2017年ブラジルグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブラジルの旗 2017年ブラジルグランプリ
レース詳細
Autódromo José Carlos Pace (AKA Interlagos) track map.svg
日程 2017年シーズン第19戦
決勝開催日 11月12日
開催地 インテルラゴス・サーキット
ブラジルの旗 ブラジル サンパウロ
コース 恒久的レース施設
コース長 4.309km
レース距離 71周(305.909km)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:08.322
ファステストラップ
ドライバー オランダの旗 マックス・フェルスタッペン
タイム 1:11.044(Lap 64)
決勝順位
優勝
2位
3位

2017年ブラジルグランプリ2017 Brazilian Grand Prix)は、2017年のF1世界選手権第19戦として、2017年11月12日インテルラゴス・サーキットで開催された。

正式名称は「FORMULA 1 GRANDE PRÊMIO HEINEKEN DO BRASIL 2017[1]

レース前[編集]

このレースでピレリが供給するドライタイヤのコンパウンドは、ミディアム、ソフト、スーパーソフトの3種類[2]

11月4日、フェリペ・マッサが2017年をもってF1を引退することを発表した[3]

フリー走行[編集]

開催日時は現地時間 (UTC-2、以下同じ)。

1回目(FP1)[編集]

2017年11月10日 10:00

2回目(FP2)[編集]

2017年11月10日 14:00

3回目(FP3)[編集]

2017年11月11日 11:00

予選[編集]

2017年11月11日 14:00

バルテリ・ボッタスポールポジションを獲得し、フェラーリ勢が続いた。ルイス・ハミルトンはQ1でクラッシュを喫しタイムを記録できず、決勝は最後尾スタートとなった。

結果[編集]

Pos. No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:09.452 1:08.638 1:08.322 1
2 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:09.643 1:08.494 1:08.360 2
3 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 1:09.405 1:09.116 1:08.538 3
4 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:09.820 1:09.050 1:08.925 4
5 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:09.828 1:09.533 1:09.330 14 1
6 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:10.145 1:09.760 1:09.598 5
7 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 1:10.172 1:09.593 1:09.617 6
8 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:10.078 1:09.726 1:09.703 7
9 55 スペインの旗 カルロス・サインツ ルノー 1:10.227 1:09.768 1:09.805 8
10 19 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 1:09.789 1:09.612 1:09.841 9
11 31 フランスの旗 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 1:10.168 1:09.830 10
12 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:10.148 1:09.879 11
13 2 ベルギーの旗 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ホンダ 1:10.286 1:10.116 12
14 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:10.521 1:10.154 13
15 28 ニュージーランドの旗 ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ 1:10.625 no time 18 2
16 94 ドイツの旗 パスカル・ウェーレイン ザウバー-フェラーリ 1:10.678 15
17 10 フランスの旗 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ 1:10.686 19 3
18 18 カナダの旗 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 1:10.776 16 4
19 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:10.875 17 5
107% time: 1:14.263
NC 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス no time PL 6
ソース[4][5]
追記
  • 以下のドライバーがペナルティのためグリッド降格となったが、グリッド降格は最大でも最後尾(20番グリッド)であり、かつ複数のドライバーがペナルティの対象となったため、実際に降格したグリッド数とは異なる。
    • ^1 - リカルドはFP1で4基を超えるパワーユニット交換(8基目のMGU-H)を行ったため10グリッド降格[6]
    • ^2 - ハートレイはFP1で4基を超えるパワーユニット交換(8基目のMGU-H)を行ったため10グリッド降格[7]
    • ^3 - ガスリーはFP1とFP2で4基を超えるパワーユニット交換(FP1で8基目のMGU-Hに交換して10グリッド、FP2で9基目のMGU-Hと7基目のターボチャージャー(TC)に交換して15グリッド)を行ったため、合計25グリッド降格[8][9]
    • ^4 - ストロールは予選で6戦以内のギアボックス交換を行ったため5グリッド降格[10]
    • ^5 - エリクソンは予選後に6戦以内のギアボックス交換を行ったため5グリッド降格[11]
  • ^6 - ハミルトンはタイムを記録できなかったが、スチュワードの判断により最後尾スタートで決勝出走を許可された[12]。なお、決勝前にパワーユニット交換(5基目のエンジン(ICE)、TCおよびMGU-H)を行ったため、決勝はピットレーンからのスタートとなった[13]

決勝[編集]

2017年11月12日 14:00

スタートでセバスチャン・ベッテルバルテリ・ボッタスを抜いてトップに立ってからレースを支配し優勝。ピットレーンスタートとなったルイス・ハミルトンは一時はトップを走行するなど驚異的な追い上げを見せ4位入賞を果たした。エステバン・オコンは1周目にロマン・グロージャンと接触してリタイアとなり、F1デビューからの連続完走記録が27でストップした。これで、マックス・フェルスタッペンは今季のポイントランキングが6位に確定し、ベッテルとボッタスとの差は22ポイント差となり、最終戦でボッタスが優勝かつベッテルが9位以下かリタイアすれば、メルセデス勢の4年連続ポイントランキング1-2が決定する。ハミルトンに関しては最終戦で10位以内で完走なら、今季の全レース入賞達成となる。

結果[編集]

Pos. No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア Grid Pts.
1 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 71 1:31:26.262 2 25
2 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス メルセデス 71 +2.762 1 18
3 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 71 +4.600 3 15
4 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 71 +5.468 PL 12
5 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 71 +32.940 4 10
6 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 71 +48.691 14 8
7 19 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 71 +1:08.882 9 6
8 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 71 +1:09.363 6 4
9 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 71 +1:09.500 5 2
10 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 70 +1 Lap 7 1
11 55 スペインの旗 カルロス・サインツ ルノー 70 +1 Lap 8
12 10 フランスの旗 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ 70 +1 Lap 19
13 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 70 +1 Lap 17
14 94 ドイツの旗 パスカル・ウェーレイン ザウバー-フェラーリ 70 +1 Lap 15
15 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 69 +2 Laps 11
16 18 カナダの旗 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 69 +2 Laps 16
Ret 28 ニュージーランドの旗 ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ 40 パワーユニット 18
Ret 31 フランスの旗 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 0 アクシデント 10
Ret 2 ベルギーの旗 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ホンダ 0 アクシデント 12
Ret 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 0 アクシデント 13
ソース[14]
ファステストラップ[15]
ラップリーダー[16]

第19戦終了時点のランキング[編集]

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Brazil”. The Official F1 Website. 2017年11月8日閲覧。
  2. ^ 2017年 F1ブラジルグランプリ:各ドライバーのタイヤ選択”. AUTOSPORTweb (2017年11月1日). 2017年11月8日閲覧。
  3. ^ マッサ、2017年末でのF1引退を発表。ウイリアムズのドライバー選考は大詰めに”. AUTOSPORTweb (2017年11月5日). 2017年11月8日閲覧。
  4. ^ FORMULA 1 GRANDE PRÊMIO HEINEKEN DO BRASIL 2017 - QUALIFYING”. The Official F1 Website (2017年11月11日). 2017年11月13日閲覧。
  5. ^ FORMULA 1 GRANDE PRÊMIO HEINEKEN DO BRASIL 2017 - STARTING GRID”. The Official F1 Website (2017年11月12日). 2017年11月13日閲覧。
  6. ^ Stewards Decision Doc11 - D.Ricciardo”. FIA (2017年11月10日). 2017年11月13日閲覧。
  7. ^ Stewards Decision Doc13 - B.Hartley”. FIA (2017年11月10日). 2017年11月13日閲覧。
  8. ^ Stewards Decision Doc12 - P.Gasly”. FIA (2017年11月10日). 2017年11月13日閲覧。
  9. ^ Stewards Decision Doc18 - P.Gasly”. FIA (2017年11月10日). 2017年11月13日閲覧。
  10. ^ Stewards Decision Doc29 - L.Stroll”. FIA (2017年11月11日). 2017年11月13日閲覧。
  11. ^ Stewards Decision Doc40 - M.Ericsson”. FIA (2017年11月12日). 2017年11月13日閲覧。
  12. ^ Stewards Decision Doc31 - L.Hamilton”. FIA (2017年11月11日). 2017年11月12日閲覧。
  13. ^ Stewards Decision Doc39 - L.Hamilton”. FIA (2017年11月12日). 2017年11月13日閲覧。
  14. ^ FORMULA 1 GRANDE PRÊMIO HEINEKEN DO BRASIL 2017 - RACE RESULT”. The Official F1 Website (2017年11月12日). 2017年11月13日閲覧。
  15. ^ FORMULA 1 GRANDE PRÊMIO HEINEKEN DO BRASIL 2017 - FASTEST LAPS”. The Official F1 Website (2017年11月12日). 2017年11月13日閲覧。
  16. ^ Lap Chart”. FIA (2017年11月12日). 2017年11月13日閲覧。
前戦
2017年メキシコグランプリ
FIA F1世界選手権
2017年シーズン
次戦
2017年アブダビグランプリ
前回開催
2016年ブラジルグランプリ
ブラジルの旗 ブラジルグランプリ 次回開催
2018年ブラジルグランプリ