2017年レスリング世界選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2017年レスリング世界選手権は、2017年8月21日から26日にかけてフランスパリアコーホテルズ・アリーナで開催された。

概要[編集]

2014年9月20日、ウズベキスタンタシュケントにて世界選手権開催期間中に開催地が決定された[1]

2015年までレスリング世界選手権はオリンピックスタイルの3スタイル同時開催だったが、今大会よりノンオリンピックスタイルを含めた2スタイル開催も可能になることが2015年1月15日にスイス・ローザンヌで開かれた世界レスリング連合理事会にて明らかにされている[2]

今大会で日本チームが男女のフリー及びグレコローマンの3スタイルで史上初めて同時に金メダルを獲得した[3]。一方で、旧ソ連時代から参加した大会では常に金メダルを取り続けてきたロシアが、今大会では史上初めてどのスタイルでも金メダルを獲得できずに終わった[4]

開催日程[編集]

21日
  • グレコローマン:71kg級, 75kg級, 85kg級, 98kg級
22日
  • グレコローマン:59kg級, 66kg級, 80kg級, 130kg級
23日
  • 女子フリースタイル:55kg級, 58kg級, 63kg級, 75kg級
24日
  • 女子フリースタイル:48kg級, 53kg級, 60kg級, 69kg級
25日
  • 男子フリースタイル:57kg級, 61kg級, 86kg級, 125kg級
26日
  • 男子フリースタイル:65kg級, 70kg級, 74kg級, 97kg級

国別獲得メダル数[編集]

国・地域
1 日本の旗 日本 6 1 2 9
2 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 3 3 3 9
3 トルコの旗 トルコ 3 1 3 7
4 ジョージア (国)の旗 ジョージア 2 0 3 5
5 アルメニアの旗 アルメニア 2 0 2 4
6  ベラルーシ 1 2 2 5
7 ドイツの旗 ドイツ 1 2 1 4
8 イランの旗 イラン 1 0 3 4
9 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン 1 0 2 3
10 モンゴルの旗 モンゴル 1 0 1 2
大韓民国の旗 韓国 1 0 1 2
12 イタリアの旗 イタリア 1 0 0 1
セルビアの旗 セルビア 1 0 0 1
14 ロシアの旗 ロシア 0 5 5 10
15  カザフスタン 0 2 1 3
ポーランドの旗 ポーランド 0 2 1 3
17  ウクライナ 0 1 1 2
18  エストニア 0 1 0 1
ナイジェリアの旗 ナイジェリア 0 1 0 1
 ルーマニア 0 1 0 1
スロバキアの旗 スロバキア 0 1 0 1
チュニジアの旗 チュニジア 0 1 0 1
23  キューバ 0 0 3 3
 ハンガリー 0 0 3 3
25 カナダの旗 カナダ 0 0 2 2
26  チリ 0 0 1 1
中華人民共和国の旗 中国 0 0 1 1
 コロンビア 0 0 1 1
フランスの旗 フランス 0 0 1 1
ギリシャの旗 ギリシャ 0 0 1 1
キルギスの旗 キルギス 0 0 1 1
 ラトビア 0 0 1 1
朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 0 0 1 1
 スウェーデン 0 0 1 1
Total 24 24 48 96

国別順位[編集]

Rank Men's freestyle Men's Greco-Roman Women's freestyle
Team Points Team Points Team Points
1 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 54 ロシアの旗 ロシア 46 日本の旗 日本 60
2 ロシアの旗 ロシア 53 イランの旗 イラン 36  ベラルーシ 38
3 ジョージア (国)の旗 ジョージア 40 トルコの旗 トルコ 34 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 38
4 トルコの旗 トルコ 39 ジョージア (国)の旗 ジョージア 30 モンゴルの旗 モンゴル 25
5 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン 32 ドイツの旗 ドイツ 29 カナダの旗 カナダ 24
6 日本の旗 日本 28 アルメニアの旗 アルメニア 28 トルコの旗 トルコ 24
7  キューバ 23  ハンガリー 28 中華人民共和国の旗 中国 20
8  カザフスタン 18  カザフスタン 24  ルーマニア 18
9 イランの旗 イラン 16 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン 22  スウェーデン 18
10 アルメニアの旗 アルメニア 16 大韓民国の旗 韓国 21 ナイジェリアの旗 ナイジェリア 17

メダル獲得者[編集]

男子フリースタイル[編集]

階級
57 kg 日本の旗 高橋侑希 アメリカ合衆国の旗 トーマス・ギルマン モンゴルの旗 エルデネバト・ベフバヤル
ウクライナの旗 アンドリー・ヤツェンコ
61 kg アゼルバイジャンの旗 ハジ・アリエフ ロシアの旗 ガジムラド・ラシドフ ジョージア (国)の旗 ウラジーミル・ヒンチェガシビリ
キューバの旗 ジョリス・ボネ
65 kg ジョージア (国)の旗 ズラビ・ヤコビシビリ ポーランドの旗 マゴメドムラド・ガジエフ ロシアの旗 アラン・ゴガエフ
キューバの旗 アレジャンドロ・バルデス
70 kg イタリアの旗 フランク・カミゾ アメリカ合衆国の旗 ジェームス・グリーン 日本の旗 藤波勇飛
カザフスタンの旗 アクジュレク・タナタロフ
74 kg アメリカ合衆国の旗 ジョーダン・バローズ ロシアの旗 ヘタグ・ツァバロフ イランの旗 ソネル・デミトラシュ
ベラルーシの旗 アリ・シャバナウ
86 kg イランの旗 ハッサン・ヤズダニ スロバキアの旗 ボリス・マコエフ ロシアの旗 ウラジスラフ・バリエフ
アメリカ合衆国の旗 ジェイデン・コックス
97 kg アメリカ合衆国の旗 カイル・スナイダー ロシアの旗 アブドゥルラシド・サドゥラエフ アゼルバイジャンの旗 アスランベク・アルボロフ
アルメニアの旗 ゲオルギ・ケトエフ
125 kg ジョージア (国)の旗 ゲノ・ペトリアシヴィリ トルコの旗 タハ・アクギュル アメリカ合衆国の旗 ニック・グウィアズドースキ
アルメニアの旗 レバン・ベリアニーゼ

男子グレコローマン[編集]

階級
59 kg 日本の旗 文田健一郎 カザフスタンの旗 ミランベク・アイナグロフ ロシアの旗 ステパン・マリャニャン
大韓民国の旗 キム・スンハク
66 kg 大韓民国の旗 リュ・ハンス ポーランドの旗 マテウス・ベルナテク トルコの旗 アタカン・ユクセル
ロシアの旗 アルテム・スルコフ
71 kg ドイツの旗 フランク・スタブラー カザフスタンの旗 デメウ・ジャドラエフ イランの旗 モハメド・アリ・ゲラエイ
ハンガリーの旗 バリント・コルパシ
75 kg トルコの旗 ビクトル・ネメシュ ロシアの旗 アレクサンドル・チェヒルキン イランの旗 サイード・アブデバリ
ハンガリーの旗 タマース・レルニンツ
80 kg アルメニアの旗 マクシム・マヌキャン ベラルーシの旗 ラジク・クリエウ ドイツの旗 パスカル・アイセレ
アゼルバイジャンの旗 エルビン・ムラサリエフ
85 kg トルコの旗 メテハン・バシャル ドイツの旗 デニス・クドラ イランの旗 ホセイン・ノウリ
ジョージア (国)の旗 ロベルト・コブリアシビリ
98 kg アルメニアの旗 アルツール・アレクサニャン ロシアの旗 ムサ・エブロエフ ジョージア (国)の旗 レバズ・ナダレイシビリ
ハンガリーの旗 バラージェ・キス
130 kg トルコの旗 リザ・カヤールプ エストニアの旗 ヘイキ・ナビ キューバの旗 オスカル・ピノ
チリの旗 ヤスマニ・アコスタ

女子フリースタイル[編集]

階級
48 kg 日本の旗 須崎優衣 ルーマニアの旗 アリナ・ブク トルコの旗 エビン・デミルハン
朝鮮民主主義人民共和国の旗 キム・ソンヒャン
53 kg ベラルーシの旗 バネサ・カラジンスカヤ 日本の旗 向田真優 ギリシャの旗 マリア・プレボララキ
ポーランドの旗 ロクサナ・ザシナ
55 kg 日本の旗 奥野春菜 ナイジェリアの旗 オデュナヨ・アデクオロイ ベラルーシの旗 イリナ・クラチキナ
アメリカ合衆国の旗 ベッカ=アン・リーザース
58 kg アメリカ合衆国の旗 ヘレン・マルーリス チュニジアの旗 マルワ・アムリ キルギスの旗 アイスルー・ティニベコバ
カナダの旗 ミシェル・ファザーリ
60 kg 日本の旗 川井梨紗子 アメリカ合衆国の旗 アリソン・レーガン ラトビアの旗 アナスタシヤ・グリゴルジェバ
スウェーデンの旗 マリン・マットソン
63 kg モンゴルの旗 プレブドルジ・オルホン ウクライナの旗 ユリア・トカチ ロシアの旗 バレリア・ラジンスカヤ
コロンビアの旗 ジャケリネ・レンテリア
69 kg 日本の旗 土性沙羅 ドイツの旗 アリーネ・フォケン フランスの旗 コウンバ・ラローク
中華人民共和国の旗 ユエ・ハン
75 kg トルコの旗 ヤセミン・アダル ベラルーシの旗 バシリサ・マルザリウク 日本の旗 鈴木博恵
カナダの旗 ジュスティナ・ディ・スタシオ

脚注[編集]

[ヘルプ]