2018年のスーパーフォーミュラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2018年のスーパーフォーミュラ
前年: 2017 翌年: 2019

2018年のスーパーフォーミュラは、2018年4月20日 - 22日鈴鹿サーキットで開幕し、同年10月26日 - 28日に鈴鹿サーキットで閉幕した全7戦のシリーズ。

前年からの主な変更点[編集]

レース日程[編集]

鈴鹿1000kmの廃止に伴うSUPER GTの日程変更の影響を受け、前年から大きくカレンダーを変更。[1]

レースフォーマット[編集]

  • 開幕戦鈴鹿は、前年までの250kmから300kmにレース距離が延長された。
  • タイヤサプライヤーが横浜ゴムに変更された2016年シーズンより一部レースで試験的に導入されていた「2スペックタイヤ制」が本格導入され、全戦で「ソフト」「ミディアム」の2スペックのタイヤを使用しなくてはならない[2]
  • 第6戦岡山は、予選Q3においてオーバーテイクシステムが2回使用可能となる。
  • 最終戦鈴鹿は、例年決勝レースが2レース制で行われていたが、1レースで行われる。

エントラント[編集]

エントリーリスト[編集]

Car-No. ドライバー チーム カーネーム エンジン
1 日本の旗 石浦宏明 JMS P.MU/CERUMOINGING JMS P.MU/CERUMO・INGING SF14 TOYOTA RI4A
2 日本の旗 国本雄資 JMS P.MU/CERUMO・INGING SF14
3 ニュージーランドの旗 ニック・キャシディ KONDO RACING ORIENTALBIO KONDO SF14 TOYOTA RI4A
4 日本の旗 山下健太 ORIENTALBIO KONDO SF14
5 日本の旗 野尻智紀 DOCOMO TEAM DANDELION RACING DOCOMO DANDELION M5S SF14 HONDA HR-417E
6 日本の旗 松下信治 DOCOMO DANDELION M6Y SF14
7 ブラジルの旗 ピエトロ・フィッティパルディ(Rd.1)
フランスの旗 トム・ディルマン(Rd.2-7)
UOMO SUNOCO TEAM LEMANS UOMO SUNOCO SF14 TOYOTA RI4A
8 日本の旗 大嶋和也 UOMO SUNOCO SF14
15 日本の旗 福住仁嶺(Rd.1,5-7)
日本の旗 阪口晴南(Rd.2)
イギリスの旗 ダニエル・ティクトゥム(Rd.3,4)
TEAM 無限 TEAM MUGEN SF14 HONDA HR-417E
16 日本の旗 山本尚貴 TEAM MUGEN SF14
17 日本の旗 塚越広大 REAL RACING REAL SF14 HONDA HR-417E
18 日本の旗 小林可夢偉(Rd.1-4,6,7)
日本の旗 中山雄一(Rd.5)
carrozzeria Team KCMG KCMG Elyse SF14 TOYOTA RI4A
19 日本の旗 関口雄飛 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14 TOYOTA RI4A
20 日本の旗 平川亮 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14
36 日本の旗 中嶋一貴(Rd.1-4,6,7)
ブラジルの旗 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(Rd.5)
VANTELIN TEAM TOM'S VANTELIN KOWA TOM'S SF14 TOYOTA RI4A
37 イギリスの旗 ジェームス・ロシター VANTELIN KOWA TOM'S SF14
50 日本の旗 千代勝正 B-MAX Racing team B-Max Racing SF14 HONDA HR-417E
64 インドの旗 ナレイン・カーティケヤン TCS NAKAJIMA RACING TCS NAKAJIMA RACING SF14 HONDA HR-417E
65 日本の旗 伊沢拓也 TCS NAKAJIMA RACING SF14

※全チームともシャシーはSF14タイヤは横浜ゴム

スケジュール及び勝者[編集]

開催日 開催サーキット 距離・形式 優勝者 ポールポジション ファステストラップ 備考
Rd1 4月20〜22日 鈴鹿サーキット 300km 山本尚貴 山本尚貴 ジェームス・ロシター
Rd2 5月11〜13日 オートポリス 250km 平川亮[9] 悪天候の為中止[10]
Rd3 5月25〜27日 スポーツランドSUGO 250km 山本尚貴 野尻智紀 関口雄飛
Rd4 7月6〜8日 富士スピードウェイ 250km ニック・キャシディ ニック・キャシディ ニック・キャシディ
Rd5 8月17〜19日 ツインリンクもてぎ 250km 石浦宏明 石浦宏明 福住仁嶺
Rd6 9月7〜9日 岡山国際サーキット 250km 関口雄飛 関口雄飛 小林可夢偉 悪天候の為決勝レース距離を200kmに変更[11]
Rd7 10月26〜28日 鈴鹿サーキット 250km 山本尚貴 山本尚貴 関口雄飛

シリーズポイントランキング[編集]

ドライバー部門[編集]

ポイントシステム
ラウンド 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 PP
1-6 10 8 6 5 4 3 2 1 1
7 13 8 6 5 4 3 2 1 1
  • 第6戦は荒天により規定レース距離の75%を消化できなかったため決勝順位により与えられるポイントが半分となった[12]
順位 ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 ポイント
1 日本の旗 山本尚貴 1 C 1 8 7 10 1 38
2 ニュージーランドの旗 ニック・キャシディ 7 C 2 1 3 5 2 37
3 日本の旗 石浦宏明 4 C 11 2 1 7 11 25
4 日本の旗 関口雄飛 2 C 13 6 16 1 8 18
5 日本の旗 平川亮 Ret C 9 4 2 3 Ret 17
6 日本の旗 中嶋一貴 8 C 3 5 WD 17 5 15
7 日本の旗 野尻智紀 3 C 7 14 8 4 9 12.5
8 日本の旗 国本雄資 13 C Ret 3 15 8 4 11.5
9 日本の旗 山下健太 9 C 8 18 6 6 3 11.5
10 日本の旗 小林可夢偉 10 C 6 12 WD 2 13 7
11 日本の旗 松下信治 12 C 10 9 4 9 7 7
12 日本の旗 大嶋和也 15 C 15 7 5 16 14 6
13 日本の旗 塚越広大 6 C 12 13 10 12 6 6
14 フランスの旗 トム・ディルマン WD C 4 10 12 Ret 15 5
15 インドの旗 ナレイン・カーティケヤン 17 C 5 16 11 13 17 4
16 日本の旗 伊沢拓也 5 C 14 15 14 14 16 4
イギリスの旗 ジェームス・ロシター 11 C Ret 19 9 11 Ret 0
日本の旗 千代勝正 14 C Ret 17 19 15 10 0
イギリスの旗 ダニエル・ティクトゥム WD WD Ret 11 WD WD WD 0
日本の旗 福住仁嶺 Ret WD WD WD 17 18 12 0
日本の旗 中山雄一 WD WD WD WD 13 WD WD 0
ブラジルの旗 ピエトロ・フィッティパルディ 16 WD WD WD WD WD WD 0
ブラジルの旗 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ WD WD WD WD 18 WD WD 0
日本の旗 阪口晴南 WD C WD WD WD WD WD 0
順位 ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

太字 - ポールポジション
斜体 - ファステストラップ

ルーキー・オブ・ザ・イヤー[編集]

順位 ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 ポイント
1 日本の旗 松下信治 12 C 10 9 4 9 7 7
2 フランスの旗 トム・ディルマン WD C 4 10 12 Ret 15 5
日本の旗 千代勝正 14 C Ret 17 19 15 10 0
イギリスの旗 ダニエル・ティクトゥム WD WD Ret 11 WD WD WD 0
日本の旗 福住仁嶺 Ret WD WD WD 17 18 12 0
ブラジルの旗 ピエトロ・フィッティパルディ 16 WD WD WD WD WD WD 0
日本の旗 阪口晴南 WD C WD WD WD WD WD 0
順位 ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 ポイント

チーム部門[編集]

順位 チーム No. Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 ポイント
1 KONDO RACING 3 7 C 2 1 3 5 2 47.5
4 9 C 8 18 6 6 3
2 JMS P.MU/CERUMO・INGING 1 4 C 11 2 1 7 11 35.5
2 13 C Ret 3 15 8 4
3 TEAM 無限 15 Ret C Ret 11 17 18 12 33
16 1 C 1 8 7 10 1
4 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL 19 2 C 13 6 16 1 8 33
20 Ret C 9 4 2 3 Ret
5 DOCOMO TEAM DANDELION RACING 5 3 C 7 14 8 4 9 18.5
6 12 C 10 9 4 9 7
6 VANTELIN TEAM TOM'S 36 8 C 3 5 18 17 5 15
37 11 C Ret 19 9 11 Ret
7 UOMO SUNOCO TEAM LEMANS 7 16 C 4 10 12 Ret 15 11
8 15 C 15 7 5 16 14
8 TCS NAKAJIMA RACING 64 17 C 5 16 11 13 17 8
65 5 C 14 15 14 14 16
9 carrozzeria Team KCMG 18 10 C 6 12 13 2 13 7
10 REAL RACING 17 6 C 12 13 10 12 6 6
B-MAX Racing team 50 14 C Ret 17 19 15 10 0
順位 チーム No. Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

太字 - ポールポジション
斜体 - ファステストラップ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2018年 シリーズ開催スケジュールが確定! - 全日本スーパーフォーミュラ選手権 公式website ,2017年12月18日
  2. ^ スーパーフォーミュラ:バトル増加の起爆剤。2018年はシリーズ全戦が2スペックタイヤ制に - オートスポーツ・2018年1月11日
  3. ^ “『40/41』から『5/6』へ。DOCOMO TEAM DANDELION RACINGのカーナンバー変更の理由” (日本語). auto sport Web. (2018年3月12日). http://www.as-web.jp/super-formula/347226?all 2018年12月1日閲覧。 
  4. ^ “トム・ディルマンと阪口晴南が、スーパーフォーミュラに代役参戦決定” (日本語). Motorsport.com. https://jp.motorsport.com/super-formula/news/SUPERFORMULA-dilman-sakafguchi-1024764/ 2018年4月12日閲覧。 
  5. ^ “無限、スーパーフォーミュラ第3戦と第4戦で福住仁嶺の代役にマカオウイナーのダニエル・ティクトゥムを起用” (日本語). AUTO SPORT web. http://www.as-web.jp/super-formula/367785?all 2018年5月11日閲覧。 
  6. ^ “スーパーフォーミュラ:TEAM LEMANSの助っ人ディルマン「日本に行くのは初めて」。"ふぐ"に興味も” (日本語). AUTO SPORT web. (2018年4月16日). http://www.as-web.jp/super-formula/359746 2018年4月18日閲覧。 
  7. ^ “ピエトロ・フィッティパルディ、骨折した両足の手術が無事に成功” (日本語). F1-Gate.com. (2018年5月5日). https://f1-gate.com/wec/fittipaldi_42388.html 2018年5月5日閲覧。 
  8. ^ “中嶋大祐、今季のSF参戦を辞退「気持ちを維持できなくなった」”. motorsport.com. (2018年1月22日). https://jp.motorsport.com/super-formula/news/%E4%B8%AD%E5%B6%8B%E5%A4%A7%E7%A5%90-%E4%BB%8A%E5%AD%A3%E3%81%AEsf%E5%8F%82%E6%88%A6%E3%82%92%E8%BE%9E%E9%80%80-%E6%B0%97%E6%8C%81%E3%81%A1%E3%82%92%E7%B6%AD%E6%8C%81%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F-998003/2130843/ 
  9. ^ 前戦での接触により3グリッド降格のため、予選2番手だった野尻智紀がポールポジションとなる予定だったが、悪天候で中止となった。
  10. ^ “2018年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第2戦は、天候の回復が見込みないため中止となりました” (日本語). 全日本スーパーフォーミュラ選手権 公式サイト. http://superformula.net/sf2/headline/7651 
  11. ^ “スーパーフォーミュラ第6戦岡山:日曜フリー走行。荒天のため決勝日のスケジュールに変更あり” (日本語). auto sports Web. http://www.as-web.jp/super-formula/408150?all 
  12. ^ “最後まで見たかった! 関口雄飛と小林可夢偉、抜きつ抜かれつの雨中の壮絶トップバトル【スーパーフォーミュラ第6戦岡山決勝】” (日本語). auto sport web. http://www.as-web.jp/super-formula/408233?all