2018年のアメリカンリーグディビジョンシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2018年のアメリカンリーグディビジョンシリーズ
チーム 勝数
ヒューストン・アストロズ 3
クリーブランド・インディアンス 0
シリーズ情報
試合日程 10月6日 - 10月9日
チーム情報
ヒューストン・アストロズ(HOU)
監督 A.J.ヒンチ
シーズン成績 103勝59敗(西地区優勝)
クリーブランド・インディアンス(CLE)
監督 テリー・フランコーナ
シーズン成績 91勝71敗(中地区優勝)
チーム 勝数
ボストン・レッドソックス 3
ニューヨーク・ヤンキース 1
シリーズ情報
試合日程 10月6日 - 10月10日
チーム情報
ボストン・レッドソックス(BOS)
監督 アレックス・コーラ
シーズン成績 108勝54敗(東地区優勝)
ニューヨーク・ヤンキース(NYY)
監督 アーロン・ブーン
シーズン成績 100勝62敗(ワイルドカード

 < 2017
ALDS
2018

2019 > 

 < 2017
NLDS
2018

2019 > 
2018ALCS 2018ワールドシリーズ

2018年のアメリカンリーグディビジョンシリーズ2018 American League Division Series, ALDS)は、2018年の10月6日から10月10日まで行われたMLBアメリカンリーグディビジョンシリーズ(地区シリーズ)である。

概要[編集]

ボストン・レッドソックス東地区優勝)対ニューヨーク・ヤンキース(ワイルドカード)、ヒューストン・アストロズ西地区優勝)対クリーブランド・インディアンス中地区優勝)の組み合わせとなった。

3勝0敗でヒューストン・アストロズ、3勝1敗でボストン・レッドソックスがリーグチャンピオンシップシリーズに進出した。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。

アストロズ対インディアンス[編集]

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月6日 第1試合 クリーブランド・インディアンス 2-7 ヒューストン・アストロズ ミニッツメイド・パーク
10月7日 第2試合 クリーブランド・インディアンス 1-3 ヒューストン・アストロズ
10月9日 第3試合 ヒューストン・アストロズ 11-3 クリーブランド・インディアンス プログレッシブ・フィールド
勝者:ヒューストン・アストロズ

第1試合 10月6日[編集]

ミニッツメイド・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
インディアンス 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2 3 0
アストロズ 0 0 0 2 2 0 2 1 × 7 12 0
  1. : ジャスティン・バーランダー (1–0)  : コーリー・クルーバー (0–1)  
  2. :  HOU – アレックス・ブレグマン (1) ジョージ・スプリンガー (1)ホセ・アルトゥーベ (1)マーティン・マルドナード(1)

第2試合 10月7日[編集]

ミニッツメイド・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
インディアンス 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 3 0
アストロズ 0 0 0 0 0 2 1 0 × 3 9 0
  1. : ゲリット・コール (1–0)  : カルロス・カラスコ (0–1)  S: ロベルト・オスーナ (0-0-1)  
  2. :  CLE – フランシスコ・リンドーア(1)  HOU – アレックス・ブレグマン (2)

第3試合 10月9日[編集]

プログレッシブ・フィールド

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アストロズ 0 0 1 0 1 0 3 6 1 11 13 0
インディアンス 0 0 1 0 1 0 0 0 1 3 7 3
  1. : コリン・マクヒュー (1–0)  : トレバー・バウアー (0–1)  
  2. :  HOU – アレックス・ブレグマン (2、3)カルロス・コレア(1)  CLE – フランシスコ・リンドーア(2)

ヤンキース対レッドソックス[編集]

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月6日 第1試合 ニューヨーク・ヤンキース 4-5 ストン・レッドソックス フェンウェイ・パーク
10月7日 第2試合 ニューヨーク・ヤンキース 6-2 ボストン・レッドソックス
10月9日 第3試合 ボストン・レッドソックス 16-1 ニューヨーク・ヤンキース ヤンキー・スタジアム
10月10日 第4試合 ボストン・レッドソックス 4-3 ニューヨーク・ヤンキース
勝者:ボストン・レッドソックス

第1試合 10月6日[編集]

フェンウェイ・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 0 0 0 0 2 1 0 1 4 10 0
レッドソックス 3 0 2 0 0 0 0 0 × 5 8 0
  1. : クリス・セール (1–0)  : J.A.ハップ (0–1)  S: クレイグ・キンブレル (0-0-1)  
  2. :  NYY – アーロン・ジャッジ(1)  BOS – J.D.マルティネス (1)

第2試合 10月7日[編集]

フェンウェイ・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 1 2 0 0 0 0 3 0 0 6 8 0
レッドソックス 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2 5 1
  1. : 田中将大 (1–0)  : デビッド・プライス (0–1)  
  2. :  NYY – アーロン・ジャッジ(2)ゲイリー・サンチェス(1・2)  BOS – ザンダー・ボガーツ (1)

第3試合 10月9日[編集]

ヤンキー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レッドソックス 0 1 2 7 0 0 1 3 2 16 18 0
ヤンキース 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 5 0
  1. : ネイサン・イオバルディ (1–0)  : ルイス・セベリーノ (0–1)  
  2. :  BOS – ブロック・ホルト(1)

第4試合 10月10日[編集]

ヤンキー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レッドソックス 0 0 3 1 0 0 0 0 0 4 8 0
ヤンキース 0 0 0 0 1 0 0 0 2 3 5 1
  1. : リック・ポーセロ (1–0)  : CC・サバシア (0–1)  S: クレイグ・キンブレル(0-0-2)  
  2. :  BOS – クリスチャン・バスケス(1)

脚注[編集]

関連項目[編集]