2018年ハンガリーグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハンガリーの旗 2018年ハンガリーグランプリ
レース詳細
Hungaroring.svg
日程 2018年シーズン第12戦
決勝開催日 7月29日
開催地 ハンガロリンク
ハンガリーの旗 ハンガリー モギョロード
コース 恒久的レース施設
コース長 4.381km
レース距離 70周(306.630km)
決勝日天候 晴 (ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:35.658
ファステストラップ
ドライバー オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド
タイム 1:20.012 (46周目)
決勝順位
優勝
2位
3位

2018年ハンガリーグランプリ (2018 Hungarian Grand Prix) は、2018年のF1世界選手権第12戦として、2018年7月29日ハンガロリンクで開催された。

正式名称は「FORMULA 1 ROLEX MAGYAR NAGYDÍJ 2018[1]

レース前[編集]

本レースでピレリが供給するドライタイヤのコンパウンドは、ミディアム、ソフト、1段階スキップしてウルトラソフトの3種類[2]

フェラーリは、7月25日に急逝したセルジオ・マルキオンネ前会長を追悼し、喪章を付けて臨む[3][4]

マクラーレントロ・ロッソでテクニカルディレクターを務めるジェームス・キーの加入を発表したが、正式な加入時期は発表されておらず[5]、トロ・ロッソは契約期間が終了していないと主張している[6]。なお、マクラーレンはキーの加入と併せてチーフエンジニアのマット・モリスの退任も発表している[7]

財政難に陥っているフォース・インディア破産手続きを開始した[8]

エントリーリスト[編集]

予選[編集]

2018年7月28日 15:00 CEST(UTC+2)

雨の中行われた予選はルイス・ハミルトンポールポジションを獲得、メルセデスフロントローを独占した。カルロス・サインツJr.が5位、トロ・ロッソは2台ともQ3進出を果たす健闘を見せた。

結果[編集]

Pos. No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:17.419 1:31.242 1:35.658 1
2 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:17.123 1:32.081 1:35.918 2
3 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 1:17.526 1:32.762 1:36.186 3
4 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:16.666 1:28.636 1:36.210 4
5 55 スペインの旗 カルロス・サインツ ルノー 1:17.829 1:30.771 1:36.743 5
6 10 フランスの旗 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 1:18.577 1:31.286 1:37.591 6
7 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:16.940 1:31.178 1:38.032 7
8 28 ニュージーランドの旗 ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ-ホンダ 1:18.429 1:32.590 1:38.128 8
9 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:18.314 1:32.968 1:39.858 9
10 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:17.901 1:33.650 1:40.593 10
11 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ルノー 1:18.208 1:35.214 11
12 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:18.540 1:36.442 12
13 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:17.905 1:36.506 13
14 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:18.641 1:37.075 14
15 18 カナダの旗 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 1:18.560 No Time PL 1
16 2 ベルギーの旗 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ルノー 1:18.782 15
17 16 モナコの旗 シャルル・ルクレール ザウバー-フェラーリ 1:18.817 16
18 31 フランスの旗 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 1:19.142 17
19 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:19.200 18
20 35 ロシアの旗 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ-メルセデス 1:19.301 19
107% time: 1:22.032
ソース:[11]
追記
  • ^1 - ストロールは予選後にパルクフェルメルールを破ってフロントウイングとノーズアッセンブリーを交換したため、決勝はピットレーンからスタートする[12][13]

決勝[編集]

2018年7月29日 15:10 CEST(UTC+2)

ルイス・ハミルトンポール・トゥ・ウィンで連勝し、2位に終わったセバスチャン・ベッテルとの差を24点に広げた。キミ・ライコネンが3位でフェラーリはダブル表彰台を獲得。一方でバルテリ・ボッタスは2位を走行していたレース終盤にベッテルと接触して順位を落とし、ダニエル・リカルドとも接触して5位に終わり、リカルドとの接触についてレース後に審議され10秒ペナルティが科せられた[14]。このペナルティによる順位の変動はなかったが、チームメイトのハミルトンにタイムペナルティと合わせて1分の大差を付けられた。一方でピエール・ガスリーが6位に入賞した。 マックス・フェルスタッペンは、5周目でパワーロスでリタイアとなり、リタイア時の無線で6度に及ぶ放送禁止用語を発した。

結果[編集]

Pos. No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 Grid Pts.
1 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 70 1:37:16.427 1 25
2 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 70 +17.123 4 18
3 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 70 +20.101 3 15
4 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 70 +46.419 12 12
5 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス メルセデス 70 +1:00.000 1 2 10
6 10 フランスの旗 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 70 +1:13.273 6 8
7 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 69 +1 Lap 9 6
8 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ルノー 69 +1 Lap 11 4
9 55 スペインの旗 カルロス・サインツ ルノー 69 +1 Lap 5 2
10 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 69 +1 Lap 10 1
11 28 ニュージーランドの旗 ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ-ホンダ 69 +1 Lap 8
12 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 69 +1 Lap 13
13 31 フランスの旗 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 69 +1 Lap 17
14 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 69 +1 Lap 18
15 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 68 +2 Laps 14
16 35 ロシアの旗 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ-メルセデス 68 +2 Laps 19
17 18 カナダの旗 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 68 +2 Laps PL
Ret 2 ベルギーの旗 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ルノー 49 ギアボックス 15
Ret 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 5 パワーロス 7
Ret 16 モナコの旗 シャルル・ルクレール ザウバー-フェラーリ 0 サスペンション 16
ソース:[15]
ファステストラップ[16]
ラップリーダー[17]
追記
  • ^1 - ボッタスはターン1でリカルドと接触したため、レース後の審議で10秒のタイムペナルティとペナルティポイント2点が加算された(合計2点)[18][14]

レース後[編集]

今季のハンガリーGPを制した「グランツーリスモSPORT」のマエストロのルイス・ハミルトンが操るメルセデス2017年度マシンW08が、PlayStation 4用ソフト「グランツーリスモSPORT」の当レースの翌日のアップデートで収録されることが発表された。更にデカールがない10色のカラーバリエーション仕様も収録されている。また、このアップデートで「GTリーグ」の新規イベントとしてワンメイクレースの「メルセデス AMG グランプリ」も追加された[19]。 当レースの17日後、フェルナンド・アロンソが今季限りでF1を引退することが発表され、17シーズンにわたるF1の現役生活に幕を下ろす。

第12戦終了時点のランキング[編集]

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Hungary”. The Official F1 Website. 2018年7月27日閲覧。
  2. ^ F1第12戦ハンガリーGP全20人のタイヤ選択:ルノーがウルトラソフトを最多の10セット投入”. AUTOSPORTweb (2018年7月24日). 2018年7月27日閲覧。
  3. ^ フェラーリ、F1ハンガリーGPでセルジオ・マルキオンネを追悼”. F1-Gate.com (2018年7月27日). 2018年7月27日閲覧。
  4. ^ フェラーリ、元会長の死を悼み、マシンに黒いライン。「今やるべきことに集中するだけ」とベッテル:F1ハンガリーGP金曜”. AUTOSPORTweb (2018年7月28日). 2018年7月28日閲覧。
  5. ^ トロロッソ・ホンダ、テクニカルディレクターを失う。マクラーレンがジェームズ・キーとの契約認める”. AUTOSPORTweb (2018年7月26日). 2018年7月28日閲覧。
  6. ^ トロロッソがジェームズ・キーとの長期契約を主張、移籍明言のマクラーレンと情報が錯綜。ガスリー&ハートレーは多くを語らず”. AUTOSPORTweb (2018年7月27日). 2018年7月28日閲覧。
  7. ^ F1 Topic:ジェームズ・キー加入が未確定のマクラーレン。チーフエンジニアの退任も発表していた”. AUTOSPORTweb (2018年7月28日). 2018年7月28日閲覧。
  8. ^ フォース・インディア、破産手続きを開始”. F1-Gate.com (2018年7月28日). 2018年7月28日閲覧。
  9. ^ Entry List”. FIA (2018年7月26日). 2018年7月27日閲覧。
  10. ^ F1ハンガリーGP FP1:リカルドがトップタイム、トロロッソ・ホンダのガスリーは11番手”. AUTOSPORTweb (2018年7月27日). 2018年7月28日閲覧。
  11. ^ FORMULA 1 ROLEX MAGYAR NAGYDÍJ 2018 - QUALIFYING”. The Official F1 Website (2018年7月28日). 2018年7月29日閲覧。
  12. ^ Offence Doc30 - L.Stroll”. FIA (2018年7月29日). 2018年7月29日閲覧。
  13. ^ F1ハンガリーGP”. F1-Gate.com (2018年7月29日). 2018年7月29日閲覧。
  14. ^ a b ボッタス、リカルドとの接触で10秒ペナルティ。ボッタス5位、ガスリー6位変わらず”. motorsport.com (2018年7月30日). 2018年7月30日閲覧。
  15. ^ FORMULA 1 ROLEX MAGYAR NAGYDÍJ 2018 - RACE RESULT”. The Official F1 Website (2018年7月29日). 2018年7月30日閲覧。
  16. ^ FORMULA 1 ROLEX MAGYAR NAGYDÍJ 2018 - FASTEST LAPS”. The Official F1 Website (2018年7月29日). 2018年7月30日閲覧。
  17. ^ Lap Chart”. FIA (2018年7月29日). 2018年7月30日閲覧。
  18. ^ Offence Doc37 - V.Bottas”. FIA (2018年7月29日). 2018年7月30日閲覧。
  19. ^ メルセデスF1や新コースを追加。『グランツーリスモSPORT』7月アップデートのお知らせ”. Gran Turismo Sport (2018年7月30日). 2018年7月31日閲覧。
前戦
2018年ドイツグランプリ
FIA F1世界選手権
2018年シーズン
次戦
2018年ベルギーグランプリ
前回開催
2017年ハンガリーグランプリ
ハンガリーの旗 ハンガリーグランプリ次回開催
2019年ハンガリーグランプリ