2016年ロシア国防省Tu-154墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2016年ロシア国防省Tu-154墜落事故
Tupolev Tu-154B-2 (RA-85572) on final approach at Chkalovsky Airport.jpg
事故機(チャカロフスキー空港にて、2016年5月撮影)
出来事の概要
日付 2016年12月25日
概要 パイロットエラー、離陸後の空間識失調[1]
現場 ロシアの旗 ロシア ソチの海岸から約1.5キロ(0.9マイル)離れた黒海
北緯43度25分30秒 東経39度50分13秒 / 北緯43.42500度 東経39.83694度 / 43.42500; 39.83694座標: 北緯43度25分30秒 東経39度50分13秒 / 北緯43.42500度 東経39.83694度 / 43.42500; 39.83694
乗客数 84名[2]
乗員数 8名[2]
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 92名(全員)
生存者数 0
機種 Tu-154
運用者 ロシア国防省
機体記号 RA-85572
出発地 ロシアの旗 ロシア モスクワ チカロフスキー飛行場
経由地 ロシアの旗 ロシア ソチ ソチ国際空港
目的地 シリアの旗 シリア ラタキア フメイミム空軍基地
テンプレートを表示

2016年ロシア国防省Tu-154墜落事故(2016ねんロシアこくぼうしょうTu-154ついらくじこ)は、2016年12月25日ロシアソチ国際空港を離陸しシリアフメイミム空軍基地へ向かったロシア国防省Tu-154黒海に墜落した事故である。同機には乗客84人と乗員8人が搭乗していた[2]

残骸が黒海沿岸から約1.5km沖の水深50-70mの場所で発見された[3][4]

当日の事故機[編集]

  • 使用機材:Tu-154B-2[5]
    • 製造番号:83A-572
    • 機体記号:RA-85572

1983年に初飛行して以来[6][7]、墜落するまでの飛行時間は約7000時間であった。[8]

事故の経過[編集]

ロシアの国防省の事故サイトが公開する図
2016年ロシア国防省Tu-154墜落事故の位置(ヨーロッパロシア内)
2016年ロシア国防省Tu-154墜落事故
ロシア西部の墜落地点

現地時間5:27(2:27 UTC)にTu-154がソチを離陸。ソチには燃料補給のために立ち寄っていた。離陸からわずか2分後に海岸から1.5km(0.9マイル)離れた黒海に墜落。残骸は水深50m-70m(160-230ft)のところで発見。乗員乗客92名全員が死亡した。

乗客乗員[編集]

搭乗者92人のうち、64人はロシア軍所属の楽団アレクサンドロフ・アンサンブルのメンバーであり、指揮者のヴァレリー・ハリロフも含まれていた[3]。アレクサンドロフ・アンサンブルはシリア・ラタキア付近にあるロシア軍のフメイミム空軍基地で新年コンサートを行う予定であった[9][3]

また、ロシア人の人道支援者エリザベータ・グリンカロシア語版英語版[9]、ロシア国防省文化管理課のアントン・グバンコフロシア語版英語版課長[10]、兵士8人、ジャーナリスト9人(チャンネル1NTV、ズヴェズダから3人ずつ[11])、文官2人も搭乗していた。

調査[編集]

墜落後、直ちにロシア連邦捜査委員会 (en) が原因究明のため刑事事件を起こした[12]

12月27日までにコックピットボイスレコーダーフライトデータレコーダーが回収され、分析のためモスクワに送られた[13][14][15]。12月28日までには18体の遺体が海から引き上げられ[16]、12月29日には他の2台のレコーダーのデータをバックアップしている3台目のレコーダーが見つかった。テープは変形していたものの、部分的に解析ができる可能性があった[15]

あるロシアの関係者は機械的または人的ミスの可能性に焦点を当てつつ、事故原因としてテロの可能性を軽視していた[17]。墜落後、ロシアのTu-154は全て飛行停止 (en) となった[18]

墜落前にソチの沿岸部沿いの監視カメラに明るい閃光が映っていた[19]。目撃者は機体が上昇中にトラブルが発生したように見え、その後180°に旋回しながら海に墜落したと証言している[20][21]

12月27日、ロシアの調査官が航空機のフラップが墜落の原因になったと考えていることがインタファクス通信の発表で明らかになった。またLife.ruニュースによるとパイロットの最後の言葉は「Commander, we are going down.(管制塔、墜落する。)」であると言われていたが、公式の情報ではなかった[22][23]

12月29日、ロシアの飛行安全サービス[訳語疑問点]はコックピットボイスレコーダーを解析した結果、飛行中に爆発は起こっていなかったと発表した[24]

1月16日、航空事故調査の民間機関である国家間航空委員会が調査に参加すると発表した[25]

1月19日、インタファクス通信によるとTu-154の残骸を探していたところ、水中からレンドリース法契約の間アメリカから提供されていたDouglas A-20 Havoc/DB-7 Boston爆撃機(1942年11月15日に墜落)が見つかったと発表した[26]

2017年5月31日、ロシアのコメルサントはパイロットが空間識失調に陥った可能性があったと主張。フライトデータによるとパイロットは機体が急激に上昇していると錯覚してしまったために、他の計器を全て無視した。そのため機体は急激に降下し海面に激突した。専門家はパイロットが地上にいる時、すでに体調が悪く、滑走路に入るのにも苦労したと言った[27][28]

対応[編集]

この事故による犠牲者を追悼するために、12月25日、ウラジーミル・プーチン大統領は翌12月26日を国全体で服喪の日とする旨を表明した[29]

12月26日、この事故を受けて日本は安倍晋三内閣総理大臣からプーチン大統領宛て及び岸田文雄外務大臣からラヴロフ外相宛てに弔意メッセージを発出した[30]

脚注[編集]

  1. ^ Tu-154墜落事故はヒューマンエラーによって引き起こされたと国防省は言う”. The Moscow Times. 2017年9月1日閲覧。
  2. ^ a b c リア・ノーボスチ通信 - 国防省Tu-154航空機事故 (РИА Новости - Крушение самолета Ту-154 Минобороны) (ロシア語) - 2016年12月25日
  3. ^ a b c ロシア軍用機、黒海に墜落”. BBCニュース・オンライン. 2016年12月25日閲覧。
  4. ^ ロシア軍用機、黒海で行方不明”. ガーディアン. 2016年12月25日閲覧。
  5. ^ Tu-154航空機、山に衝突した可能性”. 2016年12月25日閲覧。
  6. ^ Туполев Ту-154Б-2” [Tupolev Tu-154B-2] (ロシア語). Russianplanes.net. 2016年12月25日閲覧。
  7. ^ Fedorov, Gleb (2016年12月25日). “Tu-154墜落事故:月曜日を服喪の日とすることを表明”. Russia Beyond The Headlines. 2016年12月25日閲覧。
  8. ^ “シリア行きのロシア軍用ジェット機墜落事故。アレクサンドロフ・アンサンブルのメンバー64人を含む92人全員が死亡”. Reuters. (2016年12月25日). https://www.reuters.com/article/us-russia-airplane-idUSKBN14E02Y 
  9. ^ a b ロシア軍用機が黒海に墜落、92人全員絶望か シリア行き”. 朝日新聞 (2016年12月25日). 2016年12月26日閲覧。
  10. ^ “プーチン大統領、ロシア軍用機墜落事故の服喪の日を表明”. ザ・ストレーツ・タイムズ. (2016年12月25日). http://www.straitstimes.com/world/europe/russia-plane-with-up-to-100-onboard-disappears-from-radar-bbc 2016年12月25日閲覧. "Other passengers named were the head of the military band, Valery Khalilov, and the head of the defence ministry’s department of culture, Anton Gubankov, said RT." 
  11. ^ シリアに向かう途中、ロシア軍所属の楽団が乗る飛行機が墜落”. RT. 2016年12月25日閲覧。
  12. ^ “ロシアの調査官はロシアTu-154墜落事故に対して刑事事件を起こす。”. Sputnik International. https://sputniknews.com/russia/201612251048970217-tu154-crash-investigation/ 2016年12月25日閲覧。 
  13. ^ ロシア機墜落事故:残骸からブラックボックスを発見”. Sky News. 2016年12月27日閲覧。
  14. ^ ロシア機墜落事故:専門家がフライトレコーダーの解析を開始”. BBC (2016年12月27日). 2016年12月27日閲覧。
  15. ^ a b 破壊されたTu-154の三番目のフライトデータレコーダー — source”. 2016年12月29日閲覧。
  16. ^ “黒海では3人以上の遺体を発見” (ロシア語). РИА Новости. https://rg.ru/2016/12/28/reg-ufo/v-chernom-more-nashli-tela-eshche-treh-pogibshih-pri-krushenii-tu-154.html 2016年12月26日閲覧。 
  17. ^ ロシア機墜落事故の原因はテロ攻撃の可能性と調査官が言う”. The Irish Independent. 2016年12月26日閲覧。
  18. ^ ロシアは墜落事故の後、全てのTu-154を接地とした”. Press TV. 2016年12月27日閲覧。
  19. ^ “(動画)ロシア航空機が海に墜落したその瞬間。夜は長い1日となった” (クロアチア語). Kurir, Serbia. http://www.kurir.rs/planeta/video-ovo-je-trenutak-kada-je-avion-pao-u-more-od-ekspolozije-noc-se-pretvorila-u-dan-clanak-2606315/ 2016年12月25日閲覧。 
  20. ^ Катастрофа Ту-154 Минобороны России в Черном море” [ロシア国防省Tu-154。黒海への墜落] (ロシア語). ommersant.ru (2016年12月25日). 2016年12月27日閲覧。
  21. ^ Chyba zkušených pilotů? Rusové našli první černou skříňku, při zkoumání pádu letadla ale stále tápou” [経験豊富なパイロットのエラーか。ブラックボックスを見つけたが原因はまだ調査中] (チェコ語). zpravy.aktualne.cz. 2016年12月27日閲覧。
  22. ^ ロシア航空機のフラップが故障したことによる墜落が主な可能性” (2016年12月27日). 2016年12月28日閲覧。
  23. ^ Sridharan, Vasudevan (2016年12月28日). “墜落前のパイロットの言葉「フラップだ。まずい」”. 国際ビジネスタイムズ. 2016年12月28日閲覧。
  24. ^ 国防省:テロ攻撃の可能性はまだ捨てきれない”. 2016年12月29日閲覧。
  25. ^ TU-154B-2 RA-85572 2016年12月25日調査”. 2017年1月16日閲覧。
  26. ^ Tu-154捜索の際、戦時のアメリカ爆撃機がソチの近くで見つかる”. 2017年1月19日閲覧。
  27. ^ Управляемая катастрофа” [管理されている事故] (ロシア語). 2017年5月31日閲覧。 “The Commission fully confirmed as set out in the "b" version of another January 9 that managing their pilot lost orientation in space, hitting the power of the so-called somatogravic illusions.”
  28. ^ ロシア航空機墜落事故:パイロットエラーが非難された”. 2017年6月1日閲覧。
  29. ^ リア・ノーボスチ通信 - 国防省Tu-154航空機事故。出来事の時系列 (РИА Новости - Крушение самолета Ту-154 Минобороны России. Хроника событий) (ロシア語) - 2016年12月25日
  30. ^ ロシアのソチ沖におけるロシア軍用機の墜落を受けた安倍内閣総理大臣発プーチン・ロシア大統領宛て及び岸田外務大臣発ラヴロフ・ロシア外務大臣宛て弔意メッセージの発出 | 外務省 - 2016年12月26日

関連項目[編集]