2016年リオデジャネイロオリンピックのバレーボール競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
2016年リオデジャネイロオリンピック
開催国  ブラジルの旗 ブラジル
期間  2016年8月6日~21日
チーム数  インドア 男女各12 / ビーチ 男女各24
前回
次回

2016年リオデジャネイロオリンピックのバレーボール競技(2016ねんリオデジャネイロオリンピックのバレーボールきょうぎ)は、2016年8月6日~21日までブラジルリオデジャネイロで開催されたリオデジャネイロオリンピックバレーボール競技として行われた。

インドアは男女ともジナシオ・ド・マラカナンジーニョで1日に最大6試合が開催される日程の中、設定時間内(1時間45分)に試合時間を収めること等を目的に、全76試合でテクニカルタイムアウトが非適用となった(各チーム1セットで2回までの30秒間のタイムアウトのみ適用)[1]。世界最終予選同様、チャレンジシステム(ビデオ判定)が採用された。男女インドアとも、予選を4位で通過したチームの優勝となった。

ビーチバレーの会場はコパカバーナ・アリーナ英語版

日程[編集]

P 予選 Round of 16 ¼ 準々決勝 ½ 準決勝 B 3位決定戦 F 決勝
06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
男子
インドア
P P P P P ¼ ½ B F
女子
インドア
P P P P P ¼ ½ B F
男子
ビーチ
P P P P P P ¼ ½ B F
女子
ビーチ
P P P P P P ¼ ½ B F

出場国[編集]

大会は国際バレーボール連盟(FIVB)管轄の下で実施され、インドアは男女12カ国ずつ[2]、ビーチバレーは男女24組ずつ[3](1カ国からは男女2組ずつまで)が参加する。インドアに関してはW杯の出場枠が1つ減り、逆に世界最終予選の出場枠が1つ増加した。

男子インドア[編集]

予選 日程 開催国 出場枠 出場国 G
開催国 2009年10月2日 デンマークの旗 コペンハーゲン 1  ブラジル A
2015年ワールドカップ 2015年9月8日-23日 日本の旗 日本 2  アメリカ合衆国 A
 イタリア A
アフリカ予選 2016年1月7日-12日 コンゴ共和国の旗 ブラザヴィル 1  エジプト B
欧州予選 2016年1月5日-10日 ドイツの旗 ベルリン 1  ロシア B
南米予選 2015年10月9日-11日 ベネズエラの旗 マイケチア 1  アルゼンチン B
北中米予選 2016年1月8日-10日 カナダの旗 エドモントン 1  キューバ B
アジア予選[注釈 1] 2016年5月28日-6月5日 日本の旗 東京 1  イラン B
世界最終予選(1) 3  ポーランド B
 フランス A
 カナダ A
世界最終予選(2) 2016年6月3日-5日 メキシコの旗 メキシコシティ 1  メキシコ A
合計 12

女子インドア[編集]

予選 日程 開催国 出場枠 出場国 G
開催国 2009年10月2日 デンマークの旗 コペンハーゲン 1  ブラジル A
2015年ワールドカップ 2015年8月22日-9月6日 日本の旗 日本 2  中国 B
 セルビア B
アフリカ予選 2016年2月12日-16日 カメルーンの旗 ヤウンデ 1  カメルーン A
欧州予選 2016年1月4日-9日 トルコの旗 アンカラ 1  ロシア A
南米予選 2016年1月6日-10日 アルゼンチンの旗 バリローチェ 1  アルゼンチン A
北中米予選 2016年1月7日-9日 アメリカ合衆国の旗 リンカーン 1  アメリカ合衆国 B
アジア予選[注釈 1] 2016年5月14日-22日 日本の旗 東京 1  日本 A
世界最終予選(1) 3  イタリア B
 オランダ B
 韓国 A
世界最終予選(2) 2016年5月20日-22日 プエルトリコの旗 サンフアン 1  プエルトリコ B
合計 12

[4] 

ビーチバレー[編集]

予選 日程 開催国 出場枠 出場国
男子 女子
開催国 2009年10月2日 デンマークの旗 コペンハーゲン 2 ブラジル ブラジル ブラジル ブラジル
2015年世界選手権 2015年6月26日-7月5日 オランダの旗 オランダ 2 ブラジル ブラジル ブラジル ブラジル
FIVB Beach Volleyball Olympic Ranking[5][6] 2016年6月12日 スイスの旗 ローザンヌ 30 オランダ オランダ アメリカ合衆国 アメリカ合衆国
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 ドイツ ドイツ
オランダ オランダ カナダ カナダ
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 オランダ オランダ
スペイン スペイン オーストラリア オーストラリア
ラトビア ラトビア イタリア イタリア
ロシア ロシア ドイツ ドイツ
イタリア イタリア スペイン スペイン
ポーランド ポーランド ポーランド ポーランド
イタリア イタリア スイス スイス
オーストリア オーストリア カナダ カナダ
ポーランド ポーランド スイス スイス
ドイツ ドイツ アメリカ合衆国 アメリカ合衆国
カナダ カナダ アルゼンチン アルゼンチン
メキシコ メキシコ 中国 中国
2014–2016 AVC Continental Cup 2016年4月-6月 オーストラリアの旗 ケアンズ 2 カタール カタール オーストラリア オーストラリア
2014–2016 CAVB Continental Cup チュニジアの旗 ケリビア/ナイジェリアの旗 アブジャ 2 チュニジア チュニジア エジプト エジプト
2014–2016 CEV Continental Cup ノルウェーの旗 スタヴァンゲル 2 オーストリア オーストリア オランダ オランダ
2014–2016 CSV Continental Cup チリの旗 サンティアゴ/アルゼンチンの旗 サンタフェ 2 チリ チリ ベネズエラ ベネズエラ
2014–2016 NORCECA Continental Cup メキシコの旗 グヮイマス 2 キューバ キューバ コスタリカ コスタリカ
2016 FIVB Continental Cup 2016年7月6日-10日 ロシアの旗 ソチ 4 カナダ カナダ チェコ チェコ
ロシア ロシア ロシア ロシア
合計 48 24 24

男子インドア概要[編集]

グループステージ[編集]

順位決定の基準は以下の通り。

  1. 勝利数
  2. 勝ち点「3-2-1ポイント制」。フルセットでの勝利2点・敗北1点、それ以外の勝利3点・敗北0点)
  3. セット率
  4. 得点率
  5. 直接対決の結果

グループA[編集]

試合 Pts セット 得点
順位 チーム セット率 得点 失点 得点率
1 イタリアの旗 イタリア 2位 4 1 12 13 5 2.600 432 375 1.152
2 カナダの旗 カナダ 3 2 9 10 7 1.429 378 378 1.000
3 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 3位 3 2 9 10 8 1.250 419 405 1.035
4 ブラジルの旗 ブラジル(開催国) 1位 3 2 9 11 9 1.222 467 442 1.057
5 フランスの旗 フランス 2 3 6 8 9 0.889 386 367 1.052
6 メキシコの旗 メキシコ 0 5 0 1 15 0.067 283 398 0.711

グループB[編集]

試合 Pts セット 得点
順位 チーム セット率 得点 失点 得点率
1 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 4 1 12 12 4 3.000 394 335 1.176
2 ポーランドの旗 ポーランド 4 1 12 14 5 2.800 447 389 1.149
3 ロシアの旗 ロシア 4 1 11 13 6 2.167 432 367 1.177
4 イランの旗 イラン 2 3 7 8 9 0.889 389 392 0.992
5 エジプトの旗 エジプト 1 4 3 3 12 0.250 286 362 0.790
6 キューバの旗 キューバ 0 5 0 1 15 0.067 300 403 0.744

決勝トーナメント[編集]

決勝戦は2004年アテネオリンピックの決勝と同じ顔合わせとなった。2004年と同様にブラジルが制し、12年ぶりの優勝を果たした。

ちなみにアメリカのアベック銅メダル獲得は1992年バルセロナオリンピック以来である。

準々決勝 8/17 準決勝 8/19 決勝 8/21
                   
18:00 A1×B4        
  イタリアの旗 イタリア 3
13:00
  イランの旗 イラン 0  
  イタリアの旗 イタリア 3
14:00 A3×B2
    アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2  
  アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 3
13:15
  ポーランドの旗 ポーランド 0  
 イタリアの旗 イタリア 2位 0
10:00 A2×B3
   ブラジルの旗 ブラジル 1位 3
  カナダの旗 カナダ 0
22:15
  ロシアの旗 ロシア 3  
  ロシアの旗 ロシア 0 3位決定戦
22:15 A4×B1
    ブラジルの旗 ブラジル 3  
  ブラジルの旗 ブラジル 3  アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 3位 3
  アルゼンチンの旗 アルゼンチン 1    ロシアの旗 ロシア 2
09:30

女子インドア概要[編集]

グループステージ[編集]

順位決定の基準は男子と同様。

グループA[編集]

試合 Pts セット 得点
順位 チーム セット率 得点 失点 得点率
1 ブラジルの旗 ブラジル(開催国) 5 0 15 15 0 MAX 377 272 1.386
2 ロシアの旗 ロシア 4 1 12 12 4 3.000 393 323 1.217
3 大韓民国の旗 韓国 3 2 9 10 7 1.429 384 372 1.032
4 日本の旗 日本 2 3 6 7 9 0.778 347 364 0.953
5 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 1 4 2 3 14 0.214 319 407 0.784
6 カメルーンの旗 カメルーン 0 5 1 2 15 0.133 328 410 0.800

グループB[編集]

試合 Pts セット 得点
順位 チーム セット率 得点 失点 得点率
1 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 5 0 14 15 5 3.000 470 400 1.175
2 オランダの旗 オランダ 4 1 11 14 7 2.000 455 425 1.071
3 セルビアの旗 セルビア 3 2 10 12 6 2.000 410 394 1.041
4 中華人民共和国の旗 中国 2 3 7 9 9 1.000 398 389 1.023
5 イタリアの旗 イタリア 1 4 3 4 12 0.333 351 374 0.939
6 プエルトリコの旗 プエルトリコ 0 5 0 0 15 0.000 277 379 0.731

決勝トーナメント[編集]

1位から3位は前年に行われたワールドカップと全く同じ順位となった。

中国開催の2008年北京オリンピックでは準決勝で中国に勝利したブラジルが金メダルを獲得したが、ブラジル開催の今大会では準々決勝でブラジルを破った中国が金メダルを獲得した。また、中国チーム監督の郎平は選手として1984年ロサンゼルスオリンピックで金メダルを獲得したのに続いて、監督としても初めて金メダル獲得を果たした。(1996年は中国、2008年はアメリカをそれぞれ率いたが、いずれも準優勝だった)

準々決勝 8/16 準決勝 8/18 決勝 8/20
                   
22:15 A1×B4        
  ブラジルの旗 ブラジル 2
22:15
  中華人民共和国の旗 中国 3  
 中華人民共和国の旗 中国 3
10:00 A3×B2
   オランダの旗 オランダ 1  
  大韓民国の旗 韓国 1
22:15
  オランダの旗 オランダ 3  
 中華人民共和国の旗 中国 1位 3
18:00 A2×B3
   セルビアの旗 セルビア 2位 1
  ロシアの旗 ロシア 0
13:00
  セルビアの旗 セルビア 3  
 セルビアの旗 セルビア 3 3位決定戦
14:00 A4×B1
   アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2  
  日本の旗 日本 0  オランダの旗 オランダ 1
  アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 3    アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 3位 3
13:00

ビーチバレー概要[編集]

24チームを6つのグループに分けて、総当り戦を行う。各グループの上位2チームと、3位のチームから4チーム(※)、計16チームが決勝トーナメントに進出する。(※3位のチームのうち、成績上位2チームのほか、残りの4チームによるプレーオフ勝者2チーム)

男子[編集]

  準決勝     決勝
                 
  C組3位 イタリア ルーポ & ニコライ (ITA) 2  
  E組1位 ロシア クラシルニコフ & セメノフ (RUS) 1    
      C組3位 イタリア ルーポ & ニコライ (ITA) 0
      A組2位 ブラジル セルッチ & シュミット (BRA) 2
  A組2位 ブラジル セルッチ & シュミット (BRA) 2    
  B組1位 オランダ ブロウエル & メウセン (NED) 1   3位決定戦
 
E組1位 ロシア クラシルニコフ & セメノフ (RUS) 0
  B組1位 オランダ ブロウエル & メウセン (NED) 2

女子[編集]

  準決勝     決勝
                 
  A組1位 ブラジル フランカ & アントゥネス (BRA) 0  
  D組1位 ドイツ ルートビヒ & バルケンホルスト (GER) 2    
      D組1位 ドイツ ルートビヒ & バルケンホルスト (GER) 2
      B組2位 ブラジル ベドナルズク & セイシャス (BRA) 0
  C組1位 アメリカ合衆国 ジェニングス & ロス (USA) 0    
  B組2位 ブラジル ベドナルズク & セイシャス (BRA) 2   3位決定戦
 
A組1位 ブラジル フランカ & アントゥネス (BRA) 1
  C組1位 アメリカ合衆国 ジェニングス & ロス (USA) 2

競技結果[編集]

種目
男子インドア
詳細
ブラジル ブラジル
ブルーノ・レゼンデ
エデル・カルボネラ
バラセ・デ・ソウザ
ウィリアム・アルホーナ
セルジオ・ドゥトラ・サントス
ルイス・フェリペ・フォンテレス
マウリシオ・ソウザ
ドグラス・ソウザ
ルーカス・サートカンプ
エバンドロ・グエッラ
リカルド・ルカレッリ・ソウザ
マウリシオ・シルバ
イタリア イタリア
オレグ・アントノフ
エマヌエーレ・ビラレッリ
シモーネ・ブティ
マッシモ・コラーチ
シモーネ・ジャネッリ
オスマニー・ユアントレーナ
フィリッポ・ランザ
マッテオ・ピアノ
サルバトーレ・ロッシーニ
パスクアレ・ソッティーレ
ルカ・ベットーリ
イバン・ザイツェフ
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国
マット・アンダーソン
マイカ・クリステンソン
マックスウェル・ホルト
トーマス・ジェスキー
デビッド・リー
ウィリアム・プリディ
アーロン・ラッセル
テイラー・サンダー
エリック・ショージ
カウィカ・ショージ
デイビッド・スミス
マーフィー・トロイ
女子インドア
詳細
中国 中国
袁心玥
朱婷
楊方旭
龔翔宇
魏秋月
張常寧
劉暁彤
徐雲麗
惠若琪
林莉
丁霞
顔妮
セルビア セルビア
ビアンカ・ブシャ
ヨバナ・ブラコチェビッチ
ボヤナ・ジブコビッチ
ティヤナ・マレセビッチ
ブランキツァ・ミハイロビッチ
マーヤ・オグニェノビッチ
ステファナ・ベリコビッチ
イェレナ・ニコリッチ
ヨバナ・ステバノビッチ
ミレーナ・ラシッチ
シルビヤ・ポポビッチ
ティヤナ・ボシュコビッチ
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国
アリーシャ・グラス
ケイラ・バンワース
コートニー・トンプソン
レイチェル・アダムズ
カーリー・ロイド
ジョーダン・ラーソン
ケリー・マーフィー
クリスタ・ハーモット
キンバリー・ヒル
フォルケ・アキンラデウォ
ケルシー・ロビンソン
カースタ・ロウ
男子ビーチ ブラジル ブラジル (BRA)
アリソン・セルッチ
ブルーノ・オスカー・シュミット
イタリア イタリア (ITA)
ダニエーレ・ルーポ
パオロ・ニコライ
オランダ オランダ (NED)
アレクサンダー・ブロウエル
ロバート・メウセン
女子ビーチ ドイツ ドイツ (GER)
ラウラ・ルートビヒ
キラ・バルケンホルスト
ブラジル ブラジル (BRA)
アガタ・ベドナルズク
バルバラ・セイシャス
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA)
ケリー・ウォルシュ・ジェニングス
エイプリル・ロス

国・地域別のメダル獲得数[編集]

国・地域
1 ブラジル ブラジル (BRA)(開催国) 2 1 0 3
2 中国 中国 (CHN) 1 0 0 1
ドイツ ドイツ (GER) 1 0 0 1
4 イタリア イタリア (ITA) 0 2 0 2
5 セルビア セルビア (SRB) 0 1 0 1
6 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA) 0 0 3 3
7 オランダ オランダ (NED) 0 0 1 1
合計 4 4 4 12

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「テクニカルタイムアウト」を適用せず 第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)男女バレーボール競技 - 日本バレーボール協会、2016年7月22日
  2. ^ Wayback Machine”. web.archive.org (2016年3月3日). 2020年9月3日閲覧。
  3. ^ Wayback Machine”. web.archive.org (2016年3月3日). 2020年9月3日閲覧。
  4. ^ Rio 2016 women’s volleyball pools unveiled FIVB
  5. ^ FIVB - Beach Volleyball Rankings”. web.archive.org (2016年6月21日). 2020年9月3日閲覧。
  6. ^ FIVB - Beach Volleyball Rankings”. web.archive.org (2016年7月7日). 2020年9月3日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ a b アジア予選と世界最終予選は兼ねて行われる。世界最終予選結果において、アジア地区に所属するチームのうち最上位をアジア予選通過チームとして扱い、もしそのチームが3位以内にいた場合、そのチームを除いて上位3チームが世界最終予選通過チームとしてオリンピック出場権を獲得する。