2018-19シーズンのシカゴ・ブルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
2018-19シーズンのシカゴ・ブルズ
ヘッドコーチ フレッド・ホイバーグ(解雇)
ジム・ボイレン
ジェネラルマネージャー ガー・フォーマン英語版
アリーナ ユナイテッド・センター
成績
シーズン成績 22–60 (.268)
順位 ディビジョン: 4位 (パシフィック)
カンファレンス: 13位 (ウェスタン)

スタッツ@ Basketball-Reference.com
地元メディア
テレビ局 en:NBC Sports Chicago
WGN
ラジオ局 WLS
en:WSCR
« 2017-18 2019-20 »

2018-19シーズンのシカゴ・ブルズは、ブルズのフランチャイズ53年目のシーズン。

2018年12月3日、HCのフレッド・ホイバーグを解雇し、ACだったのジム・ボイレンを新HCに就任した[1]

2019年3月1日、アトランタ・ホークス戦にてブルズは168対161で勝利し、この得点はブルズにとってフランチャイズ史上最高得点であり、NBAにおいても史上3番目に高い得点ゲームとなり、両チームの得点が同じ試合で160得点を超えたのは歴史上3試合目である。

ドラフト選考[編集]

指名順 選手名 ポジション 国籍 出身校など
1 7 ウェンデル・カーター C アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 デューク大学
1 22 チャンドラー・ハッチソン SG アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ボイシ州立大学

レギュラーシーズン成績[編集]

ディビジョン[編集]

セントラル ディビジョン 勝率 ホーム ロード Div GP
zMilwaukee Bucks 60 22 .732 0.0 33–8 27–14 14–2 82
xIndiana Pacers 48 34 .585 12.0 29–12 19–22 11–5 82
xDetroit Pistons 41 41 .500 19.0 26–15 15–26 8–8 82
Chicago Bulls 22 60 .268 38.0 9–32 13–28 3–13 82
Cleveland Cavaliers 19 63 .232 41.0 13–28 6–35 4–12 82

カンファレンス[編集]

イースタン・カンファレンス
# チーム 勝率 GP
1 zMilwaukee Bucks * 60 22 .732 82
2 yToronto Raptors * 58 24 .707 2.0 82
3 xPhiladelphia 76ers 51 31 .622 9.0 82
4 xBoston Celtics 49 33 .598 11.0 82
5 xIndiana Pacers 48 34 .585 12.0 82
6 xBrooklyn Nets 42 40 .512 18.0 82
7 yOrlando Magic * 42 40 .512 18.0 82
8 xDetroit Pistons 41 41 .500 19.0 82
9 Charlotte Hornets 39 43 .476 21.0 82
10 Miami Heat 39 43 .476 21.0 82
11 Washington Wizards 32 50 .390 28.0 82
12 Atlanta Hawks 29 53 .354 31.0 82
13 Chicago Bulls 22 60 .268 38.0 82
14 Cleveland Cavaliers 19 63 .232 41.0 82
15 New York Knicks 17 65 .207 43.0 82

各選手個人成績[編集]

プレイヤー Pos. GP GS MP Reb. Ast. Stl. Blk. Pts.
ラウル・アトキンス SG 10 1 120 26 13 1 0 37
アーチディアコノ, ライアンライアン・アーチディアコノ PG 81 32 1,961 219 269 65 4 544
ブレイクニー, アントニオアントニオ・ブレイクニー SG 57 3 829 106 42 12 9 418
ウェンデル・カーター C 44 44 1,110 307 78 26 58 455
クリス・ダン PG 46 44 1,389 187 277 68 21 519
クリスティアーノ・フェリシオ C 60 0 746 218 37 11 7 240
シャキール・ハリソン PG 73 11 1,430 222 139 89 30 474
ジャスティン・ホリデー SG 38 38 1,325 169 85 67 21 440
チャンドラー・ハッチソン SF 44 14 895 185 34 23 6 229
ザック・ラヴィーン SG 63 62 2,171 294 283 60 26 1,492
ウォルト・レモン・ジュニア PG 6 3 167 27 30 11 1 86
ロビン・ロペス C 74 36 1,606 286 89 11 78 704
ティモテー・ルワウ SF 29 6 546 79 22 15 7 196
ラウリー・マルケネン PF 52 51 1,682 470 75 37 33 974
ジャバリ・パーカー PF 39 17 1,042 241 84 23 14 556
キャメロン・ペイン PG 31 12 536 53 83 20 6 176
オット・ポーター SF 15 15 492 83 40 18 9 262
ボビー・ポーティス PF 22 6 531 161 29 11 8 310
ブランドン・サンプソン SG 14 2 214 16 10 8 3 71
ジャカール・サンプソン SF 4 0 127 32 4 4 3 80
ウェイン・セルデン SG 43 13 984 136 73 23 7 342
タイラー・ユリス PG 1 0 1 0 0 0 0 0

After all games.[2]
シーズン中にウェイブされた選手
シーズン中にトレードされた選手
シーズン中に獲得した選手

移籍[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Bulls Official: Fred Hoiberg Relieved as Bulls Head Coach”. NBA.com (2018年12月3日). 2018年12月3日閲覧。
  2. ^ 2018-19 Chicago Bulls Roster and Regular season Stats”. basketball-reference.com. 2019年7月18日閲覧。