2016年の全日本F3選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2016年の全日本F3選手権
前年: 2015 翌年: 2017

2016年の全日本F3選手権は、2016年4月23日 - 24日鈴鹿サーキットで開幕し、9月24日 - 25日スポーツランドSUGOで閉幕した全17戦のシーズンである。

前年からの主な変更点[編集]

エンジン[編集]

フォルクスワーゲンが全日本F3に初参戦。前年までトヨタエンジンを使用していたB-MAX RACING TEAM勢が同エンジンに移行した。

エントリーリスト[編集]

チーム No. ドライバー クラス シャシー エンジン 出場ラウンド
TODA RACING 2 日本の旗 石川京侍 Dallara F312 Toda TR-F301 1-17
12 日本の旗 牧野任祐 Dallara F312 Toda TR-F301 1-17
EXEDY B-MAX Racing Team 3 日本の旗 三浦愛 Dallara F312 Toyota TOM'S TAZ31 1-17
Hanashima Racing 5 中華人民共和国の旗 アレックス・ヤン N Dallara F306 Toyota TOM'S 3S-GE 1-17
46 日本の旗 久保田克昭 N Dallara F308 Toyota TOM'S 3S-GE 15-17
HFDP RACING 7 日本の旗 阪口晴南 Dallara F312 MUGEN MF204D 1-17
8 日本の旗 大津弘樹 Dallara F312 MUGEN MF204D 1-17
ALBIREX RACING TEAM 9 日本の旗 廣田築 N Dallara F306 Toyota TOM'S 3S-GE 1-17
10 日本の旗 岡崎善衛 N Dallara F308 Toyota TOM'S 3S-GE 1-10
B-MAX RACING TEAM 11 日本の旗 植田正幸 N Dallara F308 Toyota TOM'S 3S-GE 13-17
30 日本の旗 DRAGON N Dallara F308 Toyota TOM'S 3S-GE 1-17
Team KRC with B-Max 21 中華人民共和国の旗 イェ・ホンリー Dallara F315 VOLKSWAGEN A41(OXY) 9-17
B-MAX Racing Team with NDDP 21 日本の旗 佐々木大樹 Dallara F312 VOLKSWAGEN A41(OXY) 1-4
日本の旗 高星明誠 Dallara F312 VOLKSWAGEN A41(OXY) 5-8
22 イギリスの旗 ヤン・マーデンボロー[1] Dallara F314 VOLKSWAGEN A41(OXY) 1-17
23 日本の旗 千代勝正[1] Dallara F315 VOLKSWAGEN A41(OXY) 1-10,15-17
日本の旗 高星明誠 Dallara F312 VOLKSWAGEN A41(OXY) 11-14
TEAM SAMURAI 25 日本の旗 松井孝允 N Dallara F306 Toyota TOM'S 3S-GE 9-10
EXCEED MOTOR SPORTS 28 日本の旗 山口大陸 Dallara F316 TOYOTA TOM'S TAZ31 1-17
ZENT TEAM TOM'S 36 日本の旗 山下健太[2] Dallara F312 Toyota TOM'S TAZ31 1-17
37 日本の旗 坪井翔[2] Dallara F314 Toyota TOM'S TAZ31 1-17
Petit Lemans Racing 78 日本の旗 片山義章 N Dallara F306 Toyota TOM'S 3S-GE 1-17
アイコン クラス
N F3-N

※全チームともタイヤ横浜ゴム

スケジュール及び勝者[編集]

ラウンド 開催サーキット 決勝日 ポールポジション ファステストラップ 優勝ドライバー 優勝チーム F3-Nクラス勝者 備考
1 R1 鈴鹿サーキット 4月23日 山下健太 佐々木大樹 山下健太 ZENT TEAM TOM'S 片山義章
R2 4月24日 山下健太 山下健太 山下健太 ZENT TEAM TOM'S 片山義章
2 R3 富士スピードウェイ 5月14日 ヤン・マーデンボロー 佐々木大樹 佐々木大樹 B-MAX Racing Team with NDDP アレックス・ヤン
R4 5月15日 佐々木大樹 佐々木大樹 佐々木大樹 B-MAX Racing Team with NDDP 片山義章
3 R5 岡山国際サーキット 5月28日 ヤン・マーデンボロー 山下健太 山下健太 ZENT TEAM TOM'S 片山義章
R6 5月29日 ヤン・マーデンボロー ヤン・マーデンボロー ヤン・マーデンボロー B-MAX Racing Team with NDDP 片山義章
4 R7 鈴鹿サーキット 6月11日 山下健太 ヤン・マーデンボロー 高星明誠 B-MAX Racing Team with NDDP 廣田築
R8 6月12日 山下健太 ヤン・マーデンボロー 高星明誠 B-MAX Racing Team with NDDP 廣田築
5 R9 富士スピードウェイ 7月16日 ヤン・マーデンボロー 千代勝正 ヤン・マーデンボロー B-MAX Racing Team with NDDP 松井孝允
R10 7月17日 ヤン・マーデンボロー 千代勝正 千代勝正 B-MAX Racing Team with NDDP 松井孝允
6 R11 ツインリンクもてぎ 8月20日 牧野任祐 ヤン・マーデンボロー ヤン・マーデンボロー B-MAX Racing Team with NDDP DRAGON
R12 8月21日 ヤン・マーデンボロー ヤン・マーデンボロー ヤン・マーデンボロー B-MAX Racing Team with NDDP 片山義章
7 R13 岡山国際サーキット 9月10日 山下健太 山下健太 山下健太 ZENT TEAM TOM'S 片山義章 熊本地震の影響により開催地変更
R14 9月11日 高星明誠 高星明誠 高星明誠 B-MAX Racing Team with NDDP 片山義章
8 R15 スポーツランドSUGO 9月24日 山下健太 山下健太 山下健太 ZENT TEAM TOM'S 片山義章
R16 9月25日 山下健太 坪井翔 山下健太 ZENT TEAM TOM'S DRAGON
R17 9月25日 ヤン・マーデンボロー 山下健太 ZENT TEAM TOM'S DRAGON
  • 当初は第13,14戦はオートポリスでの開催であったが熊本地震の影響により、岡山国際サーキットでの開催へと変更になった。[3][4]

シリーズポイントランキング[編集]

  • ポイントシステムは以下の通り
1位 2位 3位 4位 5位 6位 PP FL
10 7 5 3 2 1 1 1

ドライバー部門[編集]

順位 ドライバー SUZ FSW OKA SUZ FSW TRM OKA SUG ポイント
1 日本の旗 山下健太 1 1 5 2 1 6 Ret 2 6 4 5 2 1 5 1 1 1 113
2 イギリスの旗 ヤン・マーデンボロー 2 3 2 4 8 1 10 3 1 2 1 1 4 8 2 2 2 110
3 日本の旗 坪井翔 3 2 3 3 2 3 2 DNS 2 3 3 3 3 4 3 3 3 87
4 日本の旗 高星明誠 4 8 1 1 7 8 2 1 42
5 日本の旗 牧野任祐 8 6 6 6 Ret 2 4 6 3 5 2 5 5 3 4 9 7 41
6 日本の旗 千代勝正 4 8 4 16 3 9 3 4 4 1 WD WD WD WD Ret 7 8 34
7 日本の旗 佐々木大樹 5 4 1 1 29
8 日本の旗 石川京侍 6 5 7 5 Ret 5 5 5 7 9 4 7 9 7 5 4 4 22
9 日本の旗 阪口晴南 9 7 8 7 6 4 7 7 5 8 6 6 6 2 7 5 5 20
10 日本の旗 大津弘樹 7 9 9 9 5 7 6 8 8 6 Ret 11 8 Ret 6 8 6 6
日本の旗 山口大陸 DNS DNS 11 10 7 Ret 9 10 12 10 9 9 11 Ret Ret 11 11
日本の旗 三浦愛 10 10 10 8 9 Ret 8 9 Ret 16 10 10 10 9 Ret 10 10
順位 ドライバー SUZ FSW OKA SUZ FSW TRM OKA SUG ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

太字 – ポールポジション
斜体 – ファステストラップ

F3-Nクラス ドライバー部門[編集]

順位 ドライバー SUZ FSW OKA SUZ FSW TRM OKA SUG ポイント
1 日本の旗 片山義章 11 11 Ret 11 10 10 Ret 13 11 15 13 12 12 10 9 13 Ret 139
2 日本の旗 DRAGON Ret 12 13 12 14 11 12 12 Ret 12 11 13 13 11 10 12 12 113
3 日本の旗 廣田築 12 13 14 13 12 Ret 11 11 Ret 13 12 15 14 13 12 14 15 82
4 中華人民共和国の旗 アレックス・ヤン Ret 14 12 14 11 13 13 15 Ret Ret Ret 14 15 12 13 16 14 56
5 日本の旗 岡崎善衛 13 15 15 15 13 12 14 14 Ret 14 29
6 日本の旗 松井孝允 10 11 24
7 日本の旗 植田正幸 Ret Ret 11 15 13 15
8 日本の旗 久保田克昭 14 17 Ret 2
順位 ドライバー SUZ FSW OKA SUZ FSW TRM OKA SUG ポイント

チーム部門[編集]

  • ポイントシステムは以下の通り
1位 2位 3位 4位 5位 6位
10 7 5 3 2 1
順位 チーム SUZ FSW OKA SUZ FSW TRM OKA SUG ポイント
1 B-MAX Racing Team with NDDP 2 3 1 1 3 1 1 1 1 1 1 1 2 1 2 2 2 145
2 ZENT TEAM TOM'S 1 1 3 2 1 3 2 2 2 3 3 2 1 4 1 1 1 128
3 TODA RACING 6 5 6 5 Ret 2 4 5 3 5 2 5 5 3 4 4 4 50
4 HFDP RACING 7 7 8 7 5 4 6 7 5 6 6 6 6 2 6 5 5 24
順位 チーム SUZ FSW OKA SUZ FSW TRM OKA SUG ポイント

エンジンチューナー部門[編集]

順位 チューナー SUZ FSW OKA SUZ FSW TRM OKA SUG ポイント
1 SPIESS Motorenbau GmbH 2 3 1 1 3 1 1 1 1 1 1 1 2 1 2 2 2 145
2 TOM'S 1 1 3 2 1 3 2 2 2 3 3 2 1 4 1 1 1 128
3 戸田レーシング 6 5 6 5 Ret 2 4 5 3 5 2 5 5 3 4 4 4 50
4 M-TEC 7 7 8 7 5 4 6 7 5 6 6 6 6 2 6 5 5 24
順位 チューナー SUZ FSW OKA SUZ FSW TRM OKA SUG ポイント

参照[編集]