2018年京都府知事選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
‹ 2014年 • 京都府             
2018年京都府知事選挙
京都府知事
2018年4月8日 (2018-04-08)
種類:  都道府県知事選挙

基礎データ
有権者数: 2,092,500[1]
投票数: 736,031[1]
  
35.17% Green Arrow Up.svg 2.1%

選挙結果
Takatoshi Nishiwaki IMG 0884-28 20181111 cropped.jpg
西脇隆俊無所属
選挙連合: 自由民主党民進党公明党立憲民主党希望の党推薦
得票: 402,672[2]  
  
54.7%
Purple - replace this image male.svg
福山和人無所属
選挙連合: 日本共産党 推薦
得票: 317,617[2]  
  
43.2%

Flag of Kyoto Prefecture.svg 京都府知事
選出
西脇隆俊
無所属
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

2018年京都府知事選挙(2018ねんきょうとふちじせんきょ)は、京都府知事の任期満了に伴う選挙で2018年平成30年)4月8日に投開票された[3]

現職の山田啓二は立候補をせずに任期満了と同時に退任した。

国政で野党共闘が展開される中、「非共産対共産」の構図となった[4]

基礎データ[編集]

  • 選挙の種類:首長選挙
  • 選挙事由:任期満了
  • 告示日:2018年3月22日
  • 投票日:2018年4月8日
  • 知事選と同時に行われた選挙:京都府議会議員補欠選挙(伏見区選挙区・福知山市選挙区、定数各1)、南丹市長選挙、与謝野町長選挙、与謝野町議会議員選挙、井手町議会議員選挙

主な争点[編集]

候補者[編集]

立候補を届け出たのは以下の二人である。

候補者名 年齢 所属 新旧 経歴 推薦・支持党派
西脇隆俊 62 無所属 新人 復興庁事務次官 自由民主党民進党公明党立憲民主党希望の党
福山和人 59 無所属 新人 弁護士・元京都弁護士会副会長 日本共産党
出典:“京都府知事選告示 新人2人届け出”. 毎日新聞. (2018年3月22日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20180322/k00/00e/010/216000c 2018年4月12日閲覧。 NHK選挙情報 開票結果 京都府知事選”. NHK (2018年4月9日). 2018年4月12日閲覧。

選挙結果[編集]

自民・公明、立憲民主、希望などが推す西脇隆俊が共産党が推す福山和人に8万票余の差をつけて初当選した[8]。同日に実施された京都府議会議員補欠選挙(伏見区選挙区・福知山市選挙区、定数各1)では、自民と共産のみが公認候補を擁立、いずれも自民候補が当選した[9]

※当日有権者数:2,092,500人 最終投票率:35.17%(前回比:+0.72%)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
西脇隆俊62無所属新人402,672票55.9%自由民主党・民進党・公明党・立憲民主党・希望の党
福山和人57無所属新人317,617票44.1%日本共産党
出典:NHK選挙情報 開票結果 京都府知事選”. NHK (2018年4月9日). 2018年4月12日閲覧。

地元新聞の出口調査では自民党と公明党支持層の8割以上が西脇隆俊に投票。西脇を推薦した立憲民主党支持層の6割近く、無党派層の過半数は共産党推薦の福山和人に投票した[10][11]。地域別で見た場合、自民・公明や立憲民主の推薦を受けた西脇は大半の市区町村で5~6割の得票を得た他、大票田である京都市でも左京区を除いた全てで福山を上回った[12]。しかし、京都市では左京区を除く10区のうち7区で福山が45%以上の得票を得た他、保守地盤である京都府北部では山田知事が前回選挙で78%の得票を得た福知山市で20ポイント以上落とすなど、前回選挙と比べて勢いを欠く結果となった[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 選挙当日の有権者数、投票者数及び投票率に関する調 [投票結了] (PDF)”. 京都府選挙管理委員会 (2018年4月8日). 2018年4月9日閲覧。
  2. ^ a b 京都府知事に西脇氏初当選 福山氏に約8万票差”. 京都新聞 (2018年4月8日). 2018年4月9日閲覧。
  3. ^ 16年ぶり新人争い 京都府知事選、2人が立候補”. 京都新聞 (2018年3月22日). 2018年3月26日閲覧。
  4. ^ 知事選2018 告示 非共産か共産か 2新人一騎打ち/京都”. 毎日新聞 (2018年3月23日). 2018年3月26日閲覧。
  5. ^ “京都スタジアム建設、争点に 京都府知事選”. 京都新聞. (2018年4月3日). http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20180403000032 
  6. ^ “2018知事選/1 水害、渋滞…インフラ整備は /京都”. 毎日新聞. (2018年3月28日). https://mainichi.jp/articles/20180328/ddl/k26/010/524000c 
  7. ^ “2018知事選/3 原発、再稼働に同意権なく /京都”. 毎日新聞. (2018年3月31日). https://mainichi.jp/articles/20180331/ddl/k26/010/510000c 
  8. ^ “京都府知事に西脇氏初当選 福山氏に約8万票差”. 京都新聞. (2018年4月8日). http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20180408000142 2018年4月12日閲覧。 
  9. ^ 京都府議補選、2選挙区とも自民新人が初当選”. 京都新聞 (2018年4月8日). 2018年4月9日閲覧。
  10. ^ “立民支持層6割福山氏に 京都府知事選出口調査”. 京都新聞. (2018年4月9日). http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20180409000017 2018年4月12日閲覧。 
  11. ^ “知事選 出口調査の結果”. NHK NEWS WEB. (2018年4月8日). オリジナルの2018年4月9日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/tpDfa 2018年4月12日閲覧。 
  12. ^ “左京区では共産系福山氏が逆転 京都府知事選”. 京都新聞. (2018年4月9日). http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20180409000020 2018年4月12日閲覧。 
  13. ^ “京都)知事選結果 国政で対立中の相乗り、票奪われた?”. 朝日新聞. (2018年4月11日). https://www.asahi.com/articles/ASL4B0082L49PLZB026.html 2018年4月12日閲覧。