2016年ベルギーグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ベルギーの旗 2016年ベルギーグランプリ
レース詳細
Spa-Francorchamps of Belgium.svg
日程 2016年シーズン第13戦
決勝開催日 8月28日
開催地 スパ・フランコルシャン
ベルギー スパ
コース 恒久的レース施設
コース長 7.004km
レース距離 44周(308.052km)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:46.744
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ルイス・ハミルトン
タイム 1:51.583(Lap 40)
決勝順位
優勝
2位
3位

2016年ベルギーグランプリは、2016年のF1世界選手権第13戦として、2016年8月28日スパ・フランコルシャンで開催された。

レース前[編集]

フリー走行[編集]

2016年8月26日金曜日

1回目(FP1)[3]
気温26度、路面温度25度、初日は晴天に恵まれてスタート。ニコ・ロズベルグメルセデス)、ダニエル・リカルドレッドブル)、カルロス・サインツトロ・ロッソ)、ニコ・ヒュルケンベルグフォース・インディア)がコクピット保護デバイス「ハロ」をテストした。セッション後半、全チームが試す予定となっている、衝撃に対する耐性を向上させたピレリのプロトタイプのテストタイヤを履くドライバーが登場する。残り25分、ジョリオン・パーマーのマシン後部から白煙が上がりスローダウンしてFP1を終えている。トップタイムはロズベルグ(1:48.348)。2位にルイス・ハミルトンが続いたが、FP2に向けて再びエンジン、MGU-K、MGU-H、ターボを交換したため、さらに15グリッド降格(合計30グリッド降格)となった[2]。このレースよりホンダのアップデートエンジンが投入された[4]マクラーレンフェルナンド・アロンソは水漏れのトラブルのため唯一タイム計測ができないままFP1を終え、6基目のパワーユニット(全エレメント、旧仕様)に交換、35グリッド降格(全エレメント分)となった[5]
2回目(FP2)[6]
気温30度、路面温度40度、FP1に続き晴天。トップタイムはマックス・フェルスタッペン(1:48.085)、2位リカルドとレッドブル勢が続いた。既に30グリッド降格が決まっているハミルトンは、序盤にテストタイヤ、終盤にソフトタイヤを履いた以外はミディアムタイヤで走行を続け13位。

2016年8月27日土曜日

3回目(FP3)[7]
気温28度、路面30度、この日も晴天のまま迎える。ハミルトンはFP3を前にパワーユニット(全エレメント)を交換、ターボチャージャーとMGU-Hは8基目、エンジンとMGU-Kは6基目となり、前日までの分と合わせて55グリッド降格となった[8]。オー・ルージュの先でスロー走行をしていたエステバン・グティエレスパスカル・ウェーレインが行く手を阻まれあわや接触しかけた。この一件はグティエレスのブロッキングと見なされ、5グリッド降格とペナルティポイント3点が科されている[9]。トップタイムはキミ・ライコネン(1:47.974)。FP2でトップタイムを出したフェルスタッペンはコースに出られないままFP3を終えた。

予選[編集]

2016年8月27日(土曜日) 天候:晴

経過[編集]

Q1[10]
気温31度、路面41度。最後のアタックでトップに躍り出たのはフェリペ・マッサだった。パスカル・ウェーレインは9位でQ2進出の大殊勲。一方、既に大幅なグリッドダウンが決まっているフェルナンド・アロンソは最初のアタックを試みたが、パワーユニットのトラブル[11]によりオー・ルージュ手前でストップしタイムを出せず[12](このため決勝レース前にもパワーユニットを交換し合計60グリッド降格となった[13])、ルイス・ハミルトンは21位で予選を終えた。 
Q2[14]
ニコ・ロズベルグがソフトタイヤでトップタイム。マックス・フェルスタッペンはスーパーソフトタイヤでアタックしたが、ロズベルグに届かず2位。フォース・インディアニコ・ヒュルケンベルグが3位、セルジオ・ペレスが4位と続く。終盤にジェンソン・バトンが10位に入り、Q3進出を果たした。
Q3[15]
全車スーパーソフトタイヤでアタック。ライバルのハミルトンがいない中、ロズベルグが順当にポールポジションを獲得した。フェルスタッペンはロズベルグに僅かに及ばず2位だったが、史上最年少のフロントローを獲得した[16]。セカンドローはフェラーリキミ・ライコネン3位、セバスチャン・ベッテル4位)が占めた。

結果[編集]

Pos. No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 6 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:48.019 1:46.999 1:46.744 1
2 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:48.407 1:47.163 1:46.893 2
3 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 1:47.912 1:47.664 1:46.910 3
4 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:47.802 1:47.944 1:47.108 4
5 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:48.407 1:48.027 1:47.216 5
6 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:48.106 1:47.485 1:47.407 6
7 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 1:48.080 1:47.317 1:47.543 7
8 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 1:48.655 1:47.918 1:47.612 8
9 22 イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 1:48.700 1:48.051 1:48.114 9
10 19 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 1:47.738 1:47.667 1:48.263 10
11 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:48.751 1:48.316 11
12 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ルノー 1:48.800 1:48.485 12
13 21 メキシコの旗 エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 1:48.748 1:48.598 181
14 30 イギリスの旗 ジョリオン・パーマー ルノー 1:48.901 1:48.888 13
15 55 スペインの旗 カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 1:48.876 1:49.038 14
16 94 ドイツの旗 パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 1:48.554 1:49.320 15
17 12 ブラジルの旗 フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 1:48.949 16
18 31 フランスの旗 エステバン・オコン MRT-メルセデス 1:49.050 17
19 26 ロシアの旗 ダニール・クビアト トロ・ロッソ-フェラーリ 1:49.058 19
20 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:49.071 202
21 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:50.033 213
107% time: 1:55.280
NC 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ No Time 224
ソース[17][18]
追記
  • ^1 - グティエレスはFP3でウェーレインをブロックしたため、5グリッド降格とペナルティポイント3点が科された[9][19]
  • ^2 - エリクソンは6基目以降のエンジンコンポーネントを複数投入したため10グリッド降格(順位変動なし)[20]
  • ^3 - ハミルトンはフリー走行で3度(6基目から8基目。詳細はレース前及びフリー走行を参照)のパワーユニット交換により55グリッド降格(順位変動なし)[8]
  • ^4 - アロンソはタイムを出せなかったが、スチュワードの判断により決勝出走を認められた[21]。なお、フリー走行及び決勝前のパワーユニット交換(フリー走行は全エレメント6基目、決勝前は7基目のエンジン、ターボチャージャー、MGU-K、MGU-H)で60グリッド降格(順位変動なし)[5][13]

決勝[編集]

2016年8月28日日曜日

  • 気温26度 路面37度 天候:晴(ドライ)

経過[編集]

2番手スタートのマックス・フェルスタッペンがスタートで出遅れフェラーリ2台に抜かれたが、直後の鋭角コーナーラ・スルス手前で追いつき強引にインに入りフェラーリ2台と接触。3台ともマシンにダメージを負い優勝争いから脱落した。フェルスタッペンはその後もキミ・ライコネンとのバトルでブレーキング時にラインを変えたことで、ライコネンは無線で「非常識だ」「こっちをコース外に押し出すことしか考えてない」とフェルスタッペンを非難[22]。フェルスタッペンはこの件についてレース後に「ただ自分のポジションを守っていただけだし、それが気に入らないのであれば、それは彼自身の問題だ」と反論した[23]。この他、5コーナーでパスカル・ウェーレインジェンソン・バトンに追突し、両者ともリタイア。バトンはこのレースが300戦目の出走だったが入賞することはできなかった。6周目、ケビン・マグヌッセンがオー・ルージュで挙動を乱して大クラッシュしタイヤバリアに激突、マグヌッセンはコクピットから脱出し大事には至らなかった。この事故でセーフティカーが導入されたが、タイヤバリアの修復に時間を要するため10周目に赤旗中断となる。レース再開後もニコ・ロズベルグは最後まで首位を明け渡すことなくポール・トゥ・ウィン、5戦ぶりの勝利となった。ベルギーGPでは初勝利。2位は3戦連続表彰台となったダニエル・リカルド、大幅なグリッドダウンで21番手からスタートしたルイス・ハミルトンが3位まで追い上げ表彰台に立った。フォース・インディアニコ・ヒュルケンベルグセルジオ・ペレスが4位、5位に入賞して、コンストラクターズランキングでウィリアムズを抜き4位に浮上。ハミルトン同様大幅なグリッドダウンを強いられたフェルナンド・アロンソも7位まで追い上げ、この入賞でマクラーレントロ・ロッソを抜き6位に浮上した。デビュー戦のエステバン・オコンは16位完走。

結果[編集]

Pos. No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア Grid Pts.
1 6 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 44 1:44:51.058 1 25
2 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 44 +14.113 5 18
3 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 44 +27.634 21 15
4 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 44 +35.907 7 12
5 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 44 +40.660 6 10
6 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 44 +45.394 4 8
7 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 44 +59.445 22 6
8 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 44 +1:00.151 8 4
9 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 44 +1:01.109 3 2
10 19 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 44 +1:05.873 10 1
11 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 44 +1:11.138 2
12 21 メキシコの旗 エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 44 +1:13.877 18
13 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 44 +1:16.474 11
14 26 ロシアの旗 ダニール・クビアト トロ・ロッソ-フェラーリ 44 +1:27.097 19
15 30 イギリスの旗 ジョリオン・パーマー ルノー 44 +1:33.165 13
16 31 フランスの旗 エステバン・オコン MRT-メルセデス 43 +1 Lap 17
17 12 ブラジルの旗 フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 43 +1 Lap 16
Ret 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ルノー 5 アクシデント[24] 12
Ret 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 3 ギアボックス[25] 20
Ret 55 スペインの旗 カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 1 パンクチャー[26] 15
Ret 22 イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 1 接触ダメージ[27] 9
Ret 94 ドイツの旗 パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 0 接触[27] 15
ソース[28]
ファステストラップ[29]
ラップリーダー

第13戦終了時点でのランキング[編集]

ドライバーズ・チャンピオンシップ
順位 ドライバー ポイント
1rightarrow blue.svg 1 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン 232
1rightarrow blue.svg 2 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ 223
1rightarrow blue.svg 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド 151
1uparrow green.svg 1 4 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル 128
1downarrow red.svg 1 5 フィンランドの旗 キミ・ライコネン 124
コンストラクターズ・チャンピオンシップ
順位 コンストラクター ポイント
1rightarrow blue.svg 1 ドイツの旗 メルセデス 455
1rightarrow blue.svg 2 オーストリアの旗 レッドブル-タグ・ホイヤー 274
1rightarrow blue.svg 3 イタリアの旗 フェラーリ 252
1uparrow green.svg 1 4 インドの旗 フォース・インディア-メルセデス 103
1downarrow red.svg 1 5 イギリスの旗 ウィリアムズ-メルセデス 101
  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 正式発表:ハリアントがマノーのシートを喪失。オコンがF1デビュー”. AUTOSPORTweb (2016年8月10日). 2016年8月11日閲覧。
  2. ^ a b ルイス・ハミルトン、パワーユニット交換で30グリッド降格”. F1-Gate.com (2016年8月27日). 2016年8月28日閲覧。
  3. ^ 特記のない場合は、夏休み明けの走行で「ハロ」装着のロズベルグが首位。アロンソはタイム出せず”. AUTOSPORTweb (2016年8月26日). 2016年8月28日閲覧。とする。
  4. ^ フェルナンド・アロンソ、新型パワーユニットにトラブルで旧仕様に交換”. F1-Gate.com (2016年8月26日). 2016年8月28日閲覧。
  5. ^ a b マクラーレン「アロンソは35グリッド降格。だが新PUに改善みられる」/ベルギーGP金曜”. AUTOSPORTweb (2016年8月26日). 2016年8月28日閲覧。
  6. ^ 特記のない場合は、初日最速はフェルスタッペン! レッドブルにヒュルケンベルグがトップ3”. AUTOSPORTweb (2016年8月27日). 2016年8月28日閲覧。とする。
  7. ^ 特記のない場合は、ライコネンが唯一47秒台、初日首位のフェルスタッペンは予選に不安を残す”. AUTOSPORTweb (2016年8月27日). 2016年8月28日閲覧。とする。
  8. ^ a b ハミルトン、新たに8基目のTCとMGU-Hを投入”. ESPN F1 (2016年8月27日). 2016年8月28日閲覧。
  9. ^ a b エステバン・グティエレス、ブロッキング行為で5グリッド降格”. F1-Gate.com (2016年8月27日). 2016年8月28日閲覧。
  10. ^ 特記のない場合は、予選Q1速報:ウイリアムズのマッサが首位、ハミルトンとアロンソらが脱落”. AUTOSPORTweb (2016年8月27日). 2016年8月28日閲覧。とする。
  11. ^ ホンダ、決勝でフェルナンド・アロンソに再び新品エンジンを投入”. F1-Gate.com (2016年8月28日). 2016年8月28日閲覧。
  12. ^ フェルナンド・アロンソ、度重なるエンジントラブルに困惑”. F1-Gate.com (2016年8月28日). 2016年8月28日閲覧。
  13. ^ a b フェルナンド・アロンソ、60グリッド降格ペナルティが決定”. F1-Gate.com (2016年8月28日). 2016年8月28日閲覧。
  14. ^ 特記のない場合は、予選Q2速報:ロズベルグ、ソフトタイヤでトップ通過。バトンが土壇場でQ3へ”. AUTOSPORTweb (2016年8月27日). 2016年8月28日閲覧。とする。
  15. ^ 特記のない場合は、予選Q3速報:ロズベルグが落とせないPP、フェルスタッペンが僅差に迫る”. AUTOSPORTweb (2016年8月27日). 2016年8月28日閲覧。とする。
  16. ^ ポールはロズベルグ、フェルスタッペンが史上最年少最前列”. ESPN F1 (2016年8月27日). 2016年8月28日閲覧。
  17. ^ "2016 FORMULA 1 BELGIAN GRAND PRIX - QUALIFYING". The Official F1 Website(2016年8月27日).
  18. ^ "2016 FORMULA 1 BELGIAN GRAND PRIX - STARTING GRID ". The Official F1 Website(2016年8月28日).
  19. ^ Stewards Decision Doc29 - E.Gutierrez”. fia.com (2016年8月27日). 2016年8月27日閲覧。
  20. ^ 「残念な予選」とエリクソン”. ESPN F1 (2016年8月27日). 2016年8月28日閲覧。
  21. ^ Stewards Decision Doc33 - McLaren Honda Car 14”. fia.com (2016年8月27日). 2016年8月28日閲覧。
  22. ^ フェルスタッペン「レースを台無しにしたフェラーリに簡単にポジションを譲るわけない」:ベルギー日曜”. AUTOSPORTweb (2016年8月29日). 2016年8月29日閲覧。
  23. ^ マックス・フェルスタッペン、フェラーリ勢を非難”. F1-Gate.com (2016年8月29日). 2016年8月29日閲覧。
  24. ^ ケビン・マグヌッセンが大クラッシュで赤旗中断 / F1ベルギーGP”. F1-Gate.com (2016年8月28日). 2016年8月29日閲覧。
  25. ^ ザウバー:フェリペ・ナッセが最下位フィニッシュ / F1ベルギーGP”. F1-Gate.com (2016年8月29日). 2016年8月29日閲覧。
  26. ^ トロ・ロッソ:運にも恵まれず / F1ベルギーGP”. F1-Gate.com (2016年8月29日). 2016年8月29日閲覧。
  27. ^ a b ジェンソン・バトン、残念なクラッシュリタイア / F1ベルギーGP”. F1-Gate.com (2016年8月28日). 2016年8月29日閲覧。
  28. ^ "2016 FORMULA 1 BELGIAN GRAND PRIX - RACE RESULT". The Official F1 Website(2016年8月28日).
  29. ^ "2016 FORMULA 1 BELGIAN GRAND PRIX - FASTEST LAPS". The Official F1 Website(2016年8月28日).
前戦
2016年ドイツグランプリ
FIA F1世界選手権
2016年シーズン
次戦
2016年イタリアグランプリ
前回開催
2015年ベルギーグランプリ
ベルギーの旗 ベルギーグランプリ 次回開催
2017年ベルギーグランプリ