2016年リオデジャネイロオリンピックの陸上競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
2016年リオデジャネイロオリンピックの陸上競技
日程 8月12日 - 8月21日
種目数 47 (男子 : 24 / 女子 : 23)
2012
2020

2016年リオデジャネイロオリンピックの陸上競技は、2016年ブラジルリオデジャネイロで開催された2016年リオデジャネイロオリンピック陸上競技である。大会は国際陸上競技連盟(IAAF)が管轄する。会場はロードレース以外はエスタジオ・オリンピコ競歩ポンタウポルトガル語版英語版マラソンサンボードロモ・ダ・マルケス・ジ・サプカイをスタート・ゴール地点として実施された。

参加標準記録[編集]

参加標準記録はIAAFより2015年4月に発表された[1]。個人種目では、NOCは2015年5月1日から(10000m、マラソン、競歩、混成競技は2015年1月1日から)2016年7月11日までの間に参加標準記録を突破した選手を1種目につき最大3名まで参加させることができる[2][3]。なお、マラソンでは2015年世界陸上北京)上位20名と資格期間内のIAAFがゴールドラベルに指定した大会の上位10名も標準記録を突破したものとして扱われる。また、5000m、10000m、マラソン、競歩以外の種目では資格期間内の選手ごとのベスト記録による世界ランキング[4]に基づく招待枠がある。いずれかの性別で上記の出場資格を得た選手が存在しないNOCは、ユニバーサリティ出場枠として、出場資格を得た選手が存在しない性別の選手1名を1種目(10000m、3000m障害、混成競技以外)にエントリーさせることができる。

リレー種目2015年IAAF世界リレー大会英語版ナッソー)の上位8カ国[5]と資格期間内(2015年1月1日~2016年7月11日)の国ごとのベスト記録と2番目の記録の平均値による世界ランキングの上位8カ国が出場権を獲得する[3]日本は2015年世界リレーの男子4×100mリレー(大瀬戸-藤光-桐生-谷口)で銅メダルを獲得し、オリンピック出場権も獲得した[6]。男子4×400mリレーは世界リレー上位8カ国を除く世界ランキングで9番手であったが、3番手のロシアがドーピング違反に伴う資格停止により出場が不可能(ロシアからは女子走幅跳のダリヤ・クリシナのみがオリンピックの陸上競技への出場を許された)であったため、日本は8番目の出場国に選出された[7]

男子 女子
種目 標準記録 種目 標準記録
100 m 10.16 100 m 11.32
200 m 20.50 200 m 23.20
400 m 45.40 400 m 52.20
800 m 1:46.00 800 m 2:01.50
1500 m 3:36.20 1500 m 4:07.00
5000 m 13:25.00 5000 m 15:24.00
10000 m 28:00.00 10000 m 32:15.00
110 mH 13.47 100 mH 13.00
400 mH 49.40 400 mH 56.20
3000 mSC 8:30.00 3000 mSC 9:45.00
マラソン 2:19:00 マラソン 2:45:00
20 kmW 1:24:00 20 kmW 1:36:00
50 kmW 4:06:00 N/A N/A
走幅跳 8.15 走幅跳 6.70
三段跳 16.85 三段跳 14.15
走高跳 2.29 走高跳 1.93
棒高跳 5.70 棒高跳 4.50
砲丸投 20.50 砲丸投 17.75
円盤投 65.00 円盤投 61.00
ハンマー投 77.00 ハンマー投 71.00
やり投 83.00 やり投 62.00
十種競技 8100 七種競技 6200
4×100 mR IWR上位8位 +
2016年上位8位
4×100 mR IWR上位8位 +
2016年上位8位
4×400 mR 4×400 mR

競技スケジュール[編集]

競技は8月12日から21日までの期間に行われ、全47種目でメダルを争う。男子100m決勝などはアメリカ放映権を持つNBCの放送時間に合わせて午後10時台に設定された[8]。一方、異なるタイムゾーンにおける視聴を考慮して、男女マラソンや男女円盤投決勝などは午前中に設定された[9][10]

主な種目別決勝日[編集]

8月12日[編集]

女子10000m、男子20km競歩、女子砲丸投、女子七種競技(1日目)[11]

8月13日[編集]

男子円盤投、男子走幅跳、男子10000m、女子100m、女子七種競技(2日目)[18]

8月14日[編集]

女子マラソン、女子三段跳、男子400m男子100m[26]

8月15日[33][編集]

女子ハンマー投、女子3000m障害、男子棒高跳、女子400m、男子800m[33]

8月16日[編集]

男子三段跳、女子円盤投、男子走高跳、女子1500m、男子110mハードル[38]

8月17日[編集]

男子3000m障害、女子走幅跳、女子200m、女子100mハードル、男子十種競技(1日目)[49]

8月18日[編集]

男子400mハードル、男子砲丸投、女子やり投、女子400mハードル、男子200m、男子十種競技(2日目)[58]

8月19日[編集]

男子50km競歩、女子20km競歩、女子棒高跳、男子ハンマー投、女子5000m、男女4x100mリレー[66]

8月20日[編集]

女子走高跳、男子やり投、男子1500m、女子800m、男子5000m、男女4x400mリレー[79]

  • 男子1500mではマシュー・セントロウィッツ・ジュニア英語版アメリカ合衆国 アメリカ合衆国)が終盤の競り合いを制し、同種目では米国勢としては108年ぶりの金メダルを獲得した[80]
  • 女子800mはキャスター・セメンヤ南アフリカ 南アフリカ)が連覇を果たした[81]が、セメンヤ及び他のメダリストもテストステロンが男性並みに分泌される選手であり、いずれの選手も2018年にIAAFが導入した「テストステロン値規制」の対象となった[82]

8月21日[編集]

男子マラソン

Q 予選 H 予選 ½ 準決勝 F 決勝 M 午前 A 午後
男子[83]
日 → 12 金 13 土 14 日 15 月 16 火 17 水 18 木 19 金 20 土 21 日
種目 ↓ M A M A M A M A M A M A M A M A M A M A
100 m Q H ½ F
200 m H ½ F
400 m H ½ F
800 m H ½ F
1500 m H ½ F
5000 m H F
10000 m F
110 mH H ½ F
400 mH H ½ F
3000 mSC H F
4×100 mR H F
4×400 mR H F
マラソン F
20 kmW F
50 kmW F
走幅跳 Q F
三段跳 Q F
走高跳 Q F
棒高跳 Q F
砲丸投 Q F
円盤投 Q F
やり投 Q F
ハンマー投 Q F
十種競技 F
女子[83]
日 → 12 金 13 土 14 日 15 月 16 火 17 水 18 木 19 金 20 土 21 日
種目 ↓ M A M A M A M A M A M A M A M A M A M A
100 m Q H ½ F
200 m H ½ F
400 m H ½ F
800 m H ½ F
1500 m H ½ F
5000 m H F
10000 m F
100 mH H ½ F
400 mH H ½ F
3000 mSC H F
4×100 mR H F
4×400 mR H F
マラソン F
20 kmW F
走幅跳 Q F
三段跳 Q F
走高跳 Q F
棒高跳 Q F
砲丸投 Q F
円盤投 Q F
やり投 Q F
ハンマー投 Q F
七種競技 F

競技結果[編集]

今大会で樹立された世界記録(WR)・オリンピック記録(OR)
達成日 種目 選手(所属) 記録 種類 前記録保持者
8月12日 女子10000m アルマズ・アヤナエチオピア エチオピア 29:17:45 WR 中華人民共和国の旗王軍霞
8月14日 男子400m ウェイド・バンニーキルク南アフリカ 南アフリカ 43.03 WR アメリカ合衆国の旗マイケル・ジョンソン
8月15日 女子ハンマー投 アニタ・ヴォダルチクポーランド ポーランド 82m29 WR ポーランドの旗アニタ・ヴォダルチク
男子棒高跳 チアゴ・ブラス・ダ・シルバブラジル ブラジル 6m03 OR フランスの旗ルノー・ラビレニ
8月17日 男子3000m障害 コンセスラス・キプルト英語版ケニア ケニア 8:03:28 OR ケニアの旗ジュリアス・カリウキ
8月18日 男子砲丸投 ライアン・クルーザー英語版アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 22.52m OR 東ドイツの旗ウルフ・ティンマーマン
男子十種競技 アシュトン・イートンアメリカ合衆国 アメリカ合衆国 8893点 ORタイ チェコの旗ロマン・セブルレ
8月19日 女子5000m ビビアン・チェルイヨットケニア ケニア 14:26:17 OR ルーマニアの旗ガブリエラ・サボー

男子[編集]

種目
100m
ジャマイカ ウサイン・ボルト
ジャマイカ (JAM)
9.81
SB
アメリカ合衆国 ジャスティン・ガトリン
アメリカ合衆国 (USA)
9.89 カナダ アンドレ・ド・グラス
カナダ (CAN)
9.91
PB
200m
ジャマイカ ウサイン・ボルト
ジャマイカ (JAM)
19.78
SB
カナダ アンドレ・ド・グラス
カナダ (CAN)
20.02 フランス クリストフ・ルメートル
フランス (FRA)
20.12
400m
南アフリカ ウェイド・バンニーキルク
南アフリカ (RSA)
43.03
WR OR
グレナダ キラニ・ジェームス
グレナダ (GRN)
43.76
SB
アメリカ合衆国 ラショーン・メリット
アメリカ合衆国 (USA)
43.85
SB
800m
ケニア デイヴィッド・ルディシャ
ケニア (KEN)
1:42.15
SB
アルジェリア タウフィク・マフルーフィ
アルジェリア (ALG)
1:42.61
NR
アメリカ合衆国 クレイトン・マーフィー英語版
アメリカ合衆国 (USA)
1:42.85
PB
1500m
アメリカ合衆国 マシュー・セントロウィッツ・ジュニア英語版
アメリカ合衆国 (USA)
3:50.00 アルジェリア タウフィク・マフルーフィ
アルジェリア (ALG)
3:50.11 ニュージーランド ニック・ウィリス
ニュージーランド (NZL)
3:50.24
5000m
イギリス モハメド・ファラー
イギリス (GBR)
13:03.30 アメリカ合衆国 ポール・キプケモイ・チェリモ英語版
アメリカ合衆国 (USA)
13:03.90
PB
エチオピア ハゴス・ゲブリウェト
エチオピア (ETH)
13:04.35
10000m
イギリス モハメド・ファラー
イギリス (GBR)
27:05.17 ケニア ポール・タヌイ英語版
ケニア (KEN)
27:05.64
SB
エチオピア タミラト・トラ英語版
エチオピア (ETH)
27:06.26
110mハードル
ジャマイカ オマール・マクレオド
ジャマイカ (JAM)
13.05 スペイン オルランド・オルテガ
スペイン (ESP)
13.17 フランス ディミトリ・バスク
フランス (FRA)
13.24
400mハードル
アメリカ合衆国 カーロン・クレメント
アメリカ合衆国 (USA)
47.73
SB
ケニア ボニフェス・ムチェル・ツムティ
ケニア (KEN)
47.78
NR
トルコ ヤスマニ・コペロ
トルコ (TUR)
47.92
NR
3000m障害
ケニア コンセスラス・キプルト英語版
ケニア (KEN)
8:03.28
OR
アメリカ合衆国 エヴァン・ジャガー
アメリカ合衆国 (USA)
8:04.28
SB
フランス マイディーヌ・メキシベナバ
フランス (FRA)
8:11.52
SB
4×100mリレー
ジャマイカ ジャマイカ (JAM) 37.27 日本 日本 (JPN) 37.60
AR
カナダ カナダ (CAN) 37.64
NR
アサファ・パウエル
ヨハン・ブレーク
ニッケル・アシュミード
ウサイン・ボルト
山縣亮太
飯塚翔太
桐生祥秀
ケンブリッジ飛鳥
アキーム・ヘインズ英語版
アーロン・ブラウン
ブレンドン・ロドニー英語版
アンドレ・ドグラス
4×400mリレー アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA) 2:57.30 ジャマイカ ジャマイカ (JAM) 2:58.16 バハマ バハマ (BAH) 2:58.49
アーマン・ホール
トニー・マッケイ
ギル・ロバーツ
ラショーン・メリット
ピーター・マシューズ英語版
ネイソン・アレン英語版
フィッツロイ・ダンクリー英語版
ジェイボン・ブランシス
アロンゾ・ラッセル英語版
マイケル・マシュー
スティーブン・ガーディナー
クリス・ブラウン
マラソン
ケニア エリウド・キプチョゲ
ケニア (KEN)
2:08:44 エチオピア フェイサ・リレサ英語版
エチオピア (ETH)
2:09:54 アメリカ合衆国 ゲーレン・ラップ
アメリカ合衆国 (USA)
2:10:05
PB
20km競歩
中国 王鎮
中国 (CHN)
1:19:14 中国 蔡澤林
中国 (CHN)
1:19:26
SB
オーストラリア デーン・バード=スミス英語版
オーストラリア (AUS)
1:19:37
PB
50km競歩
スロバキア マテイ・トート
スロバキア (SVK)
3:40:58
SB
オーストラリア ジャレド・タレント
オーストラリア (AUS)
3:41:16
SB
日本 荒井広宙
日本 (JPN)
3:41:24
SB
走高跳
カナダ デレク・ドルイン英語版
カナダ (CAN)
2m38 カタール ムタズ・エサ・バルシム
カタール (QAT)
2m36 ウクライナ ボーダン・ボンダレンコ
ウクライナ (UKR)
2m33
棒高跳
ブラジル チアゴ・ブラス・ダ・シルバ
ブラジル (BRA)
6m03
OR AR
フランス ルノー・ラビレニ
フランス (FRA)
5m98
SB
アメリカ合衆国 サム・ケンドリックス英語版
アメリカ合衆国 (USA)
5m85
走幅跳
アメリカ合衆国 ジェフ・ヘンダーソン英語版
アメリカ合衆国 (USA)
8m38
SB
南アフリカ ルヴォ・マニョンガ
南アフリカ (RSA)
8m37
PB
イギリス グレッグ・ラザフォード英語版
イギリス (GBR)
8m29
三段跳
アメリカ合衆国 クリスチャン・テイラー
アメリカ合衆国 (USA)
17m86
SB
アメリカ合衆国 ウィル・クレイ
アメリカ合衆国 (USA)
17m76
PB
中国 董斌
中国 (CHN)
17m58
PB
砲丸投
アメリカ合衆国 ライアン・クラウザー英語版
アメリカ合衆国 (USA)
22m52
OR
アメリカ合衆国 ジョー・コヴァチ英語版
アメリカ合衆国 (USA)
21m78 ニュージーランド トーマス・ウォルシ英語版
ニュージーランド (NZL)
21m36
円盤投
ドイツ クリストフ・ハルティング
ドイツ (GER)
68m37
PB
ポーランド ピオトル・マワチョフスキ英語版
ポーランド (POL)
67m55 ドイツ ダニエル・ヤシンスキ英語版
ドイツ (GER)
67m05
やり投
ドイツ トマス・レーラードイツ語版英語版
ドイツ (GER)
90m30 ケニア ジュリアス・イェゴ英語版
ケニア (KEN)
88m24 トリニダード・トバゴ ケショーン・ウォルコット
トリニダード・トバゴ (TTO)
85m38
ハンマー投
タジキスタン ディルショド・ナザロフ
タジキスタン (TJK)
78m68 ベラルーシ イワン・チホン
ベラルーシ (BLR)
77m79 ポーランド ヴォイチェフ・ノビキ英語版
ポーランド (POL)
77m73
十種競技
アメリカ合衆国 アシュトン・イートン
アメリカ合衆国 (USA)
8893点
OR
フランス ケビン・マイヤー
フランス (FRA)
8834点
NR
カナダ ダミアン・ウォーナー英語版
カナダ (CAN)
8666点
SB

WR 世界記録 | AR エリア記録 | CR 選手権記録 | GR 大会記録 | NR 国家記録 | OR オリンピック記録 | PB 自己ベスト | SB シーズンベスト | WL 世界最高(当該シーズン中)

女子[編集]

種目
100m
ジャマイカ エレイン・トンプソン
ジャマイカ (JAM)
10.71 アメリカ合衆国 トリ・ボウイ
アメリカ合衆国 (USA)
10.83 ジャマイカ シェリー=アン・フレーザー=プライス
ジャマイカ (JAM)
10.86
SB
200m
ジャマイカ エレイン・トンプソン
ジャマイカ (JAM)
21.78
SB
オランダ ダフネ・シパーズ
オランダ (NED)
21.88 アメリカ合衆国 トリ・ボウイ
アメリカ合衆国 (USA)
22.15
400m
バハマ ショーナ・ミラー
バハマ (BAH)
49.44
PB
アメリカ合衆国 アリソン・フェリックス
アメリカ合衆国 (USA)
49.51
SB
ジャマイカ シェリカ・ジャクソン英語版
ジャマイカ (JAM)
49.85
800m
南アフリカ キャスター・セメンヤ
南アフリカ (RSA)
1:55.28
NR
ブルンジ フランシーヌ・ニヨンサバ
ブルンジ (BDI)
1:56.49 ケニア マーガレット・ワンブイ英語版
ケニア (KEN)
1:56.89
PB
1500m
ケニア フェイス・キプイエゴン英語版
ケニア (KEN)
4:08.92 エチオピア ゲンゼベ・ディババ
エチオピア (ETH)
4:10.27 アメリカ合衆国 ジェニファー・シンプソン英語版
アメリカ合衆国 (USA)
4:10.53
5000m
ケニア ビビアン・チェルイヨット
ケニア (KEN)
14:26.17
OR SB
ケニア ヘレン・オンサド・オビリ英語版
ケニア (KEN)
14:29.77
PB
エチオピア アルマズ・アヤナ
エチオピア (ETH)
14:33.59
10000m
エチオピア アルマズ・アヤナ
エチオピア (ETH)
29:17.45
WR OR
ケニア ビビアン・チェルイヨット
ケニア (KEN)
29:32.53
NR
エチオピア ティルネシュ・ディババ
エチオピア (ETH)
29:42.56
PB
100mハードル
アメリカ合衆国 ブリアナ・ローリンズ
アメリカ合衆国 (USA)
12.48 アメリカ合衆国 ニア・アリ
アメリカ合衆国 (USA)
12.59 アメリカ合衆国 クリスティ・キャスリン英語版
アメリカ合衆国 (USA)
12.61
400mハードル
アメリカ合衆国 ダリラ・ムハンマド英語版
アメリカ合衆国 (USA)
53.13 デンマーク サラ・ピーターセン英語版
デンマーク (DEN)
53.55
NR
アメリカ合衆国 アシュレイ・スペンサー英語版
アメリカ合衆国 (USA)
53.72
PB
3000m障害
バーレーン ルース・ジェベト英語版
バーレーン (BRN)
8:59.75
AR
ケニア ヒュビン・ジェプケモイ英語版
ケニア (KEN)
9:07.12 アメリカ合衆国 エマ・コバーン英語版
アメリカ合衆国 (USA)
9:07.63
AR
4×100mリレー
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA) 41.02 ジャマイカ ジャマイカ (JAM) 41.36 イギリス イギリス (GBR) 41.77
NR
ティアナ・バルトレッタ
アリソン・フェリックス
イングリッシュ・ガードナー
フレントリシュ・ボウイ
クリスタニア・ウィリアムズ英語版
エレイン・トンプソン
ベロニカ・キャンベル=ブラウン
シェリー=アン・フレーザー=プライス
エイシャ・フィリップ英語版
デシリー・ヘンリー英語版
ディナ・アッシャー=スミス英語版
ダリル・ネイタ英語版
4×400mリレー
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA) 3:19.06
ジャマイカ ジャマイカ (JAM) 3:20.34 イギリス イギリス (GBR) 3:25.88
アリソン・フェリックス
フィリス・フランシス英語版
ナターシャ・ヘイスティングス英語版
コートニー・オコロ英語版
ステファニー・アン・マクファーソン英語版
アニーシャ・マクローリン英語版
シェリカ・ジャクソン英語版
ノブレーン・ウィリアムズ=ミルズ
エイリー・チャイルド英語版
アニカ・オヌオラ英語版
エミリー・ダイアモンド英語版
クリスティーン・オールグー
マラソン
ケニア ジェミマ・スムゴング
ケニア (KEN)
2:24.04 バーレーン ユニス・キルワ
バーレーン (BRN)
2:24.13 エチオピア マレ・ディババ
エチオピア (ETH)
2:24.30
20km競歩
中国 劉虹
中国 (CHN)
1:28:35 メキシコ マリア・ゴンサレス英語版
メキシコ (MEX)
1:28:37 中国 呂秀芝英語版中国語版
中国 (CHN)
1:28:42
走高跳
スペイン ルート・ベイティア
スペイン (ESP)
1m97 ブルガリア ミレラ・デミレワ英語版
ブルガリア (BUL)
1m97
PB
クロアチア ブランカ・ブラシッチ
クロアチア (CRO)
1m97
SB
棒高跳
ギリシャ エカテリーニ・ステファニディ英語版
ギリシャ (GRE)
4m85 アメリカ合衆国 サンディ・モリス英語版
アメリカ合衆国 (USA)
4m85 ニュージーランド エリザ・マッカートニー英語版
ニュージーランド (NZL)
4m80
NR
走幅跳
アメリカ合衆国 ティアナ・バルトレッタ
アメリカ合衆国 (USA)
7m17
PB
アメリカ合衆国 ブリトニー・リース
アメリカ合衆国 (USA)
7m15 セルビア イヴァナ・シャパノヴィチ英語版
セルビア (SRB)
7m08
NR
三段跳
コロンビア カテリーン・イバルグエン
コロンビア (COL)
15m17
SB
ベネズエラ ジュリマール・ロハス英語版
ベネズエラ (VEN)
14m98 カザフスタン オルガ・リパコワ英語版
カザフスタン (KAZ)
14m74
SB
砲丸投
アメリカ合衆国 ミシェル・カーター
アメリカ合衆国 (USA)
20m63
NR
ニュージーランド バレリー・アダムス
ニュージーランド (NZL)
20m42
SB
ハンガリー アニタ・マールトン英語版
ハンガリー (HUN)
19m87
NR
円盤投
クロアチア サンドラ・ペルコビッチ
クロアチア (CRO)
69m21 フランス メリナ・ロベル=ミション英語版
フランス (FRA)
66m73
NR
キューバ デニア・カヴァレロ英語版
キューバ (CUB)
65m34
やり投
クロアチア サラ・コラク
クロアチア (CRO)
66m18
NR
南アフリカ シューネット・フィリョン英語版
南アフリカ (RSA)
64m92 チェコ バルボラ・シュポタコバ
チェコ (CZE)
64m80
ハンマー投
ポーランド アニタ・ヴォダルチク
ポーランド (POL)
82m29
WR
中国 張文秀
中国 (CHN)
76m75 イギリス ソフィー・ヒチョン
イギリス (GBR)
74m54
NR
七種競技
ベルギー ナフィサトゥ・ティアム英語版
ベルギー (BEL)
6810点
WL NR
イギリス ジェシカ・エニス=ヒル
イギリス (GBR)
6775点
SB
カナダ ブリアンヌ・タイゼン=イートン
カナダ (CAN)
6653点

WR 世界記録 | AR エリア記録 | CR 選手権記録 | GR 大会記録 | NR 国家記録 | OR オリンピック記録 | PB 自己ベスト | SB シーズンベスト | WL 世界最高(当該シーズン中)

国・地域別のメダル獲得数[編集]

  *   開催国 (ブラジル)

国・地域
1 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA) 13 10 9 32
2 ケニア ケニア (KEN) 6 6 1 13
3 ジャマイカ ジャマイカ (JAM) 6 3 2 11
4 中国 中国 (CHN) 2 2 2 6
5 南アフリカ 南アフリカ (RSA) 2 2 0 4
6 イギリス イギリス (GBR) 2 1 4 7
7 クロアチア クロアチア (CRO) 2 0 1 3
ドイツ ドイツ (GER) 2 0 1 3
9 エチオピア エチオピア (ETH) 1 2 5 8
10 カナダ カナダ (CAN) 1 1 4 6
11 ポーランド ポーランド (POL) 1 1 1 3
12 バーレーン バーレーン (BRN) 1 1 0 2
スペイン スペイン (ESP) 1 1 0 2
14 バハマ バハマ (BAH) 1 0 1 2
15 ベルギー ベルギー (BEL) 1 0 0 1
ブラジル ブラジル (BRA)* 1 0 0 1
コロンビア コロンビア (COL) 1 0 0 1
ギリシャ ギリシャ (GRE) 1 0 0 1
スロバキア スロバキア (SVK) 1 0 0 1
タジキスタン タジキスタン (TJK) 1 0 0 1
21 フランス フランス (FRA) 0 3 3 6
22 アルジェリア アルジェリア (ALG) 0 2 0 2
23 ニュージーランド ニュージーランド (NZL) 0 1 3 4
24 オーストラリア オーストラリア (AUS) 0 1 1 2
日本 日本 (JPN) 0 1 1 2
26 ベラルーシ ベラルーシ (BLR) 0 1 0 1
ブルガリア ブルガリア (BUL) 0 1 0 1
ブルンジ ブルンジ (BDI) 0 1 0 1
デンマーク デンマーク (DEN) 0 1 0 1
グレナダ グレナダ (GRN) 0 1 0 1
メキシコ メキシコ (MEX) 0 1 0 1
オランダ オランダ (NED) 0 1 0 1
カタール カタール (QAT) 0 1 0 1
ベネズエラ ベネズエラ (VEN) 0 1 0 1
36 キューバ キューバ (CUB) 0 0 1 1
チェコ チェコ (CZE) 0 0 1 1
ハンガリー ハンガリー (HUN) 0 0 1 1
カザフスタン カザフスタン (KAZ) 0 0 1 1
セルビア セルビア (SRB) 0 0 1 1
トリニダード・トバゴ トリニダード・トバゴ (TTO) 0 0 1 1
トルコ トルコ (TUR) 0 0 1 1
ウクライナ ウクライナ (UKR) 0 0 1 1
合計 47 47 47 141

脚注[編集]

  1. ^ IAAF approves entry standards for Rio 2016 Olympic Games” (English). Athletics Weekly (2015年4月15日). 2016年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月4日閲覧。
  2. ^ Rio 2016 Olympics athletics entry standards amended | World Athletics”. www.worldathletics.org. 2020年9月6日閲覧。
  3. ^ a b GAMES OF THE XXXI OLYMPIAD RIO 2016”. 2020年9月6日閲覧。
  4. ^ Rio 2016 IAAF world ranking lists | World Athletics”. www.worldathletics.org. 2020年9月6日閲覧。
  5. ^ Qualifying Process”. web.archive.org (2015年4月23日). 2020年9月6日閲覧。
  6. ^ 桐生らリレー五輪出場権「久しぶりに興奮した」 - 陸上 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年9月6日閲覧。
  7. ^ Best Relay Performances (updated as at 11 July 2016)”. 2020年9月6日閲覧。
  8. ^ GAMES OF THE XXXI OLYMPIAD – RIO 2016 – Athletics Timetable”. 2020年9月12日閲覧。
  9. ^ Athletics timetable for Rio 2016 Olympics published| News” (英語). worldathletics.org. 2020年9月12日閲覧。
  10. ^ 2016 Olympic Track and Field Schedule Announced | Track & Field Videos and News | Universal Sports”. web.archive.org (2015年1月21日). 2020年9月12日閲覧。
  11. ^ Day one in numbers – Rio 2016 Olympic Games| News” (英語). www.worldathletics.org. 2020年9月10日閲覧。
  12. ^ エチオピアのアヤナが世界新、女子1万メートルで金メダル獲得 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News”. web.archive.org (2016年8月13日). 2020年9月8日閲覧。
  13. ^ 10,000 Metres - women - senior - outdoor | iaaf.org”. web.archive.org (2016年8月13日). 2020年9月9日閲覧。
  14. ^ London 2012 - Event Report - Men's 20km Race Walk | World Athletics”. www.worldathletics.org. 2020年9月12日閲覧。
  15. ^ Rio 2016 men's 20km race walk | World Athletics”. www.worldathletics.org. 2020年9月12日閲覧。
  16. ^ Michelle Carter wins gold for U.S. in women's shot put”. chicagotribune.com. 2020年9月12日閲覧。
  17. ^ Report: women's high jump final – Rio 2016 Olympic Games| News” (英語). www.worldathletics.org. 2020年9月10日閲覧。
  18. ^ Ten things we learned on day two – Rio 2016 Olympic Games| News” (英語). www.worldathletics.org. 2020年9月9日閲覧。
  19. ^ Welle (www.dw.com), Deutsche. “Rio 2016: Christoph Harting follows in his brother's footsteps with discus gold | DW | 13.08.2016” (英語). DW.COM. 2020年9月10日閲覧。
  20. ^ Farah and Beitia crowned European athletes of the year”. www.insidethegames.biz (1476570480). 2020年9月10日閲覧。
  21. ^ Powell, Michael; Mills, Doug (2016年8月13日). “Mo Farah Falls but Hardly Misses a Step in 10,000-Meter Victory” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2016/08/14/sports/olympics/mo-farah-men-10k-result.html 2020年9月10日閲覧。 
  22. ^ About” (英語). Nafi Thiam. 2020年9月11日閲覧。
  23. ^ Reuters (2016年8月14日). “USA's Jeff Henderson leaps to snatch Olympic long jump gold” (英語). the Guardian. 2020年9月12日閲覧。
  24. ^ 五輪=陸上女子100m、トンプソンが金 男子1万mはファラー連覇 | ロイター”. web.archive.org (2016年8月14日). 2020年9月10日閲覧。
  25. ^ CNN, Tom McGowan. “Elaine Thompson wins women's 100m gold at Rio 2016”. CNN. 2020年9月10日閲覧。
  26. ^ Day three in numbers – Rio 2016 Olympic Games| News” (英語). www.worldathletics.org. 2020年9月10日閲覧。
  27. ^ Kenya's Sumgong avoids intruder, wins marathon” (英語). ESPN.com (2016年8月14日). 2020年9月10日閲覧。
  28. ^ スムゴングが優勝…女子マラソン、ケニア勢で初 : リオ五輪(オリンピック) : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)”. web.archive.org (2016年8月15日). 2020年9月10日閲覧。
  29. ^ 生まれたときもゴールも一緒 女子マラソンに三つ子、双子ランナー”. 東京新聞 TOKYO Web. 2020年9月11日閲覧。
  30. ^ Olympedia – Colombia”. www.olympedia.org. 2020年9月12日閲覧。
  31. ^ “Bolt beats Gatlin to Olympic 100m gold” (英語). BBC Sport. https://www.bbc.co.uk/sport/olympics/36689475 2020年9月12日閲覧。 
  32. ^ Inspired by Bolt, Van Niekerk etches name among the greats| News” (英語). www.worldathletics.org. 2020年9月12日閲覧。
  33. ^ a b Day four full of firsts – Rio 2016 Olympic Games| News” (英語). www.worldathletics.org. 2020年9月12日閲覧。
  34. ^ Hammer Throw Series Result | The XXXI Olympic Games”. www.worldathletics.org. 2020年9月12日閲覧。
  35. ^ 身を投げ出して金メダル、ミラーが女子400mでフェリックスに競り勝つ” (日本語). www.afpbb.com. 2020年9月12日閲覧。
  36. ^ “French pole vaulter booed on podium” (英語). BBC Sport. https://www.bbc.co.uk/sport/olympics/37104031 2020年9月13日閲覧。 
  37. ^ “'Three cheers for booing - why not in tennis?'” (英語). BBC Sport. https://www.bbc.co.uk/sport/olympics/37133234 2020年9月13日閲覧。 
  38. ^ Day five in numbers – Rio 2016 Olympic Games| News” (英語). www.worldathletics.org. 2020年9月13日閲覧。
  39. ^ ペルコビッチが五輪連覇、女子円盤投げ” (日本語). www.afpbb.com. 2020年9月13日閲覧。
  40. ^ “Croatia's Perkovic retains discus title” (英語). BBC Sport. https://www.bbc.co.uk/sport/olympics/37092555 2020年9月13日閲覧。 
  41. ^ Men's Triple Jump”. web.archive.org (2016年9月2日). 2020年9月13日閲覧。
  42. ^ Brilliant! - History made as McLeod mines Olympics gold in 110m hurdles” (英語). jamaica-gleaner.com (2016年8月17日). 2020年9月13日閲覧。
  43. ^ キピエゴンが女王ディババ破り金メダル獲得、女子1500m” (日本語). www.afpbb.com. 2020年9月13日閲覧。
  44. ^ Drouin Wins Bronze in Men's High Jump | - 2012 Olympics | Athletics”. web.archive.org (2012年8月8日). 2020年9月13日閲覧。
  45. ^ Hossain, Asif (2016年8月17日). “World champion Drouin delivers Olympic high jump gold at Rio 2016” (英語). Team Canada - Official Olympic Team Website. 2020年9月13日閲覧。
  46. ^ 【リオ五輪】米国とニュージーランドの選手、助け合い 陸上女子5000m」『BBCニュース』。2020年9月13日閲覧。
  47. ^ Report: women's 5000m heats – Rio 2016 Olympic Games| News” (英語). www.worldathletics.org. 2020年9月13日閲覧。
  48. ^ D’Agostino and Hamblin receive Fair Play awards from CIFP| News” (英語). www.worldathletics.org. 2020年9月13日閲覧。
  49. ^ Six surprises from day six – Rio 2016 Olympic Games| News” (英語). www.worldathletics.org. 2020年9月13日閲覧。
  50. ^ Report: men's 3000m steeplechase final – Rio 2016 Olympic Games| News” (英語). www.worldathletics.org. 2020年9月13日閲覧。
  51. ^ Olympic Debacle: The French Have Forgotten What The Olympics Are Supposed To Be About - Ezekiel Kemboi DQ'd From Men's Steeple After Protest - LetsRun.com”. www.letsrun.com. 2020年9月13日閲覧。
  52. ^ Women's Long Jump”. web.archive.org (2016年9月12日). 2020年9月13日閲覧。
  53. ^ “US women sweep medals in 100m hurdles” (英語). BBC News. (2016年8月18日). https://www.bbc.com/news/world-us-canada-37120618 2020年9月13日閲覧。 
  54. ^ ロリンズが女子100mハードル制す、米国勢が表彰台独占” (日本語). www.afpbb.com. 2020年9月13日閲覧。
  55. ^ Boylan-Pett, Liam (2016年8月17日). “Elaine Thompson wins gold medal in women's 200m” (英語). SBNation.com. 2020年9月13日閲覧。
  56. ^ ファイデク、五輪の雪辱「歴史をつくった」 - 陸上 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年9月13日閲覧。
  57. ^ Bolt wins 200m semifinal; Gatlin fails to advance” (英語). ESPN.com (2016年8月18日). 2020年9月13日閲覧。
  58. ^ World Athletics | Day seven in numbers – Rio 2016 Olympic Games| News” (英語). worldathletics.org. 2020年9月13日閲覧。
  59. ^ Kerron Clement captures gold in 400 hurdles” (英語). USA TODAY. 2020年9月13日閲覧。
  60. ^ Men's Decathlon Results”. web.archive.org (2016年9月4日). 2020年9月13日閲覧。
  61. ^ Report: men's shot put final – Rio 2016 Olympic Games| News” (英語). www.worldathletics.org. 2020年9月13日閲覧。
  62. ^ Rio Olympics 2016: Sara Kolak Wins Javelin Gold for Croatia!” (英語). Croatia Week. 2020年9月13日閲覧。
  63. ^ Ulmanu, Monica. “How Usain Bolt won his third consecutive Olympic gold in the 200m” (英語). the Guardian. 2020年9月13日閲覧。
  64. ^ Report: women's 4x100m heats – Rio 2016 Olympic Games| News” (英語). www.worldathletics.org. 2020年9月13日閲覧。
  65. ^ USA Qualifies for 4×100 Relay After Baton Bobble Leads to Rerun” (英語). NBC New York. 2020年9月13日閲覧。
  66. ^ Eight things we learned on day eight – Rio 2016 Olympic Games| News” (英語). www.worldathletics.org. 2020年9月13日閲覧。
  67. ^ 競歩・荒井、接触選手から「謝ってきてハグした」 選手間に問題なし/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. 2020年9月15日閲覧。
  68. ^ Controversial bump, disqualification, reinstatement: 50 km race walk had it all”. web.archive.org (2016年8月24日). 2020年9月15日閲覧。
  69. ^ Rio 2016 20km race walk women - Olympic Athletics” (英語). International Olympic Committee (2019年3月8日). 2020年9月15日閲覧。
  70. ^ Women's Pole Vault”. web.archive.org (2016年8月26日). 2020年9月15日閲覧。
  71. ^ Men's Hammer Throw”. web.archive.org (2016年12月20日). 2020年9月15日閲覧。
  72. ^ Women's 5000m”. web.archive.org (2016年8月21日). 2020年9月15日閲覧。
  73. ^ 4x100 Metres Relay - women - senior - outdoor”. www.worldathletics.org. 2020年9月19日閲覧。
  74. ^ Trevelyan, Mark (2016年8月20日). “Felix gets record fifth gold as U.S. win relay” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/article/us-olympics-rio-athletics-w-relay100m-idUSKCN10V02I 2020年9月19日閲覧。 
  75. ^ Abrahamson: Usain Bolt completes the three-pack three-peat | NBC Olympics”. web.archive.org (2016年8月23日). 2020年9月19日閲覧。
  76. ^ “Bolt loses Olympic gold after Carter test” (英語). BBC Sport. https://www.bbc.co.uk/sport/athletics/38744846 2020年9月19日閲覧。 
  77. ^ 男子400リレーのジャマイカ失格=日本は銀に繰り上がり-北京五輪ドーピング再検:時事ドットコム”. web.archive.org (2017年2月2日). 2020年9月19日閲覧。
  78. ^ Rio 2016 Olympic Games men 4x100m final | World Athletics”. www.worldathletics.org. 2020年9月19日閲覧。
  79. ^ The last few moments of stadium action at the Rio 2016 Olympic Games| News” (英語). www.worldathletics.org. 2020年9月19日閲覧。
  80. ^ Report: men's 1500m final – Rio 2016 Olympic Games| News” (英語). www.worldathletics.org. 2020年9月19日閲覧。
  81. ^ Women's 800m”. web.archive.org (2016年8月31日). 2020年9月19日閲覧。
  82. ^ Iranzi, Fabrice (2019年5月18日). “Semenya, Francine, and Margaret miss Stockholm Diamond League after gender ruling” (英語). RegionWeek. 2020年9月19日閲覧。
  83. ^ a b Zaccardi, Nick (2014年12月15日). “Rio Olympic track and field schedule released”. NBC Sports. オリジナルの2016年7月3日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/save/_embed/http://olympics.nbcsports.com/2014/12/15/rio-olympic-track-and-field-schedule-released/ 2016年7月4日閲覧。