2018年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プロ野球ドラフト会議 > 2018年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)
2018年度新人選手選択会議
開催日 2018年10月25日
開催地 東京都港区
会場 グランドプリンスホテル新高輪
制度 1巡目:重複くじ引き
2巡目以下:変則ウェーバー
指名数 104名[1](新人:83名 育成:21名)
1巡目初回最多選択希望(4球団)
根尾昂(内野手・大阪桐蔭高
小園海斗(内野手・報徳学園高
« 2017
2019 »

2018年度新人選手選択会議(2018ねんどしんじんせんしゅせんたくかいぎ)は、2018年10月25日グランドプリンスホテル新高輪国際館パミールで開催された第54回のプロ野球ドラフト会議[2][3]大正製薬が特別協賛しており、公式名称は『プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD[2]。なお、大正製薬は2013年の同会議から6年連続で特別協賛している[2]

概要[編集]

平成に代わる新しい元号である令和が2019年5月1日からその関連の政令が適用されたため、2018年度は実質的に平成最後のドラフト会議となった。

1巡目の指名は入札抽選によって行い、すべての球団の交渉権が確定するまで行う[4]

2巡目以降はウェーバー方式によって、各球団が指名を行う[4]。なお、2018年のウェーバー優先権は同年のセ・パ交流戦で勝ち越したパシフィック・リーグが得ている[5]

3巡目以降は逆ウェーバー方式で指名を行い、交互に繰り返していく[4]

指名選手一覧[編集]

チーム 楽天 阪神 ロッテ 中日 オリックス DeNA 日本ハム 巨人 ソフトバンク ヤクルト 西武 広島
支配下選手
1巡目① 藤原恭大 藤原恭大 藤原恭大 根尾昂 小園海斗 小園海斗 根尾昂 根尾昂 小園海斗 根尾昂 松本航 小園海斗
1巡目② 辰己涼介 辰己涼介 --- --- 太田椋 上茶谷大河 吉田輝星 辰己涼介 辰己涼介 上茶谷大河 --- ---
1巡目③ --- 近本光司 --- --- --- --- --- 高橋優貴 甲斐野央 清水昇 --- ---
2巡目→ 太田光 小幡竜平 東妻勇輔 梅津晃大 頓宮裕真 伊藤裕季也 野村佑希 増田陸 杉山一樹 中山翔太 渡邉勇太朗 島内颯太郎
3巡目← 引地秀一郎 木浪聖也 小島和哉 勝野昌慶 荒西祐大 大貫晋一 生田目翼 直江大輔 野村大樹 市川悠太 山野辺翔 林晃汰
4巡目→ 弓削隼人 齋藤友貴哉 山口航輝 石橋康太 富山凌雅 勝又温史 万波中正 横川凱 板東湧梧 濱田太貴 粟津凱士 中神拓都
5巡目← 佐藤智輝 川原陸 中村稔弥 垣越建伸 宜保翔 益子京右 柿木蓮 松井義弥 水谷瞬 坂本光士郎 牧野翔矢 田中法彦
6巡目→ 渡邊佳明 湯浅京己 古谷拓郎 滝野要 左澤優 知野直人 田宮裕涼 戸郷翔征 泉圭輔 鈴木裕太 森脇亮介 正隨優弥
7巡目← 小郷裕哉 --- 松田進 --- 中川圭太 --- 福田俊 --- 奥村政稔 久保拓眞 佐藤龍世 羽月隆太郎
8巡目→ 鈴木翔天 --- 土居豪人 --- --- --- --- --- --- 吉田大成 --- ---
育成選手
1巡目→ 清宮虎多朗 片山雄哉 鎌田光津希 --- 漆原大晟 宮城滝太 海老原一佳 山下航汰 渡邉陸 内山太嗣 東野葵 大盛穂
2巡目← 則本佳樹 --- --- --- --- --- --- 平井快晴 岡本直也 松本友 大窪士夢 ---
3巡目→ --- --- --- --- --- --- --- 沼田翔平 重田倫明 --- 中熊大智 ---
4巡目← --- --- --- --- --- --- --- 黒田響生 中村宜聖 --- --- ---
  • 太字は交渉権確定
  • 重複した場合は左の球団から順に抽選
  • 2巡目以上の指名はシーズン成績に基づき、巡目の矢印の向きにウェーバー制により指名
  • 育成選手の指名は巡目の矢印の向きにウェーバー制により指名

備考[編集]

球団別選択選手一覧[編集]

球団名はウェーバー順。育成選手入団で太字は、後に支配下登録された選手。

東北楽天ゴールデンイーグルス[編集]

新人選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 辰己涼介 外野手 立命館大学 入団
2位 太田光 捕手 大阪商業大学 入団
3位 引地秀一郎 投手 倉敷商業高 入団
4位 弓削隼人 投手 SUBARU 入団
5位 佐藤智輝 投手 山形中央高 入団
6位 渡邊佳明 内野手 明治大学 入団
7位 小郷裕哉 外野手 立正大学 入団
8位 鈴木翔天 投手 富士大学 入団
育成選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 清宮虎多朗 投手 八千代松陰高 入団
2位 則本佳樹 投手 山岸ロジスターズ 入団

阪神タイガース[編集]

新人選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 近本光司 外野手 大阪ガス 入団
2位 小幡竜平 内野手 延岡学園高 入団
3位 木浪聖也 内野手 Honda 入団
4位 齋藤友貴哉 投手 Honda 入団
5位 川原陸 投手 創成館高 入団
6位 湯浅京己 投手 富山GRNサンダーバーズ 入団
育成選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 片山雄哉 捕手 福井ミラクルエレファンツ 入団

千葉ロッテマリーンズ[編集]

新人選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 藤原恭大 外野手 大阪桐蔭高 入団
2位 東妻勇輔 投手 日本体育大学 入団
3位 小島和哉 投手 早稲田大学 入団
4位 山口航輝 投手 明桜高 入団
5位 中村稔弥 投手 亜細亜大学 入団
6位 古谷拓郎 投手 習志野高 入団
7位 松田進 内野手 Honda 入団
8位 土居豪人 投手 松山聖陵高 入団
育成選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 鎌田光津希 投手 徳島インディゴソックス 入団

中日ドラゴンズ[編集]

新人選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 根尾昂 内野手 大阪桐蔭高 入団
2位 梅津晃大 投手 東洋大学 入団
3位 勝野昌慶 投手 三菱重工名古屋 入団
4位 石橋康太 捕手 関東第一高 入団
5位 垣越建伸 投手 山梨学院高 入団
6位 滝野要 外野手 大阪商業大学 入団

オリックス・バファローズ[編集]

新人選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 太田椋 内野手 天理高 入団
2位 頓宮裕真 捕手 亜細亜大学 入団
3位 荒西祐大 投手 Honda熊本 入団
4位 富山凌雅 投手 トヨタ自動車 入団
5位 宜保翔 内野手 未来沖縄高 入団
6位 左澤優 投手 JX-ENEOS 入団
7位 中川圭太 内野手 東洋大学 入団
育成選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 漆原大晟 投手 新潟医療福祉大学 入団

横浜DeNAベイスターズ[編集]

新人選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 上茶谷大河 投手 東洋大学 入団
2位 伊藤裕季也 内野手 立正大学 入団
3位 大貫晋一 投手 新日鐵住金鹿島 入団
4位 勝又温史 投手 日本大学鶴ヶ丘高 入団
5位 益子京右 捕手 青藍泰斗高 入団
6位 知野直人 内野手 新潟アルビレックスBC 入団
育成選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 宮城滝太 投手 滋賀学園高 入団

北海道日本ハムファイターズ[編集]

新人選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 吉田輝星 投手 金足農業高 入団
2位 野村佑希 内野手 花咲徳栄高 入団
3位 生田目翼 投手 日本通運 入団
4位 万波中正 外野手 横浜高 入団
5位 柿木蓮 投手 大阪桐蔭高 入団
6位 田宮裕涼 捕手 成田高 入団
7位 福田俊 投手 星槎道都大学 入団
育成選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 海老原一佳 外野手 富山GRNサンダーバーズ 入団

読売ジャイアンツ[編集]

新人選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 高橋優貴 投手 八戸学院大学 入団
2位 増田陸 内野手 明秀学園日立高 入団
3位 直江大輔 投手 松商学園高 入団
4位 横川凱 投手 大阪桐蔭高 入団
5位 松井義弥 内野手 折尾愛真高 入団
6位 戸郷翔征 投手 聖心ウルスラ学園高 入団
育成選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 山下航汰 外野手 高崎健康福祉大学高崎高 入団
2位 平井快青 投手 岐阜第一高 入団
3位 沼田翔平 投手 旭川大学高 入団
4位 黒田響生 内野手 敦賀気比高 入団

福岡ソフトバンクホークス[編集]

新人選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 甲斐野央 投手 東洋大学 入団
2位 杉山一樹 投手 三菱重工広島 入団
3位 野村大樹 内野手 早稲田実業高 入団
4位 板東湧梧 投手 JR東日本 入団
5位 水谷瞬 外野手 石見智翠館高 入団
6位 泉圭輔 投手 金沢星稜大学 入団
7位 奥村政稔 投手 三菱日立パワーシステムズ 入団
育成選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 渡邉陸 捕手 神村学園高 入団
2位 岡本直也 投手 東京農業大学北海道オホーツク 入団
3位 重田倫明 投手 国士舘大学 入団
4位 中村宜聖 外野手 西日本短期大学附属高 入団

東京ヤクルトスワローズ[編集]

新人選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 清水昇 投手 國學院大學 入団
2位 中山翔太 外野手 法政大学 入団
3位 市川悠太 投手 明徳義塾高 入団
4位 濱田太貴 外野手 明豊高 入団
5位 坂本光士郎 投手 新日鐵住金広畑 入団
6位 鈴木裕太 投手 日本文理高 入団
7位 久保拓眞 投手 九州共立大学 入団
8位 吉田大成 内野手 明治安田生命 入団
育成選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 内山太嗣 捕手 栃木ゴールデンブレーブス 入団
2位 松本友 内野手 福井ミラクルエレファンツ 入団

埼玉西武ライオンズ[編集]

新人選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 松本航 投手 日本体育大学 入団
2位 渡邉勇太朗 投手 浦和学院高 入団
3位 山野辺翔 内野手 三菱自動車岡崎 入団
4位 粟津凱士 投手 東日本国際大学 入団
5位 牧野翔矢 捕手 遊学館高 入団
6位 森脇亮介 投手 セガサミー 入団
7位 佐藤龍世 内野手 富士大学 入団
育成選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 東野葵 投手 日本経済大学 入団
2位 大窪士夢 投手 北海高 入団
3位 中熊大智 捕手 徳山大学 入団

広島東洋カープ[編集]

新人選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 小園海斗 内野手 報徳学園高 入団
2位 島内颯太郎 投手 九州共立大学 入団
3位 林晃汰 内野手 智辯学園和歌山高 入団
4位 中神拓都 投手 市立岐阜商業高 入団
5位 田中法彦 投手 菰野高 入団
6位 正隨優弥 外野手 亜細亜大学 入団
7位 羽月隆太郎 内野手 神村学園高 入団
育成選手選択会議
順位 選手名 守備 所属 結果
1位 大盛穂 外野手 静岡産業大学 入団

中継[編集]

テレビ[編集]

地上波[編集]

  • TBS系全国ネット『プロ野球ドラフト会議2018』 16:50 - 17:50[8][9]
実況:初田啓介
解説:高橋昭雄(前東洋大学硬式野球部監督)、槙原寛己
インタビュアー:小笠原亘
選手会見場リポーター:佐藤文康森本栄浩毎日放送)、金山泉(毎日放送)、伊藤隆佑

CS[編集]

実況:小縣裕介朝日放送テレビ
解説:小関順二、西尾典文
リポート:村田匡輝

ラジオ[編集]

実況:煙山光紀
解説:菊地高弘 (スポーツライター)
選手会見場リポーター:大泉健斗市川いずみ

インターネット配信[編集]

  • Paravi:16:30 - 最終指名終了
実況:林正浩
解説:安部昌彦(スポーツライター)
場内音声のみ
  • AbemaTV AbemaNewsチャンネル:17:00 - 19:00
解説:里崎智也
キャスター:辻歩

脚注[編集]

  1. ^ 「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」新人選手83名と育成選手21名の交渉権が確定”. 日本野球機構 (2016年10月25日). 2018年10月28日閲覧。
  2. ^ a b c 2018年新人選手選択会議 特別協賛社決定のお知らせ”. 日本野球機構 (2018年5月31日). 2018年6月1日閲覧。
  3. ^ 観覧希望者募集要項”. 日本野球機構 (2018年9月13日). 2018年9月13日閲覧。
  4. ^ a b c 選択手順”. 日本野球機構. 2018年10月5日閲覧。
  5. ^ “パが交流戦9年連続勝ち越し ドラフト優先権ゲット”. 日刊スポーツ. (2018年6月17日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806170000675.html 2018年6月19日閲覧。 
  6. ^ 日本ハム初の育成指名 吉村GM「環境変化が理由」”. 日刊スポーツ (2016年10月26日). 2018年10月28日閲覧。
  7. ^ a b 高校生1位入札に史上初11球団/ドラフトあれこれ”. 日刊スポーツ (2016年10月26日). 2018年10月28日閲覧。
  8. ^ 10月25日(木)よる7時から生放送『ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう』7年連続!! 中居正広がMCに決定! 「ドラフト候補選手が感謝の気持ちを贈る母の日」を今年も中居が見守る”. TBSテレビ (2018年10月4日). 2018年10月5日閲覧。
  9. ^ プロ野球ドラフト会議2018(TBSテレビ公式ページより)”. TBSテレビ (2018年10月18日). 2018年10月18日閲覧。
  10. ^ プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(スカイA番組紹介ページより)”. スカイA (2018年9月5日). 2018年9月5日閲覧。
  11. ^ 2018年10月25日の番組表(ニッポン放送公式サイトより)”. ニッポン放送. 2018年10月18日閲覧。
  12. ^ 運命の日は10月25日(木)「2018年プロ野球ドラフト会議」 ラジオ中継はニッポン放送で!”. 株式会社radiko (2018年10月23日). 2018年10月24日閲覧。