2018年アジア女子ハンドボール選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2018年アジア女子ハンドボール選手権(2018ねん アジアじょしハンドボールせんしゅけん)は、2018年11月30日から12月9日まで熊本県で開催された第17回アジア女子ハンドボール選手権。主催はアジアハンドボール連盟(AHF)、大会運営は一般財団法人2019女子ハンドボール世界選手権大会組織委員会が行う。

概要[編集]

本大会は2019年に同地で開催される世界女子ハンドボール選手権のアジアオセアニア地区予選を兼ねるほか、同選手権のプレ大会の位置づけとしても実施される。メイン会場は熊本市西区にある熊本県立総合体育館、ほかに八代市総合体育館(八代市)、山鹿市総合体育館(山鹿市)が使用される。

予選ラウンド[編集]

時間は日本標準時(UTC+9)

Group A[編集]

チーム 出場権
1  日本 (H) 4 4 0 0 140 55 +85 8 準決勝
2  カザフスタン 4 3 0 1 148 95 +53 6
3  オーストラリア 4 2 0 2 99 105 −6 4 5–8位予備戦
4  イラン 4 1 0 3 96 120 −24 2
5  ニュージーランド 4 0 0 4 50 158 −108 0 9位決定戦
出典: AHF
順位の決定基準: 1) points; 2) head-to-head points; 3) head-to-head goal difference; 4) head-to-head number of goals scored; 5) goal difference.
(H) 開催地.

Group B[編集]

チーム 出場権
1  韓国 4 4 0 0 139 57 +82 8 準決勝
2  中国 4 3 0 1 121 53 +68 6
3  香港 4 2 0 2 82 114 −32 4 5–8位予備戦
4  インド 4 1 0 3 73 113 −40 2
5  シンガポール 4 0 0 4 45 123 −78 0 9位決定戦
出典: AHF
順位の決定基準: 1) points; 2) head-to-head points; 3) head-to-head goal difference; 4) head-to-head number of goals scored; 5) goal difference.

決勝ラウンド[編集]

トーナメント表[編集]

 
準決勝決勝
 
      
 
7 December
 
 
 韓国31
 
9 December
 
 カザフスタン23
 
 韓国30
 
7 December
 
 日本25
 
 日本23
 
 
 中国21
 
3位決定戦
 
 
9 December
 
 
 カザフスタン21
 
 
 中国27
5–8位決定戦
 
5–8th place semifinalsFifth place
 
      
 
7 December
 
 
 オーストラリア31
 
8 December
 
 インド27
 
 オーストラリア30
 
7 December
 
 イラン24
 
 香港17
 
 
 イラン19
 
Seventh place
 
 
8 December
 
 
 インド27
 
 
 香港31

準決勝[編集]

12月7日
16:45
 韓国 31−23  カザフスタン 熊本県立総合体育館


12月7日
19:00
 日本 23−21  中国 熊本県立総合体育館

9・10位決定戦[編集]

7 December 2018
10:30
ニュージーランド  18–20  シンガポール 熊本県立総合体育館

観客数: 500

主審: Cheng, Zhou (CHN)
Mair 5 (5–10) Gan, Wan 5
2分間ペナルティ 2×警告 Report 2分間ペナルティ 2×警告

3位決定戦[編集]

12月9日
12:45
 カザフスタン 21 - 27  中国 熊本県立総合体育館

(11 - 13)

決勝[編集]

12月9日
15:00
 韓国 30–25  日本 熊本県立総合体育館

(14–15)

脚注[編集]

[ヘルプ]