2016年リオデジャネイロオリンピックの射撃競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
2016年リオデジャネイロオリンピック
射撃競技
会場セントロ・オリンピコ・ジ・チーロポルトガル語版英語版
開催日2016年8月6日-8月14日
参加選手数 390人
« 20122020 »

2016年リオデジャネイロオリンピック射撃競技は、2016年8月6日から8月14日までセントロ・オリンピコ・ジ・チーロポルトガル語版英語版で実施されたオリンピックの射撃競技である。大会の運営は国際射撃連盟(ISSF)が行った。

概要[編集]

前回大会と同じく、以下の15種目が行われた。前回までは予選と決勝の通算成績により最終順位を決定していたが、今回から、決勝のみの成績により最終順位を決定する方式に改められた[1]

  • ピストル
    • 男女個人10mエアピストル
    • 男子個人25mラピッドファイアピストル
    • 女子個人25mピストル
    • 男子個人50mピストル
  • ライフル
    • 男女個人10mエアライフル
    • 男女個人50mライフル3姿勢
    • 男子個人50mライフル伏射
  • クレー射撃
    • 男女個人トラップ
    • 男女個人スキート
    • 男子個人ダブルトラップ

2014年にスペイングラナダで開催されたISSF世界射撃選手権ISSFワールドカップ英語版で各大会の上位選手や各大陸予選を通過した選手が属するNOCに出場枠が与えられ、開催国枠と招待枠と合わせて、計390名の選手が出場する[2]。派遣される選手は、最小資格スコア(MQS:Minimum Qualification Score)を満たしていれば、複数の種目に出場できるが、同一種目には1カ国から2名までしか出場できない。

2015年11月に開催されたアジア射撃選手権英語版クウェートの旗 クウェート市)はアジア予選となる予定であったが、クウェートのイスラエル人ISSF関係者に対するビザ発給拒否に加え、国際オリンピック委員会(IOC)によるクウェートNOCの資格停止を受け、予選としては認められず[3]、2016年1月に改めて本大会のアジア予選がインドニューデリーで開催された[4]

日本からはISSFワールドカップで出場枠を確保した松田知幸(ピストル)、山下敏和(ライフル)[5]中山由起枝(クレー)[6]を始めとする、8名の選手が延べ12種目に出場したが、いずれも決勝進出はならなかった。

競技結果[編集]

男子[編集]

種目
10mエアピストル ベトナム ホアン・スアン・ヴィン
ベトナム (VIE) 五輪新
ブラジル フェリペ・ウー
ブラジル (BRA)
中国 龐偉
中国 (CHN)
10mエアライフル イタリア ニッコロ・カンプリアーニ
イタリア (ITA) 五輪新
ウクライナ セルヒー・クーリシュ
ウクライナ (UKR)
ロシア ウラジミール・マスレニコフ
ロシア (RUS)
25mラピッドファイアピストル ドイツ クリスチャン・ライツ
ドイツ (GER)
フランス ジャン・キクワンポワ
フランス (FRA)
中国 李越宏
中国 (CHN)
50mピストル 韓国 秦鍾午
韓国 (KOR) 五輪新
ベトナム ホアン・スアン・ヴィン
ベトナム (VIE)
北朝鮮 キム・ソングク
北朝鮮 (PRK)
50mライフル伏射 ドイツ ヘンリー・ユングヘーネル
ドイツ (GER) 五輪新
韓国 金宗玄
韓国 (KOR)
ロシア キリル・グリゴリャン
ロシア (RUS)
50mライフル3姿勢 イタリア ニッコロ・カンプリアーニ
イタリア (ITA)
ロシア セルゲイ・カメンスキー
ロシア (RUS)
フランス アレクシ・レノー
フランス (FRA)
スキート イタリア ガブリエル・ロセッティ
イタリア (ITA)
スウェーデン マルクス・スヴェンソン
スウェーデン (SWE)
独立参加 アブドゥッラー・アルラシディ
独立参加 (IOA)
トラップ クロアチア ヨシップ・グラスノビッチ
クロアチア (CRO)
イタリア ジョバンニ・ペリエロ
イタリア (ITA)
イギリス エドワード・リング
イギリス (GBR)
ダブルトラップ 独立参加 フェハイド・アル=ディハニ
独立参加 (IOA)
イタリア マルコ・インノチェンティ
イタリア (ITA)
イギリス スティーブン・スコット
イギリス (GBR)

女子[編集]

種目
10mエアピストル 中国 張夢雪
中国 (CHN)
ロシア ビタリナ・バツァラシュキナ
ロシア (RUS)
ギリシャ アンナ・コラカキ
ギリシャ (GRE)
10mエアライフル アメリカ合衆国 バージニア・スラッシャー
アメリカ合衆国 (USA)
中国 杜麗
中国 (CHN)
中国 易思玲
中国 (CHN)
25mピストル ギリシャ アナ・コラカキ
ギリシャ (GRE)
ドイツ モニカ・カルシュ
ドイツ (GER)
スイス ハイディ・ディートヘルム・ゲルベル
スイス (SUI)
50mライフル3姿勢 ドイツ バーバラ・エングレーダー
ドイツ (GER)
中国 張彬彬
中国 (CHN)
中国 杜麗
中国 (CHN)
スキート イタリア ディアナ・バコージ
イタリア (ITA)
イタリア キアラ・カイネロ
イタリア (ITA)
アメリカ合衆国 キム・ロード
アメリカ合衆国 (USA)
トラップ オーストラリア キャサリン・スキナー
オーストラリア (AUS)
ニュージーランド ナタリー・ルーニー
ニュージーランド (NZL)
アメリカ合衆国 コーリー・コグデル
アメリカ合衆国 (USA)

国・地域別のメダル獲得数[編集]

国・地域
1 イタリア イタリア (ITA) 4 3 0 7
2 ドイツ ドイツ (GER) 3 1 0 4
3 中国 中国 (CHN) 1 2 4 7
4 ベトナム ベトナム (VIE) 1 1 0 2
韓国 韓国 (KOR) 1 1 0 2
5 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA) 1 0 2 3
6 独立参加 独立参加 (IOA) 1 0 1 2
ギリシャ ギリシャ (GRE) 1 0 1 2
7 クロアチア クロアチア (CRO) 1 0 0 1
オーストラリア オーストラリア (AUS) 1 0 0 1
8 ロシア ロシア (RUS) 0 2 2 4
9 フランス フランス (FRA) 0 1 1 2
10 ブラジル ブラジル (BRA)(開催国) 0 1 0 1
ウクライナ ウクライナ (UKR) 0 1 0 1
スウェーデン スウェーデン (SWE) 0 1 0 1
ニュージーランド ニュージーランド (NZL) 0 1 0 1
11 イギリス イギリス (GBR) 0 0 2 2
12 スイス スイス (SUI) 0 0 1 1
北朝鮮 北朝鮮 (PRK) 0 0 1 1
合計 15 15 15 45

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ New ISSF 2013-2016 Rules: competitions will start from zero, and end in a duel” (英語). ISSF. 2020年11月1日閲覧。
  2. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXI OLYMPIAD – RIO 2016”. 2020年7月19日閲覧。
  3. ^ IOC、射撃の予選として認めず アジア選手権、イスラエル拒否で”. 共同通信社. 2015年10月30日閲覧。
  4. ^ “Asia Olympic Qualifying Competition for Shooting” to take place in New Delhi” (英語). ISSF. 2020年11月1日閲覧。
  5. ^ リオ射撃代表に松田、山下 男子ピストルとライフル - JOC” (日本語). 日本オリンピック委員会(JOC). 2020年11月1日閲覧。
  6. ^ JOC - 射撃、中山由起枝がリオ五輪代表 36歳、4度目の出場へ” (日本語). 日本オリンピック委員会(JOC). 2020年11月1日閲覧。