2016年レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2016年のレッドブル・エアレース世界選手権
前年: 2015 翌年: 2017

2016年レッドブル・エアレース・ワールドシリーズでは、2016年に開催された通算11シーズン目のレッドブル・エアレース・ワールドシリーズについて述べる。

2015年12月16日、2016年シーズンの開催地8都市が発表され、2015年シーズンに引き続き、日本での開催が決定したほか、ドイツユーロスピードウェイ・ラウジッツ(ラウジッツリンク)とアメリカ合衆国インディアナポリスが新たな開催地として加わった[1]。当初、日本での開催地及び時期は未定だったが、2016年1月27日に昨シーズンと同じく千葉県幕張海浜公園で行われることが発表された[2]。昨年と同じく、初戦はアラブ首長国連邦アブダビ、最後の2レースがアメリカで行われた[3]。ラウジッツリンクでのレースは、2010年シーズン以来となる[3]

概要[編集]

2015年12月、チャレンジャークラスの面々がスペインで行われたマスタークラス参戦に要求されるスーパーライセンス取得のためのキャンプに参加し[4]、2015年シーズンをもって引退したピーター・ベゼネイハンガリー)とポール・ボノムイギリス)に代わり、新たにペトル・コプシュタインチェコ)とピーター・ポドランセックスロベニア)がマスタークラスに昇格することが決定した[5]。コプシュタインは2014年シーズンのチャレンジャークラス最終戦の優勝者である[5]。また、スロベニア出身パイロットがマスタークラスに参戦するのはポドランセックが初めてとなる[5]

チャレンジャークラスにはフランスの曲技飛行選手権で5度の優勝経験を持ち、世界ランクでも10位以内に入るメラニー・アストル (Mélanie Astles) が女性として初めてレッドブル・エアレースに参戦することが決定したほか、ベン・マーフィー(イギリス)、ケヴィン・コールマン(アメリカ)らが参戦する[6]。マーフィはイギリス空軍アクロバット・チームレッドアローズ」でチーム・リーダーを務めた経験を持っており、空軍出身パイロットは今シーズンのチャレンジャークラスではクリスチャン・ボルトン(チリ)に次いで2人目である[6]。コールマンはアメリカ人として初めてチャレンジャークラスに参加するパイロットであり、今シーズン最年少の1990年生まれである[6]2014年シーズンに参戦したものの、昨シーズンは休戦したルーク・チェピエラ(ポーランド)が今シーズンから復帰することも決定した[6]

1月18日、引退したボノムのチームでエンジニアを務めていた空気力学の教授パウロ・イスコールド (Paulo Iscold) が、今シリーズからカービー・チャンブリス(アメリカ)のチームに戦術家として加入すると発表された[7][8]

今シーズンからマスタークラスの獲得ポイントが変更され、1位が15点、2位が12点、以下順に9点、6点、5点……1点となり、10位以下がポイントなしとなった[9](第2戦から改訂され11位以下がポイントなしとなった)。

また、ラウンド・オブ・8の対戦カードはこれまで予選タイムが基になっていたが、今シーズンからラウンド・オブ・14のタイム順で決められることになり(1位対8位、2位対7位……)、よりフェアになったほか、対戦する両選手が何らかの理由(DNS、DNF、失格など)でタイムを計上できなかった場合、両者とも次のラウンドへ進出できないことになった[注 1]。ラウンド・オブ・14でこうした事象が起こった場合、敗者の内で2番目に速かった選手がラウンド・オブ・8に進出し、ラウンド・オブ・8で起こった場合は他のヒート(試合)で最速だった敗者がファイナル4に進出する。[10]

2014年シーズン・チャンピオンのナイジェル・ラム(イギリス)が、今シーズンをもって引退することを表明した[11]

大会のスポンサーであるDHLが予選での最速中間タイムを記録したパイロットに対して贈る賞『DHL Fastest Award』を新設した。これは、2ラップ行われる予選タイムの中間タイムを対象としたもので、その中で最速タイムを記録したパイロットが受賞する。[12]

9月8日2008年シーズンの総合チャンピオンのハンネス・アルヒが、プライベート・ヘリコプターの事故で亡くなった[13]。アルヒの死去に伴い、チリのクリスチャン・ボルトンが第7戦からマスタークラスに昇格することとなった[14]

10月2日インディアナポリスで行われた第7戦でドルダラーが今シーズン3度目の優勝を遂げ、2位に25点以上の差があるため、この時点でワールドチャンピオン(年間チャンピオン)となることが決定した[15]。最終戦を前にチャンピオンが決定したのは初めてのことで、ドイツ人としての総合優勝も初めてである[16]。10月15日・16日に予定されていたシリーズ最終戦ラスベガス戦は、砂漠風の発生による強風により安全を担保出来ないとの理由で予選が中止となり[17]、順延を経て開始された本戦もラウンド・オブ・14の途中で中止となり、2016年シーズンは幕を閉じた[18]。最終戦で決戦が行われる予定だったチャレンジャーカップも同様の理由で中止となり、総合成績からフロリアン・バーガー(ドイツ)がチャンピオンとなった[19]

参加パイロット[編集]

マスタークラス[編集]

No. パイロット 使用機 ラウンド
22 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ ジブコ エッジ540 V3[20] 1 - 6
5 チリの旗 クリスチャン・ボルトン ジブコ エッジ540V2[21] 7 - 8
10 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス ジブコ エッジ540 V3[22] 1 - 8
21 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー ジブコ エッジ540 V3[23] 1 - 8
99 アメリカ合衆国の旗 マイケル・グーリアン ジブコ エッジ540 V2[24] 1 - 8
95 オーストラリアの旗 マット・ホール MXエアクラフト MXS[25] 1 - 8
27 フランスの旗 ニコラス・イワノフ ジブコ エッジ540 V2[26] 1 - 8
18 チェコの旗 ペトル・コプシュタイン ジブコ エッジ540 V3[27] 1 - 8
9 イギリスの旗 ナイジェル・ラム MXエアクラフト MXS-R[28] 1 - 8
12 フランスの旗 フランソワ・ルボット ジブコ エッジ540 V2[29] 1 - 8
84 カナダの旗 ピート・マクロード ジブコ エッジ540 V3[30] 1 - 8
31 日本の旗 室屋義秀 ジブコ エッジ540 V3[31] 1 - 8
37 スロベニアの旗 ピーター・ポドランセック ジブコ エッジ540 V2[32] 1 - 8
8 チェコの旗 マルティン・ソンカ ジブコ エッジ540 V3[33] 1 - 8
26 スペインの旗 フアン・ベラルデ ジブコ エッジ540 V2[34] 1 - 8

チャレンジャークラス[編集]

No. パイロット ラウンド
33 フランスの旗 メラニー・アストル 2-8
77 ブラジルの旗 フランシス・バロスポルトガル語版 1-3
62 ドイツの旗 フロリアン・バーガー 1-2, 4-6, 8
5 チリの旗 クリスチャン・ボルトン 2-5
48 アメリカ合衆国の旗 ケヴィン・コールマン英語版 1-3, 5-8
6 ポーランドの旗 ルーク・チェピエラポーランド語版 1, 3-4, 6-8
24 イギリスの旗 ベン・マーフィー 1, 3-8
17 スウェーデンの旗 ダニエル・リファ英語版 1-2, 4-6, 8

レース日程と結果[編集]

ラウンド 地域 開催日 マスタークラス チャレンジャークラス レポート
予選第1位 優勝者 予選第1位 優勝者
1 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 アブダビ 03月11日・12日 オーストラリアの旗 マット・ホール[35] フランスの旗 ニコラス・イワノフ[36] ポーランドの旗 ルーク・チェピエラ スウェーデンの旗 ダニエル・リファ[37] 詳細
2  オーストリア シュタイアーマルク州
シュピールベルク英語版レッドブル・リンク
04月23日・24日 スペインの旗 フアン・ベラルデ[38] ドイツの旗 マティアス・ドルダラー[39] 中止[40] ドイツの旗 フロリアン・バーガー[41] 詳細
3 日本の旗 日本 千葉県千葉市美浜区幕張海浜公園 06月04日・05日 中止[42] 日本の旗 室屋義秀[43] 中止[42] チリの旗 クリスチャン・ボルトン[44] 詳細
4  ハンガリー ブダペスト 07月16日・17日 中止[45] ドイツの旗 マティアス・ドルダラー[46] スウェーデンの旗 ダニエル・リファ[注 2][47] 詳細
5 イギリスの旗 イギリス アスコット英語版アスコット競馬場 08月13日・14日 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー[48] オーストラリアの旗 マット・ホール[49] イギリスの旗 ベン・マーフィー[50] アメリカ合衆国の旗 ケヴィン・コールマン[51] 詳細
6 ドイツの旗 ドイツ ブランデンブルク州
ユーロスピードウェイ・ラウジッツ
09月03日・04日 イギリスの旗 ナイジェル・ラム[52] オーストラリアの旗 マット・ホール[53] ポーランドの旗 ルーク・チェピエラ[54] ドイツの旗 フロリアン・バーガー[55] 詳細
7 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 インディアナポリス
インディアナポリス・モーター・スピードウェイ
10月01日・02日 日本の旗 室屋義秀[56] ドイツの旗 マティアス・ドルダラー[57] アメリカ合衆国の旗 ケヴィン・コールマン[58] ポーランドの旗 ルーク・チェピエラ[59] 詳細
8 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ラスベガス
ラスベガス・モーター・スピードウェイ
10月15日・16日 中止[17] 中止[18] 中止[17] 中止[19] 詳細

得点及び順位[編集]

マスタークラス[編集]

マスタークラスのスコア・システム
順位  1位   2位   3位   4位   5位   6位   7位   8位   9位   10位   11–14位 
第1戦[9] 15 12 9 6 5 4 3 2 1 0 0
第2戦 - 第3戦
第5戦 - 第8戦
15 12 9 7 6 5 4 3 2 1 0
第4戦[注 3] 11.25 9.00 6.75 5.25 4.50 3.75 3.00 2.25 1.50 0.75 0
順位 パイロット 第1戦
アラブ首長国連邦の旗
第2戦
オーストリアの旗
第3戦
日本の旗
第4戦
ハンガリーの旗
第5戦
イギリスの旗
第6戦
ドイツの旗
第7戦
アメリカ合衆国の旗
第8戦
アメリカ合衆国の旗
ポイント
1 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー 2 1 8 1 2 2 1
80.25
2 オーストラリアの旗 マット・ホール 8 5 7 3 1 1 4 55.75
3 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ 10 2 6 2 3 5 41.00
4 イギリスの旗 ナイジェル・ラム 11 3 4 6 6 10 2 37.75
5 フランスの旗 ニコラス・イワノフ 1 7 14 7 7 7 6 35.00
6 日本の旗 室屋義秀 7 14 1 5 8 14 5 31.50
7 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス 4 6 3 4 9 8 14 30.25
8 カナダの旗 ピート・マクロード 6 4 12 9 13 3 3 30.50
9 チェコの旗 マルティン・ソンカ 14 9 2 13 5[60] 4 7 25.00
10 アメリカ合衆国の旗 マイケル・グーリアン 5 10 13 10 4 6 10 19.75
11 スペインの旗 フアン・ベラルデ 9 13 5 8 11 9 8 14.25
12 フランスの旗 フランソワ・ルボット 3 12 10 14 12 12 12 10.00
13 スロベニアの旗 ピーター・ポドランセック 12 8 11 12 10 13 11 04.00
14 チェコの旗 ペトル・コプシュタイン 13 11 9 11 14 11 9 04.00
15 チリの旗 クリスチャン・ボルトン 13 00.00
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

太字は予選第1位であったことを示す。
第3戦・第4戦は天候の状況により予選中止。

チャレンジャークラス[編集]

チャレンジャークラスの選手はシーズン中に少なくとも3大会に出場しなければならず、最も良かった3大会のスコアをチャレンジャー・カップのランキングに計上でき、ランキング上位6名のパイロットが最終レースへの参加権を得る。

チャレンジャークラスのスコア・システム
順位  1位   2位   3位   4位   5位   6-8位 
ポイント 10 8 6 4 2 0
順位 パイロット 第1戦
アラブ首長国連邦の旗
第2戦
オーストリアの旗
第3戦
日本の旗
第4戦
ハンガリーの旗
第5戦
イギリスの旗
第6戦
ドイツの旗
第7戦
アメリカ合衆国の旗
第8戦
アメリカ合衆国の旗
ポイント
1 ドイツの旗 フロリアン・バーガー 3 1 4 2 1
28
2 スウェーデンの旗 ダニエル・リファ 1 3 1 5 4 26
3 アメリカ合衆国の旗 ケヴィン・コールマン 2 2 2 1 6 4 26
4 ポーランドの旗 ルーク・チェピエラ 5 3 3 2 1 24
5 チリの旗 クリスチャン・ボルトン 4 1 6 3 20
6 イギリスの旗 ベン・マーフィー 4 5 2 6 3 3 20
7 フランスの旗 メラニー・アストル 6 4 5 4 5 2 16
8 ブラジルの旗 フランシス・バロス 6 5 6 - 2
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

出典・脚注[編集]

脚注
  1. ^ 2015年シーズン第4戦 ブダペストのラウンド・オブ・14でニコラス・イワノフとナイジェル・ラムが双方ともDNFとなったが、予選で上位だったラムがラウンド・オブ・8へ進出した。
  2. ^ ブダペスト戦は悪天候により中止されたが、ラウジッツで代替開催された。
  3. ^ ファイナル4が中止になったためポイントが75%に減少。
出典
  1. ^ 2016 Red Bull Air Race calendar launched”. Red Bull Air Race (2015年12月16日). 2016年1月4日閲覧。
  2. ^ レッドブル・エアレース、再び千葉に上陸!” (2016年1月27日). 2016年1月28日閲覧。
  3. ^ a b レッドブル・エアレース2016年シリーズの予定発表、ドイツと米国の新しいレース地が加わる”. Red Bull Air Race (2015年12月16日). 2016年1月4日閲覧。
  4. ^ Challengers prove their worth”. Red Bull Air Race (2015年12月17日). 2016年1月28日閲覧。
  5. ^ a b c Kopfstein and Podlunšek join 2016 Master Class”. Red Bull Air Race (2016年1月19日). 2016年1月19日閲覧。
  6. ^ a b c d Historic new line up for 2016 Challenger Cup”. Red Bull Air Race (2016年1月12日). 2016年1月19日閲覧。
  7. ^ Welcome Paulo Iscold, Team Tactician!”. Team Chambliss: Red Bull Air Race Pilot (2016年1月18日). 2016年1月23日閲覧。
  8. ^ Team Chambliss welcome Aerodynamicist”. Red Bull Air Race (2016年1月22日). 2016年1月23日閲覧。
  9. ^ a b More World Championship points for 2016”. Red Bull Air Race (2016年2月3日). 2016年2月4日閲覧。
  10. ^ New season - new race format”. Red Bull Air Race (2016年2月17日). 2016年2月21日閲覧。
  11. ^ Curtain Call”. Nigel's Blog. Nigel Lamb (2016年3月9日). 2016年3月14日閲覧。
  12. ^ 予選を盛り上げるDHL Fastest Lap Award”. Red Bull Air Race (2016年5月27日). 2016年6月3日閲覧。
  13. ^ お悔み : ハンネス・アルヒ氏”. Red Bull Air Race (2016年9月9日). 2016年9月10日閲覧。
  14. ^ Bolton steps up to the Master Class”. Red Bull Air Race (2016年9月21日). 2016年9月24日閲覧。
  15. ^ インディアナポリス:ドルダラーが優勝&ワールドチャンピオンを達成”. Red Bull Air Race (2016年10月2日). 2016年10月4日閲覧。
  16. ^ Dolderer's dominance in 2016”. Red Bull Air Race (2016年10月6日). 2016年10月7日閲覧。
  17. ^ a b c NEWS UPDATE: Saturday Qualifying cancelled to ensure safety”. Red Bull Air Race (2016年10月15日). 2016年10月17日閲覧。
  18. ^ a b NEWS UPDATE: Las Vegas race cancelled due to desert wind”. Red Bull Air Race (2016年10月17日). 2016年10月17日閲覧。
  19. ^ a b NEWS UPDATE: Challenger Cup cancelled, Berger announced as 2016 winner”. Red Bull Air Race (2016年10月16日). 2016年10月17日閲覧。
  20. ^ Hannes Arch”. Red Bull Air Race. 2016年1月20日閲覧。
  21. ^ クリスチャン・ボルトン”. Red Bull Air Race. 2016年10月3日閲覧。
  22. ^ Kirby Chambliss”. Red Bull Air Race. 2016年1月20日閲覧。
  23. ^ Matthias Dolderer”. Red Bull Air Race. 2016年1月20日閲覧。
  24. ^ Michael Goulian”. Red Bull Air Race. 2016年1月20日閲覧。
  25. ^ Matt Hall”. Red Bull Air Race. 2016年1月20日閲覧。
  26. ^ Nicolas Ivanoff”. Red Bull Air Race. 2016年1月20日閲覧。
  27. ^ Petr Kopfstein”. Red Bull Air Race. 2016年1月20日閲覧。
  28. ^ Nigel Lamb”. Red Bull Air Race. 2016年1月20日閲覧。
  29. ^ François Le Vot”. Red Bull Air Race. 2016年1月20日閲覧。
  30. ^ Pete Mcleod”. Red Bull Air Race. 2016年1月20日閲覧。
  31. ^ Yoshihide Muroya”. Red Bull Air Race. 2016年1月20日閲覧。
  32. ^ Peter Podlunšek”. Red Bull Air Race. 2016年1月20日閲覧。
  33. ^ Martin Sonka”. Red Bull Air Race. 2016年1月20日閲覧。
  34. ^ Juan Velarde”. Red Bull Air Race. 2016年1月20日閲覧。
  35. ^ アブダビ予選: マット・ホールが首位通過”. Red Bull Air Race (2016年3月11日). 2016年3月14日閲覧。
  36. ^ Ivanoff claims emphatic victory in Abu Dhabi”. Red Bull Air Race (2016年3月12日). 2016年3月14日閲覧。
  37. ^ Ryfa wins Challenger Cup opener in Abu Dhabi”. Red Bull Air Race (2016年3月12日). 2016年3月14日閲覧。
  38. ^ シュピールベルク予選:パイロットリアクション”. Red Bull Air Race (2016年4月23日). 2016年4月25日閲覧。
  39. ^ Reactions: Race Day in Spielberg 2016”. Red Bull Air Race (2016年4月24日). 2016年4月25日閲覧。
  40. ^ NEWS UPDATE - Challenger Cup Qualifying cancelled”. Red Bull Air Race (2016年4月23日). 2016年4月25日閲覧。
  41. ^ Berger snatches win from Coleman in Challenger Cup”. Red Bull Air Race (2016年4月24日). 2016年4月25日閲覧。
  42. ^ a b Chiba update weather causes qualifying cancellation”. Red Bull Air Race (2016年6月4日). 2016年6月5日閲覧。
  43. ^ Muroya celebrates stunning home victory”. Red Bull Air Race (2016年6月5日). 2016年6月5日閲覧。
  44. ^ Bolton scores first race win 2016”. Red Bull Air Race (2016年6月5日). 2016年6月5日閲覧。
  45. ^ BUDAPEST UPDATE: QUALIFYING CANCELLED DUE TO WEATHER”. Red Bull Air Race (2016年7月16日). 2016年7月18日閲覧。
  46. ^ ブダペスト:ドルダラーが今シーズン2勝目”. Red Bull Air Race (2016年7月17日). 2016年7月18日閲覧。
  47. ^ Ryfa wins in rescheduled Budapest race”. Red Bull Air Race (2016年9月3日). 2017年2月21日閲覧。
  48. ^ アスコット:予選リアクション”. Red Bull Air Race (2016年8月13日). 2016年8月15日閲覧。
  49. ^ アスコット:決勝レース・リアクション”. Red Bull Air Race (2016年8月14日). 2016年8月15日閲覧。
  50. ^ Murphy lights up Challenger Qualifying in Ascot”. Red Bull Air Race (2016年8月13日). 2016年8月15日閲覧。
  51. ^ アスコット:チャレンジャーカップ・リアクション”. Red Bull Air Race (2016年8月13日). 2016年8月15日閲覧。
  52. ^ ラウジッツ:予選はラムがトップ”. Red Bull Air Race (2016年9月3日). 2016年10月3日閲覧。
  53. ^ ラウジッツ:優勝はマット・ホール”. Red Bull Air Race (2016年9月4日). 2016年10月3日閲覧。
  54. ^ Czepiela makes his mark in Challenger Qualifying”. Red Bull Air Race (2016年9月3日). 2017年2月21日閲覧。
  55. ^ Berger storms Challenger Cup at home race”. Red Bull Air Race (2016年9月4日). 2016年10月3日閲覧。
  56. ^ 第7戦:予選は室屋義秀がトップ通過”. Red Bull Air Race (2016年10月1日). 2016年10月3日閲覧。
  57. ^ インディアナポリス:決勝レース・リアクション”. Red Bull Air Race (2016年10月2日). 2016年10月3日閲覧。
  58. ^ Coleman strongest in Challenger Qualifying”. Red Bull Air Race (2016年10月1日). 2017年2月21日閲覧。
  59. ^ Indianapolis 2016: Challenger Class Race Day reactions”. Red Bull Air Race (2016年10月2日). 2016年10月3日閲覧。
  60. ^ ソンカ:第5戦アスコットのリザルトが剥奪処分”. Red Bull Air Race (2016年10月14日). 2017年4月25日閲覧。