2017年のアルビレックス新潟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2017年のアルビレックス新潟
2017 シーズン
監督 日本の旗三浦文丈
日本の旗ブラジルの旗 呂比須ワグナー
スタジアム デンカビッグスワンスタジアム
J1 17位
ルヴァンカップ グループステージB 7位
天皇杯 3回戦敗退
最多得点者 リーグ: ブラジルの旗 ホニ (7点)
全大会: ブラジルの旗 ホニ (8点)

この項では2017年のアルビレックス新潟について記述する。

J1連続在籍14年目を迎え、監督は昨シーズン途中にコーチから監督に就任しJ1残留を決めた片渕浩一郎がコーチに戻り、昨年までAC長野パルセイロの監督であった三浦文丈が新監督に就任した[1]

回顧[編集]

前年の不動のレギュラーであった舞行龍ジェームズレオ・シルバラファエル・シルバらが退団したが、実績のある富澤清太郎矢野貴章本間勲らが加入。ホニチアゴ・ガリャルドら新外国人選手も迎えた。

開幕戦の広島戦こそ引き分けるものの、10試合でわずか1勝しか出来ず大低迷し、5月7日付で三浦監督が休養[2]。片渕が1試合限り再登板した後、5月11日に元日本代表の呂比須ワグナーを新監督として迎えた[3]

呂比須監督就任後初の試合となった12節札幌戦では7節以来の勝利を挙げたが、その後6連敗で前半戦を2勝2分14敗の最下位に終わった。前半戦終了後に大武峻磯村亮太小川佳純らを補強した。一方で、同時期に加わるも技術不足を露呈していた元群馬ドウグラス・タンキの起用に呂比須監督が拘り、後半戦もチームの調子は上向かない[4]

J2降格決定の可能性が出てきた29節G大阪戦で19試合ぶりに勝利すると、以降5試合を4勝1分けで終える。しかし、11月18日の32節甲府戦の勝利からまもなく、他会場の結果によりクラブ初のJ2降格が決まってしまった[5]。最終的には17位で終了。来季のルヴァンカップの出場権を獲得した。

ルヴァンカップでは1勝もできず、1分5敗の最下位でグループステージ敗退となった。天皇杯では3回戦でセレッソ大阪に敗れ姿を消した。

戦績[編集]

プレシーズン[編集]

Jリーグ ディビジョン1[編集]

年間順位[編集]

順位 クラブ名 勝点 得点 失点 備考
1 川崎フロンターレ 72 21 9 4 71 32 +39 ACL2018出場権
14 清水エスパルス 34 8 10 16 36 54 -18
15 サンフレッチェ広島 33 8 9 17 32 49 -17
16 ヴァンフォーレ甲府 32 7 11 16 23 39 -16 J2降格
17 アルビレックス新潟 28 7 7 20 28 60 -32
18 大宮アルディージャ 25 5 10 19 28 60 -32

節別動向[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34
開催地 A A H A H A A H H A H H A A H A H A A H H A H A H H A A H A H H A H
結果 D L L D L L D L L D D W L L L L L L D L L L L D D L L D W D W W W W
順位 7 11 15 16 16 17 16 17 17 17 18 17 17 18 18 18 18 18 18 18 18 18 18 18 18 18 18 18 18 18 18 18 18 17

最終更新日:2018年1月20日.
出典:『サッカーダイジェスト 2017Jリーグ総集編』 日本スポーツ企画出版社2018年
開催地:A = アウェー、H = ホーム。結果: D = 引き分け、 L = 敗戦、W = 勝利。

Jリーグカップ[編集]

グループリーグB[編集]

順位 クラブ名 試合 勝点 得点 失点 備考
1 ヴィッセル神戸 6 15 5 0 1 10 3 +7 ノックアウトステージ進出
2 セレッソ大阪 6 14 4 2 0 9 4 +5 プレーオフステージ進出
3 サンフレッチェ広島 6 10 3 1 2 5 6 -1
4 横浜F・マリノス 6 9 3 0 3 8 8 0
5 ヴァンフォーレ甲府 6 5 1 2 3 5 6 -1
6 サガン鳥栖 6 5 1 2 3 10 12 -2
7 アルビレックス新潟 6 1 0 1 5 3 11 -8

天皇杯[編集]

2017年6月21日
19:00
2回戦
アルビレックス新潟 2 - 1
(延長)
バンディオンセ加古川
加藤大 17分にゴール 17分
西村竜馬 ゴール
公式記録 (PDF) 福田俊太 35分にゴール 35分
デンカビッグスワンスタジアム
観客数: 2,338人
主審: 柿沼亨

2017年7月12日
19:00
3回戦
アルビレックス新潟 2 - 3
(延長)
セレッソ大阪
平松宗 ゴール
ホニゴール
公式記録 (PDF) 山口蛍 50分にゴール 50分 (PK)
リカルド・サントス ゴール
木本恭生 ゴール
デンカビッグスワンスタジアム
観客数: 3,104人
主審: 三上正一郎

移籍動向[編集]

第1登録期間[編集]

第2登録期間[編集]

ユニフォーム[編集]

FP 1st
FP 2nd


ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記
亀田製菓 ハッピーターン(1st・3rd)
亀田製菓(2nd)
背中 コメリ コメリ
全国農業協同組合連合会新潟県本部 新潟米
パンツ 新潟日報社 新潟日報

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 2006年から2010年8月、2012年まで在籍
  2. ^ 2015年・2016年シーズンに2種登録選手として在籍
  3. ^ 2000年から2014年8月まで在籍
  4. ^ 2017年8月7日ベガルタ仙台へ期限付き移籍先変更
  5. ^ 2017年3月29日移籍
  6. ^ 2017年3月5日移籍
出典