月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2072075/full/ 2016年5月25日閲覧。 
  233. ^ “『笑点』大喜利の新メンバーに林家三平「うちの嫁も知りません」”. オリコン. (2016年5月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2072397/full/ 
  234. ^ “林家たい平『24時間テレビ』マラソンランナーに決定 涙目で決意「頑張ります」”. オリコン. (2016年5月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2072457/full/ 
  235. ^ “クロちゃん救出企画の中止を番組謝罪 『水曜日のダウンタウン』”. オリコン. (2016年6月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2072621/full/ 2016年6月2日閲覧。 
  236. ^ 宇宙ウィーク フジテレビ
  237. ^ 八名信夫“故人”あつかいに「活動しています」 日刊スポーツ、2016年6月7日配信、2018年2月8日閲覧
  238. ^ 日テレ謝罪、八名信夫を番組で“故人”と間違い紹介 日刊スポーツ、2016年6月7日配信、2018年2月8日閲覧
  239. ^ 6月6日放送「超頭脳トレード」表記間違いについて 日本テレビ、2016年6月7日発行
  240. ^ テレ朝 12日にアリ氏追悼特番 猪木戦全15Rの全貌公開 スポーツニッポン、2016年6月7日付
  241. ^ AKB総選挙 終盤視聴率急上昇17・6% デイリースポーツ 2016年6月20日発行、同月25日閲覧。
  242. ^ 【AKB総選挙】“延長戦”をテレ朝で緊急生放送決定! ニュースウォーカー 2016年6月2日発行、、同日閲覧。
  243. ^ 緊急生放送!AKB48総選挙延長戦 テレビ朝日
  244. ^ TBS「事実確認中」番組一部捏造?クイズ全問参加もCG処理で消す - スポニチアネックス、2016年6月27日付
  245. ^ TBSが不適切演出…出演者の姿を無断でカット - サンケイスポーツ、2016年6月27日付
  246. ^ TBSが過剰演出謝罪 出演者の姿を無断でカット - 日刊スポーツ、2016年6月27日付
  247. ^ TBS捏造否定も「ピラミッド・ダービー」“不適切な演出”認めた - スポニチアネックス、2016年6月28日付
  248. ^ TBSテレビの『珍種目No.1は誰だ!? ピラミッド・ダービー』審議入り - BPO・放送倫理検証委員会トピックス、2016年7月8日付、2016年7月13日閲覧
  249. ^ TBS番組、出演者映像処理で審議入り BPO - 日本経済新聞、2016年7月9日掲載、2016年7月13日閲覧
  250. ^ TBSの番組「放送倫理に違反」 BPOが意見公表 NHK 2016年12月6日[リンク切れ]
  251. ^ ウーマン村本、AKBメンバーにゲス発言連発「近いうちに手を出そうと」 オリコン、2016年6月29日付
  252. ^ ABC「おは朝」喜多ゆかりアナが涙ながらの妊娠報告、番組卒業し12月に出産予定 スポーツ報知、2016年7月1日
  253. ^ 八木早希アナ産休へ、川田裕美が『胸いっぱい』ファミリーに新加入 ORICON STYLE、2016年7月1日
  254. ^ “欅坂46が日テレ・BINGO!シリーズで主役”. スポーツ報知. (2016年6月30日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160629-OHT1T50238.html 2016年6月30日閲覧。 
  255. ^ TBS「ウルトラマンの日in杉並公会堂」 TBSテレビ/イベント
  256. ^ 祝 ウルトラマン 50 乱入LIVE! 怪獣大感謝祭 NHK BSオンライン
  257. ^ 独占生中継!「ウルトラマンの日 in 杉並公会堂~放送開始50年記念 ウルトラ全43ヒーロー大集結!~」|アニメ・特撮|TBS CS[TBSチャンネル]
  258. ^ a b c “NHK、17日から永六輔さん追悼番組放送”. スポーツ報知. (2016年7月14日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160714-OHT1T50163.html 2016年7月14日閲覧。 
  259. ^ クローズアップ現代+「永六輔さん テレビへの遺言」 NHKオンライン番組表 2016年7月19日
  260. ^ “黒柳徹子、60年来の親友・永六輔死去に悲痛…「最後の一撃のような死」”. サンケイスポーツ. (2016年7月12日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160712/geo16071204040008-n1.html 2016年7月12日閲覧。 
  261. ^ tbs_prのツイート(758501422186967040)
  262. ^ a b 27時間“笑顔”に包まれた大感謝祭を放送!, , とれたてフジテレビ (フジテレビ), (2016年7月25日), http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2016/160725-i197.html 2016年7月26日閲覧。 
  263. ^ “大橋巨泉さん、がん闘病を語るドキュメンタリーを再放送”. ORICON STYLE. (2016年7月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2075432/full/ 2016年7月21日閲覧。 
  264. ^ 『NEWS23』に雨宮塔子がキャスターとして7月25日(月)から加入決定!, , TBSホット情報 (TBSテレビ), (2016年7月19日), http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201607191255.html 2016年7月21日閲覧。 
  265. ^ “雨宮塔子アナが25日より「NEWS23」キャスターに”. スポーツ報知. (2016年7月19日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160719-OHT1T50089.html 2016年7月21日閲覧。 
  266. ^ “小倉キャスター、『とくダネ!』最多放送記録達成に感謝「みんなの記録」”. サンケイスポーツ. (2016年7月29日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160729/geo16072905010018-n1.html 2016年7月29日閲覧。 
  267. ^ 7月期アニメ「レガリア」がクオリティの問題で放送一旦終了。9月に仕切り直し,AV Watch,2016年7月28日
  268. ^ レガリア:放送中のアニメが4話でいったん終了 「意図していたクオリティと相違,毎日新聞デジタル,2016年7月28日
  269. ^ “極楽とんぼ・山本圭壱、『めちゃイケ』で10年ぶりに地上波復帰…コンビで土下座謝罪も”. サンケイスポーツ. (2016年7月30日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160730/owa16073020450005-n1.html 2016年7月30日閲覧。 
  270. ^ クラシック倶楽部 中村紘子 ピアノ・リサイタル NHK-BSオンライン番組表
  271. ^ “元横綱千代の富士、NHKが追悼特番を放送”. ニッカンスポーツ・コム (日刊スポーツ新聞社). (2016年8月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1688387.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 2016年8月3日閲覧。 
  272. ^ ABC2016夏の高校野球応援ソング 朝日放送
  273. ^ “AKB48が夏の甲子園を応援 古田敦也氏と“連係プレー”を披露”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年6月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2073837/full/ 2016年6月23日閲覧。 
  274. ^ 【SMAP解散へ】あす15日のフジ系「SMAP×SMAP」番組冒頭でテロップ表示 番組サイドから今後の放送について説明か 産経ニュース 2016年8月14日
  275. ^ 今後の対応「近日中に報告」=フジテレビ「SMAP×SMAP」時事通信社 2016年8月15日
  276. ^ [フジ「スマスマ」年内終了を正式発表 「継続不可能と判断」20年の歴史に幕] スポーツニッポン、2016年8月17日
  277. ^ リオデジャネイロオリンピック閉会式 NHKオンライン番組表(NHK教育テレビ)
  278. ^ “今年のメインパーソナリティーはNEWS”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2016年3月28日). http://www.news24.jp/articles/2016/03/28/08325913.html 
  279. ^ “24時間テレビ・波瑠、ハンカチしのばせ…”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2016年6月23日). http://www.news24.jp/articles/2016/06/23/08333430.html 
  280. ^ 高畑裕太、日テレ「24時間テレビ」出演見送り ドラマ別の俳優でシーン撮り直し スポーツニッポン新聞社、2016年8月23日
  281. ^ 【24時間】たい平ゴール後35.5%記録 日テレNEWS24(日本テレビ)、2016年8月29日
  282. ^ 高畑淳子、NHK「スタパ」出演取りやめ 代役は榊原郁恵 スポーツニッポン新聞社、2016年8月24日
  283. ^ “川田裕美アナ、フリー転身後初レギュラーで東野幸治とタッグ!”. サンケイスポーツ. (2016年8月18日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160818/geo16081806000004-n1.html 2016年8月18日閲覧。 
  284. ^ “カープ25年ぶりV 広島で瞬間最高71.0%!地元で歴代2位の視聴率60.3%!”. スポニチアネックス. (2016年9月12日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/09/12/kiji/K20160912013337690.html 2016年9月12日閲覧。 
  285. ^ a b みんなで番組表 野球関連番組 2016年9月10日(土)プロ野球TVガイド
  286. ^ a b “放送40周年・二千回を迎え、特別編を放送”. とれたてフジテレビ (フジテレビ). (2016年9月26日). http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2016/160909-364.html 
  287. ^ “『MステウルトラFES』9・19に第2弾 30周年記念の長時間特番”. オリコン. (2016年7月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2074802/full/ 2016年7月10日閲覧。 
  288. ^ “宇多田ヒカル Mステ特番で活動再開後初のテレビ出演へ”. 毎日新聞デジタル. (2016年9月9日). http://mantan-web.jp/2016/09/09/20160909dog00m200021000c.html 2016年9月11日閲覧。 
  289. ^ “テレ朝『羽鳥慎一モーニングショー』放送開始から1年で初の民放横並びトップ”. オリコン. (2016年9月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2078716/full/ 2016年9月21日閲覧。 
  290. ^ FBBC(フジテレビバスケットボールブースタークラブ) フジテレビ
  291. ^ “広瀬アリス・すず姉妹、中村雅俊が応援! フジ男子バスケ今秋生中継”. サンケイスポーツ. (2016年5月24日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160524/ido16052415440001-n1.html 2016年5月24日閲覧。 
  292. ^ テレ朝『黄金伝説』9月で終了 22日最終回は名場面特集 ORICON STYLE、2016ね8月25日
  293. ^ “テレビ大阪、長谷川豊氏の降板発表…透析患者中傷に「報道番組キャスターとして不適切」”. スポーツ報知. (2016年9月29日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160929-OHT1T50163.html 2016年9月29日閲覧。 
  294. ^ “田村淳、TOKYO MX「週刊リテラシー」終了を報告”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2016年9月11日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160911-OHT1T50181.html 2016年9月12日閲覧。 
  295. ^ a b “「さんまのまんま」9月いっぱいで終了…31年6ヶ月の歴史に幕”. サンケイスポーツ. (2016年8月4日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160804/geo16080405000001-n1.html 2016年8月4日閲覧。 
  296. ^ 「さんまのまんま」レギュラーでは最後の放送、旧知の森昌子迎える お笑いナタリー 2016年9月21日発行、同日閲覧。
  297. ^ 日ハム4年ぶりパ制覇 11・5差を逆転 北海道新聞 2016年9月28日
  298. ^ “北乃きい「ZIP!」9月卒業…2時半起床2年、相談相手はイノッチだった”. スポーツ報知. (2016年7月30日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160729-OHT1T50220.html 2016年7月30日閲覧。 
  299. ^ “瀧本美織、『アナザースカイ』を涙の卒業「いつかゲストで出られるよう」”. オリコン. (2016年9月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2078794/full/ 2016年9月27日閲覧。 
  300. ^ オードリー ゴールデン新番組MCも主役は…担当P「おまけと思ってる」 スポーツニッポン、2016年9月6日
  301. ^ “新作『タイムボカン24』10月放送”. 朝日新聞デジタル. (2016年6月9日). http://www.asahi.com/and_w/interest/entertainment/CORI2073102.html 2016年6月24日閲覧。 
  302. ^ “日テレ「波瀾爆笑」枠拡大でサンジャポ、ワイドナと対決”. デイリースポーツ. (2016年9月2日). http://daily.co.jp/gossip/2016/09/02/0009448729.shtml 2016年9月2日閲覧。 
  303. ^ 「誰だって波瀾爆笑」新司会に岡田結実 日テレNEWS24(日本テレビ)、2016年9月2日
  304. ^ キングオブコント優勝のライス「仕事くれ〜」 スポーツ報知、2016年10月3日
  305. ^ 照英、テレ東『元祖!大食い王決定戦』新MCに ORICON STYLE、2016年10月4日
  306. ^ 人気ゲーム「モンハン」初アニメ化 来年フジ系で放映 スポニチ、2016年9月17日
  307. ^ フジテレビが日曜午前8時半から「モンハン」史上初アニメ化放送 スポーツ報知、2016年5月26日
  308. ^ フジテレビ10年ぶりのアニメ新枠で、史上初の「モンスターハンター」アニメ化が決定!『モンスターハンター ストーリーズ』(仮) とれたてフジテレビ(フジテレビ)、2015年9月18日
  309. ^ “「ワイドナショー」関西でも同時ネットに!月曜深夜→日曜朝で見やすく”. スポニチアネックス. (2016年9月20日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/20/kiji/K20160920013391970.html 2016年9月20日閲覧。 
  310. ^ a b c d 2016 フジテレビ 秋の新番組・特別番組
  311. ^ 川島海荷が「ZIP!」総合司会 北乃きい後任、日テレ朝の顔に スポーツニッポン、2016年8月4日
  312. ^ “日テレ新人コンビ梅澤廉&佐藤真知子アナ、10月から「ZIP!」レギュラーデビュー”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2016年9月22日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160921-OHT1T50253.html 2016年9月22日閲覧。 
  313. ^ NEXT10 次の10年へ 日本テレビ『NEWS ZERO』公式サイト
  314. ^ “宇多田ヒカル、5年ぶりテレビ出演決定”. オリコン. (2016年9月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2077893/full/ 2016年9月11日閲覧。 
  315. ^ “宇多田ヒカルが5年半ぶりテレビ出演、『SONGS』『NEWS ZERO』など”. CINRA NET (CINRA. inc). (2016年9月5日). http://www.cinra.net/news/20160905-utadahikaru 2016年9月29日閲覧。 
  316. ^ “宇多田ヒカル「NEWS ZERO」で歌う”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2016年9月5日). http://www.news24.jp/articles/2016/09/05/08340098.html 2016年9月23日閲覧。 
  317. ^ “TBS「ひるおび!」35分前倒しで時間拡大 新料理番組もスタート”. スポーツニッポン. (2016年8月31日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/08/31/kiji/K20160831013266650.html 2016年8月31日閲覧。 
  318. ^ a b “フジ新人女子アナ、初のレギュラーは「めざましアクア」”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2016年9月23日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160922-OHT1T50213.html 2016年9月23日閲覧。 
  319. ^ “タレ目アイドルアナ・伊藤弘美がフジ早朝の顔に!全国区へ第一歩”. サンケイスポーツ. (2016年9月15日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160915/geo16091505050011-n1.html 2016年9月15日閲覧。 
  320. ^ “藤井弘輝アナ『めざまし』初レギュラー!父・フミヤ「気合い入れてやれよ」”. サンケイスポーツ. (2016年9月21日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160921/geo16092105050012-n1.html 2016年9月21日閲覧。 
  321. ^ a b “フジ『みんなのニュース』放送時間短縮 ドラマ再放送の可能性も”. オリコン. (2016年9月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2077899/full/ 
  322. ^ a b “フジ新人・永尾アナ10・3「みんなのニュース」で初レギュラー”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2016年9月27日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/27/kiji/K20160927013430690.html 2016年9月27日閲覧。 
  323. ^ MBS情報番組「ちちんぷいぷい」10月3日から鹿児島でも放送 スポーツ報知 2016年9月16日発行、同日閲覧。
  324. ^ “「おは朝」新アシスタントに3年目川添佳穂アナ大抜てき”. スポーツニッポン. (2016年8月31日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/08/31/kiji/K20160831013265360.html 2016年8月31日閲覧。 
  325. ^ a b “喜多ゆかりアナから川添佳穂アナへ…ABC「おはよう朝日です」”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2016年9月12日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160912-OHT1T50101.html 2016年9月13日閲覧。 
  326. ^ a b “2016年度下期 改編情報(1)” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東京メトロポリタンテレビジョン, (2016年9月9日), http://s.mxtv.jp/company/press/pdf/press2016_460001.pdf 2016年9月9日閲覧。 
  327. ^ “高橋真麻、帯番組でMC!水曜日に父も登場”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2016年9月10日). http://www.news24.jp/articles/2016/09/10/08340593.html 
  328. ^ 茜色の日々 「開運! なんでも鑑定団」 (HTML)” (日本語). テレビ東京アナウンサー:片渕茜. p. 1 (2016年10月1日). 2016年10月1日閲覧。
  329. ^ “南キャン山里、Eテレ番組司会 NHK会長をゲストに呼びたい!”. スポーツニッポン. (2016年9月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/29/kiji/K20160929013444070.html 2016年9月29日閲覧。 
  330. ^ “長谷川豊、MX『バラいろダンディ』降板 ブログ騒動でレギュラー消滅”. オリコン. (2016年10月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2079529/full/ 2016年10月6日閲覧。 
  331. ^ “毛深いけど朝の顔!ココリコ田中『ZIP!』レギュラーに喜び爆発”. サンケイスポーツ. (2016年8月30日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160830/owa16083005050002-n1.html 2016年8月30日閲覧。 
  332. ^ “ローラ「めざまし」で料理コーナー!裏のもこみちは「ライバル」”. スポーツニッポン. (2016年9月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/30/kiji/K20160930013450350.html 2016年9月30日閲覧。 
  333. ^ “中条あやみ『アナザースカイ』新MCに決定 パートナー今田耕司と“ご近所さん”の縁”. オリコン. (2016年9月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2078994/full/ 2016年9月27日閲覧。 
  334. ^ “太川陽介、30年ぶり音楽番組のMCに挑戦”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2016年9月21日). http://www.news24.jp/articles/2016/09/21/08341586.html 
  335. ^ “東京2020 12時間スペシャル「→2020」について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), NHKオンライン, (2016年9月8日), http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/shiryou/kaichou/2016/09/003.pdf 2016年9月9日閲覧。 
  336. ^ “吉田羊、熱血女医で民放連ドラ初主演!「バチスタ」スタッフ集結”. サンケイスポーツ. (2016年8月8日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160808/geo16080805050003-n1.html 2016年8月8日閲覧。 
  337. ^ フジ系KTVドラマ枠は10月から火曜午後9時に 映画.com 2016年8月12日発行、同日閲覧。
  338. ^ 高島彩が37歳にして分かったことは? 素直になるための“ジブン革命”スタート SANSPO.COM 2016年10月13日発行、同日閲覧。
  339. ^ “旅猿“引っ越し”東野「島流しに」、岡村「どんどんスタッフの声が小さく」”. スポーツ報知. (2016年9月25日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160925-OHT1T50268.html 2016年10月13日閲覧。 
  340. ^ a b “『アメトーーク!』日曜ゴールデン進出&木曜深夜と週2回放送敢行”. ORICON STYLE. (2016年9月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2077897/full/ 2016年9月5日閲覧。 
  341. ^ “よみがえるベストテン BS-TBS「昭和歌謡…」10月スタート”. スポーツニッポン. (2016年9月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/03/kiji/K20160903013285510.html 2016年9月3日閲覧。 
  342. ^ “DASH!!×イッテQ!交換留学SP”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2016年10月3日). http://www.news24.jp/articles/2016/10/03/08342568.html 
  343. ^ a b 北海道新聞・2016年10月9日朝刊『日曜navi』内「週間テレビnavi」にて確認、2016年10月9日閲覧
  344. ^ 産経新聞出版『月刊TVNavi』北海道版2016年11月号 p91にて確認、2016年10月2日閲覧。
  345. ^ “マスパン 古巣にレギュラー復帰!10月開始「クイズ☆スター名鑑」”. スポーツニッポン. (2016年8月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/08/25/kiji/K20160825013231910.html 2016年8月25日閲覧。 
  346. ^ “狩野アナ、ハワイロケで『モヤさま』卒業 10・16放送”. ORICON STYLE (oricon ME inc.). (2016年9月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2078570/full/ 2016年9月19日閲覧。 
  347. ^ 【緊急特番】「TSSみんなのテレビ カープ黒田投手引退会見」 テレビ新広島公式Twitter 2016年10月18日付
  348. ^ 黒田引退会見を緊急生中継 テレビ新広島 異例の2時間特番 - スポニチアネックス、2016年10月18日配信
  349. ^ カープ・黒田の今季限り引退発表で広島に激震! 地元テレビ局では緊急特番を放送 - Excite Bit コネタ
  350. ^ 広島テレビ「緊急特別番組 カープ黒田博樹投手引退へ」18日深夜に放送予定 - カープまにあ⭕
  351. ^ 張本勲氏の中大「内紛」発言について番組側が謝罪 - 日刊スポーツ新聞社、2016年10月20日配信、2016年10月21日閲覧
  352. ^ 張本氏の”内紛”発言、番組中の謝罪なしと中大・野村部長が明かす - デイリースポーツオンライン、2016年10月23日配信、同日閲覧
  353. ^ “「モヤさま」狩野アナ後任は福田典子アナ 今年8月“中途採用”で入社”. Sponichi ANEEX. スポーツニッポン新聞社. (2016年10月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/10/16/kiji/K20161016013548970.html 2016年10月16日閲覧。 
  354. ^ “平尾誠二さん追悼 関連番組放送のお知らせ” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 日本放送協会, (2016年10月21日), http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=07815 2016年10月24日閲覧。 [リンク切れ]
  355. ^ TBSバラエティーを審議、出演者が下半身を露出”. 日刊スポーツ新聞社 (2016年10月26日). 2016年10月27日閲覧。
  356. ^ “「羽鳥モーニングショー」が慶大集団暴行でお詫び”. スポーツ報知. (2016年10月27日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161027-OHT1T50055.html 2016年10月27日閲覧。 
  357. ^ “恵俊彰 フジのゴールデンレギュラー初MC 10月スタートのバラエティー”. デイリースポーツ. (2016年9月5日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/09/05/0009457520.shtml 2016年9月5日閲覧。 
  358. ^ “テレ朝『日曜洋画劇場』50周年 淀川長治氏がOP映像で復活”. オリコン. (2016年10月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2080638/full/ 2016年10月28日閲覧。 
  359. ^ a b 高橋克実 助っ人代役に「トリビア」コンビの八嶋智人 デイリースポーツ、2016年10月31日
  360. ^ 広島地区のテレビはパレードだけ!?民放4局とNHKの地上波全局が完全生中継 報知新聞 2016年11月5日
  361. ^ 黒田もジョンソンも 5日優勝パレード、TV全局生中継 広島東洋カープ 中国新聞 2016年11月4日
  362. ^ “ナイナイ岡村 カンテレ初レギュラー「単純にうれしかった」”. スポーツニッポン. (2016年10月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/10/28/kiji/K20161028013615510.html 2016年10月28日閲覧。 
  363. ^ “古舘伊知郎、日曜夜に挑戦状!バラエティーで11年半ぶりレギュラー”. サンケイスポーツ. (2016年8月9日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160809/geo16080905050003-n1.html 2016年8月9日閲覧。 
  364. ^ カラダWEEK 日本テレビ
  365. ^ 新婚狩野恵里アナ、モヤさま卒業後は報道キャスター 日刊スポーツ、2016年9月2日
  366. ^ はじめまして!入社1年目の片渕茜です WBS公式Twitter 2016年11月7日
  367. ^ テレ東・大橋未歩キャスターの『モーニングチャージ』 11・7からリニューアル ORICON STYLE、2016年10月17日
  368. ^ 朝から夜まで経済ニュース:テレビ東京
  369. ^ 侍ジャパン強化試合 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト
  370. ^ 田部井淳子さんをしのんで~100年インタビュースペシャル~ NHKドキュメンタリー、2016年11月5日
  371. ^ SHELLY、来週から『今夜くらべてみました』MC復帰 マイナビニュース、2016年11月9日
  372. ^ 20日に日ハム優勝パレード テレビ中継 記念Tシャツ販売も 北海道新聞 2016年11月18日
  373. ^ 「けいざいナビ北海道」公式フェイスブック
  374. ^ 札幌の地上波テレビ全局、コンサドーレ特番を放送!!
  375. ^ テレ東→六本木3丁目移転プロジェクト テレビ東京
  376. ^ 「劇的ビフォーアフター」14年の歴史にいったん幕…今後は特番 Sponichi Annex 2016年11月25日発行、同日閲覧。
  377. ^ ASKA容疑者を逮捕 またも覚醒剤使用の疑い サンケイスポーツ
  378. ^ ASKA容疑者、妄想?「あり得ない」…宮根キャスターとの電話の主なやりとり スポーツ報知、2016年11月29日
  379. ^ V6長野 結婚ナマ祝福、胴上げに感謝「温かく見守って」TOKIO、嵐ら続々 スポーツニッポン、2016年11月30日
  380. ^ 北斗晶『あさチャン!』に生出演!! TBSホット情報(TBSテレビ)、2016年11月29日
  381. ^ a b “読売テレビ吉田奈央アナが産休へ「幸せでした」”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2016年12月1日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1745804.html 2016年12月1日閲覧。 
  382. ^ a b “読テレ・吉田奈央アナ産休へ 『す・またん』に虎谷温子アナ復帰”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2016年12月1日). https://www.daily.co.jp/gossip/2016/12/01/0009713703.shtml 2016年12月1日閲覧。 
  383. ^ “さんま収入ガタ減り!?「『さんスマ』も『さんタク』もないから」”. サンケイスポーツ. (2016年12月4日). http://www.sanspo.com/geino/news/20161204/owa16120405030006-n1.html 2016年12月4日閲覧。 
  384. ^ 銀シャリがM-1優勝!3503組の頂点に SANSPO.COM(サンケイスポーツ)、2016年12月4日
  385. ^ 華原朋美、1ヶ月ぶり芸能活動再開 笑顔で『PON!』復帰 ORICON STYLE、2016年12月5日
  386. ^ 有田哲平、結婚を発表!高橋ひとみ似のお相手と交際のきっかけは「合コンです。合コン婚」 サンケイスポーツ 2016年12月5日
  387. ^ “桐谷美玲、サッカークラブW杯の中継キャスターに就任「感動届ける」”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2016年11月30日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161129-OHT1T50257.html 2016年11月30日閲覧。 
  388. ^ a b “【クラブW杯】鹿島―レアル決勝の視聴率が歴代最高26・8%!瞬間最高は36・8%”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2016年12月19日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161219-OHT1T50064.html 2016年12月20日閲覧。 
  389. ^ “コナン2時間SP放送日が12月9日に決定”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2016年11月16日). http://www.news24.jp/articles/2016/11/16/08346581.html 2016年11月16日閲覧。 
  390. ^ SMAPグラフィティ とれたてフジテレビ(フジテレビ)、2016年11月17日
  391. ^ ノンスタ井上、BSジャパンも放送取りやめ ORICON STYLE、2016年12月13日
  392. ^ “NHK久保田アナ 産休のため「所さん!」卒業…初代「ブラタモリ」相棒”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2016年12月15日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/12/15/0009753957.shtml 2016年12月16日閲覧。 
  393. ^ スマスマ最後のビストロ 16・3%で有終の美 タモリが来店 スポーツニッポン、2016年12月20日
  394. ^ “国宝級『茶碗』2500万円なり!鑑定団22年で「最大の発見」”. サンケイスポーツ. (2016年12月21日). http://www.sanspo.com/geino/news/20161221/sot16122105000002-n1.html 2016年12月21日閲覧。 
  395. ^ “近野キャスター「深層NEWS」の顔に…BS日テレ1・4から”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2016年12月20日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161220-OHT1T50034.html 2016年12月20日閲覧。 
  396. ^ “「留置場では114番」七三分けの清原和博氏、事件後テレビ初登場で泣いた「薬物は怪物で悪魔。ささやきと闘い続けるというのは一生続く」”. (2016年12月26日). http://www.sankei.com/life/news/161226/lif1612260013-n2.html 2016年12月28日閲覧。 
  397. ^ 毎週土曜よる11時30分~放送中!『新チューボーですよ!』22年の歴史に幕! 最終回ゲストには唐沢寿明と雨宮塔子が登場! TBSホット情報(TBSテレビ)、2016年11月9日
  398. ^ “柴田阿弥、「ウイニング競馬」MCに! フリーアナ転身後初の大役ゲット”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社: pp. 1-3. (2016年12月2日). http://www.sanspo.com/geino/news/20161202/geo16120205050018-n1.html 2016年12月2日閲覧。 
  399. ^ テレ東最長寿番組「話題の医学」50年の歴史に幕「役目終えた」 スポーツニッポン、2016年12月21日
  400. ^ 『SMAP×SMAP』12月26日最終回は5時間特番「すべてを存分にお届けします」 ORICON STYLE、2016年12月5日
  401. ^ a b “SMAP、紅白出演辞退 ラストはスマスマ、生出演なし”. 朝日新聞. (2016年12月24日). http://www.asahi.com/articles/ASJDR6GVRJDRUCLV008.html 
  402. ^ a b スマスマ最終回23・1%で有終の美 瞬間最高は中居の涙27・4% スポーツニッポン、2016年12月27日
  403. ^ “重傷のMAKIDAI 27日「ZIP!」欠席…治療中、番組側も配慮”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2016年12月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/26/kiji/20161226s00041000145000c.html 2016年12月26日閲覧。 
  404. ^ “読売テレビ・中谷アナ、朝の生番組「す・またん!」卒業”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2016年12月27日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161227-OHT1T50235.html 2016年12月28日閲覧。 
  405. ^ 実録!犯罪列島 婚活サギ師直接対決SP TBSテレビ
  406. ^ 岸田雪子キャスター『スッキリ!!』&『ミヤネ屋』ニュースコーナーを卒業 - ORICON STYLE、2016年12月29日配信
  407. ^ “『第58回レコード大賞』候補10作品決定 宇多田、AKB48、桐谷健太ら”. ORICON STYLE. オリコン. (2016年11月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2081631/full/ 2016年11月18日閲覧。 
  408. ^ “天海祐希「光栄」レコード大賞初司会 TBS安住アナとコンビ”. SPONICHI ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2016年12月6日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/06/kiji/K20161206013857110.html 2016年12月6日閲覧。 
  409. ^ “レコード大賞に西野カナ「言葉が出ません」有線大賞と2冠”. スポーツニッポン. (2016年12月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/30/kiji/20161230s00041000160000c.html 2016年12月30日閲覧。 
  410. ^ TBS年末の音楽番組が好調!年末特番も高視聴率をマーク! TBSホット情報、2017年1月2日
  411. ^ 朝日新聞(東京朝刊)、2016年1月3日付
  412. ^ a b “紅白歌合戦、第2部視聴率は40.2% 前年比1.0ポイント増”. NIKKEI.NET. 日本経済新聞. (2017年1月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040008_S7A100C1000000/ 2017年1月2日閲覧。 
  413. ^ 『ガキ使』年越し特番、今年は“科学博士” 松本「科学的に僕らのお尻は大丈夫かな」 ORICON STYLE、2016年11月16日
  414. ^ 「ガキ使」紅白同時間帯7年連続で民放トップ! - スポーツニッポン新聞社、2017年1月3日配信、同日閲覧
  415. ^ プレスリリース(2017年1月2日) 日本テレビ放送網株式会社
  416. ^ “日本テレビが3年連続3冠 年間視聴率”. NIKKEI.NET. 日本経済新聞. (2017年1月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040013_S7A100C1000000/?n_cid=TPRN0004 2017年1月2日閲覧。 
  417. ^ Daiichi-TV 2016年1月6日閲覧。
  418. ^ 日テレ2年連続で年間視聴率3冠 引き続きレギュラー番組強く - スポニチアネックス、2016年1月4日
  419. ^ 年間視聴率GP帯 60周年のTBS民放3位躍進 フジ4位転落 - スポニチアネックス、2016年1月4日
  420. ^ 15年/フジ民放4位転落、TBS浮上 - 文化通信.com、2016年1月4日付
  421. ^ 「2015年 年間高世帯視聴率番組30」発表 朝ドラが健闘 - ORICON STYLE、2016年1月4日付
  422. ^ NHK塚本堅一アナ 危険ドラッグ所持の疑いで逮捕 - スポニチアネックス、2016年1月11日付
  423. ^ NHKアナウンサー 危険ドラッグ所持容疑で逮捕 - 毎日新聞、2016年1月11日付
  424. ^ NHKアナ危険ドラッグ逮捕 番組で生謝罪「よりよい番組を…」 - スポニチアネックス、2016年1月26日付
  425. ^ NHK塚本アナ 危険ドラッグ自宅製造で再逮捕「自分で使う分を…」 - スポニチアネックス、2016年1月30日付
  426. ^ NHK塚本アナに罰金50万円 危険ドラッグ製造の罪 - スポニチアネックス、2016年2月9日付
  427. ^ NHK塚本アナを懲戒免職 危険ドラッグ製造で処分 - スポニチアネックス、2016年2月16日付
  428. ^