2017年レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ ブダペスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

座標: 北緯47度30分23秒 東経19度02分33秒 / 北緯47.50639度 東経19.04250度 / 47.50639; 19.04250

2017年レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ ブダペストの位置(ブダペスト内)
会場
会場
テケル空港(ハンガリー語版)
テケル空港ハンガリー語版
会場

2017年レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ ブダペストでは、通算12シーズン目となるレッドブル・エアレース・ワールドシリーズの内、2017年7月1日2日ハンガリーブダペストで行われた2017年シーズン第4戦について述べる。ハンガリーでの開催はレース創設以来通算11度目、会場となるドナウ川は10度目(2010年は中止)となり、レッドブル・エアレースでは歴史ある地である。

概要[編集]

前年度の大会では大雨による悪天候で全日程を行えなかったが、今年度の大会は両日とも晴天に恵まれた。

レースエアポートはブダペスト中心部から30㎞ほど離れたテケル空港ハンガリー語版が使用された[1][2]

また、ドナウ川の水位も低く、レースは「低水位バージョン」での実施になり、セーチェーニ鎖橋をくぐり抜けてスタートすることになった。

マスタークラスの優勝はカービー・チャンブリスが飾った。

マスタークラス[編集]

予選[編集]


No. パイロット タイム ペナルティ
1 84 カナダの旗 ピート・マクロード 59.508
2 31 日本の旗 室屋義秀 59.950
3 18 チェコの旗 ペトル・コプシュタイン 1:01.296
4 8 チェコの旗 マルティン・ソンカ 1:01.345
5 95 オーストラリアの旗 マット・ホール 1:01.431
6 99 アメリカ合衆国の旗 マイケル・グーリアン 1:01.541
7 10 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス 1:01.546
8 12 フランスの旗 フランソワ・ルボット 1:02.444
9 27 フランスの旗 ニコラス・イワノフ 1:02.515
10 11 フランスの旗 ミカエル・ブラジョー 1:02.588
11 37 スロベニアの旗 ピーター・ポドランセック 1:03.818
12 5 チリの旗 クリスチャン・ボルトン 1:05.235 +2秒1
13 21 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー DNF2
14 26 スペインの旗 フアン・ベラルデ DNF2
  • ^1 ゲート8でインコレクト・レベル(水平角度違反)[3]
  • ^2 ドルダラーはゲート13で、ベラルデはゲート7でオーバーG[3]

ラウンド・オブ・14[編集]

ヒート 順位 パイロット1 タイム1 タイム2 パイロット2 順位
1 6 フランスの旗 ミカエル・ブラジョー 1:01.970 1:02.336 オーストラリアの旗 マット・ホール 8
2 12 スロベニアの旗 ピーター・ポドランセック DNS1 1:02.138 チェコの旗 マルティン・ソンカ 7
3 2 フランスの旗 ニコラス・イワノフ 1:00.908 DNF 2 アメリカ合衆国の旗 マイケル・グーリアン 12
4 11 チリの旗 クリスチャン・ボルトン 1:03.356 1:01.872 チェコの旗 ペトル・コプシュタイン 5
5 10 フランスの旗 フランソワ・ルボット 1:02.529 1:01.786 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス 4
6 12 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー DNF 3 1:00.572 日本の旗 室屋義秀 1
7 9 スペインの旗 フアン・ベラルデ 1:02.484 1:01.033 カナダの旗 ピート・マクロード 3
凡例
ラウンド・オブ・8進出
ノックアウト(敗退)
敗者の中で最速(=進出)
  • ^1 技術的な問題が発生したため[4]
  • ^2 ゲート18でオーバーG [4]
  • ^3 ゲート7でオーバーG [4]

ラウンド・オブ・8[編集]

ヒート 順位 パイロット1 タイム1 タイム2 パイロット2 順位
8 3 チェコの旗 ペトル・コプシュタイン 1:02.4481 1:01.214 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス 2
9 5 フランスの旗 ミカエル・ブラジョー 1:03.0272 1:02.949 カナダの旗 ピート・マクロード 4
10 1 チェコの旗 マルティン・ソンカ 1:00.428 1:03.8493 フランスの旗 ニコラス・イワノフ 6
11 8 オーストラリアの旗 マット・ホール DNF4 1:04.7505 日本の旗 室屋義秀 7
凡例
ファイナル4進出
ノックアウト(敗退)
  • ^1 ゲート19で通過姿勢の違反 [5]
  • ^2 ゲート7で機首角度違反 [5]
  • ^3 ゲート17でインコレクト・レベル(水平角度違反)[5]
  • ^4 ゲート7でオーバーG [5]
  • ^5 ゲート8で通過姿勢の違反 [5]

ファイナル4[編集]


No. パイロット タイム ペナルティ
1 10 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス 1:00.632
2 84 カナダの旗 ピート・マクロード 1:00.740
3 31 日本の旗 室屋義秀 1:01.188
4 8 チェコの旗 マルティン・ソンカ 1:01.699 +2sec1

最終結果[編集]


パイロット ポイント
1 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス 15
2 カナダの旗 ピート・マクロード 12
3 日本の旗 室屋義秀 9
4 チェコの旗 マルティン・ソンカ 7
5 チェコの旗 ペトル・コプシュタイン 6
6 フランスの旗 ミカエル・ブラジョー 5
7 フランスの旗 ニコラス・イワノフ 4
8 オーストラリアの旗 マット・ホール 3
9 スペインの旗 フアン・ベラルデ 2
10 フランスの旗 フランソワ・ルボット 1
11 チリの旗 クリスチャン・ボルトン 0
12 アメリカ合衆国の旗 マイケル・グーリアン 0
13 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー 0
14 スロベニアの旗 ピーター・ポドランセック 0

チャレンジャークラス[編集]

予選[編集]


No. パイロット タイム ペナルティ
1 78 ハンガリーの旗 ダニエル・ジェネヴェイ 1:12.818
2 7 中華人民共和国の旗 ケニー・チャン 1:13.017 +2秒1
3 6 ポーランドの旗 ルーク・チェピエラ 1:13.406
4 62 ドイツの旗 フロリアン・バーガー 1:13.649 +2秒2
5 15 フランスの旗 ヴァティスト・ヴィーニュ 1:15.674 +2秒3
6 17 スウェーデンの旗 ダニエル・リファ 1:17.982 +4秒4
  • ^1 ゲート8でインコレクト・レベル(水平角度違反)[6]
  • ^2 ゲート6で機首を上げてゲートを通過[6]
  • ^3 ゲート9で通過時の高度超過[6]
  • ^4 ゲート6とゲート17でインコレクト・レベル[6]

決勝[編集]


No. パイロット タイム ペナルティ
1 62 ドイツの旗 フロリアン・バーガー 1:09.946
2 6 ポーランドの旗 ルーク・チェピエラ 1:13.515
3 17 スウェーデンの旗 ダニエル・リファ 1:14.735 +2sec1
4 15 フランスの旗 バティスト・ヴィーニュ 1:15.048
5 7 中華人民共和国の旗 ケニー・チャン 1:17.042 +4sec2
6 78 ハンガリーの旗 ダニエル・ジェネヴェイ 1:20.649 +4sec3
  • ^1 ゲート3でインコレクト・レベル(水平角度違反) [7]
  • ^2 ゲート6でインコレクト・レベル(水平角度違反)、ゲート18で機首角度違反[7]
  • ^3 ゲート5で通過時の高度超過、ゲート5およびゲート11でインコレクト・レベル(水平角度違反)[7]

第4戦終了後のランキング[編集]

マスタークラス

パイロット トー
タル
1 日本の旗 室屋義秀 39
2 チェコの旗 マルティン・ソンカ 37
3 カナダの旗 ピート・マクロード 26
4 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス 25
5 チェコの旗 ペトル・コプシュタイン 23
6 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー 23
7 スペインの旗 フアン・ベラルデ 15
8 アメリカ合衆国の旗 マイケル・グーリアン 14
9 フランスの旗 ニコラス・イワノフ 14
10 スロベニアの旗 ピーター・ポドランセック 12
11 オーストラリアの旗 マット・ホール 11
12 フランスの旗 ミカエル・ブラジョー 9
13 チリの旗 クリスチャン・ボルトン 4
14 フランスの旗 フランソワ・ルボット 4
チャレンジャークラス

パイロット トー
タル
1 ドイツの旗 フロリアン・バーガー 28
2 スウェーデンの旗 ダニエル・リファ 16
3 ポーランドの旗 ルーク・チェピエラ 14
4 アメリカ合衆国の旗 ケヴィン・コールマン 10
5 フランスの旗 メラニー・アストル 6
6 フランスの旗 バティスト・ヴィーニュ 6
7 ハンガリーの旗 ダニエル・ジェネヴェイ 4
8 イギリスの旗 ベン・マーフィ 4
9 中華人民共和国の旗 ケニー・チャン 2

出典[編集]

  1. ^ FEEL THE AIR @ブダペスト:2年ぶりのアンダー・ザ・ブリッジ”. 2017年7月22日閲覧。
  2. ^ KEDVENCEIKKEL TALÁLKOZTAK A RAJONGÓK A REPTÉREN”. レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ. 2018年6月22日閲覧。
  3. ^ a b ブダペスト:予選はマクロードが首位 室屋は2位通過”. Red Bull Air Race (2017年7月1日). 2017年7月2日閲覧。
  4. ^ a b c Muroya set the pace in Round of 14”. 2017年7月9日閲覧。
  5. ^ a b c d e Sonka fastest in Round of 8”. 2017年7月9日閲覧。
  6. ^ a b c d Genevey takes Qualifying in Budapest”. Red Bull Air Race (2017年7月1日). 2017年7月2日閲覧。
  7. ^ a b c Bergér smashes track record to take Challenger win”. 2017年7月9日閲覧。


前レース:
第3戦 日本の旗 千葉
レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ
2017年シーズン
第4戦 ハンガリーの旗 ブダペスト
次レース:
第5戦 ロシアの旗 カザン