2018Jユースカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2018Jユースカップ
2018Jユースカップ 第26回Jリーグユース選手権大会
開催国 日本の旗 日本
開催期間 2018年10月13日 - 11月18日
参加チーム数 56
優勝 横浜F・マリノスユース
準優勝 清水エスパルスユース
試合総数 55
得点王 栗原秀輔(横浜FM・8得点)
最優秀選手 榊原彗悟(横浜FM)
第27回 (2019年) →
テンプレートを表示

2018Jユースカップ 第26回Jリーグユース選手権大会は、2018年10月13日から同年11月18日まで開催された、Jユースカップ(Jリーグユース選手権大会)の第26回大会。

概要[編集]

2018年8月7日に概要が発表された[1]J1リーグJ2リーグJ3リーグのうち、福島ユナイテッドFC藤枝MYFCの2クラブを除く52クラブ(アスルクラロ沼津が初参加)と、日本クラブユースサッカー連盟 (JCY) の地域代表4チームの計56チームがノックアウトトーナメントを争う。

今大会から、チーム表彰(優勝・準優勝・3位)の他に個人表彰が行われることになり、MVP(決勝進出の2チームの選手のうち、大会を通して活躍が顕著だった選手)と得点王(大会最多得点者)を決勝終了後に表彰することとなった[2]

また、決勝戦では、Jリーグ主催の公式戦では初めて、ビデオ・アシスタント・レフェリー (VAR) を採用することが発表された[3]

会場[編集]

2回戦までは各クラブのホームスタジアム等で開催するが、3回戦以降は以下の会場で開催される。

参加チーム[編集]


試合結果[編集]

1回戦[編集]

2回戦[編集]

3回戦[編集]

準々決勝[編集]

準決勝[編集]

決勝[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “「2018Jユースカップ」大会概要発表 ミクニワールドスタジアム北九州にて初の決勝開催!” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2018年8月7日), https://www.jleague.jp/release/post-55095/ 2018年8月7日閲覧。 
  2. ^ “2018Jユースカップ決勝にて MVP・得点王の表彰が決定!” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2018年11月11日), https://www.jleague.jp/release/post-56648/ 2018年11月14日閲覧。 
  3. ^ 「2018Jユースカップ」決勝にてビデオ・アシスタント・レフェリー (VAR) を導入決定【Jユースカップ】”. 日本プロサッカーリーグ (2018年11月16日). 2018年11月20日閲覧。