2018年ドイツキリスト教民主同盟党首選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2018年ドイツキリスト教民主同盟党首選挙
2016 ←
7 December 2018

  Owen Smith Friedrich Merz 2017.jpg Owen Smith
候補者 アンネグレート・クランプ=カレンバウアー フリードリヒ・メルツ イェンス・シュパーン
第1回投票 450票, 45.05 % 392票, 39.24 % 157票, 15.72 %
決選投票 517票, 51.75 % 482票, 48.25 % -
各回総得票数 999票



選挙前党首

アンゲラ・メルケル

選出党首

アンネグレート・クランプ=カレンバウアー

2018年ドイツキリスト教民主同盟党首選挙(en:Christian Democratic Union of Germany leadership election, 2018)は、2018年12月に行われたドイツキリスト教民主同盟の党首を決める選挙。元ザールラント州首相のアンネグレート・クランプ=カレンバウアーが選出された。

背景[編集]

メルケルが10月29日にキリスト教民主同盟党首辞任と、今期限りでの政界引退を表明し、後継レースが加速している[1]

候補[編集]

結果[編集]

12月7日、ハンブルクで開かれた党大会で党首選挙が行われ、決選投票でクランプ=カレンバウアーが党首に選出された[2][3]。党首が選挙で決まるのは1971年(昭和46年)以来[4]

脚注[編集]

関連項目[編集]