2016年レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ アスコット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

座標: 北緯51度24分58秒 西経0度40分37秒 / 北緯51.41611度 西経0.67694度 / 51.41611; -0.67694

2016年レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ アスコットでは、通算11シーズン目となるレッドブル・エアレース・ワールドシリーズの内、2016年8月13日14日イギリスアスコット英語版で行われた2016年シーズン第5戦について述べる。会場は、2014年シーズンから3年連続で採用されているアスコット競馬場

アスコット競馬場

概要[編集]

レース開催に先立って、イギリスのナイジェル・ラムベン・マーフィーが、イギリス空軍アクロバットチームレッドアローズ」と競演する特別企画に参加した。マーフィはレッドブル・エアレースに参戦する前はレッドアローズのチームリーダーを務めたことがある元イギリス空軍パイロットであり、ラムもかつてローデシア(現ジンバブエ)空軍のパイロットだった経歴を持つ。[1][2]

チャレンジャークラス
少しでも経験を積みたいと思っているベン・マーフィー(イギリス)は、ブダペスト戦が悪天候で中止となったことを悔しがりながらも、昨年は観客として訪れフェンスの"向こう側"から見ていた母国でのレースを"こちら側"で参戦できる喜びと興奮を語り[3][4]、1本目のフリー練習ではフロリアン・バーガー(ドイツ)が、2本目のフリー練習ではマーフィがトップのタイムを記録した[5]
マーフィは好調を維持して予選を1位通過、バーガーが0.339秒差で2位を記録したが[6]、決勝ではマーフィはパイロンヒットを、バーガーはインコレクトレベル(水平角度違反)のミスを犯し両者とも優勝を逃し、ケヴィン・コールマン(アメリカ)が初優勝を果たした[7][8]
マスタークラス
ホームでの最後のレースとなるナイジェル・ラム(イギリス)、前年のアスコット戦のチャレンジャークラスで優勝したペトル・コプシュタイン(チェコ)、今シーズン表彰台を逃したのは1度のみのマティアス・ドルダラー(ドイツ)など各パイロットが余念のない準備に臨んだ[9]。1本目のフリー練習ではドルダラーが、2本目では室屋義秀(日本)がトップとなった[10]。第4戦終了時点で総合12位のマイケル・グーリアン(アメリカ)は、燃料とスモークオイルタンクをアルミからカーボンファイバー製に改良し3kgの軽量化に成功し、2本目のフリー練習で2位に入ったが[10]、軽量化が即タイムに繋がったとは考えていないと述べた[11]
予選では首位通過したドルダラーのほか、マルティン・ソンカ(チェコ)と室屋が1分5秒台を記録した[12]。ラウンド・オブ・14では、ピート・マクロード(カナダ)が対戦相手のグーリアンに0.407秒早いタイムを記録したが[13]、後にエンジン回転数に違反があったとして失格となった[14]。コプシュタインも敗者最速枠を獲得できる好タイムを記録したが、マクロードと同じ理由で失格となった[14]。1分3秒台を記録したドルダラーはラウンド・オブ・8で更に0.449秒速い、トラックレコードを更新する記録を残した[15]。ファイナル4ではマット・ホール(オーストラリア)がドルダラーを下し、今シーズン初優勝を果たした[16]

マスタークラス[編集]

予選[編集]


No. パイロット タイム ペナルティ
1 21 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー 1:05.038
2 8 チェコの旗 マルティン・ソンカ 1:05.172
3 31 日本の旗 室屋義秀 1:05.261
4 26 スペインの旗 フアン・ベラルデ 1:06.543
5 84 カナダの旗 ピート・マクロード 1:06.593
6 27 フランスの旗 ニコラス・イワノフ 1:06.912
7 22 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ 1:06.987
8 95 オーストラリアの旗 マット・ホール 1:07.075
9 18 チェコの旗 ペトル・コプシュタイン 1:07.143
10 99 アメリカ合衆国の旗 マイケル・グーリアン 1:07.429
11 9 イギリスの旗 ナイジェル・ラム 1:07.561
12 10 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス 1:08.018
13 37 スロベニアの旗 ピーター・ポドランセック 1:08.074
14 12 フランスの旗 フランソワ・ルボット 1:09.335

ラウンド・オブ・14[編集]

ヒート 順位 パイロット1 タイム1 タイム2 パイロット2 順位
1 6 アメリカ合衆国の旗 マイケル・グーリアン 1:05.783 DSQ1 カナダの旗 ピート・マクロード 13
2 2 イギリスの旗 ナイジェル・ラム 1:04.251 1:07.1012 スペインの旗 フアン・ベラルデ 11
3 14 チェコの旗 ペトル・コプシュタイン DSQ1 1:04.775 フランスの旗 ニコラス・イワノフ 5
4 9 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス 1:06.179 1:04.310 日本の旗 室屋義秀 3
5 4 オーストラリアの旗 マット・ホール 1:04.717 1:05.883 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ 7
6 10 スロベニアの旗 ピーター・ポドランセック 1:07.0443 1:06.984 チェコの旗 マルティン・ソンカ4 8
7 12 フランスの旗 フランソワ・ルボット 1:07.615 1:03.715 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー 1
凡例
ラウンド・オブ・8進出
ノックアウト(敗退)
敗者の中で最速(=進出)
  • ^1 エンジン回転数の規定違反により失格[14]
  • ^2 水平角度違反にて+2秒のペナルティ
  • ^3 ゲート2で水平角度違反にて+2秒のペナルティ[13]
  • ^4 ゲート通過時の高度オーバーにより+2秒のペナルティ

ラウンド・オブ・8[編集]

ヒート 順位 パイロット1 タイム1 タイム2 パイロット2 順位
8 7 フランスの旗 ニコラス・イワノフ 1:05.693 1:04.728 オーストラリアの旗 マット・ホール 2
9 4 アメリカ合衆国の旗 マイケル・グーリアン 1:05.894 1:06.8741 日本の旗 室屋義秀 8
10 3 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ 1:04.818 1:05.030 イギリスの旗 ナイジェル・ラム 6
11 5 チェコの旗 マルティン・ソンカ 1:04.545 1:03.266 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー 1
凡例
ファイナル4進出
ノックアウト(敗退)
  • ^1 ゲート6でパイロンヒットにより+3秒のペナルティ

ファイナル4[編集]


No. パイロット タイム ペナルティ
1 95 オーストラリアの旗 マット・ホール 1:03.426
2 21 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー 1:04.887
3 22 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ DNF1
4 99 アメリカ合衆国の旗 マイケル・グーリアン DNF2
  • ^1 コースアウトによりDNF[16]
  • ^2 オーバーGによりDNF[16]

最終結果[編集]


パイロット ポイント
1 オーストラリアの旗 マット・ホール 15
2 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー 12
3 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ 9
4 アメリカ合衆国の旗 マイケル・グーリアン 7
5 チェコの旗 マルティン・ソンカ 6
6 イギリスの旗 ナイジェル・ラム 5
7 フランスの旗 ニコラス・イワノフ 4
8 日本の旗 室屋義秀 3
9 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス 2
10 スロベニアの旗 ピーター・ポドランセック 1
11 スペインの旗 フアン・ベラルデ 0
12 フランスの旗 フランソワ・ルボット 0
13 カナダの旗 ピート・マクロード 0
14 チェコの旗 ペトル・コプシュタイン 0

チャレンジャークラス[編集]

予選[編集]


No. パイロット タイム ペナルティ
1 24 イギリスの旗 ベン・マーフィー 1:19.456
2 62 ドイツの旗 フロリアン・バーガー 1:19.795
3 48 アメリカ合衆国の旗 ケヴィン・コールマン 1:20.526
4 5 チリの旗 クリスチャン・ボルトン 1:20.629
5 17 スウェーデンの旗 ダニエル・リファ 1:24.593 +5秒1
6 33 フランスの旗 メラニー・アストル 1:27.475 +6秒2
  • ^1 ゲート2でパイロンヒットにより+3秒、ゲート10で水平角度違反で+2秒のペナルティ[6]
  • ^2 ゲート7及びゲート11でパイロンヒットにより+3秒×2のペナルティ[6]

決勝[編集]


No. パイロット タイム ペナルティ
1 48 アメリカ合衆国の旗 ケヴィン・コールマン 1:19.478
2 62 ドイツの旗 フロリアン・バーガー 1:20.190 +2秒1
3 5 チリの旗 クリスチャン・ボルトン 1:21.475
4 33 フランスの旗 メラニー・アストル 1:21.720
5 17 スウェーデンの旗 ダニエル・リファ 1:23.249 +2秒1
6 24 イギリスの旗 ベン・マーフィー 1:23.387 +3秒2
  • ^1 水平角度違反で+2秒のペナルティ
  • ^2 パイロンヒットにより+3秒のペナルティ

第5戦終了後のランキング[編集]

マスタークラス

パイロット トー
タル
1 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー 53.25
2 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ 35.00
3 オーストラリアの旗 マット・ホール 33.75
4 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス 27.25
5 フランスの旗 ニコラス・イワノフ 26.00
6 日本の旗 室屋義秀 25.50
7 イギリスの旗 ナイジェル・ラム 24.75
8 チェコの旗 マルティン・ソンカ 20.00
9 アメリカ合衆国の旗 マイケル・グーリアン 13.75
10 カナダの旗 ピート・マクロード 12.50
11 フランスの旗 フランソワ・ルボット 10.00
12 スペインの旗 フアン・ベラルデ 9.25
13 スロベニアの旗 ピーター・ポドランセック 4.00
14 チェコの旗 ペトル・コプシュタイン 2.00
チャレンジャークラス

パイロット トー
タル
1 アメリカ合衆国の旗 ケヴィン・コールマン 26
2 ドイツの旗 フロリアン・バーガー 24
3 チリの旗 クリスチャン・ボルトン 20
4 スウェーデンの旗 ダニエル・リファ 18
5 ポーランドの旗 ルーク・チェピエラ 8
6 フランスの旗 メラニー・アストル 8
7 イギリスの旗 ベン・マーフィー 6
8 ブラジルの旗 フランシス・バロス 2

出典[編集]

  1. ^ Red Bull Air Race×Red Arrows”. Red Bull Air Race (2016年8月2日). 2017年1月15日閲覧。
  2. ^ Behind the scenes with the Red Bull Air Race and Red Arrows”. Red Bull Air Race (2016年8月4日). 2017年1月15日閲覧。
  3. ^ Challenging at home”. Red Bull Air Race (2016年8月5日). 2017年1月15日閲覧。
  4. ^ Ascot 2016: Challenger Class Free Practice reactions”. Red Bull Air Race (2016年8月12日). 2017年1月15日閲覧。
  5. ^ Berger and Murphy top Free Practice timesheets”. Red Bull Air Race (2016年8月12日). 2017年1月15日閲覧。
  6. ^ a b c Murphy lights up Challenger Qualifying in Ascot”. Red Bull Air Race (2016年8月13日). 2016年8月15日閲覧。
  7. ^ アスコット:チャレンジャーカップはコールマンが優勝”. Red Bull Air Race (2016年8月13日). 2017年1月15日閲覧。
  8. ^ アスコット:チャレンジャーカップ・リアクション”. Red Bull Air Race (2016年8月13日). 2017年1月15日閲覧。
  9. ^ Log Book - pilots arrive at Ascot”. Red Bull Air Race (2016年8月11日). 2017年1月15日閲覧。
  10. ^ a b アスコット:フリープラクティス結果”. Red Bull Air Race (2016年8月12日). 2017年1月15日閲覧。
  11. ^ アスコット:フリープラクティス・リアクション”. Red Bull Air Race (2016年8月12日). 2017年1月15日閲覧。
  12. ^ アスコット:予選はドルダラーが首位”. Red Bull Air Race (2016年8月13日). 2017年1月15日閲覧。
  13. ^ a b Dolderer smashes track record in thrilling Round of 14”. Red Bull Air Race (2016年8月14日). 2016年8月15日閲覧。
  14. ^ a b c McLeod, Kopfstein Disqualified after Round of 14”. Red Bull Air Race (2016年8月14日). 2016年8月15日閲覧。
  15. ^ Dolderer destroys track record in Round of 8”. Red Bull Air Race (2016年8月14日). 2017年1月15日閲覧。
  16. ^ a b c アスコット:マスタークラスはマット・ホールが優勝”. Red Bull Air Race (2016年8月14日). 2016年8月15日閲覧。


前レース:
第4戦 ハンガリーの旗 ブダペスト
レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ
2016年シーズン
第5戦 イギリスの旗 アスコット
次レース:
第6戦 ドイツの旗 ラウジッツ