2018年のSUPER GT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2018年のSUPER GT
前年: 2017 翌年: 2019

2018年SUPER GTは、2018年4月7日8日岡山国際サーキットで開幕し、同年11月10日11日ツインリンクもてぎで閉幕した全8戦のシリーズである。

前年からの主な変更点[編集]

レース日程[編集]

2018年のレース日程は鈴鹿1000kmが前年で終了したことや、タイ ラウンドの開催時期が移動することに伴い、大幅に変更が加えられている[1][2]

鈴鹿1000kmが前年で終了し、同年から「サマーエンデュランス 鈴鹿10時間耐久レース」(鈴鹿10h)としてSUPER GTとは別の大会として開催されるため[3]鈴鹿サーキットでの開催は5月下旬に300kmレースとして開催されることになった。また、鈴鹿1000kmに変わる長距離耐久戦として、富士スピードウェイでの8月の第5戦を500マイル(約804km)にレース距離を変更する[4][5]。これにより富士での開催は第2戦の500kmレースと共に長距離戦で構成される。なお、鈴鹿10hはGTアソシエイション(GTA)の協力の下、JAF-GT・FIA-GT3いずれのGT300クラス車両も出場可能だが、同レース出場によるSUPER GTとしての特別ポイントの加算はない[6]

また、タイ ラウンドはこれまでの10月から6月末に変更となる。これはチャーン・インターナショナル・サーキットで10月にMotoGPタイグランプリが開催されるのに伴う変更で、6月の海外開催は2015年以来となる[7]

これらの変更に合わせる形で、前年は5月下旬だったオートポリスでの開催は10月の第7戦に、同じく7月だったスポーツランドSUGOでの開催は9月の第6戦に、それぞれ変更されている。このうち第7戦については、FIA 世界耐久選手権(WEC)2018-2019スーパーシーズンの日程変更で第4戦富士ラウンドの開催日程が重なり、当初予定から1週繰り上がる形で変更されたものの、F1世界選手権に参戦しているフェルナンド・アロンソのトヨタでのWEC参戦が決定し、今度はWEC第4戦富士ラウンドとF1アメリカGPの日程が競合することになった事からWEC側が再変更、それに合わせる形でSUPER GTも日程の再調整を行い、最終的に第7戦を当初予定の10月20日・21日に開催することになった[8][9]

レギュレーション[編集]

  • GT500クラスのウェイトハンデに用いる燃料流量リストリクターの流量制限が変更され、51〜67kgが91.8kg/h、68〜84kgが88.6kg/h、85〜100kgが85.5kg/hと、いずれも流量が少なくなり、より厳しい流量制限が課せられることになった[10]
  • JAF-GT300のターボ装着車について、エアリストリクター径を拡大する代わりに最大過給圧を制限する規制が導入された[11]
  • FIA-GT3車両においてエボリューションモデルがリリースされた場合、その車両の旧モデルはエボリューションモデル リリース後2年間使用可能となる[12]
  • 参加車両にはエアコンの搭載が推奨されているが、これに加え、エアコン未搭載車両に対しては、GTAが指定する競技会においてクールスーツシステムの搭載と使用が義務づけられる[12]
  • GT300クラスの参戦台数増加に伴い、同クラスのノックアウト予選Q1において、A組とB組に分けて実施する場合の規定が定められた。組み分けの有無は大会開催前にGTAから発表を行う。組み分けは前大会のチーム順位に基づいて、奇数順位をA組、偶数順位をB組に分け(開幕戦など順位が決まっていない場合はこれまでの成績からGTAが考慮して決定)、A組のQ1(10分間)を実施後5分間のインターバルを挟み、B組のQ1(10分間)を実施し、各組上位7台計14台(組み分けが無いときと同じ台数)がQ2に進出できる。また、Q2に関してはクラスの別や組み分けの有無関係無しに、両クラスとも前年の12分間から10分間に時間短縮される[10]
  • 決勝スタートにおいて、レースの安全性と公平性を確保するため、スタート隊列の厳格化が定められた。フォーメーションラップの後半からコースサイドに2列縦隊形成を指示するグリッドボードを掲示、レーススタート合図が出るまではポールポジション車両の先導で80〜90km/hで走行し、加減速は禁止される。また、レーススタート合図はレーススタート時(GT500クラスの開始時)のみだったものが、GT300クラスの開始時にもグリーンライトの再点灯や国旗の振動提示などスタート合図が再度出される。ストレート上では両クラスともに2列縦隊を形成したまま、各車が発進したグリッドの枠からはみ出さないように進むすることも規定されている[10]
  • タイヤ交換において、決勝レーススタート後にタイヤを2本以上交換する場合、「マーキングタイヤ以外のドライタイヤであっても構わない」という文言が追加された[12]
  • ピット作業時の燃料補給中に認められる作業として、「窓拭きおよびウインドフィルム剥がし」が追加された[12]
  • レースクイーンの登録年齢が満20歳以上の者と定められた。やむを得ず未成年者や年少者を登録する場合は労働基準法を順守した上で登録エントラントが全責任を持つとしているほか、15歳以下の児童の登録は不可能としている[12]

マシン[編集]

GT300クラス[編集]

エントラント[編集]

GT500クラス[編集]

GT300クラス[編集]

  • CARGUY Racingはレギュラードライバーとして横溝直輝を起用、セカンドドライバーはチーム代表の木村武史とアフィック・ヤジドの2人が、チームディレクターとサポートドライバーをケイ・コッツォリーノが務める[13]
  • ホンダアクセス道上龍率いるドラゴが共同で「Modulo Drago CORSE」を発足し、GT300クラスに参戦する。2016年シーズン限りでGT500クラスから撤退して以来の参戦で、ドライバーは5年ぶりのGT参戦となる道上と前年の全日本F3選手権ランキング5位の大津弘樹、監督はチョン・ヨンフンが務める[22]
  • 岡山トヨペットの社内チーム「K-tunes Racing」がLM corsaと共に新たに参戦、新田守男中山雄一をドライバーに起用し、監督は影山正彦が務める[15]。一方LM corsaのメインである60号車は前年までレギュラードライバーだった飯田章が監督となり、ドライバーは吉本大樹とFIA-F4で2年連続チャンピオンの宮田莉朋の組み合わせとなった[23]
  • PACIFIC with GULF RACINGはドライバーを久保凜太郎石川京侍に変更している[24]
  • つちやエンジニアリング松井孝允と新加入の坪井翔、第3ドライバーとして近藤翼を据える体勢となった[25]。また、カラーリングも一新されHOPPYカラーとなる[26]
  • D'station Racing藤井誠暢とスヴェン・ミューラーのコンビを継続、ミューラーはポルシェのファクトリードライバーとしては初のSUPER GTフル参戦となる。また、ゼッケンナンバーも前年の33からBMW Team Studieが使用していた7に変更となった[27]
  • aprの31号車は前年サードでGT500に参戦していた平手晃平が移り、嵯峨宏紀とコンビを組む[16]
  • Audi Team Hitotsuyamaリチャード・ライアンと新加入の富田竜一郎、第3ドライバーとして篠原拓朗を据える体勢となった[28]
  • アップガレージは前年までのRACING PROJECT BANDOHとの共同参戦から自社単独参戦に変更、ドライバーは中山友貴小林崇志のコンビとなる[29]
  • 前年まで参戦していたBMW Team StudieはSUPER GTから撤退しブランパンGTシリーズ・アジアへの参戦を表明した。この事について代表の鈴木康昭は自身のブログで「BMW M6の市販車の生産の終了で同車両のセールスプロモーションとしての役割を終えた」「新たにBMW M4 GT4が投入されるが、現在SUPER GTとしてはカテゴリーに当てはまらない」「BMW Motorsportから日本の10倍以上BMW車が売れる中国でのレース参戦を促されていた」「ブランパンGTシリーズ・アジアが急激に伸びており、GT4の参戦増加が見込め、日本でも富士と鈴鹿で開催される」と言ったことを理由として挙げている[30]
  • 東名スポーツは、柳田真孝が新たに加わる[31]
  • Team TAISANは前年までのSARDとの共同参戦から自社単独参戦に変更、山田真之亮と川端伸太朗がドライバーを務めるほか、スーパーバイザーに中野信治が就任する[32]
  • JLOCは長年同チームのレギュラードライバーを務めていた織戸学細川慎弥がチームから離脱し、新たにランボルギーニファクトリードライバーのマルコ・マペッリを起用する[33]
  • Arnage Racingは2015年までのドライバーである加納政樹安岡秀徒が復帰[18]、富士戦での第3ドライバーとして坂本祐也を起用する[34]

エントリーリスト[編集]

GT500クラス[編集]

No. マシン ドライバー エントラント タイヤ
1 KeePer TOM'S LC500 日本の旗 平川亮
ニュージーランドの旗 ニック・キャシディ
LEXUS TEAM KeePer TOM'S B
3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 日本の旗 本山哲
日本の旗 千代勝正
NDDP RACING with B-MAX M
6 WAKO'S 4CR LC500 日本の旗 大嶋和也
スウェーデンの旗 フェリックス・ローゼンクヴィスト(Rd.1,2,4-8)
イギリスの旗 ジェームス・ロシター(Rd.3)
LEXUS TEAM LeMans WAKO'S B
8 ARTA NSX-GT 日本の旗 野尻智紀
日本の旗 伊沢拓也
AUTOBACS RACING TEAM AGURI B
12 カルソニック IMPUL GT-R 日本の旗 佐々木大樹
イギリスの旗 ヤン・マーデンボロー
TEAM IMPUL B
16 MOTUL MUGEN NSX-GT 日本の旗 武藤英紀
日本の旗 中嶋大祐
TEAM MUGEN Y
17 KEIHIN NSX-GT 日本の旗 塚越広大
日本の旗 小暮卓史
KEIHIN REAL RACING B
19 WedsSport ADVAN LC500 日本の旗 国本雄資
日本の旗 山下健太
LEXUS TEAM WedsSport BANDOH Y
23 MOTUL AUTECH GT-R 日本の旗 松田次生
イタリアの旗 ロニー・クインタレッリ
NISMO M
24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R ブラジルの旗 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
日本の旗 高星明誠
KONDO RACING Y
36 au TOM'S LC500 日本の旗 中嶋一貴(Rd.1,3-8)
イギリスの旗 ジェームス・ロシター(Rd.2)
日本の旗 関口雄飛
LEXUS TEAM au TOM'S B
38 ZENT CERUMO LC500 日本の旗 立川祐路
日本の旗 石浦宏明
LEXUS TEAM ZENT CERUMO B
39 DENSO KOBELCO SARD LC500 フィンランドの旗 ヘイキ・コバライネン
日本の旗 小林可夢偉(Rd.1,3-8)
日本の旗 坪井翔(Rd.2)
LEXUS TEAM SARD B
64 Epson Modulo NSX-GT ベルギーの旗 ベルトラン・バゲット
日本の旗 松浦孝亮
Epson Nakajima Racing D
100 RAYBRIG NSX-GT 日本の旗 山本尚貴
イギリスの旗 ジェンソン・バトン
TEAM KUNIMITSU B

GT300クラス[編集]

No. マシン ドライバー エントラント タイヤ
0 グッドスマイル 初音ミク AMG 日本の旗 谷口信輝
日本の旗 片岡龍也
GOODSMILE RACING & TeamUKYO Y
2 シンティアムアップルロータス 日本の旗 高橋一穂
日本の旗 加藤寛規
Cars Tokai Dream28 Y
5 マッハ車検 MC86 Y's distraction(Rd.1-3,5-8) 日本の旗 坂口夏月
日本の旗 平木湧也
日本の旗 玉中哲二(Rd.2)
日本の旗 藤波清斗(Rd.5)
TEAM MACH Y
7 D'station Porsche 日本の旗 藤井誠暢
ドイツの旗 スヴェン・ミューラー英語版
D'station Racing Y
9 GULF NAC PORSCHE911 日本の旗 久保凜太郎
日本の旗 石川京侍
日本の旗 峰尾恭輔(Rd.5)
PACIFIC with GULF RACING Y
10 GAINER TANAX triple a GT-R 日本の旗 星野一樹
日本の旗 吉田広樹
GAINER Y
11 GAINER TANAX GT-R 日本の旗 平中克幸
日本の旗 安田裕信
GAINER D
18 UPGARAGE 86 MC 日本の旗 中山友貴
日本の旗 小林崇志
TEAM UPGARAGE Y
21 Hitotsuyama Audi R8 LMS 北アイルランドの旗 リチャード・ライアン
日本の旗 富田竜一郎
日本の旗 篠原拓朗(Rd.2,5)
Audi Team Hitotsuyama D
22 アールキューズ AMG GT3(Rd.1-3,5-8) 日本の旗 和田久
日本の旗 城内政樹
日本の旗 植田正幸(Rd.5)
R'Qs MOTOR SPORTS Y
25 HOPPY 86 MC 日本の旗 松井孝允
日本の旗 坪井翔(Rd.1,3-8)
日本の旗 近藤翼(Rd.2,5)
日本の旗 土屋武士(Rd.2)
つちやエンジニアリング Y
26 TAISAN R8 FUKUSHIMA(Rd.1-3,5-8) 日本の旗 山田真之亮
日本の旗 川端伸太朗
日本の旗 中野信治(Rd.2,5)
Team TAISAN Y
30 TOYOTA PRIUS apr GT 日本の旗 永井宏明
日本の旗 佐々木孝太(Rd.1-5)
日本の旗 織戸学(Rd.5-8)
apr Y
31 TOYOTA PRIUS apr GT 日本の旗 嵯峨宏紀
日本の旗 平手晃平
apr B
32 est cola by AAS Motorsport(Rd.4) フランスの旗 マクシム・ジュース英語版
タイ王国の旗 ガンタティー・グシリ英語版
est cola by AAS Motorsport M
34 Modulo KENWOOD NSX GT3 日本の旗 道上龍
日本の旗 大津弘樹
Modulo Drago CORSE Y
35 ARTO RC F GT3 タイ王国の旗 ナタウッド・ジャルーンスルカワッタナ
タイ王国の旗 ナタポン・ホートンカム
日本の旗 山西康司(Rd.5)
arto-Panther Team Thailand Y
48 植毛 GT-R(Rd.1-3,5-8) 日本の旗 田中勝輝
日本の旗 飯田太陽(Rd.1,2,5)
イギリスの旗 リチャード・ブラッドリー(Rd.2,3,5,7,8)
日本の旗 高森博士(Rd.6)
DIJON Racing Y
50 EXE AMG GT3 日本の旗 加納政樹
日本の旗 安岡秀徒
日本の旗 坂本祐也(Rd.2,5)
Arnage Racing Y
52 埼玉トヨペットGreenBrave マークX MC 日本の旗 番場琢
日本の旗 脇阪薫一
埼玉トヨペット Green Brave Y
55 ARTA BMW M6 GT3 日本の旗 高木真一
イギリスの旗 ショーン・ウォーキンショー
AUTOBACS RACING TEAM AGURI B
60 SYNTIUM LM corsa RC F GT3 日本の旗 吉本大樹
日本の旗 宮田莉朋
LM corsa Y
61 SUBARU BRZ R&D SPORT 日本の旗 井口卓人
日本の旗 山内英輝
R&D SPORT D
65 LEON CVSTOS AMG 日本の旗 黒澤治樹
日本の旗 蒲生尚弥
K2 R&D LEON RACING B
87 リーガルフロンティア ランボルギーニ GT3 日本の旗 佐藤公哉
日本の旗 元嶋佑弥
日本の旗 高橋翼(Rd.2,5)
JLOC Y
88 マネパ ランボルギーニ GT3 日本の旗 平峰一貴
イタリアの旗 マルコ・マペッリ英語版(Rd.1-3,5-8)
イタリアの旗 アンドレア・カルダレッリ(Rd.4)
JLOC Y
96 K-tunes RC F GT3 日本の旗 新田守男
日本の旗 中山雄一
K-tunes racing LM corsa B
117 EIcars BENTLEY(Rd.1-3,5-8) 日本の旗 井出有治
日本の旗 阪口良平
フランスの旗 ジュール・グーノンフランス語版(Rd.5)
EIcars BENTLEY Y
360 RUNUP RIVAUX GT-R(Rd.1-3,5-8) 日本の旗 柴田優作(Rd.1,5-8)
日本の旗 田中篤(Rd.2,3,7)
日本の旗 青木孝行(Rd.1-3,5,6,8)
日本の旗 柳田真孝(Rd.5)
TOMEI SPORTS Y
777 CARGUY ADA NSX GT3(Rd.1-3,5,7,8) 日本の旗 横溝直輝
日本の旗 木村武史
日本の旗 ケイ・コッツォリーノ(Rd.2)
CARGUY Racing Y

タイヤ=BブリヂストンYヨコハマDダンロップMミシュラン

スケジュール及び勝者[編集]

開催日 開催サーキット レース距離 GT500優勝者 GT300優勝者
第1戦 4月7日・8日 岡山国際サーキット 300km 日本の旗 塚越広大
日本の旗 小暮卓史
KEIHIN NSX-GT
日本の旗 中山友貴
日本の旗 小林崇志
UPGARAGE 86 MC
第2戦 5月3日・4日 富士スピードウェイ 500km 日本の旗 松田次生
イタリアの旗 ロニー・クインタレッリ
MOTUL AUTECH GT-R
日本の旗 高木真一
イギリスの旗 ショーン・ウォーキンショー
ARTA BMW M6 GT3
第3戦 5月19日・20日 鈴鹿サーキット 300km 日本の旗 野尻智紀
日本の旗 伊沢拓也
ARTA NSX-GT)
日本の旗 新田守男
日本の旗 中山雄一
(K-tunes RC F GT3
第4戦 6月30日・7月1日 チャーン・インターナショナル・サーキット 300km フィンランドの旗 ヘイキ・コバライネン
日本の旗 小林可夢偉
DENSO KOBELCO SARD LC500
日本の旗 平中克幸
日本の旗 安田裕信
GAINER TANAX GT-R GT3)
第5戦 8月4日・5日 富士スピードウェイ 500マイル 日本の旗 中嶋一貴
日本の旗 関口雄飛
au TOM'S LC500)
日本の旗 高木真一
イギリスの旗 ショーン・ウォーキンショー
(ARTA BMW M6 GT3)
第6戦 9月15日・16日 スポーツランドSUGO 300km 日本の旗 山本尚貴
イギリスの旗 ジェンソン・バトン
RAYBRIG NSX-GT)
日本の旗 井口卓人
日本の旗 山内英輝
SUBARU BRZ R&D SPORT
第7戦 10月20日・21日 オートポリス 300km 日本の旗 平川亮
ニュージーランドの旗 ニック・キャシディ
KeePer TOM'S LC500)
日本の旗 新田守男
日本の旗 中山雄一
(K-tunes RC F GT3)
第8戦 11月10日・11日 ツインリンクもてぎ 250km 日本の旗 野尻智紀
日本の旗 伊沢拓也
(ARTA NSX-GT)
日本の旗 黒澤治樹
日本の旗 蒲生尚弥
LEON CVSTOS AMG

ポイントランキング[編集]

ドライバー部門[編集]

ポイントシステム
順位 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 PP
700km未満のレース 20 15 11 8 6 5 4 3 2 1 1
700km以上のレース 25 18 13 10 8 6 5 4 3 2 1

GT500クラス[編集]

順位 No ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 ポイント
1 100 山本尚貴
ジェンソン・バトン
2 9 2 11 5 1 5 3 78
2 1 平川亮
ニック・キャシディ
3 7 3 8 2 14 1 4 75
3 8 野尻智紀
伊沢拓也
11 8 1 14Ret 4 2 12 1 71
4 38 立川祐路
石浦宏明
8 3 8 4 8 5 4 2 59
5 36 関口雄飛 13 4 5 10 1 12 2 13 55
6 36 中嶋一貴 13 19WD 5 10 1 12 2 13 47
7 17 塚越広大
小暮卓史
1 11 11 7 3 9 6 15 45
8 23 松田次生
ロニー・クインタレッリ
5 1 6 12 9 7 15 7 43
9 39 ヘイキ・コバライネン 12 2 16Ret 1 11 10 8 8 42
10 6 大嶋和也 4 5 12 2 7 11 9 6 41
10 6 フェリックス・ローゼンクヴィスト 4 5 19WD 2 7 11 9 6 41
11 19 国本雄資
山下健太
9 12 13 3 10 15Ret 3 5 32
12 12 佐々木大樹
ヤン・マーデンボロー
14 6 4 6 12 3 11 11 29
13 39 小林可夢偉 12 18WD 17Ret 1 11 10 8 8 27
14 24 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
高星明誠
6 13 9 15Ret 6 6 7 10 23
15 16 武藤英紀
中嶋大祐
10 14 15Ret 5 14 4 14 14 16
16 39 坪井翔 18WD 2 18WD 18WD 18WD 18WD 18WD 18WD 15
17 3 本山哲
千代勝正
7 10 7 13 15 8 13 9 14
18 36 ジェームス・ロシター 19WD 4 19WD 19WD 19WD 19WD 19WD 19WD 8
6 19WD 19WD 12 19WD 19WD 19WD 19WD 19WD
19 64 ベルトラン・バゲット
松浦孝亮
15 17Ret 10 9 13 13 10 12 4
順位 No ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
スタートせず (DNS)
レースキャンセル (C)
予選不通過 (DNQ)
出走せず(DNR)
失格 (DSQ)
空欄 エントリーせず (WD)
出場停止処分 (EX)

太字 - ポールポジション
斜体 - ファステストラップ

GT300クラス[編集]

順位 No ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 ポイント
1 65 黒澤治樹
蒲生尚弥
4 4 7 4 4 8 5 1 68
2 55 高木真一
ショーン・ウォーキンショー
6 1 20 11 1 10 4 9 62
3 31 嵯峨宏紀
平手晃平
27Ret 2 9 2 3 25 10 2 61
4 0 谷口信輝
片岡龍也
8 5 8 7 2 3 19 3 56
5 11 平中克幸
安田裕信
5 3 16 1 22 19 6 5 48
6 96 新田守男
中山雄一
14 14 1 10 10 14 1 10 45
7 25 松井孝允 3 29Ret 2 19 5 24 24 8 39
7 25 坪井翔 3 34WD 2 19 5 24 24 8 39
8 61 井口卓人
山内英輝
18 28Ret 3 23Ret 26Ret 1 15 6 37
9 7 藤井誠暢
スヴェン・ミューラー
2 6 11 8 7 12 8 7 35
10 88 平峰一貴 7 9 4 6 6 5 13 27 33
11 87 佐藤公哉
元嶋佑弥
12 16 12 5 24Ret 13 2 4 29
12 18 中山友貴
小林崇志
1 13 6 18 9 11 27 29Ret 28
13 88 マルコ・マペッリ 7 9 4 24WD 6 5 13 27 28
14 34 道上龍
大津弘樹
28Ret 8 26 9 31DNR 4 3 14 24
15 60 吉本大樹
宮田莉朋
17 7 5 3 27Ret 9 12 24 23
16 10 星野一樹
吉田広樹
13 11 10 22Ret 8 2 9 15 22
17 9 久保凜太郎
石川京侍
16 17 15 16 15 6 11 12 5
18 88 アンドレア・カルダレッリ 36WD 36WD 36WD 6 33WD 29WD 30WD 30WD 5
19 52 番場琢
脇阪薫一
11 19 14 17 25Ret 7 17 13 4
20 5 坂口夏月
平木湧也
26Ret 12 30Ret 30WD 19 22 7 18 4
21 26 山田真之亮
川端伸太朗
9 15 28 25WD 23Ret 20 20 16 2
22 21 リチャード・ライアン
富田 竜一郎
25Ret 10 23 21Ret 14 23 14 11 1
23 50 加納政樹
安岡秀徒
10 20 19 13 11 17 16 20 1
24 25 近藤翼 31WD 29Ret 31WD 34WD 30DNR 30WD 31WD 31WD 1
2 高橋一穂
加藤寛規
23 23 13 12 20 27Ret 21 22 0
35 ナタウッド・ジャルーンスルカワッタナ
ナタポン・ホートンカム
24 24 24 15 16 18 22 25 0
30 永井宏明 20 18 17 20Ret 28Ret 16 26 21 0
117 井出有治
阪口良平
21 22 18 26WD 13 15 18 19 0
48 田中勝輝 22 21 22 28WD 18 21 28 26 0
22 和田久
城内政樹
19 25 25 29WD 21 28DNQ 25 28 0
360 青木孝行 29Ret 27Ret 27 31WD 12 26Ret 32WD 17 0
777 横溝直輝
木村武史
15 26 21 27WD 17 32WD 29Ret 23 0
360 柴田優作 29Ret 35WD 31WD 33WD 12 26Ret 23 17 0
30 佐々木孝太 20 18 17 20Ret 28Ret 31WD 33WD 32WD 0
48 飯田太陽 22 21 22 28WD 18 21 34WD 33WD 0
48 リチャード・ブラッドリー 41WD 21 22 41WD 18 38WD 28 26 0
30 織戸学 43WD 43WD 43WD 43WD 29Ret 16 26 21 0
360 田中篤 30WD 27Ret 27 32WD 33WD 33WD 23 34WD 0
360 柳田真孝 37WD 37WD 37WD 37WD 12 34WD 35WD 35WD 0
117 ジュール・グーノン 38WD 38WD 38WD 38WD 13 35WD 36WD 36WD 0
9 峰尾恭輔 39WD 39WD 39WD 39WD 15 36WD 38WD 37WD 0
35 山西康司 40WD 40WD 40WD 40WD 16 37WD 39WD 38WD 0
5 藤波清斗 42WD 42WD 42WD 42WD 19 39WD 40WD 39WD 0
26 中野信二 33WD 32DNR 33WD 33WD 23Ret 40WD 41WD 40WD 0
87 髙橋翼 34WD 33DNR 34WD 34WD 24Ret 41WD 42WD 41WD 0
25 土屋武士 32WD 29Ret 32WD 32WD 34WD 42WD 43WD 42WD 0
21 篠原拓朗 35WD 31DNR 35WD 35WD 32DNR 43WD 44WD 43WD 0
22 植田正幸 44WD 44WD 44WD 44WD 32DNR 44WD 45WD 44WD 0
順位 No ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
スタートせず (DNS)
レースキャンセル (C)
予選不通過 (DNQ)
出走せず(DNR)
失格 (DSQ)
空欄 エントリーせず (WD)
出場停止処分 (EX)

太字 - ポールポジション
斜体 - ファステストラップ

チーム部門[編集]

ポイントシステム
順位 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
700km未満のレース 20 15 11 8 6 5 4 3 2 1
700km以上のレース 25 18 13 10 8 6 5 4 3 2
完走ポイント トップ 同一周回 1周遅れ 2周以上遅れ
GT500 3 3 2 1
GT300 3 3 1

GT500クラス[編集]

順位 No チーム名 Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 ポイント
1 100 TEAM KUNIMITSU 2 9 2 11 5 1 5 3 100
2 1 LEXUS TEAM KeePer TOM'S 3 7 3 8 2 14 1 4 97
3 8 AUTOBACS RACING TEAM AGURI 11 8 1 14Ret 4 2 12 1 89
4 38 LEXUS TEAM ZENT CERUMO 8 3 8 4 8 5 4 2 82
5 36 LEXUS TEAM au TOM'S 13 4 5 10 1 12 2 12 78
6 17 KEIHIN REAL RACING 1 11 11 7 3 9 6 15 66
7 6 LEXUS TEAM LEMANS WAKO'S 4 5 12 2 7 11 9 6 65
8 23 NISMO 5 1 6 12 9 7 15 7 64
9 39 LEXUS TEAM SARD 14 2 15Ret 1 11 10 8 8 62
10 12 TEAM IMPUL 12 6 4 6 12 3 11 11 51
11 19 LEXUS TEAM WedsSport BANDOH 9 12 13 3 10 15Ret 3 5 50
12 24 KONDO RACING 6 13 9 15Ret 6 6 7 10 42
13 3 NDDP RACING with B-MAX 7 10 7 13 15 8 13 9 34
14 16 TEAM MUGEN 10 14 14Ret 5 14 4 14 14 31
15 64 Epson Nakajima Racing 15 15Ret 10 9 13 13 10 15 20
順位 No チーム名 Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 ポイント
結果
金色 優勝
トップと同一周回で完走
緑青 1周遅れで完走
青緑 2周以上遅れで完走
青灰色 周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
スタートせず (DNS)
レースキャンセル (C)
予選不通過 (DNQ)
出走せず(DNR)
失格 (DSQ)
空欄 エントリーせず (WD)
出場停止処分 (EX)

太字 - ポールポジション
斜体 - ファステストラップ

GT300クラス[編集]

順位 No チーム名 Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 ポイント
1 65 K2 R&D LEON RACING 4 4 7 4 4 8 5 1 91
2 55 AUTOBACS RACING TEAM AGURI 6 1 20 11 1 10 6 9 85
3 31 apr 27Ret 2 9 2 3 25 10 2 80
4 0 GOODSMILE RACING & TeamUKYO 8 5 8 7 2 3 19 3 80
5 11 GAINER 5 3 16 1 22 19 6 5 70
6 96 K-tunes Racing LM corsa 14 14 1 10 10 14 1 10 66
7 7 D'station Racing 2 6 11 8 7 12 8 7 50
8 25 つちやエンジニアリング 3 29Ret 2 19 5 24 24 8 52
9 88 JLOC 7 9 4 6 6 5 13 27 51
10 87 JLOC 12 16 12 5 24Ret 13 2 4 50
11 61 R&D SPORT 18 28Ret 3 23Ret 26Ret 1 15 6 49
12 18 TEAM UPGARAGE 1 13 6 18 9 11 27 29Ret 43
13 60 LM corsa 17 7 5 3 27Ret 9 12 24 42
14 10 GAINER 13 11 10 22Ret 8 2 9 15 41
15 34 Modulo Drago CORSE 28Ret 8 26 9 29DNR 4 3 14 40
16 9 PACIFIC with GULF RACING 16 17 15 16 15 6 11 12 25
17 52 埼玉トヨペット Green Brave 11 19 14 17 25Ret 7 17 13 21
18 50 Arnage Racing 10 20 19 13 11 17 16 20 21
19 26 Team TAISAN 9 15 28 24WD 23Ret 20 20 16 16
20 35 arto-Panther Team Thailand 24 24 24 15 16 18 22 25 16
21 5 TEAM MACH 26Ret 12 29Ret 28WD 19 22 7 18 15
22 21 Audi Team Hitotsuyama 25Ret 10 23 21Ret 14 23 14 11 15
23 2 Cars Tokai Dream28 23 23 13 12 20 27Ret 21 22 15
24 117 EIcars BENTLEY 21 22 18 26WD 13 15 18 19 15
25 30 apr 20 18 17 20Ret 28Ret 16 26 21 12
26 777 CARGUY Racing 15 26 21 25WD 17 29WD 29Ret 23 11
27 48 DIJON Racing 22 21 22 27WD 18 21 28 26 11
28 360 TOMEI SPORTS 29Ret 27Ret 27 30WD 12 27Ret 23 17 8
29 22 R'Qs MOTOR SPORTS 19 25 25 29WD 21 28DNQ 25 28 6
順位 No チーム名 Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 ポイント
結果
金色 優勝
トップと同一周回か1周遅れで完走
青緑 2周以上遅れで完走
青灰色 周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
スタートせず (DNS)
レースキャンセル (C)
予選不通過 (DNQ)
出走せず(DNR)
失格 (DSQ)
空欄 エントリーせず (WD)
出場停止処分 (EX)

太字 - ポールポジション
斜体 - ファステストラップ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2018年のSUPER GTカレンダーが発表。今季同様にタイ ラウンドを含む全8戦を予定,SUPER GT OFFICIAL WEBSITE,2017年7月28日
  2. ^ スーパーGTの2018年カレンダー発表。鈴鹿は5月末、タイは6月末に開催へ,オートスポーツWeb,2017年7月28日
  3. ^ "夏の鈴鹿"が2018年からGT3の10時間耐久レースに! SGTの鈴鹿戦は別日程に変更,オートスポーツWeb,2017年3月4日
  4. ^ 【GTA定例会見:Rd.6 鈴鹿】2018年の第5戦富士は500マイルの長距離レースとなる,SUPER GT OFFICIAL WEBSITE,2017年8月26日
  5. ^ 2018年8月のスーパーGT富士戦は500"マイル"レース。時間は5時間ほどか!?,オートスポーツWeb,2017年8月30日
  6. ^ 2018年夏開催の『鈴鹿10時間』の概要発表。インターコンチネンタルGTの得点も,オートスポーツWeb,2017年5月2日
  7. ^ 【SUPER GT 第7戦タイ】2018年は雨季の6月開催に。GTA坂東氏「より一層おもしろいレース展開ができるよう努力する」,Car Watch,2017年10月8日
  8. ^ 【SUPER GT】 オートポリスの日程を変更…可夢偉&一貴が参戦可能に!,F1-Gate.com,2018年2月15日
  9. ^ スーパーGT:オートポリス戦の日程を再変更。当初の予定どおり10月20~21日開催に,オートスポーツWeb,2018年3月13日
  10. ^ a b c 【2018年SUPER GTルール改定のポイント】今季はスタート隊列を厳格化,SUPER GT OFFICIAL WEBSITE,2018年2月26日
  11. ^ 定価税別6000万のニッサンGT-R GT3、エンジンは“匠”の手組み/知らなくても困らないGT300マニアックネタPart2 - オートスポーツ・2018年12月10日
  12. ^ a b c d e スーパーGTの2018年スポーティングレギュレーション発表。WHや予選システムに変化,オートスポーツWeb,2018年2月27日
  13. ^ a b CARGUYが2018年のGT300クラス参戦を発表。マシンはNSX GT3,motorsport.com,2017年12月20日
  14. ^ DRAGO CORSEがGT300で復活! 道上龍フル参戦、鈴鹿10耐参戦も視野,motorsports.com,2018年1月12日
  15. ^ a b 岡山トヨペットが新たにスーパーGT300クラスに挑戦。新田守男、中山雄一を起用,オートスポーツWeb,2018年1月12日
  16. ^ a b c 【SUPER GT】 トヨタ、2018年のドライバーを発表…小林可夢偉が参戦,F1-Gate.com,2018年2月8日
  17. ^ GAINERがニッサンGT-RニスモGT3の2台体制に。ニッサン/ニスモがカスタマープログラムを発表,オートスポーツWeb,2018年2月12日
  18. ^ a b Arnage Racing、2018年はメルセデスAMG GT3にスイッチ。加納&安岡がチーム復帰へ,オートスポーツWeb,2018年2月15日
  19. ^ ホンダ、スーパーGT&SF参戦体制を発表。バトンはチームクニミツに加入,motorsports.com,2018年1月12日
  20. ^ LEXUS TEAM WedsSport BANDOHが織戸学をエグゼクティブアドバイザーに起用,オートスポーツWeb,2018年3月19日
  21. ^ ニッサン/ニスモが2018年GT500参戦体制を発表。NDDP with B-MAXが参戦、高星がKONDOに加入,オートスポーツWeb,2018年2月12日
  22. ^ 道上龍が国内復帰。Modulo Drago CORSEとしてNSX GT3でGT300参戦,オートスポーツWeb,2018年1月12日
  23. ^ LMcorsaが2018年体制発表。60号車は飯田章が監督、宮田莉朋が新加入,オートスポーツWeb,2018年2月1日
  24. ^ GULF PORSCHE、2018年は久保凜太郎&石川京侍の新鋭コンビ起用,オートスポーツWeb,2018年2月1日
  25. ^ スーパーGT:つちやエンジニアリングが2018年体制を発表。坪井が加入,オートスポーツWeb,2018年2月5日
  26. ^ 今年のつちやエンジニアリングはピンク! ホッピーカラーでタイトル奪還狙う
  27. ^ スーパーGT:目指すは王座。D'station Racingが2018年体制を発表。ゼッケンは7に,オートスポーツWeb,2018年2月7日
  28. ^ Audi Team Hitotsuyama 2018年参戦体制発表のお知らせ,Audi Team Hitotsuyama,2018年2月21日
  29. ^ SUPER GT - GT300|MOTORSPORTS GARAGE 2018 Powered by UP GARAGE
  30. ^ なぜブランパンに出るのか?,鈴木BOB康昭 公式ブログ,2018年1月20日
  31. ^ runup.corvetteの投稿(1612475562176353) - Facebook
  32. ^ スーパーGT:Team TAISANが2018年体制発表。山田/川端の新コンビを中野がサポート,オートスポーツWeb,2018年3月1日
  33. ^ 織戸&細川がJLOCから離脱。今年のスーパーGTは著名ドライバーが続々不在に,オートスポーツWeb,2018年3月5日
  34. ^ スーパーGT:Arnage Racing、富士での2戦で第3ドライバーとして坂本祐也を起用へ,オートスポーツWeb,2018年3月8日