2016年レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ ブダペスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

座標: 北緯47度30分23秒 東経19度02分33秒 / 北緯47.50639度 東経19.04250度 / 47.50639; 19.04250

2016年レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ ブダペストの位置(ブダペスト内)
会場
会場
テケル空港(ハンガリー語版)
テケル空港ハンガリー語版
会場

2016年レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ ブダペストでは、通算11シーズン目となるレッドブル・エアレース・ワールドシリーズの内、2016年7月16日17日ハンガリーブダペストで行われた2016年シーズン第4戦について述べる。会場は通算9回目となるドナウ川[注 1]

概要[編集]

2014年のレース再開から成績が振るわないカービー・チャンブリス(アメリカ)は、シーズン開幕から3戦連続でポイントを獲得し、千葉戦では今シーズン初めて表彰台に乗るなど、復調の兆しを見せている[1]セーチェーニ鎖橋をくぐってのスタートはブダペスト戦の見どころの一つであるが、今回橋くぐりに初挑戦となるピーター・ポドランセック(スロベニア)とペトル・コプシュタイン(チェコ)の2名は、レース用のエアポートで橋と同じ高さにテープ[注 2]を張ったパイロンで練習に臨んだという[2]。レース・ディレクターのジム・ディマッテオは、「ただ橋をくぐればいいだけではない、その後にいかに早くトラックに入るかが重要であり、その逆もまた然りである」と述べ、パイロットの2人は母国が近いこともあり、期待を込めるコメントを寄せた[2]。初戦と第2戦で2位と1位になったものの、第3戦で8位と順位を落としたマティアス・ドルダラー(ドイツ)は、時差ぼけのないヨーロッパでのレースが続くことに期待を寄せ、ポール・ボノムも昨シーズンは第3戦で8位になったが、その他のレースは好調を維持して総合優勝を果たしたことを例に挙げ、自身が今シーズンのチャンピオンになると明確な目標をもって臨んでいる[3]。昨シーズンをもって引退したハンガリーを代表するエアレーサーであるピーター・ベゼネイが、これまでの功績をたたえて表彰された[4]

予選前日の7月15日に行われた2度のフリー練習では、フアン・ベラルデ(スペイン)、チャンブリス、室屋義秀(日本)の3名が58秒を切る好タイムを記録した(室屋は1本目はオーバーGでDNF)が[5]、季節外れの大雨の影響で7月16日に予定されていた予選は中止になった[6]。2戦連続で予選が中止になったのは初めてのことである。雨の影響で水位が上がり、ブダペスト戦恒例の橋をくぐってのスタートも中止となった[7]。レースの開始時間は順延が続き、16時30分にラウンド・オブ・8がスタートしたが、終了時刻が迫ったためファイナル4は中止となり[8]、ドルダラーが今シーズン2度目の勝利を挙げた[9]。チャンピオンシップポイントは規定に沿って75%に減少した上で加点された。チャレンジャークラスは予選・決勝ともに中止となった。

9月に行われた第6戦 ラウジッツで、チャレンジャークラスの試合が追加で代替開催された[10]

マスタークラス[編集]

ラウンド・オブ・14[編集]

ヒート 順位 パイロット1 タイム1 タイム2 パイロット2 順位
1 14 フランスの旗 フランソワ・ルボット DNF1 59.772 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ 3
2 1 スペインの旗 フアン・ベラルデ 59.492 59.647 日本の旗 室屋義秀 2
3 9 カナダの旗 ピート・マクロード 1:02.7782 1:00.8653 イギリスの旗 ナイジェル・ラム 6
4 10 アメリカ合衆国の旗 マイケル・グーリアン 1:02.9344 1:00.480 フランスの旗 ニコラス・イワノフ 5
5 4 オーストラリアの旗 マット・ホール 59.808 DNF1 チェコの旗 マルティン・ソンカ 13
6 12 スロベニアの旗 ピーター・ポドランセック 1:05.1933 1:01.1515 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス 7
7 11 チェコの旗 ペトル・コプシュタイン 1:05.0466 1:04.7637 イギリスの旗 マティアス・ドルダラー 8
凡例
ラウンド・オブ・8進出
ノックアウト(敗退)
敗者の中で最速(=進出)
  • ^1 オーバーGによりDNF(Did Not Finish=失格)[11]
  • ^2 ゲート6・ゲート7で水平角度違反で+4秒のペナルティ[11]
  • ^3 ゲート7で水平角度違反で+2秒のペナルティ[11]
  • ^4 ゲート13で水平角度違反で+2秒のペナルティ[11]
  • ^5 ゲート18で水平角度違反で+2秒のペナルティ[11]
  • ^6 ゲート19で水平角度違反で+2秒のペナルティ[11]
  • ^7 ゲート6で水平角度違反で+2秒のペナルティ、ゲート12で高度超過により+2秒のペナルティ[11]

ラウンド・オブ・8[編集]

ヒート 順位 パイロット1 タイム1 タイム2 パイロット2 順位
8 7 フランスの旗 ニコラス・イワノフ 1:02.5781 59.236 オーストラリアの旗 マット・ホール 3
9 6 イギリスの旗 ナイジェル・ラム 1:01.689 58.942 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ 2
10 4 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス 59.456 1:01.3502 日本の旗 室屋義秀 5
11 1 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー 58.653 1:03.1493 スペインの旗 フアン・ベラルデ 8
凡例
勝者
敗者
  • ^1 ゲート19で水平角度違反で+2秒のペナルティ[9]
  • ^2 ゲート7で水平角度違反で+2秒のペナルティ[9]
  • ^3 ゲート6・ゲート19で水平角度違反で+4秒のペナルティ[9]

最終結果[編集]


パイロット ポイント
1 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー 11.25
2 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ 9.00
3 オーストラリアの旗 マット・ホール 6.75
4 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス 5.25
5 日本の旗 室屋義秀 4.50
6 イギリスの旗 ナイジェル・ラム 3.75
7 フランスの旗 ニコラス・イワノフ 3.00
8 スペインの旗 フアン・ベラルデ 2.25
9 カナダの旗 ピート・マクロード 1.50
10 アメリカ合衆国の旗 マイケル・グーリアン 0.75
11 チェコの旗 ペトル・コプシュタイン 0
12 スロベニアの旗 ピーター・ポドランセック 0
13 チェコの旗 マルティン・ソンカ 0
14 フランスの旗 フランソワ・ルボット 0

第4戦終了後のランキング[編集]

マスタークラス

パイロット トー
タル
1 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー 41.25
2 オーストリアの旗 ハンネス・アルヒ 26.00
3 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス 25.25
4 日本の旗 室屋義秀 22.50
5 フランスの旗 ニコラス・イワノフ 22.00
6 イギリスの旗 ナイジェル・ラム 19.75
7 オーストラリアの旗 マット・ホール 18.75
8 チェコの旗 マルティン・ソンカ 14.00
9 カナダの旗 ピート・マクロード 12.50
10 フランスの旗 フランソワ・ルボット 10.00
11 スペインの旗 フアン・ベラルデ 9.25
12 アメリカ合衆国の旗 マイケル・グーリアン 6.75
13 チェコの旗 ピーター・ポドランセック 3.00
14 スロベニアの旗 ペトル・コプシュタイン 2.00
チャレンジャークラス(第3戦と同じ)

パイロット トー
タル
1 アメリカ合衆国の旗 ケヴィン・コールマン 24
2 ドイツの旗 フロリアン・バーガー 16
3 スウェーデンの旗 ダニエル・リファ 16
4 チリの旗 クリスチャン・ボルトン 14
5 ポーランドの旗 ルーク・チェピエラ 8
6 イギリスの旗 ベン・マーフィ 6
7 フランスの旗 メラニー・アストル 4
8 ブラジルの旗 フランシス・バロス 2

出典[編集]

脚注
  1. ^ 2010年第7戦は中止されたためカウントせず。
  2. ^ 警察が規制に使用するテープ。
出典
  1. ^ Is Chambliss back to his best?”. Red Bull Air Race (2016年7月14日). 2017年1月14日閲覧。
  2. ^ a b Pilots discuss their first flight under the bridge”. Red Bull Air Race (2016年7月14日). 2017年1月14日閲覧。
  3. ^ Dolderer bouncing back after Chiba”. Red Bull Air Race (2016年7月15日). 2017年1月14日閲覧。
  4. ^ Besenyei honoured by Red Bull Air Race”. Red Bull Air Race (2016年7月17日). 2017年1月14日閲覧。
  5. ^ Velarde and Chambliss show strength in Budapest”. Red Bull Air Race (2016年7月15日). 2017年1月14日閲覧。
  6. ^ BUDAPEST UPDATE: QUALIFYING CANCELLED DUE TO WEATHER”. Red Bull Air Race (2016年7月16日). 2017年1月14日閲覧。
  7. ^ ブダペスト:マスタークラス・決勝リアクション”. Red Bull Air Race (2016年7月17日). 2017年1月14日閲覧。
  8. ^ LIVE UPDATES: Budapest 2016 Race Day”. Red Bull Air Race (2016年7月17日). 2017年1月14日閲覧。
  9. ^ a b c d Dolderer unstoppable in Budapest”. Red Bull Air Race (2016年7月17日). 2016年7月18日閲覧。
  10. ^ UPDATE: additional Challenger race at Lausitz”. Red Bull Air Race (2016年9月1日). 2017年4月20日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g Velarde scorches through the Round of 14 in wet Budapest”. Red Bull Air Race (2016年7月17日). 2016年7月18日閲覧。
前レース:
第3戦 日本の旗 千葉
レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ
2016年シーズン
第4戦 ハンガリーの旗 ブダペスト
次レース:
第5戦 イギリスの旗 アスコット