2018年ニューカレドニア独立住民投票

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2018年ニューカレドニア独立住民投票
ニューカレドニアが完全な主権を獲得し、独立することを望みますか?
開催地 フランスの旗 フランスニューカレドニアの旗 ニューカレドニア
開催日 2018年11月4日 (2018-11-04)
結果
投票数 %
支持 60,573 43.60%
反対 78,361 56.40%
有効投票数 138,934 98.47%
無効または空白投票数 2,165 1.53%
投票総数 141,099 100.00%
登録有権者/投票率 174,995 80.63%
ウェブサイトReferendum 2018

2018年ニューカレドニア独立住民投票(2018ねんニューカレドニアどくりつじゅうみんとうひょう)は、フランス海外領土であるニューカレドニアにおいて2018年11月4日に投票が行われた、フランスからの独立の是非を問う住民投票[1][2]。フランスの海外領土として残留するか、独立国となるかが問われる選挙であり、フランス本土政府は、住民投票の結果を尊重するとしている。

投票の結果、独立反対が得票率56.40%と過半数となり、ニューカレドニアはフランスにとどまることとなった。ただし独立が反対多数となった場合でも、2020年と2022年に再び独立投票を実施する権利が与えられていることになっている[3]

背景[編集]

1987年に行われた独立住民投票英語版においては、独立賛成が842名(1.7%)に対して、反対は48,611名(98.3%)に達し、フランスへの残留が決定されたが、カナック社会主義民族解放戦線英語版(FLNKS)をはじめとする大半の独立派は投票をボイコットしたため[4]、投票率は59.10%に過ぎなかった。翌1988年には自治権の拡大を約したマティニョン合意が成立するも、合意に署名したFLNKS指導者のジャン=マリー・チバウが暗殺されるなど、混乱が続いた。

1998年に、フランス政府および、独立派のFLNKSやカレドニア共和国運動英語版と締結されたヌーメア協定英語版により、自治権の拡大が図られた一方、独立投票は2018年末までに行わなければならないとされた[5]

世論調査[編集]

調査会社 調査実施日 サンプル数 独立賛成 独立反対 未決定/
無回答
票差
Quidnovi 1–15 Aug 2018 731 20 69 11 49
I-Scope 30 Jul–8 Aug 2018 628 28 63 9 35
Quidnovi 4–15 Jun 2018 739 15 65 21 50
Quidnovi 16–26 Apr 2018 712 15 58 27 43
I-Scope 16–25 Apr 2018 682 22.5 59.7 17.8 37.2
I-Scope 23 Mar–4 Apr 2017 514 24.4 54.2 21.4 29.8

関連項目[編集]

脚註[編集]

  1. ^ New Caledonia, French Leaders Look To Finalize Plans For 2018 Referendum”. Pacific Islands Report (2016年11月7日). 2017年4月8日閲覧。
  2. ^ Willsher, Kim (2018年3月19日). “New Caledonia sets date for independence referendum”. The Guardian. 2018年3月20日閲覧。
  3. ^ Lyons, Kate (2018年7月16日). “New Caledonia Referendum: Call to Reject 'Colonising Power' France”. The Guardian. 2018年7月16日閲覧。
  4. ^ Neukaledonien (Frankreich), 13. September 1987 : Unabhängigkeit / Verbleib bei Frankreich -- [in German]” (ドイツ語). Database and Search Engine for Direct Democracy (2016年10月20日). 2018年8月29日閲覧。
  5. ^ l'Intérieur, Ministère de. “kernel (1) / Erreur - Les services de l'État en Nouvelle-Calédonie”. Nouvelle-caledonie.gouv.fr. 2018年7月17日閲覧。