2018年のナショナルリーグディビジョンシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2018年のナショナルリーグディビジョンシリーズ
チーム 勝数
ミルウォーキー・ブルワーズ 3
コロラド・ロッキーズ 0
シリーズ情報
試合日程 10月5日 - 10月8日
チーム情報
ミルウォーキー・ブルワーズ(MIL)
監督 クレイグ・カウンセル
シーズン成績 90勝72敗(中地区優勝)
コロラド・ロッキーズ(COL)
監督 バド・ブラック
シーズン成績 91勝72敗(ワイルドカード
チーム 勝数
ロサンゼルス・ドジャース 3
アトランタ・ブレーブス 1
シリーズ情報
試合日程 10月5日 - 10月9日
チーム情報
ロサンゼルス・ドジャース(LAD)
監督 デーブ・ロバーツ
シーズン成績 92勝71敗(西地区優勝)
アトランタ・ブレーブス(ATL)
監督 ブライアン・スニッカー
シーズン成績 91勝71敗(東地区優勝)

 < 2017
NLDS
2018

2019 > 

 < 2017
ALDS
2018

2019 > 
2018NLCS 2018ワールドシリーズ

2018年のナショナルリーグディビジョンシリーズ2018 National League Division Series, NLDS)は、2018年の10月5日から10月9日まで行われたMLBナショナルリーグディビジョンシリーズ(地区シリーズ)である。

概要[編集]

ミルウォーキー・ブルワーズ中地区優勝)対コロラド・ロッキーズワイルドカード)、ロサンゼルス・ドジャース西地区優勝)対アトランタ・ブレーブス東地区優勝)の組み合わせとなった。

結果は3勝0敗でミルウォーキー・ブルワーズと、3勝1敗でロサンゼルス・ドジャースが勝利し、リーグチャンピオンシップシリーズへ進出した。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。

ブルワーズ対ロッキーズ[編集]

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月5日 第1試合 コロラド・ロッキーズ 2-3 ミルウォーキー・ブルワーズ ミラー・パーク
10月6日 第2試合 コロラド・ロッキーズ 0-4 ミルウォーキー・ブルワーズ
10月8日 第3試合 ミルウォーキー・ブルワーズ 6-0 コロラド・ロッキーズ クアーズ・フィールド
勝者:ミルウォーキー・ブルワーズ

第1試合 10月5日[編集]

ミラー・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
ロッキーズ 0 0 0 0 0 0 2 0 2 0 2 4 0
ブルワーズ 0 0 2 0 0 0 0 0 0 3 7 1
  1. : ホアキム・ソリア (1–0)  : アダム・オッタビーノ (0–1)  
  2. :  MIL – クリスチャン・イエリッチ(1)

第2試合 10月6日[編集]

ミラー・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロッキーズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0
ブルワーズ 0 0 0 1 0 0 0 3 × 4 9 1
  1. : ジョーリス・チャシーン (1–0)  : アダム・オッタビーノ (0–1)  S: ジェレミー・ジェフレス(0-0-1)  

第3試合 10月8日[編集]

クアーズ・フィールド

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ブルワーズ 1 0 0 1 0 2 0 0 2 6 12 0
ロッキーズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0
  1. : コービン・バーンズ (1–0)  : ヘルマン・マルケス (0–1)  
  2. :  MIL – ヘスス・アギラル(1)オーランド・アルシア(1)キーオン・ブロクストン (1)

ドジャース対ブレーブス[編集]

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月5日 第1試合 アトランタ・ブレーブス 0-7 ロサンゼルス・ドジャース ドジャー・スタジアム
10月6日 第2試合 アトランタ・ブレーブス 0-3 ロサンゼルス・ドジャース
10月8日 第3試合 ロサンゼルス・ドジャース 5-6 アトランタ・ブレーブス サントラスト・パーク
10月9日 第4試合 ロサンゼルス・ドジャース 6-2 アトランタ・ブレーブス
勝者:ロサンゼルス・ドジャース

第1試合 10月5日[編集]

ドジャー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ブレーブス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 1
ドジャース 0 0 0 2 2 0 2 1 × 7 12 0
  1. : 柳賢振 (1–0)  : マイク・フォルテネービッチ (0–1)  
  2. :  LAD – ジョク・ピーダーソン (1) マックス・マンシー (1)エンリケ・ヘルナンデス (1)

第2試合 10月6日[編集]

ドジャー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ブレーブス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
ドジャース 2 0 0 1 0 0 0 0 × 3 5 0
  1. : クレイトン・カーショウ (1–0)  : アニバル・サンチェス (0–1)  S: ケンリー・ジャンセン(0-0-1)  
  2. :  LAD – マニー・マチャド (1) ヤズマニ・グランダル (1)

第3試合 10月8日[編集]

サントラスト・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ドジャース 0 0 2 0 3 0 0 0 0 5 7 1
ブレーブス 0 5 0 0 0 1 0 0 × 6 4 1
  1. : トゥーキー・トゥーサン (1–0)  : アレックス・ウッド (0–1)  S: アローディス・ビスカイーノ(0-0-1)  
  2. :  LAD – クリス・テイラー(1)マックス・マンシー(2)  ATL – ロナルド・アクーニャJr. (1) フレディ・フリーマン (1)

第4試合 10月9日[編集]

サントラスト・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ドジャース 1 0 0 0 0 2 3 0 0 6 8 1
ブレーブス 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 6 0
  1. : ライアン・マドソン (1–0)  : ジョニー・ベンタース (0–1)  
  2. :  LAD – マニー・マチャド(2)

脚注[編集]

関連項目[編集]