2016年リオデジャネイロオリンピックのボクシング競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2016年リオデジャネイロオリンピックのボクシング競技国際ボクシング協会 (AIBA)が管轄して開催されるオリンピックのボクシング競技である。前回同様男子10、女子3階級実施された。会場はリオセントロホール2。

概要[編集]

男子は各階級ごとに出場選手数が異なる。女子は各階級12名が参加。各国代表は各階級1選手の出場が認められており、下記の大会の対象者が五輪の出場資格を得た。

本大会では、これまで禁止されていたプロボクサーの参加がオリンピック史上初めて認められ、1984年以来初めてヘッドギアが廃止となり(女子は着用が義務)[1]、ジャッジの採点方法に「10ポイント・マスト」が採用された。

男子[編集]

  • ワールド・シリーズ・オブ・ボクシング(WSB)2015年シーズンのランキング上位2選手。(ライトフライ級、ヘビー級、スーパーヘビー級は上位1選手)
  • AIBAプロ・ボクシング(APB)2015年9月時点でのランキング上位2選手。
  • 2015年世界ボクシング選手権大会の上位3選手。(ライトフライ級、フライ級、ライトヘビー級は上位2選手。ヘビー級、スーパーヘビー級は上位1選手)
  • 各大陸予選の上位3選手。
  • 世界最終予選の上位5選手。(ライトフライ級は上位2選手、ヘビー級、スーパーヘビー級は上位1選手)
  • ワールド・シリーズ・オブ・ボクシング&AIBAプロ・ボクシング最終予選の上位3選手。(ヘビー級、スーパーヘビー級は上位1選手)
  • 開催国枠、開催国ブラジルの5選手。
  • 主催者推薦枠の5選手。
階級 WSB
ランキング
APB
ランキング
世界選手権 各大陸予選 世界最終予選 APB & WSB
最終予選
開催国枠 主催者
推薦枠
合計
アフリカ アメリカ AS & OC ヨーロッパ
ライトフライ級 1 2 2 3 2 3 3 3 2 1 0 22
フライ級 2 2 2 3 2 3 3 3 5 1 0 26
バンタム級 2 2 3 3 2 3 3 3 5 1 1 28
ライト級 2 2 3 3 3 3 3 3 5 0 1 28
ライトウェルター級 2 2 3 3 2 3 3 3 5 1 1 28
ウェルター級 2 2 3 3 3 3 3 3 5 0 1 28
ミドル級 2 2 3 3 3 3 3 3 5 0 1 28
ライトヘビー級 2 2 2 3 2 3 3 3 5 1 0 26
ヘビー級 1 2 1 3 3 3 3 1 1 0 0 18
スーパーヘビー級 1 2 1 3 3 3 3 1 1 0 0 18
合計 17 20 23 30 25 30 30 26 39 5 5 250

女子[編集]

階級 世界選手権 各大陸予選 開催国枠 主催者
推薦枠
合計
アフリカ アメリカ AS & OC ヨーロッパ
フライ級 4 1 2 2 2 0 1 12
ライト級 4 1 1 2 2 1 1 12
ミドル級 4 1 2 2 2 0 1 12
合計 12 3 5 6 6 1 3 36

競技結果[編集]

男子[編集]

階級
ライトフライ級 ウズベキスタン ハサンボイ・ドゥスマトフ
ウズベキスタン (UZB)
コロンビア ユベルヘン・マルティネス
コロンビア (COL)
キューバ ホアニス・アルヒラゴス
キューバ (CUB)
アメリカ合衆国 ニコ・ヘルナンデス
アメリカ合衆国 (USA)
フライ級 ウズベキスタン シャホビディン・ゾイロフ
ウズベキスタン (UZB)
ベネズエラ ジョエル・フィノル
ベネズエラ (VEN)
なし[2]
中国 胡建関
中国 (CHN)
バンタム級 キューバ ロベイシ・ラミレス
キューバ (CUB)
アメリカ合衆国 シャクール・スティーブンソン
アメリカ合衆国 (USA)
ロシア ヴラジーミル・ニキーチン
ロシア (RUS)
ウズベキスタン ムラドジャン・アフマダリエフ
ウズベキスタン (UZB)
ライト級 ブラジル ロブソン・コンセイサン
ブラジル (BRA)
フランス ソフィアヌ・ウミア
フランス (FRA)
キューバ ラサロ・アルヴァレス
キューバ (CUB)
モンゴル ドルジニャンブーギーン・オトゴンダライ
モンゴル (MGL)
ライトウェルター級 ウズベキスタン ファズリディン・ガイブナザロフ
ウズベキスタン (UZB)
アゼルバイジャン ロレンソ・ソトマヨール
アゼルバイジャン (AZE)
ロシア ヴィタリー・ドゥナイツェフ
ロシア (RUS)
ドイツ アルテム・ハルティウニアン
ドイツ (GER)
ウェルター級 カザフスタン ダニヤル・イェレウシノフ
カザフスタン (KAZ)
ウズベキスタン シャハラム・ギヤソフ
ウズベキスタン (UZB)
モロッコ モハメド・ラビー
モロッコ (MAR)
フランス スレイマヌ・チッソコ
フランス (FRA)
ミドル級 キューバ アルレン・ロペス
キューバ (CUB)
ウズベキスタン ベクテミル・メリクジエフ
ウズベキスタン (UZB)
メキシコ ミサエル・ロドリゲス
メキシコ (MEX)
アゼルバイジャン カムラン・シャフスヴァルリ
アゼルバイジャン (AZE)
ライトヘビー級 キューバ ジュリオ・セザル・ラ・クルス
キューバ (CUB)
カザフスタン アディルベク・ニヤジムベトフ
カザフスタン (KAZ)
フランス マティオ・ボーデルリック
フランス (FRA)
イギリス ジョシュア・ブアツィ
イギリス (GBR)
ヘビー級 ロシア エヴゲニ・チシェンコ
ロシア (RUS)
カザフスタン ヴァシリー・レヴィト
カザフスタン (KAZ)
ウズベキスタン ルスタム・トゥラガノフ
ウズベキスタン (UZB)
キューバ エリスランディ・サヴォン
キューバ (CUB)
スーパーヘビー級 フランス トニー・ヨカ
フランス (FRA)
イギリス ジョー・ジョイス
イギリス (GBR)
クロアチア フィリプ・フルゴビッチ
クロアチア (CRO)
カザフスタン イヴァン・ディッコ
カザフスタン (KAZ)

女子[編集]

階級
フライ級 イギリス ニコラ・アダムズ
イギリス (GBR)
フランス サラ・ウラムーヌ
フランス (FRA)
中国 任燦燦
中国 (CHN)
コロンビア イングリット・バレンシア
コロンビア (COL)
ライト級 フランス エステル・モッセリー
フランス (FRA)
中国 尹軍花
中国 (CHN)
フィンランド ミラ・ポトコネン
フィンランド (FIN)
ロシア アナスタシア・ベリャコヴァ
ロシア (RUS)
ミドル級 アメリカ合衆国 クラレッサ・シールズ
アメリカ合衆国 (USA)
オランダ ヌシュカ・フォンタイン
オランダ (NED)
カザフスタン ダリガ・シャキモヴァ
カザフスタン (KAZ)
中国 李倩
中国 (CHN)

国・地域別のメダル獲得数[編集]

順位 国・地域
1 ウズベキスタン ウズベキスタン (UZB) 3 2 2 7
2 キューバ キューバ (CUB) 3 0 3 6
3 フランス フランス (FRA) 2 2 2 6
4 カザフスタン カザフスタン (KAZ) 1 2 2 5
5 イギリス イギリス (GBR) 1 1 1 3
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA) 1 1 1 3
7 ロシア ロシア (RUS) 1 0 3 4
8 ブラジル ブラジル (BRA)(開催国) 1 0 0 1
9 中国 中国 (CHN) 0 1 3 4
10 アゼルバイジャン アゼルバイジャン (AZE) 0 1 1 2
コロンビア コロンビア (COL) 0 1 1 2
12 オランダ オランダ (NED) 0 1 0 1
ベネズエラ ベネズエラ (VEN) 0 1 0 1
14 クロアチア クロアチア (CRO) 0 0 1 1
フィンランド フィンランド (FIN) 0 0 1 1
ドイツ ドイツ (GER) 0 0 1 1
メキシコ メキシコ (MEX) 0 0 1 1
モンゴル モンゴル (MGL) 0 0 1 1
モロッコ モロッコ (MAR) 0 0 1 1
合計 13 13 25 51

プロ解禁[編集]

2016年6月1日、国際ボクシング協会 (AIBA) は、臨時総会で賛成88票、反対0票、棄権4票という圧倒的な支持でプロ選手のオリンピック参加解禁を決定した。リオオリンピックで実施される28競技のうちプロ選手の参加を認めていないのはボクシングだけという事情もあり、「オリンピックにトップ選手を出場させてこそ、本当の戦いが見られる」というAIBAの呉経国会長の主張が受け入れられた形になった。しかしプロ側はこの決定に大きな反発を見せた。大物プロモーターのボブ・アラムはプロとアマが対戦すれば「冗談じゃないくらいの大けがにつながる」と実力差のある対戦によって事故が起こることを危惧し、「狂気の沙汰だ」と批判をした。またアラムは、リオオリンピック本番の2カ月前の6月にプロ解禁が決定したことを問題視し「あいつら狂っているんじゃないのか」と憤慨、「AIBAは競技のすべてを牛耳りたいんだ。プロボクシングが大金を生むことに気づいたのだろう」と背景に大金を稼ぐプロを招くことによって、そのおこぼれにあずかりたいという考えがあると指摘し、AIBAはアマに留まるべきだと懸念を示した。プロ選手からも、「オリンピックボクシングはアマチュアのためのもので、アマチュアが目指すことのできる最高峰だ。そこで突然ウラジミール・クリチコのようなプロの世界王者で経験豊富な選手が、18歳の10戦しか試合をしたことのない選手と対戦するのかい」(レノックス・ルイス)、「五輪のボクシングを金儲けのための場に変えるためのものだ」(マイク・タイソン)、「アマチュアとプロを戦わせるべきでない。フェアな戦いではないからだ。ヘッドギアの廃止は大きな間違いだ。ボクシングはより安全であるべきで商業主義のために彼らにダメージを負わせるな」(ラリー・ホームズ)、「プロ対アマはボクサーの紛れもない犯罪行為だ。若くて優秀なアマチュアボクサーの命とキャリアを危険に晒すことになる」(フリオ・セサール・チャベス)、「プロボクサーがオリンピック参加を認められることはおかしい。(プロとアマは)2つの異なるスポーツで、バドミントンの選手がテニスをするようなものだ。私がアマの選手だった頃よりAIBAはどんどん悪くなっている。信じがたいね。」(カール・フランプトン)など続々と反対の声が上がった[3][4]。またプロの世界王座認定団体、国際ボクシング連盟(IBF)は、プロとアマによる試合には安全面にリスクがあり、プロボクサーのリオオリンピック出場はスポーツマンシップに反する行為であるとし、認定する王者が出場した場合、タイトルを剥奪すること及び王者でない選手が出場した場合は1年間ランキングから外すことを発表[5]、世界ボクシング評議会(WBC)も同様の措置を取ることを発表した[6]

参加プロ選手[編集]

プロからはアムナット・ルエンロン(2回戦敗退)、ハッサン・ヌダム・ヌジカム(1回戦敗退)、マチュー・ボーダリーキ(準決勝敗退)、カルミネ・トマゾーネ(2回戦敗退)が参加した。

ドーピング違反[編集]

ドーピング検査で陽性反応を示したと宣告されていた、ミドル級のアイルランド代表マイケル・オライリーがオリンピック開幕前日に離脱[7]。2016年12月8日、フライ級で銀メダルを獲得していたロシア代表ガブリエル・リンクレアンが決勝戦後に行われたドーピング検査で禁止薬物のツアミノヘプタンの陽性反応を示したとしてメダルを剥奪された[8]

イギリスの政治風刺雑誌「プライベート・アイ」は、世界アンチ・ドーピング機関(WADA)の報告として、AIBAがリオオリンピックまでの3年ほとんど、さらにはリオオリンピックまでの1年間はまったく、競技外(抜き打ち)検査を実施していないと報じた[9]

選手の不法事[編集]

2016年8月5日、選手村で女性清掃員2人に性的暴行を加えた容疑で、モロッコ代表のハサン・サアダが逮捕される。同月7日にはナミビア代表のジョナス・ジュニウス・ジョナスが同様に女性清掃員に性的暴行を加えた容疑で逮捕され、清掃中の女性に後ろから近づくと、首にキスをしたり体を触ったりし、性的なジェスチャーをした上で金銭の支払いを示唆したと報じられた[10]。同月11日に「有罪は確定しておらず、捜査結果が出るまでの措置」として両選手は釈放され、ジョナスは同日に行われた試合に出場するが判定負けを喫した。サアダは出場予定の試合が既に終了していたため出場できなかった[11]

予選[編集]

日程[編集]

大会 期間 開催地
AIBAプロ・ボクシング(APB)ランキング 2014年10月24日 – 2015年9月19日
ワールド・シリーズ・オブ・ボクシング(WSB)ランキング 2015年1月15日 - 6月13日
世界ボクシング選手権 2015年10月5日 - 10月15日 カタールの旗 カタールドーハ
アフリカ大陸予選 2016年3月11日 - 3月19日 カメルーンの旗 カメルーンヤウンデ
アメリカ大陸予選 2016年3月11日 - 3月19日 アルゼンチンの旗 アルゼンチンブエノスアイレス
アジア/オセアニア大陸予選 2016年3月25日 – 4月2日 中華人民共和国の旗 中華人民共和国遷安市
ヨーロッパ大陸予選 2016年4月9日 - 4月17日 トルコの旗 トルコサムスン
世界女子ボクシング選手権 2016年5月19日 - 5月27日 カザフスタンの旗 カザフスタンアスタナ
世界最終予選 2016年6月16日 - 6月25日 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャンバクー
APB & WSB最終予選 2016年7月3日 - 7月8日 ベネズエラの旗 ベネズエラバルガス州

男子[編集]

ライトフライ級 (49 kg)[編集]

大会 人数 選手名
開催国枠 1 ブラジル Patrick Lourenço (BRA)
ワールド・シリーズ・オブ・ボクシング(WSB)ランキング 1 アイルランド Paddy Barnes (IRL)
AIBAプロ・ボクシング(APB)ランキング 2 中国 呂斌 (CHN)
カザフスタン Birzhan Zhakypov (KAZ)
世界ボクシング選手権 2 ロシア Vasily Yegorov (RUS)
キューバ ホアニス・アルヒラゴス (CUB)
アフリカ大陸予選 3 カメルーン Simplice Fotsala (CMR)
ナミビア Mathias Hamunyela (NAM)
ケニア Peter Mungai Warui (KEN)[d]
アメリカ大陸予選 2 コロンビア ユベルヘン・マルティネス (COL)
アメリカ合衆国 ニコ・ヘルナンデス (USA)
アジア/オセアニア大陸予選 3 フィリピン ロゲン・ラドン英語版 (PHI)
ウズベキスタン ハサンボイ・ドゥスマトフ (UZB)
モンゴル Gankhuyagiin Gan-Erdene (MGL)
ヨーロッパ大陸予選 3 アルメニア Artur Hovhannisyan (ARM)
イギリス Galal Yafai (GBR)
イタリア Manuel Cappai (ITA)
世界最終予選 2 スペイン Samuel Carmona (ESP)
アゼルバイジャン Rufat Huseynov (AZE)
APB & WSB最終予選 3 エクアドル Carlos Quipo (ECU)
メキシコ Joselito Velázquez (MEX)
アルゼンチン Leandro Blanc (ARG)
Total 22

フライ級 (52 kg)[編集]

大会 人数 選手名
開催国枠 1 ブラジル Julião Henriques (BRA)
ワールド・シリーズ・オブ・ボクシング(WSB)ランキング 2 プエルトリコ Jeyvier Cintrón (PUR)
モロッコ Achraf Kharroubi (MAR)
AIBAプロ・ボクシング(APB)ランキング 2 ロシア ミーシャ・アロイアン (RUS)
メキシコ Elías Emigdio (MEX)
世界ボクシング選手権 2 アゼルバイジャン エルヴィン・マミシュザダ英語版 (AZE)
キューバ Yosvany Veitía (CUB)
アフリカ大陸予選 3 アルジェリア Mohamed Flissi (ALG)
ウガンダ Ronald Serugo (UGA)
レソト Moroke Mokhotho (LES)[d]
アメリカ大陸予選 2 アルゼンチン Fernando Martínez (ARG)
ドミニカ共和国 Leonel de los Santos (DOM)
アジア/オセアニア大陸予選 3 中国 胡建関 (CHN)
ウズベキスタン シャホビディン・ゾイロフ (UZB)
カザフスタン Olzhas Sattibayev (KAZ)
ヨーロッパ大陸予選 3 イギリス Muhammad Ali (GBR)
アルメニア Narek Abgaryan (ARM)
アイルランド Brendan Irvine (IRL)
世界最終予選 5 トルコ Selçuk Eker (TUR)
ブルガリア Daniel Asenov (BUL)
アメリカ合衆国 Antonio Vargas (USA)
モンゴル Kharkhüügiin Enkh-Amar (MGL)
フランス Elie Konki (FRA)
APB & WSB最終予選 3 ベネズエラ ジョエル・フィノル (VEN)
ドイツ Hamza Touba (GER)
コロンビア Ceiber Ávila (COL)
合計 26

バンタム級 (56 kg)[編集]

大会 人数 選手名
開催国枠 1 ブラジル Robenílson de Jesus (BRA)
ワールド・シリーズ・オブ・ボクシング(WSB)ランキング 2 ロシア ヴラジーミル・ニキーチン (RUS)
モロッコ Mohamed Hamout (MAR)[a]
AIBAプロ・ボクシング(APB)ランキング 2 中国 張家瑋 (CHN)
韓国 Ham Sang-myeong (KOR)
世界ボクシング選手権 3 アイルランド Michael Conlan (IRL)
ウズベキスタン ムラドジャン・アフマダリエフ (UZB)
ベラルーシ Dzmitry Asanau (BLR)
アフリカ大陸予選 3 レソト Inkululeko Suntele (LES)
チュニジア Bilel Mhamdi (TUN)
ガーナ Abdul Omar (GHA)[b]
アメリカ大陸予選 2 アルゼンチン Alberto Melián (ARG)
アメリカ合衆国 シャクール・スティーブンソン (USA)
アジア/オセアニア大陸予選 3 インド Shiva Thapa (IND)
タイ Chatchai Butdee (THA)
カザフスタン Kairat Yeraliyev (KAZ)
ヨーロッパ大陸予選 3 イギリス Qais Ashfaq (GBR)
アゼルバイジャン Javid Chalabiyev (AZE)
アルメニア Aram Avagyan (ARM)
世界最終予選 5 ウクライナ Mykola Butsenko (UKR)
キューバ ロベイシ・ラミレス (CUB)
モンゴル Erdenebatyn Tsendbaatar (MGL)
日本 森坂嵐 (JPN)
アルジェリア Fahem Hammachi (ALG)
APB & WSB最終予選 3 ケニア Benson Gicharu (KEN)
ドミニカ共和国 Héctor García (DOM)
ベネズエラ Victor Rodríguez (VEN)
主催者推薦枠 1 バヌアツ Lionel Warawara (VAN)
合計 28

ライト級 (60 kg)[編集]

大会 人数 選手名
ワールド・シリーズ・オブ・ボクシング(WSB)ランキング 2 ロシア Adlan Abdurashidov (RUS)
アメリカ合衆国 Carlos Balderas (USA)
AIBAプロ・ボクシング(APB)ランキング 2 カザフスタン Berik Abdrakhmanov (KAZ)
ウズベキスタン Hurshid Tojibaev (UZB)
世界ボクシング選手権 3 キューバ ラサロ・アルヴァレス (CUB)
アゼルバイジャン Albert Selimov (AZE)
ブラジル ロブソン・コンセイサン (BRA)
アフリカ大陸予選 3 アルジェリア Reda Benbaziz (ALG)
エジプト Mahmoud Abdelaal (EGY)
セーシェル Andrique Allisop (SEY)
アメリカ大陸予選 3 ベネズエラ Luis Angel Cabrera (VEN)
ホンジュラス Teofimo Lopéz (HON)
アルゼンチン Ignacio Perrin (ARG)
アジア/オセアニア大陸予選 3 モンゴル ドルジニャンブーギーン・オトゴンダライ (MGL)
フィリピン Charly Suarez (PHI)
日本 成松大介 (JPN)
ヨーロッパ大陸予選 3 フランス ソフィアヌ・ウミア (FRA)
イギリス Joseph Cordina (GBR)
アイルランド David Joyce (IRL)
世界最終予選 5 中国 山俊 (CHN)
タジキスタン Anvar Yunusov (TJK)
オランダ Enrico Lacruz (NED)
チャイニーズタイペイ 頼主恩 (TPE)
カタール Hakan Erşeker (QAT)
APB & WSB最終予選 3 メキシコ Lindolfo Delgado (MEX)
タイ アムナット・ルエンロン (THA)
イタリア Carmine Tommasone (ITA)
主催者推薦枠 1 パプアニューギニア Thadius Katua (PNG)
合計 28

ライトウェルター級 (64 kg)[編集]

大会 人数 選手名
開催国枠 1 ブラジル Joedison Teixeira (BRA)
ワールド・シリーズ・オブ・ボクシング(WSB)ランキング 2 キューバ Yasniel Toledo (CUB)
メキシコ Raúl Curiel Garcia (MEX)
AIBAプロ・ボクシング(APB)ランキング 2 ドイツ アルテム・ハルティウニアン (GER)
アルジェリア Abdelkader Chadi (ALG)
世界ボクシング選手権 3 ロシア ヴィタリー・ドゥナイツェフ (RUS)
ウズベキスタン ファズリディン・ガイブナザロフ (UZB)
タイ Wuttichai Masuk (THA)
アフリカ大陸予選 3 モロッコ Hamza El-Barbari (MAR)
ナミビア Jonas Junius (NAM)
カメルーン Mahaman Smaila (CMR)
コンゴ共和国 Dival Malonga (CGO)
アメリカ大陸予選 2 カナダ Arthur Biyarslanov (CAN)
ベネズエラ Luis Arcon (VEN)
アジア/オセアニア大陸予選 3 カザフスタン Ablaikhan Zhussupov (KAZ)
モンゴル Baatarsükhiin Chinzorig (MGL)
中国 胡謙遜 (CHN)
ヨーロッパ大陸予選 3 アゼルバイジャン ロレンソ・ソトマヨール (AZE)
リトアニア Evaldas Petrauskas (LTU)
トルコ Batuhan Gözgeç (TUR)
世界最終予選 5 ハイチ Richardson Hitchins (HAI)
アメリカ合衆国 Gary Antuanne Russell (USA)
イギリス Pat McCormack (GBR)
インド Manoj Kumar (IND)
フランス Hassan Amzile (FRA)
APB & WSB最終予選 3 カタール Thulasi Tharumalingam (QAT)
アルメニア Hovhannes Bachkov (ARM)
ウクライナ Volodymyr Matviychuk (UKR)
主催者推薦枠 1 ヨルダン Obada Al-Kasbeh (JOR)
合計 28

ウェルター級 (69 kg)[編集]

大会 人数 選手名
ワールド・シリーズ・オブ・ボクシング(WSB)ランキング 2 アゼルバイジャン Parviz Baghirov (AZE)
アイルランド Steven Donnelly (IRL)
AIBAプロ・ボクシング(APB)ランキング 2 トルコ Onur Şipal (TUR)
ロシア Andrey Zamkovoy (RUS)
世界ボクシング選手権 3 モロッコ モハメド・ラビー (MAR)
カザフスタン ダニヤル・イェレウシノフ (KAZ)
中国 劉偉 (CHN)
アフリカ大陸予選 3 ケニア Rayton Okwiri (KEN)
エジプト Walid Sedik Mohamed (EGY)
アルジェリア Zohir Kedache (ALG)
アメリカ大陸予選 3 キューバ Roniel Iglesias (CUB)
ベネズエラ Gabriel Maestre (VEN)
アルゼンチン Alberto Palmetta (ARG)
アジア/オセアニア大陸予選 3 ウズベキスタン シャハラム・ギヤソフ (UZB)
タイ Sailom Adi (THA)
モンゴル Byambyn Tüvshinbat (MGL)
ヨーロッパ大陸予選 3 リトアニア Eimantas Stanionis (LTU)
イタリア Vincenzo Mangiacapre (ITA)
アルメニア Vladimir Margaryan (ARM)
世界最終予選 5 ハンガリー Imre Bacskai (HUN)
ベラルーシ Pavel Kastramin (BLR)
フランス スレイマヌ・チッソコ (FRA)
イギリス Josh Kelly (GBR)
ブルガリア Simeon Chamov (BUL)
APB & WSB最終予選 3 メキシコ Juan Pablo Romero (MEX)
ドイツ Arajik Marutjan (GER)
スペイン Youba Sissokho (ESP)
主催者推薦枠 1 フィジー Winston Hill (FIJ)
合計 28

ミドル級 (75 kg)[編集]

大会 人数 選手名
ワールド・シリーズ・オブ・ボクシング(WSB)ランキング 2 ポーランド Tomasz Jabłoński (POL)
アルジェリア Ilyas Abbadi (ALG)
AIBAプロ・ボクシング(APB)ランキング 2 ロシア Artem Chebotarev (RUS)
ウクライナ Dmytro Mytrofanov (UKR)[e]
世界ボクシング選手権 3 キューバ アルレン・ロペス (CUB)
ウズベキスタン ベクテミル・メリクジエフ (UZB)
エジプト Hosam Abdin (EGY)
アフリカ大陸予選 3 カメルーン Wilfried Ntsengue (CMR)
モーリシャス Merven Clair (MRI)
モロッコ Said Harnouf (MAR)
コンゴ共和国 Anauel Ngamissengue (CGO)
アメリカ大陸予選 3 メキシコ ミサエル・ロドリゲス (MEX)
アメリカ合衆国 Charles Conwell (USA)
コロンビア Jorge Vivas (COL)
アジア/オセアニア大陸予選 3 カザフスタン Zhanibek Alimkhanuly (KAZ)
中国 趙明剛 (CHN)
オーストラリア Daniel Lewis (AUS)
ヨーロッパ大陸予選 3 フランス Christian Mbilli Assomo (FRA)
ハンガリー Zoltán Harcsa (HUN)
イギリス Antony Fowler (GBR)
世界最終予選 5 アイルランド Michael O'Reilly (IRL)
イラク Waheed Abdul-Ridha (IRQ)
トルクメニスタン Arslanbek Achilov (TKM)
インド Vikas Krishan Yadav (IND)
アゼルバイジャン カムラン・シャフスヴァルリ (AZE)
APB & WSB最終予選 3 エクアドル Marlo Delgado (ECU)
ベネズエラ Endry José Pinto (VEN)
トルコ Onder Şipal (TUR)
主催者推薦枠 1 ザンビア Benny Muziyo (ZAM)
合計 28

ライトヘビー級 (81 kg)[編集]

大会 人数 選手名
開催国枠 1 ブラジル Michel Borges (BRA)
ワールド・シリーズ・オブ・ボクシング(WSB)ランキング 2 イタリア Valentino Manfredonia (ITA)
クロアチア Hrvoje Sep (CRO)
AIBAプロ・ボクシング(APB)ランキング 2 イラン Ehsan Rouzbahani (IRI)
フランス マティオ・ボーデルリック (FRA)
世界ボクシング選手権 2 キューバ ジュリオ・セザル・ラ・クルス (CUB)
アイルランド Joe Ward (IRL)
アフリカ大陸予選 3 アルジェリア Abdelhafid Benchabla (ALG)
エジプト Abdelrahman Salah (EGY)
ウガンダ Kennedy Katende (UGA)
アメリカ大陸予選 2 ベネズエラ Albert Ramirez (VEN)
エクアドル Carlos Andres Mina (ECU)
アジア/オセアニア大陸予選 3 カザフスタン アディルベク・ニヤジムベトフ (KAZ)
ウズベキスタン Elshod Rasulov (UZB)
キルギス Erkin Adylbek Uulu (KGZ)
ヨーロッパ大陸予選 3 オランダ Peter Müllenberg (NED)
イギリス ジョシュア・ブアツィ (GBR)
トルコ Mehmet Ünal (TUR)
世界最終予選 5 ロシア Petr Khamukov (RUS)
アゼルバイジャン Teymur Mammadov (AZE)
ベラルーシ Mikhail Dauhaliavets (BLR)
ドイツ Serge Michel (GER)
モロッコ Hassan Saada (MAR)
APB & WSB最終予選 3 コロンビア Juan Carlos Carrillo (COL)
カメルーン ハッサン・ヌダム・ヌジカム (CMR)
ウクライナ Denys Solonenko (UKR)
合計 26

ヘビー級 (91 kg)[編集]

大会 人数 選手名
ワールド・シリーズ・オブ・ボクシング(WSB)ランキング 1 カザフスタン ヴァシリー・レヴィト (KAZ)
AIBAプロ・ボクシング(APB)ランキング 2 イタリア Clemente Russo (ITA)
ドイツ David Graf (GER)
世界ボクシング選手権 1 ロシア エヴゲニ・チシェンコ (RUS)
アフリカ大陸予選 3 モーリシャス Kennedy St-Pierre (MRI)
アルジェリア Chouaib Bouloudinat (ALG)
チュニジア Hassen Chaktami (TUN)
アメリカ大陸予選 3 キューバ エリスランディ・サヴォン (CUB)
アルゼンチン Yamil Peralta (ARG)
ブラジル Juan Nogueira (BRA)
アジア/オセアニア大陸予選 3 ウズベキスタン ルスタム・トゥラガノフ (UZB)
中国 於豊愷 (CHN)
オーストラリア Jason Whateley (AUS)
ヨーロッパ大陸予選 3 イギリス Lawrence Okolie (GBR)
フランス Paul Omba-Biongolo (FRA)
アゼルバイジャン Abdulkadir Abdullayev (AZE)
世界最終予選 1 ポーランド Igor Jakubowski (POL)
APB & WSB最終予選 1 エクアドル Julio Castillo (ECU)
合計 18

スーパーヘビー級 (+91 kg)[編集]

大会 人数 選手名
ワールド・シリーズ・オブ・ボクシング(WSB)ランキング 1 クロアチア フィリプ・フルゴビッチ (CRO)
AIBAプロ・ボクシング(APB)ランキング 2 ドイツ Erik Pfeifer (GER)
ルーマニア Mihai Nistor (ROU)
世界ボクシング選手権 1 フランス トニー・ヨカ (FRA)
アフリカ大陸予選 3 モロッコ Mohamed Arjaoui (MAR)
ナイジェリア Efe Ajagba (NGR)
カーボベルデ Davilson Morais (CPV)[c]
アメリカ大陸予選 3 トリニダード・トバゴ Nigel Paul (TTO)
キューバ Lenier Pero (CUB)
アメリカ領ヴァージン諸島 Clayton Laurent (ISV)
アジア/オセアニア大陸予選 3 カザフスタン イヴァン・ディッコ (KAZ)
ウズベキスタン Bakhodir Jalolov (UZB)
ヨルダン Hussein Ishaish (JOR)
ヨーロッパ大陸予選 3 イギリス ジョー・ジョイス (GBR)
アゼルバイジャン Magomedrasul Majidov (AZE)
トルコ Ali Eren Demirezen (TUR)
世界最終予選 1 イタリア Guido Vianello (ITA)
APB & WSB最終予選 1 ベネズエラ Edgar Muñoz (VEN)
合計 18

女子[編集]

フライ級 (51 kg)[編集]

大会 人数 選手名
世界女子ボクシング選手権 4 フランス Sarah Ourahmoune (FRA)
カザフスタン ザイナ・シェケルベコワ英語版 (KAZ)
タイ Peamwilai Laopeam (THA)
イギリス ニコラ・アダムズ (GBR)
アフリカ大陸予選 1 モロッコ Zohra Ez-Zahraoui (MAR)
アメリカ大陸予選 2 カナダ Mandy Bujold (CAN)
コロンビア イングリット・バレンシア (COL)
アジア/オセアニア大陸予選 2 中国 任燦燦 (CHN)
ウズベキスタン Yodgoroy Mirzaeva (UZB)
ヨーロッパ大陸予選 2 ブルガリア スタニミナ・ペトロワ英語版 (BUL)
ウクライナ Tetyana Kob (UKR)
主催者推薦枠 1 中央アフリカ Judith Mbougnade (CAF)
Total 12

ライト級 (60 kg)[編集]

大会 人数 選手名
開催国枠 1 ブラジル Adriana Araújo (BRA)
世界女子ボクシング選手権 4 アイルランド ケイティー・テイラー (IRL)
フランス エステル・モッセリー (FRA)
フィンランド Mira Potkonen (FIN)
ロシア アナスタシア・ベリャコワ英語版 (RUS)
アフリカ大陸予選 1 モロッコ Hasnaa Lachgar (MAR)
アメリカ大陸予選 1 アメリカ合衆国 Mikaela Mayer (USA)
アジア/オセアニア大陸予選 2 中国 尹軍花 (CHN)
オーストラリア Shelley Watts (AUS)
ヨーロッパ大陸予選 2 アゼルバイジャン Yana Alekseevna (AZE)
イタリア Irma Testa (ITA)
主催者推薦枠 1 ミクロネシア連邦 Jennifer Chieng (FSM)
Total 12

ミドル (75 kg)[編集]

大会 人数 選手名
世界女子ボクシング選手権 4 アメリカ合衆国 クラレッサ・シールズ (USA)
チャイニーズタイペイ 陳念琴 (TPE)
イギリス Savannah Marshall (GBR)
オランダ Nouchka Fontijn (NED)
アフリカ大陸予選 1 モロッコ Khadija El-Mardi (MAR)
アメリカ大陸予選 2 カナダ Ariane Fortin (CAN)
ブラジル Andreia Bandeira (BRA)
アジア/オセアニア大陸予選 2 中国 李倩 (CHN)
カザフスタン ダリガ・シャキモヴァ (KAZ)
ヨーロッパ大陸予選 2 スウェーデン Anna Laurell Nash (SWE)
ロシア Yaroslava Yakushina (RUS)
主催者推薦枠 1 パナマ アテイナ・バイロン英語版 (PAN)
Total 12

脚注[編集]

  1. ^ ボクサーたちが「ヘッドギア」を着けなくなった理由”. WIRED (2016年8月16日). 2017年2月2日閲覧。
  2. ^ 当初、ミシャ・アロイアンが2位だったがドーピング違反で剥奪、準決勝でゾイノフに敗れた3位のフィノルが2位に繰り上げ。52kg men
  3. ^ プロ解禁したボクシング界に波紋 アマとの実力差に「狂気の沙汰」との声続出 利権がらみのキナ臭い話も…”. 産経ニュース (2016年8月16日). 2017年2月15日閲覧。
  4. ^ Professional boxers in Olympics is a bad idea, say fighters, others”. ESPN.com (2016年6月2日). 2017年2月15日閲覧。
  5. ^ ボクシング=IBF、リオ五輪出場のプロ選手タイトルはく奪へ”. ロイター (2016年6月21日). 2017年2月15日閲覧。
  6. ^ WBC、五輪参加選手は即追放 プロ全面解禁検討に対抗”. サンスポ (2016年3月16日). 2017年2月15日閲覧。
  7. ^ ボクシングのアイルランド代表、薬物陽性で帰国 リオ五輪”. AFPBB News (2016年8月11日). 2017年2月15日閲覧。
  8. ^ ロシアのボクサー、ドーピングでリオの銀メダル剥奪”. AFPBB News (2016年12月9日). 2017年2月15日閲覧。
  9. ^ リオ五輪、プロボクサー参加可能に 協会が決定”. AFPBB News (2016年6月2日). 2017年2月15日閲覧。
  10. ^ リオ選手村でまた性的暴行事件、ナミビア選手団の旗手逮捕”. AFPBB News (2016年8月9日). 2017年2月15日閲覧。
  11. ^ メイド女性性的暴行容疑で逮捕のナミビアボクサーを釈放”. サンスポ (2016年8月12日). 2017年2月15日閲覧。

映像資料[編集]