2018年シンガポールグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シンガポールの旗 2018年シンガポールグランプリ
レース詳細
Singapore Street Circuit 2015.svg
日程 2018年シーズン第15戦
決勝開催日 9月16日
開催地 シンガポール市街地コース
シンガポールの旗 シンガポール
コース 市街地コース
コース長 5.063km[1]
レース距離 61周 (308.706km)[1]
決勝日天候 曇 (ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:36.015
ファステストラップ
ドライバー デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン
タイム 1:41.905 (50周目)
決勝順位
優勝
2位
3位

2018年シンガポールグランプリ (2018 Singapore Grand Prix) は、2018年のF1世界選手権第15戦として、2018年9月16日シンガポール市街地コースで開催された。

正式名称は「FORMULA 1 2018 SINGAPORE AIRLINES SINGAPORE GRAND PRIX[2]

レース前[編集]

本レースでピレリが供給するドライタイヤのコンパウンドは、ハイパーソフト、ウルトラソフト、1段階スキップしてソフトの3種類[3]

ターン16からターン17のラインが変更され、コース全長が2m短縮し5.063kmとなった。ピットレーンの制限速度が80km/hから60km/hに変更される[4]

2019年シーズンの動向

エントリーリスト[編集]

フリー走行[編集]

60km/hに落とされたピットレーン制限速度を間違えるドライバーが続出し、特にニコ・ヒュルケンベルグはFP1からFP3の全セッションで速度違反を犯し、ルノーに1600ユーロ(約20万8000円)の罰金ペナルティが科せられた[10]

予選[編集]

2018年9月15日 21:00 SST(UTC+8)

Q1でダニエル・リカルド、Q2でキミ・ライコネンがそれぞれセッショントップタイムを叩き出す中、Q3で去年のラップタイムを3秒以上上回るルイス・ハミルトンポールポジションを獲得した。2014年度のレギュレーション変更でV6ターボ・ハイブリッドパワーユニット時代突入初年度のラップタイムもなんと9秒も上回っている。2位にマックス・フェルスタッペン、チャンピオン争いでハミルトンを追うセバスチャン・ベッテルは3位に終わった。

結果[編集]

Pos. No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:39.403 1:37.344 1:36.015 1
2 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:38.751 1:37.214 1:36.334 2
3 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:38.218 1:37.876 1:36.628 3
4 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:39.291 1:37.254 1:36.702 4
5 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 1:38.534 1:37.194 1:36.794 5
6 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:38.153 1:37.406 1:36.996 6
7 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:38.814 1:38.342 1:37.985 7
8 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:38.685 1:38.367 1:38.320 8
9 31 フランスの旗 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 1:38.912 1:38.534 1:38.365 9
10 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:38.932 1:38.450 1:38.588 10
11 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ルノー 1:39.022 1:38.641 11
12 55 スペインの旗 カルロス・サインツ ルノー 1:39.103 1:38.716 12
13 16 モナコの旗 シャルル・ルクレール ザウバー-フェラーリ 1:39.206 1:38.747 13
14 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:39.366 1:39.453 14
15 10 フランスの旗 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 1:39.614 1:39.691 15
16 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:39.644 16
17 28 ニュージーランドの旗 ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ-ホンダ 1:39.809 17
18 2 ベルギーの旗 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ルノー 1:39.864 18
19 35 ロシアの旗 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ-メルセデス 1:41.263 19
20 18 カナダの旗 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 1:41.334 20
107% time: 1:45.023
ソース:[11]

決勝[編集]

2018年9月16日 20:10 SST(UTC+8)

ルイス・ハミルトンポール・トゥ・ウィンで連勝し今シーズン7勝目を挙げた。更に3位に終わったセバスチャン・ベッテルとの差を40点とさらに広げた。ベッテルは1周目にマックス・フェルスタッペンをパスしたものの、ハイパーソフトからウルトラソフトにタイヤ交換してからペースが上がらず、ソフトタイヤに交換し終えたフェルスタッペンに逆転されてしまった。優勝したハミルトンから6位のダニエル・リカルドまで上位勢は予選順位と同じ順位でフィニッシュした。

スタート直後にセルジオ・ペレスがチームメイトのエステバン・オコンと接触しオコンのリタイアを招いた。その際、セルゲイ・シロトキンがデブリを拾い、除去のためピットインと同時にタイヤ交換も実施したことが後に大きく影響する。ペレスはタイヤ交換後、シロトキンをオーバーテイクしようとするが、ペースを上げて抜くことができず、既にシロトキンがタイヤ交換をした影響でピットインによるパスや青旗の対象ではなかったため、ペレスは無線で怒りの言葉を発する状況となる。そして、38周目にオーバーテイクする際、ペレスが前年のアゼルバイジャンGPのベッテルを彷彿させる危険な接触を行うなど、前年に引き続き、同GPでの波乱の展開が目立った[12]

更にロマン・グロージャンはシロトキンとバトル中に青旗を無視し、妨害されたハミルトンは一時はフェルスタッペンに大きく差を詰められた。青旗を無視したグロージャンは5秒加算とペナルティポイント2点を科せられ13位から15位に降格、さらに1年間の累積ペナルティポイントが9点となり、2012年ベルギーグランプリでの多重クラッシュによる出場停止以来の1レース出場停止の危機が迫った。10月29日に1点消滅するため、スケジュール上10月28日のメキシコGPまでの間にあと3点科せられれば、グロージャンは2014年のレギュレーション大変革でペナルティポイントが導入されて以来初の1レース出場停止の危機に直面することとなった。チームメイトのケビン・マグヌッセンはグロージャンより後方の18位でフィニッシュしたが、自身及びハースにとって初めてのファステストラップを記録した。

結果[編集]

Pos. No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 Grid Pts.
1 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 61 1:51:11.611 1 25
2 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 61 +8.961 2 18
3 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 61 +39.945 3 15
4 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス メルセデス 61 +51.930 4 12
5 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 61 +53.001 5 10
6 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 61 +53.982 6 8
7 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ルノー 61 +1:43.011 11 6
8 55 スペインの旗 カルロス・サインツ ルノー 60 +1 Lap 12 4
9 16 モナコの旗 シャルル・ルクレール ザウバー-フェラーリ 60 +1 Lap 13 2
10 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 60 +1 Lap 10 1
11 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 60 +1 Lap 14
12 2 ベルギーの旗 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ルノー 60 +1 Lap 18
13 10 フランスの旗 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 60 +1 Lap 15
14 18 カナダの旗 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 60 +1 Lap 20
15 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 60 +1 Lap 1 8
16 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス 2 フォース・インディア-メルセデス 60 +1 Lap 7
17 28 ニュージーランドの旗 ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ-ホンダ 60 +1 Lap 17
18 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 59 +2 Laps 16
19 35 ロシアの旗 セルゲイ・シロトキン 3 ウィリアムズ-メルセデス 59 +2 Laps 19
Ret 31 フランスの旗 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 0 接触 9
ソース:[13]
ファステストラップ[14]
ラップリーダー[15]
追記
  • ^1 - グロージャンは青旗無視のため、5秒ペナルティとペナルティポイント2点(合計9点)が科された。5秒ペナルティをピットインで消化しなかったためレースタイムに5秒加算され、13位から15位に降格した[16]
  • ^2 - ペレスはターン18でシロトキンと接触したため、ドライブスルーペナルティとペナルティポイント3点(合計5点)が科された[17]
  • ^3 - シロトキンはターン14でハートレイをコース外に押し出したため、5秒ペナルティ(ピットインで消化)とペナルティポイント2点(合計6点)が科された[18]

第15戦終了時点のランキング[編集]

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Marina Bay Street Circuit”. The Official F1 Website. 2018年9月14日閲覧。
  2. ^ Singapore”. The Official F1 Website. 2018年9月14日閲覧。
  3. ^ F1第15戦シンガポールGP全20人のタイヤ選択:フェラーリとメルセデスが対照的なチョイスに”. AUTOSPORTweb (2018年9月12日). 2018年9月14日閲覧。
  4. ^ F1シンガポールGP:マリーナベイ市街地コースの全長が2m減少”. Formula1-Data (2018年9月12日). 2018年9月15日閲覧。
  5. ^ マクラーレン、2018年限りでバンドーンの離脱を発表”. AUTOSPORTweb (2018年9月3日). 2018年9月14日閲覧。
  6. ^ バンドーンの後任として2019年はランド・ノリスがマクラーレンに加入”. AUTOSPORTweb (2018年9月3日). 2018年9月14日閲覧。
  7. ^ ライコネンがフェラーリ離脱、ザウバーと2年契約結ぶ。2019年、ルクレールが跳ね馬へ”. AUTOSPORTweb (2018年9月11日). 2018年9月14日閲覧。
  8. ^ キミ・ライコネン 「全てが始まったザウバーに戻るのは最高の気分」”. F1-Gate.com (2018年9月12日). 2018年9月14日閲覧。
  9. ^ Entry List”. FIA (2018年9月13日). 2018年9月14日閲覧。
  10. ^ “F1シンガポールGPでスピード違反者が続出、全セッションで速度超過のヒュルケンベルグには怒涛の罰金ラッシュ”. formula1-data.com. (2018年9月15日). https://formula1-data.com/article/singapore-pit-lane-speeding-2018 2018年9月16日閲覧。 
  11. ^ FORMULA 1 2018 SINGAPORE AIRLINES SINGAPORE GRAND PRIX - QUALIFYING”. The Official F1 Website (2018年9月15日). 2018年9月16日閲覧。
  12. ^ “セルジオ・ペレス 「ペナルティはフェアだった」 / F1シンガポールGP”. f1-gate.com. (2018年9月17日). https://f1-gate.com/perez/f1_44804.html 2018年9月17日閲覧。 
  13. ^ FORMULA 1 2018 SINGAPORE AIRLINES SINGAPORE GRAND PRIX - RACE RESULT”. The Official F1 Website (2018年9月16日). 2018年9月17日閲覧。
  14. ^ FORMULA 1 2018 SINGAPORE AIRLINES SINGAPORE GRAND PRIX - FASTEST LAPS”. The Official F1 Website (2018年9月16日). 2018年9月17日閲覧。
  15. ^ Lap Chart”. FIA (2018年9月16日). 2018年9月17日閲覧。
  16. ^ Offence Doc35 - R.Grosjean”. FIA (2018年9月16日). 2018年9月17日閲覧。
  17. ^ Offence Doc33 - S.Perez”. FIA (2018年9月16日). 2018年9月17日閲覧。
  18. ^ Offence Doc36 - S.Sirotkin”. FIA (2018年9月16日). 2018年9月17日閲覧。
前戦
2018年イタリアグランプリ
FIA F1世界選手権
2018年シーズン
次戦
2018年ロシアグランプリ
前回開催
2017年シンガポールグランプリ
シンガポールの旗 シンガポールグランプリ次回開催
2019年シンガポールグランプリ