2016年リレハンメルユースオリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2016年リレハンメルユースオリンピック
第2回冬季ユースオリンピック競技大会
II Winter Youth Olympic Games
開催都市  ノルウェー リレハンメル
参加国・地域数 71
参加人数 ~1100
競技種目数 15競技70種目
開会式 2016年2月12日
閉会式 2016年2月21日
開会宣言 ハーラル5世国王
最終聖火ランナー イングリッド・アレクサンドラ王女
主競技場 Lysgårdsbakken
冬季
2012年インスブルック 2020年ローザンヌ  >
夏季
2014年南京 2018年ブエノスアイレス  >
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

2016年リレハンメルユースオリンピックは、2016年2月12日から2月21日までノルウェーリレハンメルで開催された第2回冬季ユースオリンピックである[1]。大会の開催決定は2011年12月7日であり、リレハンメル以外に立候補都市がなかったため開催が承認された[2]。大会では1994年リレハンメルオリンピックの会場が再利用された。競技はリレハンメル以外にハーマルイェービク英語版イェーユェル英語版でも実施された。

開催地選考[編集]

この大会に入札した唯一の都市がリレハンメルである。ノルウェーオリンピック委員会が地元当局と打ち合わせをして国際オリンピック委員会(IOC)に入札を申し込んだところ、締め切り時までに入札をした唯一の都市となった。当初はレークプラシッドルツェルンサラゴサソフィアが入札に関心を示していたが、最終的には入札を提出しなかった[3][4][5][6] [7][8]。リレハンメルは1994年の冬季五輪を開催した経験がある。彼らは2012年の冬季ユースオリンピックに入札したが、その時は候補落選した。2011年12月7日、IOCはリレハンメルを2016年冬季ユースオリンピックの開催都市に決定した[9]

会場[編集]

リレハンメルのスキージャンプ台。残りの競技会場と同様、1994年の冬季オリンピックで建てられた。

リレハンメル大会の競技会場(ユース選手村を除く)には、9つの競技場と11の非競技場が使用された。試合は4つの自治体(リレハンメル、ハーマル、イェービク、イェーユェル)で行われた。前者3つはミョーサ湖の近くにあって、それぞれ約27000人の住民がおり、イェーユェルは住民5000人でグブランスダーレン英語版の谷に位置している。リレハンメルには5つの競技場があり、ハーマルには2つ、イェービクとイェーユェルは各1会場となった[10]

リレハンメルには、観客収容数35000人というリスゴーズバッケン英語版スキージャンプ台がある。リスゴーズバッケンはラージヒル(138mヒルサイズで、K点が120m)とノーマルヒル(100mヒルサイズでK点が90m)の2つを有する、ツインジャンプ台である[11]Birkebeineren スキー競技場はクロスカントリースキーバイアスロンノルディック複合の主催会場で[12]、競技場自体はクロスカントリースキーだと観客31000人を収容可能、バイアロン時には13500人を収容可能であった。そのうえ、観客はコース沿いから見ることができた[13]Kanthaugenフリースタイル会場は15000人の観客収容で、フリースタイルスキーハーフパイプスノーボードが開催された[14]

リレハンメル五輪ボブスレー&リュージュ・トラックはHunderfossenにあり、北欧諸国ではボブスレーリュージュスケルトン競技の唯一のコースである[15]Kristins Hallアイスホッケーカーリングの競技会場となった[16]。イェービクの人工洞窟にあるオリンピック洞窟ホール(Gjøvik Olympic Cavern Hall)では、短距離スピードスケートが開催された[17] 。ハーマルではVikingskipetで長距離スピードスケートが行われ、ハーマル・オリンピック・アンフィシアター英語版ではフィギュアスケートが開催された[18]アルペンスキースロープスタイルのスノーボードハーフィエル英語版で行われた[19]

複合スポーツ施設のStampeslettaでは開閉会式のセレモニーが行われ、メダルの表彰式は各町にて行われた。選手と指導者の宿泊施設として、リレハンメルとハーマルにオリンピック村が作られた[20]。ユース五輪期間中、 バーコンス・ホール英語版学習&共有プログラムの会場となった。 なお、競技会場はすべて、1994年の冬季五輪以前に建設されたものである[21]

マスコット[編集]

公式マスコットのSjogg

2014年3月-4月に、リレハンメル組織委員会がマスコットデザインの国際的な応募審査を実施。デザインは動物(実在でも想像上でも可)で、若さにあふれ、親切でオープンでスポーティ、かつリレハンメル2016年冬季ユースオリンピック大会を代表するものを募った。世界中から50件以上の提案があり、残った最終選考3件はファン達が気に入ったものに投票できるようリレハンメル2016の公式Facebookページに掲載された。結果、19歳のLine Ansethmoenがデザインしたヤマネコのマスコットが優勝した。名前は「Sjogg」で、これは現地の言葉で「雪」という意味である[22]

試合[編集]

実施競技[編集]

今大会は7種のスポーツから15競技が実施された[23]

  • ノルディック(チーム)はクロスカントリースキーに含まれる。
  • スキースノーボードクロス(チーム)はスノーボードに含まれる。

新種目[編集]

今回から追加となった競技がいくつかある[24]

バイアスロン (1)
  • 単一の混合リレー
ボブスレー (2)
  • モノボブ(1人乗り)レース (少年/少女)
クロスカントリースキー(2)
  • クロスカントリー・クロス(少年/少女)
フリースタイルスキー(2)
  • スロープスタイル (少年/少女)
スノーボード (2)
  • スノーボードクロス(少年/少女)
混合種目 (2)
  • 混合チームのノルディック
  • 混合チームのスキースノーボードクロス

参加国[編集]

今大会では、 コロンビア、イスラエル、ジャマイカ、ケニア、マレーシア、ポルトガル、東ティモールの7カ国が冬季ユースオリンピックに初出場した。 括弧内の数字は、認定参加者の人数を表す。

獲得メダル[編集]

詳細は、リレハンメル2016年冬季ユースオリンピック大会のメダル英語版を参照。

金メダル数の上位10カ国をリストアップしたもの。複数国のNOC混合チームによる選手が獲得したメダルは、「混合チーム」として集計されている。

国・地域
1 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 10 6 0 16
2 韓国 韓国 10 3 3 16
3 ロシア ロシア 7 8 9 24
4 ドイツ ドイツ 7 7 8 22
5 ノルウェー ノルウェー 4 9 6 19
* 混合チーム 混合チーム 4 4 5 13
6 スイス スイス 4 3 4 11
7 中国 中国 3 5 2 10
8 カナダ カナダ 3 2 1 6
9 スウェーデン スウェーデン 3 2 0 5
10 スロベニア スロベニア 3 0 2 5
11-28 残りの国々 12 21 30 63
Total (28カ国) 70 70 70 210

なお、日本人選手は「金メダルを3個、銀メダルを5個、銅メダルを1個」獲得している。(ただし、NOC混合チームとして個人獲得したメダルが、金・銀・銅にそれぞれ1個ずつ含まれる。)

脚注[編集]

参考文献
出典
  1. ^ Lillehammer 2016 revises dates to coincide with 22-year anniversary of 1994 Olympics
  2. ^ Lillehammer awarded 2016 Winter Youth Olympic Games
  3. ^ Lake Placid Should Consider 2016 Youth Games Bid - Rogge”. GamesBids.com. 2010年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月23日閲覧。
  4. ^ Lake Placid Leaning towards 2020 Youth Games Bid”. GamesBids.com. 2010年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月23日閲覧。
  5. ^ Lucerne 2020 Informational brochure
  6. ^ Publicado por piris. “Los Juegos de los Pirineos: ¿Zaragoza 2016 - Juegos Olimpicos de la Juventud?”. Pirineos-olimpicos.blogspot.com. 2011年3月23日閲覧。
  7. ^ Sofia To Bid For 2016 Winter Youth Games Archived 23 January 2009 at the Wayback Machine.
  8. ^ Sofia Out Of 2016 Youth Winter Games Bid Archived 18 May 2011 at the Wayback Machine.
  9. ^ Lillehammer named Winter Youth Olympic Games host for 2016
  10. ^ IOC (2011): 5
  11. ^ LOOC (III): 18-22
  12. ^ NIF: 10
  13. ^ LOOC (III): 31-36
  14. ^ NIF: 8
  15. ^ LOOC (III): 37-41
  16. ^ NIF: 12
  17. ^ NIF: 32
  18. ^ NIF: 24
  19. ^ NIF: 16
  20. ^ IOC (2011): 6
  21. ^ LOOC (III): 14
  22. ^ Lillehammer 2016 Mascot
  23. ^ Lillehammer 2016 Preliminary Website - Sports”. Lillehammer 2016. 2013年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月6日閲覧。
  24. ^ Lillehammer 2016 Sports Programme (.pdf)” (2014年6月13日). 2014年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月30日閲覧。