2018年の全日本F3選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2018年の全日本F3選手権
前年: 2017 翌年: 2019

2018年の全日本F3選手権は、2018年4月22日-23日鈴鹿サーキットで開幕し、10月18日-19日富士スピードウェイで閉幕した、全19戦のシリーズである。

前年からの主な変更点[編集]

シャシー[編集]

NクラスのシャシーがF312世代に刷新される[1]

エンジン[編集]

Nクラスのエンジンがフォルクスワーゲン・A18-CNのワンメイクとなる[1]

エントリーリスト[編集]

チーム No. ドライバー クラス シャシー エンジン 出場ラウンド
B-MAX RACING TEAM 1 日本の旗 金丸悠 Dallara F312 VOLKSWAGEN A41(OXY) Rd.1-19
3 日本の旗 三浦愛 Dallara F312 VOLKSWAGEN A41(OXY) Rd.1-19
21 アメリカ合衆国の旗 ブルーノ・カルネイロ Dallara F312 VOLKSWAGEN A41(OXY) Rd.1,2
日本の旗 平峰一貴 Rd.3,4
日本の旗 SYUJI Rd.5,6
日本の旗 植田正幸 Rd.7-9
日本の旗 藤浪清斗 Rd.10-12,15-17,9
日本の旗 畑享志 Rd.13,14,9
日本の旗 澤田真治 Rd.18,19
B-MAX ENGINEERING 13 日本の旗 廣田秀機 Dallara F312 VOLKSWAGEN A41(OXY) Rd.1,2
日本の旗 吉田基良 Rd.3-19
30 日本の旗 DRAGON Dallara F314 VOLKSWAGEN A41(OXY) Rd.1-19
TODA RACING 2 日本の旗 阪口晴南 Dallara F316 TODA TR-F301 Rd.1-19
93 日本の旗 大湯都史樹 Dallara F316 TODA TR-F301 Rd.1-19
HANASHIMA RACING 5 日本の旗 久保田克昭 Dallara F312 Toyota TOM'S TAZ31 Rd.10-12
日本の旗 小高一斗 Rd.15-17,9
日本の旗 大草りき Rd.18,19
OIRC team YTB 8 日本の旗 片山義章 Dallara F318 Mercedes-Benz 414 Rd.1-19
NODA RACING 10 オーストラリアの旗 ジェイク・パーソンズ N Dallara F312 VOLKSWAGEN A18 Rd.1-19
ThreeBond Racing 12 日本の旗 笹原右京 Dallara F318 ThreeBond TOMEI TB14F3 Rd.1-19
ALBIREX RACING TEAM 14 日本の旗 根本悠生 Dallara F315 Mercedes-Benz 414 Rd.1-6,10-17,9
日本の旗 太田達也 Rd.18,19
TAIROKU RACING 28 日本の旗 山口大陸 Dallara F316 VOLKSWAGEN A41(OXY) Rd.1-19
RS FINE 35 日本の旗 河野駿佑 Dallara F318 Mercedes-Benz 414 Rd.1-19
カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S 36 日本の旗 坪井翔 Dallara F317 Toyota TOM'S TAZ31 Rd.1-19
37 日本の旗 宮田莉朋 Dallara F317 Toyota TOM'S TAZ31 Rd.1-19
アイコン クラス
N F3-N

※全チームともタイヤ横浜ゴム

スケジュール及び勝者[編集]

ラウンド 開催サーキット 決勝日 ポールポジション ファステストラップ 優勝ドライバー 優勝チーム F3-Nクラス勝者 備考
1 R1 鈴鹿サーキット 4月22日 宮田莉朋 坪井翔 坪井翔 カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S ジェイク・パーソンズ
R2 4月22日 坪井翔 坪井翔 坪井翔 カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S ジェイク・パーソンズ
2 R3 スポーツランドSUGO 5月26日 坪井翔 坪井翔 坪井翔 カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S ジェイク・パーソンズ
R4 5月27日 坪井翔 宮田莉朋 坪井翔 カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S ジェイク・パーソンズ
3 R5 富士スピードウェイ 7月7日 坪井翔 笹原右京 坪井翔 カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S ジェイク・パーソンズ
R6 7月8日 坪井翔 坪井翔 宮田莉朋 カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S ジェイク・パーソンズ
4 R7 岡山国際サーキット 7月28日 宮田莉朋 坪井翔 宮田莉朋 カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S ジェイク・パーソンズ
R8 7月28日 坪井翔 坪井翔 坪井翔 カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S ジェイク・パーソンズ 台風接近のため日程変更
R9 7月29日 台風接近のため中止
5 R10 ツインリンクもてぎ 8月18日 坪井翔 坪井翔 坪井翔 カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S ジェイク・パーソンズ
R11 8月19日 坪井翔 坪井翔 坪井翔 カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S ジェイク・パーソンズ
R12 8月19日 坪井翔 坪井翔 坪井翔 カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S ジェイク・パーソンズ グリッドはRd10の決勝結果による
6 R13 岡山国際サーキット 9月8日 坪井翔 坪井翔 坪井翔 カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S ジェイク・パーソンズ
R14 9月9日 坪井翔 坪井翔 坪井翔 カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S ジェイク・パーソンズ
R9 9月9日 Rd9の代替え[2]が予定されるも、再度 悪天候のため中止[3]
7 R15 スポーツランドSUGO 9月29日 坪井翔 坪井翔 坪井翔 カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S ジェイク・パーソンズ
R16 9月29日 坪井翔 宮田莉朋 坪井翔 カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S ジェイク・パーソンズ
R17 9月30日 坪井翔 坪井翔 坪井翔 カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S ジェイク・パーソンズ グリッドはRd15の決勝結果による
R9 9月30日 坪井翔 坪井翔 坪井翔 カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S - Rd9の代替え[4]。グリッドはRd16の決勝結果による
8 R18 富士スピードウェイ 10月13日 坪井翔 坪井翔 坪井翔 カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S ジェイク・パーソンズ
R19 10月14日 坪井翔 坪井翔 坪井翔 カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S ジェイク・パーソンズ

シリーズポイントランキング[編集]

ドライバー部門[編集]

  • ポイントシステムは以下の通り
1位 2位 3位 4位 5位 6位 PP FL
10 7 5 3 2 1 1 1
順位 ドライバー SUZ SUG FSW OKA TRM OKA SUG FSW ポイント
1 日本の旗 坪井翔 1 1 1 1 1 2 2 1 C 1 1 1 1 1 C 1 1 1 1 1 1 214
2 日本の旗 宮田莉朋 2 2 2 2 9 1 1 2 C 2 2 2 5 3 C 2 2 4 2 6 3 117
3 日本の旗 笹原右京 4 7 5 5 3 3 3 7 C Ret 4 7 4 2 C 3 3 2 3 Ret 2 65
4 日本の旗 阪口晴南 3 3 4 3 2 4 6 4 C 5 5 9 Ret 4 C 8 5 Ret 4 2 6 52
5 日本の旗 金丸悠 5 5 6 8 5 6 4 6 C 4 3 4 2 9 C 4 7 3 5 13 Ret 40
6 日本の旗 大湯都史樹 14 9 3 4 4 Ret 9 3 C 3 6 3 Ret 5 C 6 4 Ret DNS 4 4 39
7 日本の旗 片山義章 Ret 4 7 6 7 14 7 5 C 6 Ret 5 7 7 C 5 6 5 9 11 Ret 14
8 日本の旗 河野駿佑 10 8 8 9 6 5 5 8 C 7 7 6 8 8 C 11 9 8 8 3 5 13
9 日本の旗 根本悠生 9 10 9 7 9 8 WD WD WD 8 13 8 3 6 C 13 10 6 Ret WD WD 7
10 日本の旗 大草りき WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD 5 9 2
11 アメリカ合衆国の旗 ブルーノ・カルネイロ 6 6 WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD 2
12 日本の旗 三浦愛 7 11 11 12 Ret 7 8 9 C 10 9 11 6 10 C 16 13 10 12 7 8 1
13 日本の旗 小高一斗 WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD 7 8 Ret 6 WD WD 1
日本の旗 藤波清斗 WD WD WD WD WD WD WD WD WD 9 8 10 WD WD WD 9 14 7 7 WD WD 0
日本の旗 太田達也 WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD 10 7 0
日本の旗 山口大陸 8 12 12 11 11 9 10 10 C 12 12 13 9 13 C 12 12 11 10 8 11 0
日本の旗 DRAGON 11 Ret Ret 13 10 10 11 11 C 11 10 12 11 12 C 10 11 Ret 11 9 10 0
オーストラリアの旗 ジェイク・パーソンズ 13 13 13 14 12 11 14 13 C 14 14 15 10 11 C 14 15 9 DNS 14 12 0
日本の旗 吉田基良 WD WD 14 15 14 13 15 15 C 15 15 16 13 15 C 15 16 12 Ret 12 13 0
日本の旗 平峰一貴 WD WD 10 10 WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD 0
日本の旗 廣田秀機 12 10 WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD 0
日本の旗 久保田克昭 WD WD WD WD WD WD WD WD WD 13 11 14 WD WD WD WD WD WD WD WD WD 0
日本の旗 SYUJI WD WD WD WD 13 12 WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD 0
日本の旗 畑享志 WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD 12 14 C WD WD WD WD WD WD 0
日本の旗 植田正幸 WD WD WD WD WD WD 13 14 C WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD WD 0
順位 ドライバー SUZ SUG FSW OKA TRM OKA SUG FSW ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

太字 – ポールポジション
斜体 – ファステストラップ

F3-Nクラス ドライバー部門[編集]

順位 ドライバー SUZ SUG FSW OKA TRM OKA SUG FSW ポイント
1 オーストラリアの旗 ジェイク・パーソンズ 13 13 13 14 12 11 14 13 C 14 14 15 10 11 C 14 15 9 DNS 14 12 214
順位 ドライバー SUZ SUG FSW OKA TRM OKA SUG FSW ポイント

チーム部門[編集]

  • ポイントシステムは以下の通り
1位 2位 3位 4位 5位 6位
10 7 5 3 2 1
順位 チーム SUZ SUG FSW OKA TRM OKA SUG FSW ポイント
1 カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S 1 1 1 1 1 1 1 1 C 1 1 1 1 1 C 1 1 1 1 1 1 190
2 TODA RACING 3 3 3 3 2 4 6 3 C 3 5 3 Ret 4 C 6 4 Ret 4 2 4 68
3 ThreeBond Racing 4 7 5 5 3 3 3 7 C Ret 4 7 4 2 C 3 3 2 3 Ret 2 64
4 B-MAX RACING TEAM 5 5 6 8 5 6 4 6 C 4 3 4 2 9 C 4 7 3 5 7 8 40
5 OIRC team YTB Ret 4 7 6 7 14 7 5 C 6 Ret 5 7 7 C 5 6 5 9 11 Ret 14
6 RS FINE 10 8 8 9 6 5 5 8 C 7 7 6 8 8 C 11 9 8 8 3 5 13
7 ALBIREX RACING TEAM 9 10 9 7 9 8 WD WD WD 8 13 8 3 6 C 13 10 6 Ret 10 7 7
8 HANASHIMA RACING WD WD WD WD WD WD WD WD WD 13 11 14 WD WD WD 7 8 Ret 6 5 9 3
TAIROKU RACING 8 12 12 11 11 9 10 10 C 12 12 13 9 13 C 12 12 11 10 8 11 0
NODA RACING 13 13 13 14 12 11 14 13 C 14 14 15 10 11 C 14 15 9 DNS 14 12 0
順位 チーム SUZ SUG FSW OKA TRM OKA SUG FSW ポイント

エンジンチューナー部門[編集]

順位 チューナー SUZ SUG FSW OKA TRM OKA SUG FSW ポイント
1 株式会社トムス 1 1 1 1 1 1 1 1 C 1 1 1 1 1 C 1 1 1 1 1 1 190
2 TODA RACING 3 3 3 3 2 4 6 3 C 3 5 3 Ret 4 C 6 4 Ret 4 2 4 68
3 東名エンジン株式会社 4 7 5 5 3 3 3 7 C Ret 4 7 4 2 C 3 3 2 3 Ret 2 64
4 SPIESS Motorenbau Gmbh 5 5 6 8 5 6 4 6 C 4 3 4 2 9 C 4 7 3 5 7 8 40
5 HWA AG 9 4 7 6 6 5 5 5 C 6 7 5 3 6 C 5 6 5 8 3 5 32
順位 チューナー SUZ SUG FSW OKA TRM OKA SUG FSW ポイント

参照[編集]

  1. ^ a b 次期F3-Nクラス車両についてのご案内,日本フォーミュラスリー協会,2017年7月7日
  2. ^ 全日本 F3 選手権 第9戦 代替開催決定のお知らせ,日本フォーミュラスリー協会,2018年8月17日
  3. ^ JF3:第9戦岡山決勝 荒天により中止が発表される,Motorsports Forum,2018年9月9日
  4. ^ 全日本F3選手権第9戦代替開催決定のお知らせ,日本フォーミュラスリー協会,2018年9月22日