2016年のJリーグカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jリーグ > Jリーグカップ > 2016年のJリーグカップ
2016 Jリーグカップ
Jリーグヤマザキナビスコカップ
→JリーグYBCルヴァンカップ
開催国 日本の旗 日本
開催期間 2016年3月23日 - 10月15日
参加チーム数 18
優勝 浦和レッズ
準優勝 ガンバ大阪
スルガ銀行CS出場 浦和レッズ
試合総数 55
ゴール数 128 (1試合平均 2.33 点)
観客動員数 489,607 (1試合平均 8,902 人)
得点王 日本の旗 高木俊幸 (浦和)
(4得点)
最優秀選手 日本の旗 李忠成 (浦和)
2015
2017
テンプレートを表示

2016年のJリーグカップは、2016年3月23日より開催され、同年10月15日に決勝が行われた、第24回Jリーグカップである。浦和レッズが13年ぶり2回目の優勝を果たした。

大会名称[編集]

ヤマザキナビスコを冠スポンサーとして行われる。グループステージまでは「2016Jリーグヤマザキナビスコカップ」の名称で行う。ヤマザキナビスコが大会終了前の同年9月1日より会社名を「ヤマザキビスケット」に改称する[1]ことを踏まえ、ノックアウトステージ(正式にはリリース日の6月21日)より同社の略称と新商品名を冠した「2016JリーグYBCルヴァンカップ」の名称で行う[2]。なお、当初は決勝まで「Jリーグヤマザキナビスコカップ」の名称を用いるとしていた[3]

大会レギュレーション[編集]

大会の基本レギュレーションについては2015年12月15日[4]、グループ分けと日程の詳細については2016年1月28日にJリーグより発表された。基本的には2015年大会の大会方式を踏襲しているが、それまでの「予選リーグ」を「グループステージ」に、「決勝トーナメント」を「ノックアウトステージ」に呼称変更している[5]

大会日程[編集]

グループステージの日程については2015年12月15日に[4]、ノックアウトステージの日程については2016年1月13日に[11]発表された。日程の発表時点でグループステージ参加が未定のFC東京については暫定的にAグループの日程に組み込まれ、その後FC東京がACLプレーオフに勝利したため、FC東京との対戦カードが組まれたクラブが試合なしとなった。なお、決勝の会場は前年大会と同様、埼玉スタジアム2002で開催される[12]

ステージ ラウンド 第1戦 第2戦 備考
グループステージ 第1節 2016年3月23日 湘南(Aグループ)、鳥栖(Bグループ)試合なし
第2節 2016年3月27日 磐田(Aグループ)、横浜FM(Bグループ)試合なし
第3節 2016年4月6日 神戸(Aグループ)、福岡(Bグループ)試合なし
第4節 2016年4月20日 鹿島(Aグループ)、新潟(Bグループ)試合なし
第5節 2016年5月18日 名古屋(Aグループ)、仙台(Bグループ)試合なし
第6節 2016年5月25日 大宮(Aグループ)、(Bグループ)試合なし
第7節 2016年6月5日 甲府(Aグループ)、川崎(Bグループ)試合なし
ノックアウトステージ
準々決勝 2016年8月31日 2016年9月4日 ACL2016グループリーグ出場チームの出場
準決勝 2016年10月5日 2016年10月9日
決勝 2016年10月15日

グループステージ[編集]

Aグループ[編集]









Bグループ[編集]









ノックアウトステージ[編集]

準々決勝と準決勝については、トーナメント表上段のチームが、第2戦をホームで行う。

  準々決勝
(8月31日・9月4日)
準決勝
(10月5日・10月9日)
決勝
(10月15日)
                             
 横浜F・マリノス (a) 1 1 2  
 大宮アルディージャ 2 0 2  
   横浜F・マリノス 0 1 1  
   ガンバ大阪 (a) 0 1 1  
 ガンバ大阪 1 6 7
   サンフレッチェ広島 1 3 4  
     ガンバ大阪 1 (4)
   浦和レッズ (PK) 1 (5)
   浦和レッズ 2 4 6  
 ヴィッセル神戸 1 0 1  
   浦和レッズ 2 3 5
   FC東京 1 1 2  
 アビスパ福岡 1 0 1
   FC東京 1 2 3  

準々決勝[編集]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
横浜F・マリノス 2 - 2 (a) 大宮アルディージャ 1 - 2 1 - 0
ガンバ大阪 7 - 3 サンフレッチェ広島 1 - 1 6 - 3
浦和レッズ 6 - 1 ヴィッセル神戸 2 - 1 4 - 0
アビスパ福岡 1 - 3 FC東京 1 - 1 0 - 2

第1戦[編集]








第2戦[編集]



二試合合計スコア 2 - 2(アウェーゴール1 - 0)で横浜F・マリノスが準決勝進出


二試合合計スコア 7 - 4でガンバ大阪が準決勝進出


二試合合計スコア 6 - 1で浦和レッズが準決勝進出


二試合合計スコア 1 - 3でFC東京が準決勝進出



準決勝[編集]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
横浜F・マリノス 1 - 1 (a) ガンバ大阪 0 - 0 1 - 1
浦和レッズ 5 - 2 FC東京 2 - 1 3 - 1

第1戦[編集]




2016年10月5日
19:34
FC東京 1 - 2 浦和レッズ
東慶悟 49分にゴール 49分 公式記録 高木俊幸 77分にゴール 77分
武藤雄樹 80分にゴール 80分
味の素スタジアム, 調布
観客数: 13,354人
主審: 家本政明


第2戦[編集]



二試合合計スコア 1 - 1(アウェーゴール1 - 0)でガンバ大阪が決勝進出


2016年10月9日
14:04
浦和レッズ 3 - 1 FC東京
興梠慎三 24分にゴール 24分38分53分 公式記録 中島翔哉 81分にゴール 81分

二試合合計スコア 5 - 2で浦和レッズが決勝進出



決勝[編集]

決勝は、準決勝で横浜FMをアウェーゴールで下し、3年連続のファイナリストとして2年振りの優勝を目指すG大阪と、準決勝でFC東京を撃破し、2013年大会以来3年振りのファイナリストとして2003年大会以来13年ぶりの優勝を目指す浦和の対戦となった[13]。決勝では初対戦となる両チームの対戦は今季1勝1敗だが、決勝2週間前の10月1日に行われたリーグ戦では、浦和がホームでG大阪に4-0で大勝しており、G大阪にとってはその雪辱を期す試合となる。一方浦和にとっても、前年(2015年)は一発勝負となったゼロックス杯チャンピオンシップ準決勝天皇杯決勝のすべてで敗れており、こちらも雪辱を期すまさに「因縁の対決」となった[14]。G大阪は浦和戦6試合4ゴールのFWパトリックが本番直前に右前十字靭帯と右外側半月板を損傷し離脱[15]、浦和もMF梅崎司が準々決勝第1戦の神戸戦で左膝前十字靱帯を損傷して戦線離脱する[16]など、お互いに一部の主力を欠いての対戦となった。

序盤は一進一退の攻防が続く中、前半17分に敵陣でG大阪MF遠藤保仁の縦パスを受けたFWアデミウソンが反転して一気にドリブルで攻め上がり、浦和DF陣を振り切って浦和GK西川周作との1対1を冷静に決めてG大阪が先制。その後は再び一進一退の攻防が繰り返されて、そのまま1-0で前半を折り返す[17]

勝利のために得点が必要な浦和は後半にかけて圧力を強め、ゴール前に再三迫るシーンを作り出すがG大阪の守備ブロックの前に得点を挙げることが出来ない。迎えた後半31分、浦和はMF高木俊幸に替えてFW李忠成を投入すると、交代直後の最初のプレーとなるMF柏木陽介の放ったコーナーキックを李がヘディングでゴールにたたき込み、浦和が同点に追いつく。その後はお互いの守勢に手を焼く形でそのままスコアは動かず、1-1のまま延長戦に突入する。

延長戦でもお互いの守勢は続き、終了間際に途中出場のG大阪FW呉屋大翔のシュートはポストにはじかれ、そのままゴールラインを割るかと思われたが、浦和DF森脇良太の必死のクリアで勝ち越しとはならず、そのまま延長戦も終了。2005年大会以来11年ぶりにPK戦での決着となった[17]

迎えたPK戦、両チームとも3人目まではきっちり決めるが、G大阪の4人目に“急遽”指名されたのは、途中出場のルーキー呉屋[18]。呉屋はゴールほぼ正面に蹴り込むが、浦和GK西川がほぼ動かず足でこれを止める。浦和は残りの選手全員がPKを決め13年振り2回目の優勝を果たし、YBCルヴァンカップとしての初代王者となった。

浦和が国内三大タイトルを獲得したのは、2006年度の第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝で、奇しくも今回と同様にG大阪に勝利して以来10年ぶりで[19]、国際タイトルを含めるとAFCチャンピオンズリーグ2007以来実に9年ぶりのタイトル獲得となった。また、浦和での指揮5年目となるミハイロ・ペトロヴィッチにとっては、6年間指揮を執った広島時代を含めて来日11年目にして初の国内三大タイトル獲得となった[20]

ガンバ大阪
GK 01 日本の旗 東口順昭 118分に警告 118分
DF 14 日本の旗 米倉恒貴
DF 05 日本の旗 丹羽大輝
DF 06 大韓民国の旗 金正也
DF 04 日本の旗 藤春廣輝 30分に警告 30分
MF 21 日本の旗 井手口陽介
MF 15 日本の旗 今野泰幸
MF 11 日本の旗 倉田秋 88分に交代退場 88分
MF 19 日本の旗 大森晃太郎 72分に交代退場 72分
MF 07 日本の旗 遠藤保仁 キャプテン 27分に警告 27分
FW 09 ブラジルの旗 アデミウソン 66分に交代退場 66分
控え:
GK 18 日本の旗 藤ヶ谷陽介
DF 08 日本の旗 岩下敬輔
DF 22 大韓民国の旗 オ・ジェソク
MF 25 日本の旗 藤本淳吾 72分に交代出場 72分
MF 27 日本の旗 内田達也
FW 20 日本の旗 長沢駿 68分に警告 68分 66分に交代出場 66分
FW 23 日本の旗 呉屋大翔 88分に交代出場 88分
   
監督
日本の旗 長谷川健太
浦和レッズ
GK 01 日本の旗 西川周作
DF 46 日本の旗 森脇良太
DF 06 日本の旗 遠藤航
DF 05 日本の旗 槙野智章
MF 24 日本の旗 関根貴大
MF 10 日本の旗 柏木陽介
MF 22 日本の旗 阿部勇樹 キャプテン
MF 03 日本の旗 宇賀神友弥 36分に交代退場 36分
MF 09 日本の旗 武藤雄樹 70分に交代退場 70分
MF 13 日本の旗 高木俊幸 26分に警告 26分 76分に交代退場 76分
FW 30 日本の旗 興梠慎三
控え:
GK 15 日本の旗 大谷幸輝
DF 04 日本の旗 那須大亮
MF 16 日本の旗 青木拓矢
MF 18 日本の旗 駒井善成 36分に交代出場 36分
FW 11 日本の旗 石原直樹
FW 20 日本の旗 李忠成 76分に交代出場 76分
FW 21 スロベニアの旗 ズラタン 70分に交代出場 70分
   
監督
オーストリアの旗 ミハイロ・ペトロヴィッチ
2016 Jリーグカップ 優勝
浦和レッズ
13年ぶり2回目
テレビ中継[21]

表彰[編集]

表彰名 選手名 所属クラブ 出典
ニューヒーロー賞 日本の旗 井手口陽介 ガンバ大阪 [22]
大会MVP 日本の旗 李忠成 浦和レッズ [23]

得点ランキング[編集]

順位 選手 所属 得点
得点王 日本の旗 高木俊幸 浦和レッズ 4
T2 日本の旗 興梠慎三 浦和レッズ
3
日本の旗 伊藤翔 横浜F・マリノス
ブラジルの旗 アデミウソン ガンバ大阪
ブラジルの旗 ペドロ・ジュニオール ヴィッセル神戸
日本の旗 渡邉千真 ヴィッセル神戸
日本の旗 平井将生 アビスパ福岡

最終更新は2016年10月15日の試合終了時
出典: J.League Data Site

出典[編集]

  1. ^ “「ヤマザキナビスコ」、ライセンス契約終了で社名変更へ 「オレオ」「リッツ」など製造終了”. ITmedia. (2016年2月12日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1602/12/news111.html 2016年2月18日閲覧。 
  2. ^ “2016シーズン リーグカップ戦の大会名称が 「JリーグYBCルヴァンカップ」に決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年6月21日), http://www.jleague.jp/release/post-43798/ 2016年6月21日閲覧。 
  3. ^ “2016Jリーグカップ戦の大会名称について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年2月17日), http://www.jleague.jp/release/post-41753/ 2016年2月18日閲覧。 
  4. ^ a b “2016Jリーグヤマザキナビスコカップ 大会方式および試合方式について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2015年12月15日), http://www.jleague.jp/release/post-41021/ 2014年12月16日閲覧。 
  5. ^ 【2016Jリーグ】大会方式が一部変更 昇格プレーオフ決勝はリーグ戦上位のホームで開催”. J.LEAGUE.jp. 日本プロサッカーリーグ (2015年12月15日). 2015年12月16日閲覧。
  6. ^ “【サッカーACL】FC東京がプレーオフで大勝、ACL本大会へ”. 産経新聞. (2016年2月9日). http://www.sankei.com/sports/news/160209/spo1602090031-n1.html 2016年2月9日閲覧。 
  7. ^ “2016Jリーグヤマザキナビスコカップ 横浜F・マリノス、アビスパ福岡 ノックアウトステージ進出決定! ~ 横浜F・マリノスは2年ぶり、アビスパ福岡は初 ~” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年6月5日), http://www.jleague.jp/release/post-43502/ 2016年6月6日閲覧。 
  8. ^ “2016JリーグYBCルヴァンカップ ノックアウトステージ 組み合わせ決定!” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年7月4日), http://www.jleague.jp/release/post-43989/ 2016年7月4日閲覧。 
  9. ^ a b “2016JリーグYBCルヴァンカップ ノックアウトステージ 組み合わせオープンドロー 出席選手決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年7月1日), http://www.jleague.jp/release/post-43967/ 2016年7月1日閲覧。 
  10. ^ “2016JリーグYBCルヴァンカップ ノックアウトステージ 組み合わせオープンドロー 出席選手変更のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年7月2日), http://www.jleague.jp/release/post-43985/ 2016年7月4日閲覧。 
  11. ^ “2016Jリーグ 大会日程決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年1月13日), http://www.jleague.jp/release/post-41237/ 2016年1月13日閲覧。 
  12. ^ a b “2016Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝 試合会場決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年2月23日), http://www.jleague.jp/release/post-41829/ 2016年2月23日閲覧。 
  13. ^ “浦和とG大阪が決勝進出…Jリーグ・ルヴァン杯”. 読売新聞. (2016年10月9日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/domestic/20161009-OYT1T50059.html 2016年10月16日閲覧。 
  14. ^ “因縁の強豪対決=15日、ルヴァン杯決勝-サッカー”. 時事通信. (2016年10月13日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016101300633&g=spo 2016年10月16日閲覧。 
  15. ^ “G大阪 FWパトリックが右膝負傷で離脱”. スポーツニッポン. (2016年10月14日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/10/14/kiji/K20161014013536810.html 2016年10月16日閲覧。 
  16. ^ “【浦和】梅崎、左膝前十字靱帯手術で今季絶望…「本気で優勝ほしい」仲間に思い託す”. スポーツ報知. (2016年9月27日). http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20160927-OHT1T50245.html 2016年10月16日閲覧。 
  17. ^ a b “浦和が“初代”ルヴァン杯王者に!! PK戦までもつれた死闘制し、13年ぶり2度目の戴冠”. ゲキサカ (講談社). (2016年10月15日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?200958-200958-fl 2016年10月16日閲覧。 
  18. ^ “G大阪、PK戦で涙 ルヴァン杯2年連続の準優勝”. 産経新聞. (2016年10月15日). http://www.sankei.com/west/news/161015/wst1610150068-n1.html 2016年10月16日閲覧。 
  19. ^ “Jリーグ・ルヴァン杯 決勝 浦和、PK制し2度目V”. 毎日新聞. (2016年10月16日). http://mainichi.jp/articles/20161016/ddm/035/050/061000c 2016年10月16日閲覧。 
  20. ^ “浦和・ペトロビッチ監督、来日初タイトル&来季も続投へ/ルヴァン杯”. サンケイスポーツ. (2016年10月16日). http://www.sanspo.com/soccer/news/20161016/jle16101605030003-n1.html 2016年10月16日閲覧。 
  21. ^ a b “2016JリーグYBCルヴァンカップ 決勝 キックオフ時刻およびテレビ放送決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年8月1日), http://www.jleague.jp/release/post-44502/ 2016年8月1日閲覧。 
  22. ^ “ニューヒーロー賞は井手口 陽介(G大阪)に決定【ルヴァンカップ】” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年10月12日), http://www.jleague.jp/news/article/7185/ 2016年10月12日閲覧。 
  23. ^ “浦和がPK戦を制し、13年ぶりの優勝!【サマリー:ルヴァンカップ 決勝】” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年10月15日), http://www.jleague.jp/news/article/7224/ 2016年10月15日閲覧。 

関連項目[編集]